searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

サンルイさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
投資という名の長い旅
ブログURL
http://investment-journey.hatenablog.jp/
ブログ紹介文
インデックスファンド、米国ETFを活用した長期投資で、セミリタイアを目指す旅路の記録ブログです。
更新頻度(1年)

56回 / 365日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2017/03/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、サンルイさんの読者になりませんか?

ハンドル名
サンルイさん
ブログタイトル
投資という名の長い旅
更新頻度
56回 / 365日(平均1.1回/週)
読者になる
投資という名の長い旅

サンルイさんの新着記事

1件〜30件

  • 2020年10月の定期積み立て実行

    先週の10月2日に、TOBが決まったNTTドコモ(9437)株を3,879円で売却しました。TOB応募のために、証券口座を新たに開設して、株式を移管するのは面倒でしたので、通常の市場での売却を選択しました。TOB価格の3,900円よりは若干、低い価格での売却となりましたが、手間を考えると良かったと思っています。 私はご存じの通り、保有している株式、ETF、投資信託を売却することを滅多にしません。今回のNTTドコモ(9437)株は、2005年に投資を本格的に始めた時から長年保有してきましたし、安定した配当を長年継続して出してくれていましたので、永久保有ではないですが、今後も継続して保有し、配当を…

  • ジェレミー・シーゲル教授 誰が大統領になっても、株価は2021年に急上昇するだろう

    先週の金曜日の午後は、トランプ大統領、コロナウィルス陽性のニュースが飛び込んできました。大統領選挙を11月に控えている、このタイミングでの陽性反応、入院という事態が、どう転ぶかどうか、わかりません。トランプ大統領のことですから、「俺はコロナウィルスを克服した大統領だ」と最後に有権者に猛アピールするシナリオを描いているのではないでしょうか。 毎度お馴染み、いつも強気のジェレミー・シーゲル教授の登場です。現地時間、9月28日のCNBCのインタビューで、誰が大統領になっても、株式市場は、2021年が本当に良い年になることを期待していると述べています。 www.cnbc.com シーゲル教授は、そう考…

  • 2020年9月末のポートフォリオ状況

    10月に入り、急速に朝晩は涼しくなってきました。山梨は空気が乾いていて、過ごしやすい天候です。 今週、びっくりしたのがNTTドコモ(9437)のTOBのニュースでした。自分が保有している株式がTOBの対象になるのは、初めての経験です。株式投資を本格的に始めた2005年辺りから、長らく保有してきました。堅調な配当金を継続して出して頂きましたので、今回のTOBは残念な気もしますが、長年ありがとうございましたという感じです。 TOB→上場廃止となる訳ですから、普通に市場で売却しようと思っていた矢先に、昨日の東京市場のシステム障害で、終日、全取引停止という事態に直面し、出鼻を挫かれた感じです。今日は、…

  • ウォーレン・バフェットのように投資をして市場に勝つことを再現するのは容易でない

    CNBCの記者、ボブ・ピサーニ氏の記事を紹介したいと思います。私はカリフォルニア在住時にTVでCNBCをよく見ていましたが、ボブ・ピサーニ氏は、NYSEのトレーディングフロアからの生中継の時のレポーターだった方で、現在でも引き続きCNBCのレポーターを勤められているようです。 ウォーレン・バフェットは、あらゆる時代を通じて、最も偉大な投資家の一人であることは間違いないが、極めて稀な存在だ。多くのアクティブ・ファンドマネージャー(個別株を選別するファンドマネージャー)が、S&P500といった市場のベンチマークに勝つことができると主張するが、多くの場合、そんなことはない。3年あるいはそれを上回る期…

