プロフィールPROFILE

集団ストーカー対策ブログさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
集団ストーカー対策ブログ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/regulus_olive
ブログ紹介文
集団ストーカー被害を受けています。嫌がらせによるダメージを和らげるためのアイデアを紹介します。
更新頻度(1年)

45回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2015/09/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、集団ストーカー対策ブログさんの読者になりませんか?

ハンドル名
集団ストーカー対策ブログさん
ブログタイトル
集団ストーカー対策ブログ
更新頻度
45回 / 365日(平均0.9回/週)
読者になる
集団ストーカー対策ブログ

集団ストーカー対策ブログさんの新着記事

1件〜30件

  • 検波器で電波パルスを検出

    最近ネットオークションで電波の強度を検出する検波器という装置を入手した。検波器には電波の強さを電圧に変化する機能があり、パルス変調された電波も計測することができる。自宅で検波器の出力信号をスペクトラムアナライザで観測すると、等間隔の周波数で櫛歯状の信号が検出できる。この櫛歯の信号は100MHz付近から2GHz付近まで等間隔に分布している。このことからから最も低い100MHz付近の信号を基本としたパルス信号がキャリア電波として用いられている可能性がある。キャリア電波の基本の周波数は頻繁に変更されるが、私の自宅の場合は50MHzから200MHzの間の周波数が検出できることが多い。検波器ではキャリア信号に乗せられた低周波の信号も検出できる。私の自宅の場合は160kHz付近の信号がキャリア電波に乗せられて照射されている...検波器で電波パルスを検出

  • 50kHzの信号

    自宅のテレビアンテナの受信信号をスペクトラムアナライザーで計測したところ、50kHz付近にパルス状の信号を検出することができた。この信号は2つの電波時計用標準信号(40kHzと60kHz)のちょうど中間になる。40kHzと60kHzの幅は20kHzで、人間の可聴帯域の幅と同じになる。加害組織はこの50kHzの信号をさらに変調して被害者の脳活動に干渉するような周波数のパルス信号を照射していると推察される。今後この信号をさらに詳しく分析してみたい。50kHzの信号

  • 6kHzの音送信攻撃

    ここ数日は自宅や勤務先でのマイクロ波聴覚効果による音送信攻撃が激しくなっている。特に6kHz付近の音が強いようだ。ブログ「FALCONネットワーク」の主様によると、加害組織は6kHzと50kHzの信号を450kHzの搬送波に乗せて送信しているとのことだ。私の自宅の場合は165kHz付近の信号が使われているようなので、加害者によって使う周波数が異なっているのかもしれない。最近テルミンという楽器を参考に、数百kHz付近の信号を重ねあわせて音声域の信号を作り出す装置を作っている。テルミンには複数の発振回路が備わっていて、回路の一つに接続されたアンテナに手を近づけたり遠ざけたりすることで静電容量を変化させて発振周波数を変えることができる。発振回路を調整して加害組織の周波数に合わせて妨害信号を作り、これを複数の周波数帯の...6kHzの音送信攻撃

  • 神経細胞の中のトランジスタ

    科学雑誌ネイチャーのサイトに神経細胞の中の微小管と呼ばれる構造が39Hzの周波数で電気的に振動しているという内容の論文が掲載されている。この論文によると微小管には電気信号を増幅するトランジスタのような性質があるとのことだ。微小管は細胞の形を安定させたり、細胞分裂を誘導したりするなどの重要な役割を果たすことがわかっている。神経細胞から延びる軸索の中においては細胞の核で作られた神経伝達物質が末端まで輸送される。微小管はこの物質輸送を担うモーターたんぱく質のレールの役割を果たしており、神経細胞の活動には欠かせない存在だ。自宅にてスペクトラムアナライザーで検出される136kHzのパルス信号を分析すると、37Hzから38Hz付近の信号が検出できた。微小管の振動周波数39Hzに近い信号が照射されていることが確認できた。海外...神経細胞の中のトランジスタ

  • 160kHz付近のパルス信号

    スペクトラムアナライザーで自宅の電波を計測していると、160kHz付近を中心として100kHz幅の周波数の信号が検出できる。この周波数帯はアマチュア無線の帯域と重なるのだが、試しに136kHzの信号を計測してみた。計測した信号を解析すると、パルス状の信号が検出できた。パルス速度80Hz付近の信号が最も強く、次に2400Hz付近の信号が強かった。さらに低い周波数を見ると、10Hzや20Hz付近の脳波の周波数に近い信号も検出できた。パルス変調された電波は脳の神経細胞の活動に影響を与えることが海外の研究でわかっている。加害組織はこのような信号を幅広い周波数の電波に乗せて送信していると考えられる。この様な信号を妨害することで、感覚送信などの加害組織の攻撃を無効化できると考える。160kHz付近のパルス信号

