chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
arrow_drop_down
  • ”天路の旅人“ 沢木耕太郎

    今日は旅の本のオススメを。旅といっても普通の旅ではありません。 天路の旅人 沢木耕太郎2022年初版 新潮社第二次対戦末期、日本の密偵として中国大陸奥深くま…

  • “恋愛中毒” 山本文緒

    今日も恋愛小説のオススメ本を。「恋愛中毒」山本文緒角川文庫 2004年初版物語は、粘着質でメンヘラ気味の彼女と別れたばかりの若い男性の語りから始まります。彼女…

  • 望みは何と訊かれたら 小池真理子

    今日は恋愛小説のオススメ本を。「望みは何と訊かれたら」小池真理子 新潮文庫カバー 横山智子平成22年初版70年代の過激な学生運動とそれに翻弄された男女の30年…

  • 明けまして

    ちょっと遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。実は、年末間際に子供から家族全員がコロナ罹患するというハプニング😭とん…

  • ねんまつ

    ことしもそろそろ終わりですね。記事を読んでくださった方、コメントをくださった方、フォロワーになってくださった方、本当にありがとうございました。みなさまの記事か…

  • エルテのクリスマス

    メリークリスマス一世紀近く生きたエルテは1915〜36年にかけ、ハーパース・バザーで200冊以上のカバーデザインを手掛けた。美しいなぁ、と溜息が出る。ハーパー…

  • 「阿修羅のごとく」1979 ”宇崎竜童と石田あゆみと渋谷の街”

    つい先日、NHKのBSで懐かしのドラマ、阿修羅のごとくパート1,2を放送していたので、録画して、じっくり楽しませてもらった。と、いうことで、今日は“阿修羅のご…

  • アガサ・クリスティのセリフ 「動く指」

    ここ数年、クリスティを読み返していて強く共感するのは、筋やトリック、内容そのものよりも彼女の人生観がたっぷり詰まった登場人物たちのセリフ。マープルやポワロが小…

  • キャンティ物語 野地秩嘉

    今週の一冊 “食べ物の本”「キャンティ物語」野地秩嘉幻冬舎文庫1997年初版(単行本1994年)1960年創業、日本の本格的イタリア料理店の草分けキャンティと…

  • 私のイタリア料理 森岡輝成

    今週の一冊 “食べ物の本”「私のイタリア料理」森岡輝成 著柴田書店 1976年初版 1960年創業、老舗キャンティで料理長を務めた森岡輝成さんによるイタリア…

  • 村上春樹、河合隼雄に会いにいく

    今週の一冊 「村上春樹、河合隼雄に会いにいく」河合隼雄・村上春樹 著松下サトル カバー新潮文庫村上春樹さんの作品が苦手だという人にオススメなのが、小説以外のジ…

  • 鈴木英人さんのイラスト 1984

    自分が高校生や大学生だったときに好きで、いまでもお気に入りのイラストをご紹介。雑誌「イラストレーション」1980年6月号でデビューした鈴木英人さんの1984年…

  • 暮しの手帖 1972

    今日は久しぶりに、暮しの手帖を。暮しの手帖 1972冬第二世紀21号挿絵・題字 花森安治花森さんが手がけられた表紙は30年間で153冊。その中でもこの表紙はお…

  • ”報道の不自由度” その2

    7月に、忖度・萎縮するメディア報道の不自由度を嘆く投稿をしましたが、その後、民意に押された格好で、メディア報道と政治の世界で大きな変化が起きました。TVでは、…

  • 90年代 資生堂花椿

    今日は90年代の雑誌、資生堂花椿をご紹介。この頃花椿の表紙は、偏愛するシンディ・パルマーノさんという女性カメラマンの方が手がけられていた。この方の写真がすごく…

  • ”90年代名作コマーシャル その3(ポカリスエット)”

    世の中、あまり明るいニュースもないので、今日は爽やかな90年代CMをリブログいたします。ポカリスエットCM。(1992〜94)10本。一色紗英さん、音楽、シナ…

  • ”「約束された場所で」(村上春樹)”

    今日は村上春樹さんのノンフィクションを。 約束された場所で文春文庫オウム真理教元信者10人へのインタビューを纏めた作品です。・・・いままで書きませんでしたが自…

  • 朝ドラと夜ドラ

    今日はドラマの感想をくだらなくダラダラと語ります。というか、愚痴?ご興味ない方、スルーしてください。・・・まったく期待しないで、家内が録画してるNHKの夜ドラ…

  • 90年代名作コマーシャル6 コーセー ルシェリ

    今日は久しぶりにお気に入りの90年代コマーシャルを。1992〜93年に放映されたコーセー、ルシェリのCM。 初めて見たときは、けっこう、衝撃的だったなぁ。“チ…

  • 暗黒日記(戦争日記) 清沢洌

    今日、ご紹介するのも戦時中の日記。 暗黒日記(原題”戦争日記“)清沢洌 著山本義彦 編岩波文庫 1990年初版元首相銃撃事件のあと、政治と宗教の結びつきや、特…

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、ブルーグリーンブックスさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ブルーグリーンブックスさん
ブログタイトル
BLUEGREENBOOKSのビンテージブックレビュー
フォロー
BLUEGREENBOOKSのビンテージブックレビュー

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用