searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

坂の上の蜘蛛さんのプロフィール

住所
幸区
出身
秋田県

2011年1月から第二の人生がスタートしました。 そこで昔から趣味の一つであった写真に夢中になり、とりわけ最近は野鳥に魅せられのめり込んでいます。 暇さえあれば20kg近い機材をかついで野山を駆け回っています。 そんな写真を主体に、写真関連情報なども掲載していきたいと考えています。 又、日常の出来事なども掲載していく予定です。つまり何でもありのブログです。

ブログタイトル
坂の上の蜘蛛さんのブログ『雨にも負けず』
ブログURL
https://taku3san.blog.ss-blog.jp/
ブログ紹介文
ほとんど野鳥写真。時々飛びものというカテゴリーで飛行機写真もあります。その他珍しい記事等・・・
更新頻度(1年)

139回 / 365日(平均2.7回/週)

ブログ村参加:2016/01/28

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、坂の上の蜘蛛さんをフォローしませんか?

ハンドル名
坂の上の蜘蛛さん
ブログタイトル
坂の上の蜘蛛さんのブログ『雨にも負けず』
更新頻度
139回 / 365日(平均2.7回/週)
フォロー
坂の上の蜘蛛さんのブログ『雨にも負けず』

坂の上の蜘蛛さんの新着記事

1件〜30件

  • 今日のヨコハマ

    今日のヨコハマ・・・2021/09/18記 私が少しの時間がある時に行くポイントは羽田空港周辺と横浜港周辺があります。 今日の記事はヨコハマです。 タイトルは”今日のヨコハマ”ですが一週間前の今日です(汗。大桟橋と象の鼻パークをぶらり散歩して来ただけです。帰りに桜木町駅前で道路脇にバイクを駐めてロープウェイを撮って来ました。 この日もいつもと変わらないヨコハマでしたが、それでも少し出掛けた気分になり 目的達成です(^_^)                        |坂の上の蜘蛛| ① いつまで居るのか「飛鳥Ⅱ」 ② 10月6日クルーズ出港予定が計画されているようですが。 ③ 象の鼻パークで戯る人々。 ④ みなとみらい地区の高層ビル群。 ⑤ 警戒船とあるが出港しているのを見たことがないかも? ⑥ 帰り際桜木町駅前にバイクを駐めてロープウェイ(..

  • 秋鳥襲来

    秋たけなわ・・・2021/09/17日記 天気や所用で噛み合わずなかなか鳥撮りに行けてなかった。 昨日はやっと都合が付いたがさて何処に行こうか悩む次第。 少しはドライブ気分を味わいたく少し距離のあるところで秋日和を満喫できるところという理由で お山の水場を選択。 鳥は特に情報も無く出掛けたので期待していなかったがそんな時に限って意外に出るものだ(^_^) 到着時の天気がいつの間にか曇天に変わっており暗い条件での撮影だったがお山には秋の移動機に 入り色々な鳥達が登場してくれました。 陽気も含めてまーまー満足の1日でした(^_^)                   |坂の上の蜘蛛|① お馴染みの水盤にやって来る常連 シジュウカラ。 ② 常連 ヤマガラ ③ 常連 メジロ ④ キビタキ雌 ⑤ キビタキ雌 ⑥ キビタキ雌 ⑦ センダイムシクイ..

  • ツツドリ

    久々の陸鳥・ツツドリ・・・2021/09/11記 残暑を避け9月の長雨も避けてオリパラ観戦に明け暮れていたら20日ぶりの鳥撮りになりました。 昨日は久々の秋晴れだったので流石にその気になり湖畔のツツドリを撮りに行って来ました。近場でもあちこちに出没していると思いますがこの場所がお気に入りなので・・・(^_^) 今日の午前中は余り出が良くなかったとのことでしたがそこそこ出てくれたと思います。 問題は良い場所に出てくれるか否かが問題です。その意味ではイマイチだったかな。 まー、今年の初物なので撮れただけでも良しとします(^_^)                           |坂の上の蜘蛛|① ツツドリノーマルタイプです。 精悍というか凜々しさを感じます。 ② ノーマルタイプはワンチャンスしか撮れませんでした。 ③ 湖畔から湖の上空を背景に赤ツツ。ちょっと良い..

