searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

タクさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
須弥山の麓で
ブログURL
https://gorogoro.hatenablog.jp/
ブログ紹介文
30代ゲイの日記
更新頻度(1年)

30回 / 354日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2016/04/19

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、タクさんの読者になりませんか?

ハンドル名
タクさん
ブログタイトル
須弥山の麓で
更新頻度
30回 / 354日(平均0.6回/週)
読者になる
須弥山の麓で

タクさんの新着記事

1件〜30件

  • にかいからおしっこ

    いや、まあそのままなんだけど。なんならもう地上に落ちる前に二階の部屋に落ちてるんだけど。 父の部屋に上がるとほのかに小便臭い。田舎の寂れた公園、時期外れの海水浴場の簡易便所!みたいな直球ストレートの匂いではなく、おじさん臭とタバコ臭に混じって、あれ?おしっこどこかにいる?みたいな。 鼻をくんくんさせながら探ってみると、窓のサッシのレールがなんかプールみたいになってたのね。いや、まじかよって普通に声出た。そこから1階と2階を何往復もして、ペットボトルに水汲んで流した。それでも全然強いのね、小便!!完敗!! 理由を問いただしたら、前立腺の手術した後に頻尿なって、トイレ行きたいと思ったら既に間に合わ…

  • いってきますと言う

    親の介護のために地元へ帰ってきた。 こんなコロナの最中に帰っていいものか迷ったけれど、母親の認知症に父親もまいっているので、そろそろ限界だなと思って帰ってきた。 金曜日に6年間ルームシェアをしてた友達、今朝は彼氏に「いってきます!」と言って出てきた。 絶対泣かないって決めたのに、彼氏の手料理を食べたり、定番の目玉焼きとウインナーの朝ごはんを食べていると涙が止まらなかった。今朝も玄関で大泣きして、彼氏の顔もあまり見れなかった。 22歳の時に大阪にひょっこり出てきて、なんだかんだしんどい思いもしたけれど、大好きな人にも、家族みたいな友人にも、人に恵まれた仕事にも出会った。大阪を去ることがこんなに辛…

  • 膝からの脱却

    在宅勤務が週に三回となったので、それを利用して引っ越しの片付けと、Primeビデオのウォッチリストを片付けたのだが、仕事だけが片付いていないという状況に驚愕している。 仕事がすすまない一番の原因は自分のやる気なのだが、二番目の原因である「作業スペースが確保出来ていない」ということも、大きな要因となっている。 まずパソコンを置いている場所が膝の上というのが大問題である。膝というのは自分の体一部なので、自分が行ったところで仕事ができる。座椅子に座ったり、ベッドに腰掛けたりと、とても自由度が高くて便利なのだが、座椅子もベッドも自分にとっての最高のだらだらスペースなので、当然仕事にならない。じゃあだら…

  • エッチなDVDを人に譲る

    引っ越しのダンボールが届いたので、とりあえず箱詰めしやすい本から手を付けてみた。小さい箱にいっぱいに入れたら、とてもじゃないけど重くて持てなくなった。半分に減らして上に軽いクッションなどを詰めながら、引越しのバイトに優しいなあと自分で自分を褒めた。 本とごちゃごちゃしたもので、ダンボールが5箱も埋まった。古本屋にけっこう売ったはずなのに。そしてまだ読んでない本もたくさん出てきた。 本棚の奥から昔購入したゲイDVDも30枚ほど出てきた。実家暮らしでもないし、人を呼ぶこともないのに奥に隠してるなんてとてもいじらしい。 実家に持って帰るわけにもいかないので、おホモだちに差し上げた。 自分の趣味がバレ…

