chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
週末はスポーツ観戦 https://mindyas.hatenablog.com/

欧州サッカー、テニス、柔道、野球、MLB、相撲など幅広くスポーツ観戦を楽しみます。

スポーツに関する話題や情報、考察や、現地記事の考察などを含め、日常の話題や関心事などを思ったままに書いていきたいと思います。

ちやす
フォロー
住所
中川区
出身
盛岡市
ブログ村参加

2017/01/19

1件〜100件

arrow_drop_down
  • 2019 全豪オープン 準々決勝 錦織 対 ジョコビッチ 錦織リタイアで敗戦

    1月23日(水)ナイトセッションで、錦織選手の全豪オープンQF(5回戦)が行われます。相手は言わずと知れた最強選手ジョコビッチです。 昨シーズン完全復活 生涯グランドスラムを達成した後のジョコビッチはそれまでと別人のジョコビッチでした。昨年の全仏当たりまでは全盛期には遠いできで、本人もフラシュとレーションをためていました。 しかし、バイダコーチを昨年4月に再び陣営に迎え入れると、7月のウインブルドンでは相手にテニスをさせて全て受け止めての完勝を連発し、全盛期を思わせる復活の片りんを見せると、その後の北米シーズンや上海マスターズでも勝ち続けました。 パリやファイナルでは若手選手に屈する部分に全盛…

  • 2019 全豪オープン 4回戦 錦織 対 カレーニョブスタ 起伏最高潮の接戦を錦織が大逆転で制す!

    1月21日(月)現地時間の18時(日本時間の16時以降)に、マーガレットコート(セカンドコート)において、錦織選手の全豪オープン4回戦が始まります。 相手はスペインの27歳、ランキング24位のカレーニョブスタです。 2017年にブレークしたカレーニョブスタ、だがその背景には・・ カレーニョブスタは2009年にメジャーデビューしてからしばらくは表立った活躍はありませんでしたが、2016年のサンパウロのクレーの大会でツアー初の決勝に進むと、8月のウィンストンで優勝。 そして2017年は全仏ベスト8、全米でSFに進出するなどして一気にランキングを上げて、ツアーファイナルも補欠ながらも最終戦で出番が回…

  • 2019 全豪オープン 3回戦 錦織 対 Jソウザ

    1月18日(土)、オーストラリアのメルボルンで行われるグランドスラム、全豪オープンの3回戦が行われます。 錦織はここまで1、2回戦をフルセットで凌いだものの、ブリスベンの優勝からすると、その勢いを持続して持ってきてはおらず、苦しい戦いが続いています。 3回戦のソウザは早いサーブと回り込んでのフォアショットに定評はあるものの、くみしやすいタイプの相手にもかかわらず、過去の対戦成績は1勝1敗と差がありません。 また、錦織選手の試合は早い時間帯の試合開始となり、平日は特に視聴が厳しくなっています。 1stセット 第1ゲーム、ソウザのサービス。果敢にネットに出る錦織がブレークポイントをモノにしていきな…

  • 2019 グランドスラム 全豪オープン マレー衝撃の今シーズン限りでの選手生活に終止符

    1月14(月)から二週間にかけてオーストラリア・メルボルンで今シーズン最初のグランドスラムが開幕します。 しかし、プレスカンファレンスの中で最も衝撃的な出来事がおこりました。 今シーズン限りで選手生活に終止符を打つ事をマレーが表明してしまいました。 臀部の痛みが引かず、涙を浮かべての会見 1月14日センターコート第4試合に試合 相手はバウティスタ・アグート シード選手 日本人選手予選 ドロー表 Aブロック ジョコビッチへの挑戦権をだれが掴むか・・・ Bブロック 本命不在のブロック Cブロック 激戦区、フェデラーとチリッチが激突 Dブロック ナダルの前に立ちはだかる巨人 日本人選手 錦織(8) …

  • 2019 グランドスラム 全豪オープン 1回戦 マレー 対 バウティスタ

    衝撃的な今シーズン限りでのプレイ生活に終止符を宣告したマレーの1回戦が1月14日、日本時間午後5時より行われています。 1回戦の試合にかかわらず超満員に膨れ上がったセンターコート。 1STセット 前哨戦では途中で試合を切り上げたように、本調子とは程遠い中迎えるこの大会。先日の会見もあり、1日目から超満員の中試合が行われる。 相手は、ストローク力に定評があり、ミスの少ないバウティスタ・アグートです。 序盤は互いに探り探りの中のテニスが続く。 その中でも左右に振られると悲鳴にも似た声で追うマレーの姿がやはり痛々しい。 プレイレベル的には痛がる素振りもなく、サーブを打つたびに声を張り上げるマレーの姿…

  • 2019 ATP250 ブリスベン 決勝 錦織 対 メドべデフ  錦織が2年11か月ぶりのツアー優勝を飾る!