  • バンガードETF VOOを追加購入しました

    一昨日、菅政権が発足しました。就任記者会見をみていましたが、「規制改革を政権のど真ん中に置く」という発言がありました。正直、あまり政治に期待はしていませんが、行政改革や産業の規制緩和を推進していくという新政権が打ち出した方向性は間違っていないと思います。アベノミクスでは、「大胆な金融政策」と「機動的な財政政策」はある程度機能していたと思いますが、第3の矢として挙げられていた「規制緩和による成長戦略」には目立った成果はなかったという印象です。 「自助・共助・公助の国づくり」についても、触れていました。まずは自分でやってみることが重要だと言っていましたが、私もそう思います。株式投資もそうですが、何…

  • 2020年9月の定期積み立て実行

    Go to キャンペーンの恩恵もありますので、久しぶりに旅行に行ってこようと思い、来週の19日の週末は京都に行く計画を立てました。今までも京都は年に一度か二度は行っていましたが、ホテル代がGo to キャンペーンで格安なのと、外国人観光客のいない京都を見れるのは貴重な機会だと思ったからです。10月以降は来年度の予算作成が始まり忙しくなってしまうので、12月の年末まではおそらく旅行に行けるチャンスがない。来年、東京オリンピックが予定通り開催されるのであれば、その前のどこかのタイミングで外国人観光客の入国は解禁されると思いますので、そう考えると旅行に行くのは今しかないと思ったからです。 今回は、事…

  • 菅官房長官の掲げた「自助・共助・公助の国づくり」について

    次期首相の有力候補、菅官房長官の掲げた政治理念、「自助・共助・公助の国づくり」が、ネット上では、酷評されているようですが、個人的には、何が間違っているのか、理解できません。 www.huffingtonpost.jp 日本は、低迷してきているとはいえ、アメリカに次ぐ経済力をもつ、自由主義陣営の一員です。中国はGDPで日本を抜いて世界第2位となっているものの、共産主義の国であり、自由主義の国ではありません。 自助>共助>公助の優先順位となるのは、自由主義国家のあり方としては、ごく当たり前の普遍的な理念だと思いますが、この当たり前のことを理解していない人が多いのかなと思います。 イギリスの著述家、…

  • 2020年8月末のポートフォリオ状況

    猛暑日が続いた8月も終わり、9月が始まりました。私の勤務先の工場も、売上半減という最悪期をようやく脱出し、9月から一時休業もなくなりました。自動車業界も、最大手T社の8月の工場稼働が、当初計画レベルまで回復していることがニュースになりましたが、部品メーカーにも、回復基調の恩恵が徐々に波及してきていると思います。 オマハの賢人、ウォーレン・バフェットは、8月30日に90歳になりました。ハンバーガーとチェリーコークが大好物という食生活を続けて、90歳でバリバリの現役の投資家というのも想像できませんが、もっと驚いたニュースは、日本の総合商社株を買ったということです。以前のインタビューで、日本企業には…

  • ジェレミー・シーゲル教授 3月のような2番底が来る可能性は低いと語る

    今週も米国株式市場は、ダウ、S&P500、Nasdaqの主要3指数共に好調でした。S&P500は最高値を更新し、昨夜、現地時間8月28日の終値で、史上初の3,500pt超えとなりました。 いつも強気のジェレミー・シーゲル教授の登場です。現地時間、8月25日のCNBCのインタビューで、3月の底値のような2番底が来る可能性は低いと語っています。 www.cnbc.com シーゲル教授は、冒頭、ダウ30種の銘柄入れ替えについて、コメントしています。エクソンモービルがダウから外れることについては、かつて、時価総額最高値の銘柄であったこともあり、驚きである。その代わりにダウに新たに採用されたセールスフォ…

  • 60/40のポートフォリオをリタイア後に使うべきか

    セミリタイアに向けて、ポートフォリオをどのように考えていくべきか、2021年末に向けてセミリタイアを目指している私にとっては、悩ましい問題です。サラリーマンをしている間は、無理のない範囲で資産の最大化を目指していけば良いと思っていますが、セミリタイア後は、資産を減らさないことも考えないといけない。また最低限の生活を維持していくためには、安定したインカムというものも不可欠になるからです。 以前、本ブログでも紹介したしましたが、「ウォール街のランダム・ウォーカー」の著者 バートン・マルキール氏は、60/40のポートフォリオについては、現在では理想的とはいえない。ゼロ金利、あるいはマイナス金利が状態…

