searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

Piyoさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

WEB上手では、JavaScript・PHPのサンプルや参考リンク、WEBサイト(ホームページ)で使えるアイコンや写真等の素材をダウンロード出来ます。今後はWordPressやデザイン、FONTも紹介する予定です。

ブログタイトル
WEB上手
ブログURL
https://www.web-jozu.com/
ブログ紹介文
JavaScript・PHPのサンプルや参考リンク、WordPressやデザイン、FONTの紹介。
更新頻度(1年)

10回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2016/01/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Piyoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Piyoさん
ブログタイトル
WEB上手
更新頻度
10回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
WEB上手

Piyoさんの新着記事

1件〜30件

  • 【詐欺メールに注意】お支払い方法の情報を更新してください

    Amazonからこんなメールが届きました。 「お支払い方法の情報を更新してください」 あなたのアカウントは一時的にロックされています。 中身を読んでみると、Amazonのアカウントの有効期限が24時間以内に停止されてしまうとのこと。問題を解決するには「アカウントを更新する」というボタンをクリックして、情報を更新してください、と書かれています。 でも、ボタンはクリックしないでください! これはフィッ

  • Android スマホで明朝体を表示させたい場合の対処法

    Andorid スマホには、以前から明朝体のフォントがインストールされていません。その為、font-familyで「serif」などの明朝体フォントを指定しても、ゴシック体で表示されてしまいます。 パソコン版では、明朝体で綺麗に表示されているのに、スマホで閲覧する場合にはゴシック体で表示されてしまうと、せっかくのサイトの雰囲気が台無しになってしまいますよね。。。 そこでAndorid スマホでも明

  • Googleタグマネージャーで403 ForbiddenエラーになるのはWAFが原因の可能性

    最近、レンタルサーバーでは、WAF(Web Application Firewall、ワフ)が標準で搭載されていることが多くなりました。WAFを有効にすることで、WEBサイトを不正な攻撃から守ってくれる為、セキュリティの向上に大いに役立ちます。 ところが、このWAFが誤検知を起こしてしまい、正常なアクセスでも「403 Forbiddenエラー」となってしまうことがたまにあるので注意が必要です。 G

  • WordPressで「現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません」の対処法

    WordPressの本体やプラグインは定期的にアップデートやバージョンアップが行われます。 今回、WordPressのプラグインが8個ほどあったので、まとめて更新をしたところ、更新の画面が進まず止まった感じになってしまいました。その為、管理画面のダッシュボードへ移動しようと思い、リンクをクリックしたところ、「現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません」と表示されてしまい、何も出来な

  • 【詐欺メールに注意】【重要】「三井住友銀行の口座」カード・通帳一時利用停止、再開のお手続き

    三井住友銀行からこんなメールが届きました。 「【重要】「三井住友銀行の口座」カード・通帳一時利用停止、再開のお手続きの設定してください。〇〇@〇〇.com」 中身を読んでみると、振込手数料引き上げに伴う、SMBCダイレクトの各種手数料改定で、使っている三井住友銀行の口座を一時利用停止している、とのこと。利用を再開する為には、以下のURLより、セキュリティ強化、カード・通帳一時利用の再開手続きをして

  • 【詐欺メールに注意】お客様のAmazonプライム会員資格は、2019/09/07に更新を迎えます

    Amazonからこんなメールが届きました。 「お客様のAmazonプライム会員資格は、2019/09/07に更新を迎えます。〇〇@〇〇.com」 中身を読んでみると、Amazonプライム会員の資格が2019/09/07に更新を迎えるとのこと。会費の支払いに有効なクレジットカードが登録されていないので、「支払い情報の更新をする」というボタンをクリックして、カード情報を更新してください、と書かれていま

  • DNSが浸透するまで強制的に8.8.8.8に切り替えて動作確認する方法

    サーバーを移行する際には、ネームサーバー(DNS)の切り替えが必要になります。切り替えた後、早いところでは1時間程度で新しいサーバーに切り替わって、新しいWEBサイトが表示されるようになるのですが、プロバイダによっては1日程度経たないと切り替わらないところもあります。 完全に浸透して落ち着くまでには、通常は2~3日かかると言われています。 ただ、DNSを切り替えてからでないと作業できないことや、動

  • bxsliderがクリックできない時の対処法

    jQueryの「bxslider」は、WEBサイトで写真をスライドして表示させることができる、有名なプラグインの一つです。レスポンシブ対応もしているので、使っているユーザーも多いのではないでしょうか。 その「bxslider」で、スライドの写真にリンクを貼っている場合に、ある時期からクリックできなくなってしまいました。原因としては、Google Chromeのアップデートによって「bxslider

  • 2019年ついに提供開始!WordPressが最大10倍高速化(キャッシュではない)

    ついに私の使っているサーバーでも「X(エックス)アクセラレータ Ver.2」が使えるようになりました! 「Xアクセラレータ Ver.2」とは、レンタルサーバーの「エックスサーバー」が提供している、PHP処理速度が最大20倍の高速化を実現させる為の機能です。2019年2月から提供が開始され、新規契約したユーザーは最初から使える機能なのですが、以前から使っているユーザーには順次提供が開始されていました。 エックスサーバーは、サーバーが快適に安全に使えるように、定期的にパワーアップしてくれます。ディスクの読み込み速度が48倍以上向上する「オールSSD」や、「nginx」採用で「HTTP/2」にも対応し、並行して処理を行うことで表示速度が高速化され、メモリの使用量も少なくなりました。 さらに、さまざまなサーバーへの攻撃を防ぐことができる「WAF」も無料で使え、「MySQLの自動バックアップ」も7日分までなら無料で復元することができるようになっています。そして、今回のPHP処理速度が最大20倍になる「Xアクセラレータ Ver.2」の提供です。言うことなしですね(^^) >> WordPressの高速化やセキュリティ強化なら「エックスサーバー」 「Xアクセラレータ Ver.2」とは もともとは「Xアクセラレータ」は、ファイルのキャッシュをすることで速度が速くなる機能として提供されていました。その為、ECサイトやログインしたユーザーによって異なるコンテンツを表示するような場合には向いていない機能でした。 ところが2019年2月から「Xアクセラレータ Ver.2」にバージョンアップすることで、静的ファイルはキャッシュさせることは変わらないのですが、PHPなどの動的ファイルはキャッシュを使わずに、プログラムの高速化が実現できるようになったのです。 実際に、WordPressを使ったサイトやECサイトで実装を開始していますが、特に不具合は発生しておらず、快適に使えています。さすがに、処理速度が10倍になったという実感はありませんが、体感速度は速くなっているという実感はあります。 「Xアクセラレータ」の実装方法 「Xアクセラレータ Ver.2」は、サーバーパネルにログイン後、「高速化」の項目の「Xアクセラレータ」から実行します。

カテゴリー一覧
商用