    2019年最初の大会となるオーストラリア、ブリスベン大会の決勝。錦織はディミトロフ、シャルディを倒して決勝に駒を進めます。 対するは楽天オープン決勝で苦杯をなめたロシアのメドべデフとなりました。 1stセット バックハンドを主体に攻める錦織が内容も優勢に試合を進め1ブレークを守り切り6-4でこのセットを取る。 2ndセット 1stセットを取った事により、攻めに行くのでなくしっかり待ってメドべデフのミスを待ち8度のブレークポイントを掴む錦織は、しかしものにできず、第7セットの唯一のブレークポイントをものにされて、優勢に進めながらも、3-6でまさかのセットダウンとなり、セットオールとなる。 ファイ…

  • 三国志 司馬懿 軍師連盟 第2部序盤48話まで

    第1部で司馬懿が甄姫に関わった事で罪を被ったものの、郭皇后即位の恩赦で平民として出所し難を逃れる所で幕を閉じました。 戦闘背景がない物語に終始した第1部 曹丕崩御 曹叡の描写 呉軍撃退に失敗(石亭の戦い) 諸葛孔明と馬謖の登場頻度が上がる 曹叡の二面性 息子の昭を警戒する司馬懿 孟達の取捨選択 戦闘背景がない物語に終始した第1部 三国志と聞くとその華々しい戦闘シーンが容易に想像が付きますが、この司馬懿軍司連盟はごくごく一部しか描画、、というかほとんど描画されません。 190年後期から220年まで描かれた42話、時間にしておよそ1700分余りの時間で費やされた戦闘シーンは30分程でしょうか。 歴…

  • 三国志 司馬懿 軍師連盟 前半話あらすじ

    2018年7月14日土曜日よりWOWOWで放送されている「司馬懿 軍師連盟」主人公は司馬懿仲達という珍しい切り口のドラマとなっております。 物語概要 演技三国志好きには些かハードルの高い物語 司馬師誕生から物語がスタート 史実と年表の前後関係がかなり異なる 楊脩とのライバル関係 郭嘉と曹操と荀彧 曹丕、曹植の世継ぎ争い 曹丕と司馬懿、曹真の関係 前半話の司馬懿 前半話その他の文官、武将の活躍 満寵 鍾ヨウ 崔エン 荀攸 程昱 夏侯惇 曹真 曹洪 許緒 徐庶 汲布 丁儀 曹彰 陳羣 徐晃 楊彪 司馬防 司馬孚 阿照 甄姫 曹叡 孫権 陸遜 阿翁 前半話の終盤 曹彰の謀反 新政の狭間での争い 曹丕…

  • 2018 ATPファイナル 錦織 対 ティエム ここ一番で力を出せない課題が浮き彫り

    11月15日の23時より、ファイナル第3戦のティエム対錦織が行われています。 ここまで錦織はフェデラーをストレートで破ったものの、アンダーソンから1ゲームしか取れない敗退の影響で、グループリーグの自力突破がない状況となっています。 一方のティエムは2連敗しており、こちらも自力突破の可能性はありませんが、ゲーム差でわずかな可能性を残します。 試合展開 1stセット 第1ゲーム、ティエムのサービス。ティエムがキープする。 第2ゲーム、錦織の要注意のサービスゲーム。やはりというか1stサービスが入らず、ティエムの強打に押されてブレークポイントを握られるもしのぐ。しかしチャンスボールも前につんのめるよ…