  • 皮を剥いてみたら

    「今日は在宅勤務だったので、一時間遅く起きた」と打とうとして、「一時間遅く生きた」と打ち、胸を衝かれてしばらく考え込んでしまった。 今日は在宅勤務だったので、一時間遅く起きた。 遮光カーテンの隙間から青空が確認できたので、しばらく洗っていなかったベッド三兄弟(掛け布団カバー、敷きパッド、マットレスカバー)を洗おうと考えていたが、3つを干せるだけのスペースがうちのベランダにあるのだろうかと悩んだ末、三兄弟ともエイヤッと洗ってやったら無事に干せた。気持ちいい。 洗濯機から取り出したとき、マットレスカバーの一部だけ、全く濡れていない箇所があったので、そこだけは未だに汚れが蓄積されているのだなと思った…

  • たぶん必要なものを買う

    三連休の二日目。 毎度ながら予定が無かったので、もうなんでも来いよと余裕を見せていたが、何も来ることもなく只々ゴロゴロした。 昼前、買い物に行こうと彼氏を誘ったが、めんどくさいという理由で断られた。しかたないので一人でノソノソ出かけることにした。 ドン・キホーテ、ドラッグストア、ユニクロ、本屋、テイクアウトの弁当屋。数百メートル圏内にいろんなお店があって凄い。そして、行く店、行く店でそれほど必要では無いものを買ってしまう。本当に必要だったのは、僕と彼氏の昼食なのだが、本を八冊と毛布とルームパンツを買ってしまったので大荷物。そのせいで帰りに買った昼食のオムそばが袋の中にこぼれてしまって、なんてこ…

  • ゲイの銭湯事情

    せっかく三連休だというのに、三日とも家の中で過ごすというのも勿体無いような気もして、でも気合を入れてどこかへ出かけるという準備もしていないし、気分でもなかったので、引っ越しの見積で貰ったクーポンでスーパー銭湯へ彼氏と行ってきた。前に一度行ったことがあり、天然温泉100%の広い露天風呂がとても良かったので、また来よう思っていた。それが割引で入れるなんて何という僥倖だろうか。 最寄りの駅で電車を降りて、歩く。歩く。 あれ、前に来たときこんなに歩いたか。と記憶にアクセスしたら、前は車で来ていたんだと納得した。坂を登ったり降りたり、徒歩の客を拒んでいるんじゃないかと思っているうちに到着した。車で来てい…

  • においが気になる

    そろそろ実家に帰る準備を本気でしなければならないが、いかんせん、とてもとても帰りたくないので、だらだらと先延ばしにしていたら、もう今年も2ヶ月無いことに気がついて焦っている。 部屋の片付けや、引っ越しの準備のことを考えると気が滅入る。気滅のヤバイであるが、とりあえず動かなくていけないので引っ越しの見積もりを取るために、業者に連絡したら、2社は地域外のため断られ、3社が見積もりに来てくれる事になった。 まずS社。物腰柔らかなジェントルメン。すぐに即決させようとする。その場で見積もり提示。滞在時間1時間。新米1キロもらう。臭い飯を食っていたのでありがたい。 次にA社。おにぎり感が強いモンスターエン…

  • トイレの使い方

    舌の裏を噛んで出来た口内炎に一週間ずっと悩まされていたが、土日をゴロゴロして過ごしたのですっかり治って、口内炎ができていたことすら忘れていた。 それにしても舌の裏を噛むってどういうことだろ。意識してやってもなかなか出来ない技なんだか。 ユニクロのダウンを来て自転車を漕いだら、会社につく頃には背中に汗をかいてしまった。体臭は無いと信じたいが、念の為、一年くらいずっと鞄に入っていたフレグランススプレーをトイレで噴きかけたら、想像を超えて冷たかったので、トイレの個室でオクターブほど高い声が出てしまった。そしてなんだかカメムシ臭い。 個室の床にはトイレットペーパーの芯が転がっていた。この階のトイレを使…