  • パルス信号で微弱な電波を検出

    先週はオフィスでのテクノロジー攻撃が激しかった。特に皮膚の痛み感覚の送信が強かったが、ネット通販で200円で入手したレーダーセンサーの電波を照射して攻撃を無効化することができた。このセンサーは5Vの電圧で動作するので、乾電池を接続するだけで使うことができる。最近はレーダー搭載のスマートフォンが発表されるなど、レーダー装置が身近なものになってきそうだ。加害組織は広い周波数の範囲に拡散した微弱な電波を使うため検出するのが難しいが、周波数の範囲を特定できれば効率よく加害電波を妨害することができるようになる。無線関係の雑誌にパルス信号を使って微弱な電波を計測する方法が紹介されていた。計測対象の信号を一定時間間隔のパルス信号と掛け合わせてサンプリングすると、広い周波数に拡散された信号を検出することができるそうだ。サンプリ...パルス信号で微弱な電波を検出

  • パルス波

    ネット通販でマイクロ波用のスイッチ回路を入手したので、色々な波形の電波を使って実験している。スイッチ回路には制御用電源と電波入出力用の端子がある。制御用電源をオン・オフすることで入力端子に入力した電波を出力端子から発信したり止めたりすることができる。オン・オフの信号としてパルス波や矩形波の電圧を制御用電源にかけてやると、パルス波や矩形波で変調された電波を照射できる。幅広い周波数の電波をパルス波や矩形波などで変調したときの信号をスペクトラムアナライザーで表示して波形を確認している。海外の研究でパルス変調したマイクロ波を脳に照射すると、神経細胞の動作速度を速めたり遅くしたりできることがわかっている。この研究によると、1Hzのパルス変調波形を照射すると神経細胞の動作速度が速くなり、50Hzのパルス変調波形を照射すると...パルス波

  • 感覚送信とコリジョンの連携攻撃を妨害

    私の場合は職場で作業をしている時に加害組織から体の痛みや音・振動の感覚送信の攻撃を受けているが、攻撃が激しくなったタイミングで席を立って休憩しようとすると彼らはオフィスの廊下やトイレなどで進路妨害(コリジョン)攻撃を仕掛けてくることが多い。コリジョンを仕掛けるのは同じビルに勤務しているオフィスワーカーなのだが、彼らが移動するタイミングに合わせて私が席を立つように攻撃のタイミングを合わせようとしているのだろう。だが感覚送信の攻撃が激しくなってもレーダーセンサーで加害電波を妨害して私が席を立つタイミングを遅らせている。廊下を移動するときもレーダーセンサーでコリジョンのタイミングを崩して妨害している。コリジョンを仕掛けるオフィスワーカーには常連メンバーがいるので、彼らと遭遇するタイミングが崩せていれば、妨害が上手くい...感覚送信とコリジョンの連携攻撃を妨害

  • 周波数1.3kHzの信号送信

    テクノロジー犯罪被害者の方は音送信攻撃を受けている方が多いようだが、私の場合は常に高音の耳鳴りが聞こえる。信号発生器で音を再現して確認すると1.3kHzのパルス波形が耳鳴り音と最も近いことがわかった。加害組織は1.3kHzのパルス変調された信号を照射していることが考えられる。彼らはこのパルス波を使って熱音響イメージング計測をしている可能性があるが、同じ周波数のパルス波を照射してやれば攻撃を妨害できると思われる。参考記事:マイクロ波と音波による生体計測https://blog.goo.ne.jp/regulus_olive/e/42e0d0213286f901541119a79af6ad0a周波数1.3kHzの信号送信