  • 2018 ATPツアーファイナル 錦織のグループステージ突破可能性 2位なのに自力突破消滅の理由

    ツアーファイナルに出場している錦織選手は、1戦目のフェデラーにストレート勝ちしながらも、2戦目のアンダーソンにストレートの完敗を喫しました。 この結果、錦織選手はフェデラー対ティエムの結果、フェデラーがストレート勝利を収めた事で、自力での突破の可能性が消滅しました。 現時点での成績 2勝1敗だとしても敗退濃厚な原因、ゲーム差で絶対的不利 試合順も錦織に味方せず 要点整理 錦織〇パターン 錦織×パターン 現時点での成績 現時点では上記表の通り、錦織はフェデラーを抑えて2位という状況です。 その理由は当該者同士の対決で錦織がフェデラーに勝利しているためです。 本来であれば、この状況から錦織は勝てば…

  • 2018 ATPツアーファイナル 錦織 対 アンダーソン 屈辱的大敗を喫する

    ファイナルツアー2戦目、錦織は1戦目でフェデラーに勝利しており、この試合に勝つと自動的に勝ち上がりが決定する試合となります。 しかし、そのテニス内容はそれほど良いものではなく、フェデラーのミスに助けられての勝利という印象で予断は許さないといっていいでしょう。 コートサーフィスとあってないのか信じられないリターンミスも何度も喫しており、様子を見なければいけません。 試合経過 1stセット 第2ゲーム、錦織のサービス。錦織のサーブが入らず、ブレークポイントを3度握られると、フォアショットがアウトとなり、いきなりのブレーク先行を許す。 その後も錦織はサーブが入らず、フォアのショットは一か八かの淡泊な…

  • 2018 ATPツアーファイナル 錦織選手出場

    2018年男子シングルスもメジャー大会は最後の大会となる、ツアーファイナルがロンドンで開催されますが、錦織選手の出場も決定しています。 出場選手成績 デルポトロが膝蓋骨の骨折、ナダルも手術によりファイナル出場を断念し、繰り上がりで、錦織、イズナーの2選手の出場がする事になります。 出場選手を見ますと、フェデラーが最も少ない大会数で勝率もずば抜けて高いです。 ジョコビッチはウインブルドンからはわずか2敗しかしていませんが、前半は負けが込んでおり、年間で11敗しています。それ程出場数を必要としないトップ選手にあって、大会に出続けたとも言えます。それだけ勝利に飢えていたという事でしょう。 イズナー以…

  • 2018 ATPツアーファイナル 錦織選手の出場確定

    11月4日(日)日本時間早朝に、デルポトロがツアーファイナル出場の辞退を表明し、ランキング9位の錦織が繰り上がりでのファイナル出場が決定しました。 錦織のトップ10返り咲きが確定 ファイナル補欠選手はまだ未決定 予想外に早いトップ10復帰も課題点に成長猶予有り ファイナルは11月11日開催 デルポトロ「膝をよくするために、可能な限りの手は尽くした。順調に回復していると感じるが、しかし、まだ時間が必要なんだ。ロンドンにいけないのは凄く残念でならない。それでもいいシーズンだったと振り返ることができるよ・」 デルポトロはそれなりにツイッターを更新するプレイヤーで、過去の欠場の際にも理由をコメントして…

  • 2018 ATP1000 パリマスターズ 2回戦 錦織 対 マナリノ  センターコート第1試合19時開始

    10月31日(水)、最終戦出場を掛ける錦織は、パリマスターズの初戦である2回戦でフランスのマナリノと対戦します。 ファイナル出場状況 ATPツアーランキングでは3210ポイントで現在9位となっている錦織。上位8名までが参加できるファイナルに出場するにはもう1つ順位を上げなければならないと報道されている紙面が目立ちます。 しかし、実質的には8位にいると言えます。前述している通りデルポトロが膝の骨折により出場が困難なためです。とは言え、デルポトロはまだ出場辞退を発表しておりません。これも前述しましたが、本人自身が現状を未だに信じられない様子で落胆しているという見方、そしてもう一つは必至に出場の方法…

  • 2018 ATP500 エルステバンクオープン F決勝 錦織 対 アンダーソン 22時開始 決勝でここ一つギアを入れれなかった錦織

    10月28日(日)日本時間の22;00より、オーストリアのウイーンで行われているエルステバンクオープン決勝戦が開始されます。 錦織選手は難敵のハチャノフ、ティエムを撃破した後、SF準決勝では好調を維持するククシュキンに粘られながらも危なげのないプレイを披露して勝ち上がっています。 上位安定を見せつけるアンダーソン 対するアンダーソンもSFのベルダスコに脅威の粘りを見せられ、3セット目の途中でメディカルタイムアウトを取る程に体を痛めつけられましたが、何とか勝ち上がりました。 大学を卒業してからのプロ転向と、プロデビューは遅いながらも、同じような経緯を辿ったイズナー同様に、ビックサーブを武器に上位…