  • 都内の干潟

    都内の干潟・・・2021/09/06記 昨日の午後から何日ぶりに陽が射してきた。 ここぞとばかり近場の公園に行ってみた。 3時半入園で5時までの短時間勝負。 しかしめぼしい鳥には遭遇出来なかった。 何はともあれ数日ぶりに鳥撮りに行ったことに意義があった。 ストレス解消出来るほどの成果はなかったが少しだけ気分転換が出来たかな。                            |坂の上の蜘蛛| ① 目の前の鳥で寝ていた鳥は保護色で気付かなかった。 ② イソシギです。 ③ 時々二羽揃います。 ④ ⑤ ⑥ ⑦ ⑧ 普段は撮る事の無い鵜です。 ⑨ 鵜とサギの対面シーン。 ⑩ 航路が近いので離陸後の機体が撮れます。 ⑪ 私の好きなデルタ航空機。 ⑫ 何故か奇麗な機体です。 |END|

  • 真夏の花壇

    真夏の花壇・・・2021/08/28記 オオセイボウを撮りに行った日の続きです。 真夏の花畑には蝶が舞い小蜂が集まり、ついでにカワラヒワも登場しました。                           |坂の上の蜘蛛| ① 夏の花壇 ② ツマグロヒョウモン? ③ キアゲハ ④ ⑤ 名前は不明の小蜂(>_<) ⑥ ひょうきんな表情です。 ⑦ アシナガバチみたいで大きかったら刺されそうですが小蜂です。 ⑧ ⑨ オオセイボウの続きです。やはり奇麗です。 ⑩ ⑪ カワラヒワが向日葵の種を啄んでいます。⑫ 群れで行動するはずが一羽でした。しかも夏場の花壇です?                        |END|

  • 白い雀

    白いスズメ(雀)・・・2021/08/25記 コロナ感染が増加の一途を辿る中パラリンピックが始まりました。 高校野球は華僑に入り、今日でベストフォーが決まります。 そんな中私は巷で少しだけ話題の白いスズメを見に行って来ました。 薄曇りだったので久しぶりにバイクで行って見たが肌に触れる風は暖かく爽快とは言えません。 現地に着くと今日は朝から出ていないとのこと。がっかりして暫く様子見していたが出そうもない。 諦めて駐車場に戻る途中でCM一人何か探している様子。行って見たらチラチラ見えるらしい。 間もなく見える場所に登場。それから暫く移動を繰り返しながら遊んでくれたので又1000ショット超え。いつも思うことだがターゲットに出会うと数十分で1000枚超えになる。その内使うのはSNSで10数枚。 他は整理できたら処分するが整理しきれずお蔵入りがほとんどだ。なんとも非生産的無駄な行為で..

  • オオセイボウ

    真夏の宝石・大青蜂・・・2021/08/22 猛暑が舞い戻ってきました(大汗 とは言えエアコンと仲良しばかりでもストレスが溜まります。 思い切ってお昼頃から大青蜂を探しに炎天下に行って来ました。運良く余り待たずに本命を発見! 公園の中の花壇なので気温はかなり緩和しています。 それにしてもすばしこい大青蜂の動きに翻弄されつつ汗びっしょりの撮影でした。 今日は飛翔シーンを狙って見ましたがなかなか思う様には撮れません。 唯一2匹フレームに納まりました。私は初めてのショットでした。 花壇なので他の蜂や蝶なども撮影しましたが後日掲載とします(^_^)                            |坂の上の蜘蛛| ① 真夏の青い宝石・大青蜂。 ② 一瞬2匹揃いましたが並ぶことはありません。必ず一匹は飛び出します。 ③ ④ 以下飛翔シーン主体です。 ⑤..

  • 公園散歩

    公園散歩・・・2021/08/20記 甲子園は相変わらず不安定な陽気に翻弄されている。コールドゲームを巡ってマスメディアでは知識人が 一般市民はツイッター等であれこれ疑問を呈している。 確かに今後このような事態は頻繁に起こりうるのが判っているのだから頑なに旧態依然の甲子園に拘ることは ないと思うが、いずれ早急な対応には向かない体質はある。 甲子園をドーム球場にするとか・・・。高校野球らしくないなんて声が聞こえそうだが。さて関東地方はまた夏日が戻ってきた。 野球も2試合目は天気回復待ちで3時再開予定とか。 気晴らしに公園に行って見た。もしかしたらオオセイボウでもと思って。。。 その期待は見事に外れ五目撮りになりました(>_<)                              |坂の上の蜘蛛|① 看板にシオカラトンボ。この光景は日本の秋・郷愁等々好きです。 ②..