  • マイクロ波と音波による生体計測

    熱音響トモグラフィーという計測技術がある。この技術には電子レンジで電波によって物体を温める方法と同じ原理が使われている。物体は温まると膨張するが、マイクロ波のパルスを被験者の体に照射して体内の組織を温めて熱による膨張・収縮を繰り返させる。小刻みに膨張・収縮を繰り返して振動させ、超音波を発生させる。物質によって熱による膨張の度合が異なるので、この超音波をマイクで計測することで体内の組織の分布を知ることができる。テクノロジー犯罪被害者の方々の一部は、高周波の音鳴りに悩まされているが、加害組織はこの技術を悪用していることが考えられる。頭部に照射するマイクロ波のパルスの波形を調整することで、被害者が音として認識できる周波数の振動を発生させていると予想できる。マイクロ波と音波による生体計測

  • マイクロ波による腸の運動誘発

    テクノロジー犯罪被害者の方の中には、腹部の痛みやを音鳴りを引き起こされる加害を受けている方が多いのではないだろうか。私の場合は自分の体の動作のタイミング合わせてポコッという音やグーッという音を鳴らされたりすることが多い。この攻撃はマイクロ波によって腸を温めて、腸の運動を促す医療技術が悪用されている可能性が高い。本来この技術は腹部の外科手術の後、腸の血行を促進して回復を早めたり、回復後の機能を改善するためのものだ。家庭用の電子レンジにはマグネトロンという機器が使われていて、このマグネトロンからマイクロ波を食品に照射して温める仕組みだ。医療現場でもマグネトロンが使われていて、腹部にマイクロ波を照射すると腸が温められ、活発に運動するようになる。照射するマイクロ波の強さやタイミングを調整すれば、任意のタイミングで腸の音...マイクロ波による腸の運動誘発

  • 磁気パルスによる刺激送信

    経頭蓋磁気刺激法(TMS)という磁気パルスを用いた医療技術がある。電磁コイルから発生する低周波の磁気パルスを頭部に照射してうつ病などを治療するための技術だが、頭部に照射する磁気パルスの強さや位置によっては、被験者の意思にかかわらず筋肉を動かすこともできる。私の場合は就寝中に体を痙攣させる攻撃を受けることがあるが、加害者はTMSを応用した機器を使用している可能性がある。TMSでパルスを発生させるときにはパチッという大きな音がするのだが、私の自宅でもそのような音が聞こえる。TMSを使うと瞬間的に強力な磁場が発生するので、磁界強度計で磁気を計測すれば証拠として残すことができるかもしれない。低周波の磁場は遮蔽材などでシールドすることが難しいようなので、TMSの磁気パルスを打ち消すような逆位相の磁場を発生させてやれば攻撃...磁気パルスによる刺激送信

  • 圏外

    地上駅のホームで電車を待っている時、スマートホンの電波が圏外になった。モバイル通信の設定を一旦オフにしてからすぐにオンにする操作を何回か繰り返すと、3Gの電波でつながった。電車に乗ってしばらくすると自動的に3Gから4Gに切り替わった。4Gがつながるまでの間は、通勤時間帯にもかかわらず、車内が普段よりもかなり空いていた。電車内でストリートシアター工作があり、不自然な頭痛の感覚があったので、4Gの周波数帯の電波による感覚送信工作だった可能性がある。最近電波によって脳波を測る方法を公の場で発表する機会があったので、加害組織による工作が激しくなっているようだ。電車内や駅の構内、オフィスや店舗などで人的加害が増えているので、それだけ電波で脳波を測る方法を公にされるのが嫌なのだろう。だがこちらもレーダーセンサーの電波を照射...圏外

  • 脳波計と電波による脳波計測結果の比較

    電波による脳波計測データを検証するために、脳波計による計測を同時に行い比較している。安静にして目を開けている状態ではβ波と呼ばれる波形が現れ、目を閉じている状態ではα波と呼ばれる波形が現れやすくなると言われている。そこで目を開けた状態と閉じた状態のそれぞれの場合の脳波を脳波計とスペクトラムアナライザーの両方を使って同時に測ってみた。確かに、目を開けた状態の時には10ヘルツ以上のβ波が見られた。一方目を閉じた状態の時には8ヘルツよりも低いα波が現れることが確認できた。脳波計と電波による計測結果からよく似た波形が得られることがわかった。色々な条件で計測を行い、検証を進めてみたい。視覚や聴覚に刺激を与えたときの脳の反応を誘発電位と呼ぶ。刺激を与えた直後の誘発電位を測ると、その刺激にどの程度注意を向けているのかがわかる...脳波計と電波による脳波計測結果の比較

