searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

集団ストーカー対策ブログさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
集団ストーカー対策ブログ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/regulus_olive
ブログ紹介文
集団ストーカー被害を受けています。嫌がらせによるダメージを和らげるためのアイデアを紹介します。
更新頻度(1年)

18回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2015/09/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、集団ストーカー対策ブログさんの読者になりませんか?

ハンドル名
集団ストーカー対策ブログさん
ブログタイトル
集団ストーカー対策ブログ
更新頻度
18回 / 365日(平均0.3回/週)
読者になる
集団ストーカー対策ブログ

集団ストーカー対策ブログさんの新着記事

1件〜30件

  • 超音波と電波を組み合わせた加害工作を妨害する

    超音波誘起電磁法(ASEM)という検査方法が実用化され、建物の鉄筋コンクリートの腐食の検査に応用されている。ASEMでは物体に超音波を照射して振動させることによって電波を放射させ、その電波の強度を計測することによって物体内部の材質の分布を調べることができる。固体の内部には分極と呼ばれる電気的な偏りがあり、振動させると電磁波を放射する特性がある。特に水晶やセラミックスなどの圧電体は分極の程度が大きいため、この特性を用いた電子デバイスが多く存在する。分極の程度は物質によって異なるため、同じ振動を加えても物質によって放射電波の強さに違いがある。この電波の強さの違いを測ることによって、物体内部の電気的な特性の分布がわかる。骨や筋肉、神経などの生体組織も分極しているため、超音波で振動させると電磁波を放射する。この性質を利...超音波と電波を組み合わせた加害工作を妨害する

  • 近隣住民とのトラブル誘発工作を妨害する

    加害組織は近隣の生活音に擬態した音を送信し、被害者と近隣住民との間でトラブルを誘発しようとする。被害者が近隣とのトラブルを起こせば、加害組織はそれを口実にしてさらに被害者を追い詰めるように攻撃をエスカレートさせるので注意が必要だ。私の場合は近隣住民による自動車のドア閉め音や近隣建物の工事音や振動を増幅して送信する攻撃をやられることが多い。加害者はマイクロ波聴覚効果や経頭蓋磁気刺激法(TMS)を応用し、電磁波を使って音や振動の感覚を被害者の脳に直接送信していると考えられる。加害者はあたかも上階の住居から音や振動が発生しているように錯覚させようとする。のこぎりを引く音やハンマーの打撃音、物が床に落ちたときの音に擬態して攻撃するのが彼らの常習パターンになっている。上階の住民とのトラブルを起こさせようとしているのだろう...近隣住民とのトラブル誘発工作を妨害する

  • 電磁ノイズで映像送信加害工作を妨害する

    テクノロジー犯罪の手口の一つに、静止画や動画イメージを被害者の視覚を介さず脳に直接送信する手法がある。私の場合は浅い眠りについているときに静止画や動画を送信され、同時にそのイメージを解説するような内容の音送信工作をやられる。例えば漫画のキャラクターのイメージを送信した後にそのキャラクターの名前を音声で送信したり、水道の蛇口から水が流れ出る動画と水の音を同時に送信するなど。そこでノイズ発生装置で電波ノイズを放射したところ、映像が不鮮明になり、攻撃が弱まることがわかった。また自作のニューロフォンでパルス変調された音声帯域のノイズを流すのも効果があるようだ。加害組織は経頭蓋磁気刺激(TMS)の技術を応用して電磁波で脳に電流を発生させてイメージを想起させていると考えられる。TMSではコイルから磁気パルスを発生させて頭部...電磁ノイズで映像送信加害工作を妨害する

  • レーダーセンサーで自転車による交通事故誘発工作を妨害

    買い物を済ませて車で自宅へ帰宅する途中、交通事故を誘発しようとする工作があった。信号のある交差点で右折しようとすると、自転車が信号を無視して交差点に進入してきた。もしそのまま自分の車を発進させていたら、自転車と衝突していただろう。だがレーダーセンサーの電波を照射していたので、加害組織に注意をそらされることなく、自転車に気づいてやり過ごすことができた。買い物で出かける前日から頭痛の感覚送信と音送信の工作があったので、翌日に加害工作があることを予測し、備えることができた。最近は加害工作員の動きを探知するための対人レーダーの研究を進めているので、加害組織は警戒しているのだろう。アンテナから照射した電波と、物体に反射して戻ってきた電波の周波数の差を検出し物体の速度を測るドップラーレーダーの実験を進めている。物陰に隠れた...レーダーセンサーで自転車による交通事故誘発工作を妨害

