searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

さつきさんのプロフィール

住所
武豊町
出身
三木市

自由文未設定

ブログタイトル
低価格でドールを楽しむ
ブログURL
http://willezumleben.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
アニメフィギュアのヘッドを活用してキャラクタードールを主に紹介しています。
更新頻度(1年)

125回 / 365日(平均2.4回/週)

ブログ村参加:2015/10/10

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、さつきさんをフォローしませんか?

ハンドル名
さつきさん
ブログタイトル
低価格でドールを楽しむ
更新頻度
125回 / 365日(平均2.4回/週)
フォロー
低価格でドールを楽しむ

さつきさんの新着記事

1件〜30件

  • アイドール名古屋に行くべきか、行かざるべきか。

    忙しさにかまけて、なかなか更新が怠り気味です。今回の主題は「平日は仕事、休日は家族サービス」です。仕事面では繁忙期を迎えているため、毎日3時間を超える残業が多くなっています。反面、休日はというと、子供とお出かけする事が日課になっており、なかなか自分の時間というのは難しさを感じています。そんな中で、来週はアイドール名古屋というわけですが、さてさて行くべきか、行かざるべきか。たぶん何もしがらみがなけれ...

  • 4月は大なり小なり変化がある。

    人生というのは、変化がつきものです。今回の主題は「どこまで趣味を続けることが出来るか」です。何かと更新頻度が落ちているのには理由がありません。理由が無い変化こそ、何かと怖いものです。何か理由があれば、それに対する対策が出来ますが、理由のない変化にはどうすることも出来ません。変化には理由があるものです。しかしそれは、必ずしも理由があるわけではありません。変化したから理由を探すわけです。理由とは後付け...

  • ドールって写真の方が映える気がする。

    ドールオーナーは必ずドール撮影に向かう理由です。今回の主題は「ドールは大きな画面で見てみよう」です。ドールのサイズは有限です。1/3は大きいものの、物理的にはそれ以上にはなりません。なら、どうするか。それは写真を撮影することです。撮影した上で、大きな画面で見ることです。そうすると、細かい部分とかに気が付くことが出来ます。カメラの液晶では微妙に見えても、大きな画面に映すと、案外新しい発見もあるもので...

  • アイドールでの卓が復活しましたね。

    やっぱりドールは飾ってこそのもの。今回の主題は「コロナ後のアイドール」です。Twitterを見ていると、東京アイドールが流れていました。そこでは撮影卓の様子が流れていました。コロナで密集してしまうアイドールなんかも中止に追い込まれていたわけですが、形は違えど卓が復活したことは良いことだと感じます。確かに感染に注意しなければいけない世の中ではありますが、しっかり対策した上で、コミュニケーションが出来る機会...

  • 質感を上げる難しさ

    ドール用品は高いので、代用品を使っています。今回の主題は「やっぱりドール用品となると高い」です。ドール用の椅子やソファーが欲しいとは思うのですが、専門の店で買うと、下手すれば1万円を超える値段で販売しています。確かにドール用に作られていますから、質は保証されているのですが、やっぱりドールがメインなわけであり、ドール以外の小物にお金をかけられないのが本音です。とはいえ、代用品を使うにあたっても、サイ...

  • 誰かに見てもらいたい。

    誇示欲は、何かを作れば必ず現れる。今回の主題は「誰かに見せても、必ず褒められるわけではない」です。入社配属三日目で辞めていった中途社員が、何気に私と同じ小説書きでした。彼は自分の作品に絶対の自信を持っており、読めば絶対に面白いはずだと言っていました。残念ながら、彼の小説を読む前に退社していったわけですが、同じ小説書きだった経験を持つ私からすれば、自分の作品が面白いはずなんて思ったことはありませんで...

  • 一人の時間で何をするか?