  • 電波で脳活動をコントロールする技術

    海外の研究機関で行われた電波を使って脳の神経細胞の発火頻度を速めたり遅くしたりする実験の結果が公開されている。パルス状に変調したマイクロ波をマウスの脳に照射したところ、照射前と照射後で神経細胞の発火頻度が変わることが示された。照射するパルスの頻度を変えることによって、神経細胞の活動を速めたり遅くしたりすることができるということだ。マウスと同じ哺乳類である人間でも同じような操作が可能と思われる。この研究の目的は脳の病気を治療するための技術の開発だ。現在は磁気パルスを照射するTMSという治療方法が普及しているが、装置が大がかりになってしまうことが欠点だ。マイクロ波が利用できるのであれば装置を小型化でき、手軽に利用できるようになりそうだ。病気の治療などの目的であればこのような技術の開発は歓迎したいが、これを悪用されな...電波で脳活動をコントロールする技術

  • 人的加害

    ここ数日は公共交通機関などを使った大掛かりな加害工作があったようだ。加害組織は通勤時間帯に人身事故で電車が止まったことを利用して人的な加害工作を仕掛けるつもりだったようだが、移動のタイミングをずらしてかわすことができた。その後も電車内のトラブル誘発工作があるが、レーダーセンサーで加害のタイミングを崩して妨害している。最近電波を使った脳活動モニタリング技術の調査をしているので加害組織はそれを妨害したいのだろう。電波で自分の脳波を測ってデータの検証を進めている。誰もが証拠として納得できるデータを用意して、加害組織の手口を明らかにすることが目標だ。人的加害

  • SDカードの電磁シールド効果

    ブログ「小さな応援歌」様の記事を参考に、SDカードのシールド効果を測ってみた。スペクトラムアナライザーを使ってSDカードがどの程度電波を遮断するかを見たところ、周波数によっては電波の強さ(電力)を1/10000(一万分の一)程度まで弱める効果があることがわかった。今回は1種類のSDカードを試しただけだが、メモリ容量などによっても遮断できる周波数は変わってくると思われる。ブログ主様がおっしゃっているように、様々なタイプのグッズを組み合わせることで広い範囲の周波数の電波を遮ることができ、効果的な対策ができるのではないだろうか。なぜSDカードの電磁シールド効果が高いのか、詳細な仕組みはこれから検証してみたい。参考(ブログ「小さな応援歌」様の記事):https://blog.goo.ne.jp/michel-321/e...SDカードの電磁シールド効果

  • 誘電率

    スペクトラムアナライザーを使って様々な物質の電波の反射特性や通過特性を測っている。携帯電話のモバイルバッテリーなどの電池類は特定の周波数の電波を遮る効果があることがわかった。物体の電波の通過しやすさは誘電率という特性が関係してくる。同じ物質でも電波の周波数によって誘電率が変わってくるが、人間の脳もその活動に応じて誘電率が変わってくる。これを応用して頭部に電波を照射して反射したり通過してきた電波の強さの変化を測ってやることで脳活動をモニタリングすることが可能だ。逆にシールド効果の高い物質を使って電波を遮ってやれば脳活動のモニタリングを妨害することができる。誘電率

  • 早朝の音送信攻撃を妨害

    自宅で就寝中に地震のような揺れを感じて目を覚ますとフレイ効果による音送信工作があった。揺れも感覚送信によるものだったと考えられる。衝突防止用ミリ波レーダーを起動して妨害電波を照射し加害工作を無効化することができた。加害組織は私が電波による生体計測技術の調査をしているので焦っているのだろう。フレイ効果を起こすためには強い電力のパルス波を照射する必要があるので容易に計測されてしまい、加害者にとってはリスクが大きい。就寝中の音送信攻撃で私の睡眠時間を削って洗脳しやすい状態にしようとしているのだろうが、彼らの思い通りにはさせない。早朝の音送信攻撃を妨害

  • 電波で脳波を測る

    海外の論文を参考に、電波による脳波の計測実験を行なっている。先ずスペクトラムアナライザーに付属する信号発生器からマイクロ波を発生させ、送信用アンテナを介して自分の頭部に照射する。頭部を通過してきた電波を別のアンテナで受信してスペクトラムアナライザーで信号の変動を計測する。論文によると信号の変動の周波数を分析すると脳波の波形とよく一致するということだが、確かに数ヘルツから十数ヘルツの変動が確認できた。次は頭部に電極をつないで脳波計で通常の脳波を同時に計測し、アンテナで受信した信号の周波数と比較してみたい。電波で脳波を測る

