searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

檸檬紅茶さんのプロフィール

住所
台湾
出身
東京都

台湾在住サラリーマン。2015年にいわゆる「修行」によりANAのSFC取得。飛行機や旅行、航空会社のマイレージ会員制度、陸マイラー情報、その他株やFXなどなど生活向上のための様々なトピックに関して情報発信していきます。

ブログタイトル
とある飛行機好きの生活向上ブログ
ブログURL
https://sfcmiler.hatenablog.com/
ブログ紹介文
台湾在住サラリーマンが旅行や飛行機、投資などについて綴るブログです。
更新頻度(1年)

11回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2016/01/23

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、檸檬紅茶さんをフォローしませんか?

ハンドル名
檸檬紅茶さん
ブログタイトル
とある飛行機好きの生活向上ブログ
更新頻度
11回 / 365日(平均0.2回/週)
フォロー
とある飛行機好きの生活向上ブログ

檸檬紅茶さんの新着記事

1件〜30件

  • 止まらないコロナバブル。投資を始めたいけれど何を買えばいいのかわからない人たちへ。

    あなたは見ているだけですか? それとも、プレイヤーとして参戦しますか? コロナバブルは今後も続く? 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックに伴ういわゆる「コロナバブル」が止まりません。日経平均株価は3万円を突破し、本日(2021年2月22日)の終値でも3万円をキープしています。 「コロナ禍なのにバブル?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、株価がぐんぐん上がっている理由に関しては以下の記事を参照してください。 sfcmiler.hatenablog.com こちらの記事を書いてから1か月が経ったわけですが、この1か月でマーケットのトレンドが変化したように感じられます…

  • 帝国ホテルの「30泊36万円」超激安セールが引き起こすブランドイメージの著しい毀損。コロナ禍でデフレが止まらない日本。

    日本が誇る超一流ホテルの信じられない激安セール、、、デフレが止まらない日本。 帝国ホテルの激安プラン 日本を代表する超一流ホテルである「帝国ホテル 東京」がこの度、「サービスアパートメント」プランの取り扱いを始めました。 要は中長期滞在用の格安プランであり、2021年2月1日予約開始で2021年3月15日から利用可能となっています。 このプランが巷では騒ぎになっているわけですが、その理由は何と言ってもあまりにも安い「価格設定」です。部屋タイプに依るものの、一番安い31平方メートルの「STUDIO」であれば何と「30泊36万円」(サービス料・消費税込)で利用可能なのです。1泊あたり12,000円…

  • (コロナバブル)上がり続ける日経平均株価。今から株や投資信託を始めても間に合うのか?

    ひたすら上昇を続ける日経平均株価。止まらないコロナバブル。 今からでも株や投資信託を始めるべきなのでしょうか? コロナバブル 一向に収束の兆しが見えないコロナ禍により、職を失ったり給料が減ったりして経済困窮で苦しむ人がたくさん出ています。数ヶ月前から、自殺者(特に若い女性)が前年同期比で大きく増えている点も深刻な社会問題となっています。 しかしその一方、「コロナバブル」と呼ばれている、言わば全く逆の現象も話題になっています。例えば、緊急事態宣言の発出により、時短営業の要請に応じた飲食店には1日あたり6万円の協力金が支払われるわけですが、対象地域の飲食店のうち7割程度はそもそも通常時でもそんなに…

  • 新型コロナウイルス感染症対策という名の「トロッコ問題」

    本日、とあるニュース記事を読み考え込んでしまいました、、、 コロナ禍は10年続く? 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関して、米エモリー大などの研究チームがまとめた論文(米科学誌サイエンスに掲載)の紹介記事が話題になっています。 「新型コロナウイルス感染症は将来風邪と呼ばれることになるだろう」と考えている専門家は多くいますし、皆さんの中にもそう思っている方は多いのではないでしょうか。 ではどうしたら「風邪」になるのかと言うと、それは「風邪程度に死亡率が下がったら」ということになります。つまり、現在は一切免疫を持たない高齢者が「生まれて初めて感染」するから重症化しやすいわけで、将来的…

  • 2021年中に海外旅行は可能になるのか?