    温泉かゲームセンターか、ドール撮影か。今回の主題は「ただ言えることは、しようと思えば出来るという自由」です。家族が実家に帰っている時は、一人だけの時間が取れる貴重なタイミングです。ゲームセンターで遊んだり、温泉に入ってゆっくりしたり、ドール撮影したりして一日が過ぎてしまうわけですが、そのどれもが家族がいると出来ないことです。簡単に出来ることではあるものの、そこには様々な最低限の条件があるわけです。...

  • イベントや撮影会に行ってみたい。

    今年こそ、ドール活動をしっかりしてみたい。今回の主題は「活動をすることが活動を続ける源となる」です。本日は大須に行くべきか、それとも家でゆっくりとするべきか、悩みどころです。そういうわけで、ドール衣装を変えてみました。この衣装は付け替えるのに手間がかかるので、結局大須に行っても、何も衣装を買わない可能性もあるわけです。うーん、そろそろ目標を持って、活動していきたいものです。今年こそ、イベントなんか...

  • もうそろそろ新しい衣装が欲しい。

    新しい衣装を得ることも、趣味を続けるには必要。今回の主題は「色々試してはいました」です。メイド服を変えて、次の衣装の選択を行っていました。しかしなかなかしっくり来る感じに出来ずに、ダラダラと時間がかかってしまいました。ポイントは胸を魅せる服にしたいのですが、なかなか無いわけです。手持ちの衣装を組み替えて対応していましたが、これという感じには出来ないのが現実です。うーん、コンセプトがなかなか決まらな...

  • 衣装を変えるか迷います。

    衣装を変えるには勇気がいります。今回の主題は「マンネリ化には衣装変更しよう」です。今のメイド衣装もなかなか気に入っています。それが次への変化への枷になっています。変化することで続けることが出来るわけです。趣味がいつか変わってしまうのは、自分が変わってしまったからではありません。好きな趣味に向けて、自分が変わり続けることが出来なくなってしまったからです。衣装を変える。撮影環境を変える。小物を変える。...

  • ドールとエッチしてみた。

    という妄想を持ちながら撮影するのがコツです。今回の主題は「妄想出来る写真を目指せ」です。妄想出来る写真に必要なのは、やはり小物関連です。個人的に小物関連は、そこまで力を入れていません。小物に拘るとドール以上にお金がかかってしまいます。さらに使える小物を探すとなると、結構困難です。汎用性のあるものに出会うのは奇跡に近いわけです。それでもベットぐらいは探してみたいと思ってしまいますね。...

  • エッチじゃないドール絵を撮ってみた。

    私だって、始まりはエッチじゃなかった。今回の主題は「ただ、色々な絵を撮る過程でエッチも撮影するようになっただけ」です。ドール撮影を続けると、どうしてもマンネリ化は避けられません。だからこそ色々な可能性を探るわけです。最初は直立不動のポージングから、少しずつ変化していくわけです。そうしてエッチな領域へも創造の翼を広げていくわけです。そんな言い訳をしながら撮影していくわけです。...

  • 久しぶりの地震でしたね。

    少し揺れました。今回の主題は「不幸はいつ起きるか分からない」です。最近地震が多いわけですが、本当に地震はどうなるか分からないものです。大きな地震の経験はあります。天災というのは、どうしようもない部分ではあります。別れは突然起きるかも知れません。だからこそ、少しずつ触れ合いを大切にしたいものですね。...

  • ポージングは同じです。

    朝は早いから、そんなに時間がかけれません。今回の主題は「毎日の変化なんて、こんなもの」です。毎日劇的な違いを出すことが出来るのが理想ですが、現実はそんな事ではありません。基本的には同じことの繰り返しです。だからこそ出来上がる写真も同じなわけです。ただ繰り返しがあるからこそ、変化もあるのです。というわけで、あまり劇的に変えることが出来ていませんが、お付き合いして頂ければと思います。そんなときは、そろ...

  • 口元は隠そう

    ドールは表情を変えれないのなら、見せなければ良いのです。今回の主題は「妄想こそドールを可愛くさせる」です。ドールに対しての色々な設定を付けるのは、やはり悪いことではありません。それが愛着というものなのではないでしょうか。ただしドールというのは表情を変えることは出来ません。光の加減等である程度は変えることは出来ますが、CG加工でもしない限り、造形ライン自体を変えることは出来ません。出来ないのなら見えな...