  • 城南島の光景

    城南島の光景・・・2021/08/17記 少し前の記事です。10日前、オリンピックが開幕後で猛暑日続き! 毎日最高気温の記録更新していた頃です。今にしてみれば懐かしい気がします。 そんな暑い日は城南島に夕涼みに行くのが私の定番行動です。 夕方は人も少なく潮風も心地よく、飛行機の離陸は勿論、運河を通る大型タンカーや豪華クルーザーなど 見ているだけで楽しい気分になります。 訪れている人々も多目的でそれ等を観察するのも楽しみの一つです(^_^)                                                     |坂の上の蜘蛛|① まずは定番の離陸光景。 ② オリンピックの影響有りか無しか機体が多い気がします。 ③ カメラを少し右に振るとB滑走路の誘導路が見えます。(この日は未使用) ④ JALのペイント機。 ⑤ A350の..

  • ドクターイエロー

    市街地を通り抜けるドクターイエロー・・・2021/08/11記数日前新横浜駅近くの歩道橋から撮影したドクターイエローです。 特徴の無い場所で何のイメージも涌かないまま撮ったら面白見のない写真になりました。 写真は正直です(>_<)敢えて特徴を言うなら、こんな市街地も通るということかな(^_^)                          |坂の上の蜘蛛| ① 予告も無く突然姿を現すこの瞬間は緊張&興奮します。(駅到着時刻から推定で多少の誤差が) ② この日は新横浜PM6時少し前到着の東京行きです。(写真で左に進行) ③ 電柱・電線が目障りだったが移動する時間なし。 ④ ⑤ これは見えなくなる直前、車輌の最後尾です。 |END|

  • オオセイボウ

    オオセイボウ(大青蜂)・・・2021/08/07記 オリンピックは終盤にさしかかり選手も観戦者も悲喜こもごも。 サッカーの銅メダルをかけてのメキシコ戦は悔しかった。男子100m×4リレーは痛恨のバトンミスで失格。 いずれも選手は一生懸命頑張った結果なので止むナシですね。私は前日休息を取ったので昨日はほぼ猛暑日(34.8℃)にもかかわらず花壇での昆虫撮影に行って来ました。 狙いはオオセイボウ(大青蜂)。強烈な夏の日射しを受けてメタリックな青い光沢を放つ蜂です。 名前は大青蜂というものの体長12〜20mm程度の小蜂です。昨日は到着間もなく登場し10分程度オミナエシ(女郎花)の花を飛び交ってくれましたが相変わらず忙しなく 移動するのでなかなか良いショットは撮れません。 レンズのチョイスも誤ったようで余り寄れない難点もあった(>_<) 取り敢えず今年も一度は撮れたのでま〜良っか..

  • 巣立ち前

    サンコウチョウ巣立ち前・・・2021/08/05記 野鳥ファン多くはサンコウチョウの巣立ちに立ち会いたいと思うでしょう。 私も今回は三日連続で通いましたが昨日は今にも出そうな雰囲気でしたが結局5時まで出ずに退散。たぶん今日中、遅くても明日(今日)の朝には巣立つと見込んだがその時間帯に行くのは私は無理。 予想通り今朝無事に巣立ったそうなので、早朝から出向いた方は良いコンデションで撮れたと思います。 巣立ちの写真は撮れず終いですが、巣立ち前日のヒナの姿をたっぷり確認できたので良しとします。                                     |坂の上の蜘蛛| ① ①〜④は前日の写真です。ヒナの成長ぶりが判るかな? ② サンコウチョウも糞を巣から離れた場所に捨ててきます。 ③ 長い尾羽の無いオスも極たまにやって来ます。 ④ ここまでが前日の..