  • 空っぽにはなれない

    雲ひとつ無い秋晴れの空を、ソファーから一人で眺めていた。 アパートの前に建っていた2階建ての家が解体され、すっかり更地になったせいもあり、空の高さと青さが際立っている。 何も無い空を見ていると、頭の中も空(から)なったような気がしたが、「今日は何しよう」「読んでない本がまだあるんだよな」「録画したテレビでもみようか」「せっかく晴れているんだから外に出ようか」と心の声が聞こえてきて、それが気の所為だということに気付かされる。 先週、神社で見かけた斑柄の猫の映像が見えた。膝にのって来たときの足の感触や重さ、頭を撫ぜたときの角張った頭蓋骨の感触が蘇ってくる。 無意識につけていたテレビから、七五三で賑…

  • 昨日寝る前に、あれ?風邪かな?お米捨てたバチが早速当たったのかな?と思って早めに寝たのが良かったのか、朝はスクッと起きられた。一応体温を計ってみたら平熱だったので、すこし残念だが会社へ行く。 通勤途中の交差点に最近毎日警察官が、違反切符片手に獲物を待ち構えているが、今日立っていた人は思いっきり赤信号で走っていった車を無視していた。 あなたの存在意義よ!とすれ違いざま心で叫んでおいたが、自転車を漕いでいると、その言葉がどんどんブーメランのように自分の心に刺さったので、他人を糾弾するのは自分には向いていないなと思った。そしてただ大きな権力に、イライラした気持ちを八つ当たりしただけなのだと気がついて…

  • 慚愧に堪えない

    僕が住んでいる街でもコロナが再び流行りだしたので、週一回のテレワークがまた始まった。週一回って何やねん。と思うが、一日30分×2の自転車通勤もないし、だらだら仕事ができるので週一回でも心に余裕が生まれる。 さあ、だらだら仕事をするぞ。と思ったが、お客からの電話や、昨日後回しにした仕事を片付けていたら、全然だらだらできなかった。 仕事ってそんなもの。納期もあるし、誰か代わりにやってくれるわけでも無いので、全部自分に返ってくる。不本意ながらタッターンと仕事をした。 昼はインスタントの醤油ラーメンに豆苗を入れたが、ラーメンと一緒に豆苗を茹でたのでスープが青臭くなった。別で茹でるかレンチンして後から乗…

  • ちなみに私は芋みたいな男が好きです。

    とても頭の固い人がいる。 今まで自分がやってきて成功した方法しか手段は無いと思っている。その問題を解決するにはたくさんやり方があるのに、他を全く見ずに全部否定してしまう。 そんな人と今日、仕事で関わることになった。 具体的にはプログラムのロジックの話なのだが、その人が言っている方法を実装すると、かなり面倒な作業になるので、別の提案を小一時間ほど説明したが無駄に終わった。 求められる結果は同じなのに、その過程が理解できないため、何か問題があったときに説明ができないという。理解ができないのは人の話を聞こうとしないからではないのかと、もう少しで言っちゃいそうになったが我慢した。 ランチは、中島みゆき…

  • ここで言う「兄貴」に血の繋がりはないので

    眠くて眠くてたまらなかったので、いつもより30分遅く起きたが、問題なく出社時間に間に合った。今まで無駄に30分も早く起きていたのかと、なんだか損をしたような気になる。 早起きは三文の徳という「ことわざ」の逆をいっている。と書こうとして、得なのか徳なのかわからなくなって調べたら、どちらでも良かったし、僕ももう、ドーデモ良かった。 意味も出ていたので確認すると、今は「早起きするとお得ですよ~。」のニュアンスだが、もともとは、「早起きしてもどうせ三文しか得にならないのだから…。」という使われ方をしていたようだ。昔の人とは仲良くなれそう。 仕事帰りに古本屋に寄ったら、BL本の棚の前に同年代のサラリーマ…

  • 夢三夜

    一夜) こんな夢を見た。 濡れ縁で目を覚ますと太陽はすでに真上に届こうとしていた。波の音に混じって男たちの声が聞こえる。裸足のまま庭に降りると、砂浜から吹き上げられた砂が夏の熱さを孕んで蹠に触れた。 浜木綿の咲く小道を浜に向かって降りていくと、褌姿の男達が網を引いているのが見えた。男の一人がこちらに気付き手を上げるので、誘われるまま自分も着物を脱いで男の後ろへ入り網を引く。 すると突然周りの男たちが歌い始めた。物悲しい不思議な旋律。まるで野辺送りの葬列にいるようだ。手元の網には小魚や海藻と一緒に青白い人間の腕や脚が混ざっていた。列の前の方で声が上がった。どうやら完全な人の形をしたものがかかった…

