searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

タクさんのプロフィール

住所
北区
出身
北区

自由文未設定

ブログタイトル
須弥山の麓で
ブログURL
http://gorogoro.hatenablog.jp/
ブログ紹介文
32歳ゲイの日々の暮らし。気ままに思ったこと、悩み、愚痴なんかを綴ってます。
更新頻度(1年)

2回 / 365日(平均0.0回/週)

ブログ村参加:2016/04/19

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、タクさんの読者になりませんか?

ハンドル名
タクさん
ブログタイトル
須弥山の麓で
更新頻度
2回 / 365日(平均0.0回/週)
読者になる
須弥山の麓で

タクさんの新着記事

1件〜30件

  • 2020.02.15 日記

    金曜日の夕方に相方から「明日どこの梅見に行く?」とLINEが入った。梅を見ることはどうやら決定事項らしい。そう言えばこの時期になると毎年梅を見に行っている。去年は万博記念公園の梅園に行った。満開の時期と少しズレていたので、今年はちゃんと開花時期を調べようとネットで検索していたら、大阪天満宮で盆梅展をやっているらしい情報が見つかった。ちょうどその近所にいつも行っている床屋があるので、ついでに散髪してもいいか?と相方に返信。よくわからない花のスタンプが送られてきたのでどうやらOKらしい。 当日は小雨が降っていたが、盆梅展は天満宮の建物の中でやっているので問題なし。相方は雨の中で行動すると機嫌がとて…

  • お久しぶりです

    そういえばブログ全く更新してないと思って、最終更新日を確認したら18年の6月。一年以上前。そんなに経つのか。この一年半何かあったかな・・・。 これといって自分の生活が大きく変わる事件はなかったけど、思い起こせばちょこちょこ出てくるよね。楽しいこともあったけど、やっぱり悩みに関してのほうが思いつくことは多い。嫌な性格。 特に最近は両親のことが悩みにタネ。この歳になると誰もが通る平凡な悩み。でもいざ自分に降りかかるとけっこうダメージは大きかった。未だ傷は癒えていないし、この先多分持病としてずっと抱えていかないと行けないと思う。どうしたものか。 大好きな両親と自分の生活とを天秤に乗せてはため息ついて…

  • 電車閉じ込め

    関西で大きな地震が起きた。まずは亡くなった方や御遺族にお悔やみ申し上げます。 ちょうど朝の通勤ラッシュと重なり、大勢が緊急停止した電車の中に閉じ込められた。ニュースやSNSでは最大2時間も閉じ込められたという。幸い僕は電車通勤ではないので巻き込まれることはなかったが、IBS(過敏性腸症候群)の僕はこの自体に恐怖を感じた。 IBSの人に共通する問題として、公共交通機関、特に電車という乗り物が怖い。特急の次の駅まで15分かかる場合でも身構えてしまうのに、2時間。しかもいつ復旧するかわからないという状況。健康な方も含め本当に気の毒に思った。確かに安全確認は大切だと思うが、2時間という時間の間にもっと…

  • 僕の地元は瀬戸内海の人口数千人の小さな島だ。 時代の流れとともに、大きな橋が架かる隣の島を横目で羨みながら、連絡船を使い本土の高校へ通ったのが15年前。 「地元の近くで働いたら」という両親の願いを聞かず、今の街で就職したのが10年前。 近所にコンビニは当たり前、電車は10分おきに来る。地元とは比べ物にならないくらいの便利な生活。しかし、便利になった反面失ったものも多い。 そんな一つに闇がある。 小学生の頃、この時期になると友達とよくカブトムシやクワガタを取りに雑木林で一日を過ごした。 狙うはオオクワガタ。ノコギリクワガタやミヤマクワガタもなかなか嬉しい。 しかし、見つかるのはコクワガタやカブト…

  • あけましておめでとうございます

    年末年始は毎年実家に帰るようにしてたのだが今年は帰らなかった。 「今年は帰らないよ。友達とこっちで年越しするから」電話からは母の残念そうな声。友達ってところを本当は彼氏って言いたかったが、さらに沈んだ母の声を聞くことになりそうなのでやめた。このまま嘘をつき続けてるのも辛いが、一人息子がゲイだと聞かされた母のことを思うともっと辛くなる。 「年越し」て言ったけど彼氏は実家で年越しの予定。帰ってくるのは二日。僕も彼氏もイベント事にそんなに執着がないので年越しに無理に一緒に過ごす必要はないと思っている。まあ僕が、今年は実家に帰らないと言う前に里帰りの予定は決まっていたようだが。 ひとりは好きだ。撮りた…

