searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

はてな俊さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

創価学会に対して、 「日本で最も広がっている宗教だ」 「詐欺団体だ」 などという意見も、間違っているわけではないのですが、一つの立場から見た一面でしかありません。 「本質」を理解できれば、そうした事に執着する事はなくなり、本当の自由が何なのかわかるようになります。 私の記事からそうした事を知っていただければ幸いです。

ブログタイトル
創価学会から見る日本の真実の姿
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/hatenashun/
ブログ紹介文
批判でも擁護でも無い、創価学会と日本の「本質」とは何か?自分の関わる組織ならとことん知り尽くせ。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2017/02/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、はてな俊さんの読者になりませんか?

ハンドル名
はてな俊さん
ブログタイトル
創価学会から見る日本の真実の姿
更新頻度
集計中
読者になる
創価学会から見る日本の真実の姿

はてな俊さんの新着記事

1件〜30件

  • 脱会しても「覚醒」はし続けられる

    メッセージをいくつかいただきました。 やはり、創価学会員とアンチ双方の否定意見に違和感を抱いている人は、少なくないようです。 脱会した方は「覚醒」という言葉をよく使われますが、 私から言わせると創価学会員でいた時と、何も変わっていないです。 と言

  • 始めて6日でトップ10入り:批判に飽きた人へ

    こんにちは、はてな俊です。 このブログ、始めて6日でブログ村のランキングのOUT、PV部門でトップ10入りする事が出来ました。 訪問者数はまだまだかもしれませんが、お一人お一人が私の記事を何ページも読んでくださっている事に、喜びを感じております。

  • カルト解放への手引き:やめさせたい

    今回は、「カルトから大切な人を目覚めさせたい」 と考えている方に向けて記事を書きます。 まずあなたが被害者のために 考えなけらればならない事は、 あなたが 「なぜ被害者をカルトから解放したいのか」です

  • 「怖い…」恐怖に怯え支配されている人達へ

    前回は「被害者意識」を抱いている人に向けて記事を書かせていただきました。 今回は、人の行動を支配してしまう「恐怖」について記していきます。 もしも私の記事を読まれた事のない方は、最初から読まれる事をオススメします。 おそらく、この記

  • 「被害者意識」あなたは不幸のままでいたいですか?

    前回の 【放っておいても衰退する創価学会:アンチにも言及】 に引き続き、今回は「被害者意識」 に対して言及します。 前回を読んでいない方は ついてこられないと思いますので、 前回の記事をお読み

  • 放っておいても衰退する創価学会:アンチにも言及

    前回は、【十界論に照らし合わせても矛盾だらけの創価学会】についてお話ししました。 今回は、【放っておいても衰退する創価学会:アンチにも言及】について記していきます。 今回は、アンチ創価学会の方にも少々読み難い内容になっているかもしれませんの

  • 十界論と照らし合わせても矛盾だらけの創価学会⑦仏界

    今回は、いよいよ仏界についてお話しします。 今から書く記事は、学会員さんの方からすれば見たくないような内容だとは思うのですが、(と言っても今までの内容もそうだと思いますが…) 私は、事実を記すだけです。 特にあなた方を否定したいわけ

  • 十界論と照らし合わせても矛盾だらけの創価学会⑥二乗界(声聞界、縁覚界)

    ・二乗界(声聞界、縁覚界) 今回は二乗界について学会と 照らし合わせていきます。 しかしその前に… あなたは二乗界という境涯が どういったものかご存知でしょうか? 学会員の方であ

  • 十界論と照らし合わせても矛盾だらけの創価学会⑤菩薩界:悟りとは?

    今回は、菩薩界の説明に加えて、悟りについて少々お話しします。 言葉で表す事は所詮は本質の一部であるという事をご理解の上、お読みください。 ・菩薩界 学会員の方が他人を慈しみ、他人の幸せを考えて行動に移しているかと言えば、 それ

  • 十界論と照らし合わせても矛盾だらけの創価学会④地獄界

    修羅界、畜生界、餓鬼界に続き、今回の地獄界で四悪趣との照らし合わせは最後となります。 今回の話は、日蓮を信じる人には少々見難い話かもしれません… ですが、私はそれを信じる、それを学んでいるあなたを否定する気は毛頭ございません。 ただ

  • 十界論と照らし合わせても矛盾だらけの創価学会③餓鬼界

    ・餓鬼界 「功徳」を求めて必死に勧誘行為を続けたり、知人レベルにまで「1票」を求める姿は浅ましく、 とても民衆を理解し導く仏の姿には程遠いのではないでしょうか。 まさに「功徳」を求め続ける「貪り」の餓鬼の境涯と言えましょう。 餓

  • 十界論と照らし合わせても矛盾だらけの創価学会②畜生界

    前回は修羅界についてお話ししました。今回は畜生界についてお話しします。 ・畜生界強く拒む者には近寄ろうとせず、上からの権威には黙って言う事を聞くのがこの境涯です。 そして相手が自信なさげで押しに弱そうと見るや強気に出て、勧誘行為を行うあ

  • 十界論と照らし合わせても矛盾だらけの創価学会①修羅界

    前回の目次から続き、今回からいよいよ本題に入ります。 ・修羅界 彼らは 「勝たなければ、勝つ事こそが幸福!」 などと勝利に非常に拘りますが、それが修羅の境涯でなく何だと言うのでしょうか。 この境涯は、自分がいかにも優れて

  • 十界論と照らし合わせても矛盾だらけの創価学会⓪目次

    さて、今回からは 【十界論と照らし合わせても矛盾だらけの創価学会】 について記していきます。 まずは、下記の図をご覧ください。(私の作った拙い図です…)

  • 創価学会とカルトの11の共通点⑪指導者の家族(主に配偶者)も一定の地位を組織内で与えられている

    ⑪指導者の家族(主に配偶者)も一定の地位を組織内で与えられている これはつまり、コネで家族の地位を上げているのです。 指導者が率先してやっているのですから、学会は多くのコネがあると見て良いでしょう。 現に、学会の職員には公明党議員の子

カテゴリー一覧
商用