searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

わただま 摘んだ?さんのプロフィール

住所
神奈川県
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
わただま 摘んだ?
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/clarte9
ブログ紹介文
風になる 花のかおりをまとうこと 遠い訪れを搬ぶこと 水のありかを囁くこと そして こっそり石たちの
更新頻度(1年)

7回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2017/01/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、わただま 摘んだ?さんの読者になりませんか?

ハンドル名
わただま 摘んだ?さん
ブログタイトル
わただま 摘んだ?
更新頻度
7回 / 365日(平均0.1回/週)
読者になる
わただま 摘んだ?

わただま 摘んだ?さんの新着記事

1件〜30件

  • 新聞紙、きれいにたたんで

    レジ袋の有料化後、一変した流しのごみ事情。いっそ追い風とばかり、切り替えました。わが家の三角コーナーは古参のステンレスメッシュ。それにセットする袋を古新聞で作ることにします。【新聞紙ゴミ袋の作り方】あさイチで話題の折り方【ミニサイズ・袋状のごみ袋(ゴミ箱)】-HowtomakePaperGarbagebag(Origami)いろいろ試した結果、こちらの折り方で。ただ、一枚だと水に弱いので、見開き二枚にして使用しています。たぶん、めんどくさいのは三等分にするところ。就職してはじめて、書類の三つ折りをたたきこまれたのを思い出します。新聞紙には、目安になるマーカーなどないので、目分量で手にたたきこんでいきます。すこしずれても、つど修正をかければいいだけ。セットするときは、袋の内側にてをいれて、底部分をわしづかみにし、...新聞紙、きれいにたたんで

  • ポケット付きマスクへ

    緊急避難的につくった手作りマスクですがすでに日常のものになりました。使い捨てマスクが普及する前の「給食当番マスク」。探していたときはでてこないで、落ち着いてから見つかりました。替えのガーゼ2枚が付属して、本体にはノーズワイヤーもついていました。いにしえのマスクは、このガーゼを顔との間に挟んでましたがこれは、本体の間にサンドするようになっています。やはりこの機能は捨てがたいもので、おそまきながら取り入れようと思います。すでに作ってしまったマスクを有効活用すべく、内側の縫い目を開いて、上下を縫い止め、フィルターを抜き差しする口の縫い代を始末する。自家製のつよみで、最小限のてまでリメイクできました。新規に作る場合は、縫い代を足して、折り返す形にしようかと思います。ちなみに、使用するフィルターは、不織布を家人がカットし...ポケット付きマスクへ

  • メルアド変更しました +tips

    少しずつ増えてきた迷惑メール。直近で登録した大手企業のいずれか。とにらんでいたのですが、自粛期間中、がぜんヒートアップしました。もうっ、あぶなくて!替えました。問題のアドレスだけでなく、登録先すべて洗いざらい点検して、数日間が消えました。。。。で、考えたことを忘れるまえにメモしておきます。☆メルアドの総ざらい手持ちのメルアドと提供先、IDとPWをリストアップする。メルアドはおおざっぱに言ってISP提供のものdocomo、au、Softbank、Microsoft、AppleGoogle、Yahooなどがあります。長期間でさまざまのサービスにコンタクトする現在はそのメルアドが使えるかどうかがとても重要になります。認証が行われないことで、購入したサービスが利用不可になってしまうからです。それぞれのメルアドには、メー...メルアド変更しました+tips

  • どこからきて

    ずっと針仕事をしながらベランダのネモフィラをみています。三月のはじめから咲き始めた花はいまだ衰えず青く陽に向かっています。著名な芸能人が亡くなったことでいざとなったら身の回りの整理もできないととりわけ手のかかる古布の始末にかかりました。もうぼろといってもいいかもしれない。こまぎれの布を20枚つなげて、ようやくかたちがみえてきました。夫が、ふと「もう廃品回収に出せない」とつぶやきました。廃プラが、アジアの国から拒否されたのは知っていました。ある意味、当然ともいえますがつぎは横浜市内の資源集団回収が一部で停止になっています。横浜市内4区で資源集団回収が停止回収業者、3月で撤退byカナロコ出すこともできなくなれば来ることもできなくなるのではないでしょうか。いままで、あたりまえのように使い捨てていた衣料が、届かなくなる...どこからきて