  • バンガードETF VYMを追加購入しました

    一昨日、8月13日(木)から4日間、会社の夏休みに入っています。今年は夏休みが短いこともあり、また猛暑日の時期ということもあり、旅行の予定はありません。家の近くの農協の直売所で、夏野菜とブドウをお土産として購入して、神奈川県の実家に戻って、ゆったりと過ごしています。 予告していた通り、マネックス証券のバンガード日本法人20周年の特製グッズ(オリジナルノート)キャンペーンに応募するため、バンガードETF VYMを追加購入しました。今年に入ってからのVYMの値動きはどうでしょうか。下記のチャートの緑色のラインが、S&P500に連動するバンガードETF VOO、青色のラインがバンガードETF VYM…

  • 2020年8月の定期積み立て実行

    先週の水曜日から金曜日まで、静岡の事業所に出張に行ってきました。先月の7月より国内出張が解禁されましたが、3月以来の久しぶりの出張でした。報告事項的な会議は、最近はテレビ会議で済ませましょうという傾向が社内ですっかり定着しつつありますが、事業の将来、目指す方向性について、じっくり話しましょうといったブレイン・ストーミング的な会議は、どうしてもFace-to-Faceの方が好ましいと思う人が多いようで、出張がゼロになることは、なかなか難しいと思います。 社内飲み会は禁止、出張中もできる限り外食はしないようにとの通達がでており、夜はホテルに籠ってコンビニで調達したものを食べるばかりで、味気ない出張…

  • 2020年7月末のポートフォリオ状況

    関東甲信越地方も、ようやく梅雨明けしました。7月は雨のため、週末のランニングも2回しかできず、殆ど走っていない状況でしたので、運動不足です。8月からは走り込んでいきたいと思います。 7月末のポートフォリオですが、夏のボーナスで債券ETFであるバンガードETF BNDを一点買いしましたので、先進国債券の比率が増えています。引き続き、日本REITや先進国REITは軟調な状況が続いています。 昨日、大学時代の友人と久しぶりに甲府で再会して、昼飯を食べました。今年の4月から畑違いの人事部に異動になったようですが、通勤手当と住宅手当を廃止して、生活手当の一本化を検討しているという話になりました。在宅勤務…

  • 自由というのは、誰かが与えるものではなく、自分で手に入れるもの

    自由というのは、もらうものではなく、誰かが与えるものでもなく、自分で手に入れるもの、確かにそう思います。アフリカのマリ出身のサコ学長が問う「自由とは何か」、本質を突いた面白い記事だと思いましたので、紹介したいと思います。 dot.asahi.com 今ではそう思っていますが、大学生の時の自分自身はどうだったかと振り返ると、あらゆることに依存していた状態でした。学費は当然のように親に払ってもらい、自宅から通学し、バイトもしていましたが、サークル活動、旅行等でお金が足りなくなると親に出してもらっていました。今思うと、非常に恵まれていたと思いますが、自立とは程遠い、大学生活だったと思います。 大学卒…

  • 2020年夏のボーナスは、バンガードETF BNDを追加購入しました

    今月から、国内出張が解禁されたせいか、先週は山梨の工場に事業部長を始め、経営幹部の方々の出張者を迎えたこともあり、その対応でバタバタとしておりました。当初は、同じく解禁された飲み会も予定されていましたが、首都圏でのコロナの感染者急増という状況となり、再度、社内飲み会は当面禁止となりました。大人数での飲み会というのは、しばらくの間は無理な状況が続くのではないでしょうか。ウィズコロナ、ニューノーマルでは、ふさわしくない行動様式になってしまうと思います。 2020年夏のボーナスは、シンプルに債券ETFであるバンガートETF BND、一点買いで追加購入をしました。 比較的値動きの少ない安定感のあるバン…