    さすがにそろそろ海外旅行に再び行けるようになるのか、それとももう1年くらい待つ必要があるのか、冷静になって考えてみたいと思います。 日本のコロナ対策 まずは2020年の日本の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策の振り返りから始めましょう。 一言で言うなら、一貫して「コロナは風邪作戦」でした。緊急事態宣言は一時期出ていましたが(近々再発令されるようですが)、強制力のあるタイプのものではありませんでしたから、政治的パフォーマンスとしての意味合いが強かったと言えるのではないでしょうか。 「新型コロナは季節性」という科学者たちの見解通り、夏の間は新規感染者数の少ない状態が続きましたが、秋以…

  • 「新型コロナ特別対応によるマイルの洗浄(有効期限の延長)」に関して思うこと

    これほどまでの過剰対応に(会社側への)メリットは本当にあるのだろうか? コロナ対応による「マイルの洗浄」 前々からずっと気にはなっていたのだけど、全日本空輸(ANA)のいわゆるコロナ対応に関してどうしても腑に落ちない点がある。 それは、この特別対応を使用して「マイルの洗浄」ができてしまうという点だ。 ダイヤモンド会員を除けばANAのマイルの有効期限は基本的に「3年」。この期限の到来により獲得したマイルの一部を消滅させてしまった経験のある人は決して少なくないと思う。しかしながら、現在ANAが実施中の特別対応を上手く利用すると、有効期限が3年未満のマイルの有効期限をリセットすることができるのだ。 …

  • 「Go To トラベルキャンペーンを中止しろ!」への反論

    皆さん、一旦落ち着きませんか? 予想通りの感染者増加 秋も終わりに近付き冬がすぐ目の前に迫ってきた今日この頃、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の新規感染者は日を追うごとに増えています。 各種SNSなどを見ていると、半ばパニックのようになっている人も多く見受けられます。秋冬で感染者が増えることなどだいぶ前からわかっていたわけで、個人的には現状を何も不思議には感じないわけですが、世間と私の間には大きな溝があるようです。 半年くらい前には、既に専門家たちは新型コロナはインフルエンザ同様「季節性」であると結論付けていました。日本のメディアはいつだって反政府の立場を取りますから、「Go To…

  • 5300億円の赤字見通しのANAはなぜ人員削減をしないのか?「終身雇用」が蝕む日本社会

    私はANA派(青組)として、ANAの未来が心配です。日本の未来も心配です。 5300億円の赤字見通し 全日本空輸(ANA)を傘下に収めるANAホールディングスの経営状況が深刻さを増している旨日々報道されているわけですが、なんでも、今年度は5300億円の赤字となる見通しだそうです。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックの影響は想像を絶するものであり、様々な業界で経営危機への対処が急がれているわけですが、とりわけ航空業界が深刻なダメージを受けているのは言うまでもありません。 とりあえず真っ先に経営陣が実行すべきはやはり「人員削減」であり、世界の大規模航空会社の多くが既に社員に…

  • 日本の入国制限が大幅に緩和される可能性が浮上。海外旅行解禁のためにクリアすべき条件。

    我々海外旅行好きにようやくほんの少し光が見えてきたかもしれません。 入国制限の緩和案 ニュース番組等で見聞きした方もいらっしゃるかと思いますが、2020年10月8日、各メディアは一斉に日本の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)水際対策における入国制限の緩和に関して報道しました。 私も色々と記事をチェックしたのですが、なぜかメディアごとに内容が若干異なっており、つまるところ現時点ではその程度の曖昧さを持った話なのだということなのでしょうが、内容としては主に以下の2点の可能性が検討されているというものです。 外務省が出している「渡航中止勧告」(レベル3)の「不要不急の渡航自粛」(レベル2)…