  • 2018 ATP500 エルステバンクオープン SF 錦織 対 ククシュキン

    10月27日(土)日本時間21;00より、エルステバンクオープンSFの第一試合、錦織対ククシュキンが行われます。 ファイナル争いは半歩リード 昨日のティエム戦の勝利により、この大会で180ポイント獲得が確定した錦織は、ノーアドポイントの90ポイントを上回る90ポイントの獲得が確定。 同大会で2回戦でモンフィスに敗退しているイズナーが45ポイント獲得で3020から45ポイントを加えた3065ポイントが確定。 錦織は3000からすでに90ポイント以上の獲得が確定していますので、この時点でイズナーを上回っています。 錦織にとっては、F進出で更に+120、優勝で+320と大きなポイント獲得も期待できる…

  • 2018 ATP500 エルステバンクオープン QF 錦織 対 ティエム 錦織が終盤に向けて難敵を連続の圧勝劇

    2018ATPツアーも残すところ後2大会となりました。 錦織選手は当初予定されいたスイスインドアを変更し、オーストリアのエルステバンクオープンに参加しています。 2回戦ではここまで相性の悪さを見せるロシアのハチャノフ相手に6-2,6-2とスコアも内容もほぼ隙のない出来で勝ち上がりました。 そして、対戦するのは地元の声援を受けるシードナンバー1のティエムとなります。 過去の対戦は2勝1敗も・・・ 過去の対戦は錦織の2勝1敗ですが、直近で対戦した全仏オープンの4回戦ではティエムの前に力で押し切られるセットカウント3-1で敗れています。その後ティエムはファイナル決勝に進出しました。 クレーコートを得…

  • 2018 新たなジョコビッチのベクトル 再び精密機械へ昇格

    2018年、10月初旬に中国で行われた上海マスターズ。そこでジョコビッチは全試合ストレートのみならず、1つのブレークも許さぬ完全優勝を成し遂げました。思えば今シーズン序盤のジョコビッチのプレイから想像するに考えられないスピードで一気にジョコビッチのプレイは安定感を取り戻しています。 生涯グランドスラム達成の後 1位陥落、コーチ解任、練習不足、空回り バイダコーチ復帰 上海オープンで見せた冷酷なジョコビッチ 再びヒールぶりを謳歌できるか 生涯グランドスラム達成の後 元々のジョコビッチは攻守に隙の無い完全無欠のプレイスタイルでした。それはビックサーバーを相手にしても、ストローカーに対しても全く変わ…

  • 2018 錦織選手のファイナルツアー出場条件3 状況が一変するデルポトロの今シーズン終了

    いよいよ男子テニスツアーも佳境に入り、その大詰めを迎えています。 10月の上海マスターズを終えましたが、先週まではハードコートシーズンに入る前の7月の予想の範疇でランキングが変動していましたが、昨日出場選手に大きな動きがありました。 2018 後半 錦織のポイント推移、ファイナル進出の現実性の鍵はアンダーソン - 週末はスポーツ観戦 デルポトロのファイナル欠場が決定 それは、非常に残念な事ですが、デルポトロがファイナルを棄権するというニュースでした。 デルポトロは10月のアジアシリーズに入り慢性的な風邪に似た症状に悩まされており、健康状態が不安視されていましたが、上海マスターズのチョリッチ戦の…

  • 2018 ATP1000 上海マスターズ QF準々決勝 錦織 対 フェデラー

    10月12日(金)日本時間午後9時過ぎより上海マスターズの男子シングル準々決勝、錦織対フェデラーが行われます。 錦織選手は2回戦、地元のウー・イービン選手に大苦戦しましたがフルセットの末に勝利し、3回戦は今年不調でランキングを大きく落としているクエリーにストレート勝利しています。 一方のフェデラーは初戦で楽天オープン優勝者のメドべデフに食い下がられながらもストレート勝利を収めると、3回戦もバウティスタを相手に粘られてフルセットに持ち込まれてます。 実力差が際立つ両者の成績 両者の対決は上位同士の選手ながら対戦が少なくまだ7戦しかありませんが、2勝5敗と大きく負け越し。2014年のハレからは4連…