  • 趣味は健康のバロメーター

    趣味から遠のくのは、健康ではない兆候です。今回の主題は「楽しみは作り出せ」です。楽しみは受動的に受けるものと、能動的にするものがあります。漫画や映画などは受動的な趣味で、何かを創作する趣味は能動的な趣味です。自分から動き出して、初めて趣味となりえるわけです。その「自分から動き出す力」こそ、健康の証です。普段はお金のために、仕事をする毎日ですが、趣味は趣味のために行動するわけです。趣味を何かのために...

  • 同じものを撮影し続けるということ。

    冷静に考えると、一体何枚一体のドールを撮影し続けているのか。今回の主題は「理由が無いことこそ、理由そのもの」です。何かのために撮影するというのは、ドール撮影の本質を見失ってしまいます。エロのためにドールを撮影するのであれば、他の被写体でも良いのです。ドール撮影にドール撮影以上のことを求めすぎると、何のために撮影していたのか分からなくなってしまいます。ただ、ドールを撮影するだけでも、本来は満足のはず...

  • お金を上手く使えない。

    お金を使わないのは簡単ですが、上手く使うのは難しい。今回の主題は「失敗で終わらせない」です。微妙に車をいじったりするのも好きなのですが、DIYすると必ず発生するのが失敗に伴う、お金の無駄使いです。ディーラーに頼めば一切失敗しないので、無駄使いもありません。しかし自分で行う以上、仕方のない損失です。そう思いながら、なんとか前に進めるお金の使い方をしたいものです。お金を使わないより、上手くお金を使う方が...

  • エロの道は一日にしてならず。

    毎日エロを求めるのは大変。今回の主題は「ただ感じるままに撮れ」です。正直、時間のある時はエロを撮影しているわけですが、そう新しいものが出来るわけではありません。衣装的におっぱいを封印していることも影響しているのかもしれませんが、なかなか見せる場所がパンツぐらいしかないわけで、そうなると、必然的にポージングが限られてくるわけです。それでも撮影していく。それが趣味を続けるポイントです。ただただ、撮影す...

  • スマホに見えるといいな。

    相変わらず今年は運が悪いです。今回の主題は「小物を生かすも殺すも自分次第」です。ガラケーガチャを見かけたので、意気揚々と挑戦してみました。しかし結果は微妙な太さのガラケーでした。ガラケーと言えば、もう少し細身でないと、それっぽく見えません。というわけで、機転を変えてスマホチックに使う感じにしてみました。スマホに見えていると良いのですが。ちなみに、再チャレンジした結果、全く欲しくない、初期の携帯電話...

  • ドールヘアを生かせ。

    せっかくなので、ドールヘアを使ってみました。今回の主題は「フィギュアとの違いを出せるか」です。正直アニメ表現の場合、ヘアはフィギュアの硬質の方が、扱いや見た目は良いと思います。なぜなら、ドールヘアのように一本一本描かれることは無いためです。ドールヘアの場合、上手くまとめないと、どうしてもムダ毛のように映ってしまいます。しかしドールヘアは自由度があります。重力にも負けてしまいますが、それでも自由に絡...

  • なぜ、リカちゃんの髪は黒ではないのか?

    やはり黒髪は主張する。今回の主題は「ヘアスタイルに一番気をつかうのが黒髪」です。リカちゃんの髪の色が黒ではないのは、その設定だけではないと考えます。黒色の髪は、もっとも目立つのです。その為、一本でも乱れていると、結構写真の中だと目立ってしまうのです。ロングヘアではムダ毛を出さないようにレイアウトする必要があります。ただ、その分ドールヘアの特徴が出る色とも言えます。なかなか難しいところですね。...