  • 胃がおかしい

    最近胸焼けがひどい。一番大きな原因はストレスだろうけど、こればっかりはいきなりなんとかなるものでもないし、それ以外で原因と対処法を考えてみた。 1.脂っこ食事僕も気がついたらもうすぐ33歳。なるべく現実と向き合わないようにしているが、けっこう良いお年頃。若い頃の食事をしていたら内蔵が悲鳴をあげるのも無理はない。少し前に比べて自炊の回数も多くなったし積極的に野菜を取るように心がけているが、昼食や帰りが遅くなったときはコンビニ弁当に頼ったり、大好きなラーメンに手が伸びてしまう。週4の自炊を週6にして、昼は必ずサラダを取る。あとラーメンは月イチに!さすがに弁当作って仕事に持って行くのはめんどくさいし…

  • 修行

    お久しぶりです。タクです。だいぶ更新していなかったので「ついに死んだか?」と思った人この指とまれ!まあ死んでないにしろ、このところ体調は絶不調。吐き気、めまい、いぼ痔。病院にも行ったがやはり精神的なものだろって。引きこもってるのも精神衛生に悪いと思って、先週久々に自転車で遠出したら途中、迷子になりまして倍の時間かかってようやく到着。目的地はお寺。紅葉にはまだ早いが境内をゆっくり散策しようと思っていたら、講堂でバンドのライブをやっていて、全然興味はなかったけど、強引なキャッチのおじさんに誘われ、少しくらいなら無料だし良いかと中に入ったらお客さんは僕だけ。え?修行かな?・・・そのまま小一時間アマチ…

  • 彼氏の屁の音について

    タイトルからもわかるように汚い話をする。 お食事中の方は見ないでね。と一応言ってみたが、僕はカレーを食べながらウ○コの話をされても全然平気なので、いつもこの注意になんの意味があるのかよくわからないが、一応言ってみる。 さて本題。あまり大きな声じゃ言えないけれど、屁の音が大きいの。あ、僕じゃなくて彼氏のね。「プ」とか「ブー」とかのレベルじゃなくて、 「パーン!!」 夏場窓を開けてるから、お隣さんから、 「隣の部屋で発砲事件です」 と通報されないか冷や冷やしているし、この前なんかは絶好調だったようで、 「あれ?このマンションの屋上、ヘリポートできた?」 と思うくらいバリバリいわせてた。たぶんもうす…

  • 帰省

    実家に帰ってきた。体調が悪化したとか、仕事を辞めたとかではなく単に帰省。 実家へは新幹線と電車で3時間弱。普段そんなに遠出をすることが無い僕にとってはけっこう気合を入れて臨まないといけない長旅だ。おまけにIBS(過敏性腸症候群)だから乗り物に長く乗るのは苦手。でも新幹線や最寄り駅までの電車にはトイレがついているから、その点については少し心強い。トイレがなければたぶん帰ってない。 私鉄にはトイレがない特急とか多いのに、さすがJR!!ありがたい。 でもよくよく考えたらあの閉鎖空間にトイレがないこと自体おかしくない? 都会の各駅停車なら途中下車してもすぐに次の電車に乗れるけど、田舎はそうはいかない。…

  • 接客

    先日キーボードを買いに梅田へ出たついでに、久しぶりに服屋へ行ってみた。 服を見るのは好きだが、店員が呼んでもいないのに、いちいち話しかけてくるのは苦手だ。 今回もその都度適用に流していたが、ある店で、タオル地のパーカーを見ていたら、 「それ、タオル地です」 て話しかけられた。 いやいや、知ってまんがな! 例えばこれが、シルクの生地でタオル地なら、マジか!ってなるが、タオル地をタオル地と言われてどう反応すればよいのだろうか。 その後も、べらべらと薄っぺらいことを言っていたが思いっきり無視していたらどこかへ行った。 ノルマで大変なのかもしれないけど、あの接客ではいくら頑張っても売れないだろな。 よ…