  • 海外で体調を崩した時の対処法。インターネットと翻訳アプリを活用した賢い薬局の利用法。

    海外で体調を崩したとして、病院に行くほどではないな、、、といった場合に頼りになるのはやはり「薬局」。今回はその際に知っておくと良いかもしれないちょっとしたテクニックをご紹介したいと思います。 海外で体調不良!? 人間誰しもいつ何時体調を崩すかわからないわけで、過去に一度も体調不良で病院や薬局のお世話になったことのない人というのはそうそういないはずです。 日本国内にいる時であれば話は簡単で、開いている内科の医院(クリニック)を探して受診するなりドラッグストアで市販薬を買うなりすれば良いわけですが、海外にいる場合そう簡単にはいきません。在住歴が長く現地語に堪能な方は日本同様困難はないかと思いますが…

  • 海外渡航は現在でも可能? 今後の展望は? 餅の方がコロナよりも怖いって本当?

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で現在日本人に対してはほぼ全てと言ってもよいほど多くの国に関する渡航中止勧告が出されています。しかしながら、「渡航禁止」ではありませんし、国際線も便数は少ないものの現在でも運行自体はしています。一体どういう人たちがそういった便を利用しているのでしょうか? 基本的には不可能 まず、「海外渡航は今でも可能か?」という問いに対する答えは「基本的には不可能」ということになります。 現在多くの国は外国人のビザなし入国を停止していますし、ビザの発給に関しても一部の例外を除いて停止しているからです。外務省が現在ほとんどの国に関して出している「感染症危険情報レ…

  • (GoToトラベルキャンペーン)「そもそも観光業なんて必要ない」という意見のどこが問題なのか?

    ことコロナに関しては、なぜ日本の人たちの発言はこうも冷たいものばかりなのでしょうか? 「観光業は不必要」 今日から始まった「GoToトラベルキャンペーン」。 未だに批判の声が非常に大きいです。 そもそもこれは新型コロナウイルスの蔓延で深刻な打撃を受けた観光業界を政府が支援する事業なわけですが、この「打撃」というのが本当に想像を絶するものだったのです。ここ最近の観光業界の売り上げはなんと前年同期比で2〜3%まで超激減しているのだとか。2〜3%減少したのではなく、97〜98%減少したのです。既に倒産ラッシュは始まっていますし、借金まみれになってギリギリ息だけしているというところも多いのが現状です。…

  • 中国便の航空券が色々と大変なことになっている件

    たった3時間のフライトに15万円、あなたなら出せますか? コロナ禍と航空券 現地採用により中国で働いている私は今年の2月、コロナ騒動の真っ只中、日本から中国に戻ってきました。その後は入国制限により身動きが取れなくなってしまい、現在も北京にて幽閉生活を送っています。 しかしながら、私は近々退職することになっていて居留許可(中国ではビザとほぼ同義)の期限ももうすぐ切れるため、そろそろ帰国の準備をしなければなりません。 ということで、航空券の手配をする必要があるのですが、空席の有無や価格を調べていて自分の顔が青ざめていくのを感じました。端的に言えば、そもそも空席が非常に少ないし、あってもものすごく高…

  • いったいいつになったら旅行ができるのか?

    コロナ禍が収まる気配がありませんが、一体我々はいつになったら再び旅行を楽しめるようになるのでしょうか? コロナ禍の現状 2020年3月17日に以下のような記事をアップしたわけですが、あれから2か月が経ちました。 sfcmiler.hatenablog.com ちょうど節目ですから、今回は現状を改めて見つめ直してみたいと思います。 まず、世界的に見れば昨日も今日もコロナでたくさんの人が亡くなっています。いわゆる「終息」とは程遠い状態だと言えます。 お馴染みのジョンズ・ホプキンズ大学の統計によれば、世界全体での死者数は31万人を超えました。これは広島に投下された原爆で亡くなった犠牲者の総数(後遺症…

  • 荘厳な美しさ溢れるロシアの都市「サンクトペテルブルク」とロマンチックな跳ね橋ナイトクルーズ

    今回はサンクトペテルブルク観光で撮った写真を色々とご紹介したいと思います。 地下鉄 今回ご紹介するロシアのサンクトペテルブルク(Saint Petersburg)という都市なのですが、ロシアを訪れた事がない方でもおそらく名前を聞いた事はあるのではないでしょうか。歴史ある非常に美しい都市であり、世界中から観光客が訪れます。 街の中心エリアのネヴァ川沿いにエルミタージュ美術館があり、観光で訪れる場合はこの中心エリアを主に散策することになるかと思います。 sfcmiler.hatenablog.com 観光の際の交通手段に関しては、地下鉄が便利だと思います。このサンクトペテルブルクの地下鉄というのは…