  • ハスカワ

    ハスカワ(蓮・翡翠)・・・2021/07/30記 一昨日・蓮池のカワセミです。 毎年撮っている「ハスカワ」ですが季節になると撮りたくなる野鳥ファンの風物詩です。 猛暑もピークのこの時期、真夏の日射しを浴びての撮影は決して楽しいばかりではありません。私はそれを考慮して夕方行くことが圧倒的に多いです。これはアオバズクの帰りに5時過ぎに立ち寄った時の撮影です。ここは日陰もない代わりに日没まで撮影可能です。 前回はまだ”序章”と言いましたが今季もこの程度で”終章”になりそうです。                            |坂の上の蜘蛛| ① 見失って探してたらとんでもない良い処にいました。飛び出し直前でしたが。  ② ここでも水面を覗いています。 ③ 半数以上葉が落ちて如雨露むき出しです。 ④ カワセミも飛び込みそうで飛び込まず。フェイントのみ。 ..

  • アオバズク

    アオバズク巣立ち・・・2021/07/29記東京オリンピック2020は日本は予想外に金メダル奪取で盛り上がっている。一方開催主力地区一都三県はコロナ感染ラッシュ!・・・増加の勢いが止まらない。政府も行政も相変わらず抜本的な対策は無さそうでいたずらに緊急事態宣言を繰り返すばかり。難しい話しは置いといて、昨日は猛暑を避けるために午後から湘南地区の鎮守の森にアオバズクの鄙を見に 行って来ました。何とか巣立ち後の鄙三羽を確認出来たが一羽は途中から隠れてしまい二羽しか見えなくなり 親は近くで見守っているだけで面白味がないので退散することにしたが時刻は4時。 まだまだ明るいのでもう一ヶ所行けそうと比較的近くの蓮池に寄って来た。その内容は次回とします。             |坂の上の蜘蛛| ① 巣立ってから日が経って居るので境内から抜ける心配もありましたが間に合いました。 ② 到..

  • 上期ダイジェスト-3

    上期ダイジェスト-3・・・2021/07/24記 上期ダイジェスト3回目・3月分です。 この時期しか撮れない季節物がメインです。レンジャクは年によっては4月迄楽しめます。 オオマシコは3月が限度かな。 荒川のコミミズクは2,3月は大人気で毎日多くのCM達が訪れました。3月で大体冬鳥は姿を消し、4月に入ると営巣季に入り、又違った趣が楽しめる筈です。                                  |坂の上の蜘蛛|① 相模の國の丘の上の”桜レンジャク” ② 同じエリアの商店街のレンジャク。 ③ 既に営巣活動開始のチョウゲンボウ。東京稲城の谷戸です。 ④ 撮影ポイントが徐々に減ってきた彩の国の”オオマシコ” ⑤ 切り株の上に番で登場! ⑥ 都内河川沿いの緑地公園でオオタカが営巣。オオタカを追い出しに来るカラス。オオタカは煩わしそう。..

  • 真夏の夕暮れ散歩

    真夏の夕暮れ散歩・・・2021/07/22記ここ数日の陽気では外出する気になりません(>_<) そこで夕方近場の散策をしました。 最初は多摩川川崎側から空港の周辺、日没までまだ時間があるので一旦帰宅し家の周りで夕景を撮ることに。高層住宅上層階の通路から撮影しました。 多摩川洪水の時意外に行くことが無いので普段見る夕景と一味違う光景が撮れました(^_^)                                     |坂の上の蜘蛛|① HANEDA INNOVATION CITYのオシャレなビル。ここも新たな飛行機の撮影ポイントです。 ② 南風運用に加わった航路、都心方面からA滑走路とC滑走路に進入します。 ③ ④ この時間には雲がなかったがまもなく月は雲に隠れてしまいました。B-787の旋回は格好いいです。 ⑤ 徐々に雲が広がってきます。10分..

  • 上期ダイジェスト-2

    上期ダイジェスト-2月・・・2021/07/19記 上期ダイジェスト2回目・2月分です。 余りインパクトのある被写体ではありませんが『ベンケイヤマガラ』と『ムジセッカ』の珍鳥2種類と ”レンジャクの大群が街にやって来た”と言う珍百景が撮れました。商店街の歩道から撮影しました。                                        |坂の上の蜘蛛| ① 1日:地元森林公園で。 ② 3日:鶴見川分流の巫女秋沙滑空。1月にも類似記事あり。 ③ 3日:都内(23区外)公園で”ベンケイヤマガラ” 珍鳥です。 ④ 6日:野川・調布付近に珍鳥”ムジセッカ”が出没。しかし動きが激しく葦原に出入り撮影には手こずった。 ⑤ 6日:上手く捉えた方だと思う。 ⑥ 9日:地元公園で”トラツグミ” ⑦ 12日:相模の國の商店街の街路樹・クロガネモチに飛..