  • 電車内のトラブル誘発工作を妨害

    満員の通勤電車内で学生風の工作員によるトラブル誘発工作があった。私の隣に立つ工作員が立ったまま居眠りをしてガクッと体を揺らし周囲の人にぶつかるような動作を始めた。直ぐに加害工作と気づいたので、レーダーセンサーを起動して加害電波による感情操作を妨害することにした。工作員によるローテクの嫌がらせと加害電波による感情操作でトラブルを誘発させたかったのだろうが、居眠り工作員の加害工作は失敗に終わった。最近私は仕事で電磁界の技術を扱うことが増えてきたので、加害組織は焦っているのだろう。トラブルを引き起こして被害者の社会的な信用を失墜させることは彼らの得意とするところだが、冷静に対処して加害をやり過ごしてやれば、彼らを追い詰めることができる。電車内のトラブル誘発工作を妨害

  • ネットワークアナライザ

    最近ベクトルネットワークアナライザ(VNA)という計測装置を入手した。この装置を使うとアンテナやシールドなどのデバイスの電磁気的な特性を測ることができる。このVNAを使って電波による脳波の計測を行なう研究が海外の研究者によって行われている。彼らの論文を参考に、自分の脳波を電波で計測できないか試している。上手く計測できれば加害団体による思考盗聴の証拠とすることができ、また加害工作を妨害するための技術開発に役立てることができる。最近近隣の住民の中にテクノロジー犯罪の被害にあっていると思われる方が数名ほどおられることを知った。その中の一人は自分が被害者であることを認識しており、主に痛みや振動などの感覚送信の攻撃を受けているようだ。別の方はまだ被害者であることを自覚していないようだが、生活音に擬態した音送信の加害を受け...ネットワークアナライザ

  • 脳の電気信号から音声を再現

    カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)で行われたヒトの脳の電気信号から音声を再現する研究の成果が科学雑誌ネイチャーに掲載された。https://www.nature.com/articles/s41586-019-1119-1研究の内容はUCSFのサイトでも紹介されている。https://www.ucsf.edu/news/2019/04/414296/synthetic-speech-generated-brain-recordingsUCSFのサイトによると実用化するまでには精度の向上などの改良が必要とのことだが、この研究の成果はけがや病気のために言葉を発することが難しくなってしまった人のコミュニケーション補助ツールとして応用されることが期待されている。2019年4月25日付のNHKのニュースサイ...脳の電気信号から音声を再現

  • 意識のメカニズム

    最近海外の研究で脳神経細胞の細胞骨格を形作るチューブリン分子が意識に関係している可能性があることがわかってきた。Craddockらは麻酔薬分子と麻酔薬以外の分子が各々チューブリンと結合したときの電磁気的振動特性の変化を調査した。通常のチューブリン分子は青色の光の周波数に相当する613THzの固有な振動数で振動しているが、麻酔薬分子が結合したときの振動数の低下は1GHzから100GHzのオーダーで、その低下の幅は麻酔薬の強さと比例関係にあった。一方、麻酔薬以外の分子が結合したときの振動数は変化しなかった。麻酔薬分子が結合したときだけチューブリンの電磁気的振動数が変化するすることから、意識にはチューブリンの電磁気的活動が関連している可能性が示唆される。仮に外部から電磁波を照射して脳内のチューブリンの活動を変化させる...意識のメカニズム

  • バリウムの効果

    以前の記事でも書いたが、バリウムは加害電波を妨害する効果がある可能性がある。今年も健康診断で胃のレントゲン写真を撮る際にバリウムを飲んだ。バリウムの効果を確認するために、終日レーダーセンサーを起動しないままで加害工作員の動きを観察することにした。確かに加害のタイミングが崩れる。外を歩いている時や電車の中、そして建物の中でコリジョンを仕掛ける工作員の動き合わない。工作を仕掛けようと私に近づいてきたが途中で加害工作を放棄する者もいた。バリウムには電磁波を遮断する特性があるので、私の体内にバリウムがあると体の誘電率が変化して電波による計測や感覚送信が出来なくなると考えられる。他の被害者の方が、鉛のシートなどを体に巻くと被害が軽減することをご自身のブログで紹介していたが、やはり誘電率が関連している可能性がある。バリウムの効果