  • 2020年7月の定期積み立て実行

    ようやく昨日、無事に夏のボーナスが支給されました。コロナの影響による自動車業界の不振が直撃して、一時休業をしている状況の中で、この夏はボーナスが支給されるだけ、今回はありがたいという感じです。 イェール大学教授で行動経済学者のロバート・シラー教授が、コロナウィルスの恐怖は、何年にもわたってアメリカという国にとっての重荷となると、現地時間7月7日のCNBCのインタビューで警告しているので、紹介したいと思います。 www.cnbc.com 我々は、第2段階に入りつつあるのかもしれない。再びロックダウンが必要になるかもしれない。二度目ということもあり、心理的にはより悪い影響を与える。 大きなリスクは…

  • ジェレミー・シーゲル教授 ダウが年末までに3万ドルに到達する条件について語る

    昨日、現地時間7月3日の米国市場は、7月4日の独立記念日の振替休日のため休場でした。私がカリフォルニアにいた時は、7月4日の独立記念日には朝からビーチは人で埋め尽くされ、ビールを飲んで過ごしていましたが、何年か後にビーチでの飲酒が全面禁止となり、もうそのような光景はありえないことになったと聞いています。 再び、永遠の強気、ジェレミー・シーゲル教授の登場です。現地時間、6月30日のCNBCのインタビューで、2020年末までにダウが3万ドルに到達する条件について、語っています。 www.cnbc.com シーゲル教授は、主に3つの条件を挙げています。①コロナウィルスの感染が弱まること、②コロナウィ…

  • 2020年6月末のポートフォリオ状況

    7月になり、いよいよ2020年の下期がスタートしました。禁止されていた国内出張、社内飲み会が、7月から全面的に解禁になります。7月からは全員出社しろと言われるのかと思っていましたが、7月以降も在宅勤務が、正式な勤務体系の一つとして恒常化されました。コロナの前までは在宅勤務なんてあり得ないという会社だったので、正直、意外な決定でした。コロナの第二波の流行、あるいは大地震といった自然災害に備えるために在宅勤務を制度化したことになります。以前から、会社に毎日行く必要はないと思っていますので、これからも、仕事量、業務内容をみながら、適宜、在宅勤務をしていきたいと思っています。 6月末のポートフォリオで…

  • 『ウォール街のランダム・ウォーカー』の著者 バートン・マルキール氏 ミレニアル世代のデイ・トレードや60/40のポートフォリオの終焉について語る

    インデックス投資家のバイブルというべき名著『ウォール街のランダム・ウォーカー』の著者として日本でも知られているバートン・マルキール氏が、ミレニアル世代のデイ・トレードや、60/40のポートフォリオの終焉について、語っていますので、紹介したいと思います。 バートン・マルキール氏は、現在87才になりますが、未だに現役のようです。"Wealthfront"というロボ・アドバイザーの会社のChief Investment Officerを務められています。インデックス投資界の長老といった存在ですので、仕事のオファーは幾らでもくるのだと思います。年齢による定年退職というのは違法なアメリカですので、稼ぐ能…

  • バンガードETF VYMを追加購入しました

    モノでも金融商品でも、基本、衝動買いというのはしない性格なのですが、現地時間6月11日(木)の米国市場の急落(ダウは前日比1,861ドル安、S&P500は同188ポイント安)を受けて、当初、追加購入を考えていたバンガード債券ETF BNDを取り止め、 急遽、バンガードETF VYMを追加購入しました。追加購入のチャンスがやってきたと思い、寝る前に思わずポチってしまいました。 来月の7月10日(第二金曜日)には、今年は全く期待していませんが、夏のボーナスが支給される予定ですので、その時には、バンガードETF BNDを購入して、ポートフォリオを引き締めていきたいと思います。 6月12日(金)に、先…