  • 便座と股間とおにぎりと

    夜中寒いかもしれないと思って着込んで寝たら、暑くて途中で目が覚めてしまった。おまけに寝汗までかいて、びっちょんこである。しばらく寝付けなかったので三木大雲の怪談をYou Tubeで聞いていたら、眠くなるのに1時間くらいかかってしまって少し寝不足。 月曜日は朝礼があるので30分早く出社しなくてはならないが、身体と心の準備がなかなかできない。なぜ憂鬱な月曜の朝に30分も早く動かなくてはならないのか。憂鬱の上塗りに、入社して10年以上ずっと憤ている。 結局昼過ぎくらいまで魂と身体の結合がうまくいかないような、ふわふわした感覚がずっと続いていた。(変な薬はやっていない) ランチの前に大型商業施設のトイ…

  • 白菜と魚肉ソーセージと意思の疎通

    トーストに目玉焼きとベーコンと、とろけチーズを乗せてみたら豪華すぎて罪悪感が湧いてきた。こんなに豪華な朝ごはんを食べたのだから とっておきのことをして、今日という日をスタートさせなければならない。と思ったらプレッシャーに負けて、ついついプライムビデオで『ヒカルの碁』を見てしまい、いつの間にか霊に憑依された主人公の小学生がプロ棋士になっていて、昼ごはんを食べる時間になっていたので、近所のラーメン屋に行ってきた。 いつも食べるラーメン大盛りを注文。そうそうこの味。安心する。半分くらい食べたところでニンニクを追加。 「明日会社なのに、そんなに入れたら大変なことになる」と彼氏が言っていたが、会社の人間…

  • 掘る度に揺れる家

    近所で新しいマンションの工事をしている。穴を掘る度にうちのアパートも震度1くらい揺れている。マンションの完成より先にうちのアパートが倒壊するかもしれない。 チーズと砂糖をふりかけたトーストと紅茶花伝のレモンティーの朝食を食べてまた寝る。 起きたらまたすぐ昼食。なんという生活だ。。。インスタントラーメンにモヤシと豚バラを炒めたものを乗せたら美味すぎて息をするのも忘れて食べてしまった。 彼氏が散髪に出かけたので1人で色々する。 シャワーを浴びてまた同じ服に着替える。かろうじパンツだけは新しいものを履いた。 久しぶりに昔よく見ていたゲイの掲示板を覗いた。やっぱりアプリよりも掲示板の方がおじさんには居…

  • 盗っ人体験

    こんな夢を見た。 知らない駅に降りたら、そこから足がなくなった。これから客先で大事な打ち合わせがあるのにこれでは間に合わない。バスやタクシーを探しても見つからない。困っているとラーメン屋の出前のおじさんが自転車で通りかかったので、そのラーメンの出前を代わるので自転車を貸してほしいと頼み込んだら、15時までに返してくれるなら貸してやってもいいという。15時までにはもしかしたら間に合わないかもしれないと少し思ったが、なんとかなるだろうとおじさんに約束して自転車を借りた。 自転車のおかげで商談には間に合ったが、15時をとっくに過ぎていたし、どこに自転車を返せばいいか聞きそびれてしまった。それに帰りは…

  • 湿ったタオルで体を拭く

    毎朝シャワーを浴びるのだけれど、体を拭くときは、昨日の夜に使ったタオルをベランダに干して使っている。最近いつも生乾きだったのに今日は湿っていた。寒さのせいで乾かないのだろう。濡れたままの状態で体を拭く日は近い。洗濯している乾いたタオルで拭けば良いのだろうけど、なんとなく勿体ない気がする。 一回使ったくらいでタオル洗いますか? 通勤途中に、とっても素敵なスーツリーマンを見かけた。紺色の細身のスーツを着こなし、颯爽と歩いていた。とにかくシュッとしている。シュッとしているという言葉では物足りないくらいシュシュっとしている。ああ眩しい。目が、目が。状態である。すれ違いざまにバルスって言ってしまった。き…