  • 2018 ATP500 楽天オープン F決勝 錦織 対 メドべデフ

    10月7日(日)楽天オープン男子決勝で、錦織選手はロシアのメドべデフと対戦します。 過去の対戦はモンテカルロマスターズで対戦し、ストレート勝利を覚めている22歳の相手です。 メドべデフの好調ぶり メドべデフは昨年のネクストGENファイナルにも参加した若手期待の選手ですが、ズベレフやチョリッチ、シャポバロフの陰に隠れてきた存在と言えました。 しかし、今年の春にオーストラリアで若手気鋭の地元デミノールを倒して優勝すると、アメリカでもこれまた地元のジョンソンを下して優勝と今シーズン2回の優勝を地元選手と戦う完全アウエーの中優勝しています。並々ならぬメンタルの強さが伺えます。 190cmからのサーブに…

  • 2018 ATP500 楽天オープン SF準決勝 錦織 対 ガスケ

    10月6日(土)台風が近づく中、楽天オープンのSFが行われます。 錦織選手は1回戦は杉田選手を、2回戦では天敵ペールにいずれも危なげない内容で勝利した後、鬼門と思われたQFチチパスとの初対戦で、相手に時間を与えない早い攻めでチチパスのミスを連発させて気鋭を削ぐ完勝を見せました。 ガスケとの相性の悪さ SFで対戦するガスケ選手は錦織と年代が近く、常に近い存在で9度の対戦がありましたが、その勝敗は錦織の2勝7敗と非常に相性が悪いものでした。しかもハードコートではまだ全負という状況です。 しかし、近年は対戦もなく、両者の立場は大分差がついたと感じます。 ガスケが錦織を得意とするのは互いにバックハンド…

  • 2018 ATP500 楽天オープン 2回戦 錦織 対 ペール

    2018年、日本で唯一行われるATPツアーである楽天オープンが開催されています。 この大会の1回戦では、日本人対決が実現し、錦織対杉田の1戦はやや硬さは見られたものの、錦織の圧勝で幕を閉じております。 試合環境の問題 しかしながら、その試合を楽しむ前に問題も発生しております。 それは、今年は有明の改修工事の為、武蔵野の森体育館を使用してインドアハードで行われている事です。そして同施設に2コートを併設して試合を行われている事により、隣のコートの声援がほぼ遮断無しに聞こえてしまう事です。 プレイ中にいきなり大声援やため息が何度もテレビ越しにも伝わる程ですので、試合をしてる選手にとってはとても集中力…

  • 2018 全米オープン 決勝 デルポトロ 対 ジョコビッチ

    9月10日(月)日本時間朝5;00から2018年全米オープンの決勝カードであるデルポトロ対ジョコビッチが開始されます。 共に実力を温存しての勝ち上がり 両者ともに決勝に向けては比較的強度の強い試合をせずに勝ち上がってきているのは共通点と言えます。 デルポトロは4回戦のチョリッチ戦までは1セットも落とすことなく勝ち上がります。QFで好調イズナーに完璧なプレイで1stセットを落とすも2ndセット以降も落ちずにイズナーのエラーを待つテニスで勝利します。SFのナダル戦ではナダルの膝の状態が思わしくない部分はあったにせよ、これまであまり積極的には見られなかったバックハンドのウイナーを連発し、この大会に掛…

  • 2018 全米オープン女子決勝 大阪 対 セレナ・ウイリアムス 大阪がセレナを圧倒し日本人初のグランドスラム制覇を達成

    9月10日(日)午前5時から日本人女子初の全米オープン決勝を戦う大阪選手の試合が始まります。 大阪なおみのこれまでの勝ち上がりは万全の1~3回戦に比べて4回戦は1stセットを取りながらも開き直っての強打を繰り返すサバレンカにセットを奪い解され、さらにファイナルセットも先行ブレークを奪われるなど追い込まれるも、ここでいつもの精神的な落ち込みは見られずしぶとくミスを最小限に抑えたプレイで逆転で制します。 SF準決勝は因縁の相手キーズ選手でしたが、キーズの厳しい攻めで13度のブレークポイントを掴まれるもこれをすべて凌ぐというハートの強さを見せ、相手を精神的に追い詰めての57分ストレート勝利の完勝を収…