  • 鉄橋観察

    多摩川の鉄橋を渡る列車・・・2021/07/18記 梅雨明け2日目のこの日は朝からドピーカでいささかウンザリ(>_<)今日はドクターイエローの運行日。真夏の最高の贅沢な過ごし方の高校野球(神奈川大会)テレビワッチ。 その途中で多摩川の鉄橋の少し上流の丸子橋に向かった。 しかし定刻になっても黄色いのは来る気配無し。これまで情報は外れたことは無いのに。。。。何かあったのかと思いながら一旦帰宅。近くに鳥撮りポイントもあるがこの陽気では全くその気にならず。 再確認して判った事だが運行日は合っていたが曜日がズレていて、この日は戻りの日だった(>_<)と言う事で夕方上り列車を撮りに再び出掛けた。この時期の6時頃はまだ日が高く、鉄橋は順光で光線状態が良好で風景的にもバッチリ! 下流の風景が美しい街に見えました(^_^)と言うわけでドクターイエローに拘らず白い新幹線や橫須賀線も交えて風景写真とし..

  • 上期ダイジェスト

    2021年上期ダイジェスト-1月・・・2021/07/16記 7月も半ば、間もなく関東も梅雨明けします。 そして諸問題を抱えながらも間もなくオリンピックが開催されます。私と言えば緊急事態宣言とは無関係にここ数日”StayHome”です。 全身にできた湿疹の痒みに悩まされて夜も何度か目が覚めて熟睡出来ない状態。 最近始まった症状では無いがここ一週間ほど状態が最悪で鳥撮りにも行けない状態です。 新ネタが無いので上半期のダイジェストを一月から順番にアップします。 旬ネタが出来れば中断します。            |坂の上の蜘蛛| ① 11日:横浜市緑区の小さな池にここ数年オシドリの大群が飛来します。 ② 14日:昨年末から人気のミサゴ。 ”ダーウインポーズ” イマイチです。 ③ 14日:ミサゴ海岸の天然水族館(ボラの大群です) ④ 16日:新横浜公園に隣接する..

  • 紫陽花寺・妙楽寺

    紫陽花寺・妙楽寺・・・2021/07/12記 今日は夏日、梅雨明けの陽気です。この陽気に相応しくなくなりましたが数日前の梅雨空の晴れ間に行って来た地元の紫陽花寺『妙楽寺』の記事です。 ほぼ毎年行ってますが今年も定例行事のつもりで行って来ました。 もう見頃は少々遅きに失した感あり(>_<)でした。 お賽銭を上げて鐘(鰐口)を鳴らして参拝すると少しばかりすっきり気分になります(^_^)                                   |坂の上の蜘蛛|*詳細は以下のホームページをご覧下さい。  https://kawasaki.mypl.net/mp/kyosho/?sid=1530 ① 道路に面した入り口左側のお地蔵様です。 ② いつ来ても閑散としていますが老若男女が絶え間なくやって来ます。 ③ 参道で目立っている6体のお地蔵様。 ④ 満..

  • ハスカワ

    ハス・カワ(蓮・翡翠)・・・2021/07/08記バーダー達の暑い夏が始まりました。 蓮池の蓮に止まるカワセミの撮影です。時期が時期だけに灼熱の炎天下での撮影が多いのです。 幸にもここのフィールドは所々に日よけの木があるので大助かりです。 しかしここの池の蓮は元々少ない上にもう終盤で綺麗に咲いているのは2,3輪散らばっている程度。ここで一般の方を対象に能書きを少し・・・。 カワセミが蓮の花に止まる理由は何か?蓮を愛でる為ではないのです。然らば何故蓮に止まるのか? それは高い所から水中の魚を探し、ダイビングする為なんです。 蓮の葉は不安定だが蕾や開花したときの中央の芯(如雨露)は安定して止まりやすいからです。 CM達はひたすら蓮に止まるのを望んでいてもその条件が満たされていない処の蓮には止まってくれません。しかも花が終盤のこの池では蓮よりも遊歩道の手すりに止まることが多い様..