  • 2020年6月の定期積み立て実行

    私の会社は12月決算ですので、6月は上期末となり、下期の予算の見直しを行なっています。コロナの影響で、自動車向けビジネスは落ち込んだまま売上は半減という状況で、V字回復が見込める状況でもないため、下期もコスト・経費を切り詰めるしかありません。今年は、じっと耐えていくしかなさそうです。 実体経済の低迷とは対照的に、株式市場は堅調です。現地時間10日の米国市場は、ダウは下落したものの、NASDAQは、終値で10,000ポイントの大台に到達しました。私がカリフォルニアから帰ってきた2004年当時は、2,000ポイント前後でしたので、16年間で5倍に成長したことになります。この成長の原動力は何でしょう…

  • 2020年5月末のポートフォリオ状況

    5月も終わりましたが、米国株式市場はダウが25,000ドル台、S&P500も3,000pt台を回復し、好調に推移しました。5月末のポートフォリオも、先進国株式クラスの比率が、先月と比べると1ポイント上昇し、回復してきました。 しかし、足元の実態経済は、依然、厳しい状況です。私の担当している自動車向け電子部品ビジネスは、低迷が続いており、売上が第一四半期の月平均と比べると半分位まで落ち込んでおり、回復の目処はたっていません。特に米国向け、欧州向けは低迷している状況です。工場の稼働にも、当然、影響が出ており、6月も一時休業をする計画が組まれており、何とかしのいでいる状況です。 ◆新目標ポートフォリ…

  • ジェレミー・シーゲル教授 株式市場の年内の最高値更新は極めて現実的と予想

    現地時間の5月26日、メモリアル・デー明けの米国株式市場は力強く続伸しました。終値はダウが25,000ドル、S&P500は3,000ptの大台を割り込みましたが、取引時間中は大台を超える水準で推移していました。 再び、永遠の強気、お馴染みのジェレミー・シーゲル教授の登場です。本ブログで紹介した3週間ほど前のCNBCのインタビューでは、FRBの前代未聞の流動性拡大と、治療法やワクチンの開発で2021年は株式市場にとって良い年になるだろうと予想していました。 investment-journey.hatenablog.jp 現地時間、5月26日のCNBCのインタビューでは、株式市場の年内の最高値更…

  • 『特別定額給付金』の申請が完了しました

    「特別定額給付金」の申請書が自宅に届きました。マイナンバーカードは持っているのですが、パスワードがどうにもこうにも思い出せません。今、再設定のため、市役所に行く訳にもいきませんので、免許証とキャッシュカードのコピーを添付して、郵送で申請しました。 どのように使うか、色々と考えていますが、少しは地元に還元しようと思います。山梨のワイン、日本酒の購入を考えています。週末、家の周辺をランニングしていますが、山梨県の緊急事態宣言は解除されているものの、大部分のワイナリーは休業したままです。やはり、外国人観光客と東京からの観光客が来ない現在の状況では、営業しても意味がないということなのかなと思います。 …

  • バンガードETF VYMを追加購入しました

    山梨県では、緊急事態宣言は解除されましたが、会社としてのコロナ対応策、社内出張禁止、社内飲み会禁止、可能な限りの在宅勤務の推奨は、5月31日まで延長されています。まだ解除されていない東京エリア、大阪エリア、北海道が解除された後はどうなるのか、まだわかりません。特に在宅勤務については、問題なく業務が回っていると考える人と、部下が近くにいないと効率が悪いといった否定的な人、役員クラス、管理職の間でも意見は分かれているように思います。個人的には、何も週5日間、毎日会社に行く必要はないと以前から思っているのですが、週に2回位は出社して必要な情報、特に製造現場で起きていることの情報を収集し、残りの週3回…