  • Google Chrome 脆弱性アップデート

    先週窓の杜のFBに、「GoogleChrome81」に致命的な脆弱性の記事がながれてきましたが、ひきつづき今日も「GoogleChrome81」に深刻度“High”の脆弱性~先週に続くセキュリティアップデートとあったので、アップデートのやり方をおさらいしておきます。Chromeを起動、画面上部タイトルバーの右端のハンバーガーボタンをクリック下から三番目の「設定」をクリック左端の「chromeについて」をクリックするとアップデートが始まります。インストールが終了すると画面の再起動を求められるので、いったんブラウザを閉じて開き直します。再度同じ場面をひらいて、ヴァージョンが最新版(v81.0.4044.122)になっていれば成功です。GoogleChrome脆弱性アップデート

  • マスク量産中の覚書

    払底しているマスクゴムですが、入手できなければ作る気になれませんね。わたしが使ったのは、100均伸縮包帯の最小サイズ。みみにやわらかいので、むしろゴムより快適かもしれません。ただ、結び目が外にでるとほつれますので、あらかじめピケなどで、ほつれどめの処理が必要です。また、くっつくタイプでも試してみましたが、こちらは、半分に折って重ねるだけで作るのはらくちん、みためもすっきりしてますが、余裕がないと、ぴったりすぎて顔にマスクの跡が付きます。ほかに、ストッキングをカットして使う方法をきいたので、次回試してみようと思います。型紙は、徳島のかずさんのを使いました。上下のカーブが違うのは、おそらく鼻とあごの角度が違うからで、鼻からすっと落ちるラインのおかげで、眼鏡が曇りにくいです。動画で拝見した型紙に、ヨコとタテにプラス1...マスク量産中の覚書

  • 立体マスクを作りました

    陽気が良くなっても、COVID-19はおさまらないとのことなので、おそまきながら、マスクを作ることにしました。ジェネリックではありませんが、すでにたくさんの方が作られていて、昔ながらの四角いタイプではなく、ぴったりと肌を覆う立体系が主流になっています。こんなにたくさんの方の智慧が、たやすく共有でき、しかも動画でみられるなんてすばらしいことです。いろいろ参考にさせていただきましたが、最終的に、こちらの動画に基づいて作ることにしました。立体マスクの作りかた徳島のかずさん、おばさん、ありがとうございました。使用した布は、楊柳。子どもたちが大きくなってしまって30年くらいお蔵入りだったもの。ゴムは、買い置きの4コール。帽子用ゴムでも代用できそうです。ふだん、服を縫っているので、できあがりがとてもはやくて驚きました。数が...立体マスクを作りました

  • Windows10への移行

    10への移行は年明けとともにどたばたと始まりました。その大きな推進力となったのは、F社およびT社で起きたバッテリーのリコールそれに引き続くユーティリティのアップデートでした。PCを開けるたび表示される警告画面にふるえ上がった方の不安が後押しとなったのです。とはいえ、今回MSのガードは固く、期限切れのサポートは企業対象の有償になるそうなので、やむをえないのかもしれません。Windows7はかなり安定したシステムだったので、不具合なく10年たっちゃった方が多いです。その間8の騒ぎを知らずにきてしまった。スマホも使わなかったりすると、びっくりするのは当然の気もします。開封して電源を入れるだけならかんたんですが、あらかじめ準備をしておかないと、問われたことに返答できない。その場しのぎをつみかさねていくことが、PCの使い...Windows10への移行