  • ドクターイエロー

    久々のドクターイエロー・・・2021/07/07 しばしドクターイエローの消息(情報源)を見失っていました。 再度復帰してくれたようなので早速出向いてきました。 肝心の撮影ポイントが定まらないので基本に立ち返り我が家から最短距離のポイントからの撮影としました。今日は久しぶりに雨が降っていなかったので張り切って出掛けましたが湿気が多く逆光気味なので眠い写真に なってしまいました。久しぶりなので良しとします。                       |坂の上の蜘蛛| ① まずはテスト撮影に白い新幹線。 ② もう一枚テスト。 ③ 黄色いのがやって来ました。今日は湿気が多く逆行気味なので霞み気味です。 ④ 未だにベストポイントが定まらず。久しぶりなので原点から再スタートします。 ⑤ ⑥ これは右(下り)に走行しているので車輌最後尾です。 ..

  • オナガ

    オナガ・・・2021/07/04記 関東では普通に見られるオナガは西日本ではほとんど見られないようです。 これも大井川あたりが分岐でしょうか(私の憶測です) わざわざ電車で名古屋や関西から橫浜の小公園にオナガを撮りに来ている方を見かけます。この写真は昨日ツミを撮りに行った場所でおまけに撮ったものです。 あまり真面目に撮る事が少ない鳥ですがいざ撮ろうとすると案外すっきり撮るのは難しい鳥です。 体は大きいのにじっとしていないからです。飛び跳ねるように枝を移動するので全体を撮るのが難しいんです。 じっくり時間を掛けて狙えばそれなりに撮れますが、それ程ムキになる鳥ではないんです。と言うと関西の方に叱られそうですが(>_<)と言うわけで決して自慢できる写真ではありませんが関西の方に見てもらうつもりでアップします(^_^)                                 ..

  • ツミ

    ツミ巣立ち・・・2021/07/033日連続の大雨で各地で被害が発生しています。被災された方にはお見舞い申し上げます。 連日の雨は私達一般人にも健康被害を及ぼしています。 どうしても家に閉じこもりがちになり、運動不足と鬱陶しさでストレスが溜まってきます。 我が家の辺りは10時頃雨が止み日が射し込むほどに快復。このチャンスを逃してはならじと 早速ツミポイントに行って来ました。 ここは今年も営巣して無事に雛が巣立ち、その雛達がまだ園内で飛ぶ練習を楽しんでいるようでした。 私は園内の紫陽花絡みでもと思っていましたが高目の木の枝に止まり下には降りて来ませんでした。                                     |坂の上の蜘蛛| ① 園内で飛び回っている雛。 ② 体型は親並みですがまだまだ独り立ちできません。 ③ エンジェルポーズは向きが違い..

  • アオバト

    最悪のアオバト撮影・・・2021/07/01記 今年も折り返し点を過ぎました。 毎日梅雨の影響か雨やはっきりしない天気が続きます。 それを言うと毎日”Stay Home”になってしまい健康上は好ましくないのでは・・・。 と考え曇天の一昨昨日(さきおととい)少し外に出掛けようと今年まだ行っていなかった大磯に アオバトを撮りに行きました。しかしアオバトはいつも言うように気象条件が物を言います。「天気晴朗なれど波高し」がそれなんです。 つまり晴天で波が高目の日が写真的には好条件なのです。 台風一過の日がずばり最適日なのです。天候は回復するが海はうねりが残って高波に期待できます。 しかしこの日は天気はどんより曇り、波は引き潮の谷間でしかも大潮なのか水位は普段の引き潮より 更に2,3メートル低く岩礁が陸続きの半島になっていました(>_<) ハトも海水が溜まった場所がないので飛んで..

  • 黄昏・橫浜

    たそがれ時のみなとみらい・・・2021/06/27記 ♫橫浜〜黄昏〜♪・・・唄の文句のようですが、補足すると黄昏時のみなとみらい周辺です。 天気が優れないので家に籠もりがち。気晴らしにバイクでみなとみらいに。 ところがマスクを忘れてしまい濃いめのシールドのヘルメットを被ったままぶらつく羽目に(>_<) それでも誰も気にする素振りも見られずそれぞれ楽しんでいるようでした。 しかしヘルメットを被って写真撮影ってファインダーから目が離れてしまうのでとても撮りにくく苦労します。 天気もぱっとせず夕焼けも無い黄昏のみなとみらいでした(丁度一週間前の日曜日です)                              |坂の上の蜘蛛|① 万国橋からみなとみらい ② 桜木町駅前からワールドポーター前までロープウエイが開通しました。 ③ 飛鳥は当面母港の大桟橋に停泊のようです..