  • ウィッグの色を変えるだけで、ドールは変わる。

    黒色ウィッグは、玄人向け。今回の主題は「ドールだからこそ、黒以外を選びたい」です。ドールに黒色ウィッグは扱いが難しいと考えます。黒の髪の毛は、日本人の髪の色ですので、どこか生々しさを与えます。色味も全体的に暗くなりますし、せっかく黒以外も選べるドールで、あえて黒を選ぶのは、なかなか玄人向けではないでしょうか。日本人形の不気味さを想起させるのでしょうね。それでも、反対に言えば生命観があるということで...

  • 全ての欲望は支配欲に通じる。

    支配欲を満たしてくれる存在こそ、ドールである。今回の主題は「なかなか上手く鏡を活用できた気がする」です。鏡は見えない部分を映すことが出来ます。ドールの可愛さと、ドールを支配する欲求の二つを上手く撮影出来た気がします。こういう二面性を見せることが出来るところに、鏡の良さがありますね。可愛く着飾るドールの裏には、オーナーの支配欲がある。そんな意図を込めてみました。...

  • 趣味は不要不急なのか。

    ただ生きるだけを強いられる世界が、アフターコロナということ。今回の主題は「休日は楽しみですか?」です。理由はどうあれ、ドールイベントの急な中止がありました。緊急宣言の中では、「贅沢は敵」という風潮の中、どうしても衣食住以外の行動は抑制されるものです。いかに生きる以外のお金が世界を回しているかを実感します。ただ生きる以外の娯楽があるからこそ経済が回っていくわけです。趣味にお金を使いすぎるのは良くあり...

  • 見えざるものを見よ。

    そこにはドールオーナーの苦心があるわけです。今回の主題は「可愛いドール写真の裏には努力がある」です。ドールはお迎えしたら可愛いわけではありません。可愛い努力をオーナーがするから、ドールは可愛くなるのです。ドール写真を見る時、そこにはオーナーの見えざる努力が含まれています。ライティングにポージング。アングルなんかも参考にしながら見るようにしましょう。まさに『見えざるものを見よ』ということです。...

  • 二番煎じになってしまう。

    うーん、前日との変化が乏しい。今回の主題は「変化こそが趣味を続けるポイント」です。変化は趣味には必要です。というか、変化こそ全てであり、変化させるために費用をかけるのです。しかし費用を掛けずに変化させるのは難しいものです。費用さえかければ、新しいドールや衣装が手に入るわけですから、安易に費用を掛けるのが次善です。しかし最善は自分で変化させることです。やっぱり良い悪いは別として、前回と違う写真を撮り...

  • 鏡の世界

    100均一アイテムです。今回の主題は「まだまだ使い方が初心者」です。100均で手に入れた鏡です。人間用ですから多少額が大きいものの、木製フレームですから比較的使いやすいのではないでしょうか。自分が映りこまないようにするのが大変でしたね。何か良い使い方が出来ないものか、アイディア募集です。...

  • 本日はアイドール大阪、お疲れ様でした。

    やっぱりドールイベントは行くだけで楽しいものです。今回の主題は「気持ちだけでも」です。昨年のアイドール大阪が、私にとって最後のドールイベントでした。多くの人が集まる会場で、見ず知らずの方との交流。さらに、その場の乗りでのドールおじさん飲み会に参加。一人旅という自由さから、移動時の電車内での飲食を楽しみ、見ず知らずの人とスパワールドで銭湯に入り、就寝。そのあとは京都に行って、ドールショップで記念撮影...

  • 巡り巡り、スカートへ戻る。

    エロさって、スカートでも出せると思うわけです。今回の主題は「スカートは翻す」です。ドールショップでは見ることが出来ないのが、スカートの中身です。露出の多い衣装なら、もしかしたらドールショップで見かけることが出来るかも知れませんが、スカートの中身を見せてディスプレイしているのは、まず見かけません。個人的にはミニスカートの絶対領域にこそ価値を見出していましたが、年齢を重ねると、結局はロングスカートの良...

カテゴリー一覧
商用