  • 量産開始~八掛ブラウス

    今年の夏は、いきなりきました。年中長袖のわたしも、家の中では半袖です。夏冬いれかえて、着用したところ・・・・・いきなり、怒られました。多少、耐用年数を超えていたかもしれません。本人よりも、周囲に無理をしいるものですし。家族に味方は見いだせず、ぼろのTシャツは、とうとうばいちゃ。仕方がないので、しばらくさぼっていた縫い物の再開です。以前こしらえたのを参考に、一枚、二枚と作るうちだんだんはずみがついてきました。八掛というくらいですから、数もサイズもほぼきまっています。傷みや汚れのある所も、だいたい同じ。なので、手順もパターン化しやすい。幅があるので、袖分をくりぬいたほうが恰好はいいのですが、フィット感より泳ぎ感を重んじて、できるだけ切り刻まないことにしています。みみと袋縫いを駆使した4年前の作品は、毎日のように着て...量産開始~八掛ブラウス

  • 銀いろの薔薇のチュニック

    ものを処分するのってたいへんです。買う買わないなら、縁のありなしで諦められるのにすでにあるものは、思い切るだけではすみません。片付けたはずのに、気になって仕方なくなる。それは、こちら側の欲ではなくて、あちら側に堆積された時間のせいかもしれません。いったんは、処分の段ボールに入った羽織でした。土壇場で途中下車してきました。いったんは、うちにきました。けど、目的地は、ここではないような。帰りたがってるんだな。歳月を洗い流して、解いたきれは、そう望んでいるようでした。ひとさまのものを縫える腕ではないのですが・・・・・仕方がない。大柄な模様は、置く位置が限られます。バラの花は、裏地に糸がわたっていません。黒の地は、とろけるように柔らかくなっています。袖があったほうが布への負担がすくないので、また前回と同じ三枚はぎ。スリ...銀いろの薔薇のチュニック

  • ふわっと風のような更紗

    届いたときは、ふつうの長着でした。で、解いてみると、裁断が違う。たぶん羽織だった。と、思うのですが、まったく気取らせない仕立ての技に驚くばかりです。そして、初めからこの柄ではなくて、端縫いし、染め替えられていました。華やかな熨斗目地模様の綸子に、ながく着られるよう、花唐草のパターンをのせたのでしょう。地目は詰んでいて、しかも微妙に伸縮する。丈は足りない。でも、更紗の流れは、活かしたい。結果、後ろ身頃の上ではいで、裾の縫い代も足す。袖は、半幅部分を三枚つなぐ。という解決法をとりました。すらっとミシンをかけられないので、ぜんぶしつけをかけました。趣味だから。こんなことができるんだって思いました。信じられないくらい、時間かかりましたもん。できあがってすぐ、お友達のコンサートに着ていきました。途中、別の友人に会ったので...ふわっと風のような更紗

  • 紅花紬のワンピース

    見たときに、なんてすてきなきれだろうと思いました。まさか、手元に来るなんて・・・はじめ地厚かと思いましたが、たっぷりの糊で仕上がっているせいでした。洗うと、ふんわりやわらかく、だいぶひけもきています。しばらく、考えました。継ぐか。それとも・・・結局、天地を返すことにしました。それでも吸収できないところは、新しい援軍、「裁ほう上手」と「ほつれ止め」をトライ。古い生地の養生をみていると、表からはなかなか気づきません。ただ、それも洗い張りというメンテあればこそかもしれないけどだったら、縫わずに接着してみるというのもいいかもしれない。ところが、ほつれ止めは、透明なはずが、みごとに周囲から浮きました。ま、これくらい、どうってことないよ、という胆の太さできょう初日、銀座へよそゆきのおでかけです。紅花紬のワンピース