  • コミミズク

    アオバズク(青葉梟)・・・2021/06/24記 いつもの気まぐれな生き様に反省の意を込めて神社参りをしてきました。しかしお祈りもそこそこに境内で営巣していると思しきアオバズクを発見。 真っ先にそれを撮って来ました。 これではお参りの効能も帳消しかな(>_<)それでも1時間程待ってエンジェルポーズを見せてくれたのがご利益だったのかも(^_^) アオバズクは漢字で「青葉梟」と書き、青葉の頃にやって来る梟の意です。                           |坂の上の蜘蛛|① 逆光の方向に止まったきり向きを変えないアオバズク。 ② ③ ④ 羽繕いを二度程見せるがフィニッシュはなし。 ⑤ ⑥ ほぼ1時間待たされて見せてくれたエンジェルポーズです(^_^) ⑦ ⑧ この鋭い目つきは威嚇しているようにも見えます・・・が、その後はリラッ..

  • 森の妖精・サンコウチョウ

    サンコウチョウ巣立ち前・・・2021/06/22記 鄙が孵ってからの日数的にはもういつ巣立っても良い頃と思い昨日もサンコウチョウポイントに行って来ました。 鄙は順調に育ち羽ばたきの真似事をする状態。巣立ちは今日明日にも見られるかも。 鄙が育つと親はエサ運びで頻繁に巣に出入りします。その姿は正に森の妖精そのものですが、暗いのでssを上げられずブレブレ。良いシーンも上手く撮れず(>_<) いつも悔しい思いをさせられますが致し方ありません。引き揚げる際に知り合いがいたので声掛けついでにそのポイントで試しに構えていたらなんとオス・メス 向かい合って雛達を見守る”家族写真”が撮れました。ラッキー!!                         |坂の上の蜘蛛|① 家族記念写真です! ② ③ 親は頻繁に餌運びしてました。 ④ 鄙の羽もしっかりしています。 ⑤ ..

  • ツミの舞

    『ツミの舞』・・・2021/06/18記 不安定な天候が続いています(>_<)昨日は午後から晴れ間が出てきたのでいつもの『ツミ』ポイントに。 餌渡しシーンは餌が露骨に見えると気持ちが悪いと感じる方もいるようなので 今日は美しいシーン『ツミの舞』をアップします(^_^)                     |坂の上の蜘蛛| ① 餌渡しが終えた後のツミの夫婦。左がオスで右の大きいのがメス。 ② 『ツミの舞』開始です! ③ 美しい尾羽です(^_^) ④ ⑤ ⑥ ⑦ ⑧ ⑨ ⑩ 締めは『エンジェルポオーズ』と呼ばれる演目です(^^) ⑪ この一連の動作は”羽繕い”というもので人間で言う身繕いです。ストレッチ説もあります(^_^) ⑫ お終い! |END|

  • サンコウチョウ

    今日のサンコウチョウ・・・2021/06/16記本格梅雨に入った感じのこの頃、野鳥ファンの皆さんにはさぞかし恨めしい陽気と推察します。遠征でもしないとカワセミの巣立ちやサンコウチョウの営巣しか撮るものがなくなりました。 と言うわけで昨日は雷雨注意報が出ていたにもかかわらずサンコウチョウフィールドへ。 何と現地には私の様な無謀な方が大勢居るじゃないですか(^_^) 到着時から小降りだった雨が少し強めになると皆さんカバーをかけたり粘っていましたが 予報通り雷が轟き出すとCM達は蜘蛛の子を散らすように撤収し、あっという2,3人になりました。 皮肉な事に間もなく晴れ間が出る程に天気は回復。暗〜い現場はかなり明るくなりました。 それでも飛翔するサンコウチョウを捉える程の光量は無く諦め。結局巣絡みの止まりものだけ(>_<) 酷い雨に邪魔されず遅くまで粘ることは出来たがその恩恵はさに非ず(..

カテゴリー一覧
商用