  • 音送信による睡眠妨害と業務妨害に対抗する

    加害組織は音送信攻撃でターゲットの睡眠を妨害することがある。特に翌日に顧客との打ち合わせなどの予定を控えているときに、ターゲットを睡眠不足にして翌日の仕事に影響を与えようとすることが多い。先日も深夜に水漏れ音に擬態した音と悪寒の感覚の送信攻撃があった。そこでパルス変調したマイクロ波と広帯域ノイズを組み合わせた妨害電波を発生させると、攻撃の勢いを弱めることができた。何とか睡眠を確保して翌日の予定をこなすことができた。加害組織が攻撃に使用する電波の周波数は幅広い範囲に渡るため、こちらも複数の周波数の妨害電波を組み合わせて照射すると、妨害効果を高めることができる。他のテクノロジー犯罪被害者の方々のブログでは様々な周波数の電波による妨害方法が紹介されている。加害組織は被害者ごとに異なる周波数の電波を用いて攻撃しているた...音送信による睡眠妨害と業務妨害に対抗する

  • 痙攣や痛み感覚送信攻撃を妨害する

    私の場合、就寝中に足の筋肉を痙攣させられたり痛みの感覚を送信されることがあるので、自作のニューロフォンでノイズ信号を放射して妨害している。加害の効果が弱いときはレーダーセンサーの電波を併用して放射すると攻撃の勢いが弱まる。パルス変調したマイクロ波や周波数掃引式のミリ波を用いたレーダーを組み合わせると妨害効果が高まるようだ。筋肉を動かしたり痛みの感覚を引き起こすためには、運動や感覚を司る脳の領域の神経細胞に電流を発生させる必要がある。神経細胞に電流を発生させるためには、刺激信号を電磁波に乗せて頭部に照射する方法がある。以前の記事にも書いたが、治療に用いられている経頭蓋磁気刺激法(TMS)は磁気パルス信号を頭部に照射して脳の神経細胞に電流を発生させることができる。頭頂部の運動野を刺激して強制的に筋肉を動かしたり、後...痙攣や痛み感覚送信攻撃を妨害する

  • ノイズ発生器

    ネットで送料込みで2000円程でノイズ発生器を入手して加害組織の電波を妨害する効果を検証している。大手計測器メーカーの製品の性能にはかなわないが、それでも10GHzを超える周波数の範囲までノイズを発生させることができる。ノイズ信号をパルス変調して放射したり、自作ニューロフォンと組み合わせて聴覚などの感覚送信を妨害する技術を探索することにする。加害組織も電波の出力を強めて対抗してくるだろうが、そうなればスペクトラムアナライザーで加害電波の電力を計測することも容易になるだろう。自宅周辺のトラブル誘発工作は相変わらず行われている。私の場合は近隣住民の車のエンジン音やドア閉め音、玄関のドア閉め音、床の踏み鳴らし音、家具の引きずり音、偽装リフォーム工事の騒音、水道管のウォーターハンマー音に偽装した音送信攻撃が多用されるが...ノイズ発生器

  • 音送信の手法

    多くの被害者の方が加害組織が用いる音声送信の手法について紹介している。その1つは、パルス変調された電波を頭部に照射し、蝸牛と呼ばれる聴覚の器官を振動させて音を発生させるマイクロ波聴覚効果(フレイ効果)と呼ばれるもの。そして2つ目は、超音波を用いた指向性スピーカーによる方法。第3の方法として、一部の被害者の方は電磁波を用いて脳内の神経細胞に電流を発生させ、蝸牛を介さずに聴覚体験を引き起こす方法を主張している。この第3の方法だが、経頭蓋磁気刺激(TMS)と呼ばれる方法の原理を応用することで実現できる可能性がある。TMSは医療分野では脳神経系の治療などの目的で広く用いられている。磁気コイルで発生させた磁気パルスを頭部に照射することで脳の神経細胞に電流を発生させる方法で、例えば脳の運動野と呼ばれる部位に電流を発生させる...音送信の手法

  • 器物損壊事件

    住居建物の一部が壊され、装飾部品が盗まれるという事件があった。まだ犯人は特定できていないが、加害組織による人的加害工作の可能性もある。私は外出するときにレーダーセンサーの電波を照射して人的加害のタイミングを崩しているので、加害工作員が報復のために嫌がらせをしたのだろう。犯人が部品を外すときにはそれなりの音が出るはずなので、近隣の住民によって目撃されている可能性が高い。今後も建物に対する加害が続くようであれば、防犯カメラを設置するなどの対策が必要になるかもしれない。最近は就寝中の音声送信の加害が増えてきた。就寝中、私は自作ニューロフォンを使って音声帯域のホワイトノイズをパルス変調した信号を発生させて加害工作を妨害しているが、加害組織は妨害信号と異なる周波数の搬送波を使って攻撃を試みているようだ。加害工作員は眠りの...器物損壊事件