  • トランプ大統領が電磁パルス対策強化の大領領令に署名

    読売新聞国際版のサイトの記事によると、トランプ大統領が電磁パルス兵器への対策強化を指示する大統領令に署名した。出典:https://www.yomiuri.co.jp/world/20190328-OYT1T50068/電磁パルス兵器は電子機器の動作を狂わせ、敵国の社会インフラを混乱させる効果を狙って開発されているようだ。対策としては電磁シールドを使って加害電波から電子機器を守ることが考えられる。更に能動的に電磁パルスを妨害する方法も可能かもしれない。電子機器の動作周波数付近の電磁波を監視して、高い電力の信号を検出したら逆位相の信号を放射して加害電磁波をキャンセルする方法だ。電磁パルス兵器への対策はテクノロジー犯罪被害者を守るために応用できるようになればよいと思う。トランプ大統領が電磁パルス対策強化の大領領令に署名

  • 職場の加害工作員Sの最終日

    数年間に渡り私に対する加害工作を続けてきた工作員Sが最終出社日を迎えた。最終日も私を洗脳するための加害工作を仕掛けてきたが、妨害電波を照射して攻撃をかわすことができた。Sが良く使った手法は、私にしか知りえないプライベートな情報をほのめかすような会話を他の工作員に実施させ、私を動揺させたところで洗脳工作を仕掛けることだ。同じような手法は職場の別の工作員に引き継がれたようだが、私はヘッドホンで音楽を聴いてほのめかしを無視しているので全く効果がない。電波を使う手法では頭部や胸部の痛み感覚の送信や下痢を引き起こすような消化器系への攻撃が良く使われたが、レーダーセンサーで妨害電波を照射して攻撃を無効化することができた。長期の加害工作でも私を洗脳することができなかったので、Sは組織から責任を追及されることになるだろう。ある...職場の加害工作員Sの最終日

  • 消化器系への攻撃を妨害する

    今日は職場での消化器系への攻撃が激しかった。昼休みに下痢の症状を引き起こす攻撃があり、下痢止め薬を飲んでも症状がしばらく続いたが、ミリ波レーダーセンサーを起動すると症状を緩和することができた。加害組織は電波を使って被害者の自律神経に干渉して下痢などの症状を引き起こすと考えられるが、ドイツ発祥の振動医学によると自律神経を共鳴させるための周波数は65Hzとのことだ。電波に変調した65Hzの信号を検出することができれば、逆位相の信号を発生して自律神経への攻撃を妨害できるようになると期待している。消化器系への攻撃を妨害する

  • 低周波の信号

    加害工作員によるノイズ送信対策のために差動増幅回路を応用したノイズキャンセリング装置を検討している。加害ノイズ信号を計測していると、数百kHz以下の低い周波数の範囲で信号の強さが一定のリズムで変化していることがわかった。加害組織は被害者の動きのタイミングに合わせて加害ノイズを送信する工作を使うが、その仕組として以下のような仮説を立ててみる。特定のリズムで低周波の信号の強度を変化させ電波に調して被害者に送信し、被害者の脳に干渉して特定のタイミングで思考させたり行動を取らせる。加害者はこの低周波の信号に合わせて加害を行うことで、被害者の行動とタイミングを一致させているのではないだろうか。この仮説を検証するために、以下のような実験を行ってみたい。電波に変調された低周波の信号を検出して差動増幅回路で逆位相の信号を作り出...低周波の信号

  • 駅構内と電車内での衝突によるトラブル誘発工作を妨害

    先週から私に対する人的加害工作が激しくなっているが、特に駅構内と電車内での加害工作が多い。今日はJ社Y駅構内のエスカレーターで複数の工作員が私と衝突事故を起こしてトラブルを誘発させようとする工作があった。だがレーダーセンサーを起動していたので感情送信を妨害し工作員とのトラブルを回避することができた。電車内でも乗客を装った工作員が衝突工作を仕掛けてきたが、やはりレーダーセンサーで感情送信を妨害してトラブルを避けることができた。加害工作員は電波を使った通信でコントロールされたり相互に監視している可能性が高いので、妨害電波を使って彼らの通信を妨害できれば加害の勢いを弱めることができる。最近は複数の周波数の発振回路を組み合わせて音声帯域の周波数の微弱な電波を発生させる妨害装置を検討している。電波を使って脳に干渉するため...駅構内と電車内での衝突によるトラブル誘発工作を妨害

カテゴリー一覧
商用