  • 朝は辛い

    『朝は辛い』と書こうか『朝も辛い』と書こうか迷ったが、朝は辛いにした。 朝が辛い理由は、睡眠でクリアになった脳が、まず一番先に不安な情報を処理しようとしてしまい、脳が不安でいっぱいになるから。 らしい。 脳か。脳が原因なら仕方ない。爪や眉毛や肌のカサカサなら、ヤスリで削ったり、小さいハサミで整えたり、100円でたたき売りされたローションを塗って抗おうと試みるが。脳だって。素人が触ったらだめでしょあんなとこ。おちんちんが少し赤くなっただけでも怖くて触れないのに。脳なんてダメ!絶対。と思ったが一応グーグル様に助けを乞うたら、「マインドフルネス」や「ポジティブアファメーション」をすれば良いと助言をい…

  • 髪を切りに行く

    スマホの目覚ましを止め忘れて、休日だけどいつもの時間に起こされ、またすぐ寝た。最近必ず二度寝している。不眠症ではないのだけれど何かの調子が悪い。老化か。心労か。 それでも9時に起きて朝食の支度をする。今日は彼氏の分も用意する。と言ってもランチパックをトーストするだけ。トースターの中に4枚敷き詰めたらギュギューになった。このトースターはパンを焦がすことを使命としているので、かた時も目を離すことが出来ない。 今日は無事にこんがりきつね色に仕上がった。ただ焼いただけなのに、とてもうまい。ひと手間かけてたというスパイスのせいだろうか。飲み物は紅茶花伝のレモンティー。最近こればかり飲んでいる。少し苦くて…

  • 歩いて会社へ行く

    月曜日である。そして雨が降っている。カーペンターズの「Rainy Days and Mondays」がどこかで聞こえた気がした。 自転車通勤なので、会社へ向かう数十分の間だけでも止んでほしいと願ったが、そんな思いは届かず雨は降り続いていた。そもそも誰に願うのだろうかと想像してみたら、雷様の格好をした、いかりや長介、仲本工事、高木ブーが頭に浮かんだので、自分で「だめだこりゃ」と突っ込んだ。 仕方ないので歩くことにした。 イチョウの葉っぱがほんのりと黄色くなっていた。足元にはギンナンの実が独特の匂いを放って散乱している。目線を上げるとイチョウ並木が緑と黄色のグラデーションを作っていた。こういう光景…

  • あなたの敵は誰ですか

    夜眠れなかったので、プライムビデオで「友罪」を見た。かろうじて瑛太と生田斗真が出ていたのは覚えているが、あまり面白くなかったので、初めの方で消した。眠れないと思っていたが、真っ暗な天井を見ていたら、そのうち寝てしまった。最近寝る時に「寝てる間にスっーと逝ってしまってもいいな」と思って目を閉じている。苦しんで生きていくよりいいし、ましてや苦しんで死ぬよりずっといい。そんなことを考えて寝たのが良くなかったのか、3時間くらい経ったらまた目が覚めた。トイレに立って、またすぐベットに戻った。 朝起きたら彼氏が朝食を作っていた。寝ぼけ眼で「あー、なんか作っているな」と思っていたら、まだ起きてこないだろうと…

  • なんでこんな目に

    一年ぶりに実家に帰った。父と認知症の母が暮らす家。人も物も色んな所にガタが来ていた。今の暮らしを捨てて、来月からここでこの人たちと一緒に生活するんだと思うと、複雑な気分になった。 この日記を書いているのは実家に帰ってから一週間後だけど、心の整理がまだまだ出来ていない。何を書いたらいいのかわからない。これからどうしたらいいのかもわからない。 両親は僕が一緒に暮らすことをとても喜んでいたけれど、今の僕はマイナスな感情ばかり頭の中で停滞している。 申し訳ない。