  • ロシアのサンクトペテルブルクにある「エルミタージュ美術館(Hermitage Museum)」

    今回はロシアのサンクトペテルブルクにある「エルミタージュ美術館」のご紹介です。 エルミタージュ美術館 「エルミタージュ美術館」という名前を聞いたことがある方は多くいらっしゃるかと思いますが、サンクトペテルブルク(Saint Petersburg)にあるロシアの国立美術館のことであり、世界三大美術館の一つです。 場所はサンクトペテルブルクの中心部、ネヴァ川沿いにあり、サンクトペテルブルク観光の際には必ず訪れることになるであろうエリアと言えます。 ちなみに、「エルミタージュ(Hermitage)」はフランス語で「隠遁者/世捨て人の部屋」という意味なのだとか。 1764年にエカチェリーナ2世がドイツ…

  • (宿泊レポート)ロシアのサンクトペテルブルクにある「Park Inn by Radisson Pulkovskaya Hotel & Conference Centre St Petersburg」

    今回はロシアのサンクトペテルブルクにあるラディソン系のホテル「Park Inn by Radisson Pulkovskaya Hotel & Conference Centre St Petersburg」のご紹介です。 ホテルの場所 まずはホテルの場所ですが、ロシア連邦(Russian Federation)のサンクトペテルブルク(Saint Petersburg)という都市にあります。 モスクワの北西ですね。ちなみに、現地でロシア人に何度も発音をチェックしてもらったのですが、あえてカタカナで書くと「サンピチルブールグ」みたいな感じです。 今回ご紹介するホテル「Park Inn by Ra…

  • フランスのモンペリエにあるファーブル美術館で開催された「ピカソ展」

    今回は、フランスのモンペリエという街にあるファーブル美術館で開催された「ピカソ展」に足を運んだ時の話です。 パブロ・ピカソ 日本人でも知らない人はいない超有名画家「パブロ・ピカソ」(Pablo Picasso、1881年10月25日 - 1973年4月8日)」。 彼はスペイン生まれですが、制作活動はフランスで行ったため、フランスを代表する現代美術の巨匠として知られています。 いわゆる「キュビスム」(Cubisme、立体派、いろいろな角度から見た物の形を一つの画面に収める画風)の創始者として有名で、皆さんもピカソの作品の一部に関しては、見ただけで「ピカソっぽい!」なんて思うのではないでしょうか。…

  • (宿泊レポート)フランスのモンペリエにある「ホテル ロイヤル(Royal Hôtel)」

    今回はフランスのモンペリエ(Montpellier)という街にある「ホテル ロイヤル(Royal Hôtel)」という名前のホテルをご紹介したいと思います。 早速始めたいところなのですが、その前にちょっとした前説を、、、 メッセージ 現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的大流行が続いており、当分の間、特に海外旅行をするのは難しいかと思われます。旅行が大好きな当ブログの読者さんたちの中には、もしかしたら気分が沈んでいる方もいらっしゃるかもしれません。 我々の時間は有限ですから、半年、1年、もしくは今回はそれ以上の期間に及ぶ可能性も高いわけですが、そういった期間身動きが取れなく…

  • (新型コロナウイルス)いつになったら旅行ができるのか? これから旅行をする際に注意すべきこと

    「GWの旅行、キャンセルした方がいいのかな?」「夏休みの旅行、大丈夫かな?」 今後の旅行計画に関して心配されている方、多いのではないでしょうか? はじめに 現在地球上で猛威を振るっている「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」のパンデミックですが、なかなか終息しませんね。自粛ムードが蔓延し、色んな意味で日々"息苦しさ"を感じている方が多いかと思います。 旅行好きな方が気になるのはやはり「いつになったら旅行ができるのか?」だと思います。現在3月中旬ということで、ゴールデンウィークも徐々に近付いてきましたし、その後には夏休みが待っています。既に手配済みの航空券やホテル予約に関して、キャンセ…