  • 2018 全米オープン SF準決勝 錦織 対 ジョコビッチ 力を出し切れずに完敗

    9月8日(土)センターコート第2試合として、男子シングルス準決勝の錦織対ジョコビッチが行われます。 第1試合のナダル対デルポトロが午前5;00より行われましたが、第2セット終了時点で、すでに痛めていたナダルの左足膝部分が悲鳴を上げ、無念のリタイアとなりました。決勝にはデルポトロが上がります。 デルポトロ「もちろん最高の勝ち方ではない。ナダルは最高のファイター、最高の彼と戦いたかった。彼の回復を祈るよ。しかし、自分のプレイもよかった。タイブレークまで持っていかれたけど、そこをとれた。怪我もあったけど今日はバックハンドもよく振れていた。2009年はラファ、ロジャーに勝って優勝した。しかし、その時自…

  • 2018 全米オープン QF準々決勝 錦織 対 チリッチ 暑さも克服の勝利

    9月6日(木)に行われる全米オープンQFで錦織選手はチリッチとの対戦となりました。 過去の成績 8勝6敗 しかし・・・・ 過去の対戦では8勝6敗で上回っています。ハードコート自体でも6勝5敗です。 しかし、決勝やツアーファイナルという大事な場面での戦いでは全て負けてしまっている嫌な相手でもあります。全米オープン決勝、バーゼルインドア、ロンドンツアーファイナルでは勝負所でミスが目立ち、また勢いを盛り返すショットでチリッチが制しています。 QF対戦では5戦全勝 しかし良いデータもあります。過去QF準々決勝で5度の対戦のある両者ですが、このQFでの対戦では全て錦織が勝利しています。決勝に向けて試合を…

  • 2018 全米オープン 4回戦 錦織 対 コールシュライバー

    9月4日深夜に行われる錦織選手の全米の4回戦、対戦相手はシードのアレクサンダーズベレフではなく、同ランクシードのコールシュライバーとなりました。 過去の対戦成績は錦織が2勝0敗と負けなし、ラリー、ネットプレイなど非常にスタイルがかみ合いアップセットが起きにくい対戦と言えるでしょうが、コールシュライバーもグランドスラム初のベスト8進出に向けて心して挑んでくるはずです。 試合展開 試合はルイアームストロングスタジアムの第1試合。0;00開始となりました。 1stセット 第1ゲーム、錦織のサービス。ハードコートに入って今一歩のサービス。2ndサービスでは置きに行くような120キロ台のサーブなど良くな…

  • 2018 全米オープン 3回戦 錦織 対 シュワルツマン

    9月2日(日)朝の6時頃からグランドスタジアムで錦織選手の3回戦が開始されます。 相手は小兵シュワルツマン選手です。 過去の対戦成績は2勝0敗も 171cmの公表だが、実際は165cm程と思われるシュワルツマンはテニス選手の中でも飛びぬけて小兵でサーブは入れるだけの場合が多いです。しかし、粘りのストロークとあきらめいない精神力で最後まで相手を追い詰めます。 基本的にはクレーコートで持ち味を発揮する選手ですが、昨年あたりからハードコートでも活躍が目立ち、現在13位と安定して上位にいる実力者となりました。 過去の対戦成績は2勝0敗、2017年のアルゼンチンオープンとジュネーブオープンで対戦がありま…

  • 2018 全米オープン 2回戦 錦織 対 モンフィス 第2セットモンフィスの棄権で錦織3回戦進出

    8月31日(金)の早朝に錦織選手の2回戦が開催される予定です。相手はテニスファンにはおなじみのモンフィス選手です。 過去の対戦成績 3勝1敗 一昨年シーズンはシーズン最高の6位を記録するなど、ツボにはまった時の爆発力と、何をしでかすかわからないプレイで人気の高い選手です。かつピシっと整えるとなかなかのスタイルと容姿です。 過去の対戦成績は3勝1敗で錦織がリードしていますが、その1敗が昨年のモンテカルロでの大逆転負けとなり、それ程よいイメージはもっていないはずです。 モンフィスはその身体能力で2ndサービスでも220キロのサーブを叩き込む事もあり、かつ相手の意表を突くショット、ロブやドロップも多…

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、ちやすさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ちやすさん
ブログタイトル
週末はスポーツ観戦
フォロー
週末はスポーツ観戦

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用