  • ジェレミー・シーゲル教授 3月が底値、2021年は株式市場にとって良い年になるだろう

    永遠の強気、ジェレミー・シーゲル教授は、米国の経済活動再開に向けて、今後の株式市場をどうみているのでしょうか。現地時間の5月8日、CNBCのインタビューに答えています。 www.cnbc.com 1918年のスペイン風邪の時のような第2波のコロナの流行がこの秋に発生し、再び大規模なロックダウンという状況にならない限り、3月が底値となるであろう。第2波が起きる可能性は極めて低い確率だと述べています。 4月の雇用統計は、非農業部門雇用者数は前月より2,050万人減少し、失業率は14.7%に大きく上昇したが、これは驚きではない。注視しているのは、過去の経済データではなく、ウィルスの拡大状況や、治療法…

  • 2020年5月の定期積み立て実行

    現在住んでいるアパートは、私もその一人ですが、山梨県外からの転勤者が数多く住んでおり、ゴールデンウィーク、夏のお盆休み、年末年始の休みといった長期休暇になると、駐車場に車が一台も駐車されていない状況になることがよくあります。但し、今年のゴールデンウィークは、例外中の例外で、県を跨ぐ移動や帰省を控えていたようで、大部分の車が駐車されていました。日本政府や山梨県知事の要請に、従っていた人は以外にも多かったという印象です。 政府が発表した『新しい生活様式』は、いわゆる昭和のサラリーマン的働き方、生活様式に大きな変化をもたらすと思います。毎日会社に通勤、とにかく集まれ、来いと言われる出張、大勢での社内…

  • ウォーレン・バフェット 大学に行くことは理にかなっていないのではと発言する

    ゴールデンウィーク中ですが、今年は、どこにも旅行に行くこともなく、家の近所をランニングする以外は、Stay Home、Stay in 山梨で過ごしています。 オマハの賢人、世界最強の投資家、ウォーレン・バフェットが、Yahoo USのインタビューで、今、私が若かったとしても、大学に行くことは、難しい判断になる。授業料が高くなりすぎて、学生ローンという負債が増大することになるからだと述べています。 finance.yahoo.com 確かに、アメリカの大学の授業料は、州立大学、私立大学を問わず、高いです。 久しぶりに留学したカリフォルニアの母校の現在の授業料を調べてみましたが、1年間の授業料が4…

  • 2020年4月末のポートフォリオ状況

    4月も終わりましたが、相次ぐ注文のキャンセル、後ろ倒しの影響を受けて、売上が3分の2位まで落ち込みました。自動車メーカーの相次ぐ工場の稼働停止の影響が、いよいよ部品メーカーにも波及してきたということです。4月から6月の第2四半期には大幅な売上ダウンとなることは間違いありませんが、少なくとも第3四半期位までは、このまま低迷した状況が続くのではないかと想定しています。車のような耐久消費財の需要が本格的に回復してくるには、相当時間がかかるのではないでしょうか。 一方で、米国株式市場は、4月最終日は下げたものの、CNBCの記事によると、4月のS&P500は、第二次世界大戦以降、単月としては3番目に大き…

  • バンガードETF VOOを追加購入しました

    先週の米国株式市場は比較的好調でした。一昨日、現地時間4月17日の米国株式市場は、トランプ大統領の経済活動再開の指針の発表、製薬大手のギリアド・サイエンシズのコロナ治療薬の治験の結果への期待から、株価は上昇し、ダウは24,000ドルを回復しました。 先週の木曜日に、バンガードETF VOOを追加購入しました。今年は毎月ETFを買うと決めているので、その方針に従って、どんな相場状況であろうと、ひたすら買っていこうということです。結局、いつが底値というのは、わからないですし、底値のタイミングで買うということは、素人には無理だと思います。 アフターコロナの生活は、どうすべきか、色々と考えてみました。…

カテゴリー一覧
商用