  • 新型コロナウイルス(COVID-19)のせいで中国で14日間隔離されることになりました。私が持っていったもの。持ってくれば良かったと後悔しているもの。

    未知のウイルスの蔓延によりまさか自分が「隔離」される日が来るとは、、、人生というのは本当にわからないものですね。 14日間の隔離 いきなりですが、現在私は中国の北京市内にある某ビジネスホテルで「隔離」されています。 連日ニュース番組で報道されている「新型コロナウイルス」(COVID-19)ですが、「14日間の隔離」という表現を皆さんももう耳にタコができるほど聞いたかと思います。私はまさにその14日間の隔離状態にあるわけです。 なぜ私が隔離されているのか、そして現在の私の状況に関しては以下の記事に詳述しましたので是非そちらをご覧いただけたらと思います。 chinalover.hatenablog…

  • 陸マイラーとは? 飛行機に乗らずに大量のマイルを貯める方法(2020年版)

    皆さんは「陸マイラー」と呼ばれる人たちがいることをご存知ですか? (※2020年からポイントサイトを利用したマイルの貯め方が大きく変化しました。当記事は執筆時点で最新の情報を反映し、2020年1月以降有効な内容となっています。) 陸マイラーとは? 「陸マイラー」というのは一言で言えば、「飛行機に乗らずに主に“陸”で航空会社のマイルを貯めている人」のことです。 航空会社には大きく分けて以下の二つがあります。 レガシーキャリア(フルサービスキャリア) 格安航空会社(ローコストキャリア、通称「LCC」) 前者は日本で言うところの全日本空輸(ANA)や日本航空(JAL)のことであり、後者はANA傘下の…

  • 未来予想図 Japanese Edition Ver. 2020

    あけおめ、ことよろ、ラブ&ピース 2020年、開幕 皆さん、新年明けましておめでとうございます。 2020年1月1日、現在私は北京のオフィスで一人寂しくこれを書いているわけですが、正直だいぶテンションが上がっています。 この「2020」って数字、すごく良くないですか? なんだかすごく未来を生きている感じがするんですよね。 なんかもう、車とか当たり前のように空を飛んでいそうじゃないですか。靴紐もいちいち手で結ぶ必要なんてないし、AIによる障害物回避機能の付いたホバーボードでの移動が超便利、みたいな。 ただ、そんな時代であっても愛の形や愛し方は大昔から変わらなくて、4Dプロジェクターが映し出す愛し…

  • 特典航空券利用時の「1マイルの価値」の計算方法

    皆さん、こんにちは。グレタさんの登場により、我々飛行機好きにとっては冬の時代がやってきました(※飛行機は温室効果ガスを大量に排出するため批判・非難の対象となっている)、、、というのはひとまず置いておいて、今回はマイル価値の計算方法についてご紹介したいと思います。 1マイルの価値とは? 近年日本には実に様々な「ポイント」が存在するわけですが、その価値は様々です。ですから、常に「1ポイントの価値」が問題になるわけです。例えば、「楽天スーパーポイント」であれば「1ポイント=1円」のレートで買い物に使えますから話は簡単なのですが、他のポイントへの交換が主な保有目的になるようなタイプのポイントに関しては…

  • 飛行機に乗り遅れそうになった際にとるべき行動

    ここは出国審査や保安検査に時間がかかることで有名なアジア最大の国際空港。チェックインカウンターに着いた時には既に出発時刻の1時間前。普通なら絶対に間に合わない。飛行機に乗り遅れてしまう。そんな時、どういった行動をとるべきだと思いますか? 最低な自分 今回の話は正直、ブログに書くべきか迷いました。ある意味「最低」なことを私はしてしまったわけですから。飛行機好き、旅行好きな皆さんから非難されても私には返す言葉がありません。 ただでも、本当に飛行機に乗り遅れそうになった際には、もうこれをするしかないのです。ひたすら醜態を晒すことになるわけですが、兎にも角にも、選択肢なんて他には存在しないわけで。強引…