  • ブルートゥースキーボード

    僕の行動範囲は、職場と自宅とたまに彼氏の家に行くくらいだが、この週末は珍しく梅田に買い物に行った。目的はキーボード。ブログを書くときはノートパソコンかスマホで書いているが、スペックの低いノートパソコンは起動に時間がかかるし、メモ帳だけしか使っていないのに、大黒摩季もびっくりするくらい熱くなる。 いや、ほんと低温火傷しそうなくらい。スマホの方は短い分文章ならいいが、長文を書いているとミスタイプばかりでイライラしてしまう。本当はMacBook Airとか使って流行りのノマドとかやってみたいけど、メモ帳くらいしか使わないし、そんな大金もない。 文章書くだけなら、ポメラでもいいかとおもったが、2万もす…

  • 月曜の朝は悟りの境地

    月曜の朝は毎週決まって会議がある。 これからまた一週間が始まるだけでも憂鬱なのに、この会議のためにいつもより30分早く出社しないといけない。今日は8:30から11:30分までやったが、そのうち半分は先週の業務報告。しかもこの報告、すでに読み終わった報告書をもう一度読むだけという素晴らしく贅沢な時間の使い方をする。 先に報告書を読むなら、疑問点を各自まとめておいて、担当へ質疑するなど、もっと生産性のある時間にするべきなのだが、皆黙ってこのくだらない朗読会に参加している。僕はいつも、自分の朗読が終わったあとは、終始焦点の合わない目で壁を見つめ、阿字観を行い悟りの境地を目指す修行に入る。今日は、緊急…

  • 彼氏との出会い

    彼氏のことを書こうかと思って、出会いから付き合い始めるまでのことを思い出していたが、全然ネタがない。。さすがに、さだまさしの名曲”雨やどり”みたいな出会いはないにしろ、なんかあるだろうと思ってたけどやっぱり何もない。いやいや、がんばれ僕。何かあるはずだ。んーーーー。ない。簡単に僕と彼氏の出会いをまとめるとこんな感じ。・ゲイアプリの写真をみてメッセージを送る↓・何気ないメールの交換↓・お茶に誘う↓・流れで家に↓・流れでやっちゃう↓・そのまま付き合うほんとに色も何もない出会い。。しかし、世の中のゲイたちの出会いってこんな感じじゃないだろうか?もっと恋の駆け引きめいたことがあってもいいかもしれないけ…

  • 検査

    HIV検査に行ってきた。実は検査に行くのはこれで2回目。前回受けたのは確か8年前で、そのときは泌尿器科の検査のついでに合わせて受けたのだが、今回は自治体がやってる無料検査を受けることに。過去のセックスを振り返っても病気のリスクが高くなるような行為はしていないのだが、じゃあ絶対安全か?と言われたら自信はない。 「もしかしたらあの時のセックス、やばかったかな?」 そんな取り留めのない不安が押し寄せてきたので、もう一度検査をすることにした。 そう考えるきっかけとなったのはゲイ友のメールだ。リアルした相手がタイプだったらしく、いい感じの雰囲気になった時、HIV+という事を告白されたとのこと。 少し好き…

  • 泌尿器科

    職場復帰してから2ヶ月経った。自分も周りも自宅勤務する前と何も変わらない。変に気を使われるよりはだいぶいい、もしかしたら気を使わないよう、気を使ってくれているのかもしれない。 そうそう、職場復帰の少し前にちょっと事件が。恥ずかしい話なのだが、ある日突然おちんちんが尋常じゃないくらい痒くなった。ネットで症状を調べてみるとカンジダ包皮炎のようだ。市販薬で治るみたいな事が書いてあったので、すぐに薬局でその薬を買って塗ってたのだが、日に日に赤くなり、けっこう酷い炎症になってしまった。。。場所が場所だけにこれ以上放っておくのも怖いので泌尿器科へ。 診断は薬剤性の皮膚炎。 「え?カンジダは?」 「カンジダ…

  • 自転車で

    体調が良くないといろいろ考えてしまう。 なぜ自分だけこうなんだろう。 いつからこうなった。 理想と現実の乖離。 苦しいのはお前だけじゃないよ。理想ばかりで生きていけるか。 もう一人の鼓舞する自分の声が弱々しく聞こえる。 このまま家にいたらどんどん暗くなるとおもい、昼食を買いに行くついでに、そのまま自転車で行けるところまで行くことにした。 途中、下校途中の中学生の一団とすれ違った。 みんなわいわい楽しそうに話している。自分もこういう時期があったな、なんて考えていたら、今の自分がもっと情けなく思えてきた。 子供の頃は早く大人になりたいと思っていたのに、いざ大人になると、泥臭い現実が待っている。自分…