  • メガネと冷蔵庫を買う

    普段はコンタクトレンズを使ってるが、最近ドライアイが加速したのでメガネをかける機会が増えた。 そのうち目玉の干物ができるかもしれない。 家の中でメガネをかける分には特に不自由はしないが、外でかけて遠くを見ると視界が歪む。原因はたぶんフレームの歪み。右の耳にかける部分がありえないくらい広がっていたので、力ずくで直そうとしたら、視界が歪んでいるのか、現実世界が壊れ始めたのか、判別できないいくらに歪んでしまった。もう素人では手に負えない。新しいメガネも欲しかったので、JINSに行くことにした。 小学生の高学年からメガネをかけているが、昔はもっと高価な買い物だった気がする。最近は5000円~売られてい…

  • 夏休み

    前回の日記で、わざわざタイトルに日付を付けたが、特に意味のないことに気がついたので止めることにする。未だにこのブログは迷走している。 9月中に夏休みを取れと総務から連絡があったので、急遽29日と30日を休むことにした。突然入った休みだったので、特にすることがない。(突然入らなくても、8割の確率で休日は暇だ) 家にずっといると、暗いことばかり考えてしまうので、1日目は自転車で散歩に出かけた。当初の目的は、近所の神社とスーパーに寄るだけだったが、神社でお参り以外にすることが無かったので、思いのほか時間が余ってしまった。Google Mapで周辺を調べると、そこそこ規模の大きい神社が、2つあったので…

  • 2020年9月24日の日記 悪夢

    たまには普通の日記を書こう。 今週末も相方の家に泊まった。いつもは金曜の夜から泊まるけれど、今週は木曜の夜から泊まった。というのも、金曜日は在宅勤務の日なのに、相方の家にノートPCの電源ケーブルを置いたまま、持って帰るのを忘れてしまったから。金曜日の朝は雨の予報だったので、自転車移動は辛いと思い、木曜の夜から押しかけた。 相方の家まで自転車で30分、最近涼しくなったので、自転車を漕ぐのがとても気持ちいい。 家に到着してウトウトしながら待っていると、「海鮮丼買って帰るから」とLINE。ここの海鮮丼は安くて美味しいのでけっこう好きなのだが、『マグロねぎとろ丼』以外のメニューは食べてことがない。もう…

  • 2020.02.15 日記

    金曜日の夕方に相方から「明日どこの梅見に行く?」とLINEが入った。梅を見ることはどうやら決定事項らしい。そう言えばこの時期になると毎年梅を見に行っている。去年は万博記念公園の梅園に行った。満開の時期と少しズレていたので、今年はちゃんと開花時期を調べようとネットで検索していたら、大阪天満宮で盆梅展をやっているらしい情報が見つかった。ちょうどその近所にいつも行っている床屋があるので、ついでに散髪してもいいか?と相方に返信。よくわからない花のスタンプが送られてきたのでどうやらOKらしい。 当日は小雨が降っていたが、盆梅展は天満宮の建物の中でやっているので問題なし。相方は雨の中で行動すると機嫌がとて…

  • お久しぶりです

    そういえばブログ全く更新してないと思って、最終更新日を確認したら18年の6月。一年以上前。そんなに経つのか。この一年半何かあったかな・・・。 これといって自分の生活が大きく変わる事件はなかったけど、思い起こせばちょこちょこ出てくるよね。楽しいこともあったけど、やっぱり悩みに関してのほうが思いつくことは多い。嫌な性格。 特に最近は両親のことが悩みにタネ。この歳になると誰もが通る平凡な悩み。でもいざ自分に降りかかるとけっこうダメージは大きかった。未だ傷は癒えていないし、この先多分持病としてずっと抱えていかないと行けないと思う。どうしたものか。 大好きな両親と自分の生活とを天秤に乗せてはため息ついて…

カテゴリー一覧
商用