  • ぢいさんばあさん

    夫が退職してひと月が過ぎました。ふと鴎外の「ぢいさんばあさん」を思い出して。昔読んだときは、ずいぶん気の毒なと思ったのです。でもひょっとしたら伊織やるんのように、離れてこそいなくても日々の仕事や雑事に追われて相手と過ごす時間はそんなにはなかったかも。あちこちの企業戦士やそちこちの働く女たちとそんなにかけへだった話ではないかもしれない。そこでやっと>るんは祖母をも息子をも、力の限介抱して臨終を見屆け、松泉寺に葬つた。という一行を理解した。状況にへこたれない胸のすくような生きざまを鴎外は、伝えたかったんだな。いまさらだけど。ぢいさんばあさん

  • うちの娘は もぉ・・・・

    肌にピリピリとしみる寒気の中、娘が旅行に出かけていきました。予定していたことなので驚きはしませんが、先日も、寒い寒いというので、ショールを貸したばかりです。なんかねー。娘に貸すと、そのあと使うのためらったりしちゃうんだよね。自分のなのに。ところで、その後、彼女の防寒用装備が増えているようには思えない。貸してやろうか?と訊ねたところ、否定もしなかったので、とりあえず用立てる。ほんとうは、もう何べんも、いまセールだからいらないか?と念を押したのだ。が、要らん、と。この娘は、じぶんが欲しいと思わないと、決して身に着けようとしない。けど、まぁ、母のを借りる分にはいいのだな。行ってきまーすというので、玄関にきて唖然。ふだんのタイツのまんまじゃないか。いったいだれがこんな無防備なのを育てたんだ?マテ、タイツ貸してやるといっ...うちの娘はもぉ・・・・

  • ちょっと怖かった数日

    年末年始とジムにもご無沙汰してました。ようやく、もろもろから解放されて出かけたとたんあ、歩けない。階段で、足が上がらない。タンデュで、片足に重心も移せない。大パニックになりました。痛みはだんだん増して、人魚姫、つらかったろうね。なんていまさら感情移入しつつ、まるまってへこんでいました。休み明け、いきなりハードだったのかな。でも、おなかをねじったからって、股関節が痛むわけない。このまま、歩けなかったらどうしよう。いや、この痛みがひかなかったらどんだけ強情でも、もう続けられない。しくしく。しくしく。・・・・あの晩は、この冬一番の冷え込みだった。そして、翌朝も零度近くまで。帰宅して、腿のあたりが氷の塊のようで、・・・・冷えか。岩盤浴がわりのホットカーペットにへばりついたまま数日経過。痛みと、疲れと、どちらも癒えたころ...ちょっと怖かった数日

  • 今年のおせち

    めずらしく元旦に全員がそろいました。それがとても、うれしい。このお雑煮を作り続けて30年になりますが、イクラも高騰し続けて、それこそ目の玉の飛び出そうな値段になりました。みんながそろうからとふんばったけど、来年は、もう無理だなぁ。ことほぐお酒は、五郎八と太平洋。定番です。今年のおせち

  • たっぷり赤えんどうプレーンヨーグルト添え

    遊びにきた友人に、自家製のあんみつをだしたところ、こんな感想をいただいた。「豆って、すくないとこにありがたみがあるんだねー」うーむ。・・・しばらく、立ち直れませなんだ。が、おかげで、「あんみつとはかくあるもの」という定義がふっとんだ。あっさり炊いた大納言と缶詰フルーツの相性はいまいちよくないと感じてたんだよね。で。たーっぷりの赤えんどう豆と、ゆであずき、だけで食べてみました。これが、いけるんです。ほんのりとした塩味と、かすかな甘み。食品添加物ゼロ。良質の植物性たんぱく質がさっくりとれて、腹持ちもいい。ひとりでしあわせしてたんですが、頭のどこかで、だれかがささやいた。アイスクリームがほしい。しかし、ここで100円アイスを参加させるのもなぁ。逡巡する目の前に、生協の生乳100%プレーンヨーグルトがありました。結果は...たっぷり赤えんどうプレーンヨーグルト添え

カテゴリー一覧
商用