  • 散髪したよ

    人混みが苦手な僕にとって、連休にどこかへ行くなんてそんな酷なことはなく、だいたい家で引きこもっている。 今回のゴールデンウィークも引きこもっていたのだが、ずっと家の中にいるのもなんだかなぁと思い、放置気味になっていた髪の毛を切ることにした。 行きつけの美容院だが、8割の確率で変な感じに仕上がる。8割といえばなかなかの確率だが、値段が周囲の美容院に比べて半額以下という理由だけで五年間通っている。 おそらく変になる原因は僕にもある。もともと美容院に行くのが苦手なので、なるべく行く回数を減らそうとし、1回の散髪で伸び放題の髪をバッサリ切ってしまう。おそらくこの、バッサリ切るのが良くないのだが、今回も…

  • 初リアルのこと

    僕が初めてゲイの人と出会ったのは、今日みたいに小雨降る13年前の春だった。 今のようにSNSなども普及しておらず、出会いの場といえば、ゲイ専用の出会い系掲示板だった。 僕の初リアルとなる相手も、その掲示板で書き込みをしていた人で、僕が19歳、彼が21歳だった。一ヶ月ほどメールでやり取りをしたあと、彼の家に行くことになった。 今思うと、いきなり家にいくとはかなり大胆なのだが、純朴青年だった僕は家に招くという本当の意味が、このときはわかっていなかった。 最寄りの駅に着くと、彼が車で迎えに来てくれていた。そして車に乗り込む僕。 会う前から、メールでやり取りをしていたはずなのに、二人ともぎこちない会話…

  • アーティストのこと

    地元の地方紙に、同級生が個展を開くらしいことが書いてあり、記事と一緒に、彼と、彼が描いたと思われる絵が載っていた。中学を卒業してから全く会っていない彼だが、 知らないところでこんな活動をしているんだと懐かしくなった。 ホームページまであるようなので、どんなもんかと覗きに行ったら、 「日本を拠点に活動するアーティスト、詩人、シンガー。神との対話と祈りから制作・・・」 みたいな、自称アーティストと名乗る方の、嫌な部分が随所に散りばめられたプロフィールが迎えてくれた。中学時代はほんとにクソガキだった彼も、神と対話しちゃっているのだから、十数年の月日は本当に恐ろしいものがある。 実は僕も昔は絵を描くの…

  • 痔のこと(はじめまして編)

    痔に関しては人より詳しい。 痔持ちかれこれ10年。本やネットで情報を集めたり、手術も2回経験済み。 職歴として募集していれば、即戦力になれるポテンシャルを備えている。。 さて、痔と言ってもいろいろ種類はある。いぼ痔、切れ痔、それから痔瘻。いぼ痔の中でも外に出来る外痔核と中に出来る内痔核があり、さらに大きさや症状によってⅠ度からⅣ度まである。 僕が初めて診察された時は内痔核のⅢ度だった。ちなみにⅢ度というと、内痔核が大きくなり、排便時に飛び出して自然と戻らず、指で押して戻さなければならない状態。 自覚症状が現れたのは今から10年前。まだ初々しい22歳の頃だ。普通に用を足しているとき、ふと力をいれ…

  • 仕事のこと

    僕の仕事は、IT関係と言えば聞こえはいいが、郊外にある中小企業のソフトウェア会社。従業員は10名に満たない小さな会で、世間が抱いているIT企業の華やかさは全くない。 以前勤めていた会社の事業所が閉鎖する事になり、8年前に転職した。いわゆるリストラってやつ。今まで仕事でパソコンを使うことはあったが、ワードで文書を作ったり、エクセルに数字を入力する簡単な作業しか経験がなかった。それがなんと「システムエンジニア兼プログラマ」の募集に受かってしまったのだ。正直最初はやっていけるのか不安だったが、右も左もわからない自分に、先輩社員が丁寧に教えてくれ、なんとかそれなりにやっていた。 ところが入社2年目くら…

  • はじめまして。自己紹介

    めんどくさいことが大嫌いな僕がブログを始めた。 理由は自分ともう少し向き合うため。 まずは自己紹介。 ■名前:タク ■年齢:1984年生まれ ■お仕事:システムエンジニア(2016年現在) ■ゲイです。付き合って3年の彼氏がいる。 彼氏とのこともそのうち日記で書いていこうと思う。 こんな奴ですがよろしくおねがいします。

カテゴリー一覧
商用