  • 「ホステル(hostel)」ってどんな宿泊施設? 利用時の注意事項。滞在を楽しむコツ。

    宿泊施設には色々と種類があるわけですが、やはり最も安価で利用可能なのは「ホテル(hotel)」ではなく「ホステル(hostel)」です。 安価ではあるものの若干クセの強い宿泊施設ではあるので、今回は利用時の注意事項も含めて、そもそもホステルとはどのような宿泊施設なのかご紹介したいと思います。 「ホステル」とは? まず、「そもそもホステルって何?」という方も日本には少なくないかと思いますが、Wikipediaに載っている説明によると以下のような施設のことです。(※日本語版のページはないみたいです。) Hostels provide lower-priced, sociable accommoda…

  • 外貨で給料をもらい日本円ベースで生活をするということの意味

    誰か、助けて、、、お願いですから人民元の対円レートを上げてください、、、 外貨ベースの生活 私は現在中国で暮らしており、いわゆる現地採用ですから現地の中国人と同じ水準の給料を人民元で毎月受け取っています。 日本では一切収入がありませんから、日本で日本円にて何らかの支払いが必要な場合に備え、たまに一時帰国する時などには、人民元を日本円に両替して日本に持って行く必要があります。例えば、念のため日本の健康保険証は持ち続けたいと考える海外在住邦人は多いわけですが、その場合にはもちろん毎月保険料を支払う必要があります。年金に関しても同様です。実際のところ、これらに関しては駐在員であれば特に問題にはならな…

  • 私が親戚や友人に海外旅行を勧める本当の理由

    私はよく、親戚や友人に海外旅行を勧めるのですが、その理由の一つについて今回は書いてみたいと思います。 旅の目的 旅行というのはそもそも現代人のとってはある種のエンターテイメントですから、理由も何も、「単に楽しみに行く」のが一般的だと思います。 私だって、プライベート旅行の際には当然楽しめそうな場所、興味のある場所を行き先に選びますし、予算の範囲内で快適そうなフライトやホテルを探します。特にグルメはやはり旅の楽しみの要と言えますから、事前に情報を漁ることも多いです。奮発してまともなレストランで食事をするのも楽しいですし、地元民が普段口にしているような安価なB級グルメを色々と試してみるのも楽しいで…

  • 美しい街並みが広がるフランス南部の都市「モンペリエ(Montpellier)」

    今回はフランス南部にある「モンペリエ」という都市をご紹介したいと思います。 南仏の都市「モンペリエ」 フランスと言えばやはり北部に位置する首都「パリ」なわけですが、「南仏」という言葉があるくらい南部も有名です。欧米人がバケーションを過ごしに訪れるイメージがありますよね。 今回ご紹介するのはオクシタニー地域圏、エロー県の県庁所在地である「モンペリエ(Montpellier)」なのですが、位置的にはパリのほぼ真南、地中海から10kmくらいの場所にあります。 行き方ですが、パリからTGVで向かうこともできますし、空路の場合は下の地図右端の「モンペリエ メディテラネ空港」を利用することになります。 地…

  • フランスのシャルル・ド・ゴール空港のエアポートホテルへの行き方。「Courtyard Paris Roissy Charles de Gaulle Airport Hotel」宿泊レポート。

    今回はフランスのパリにあるシャルル・ド・ゴール空港のエアポートホテルの利用方法についてのご紹介、そして宿泊レポートをお送りしたいと思います。 エアポートホテル 皆さんも「エアポートホテル」というのは耳にしたことがあるかと思いますし、利用経験のある方も多いかと思います。 日を跨ぐ乗り継ぎなど、空港周辺での宿泊が必要な際に便利なのがこのエアポートホテルなのですが、空港の中にあったりターミナルに隣接していたりする場合もあれば、エアポートホテルを名乗りつつも空港からだいぶ離れているなんていうケースも珍しくありません。 今回取り上げるのは、ヨーロッパにおける大規模空港の一つ、フランスのパリにある「シャル…

カテゴリー一覧
商用