searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

J B Brianさんのプロフィール

Singapore在住。Singaporeと日本で数学を教えながら、アジア文明博物館のガイドとして多くの日本の方をお迎えしています。 日本ではナレーター(Vive所属)などもしていました。自分の足で歩いて得た情報を中心にご紹介します。

ブログタイトル
英語で暮らすSingapore/ラッフルズ出版
ブログURL
http://fanblogs.jp/raffles/
ブログ紹介文
シンガポールと日本で数学を教えながら、ナレーターやアジア文明博物館のガイドをしています。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2015/10/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、J B Brianさんの読者になりませんか?

ハンドル名
J B Brianさん
ブログタイトル
英語で暮らすSingapore/ラッフルズ出版
更新頻度
集計中
読者になる
英語で暮らすSingapore/ラッフルズ出版

J B Brianさんの新着記事

1件〜30件

  • 214/ ”ラジオダウンタウン”と”J塾”の新サイト

    ご無沙汰しています。  ラッフルズ出版ではいくつかのサイトと小さな塾を運営しています。 このブログで書きためてきた200余りの記事を自前のサーバーで新たに音声付きのブログとして再編成します。 今日は、ラッフルズ出版で運営しているいくつかのサイトをご紹介します。 �@ 音声付き<…

  • 213/ 前回の『火星人のヴァケーション』についての補足

    前回http://fanblogs.jp/raffles/archive/226/0 SATの問題で”論理的に正しいものを選べ” という話題を取り上げました。日本語で記すと、「すべての火星人が金星にヴァケーションに行く」という内容と同じものは次の5択のうちのどれか? という問題で 正解は 

  • 212/ SATはやはり米国人向けと思った一件

    自分の専門は数学で、LiveやSkypeで教えています。今日は Internatinal Baccalaureate/ 国際バカロレアのl授業でしたが、問題文に次のようなものがありました。 (Test問題は SATから採りました) 5択問題で1行目に論理的に合うものを選ぶという形式です。 " If all Martians vacation on Venus, then (もし…

  • 211/ 特別展も時々あります 過去ブログより③

    特別展のガイドという仕事のご紹介です。 2015年の暮れから2016年中ばにかけてSingapore国立博物館 (NMS/ National Museum of Singapore)で行われた『大英博物館展』は素晴らしいものでした。

  • 210/ 博物館ガイド紹介 アーカイブ③

    210/ 博物館ガイド紹介 アーカイブ�B,Singapore在住。Singaporeと日本で数学を教えながら、アジア文明博物館のガイドとして多くの日本の方をお迎えしています。日本ではナレーター(Vive所属)などもしていました。自分の足で歩いて得た情報を中心にご紹介します。

  • 209/ 過去のブログからのアーカイブ②

    来週3月13日(月)に「日本語ガイドグループの新人ガイド募集説明会」があります。 その活動を知っていために、過去ブログからいくつか紹介していますが、今日は http://fanblogs.jp/raffles/archive/161/0

  • 208/ ガイドや博物館とは? 過去のアーカイブから①

    前回 http://fanblogs.jp/raffles/archive/221/0 ”SingaporeでMuseum Guideをしてみませんか?”でご紹介したように来週月曜日 3月13日(月)午前10:15から (1時間半程度) 場所:シンガポール国立博物館 1階 サロン で新人ガイド募集の説明会を行います。 「ガイドや博物館の活動についてもう少し具体的に知りたい」とのご要望にお応えして、当ブログのアーカイブからいくつかご紹介することにしまし…

  • 207/ SingaporeでMuseum Guideをしてみませんか?

    シンガポール日本語ガイドグループ/ Japanese Docent(JDと言います)では年に1〜2回新人ガイドを募集しています。 説明会が今月3月の13日(月曜)にあります。 以下、JDのサイトから引用します。 ”☆入会説明会 日時:3月13日(月)午前10:15から (1時間半程度) 場所:シンガポール国立博物館 1階 サロン National Museum of Singapo…

  • 206/ 特別展Guided Tourが決まりました

    アジア文明博物館シンガポール (ACM/ Asian Civilisation Museum)では常設展とは別に年に何回か特別展を開催しています。期間が2〜3ヶ月のものが多く、JD(Japanese Docent/ 日本語ガイドグループ)からは開催のお知らせのみのことが多いのですが、今回急遽日本語ガイドツアーを企画しました。現…

  • 205/ 京都の牡蠣@錦市場

    京都の錦市場に一度行ってみたい店があったので探して寄ってみました。 牡蠣/ カキ Oysterの店です。 生牡蠣を売っている店が牡蠣料理をすぐ横で出している・・・魅力的なコンセプトですね。

  • 204/ さていよいよ最後はTasting

    山崎蒸溜所のツアーの最後はTastingとなります。今回は写真を多くしましょう(笑) 工場を出て、外をしばらく歩くと別棟があります。その1階に入り、自分の名前を告げると所定のテーブルに案内されます。目の前にはいくつかのTasting glassが並んでいます。

  • 203/ Aging/ 熟成 これが面白い

    �@〜�B糖化〜発酵〜蒸留と進んで、いよいよ最終工程です。蒸留してできたニューポット/New Makeを樽/ Casks でじっくり寝かせます。�C熟成(貯蔵)/Maturation です。ひんやりとした貯蔵庫に多くの樽が積まれて並んでいる光景はイメージしやすいと思います。あのままの光景です。

  • 202/ 山崎蒸留所/ ぶくぶくさせてから蒸留

    前回の �@糖化・・・大麦+温水でマッシュしました。この段階でデンプンが糖分になりました。それをろ過したものが麦汁/ 麦芽汁でした。 で、次は場所を移します。�Aその麦汁に酵母/ Yeast/ イーストを加え�@でできた糖分をアルコールに変えます。正確にいうと「麦汁+酵母 → アルコール+炭酸ガス」ですが、この過程を『発酵/ F…

  • 201/ 山崎蒸留所/ mashingでまず粥状にして

    奈良に二泊した後、北に移動します。京都に宿を取り、翌朝向かったのがサントリー山崎蒸留所。今年の8月にスコットランドで2つの蒸留所を訪れました。自分はScotch派なのですが日本のwhiskyにも好きなものがあります。ここは一日に何回かツアーがあり、有料ツアー(といっても1000円)に参加すると最後にTasting が用意されており、さらにその後には館内のバーで様々なwhi…

  • 200/ 唐招提寺と鑑真和上

    自分が奈良で最も心打たれる寺はここ唐招提寺(とうしょうだいじ)です。来日した唐の高僧『鑑真(がんじん)』の為に建てられた寺なのですが、このblogではとても書き尽くせない苦労と長い年月の物語があります。 ポイントは4つあります  �@なぜ二人の日本の僧が大陸に高僧を探しに行ったのか? �Aなぜ鑑真だったのか? �Bなぜ鑑真が日本行きを決意してから日本にたどり着くまで10年以…

カテゴリー一覧
商用