  • 京アニ放火殺人の容疑者逮捕

    2020年5月27日、京都アニメーション放火殺人の容疑で青葉容疑者が逮捕された。理不尽な犯行の犠牲となってしまった方々やご遺族の無念を晴らすためにも、事件の全容が解明されることを望んでいる。朝日新聞の記事によると、青葉容疑者が定時制高校に通いながら埼玉県庁の非常勤職員として働いていた当時、彼は穏やかな性格であったという。だが雇用契約が終了してコンビニなどのアルバイトで生計を立てるようになり、30代になると青葉容疑者の様子が変わっていったようだ。犯罪に手を染めて刑務所で服役するようになったという。埼玉県庁退職後から京都アニメーションに対する犯行に及ぶまでの間に何が起こったのだろうか。青葉容疑者はテクノロジー犯罪による攻撃を受けていた可能性があると考える。青葉容疑者は自宅の大型スピーカーで大音響を出していたとのこと...京アニ放火殺人の容疑者逮捕

  • 緊急事態宣言

    5月25日に首都圏と北海道のの緊急事態宣言が解除された。だが新型コロナウイルスが消えたわけではないので、次の感染拡大が起こる可能性はゼロではない。しばらくは在宅勤務を続けて少しでも感染のリスクを小さくしたい。通勤途中で私に対する人的加害工作ができないため、加害組織による自宅周辺での工作が増えてきている。最近は自宅に隣接する敷地で火事騒ぎがあった。リフォーム工事を装った騒音送信など、ノイズキャンペーンによるトラブル誘発工作も頻繁に行われるが、これらの挑発はスルーしている。痛み送信や消化器系の不調を引き起こすハイテク加害もやられるが、レーダーセンサーやノイズ発生器で妨害電波を照射して対策している。スペクトラムアナライザーで3GHz付近の加害電波を検出することもできた。加害組織が被害者の体に影響を及ぼすためには、ある...緊急事態宣言

  • ノイズレーダー

    ノイズレーダーという技術について調査している。これはレーダーの一種で、幅広い周波数の電磁ノイズ信号を放射し、物体にあたって反射してきたノイズ信号を検出して、ターゲットの動きを計測する技術だ。スペクトラムアナライザーのノイズ発生機能を利用して、加害工作員の動きを検出できないか検証している。ノイズ信号をリターンロスブリッジにつないだアンテナ経由で天井に向けて放射し、反射信号を検波器で検出するという単純な回路を組んでみた。加害工作員の床踏み鳴らし攻撃によって天井の板が振動する動きをとらえることができた。工作員の攻撃音が激しいほど、検出信号も強くなることがわかった。あらかじめ工作員の動きを検出して、けん制する装置にも応用できそうだ。今後は回路を工夫して、天井だけでなく、物陰に隠れた工作員を検出できないか検証してみたい。ノイズレーダー

  • 火災事件

    近隣で火事騒ぎがあった。出火原因は花火のようだ。近隣住民が飛ばしたロケット花火の炎が枯れ木に引火して燃え広がったようだ。炎の煙が自宅の窓まで迫ってきたが、通報を受けた救急車が現場に駆けつけて放水し、無事に消火された。ロケット花火の犯人は現場から逃走してしまったが、警察が現場の指紋や遺留品の採取を行っていた。最近はニューロフォンのパルス信号やレーダーセンサーの電波を使って加害工作を妨害しているので、加害組織はローテクの人的加害工作を繰り出してきている。新型コロナウイルスで外出する機会が減っているので、私が外出するタイミングに合わせて工作員を集中して投入しているのだろう。近隣住民が不自然に大騒ぎしたり、リフォーム工事を装った騒音を繰り出したり、路上で交通事故を誘発しようとしたりしてくるが、レーダーセンサーや自作の電...火災事件

  • スーパーマーケットでのトラブル誘発工作対策

    新型コロナウイルス対策の影響かスーパーマーケットの買い物客が増えているようだ。レジの会計待ちの行列も普段よりも長くなっている。レジの列に並んでいると、加害工作員と思しき初老の男性が強引に列に割り込もうとしてきた。彼は行列の脇の棚の商品をとるふりをして列に割り込もうとして、私とのトラブルを誘発させようという狙いだろう。だが既に狙いに気づいていたので、棚から商品をとる手伝いを申し出て、可能な限り親切に対応した。棚の商品を取り終えたら列に並んでもらうようにお願いすると、男性はそそくさと行列から離れて行った。私が自作の簡易ニューロフォンやレーダーセンサーを使って加害組織の電磁波による攻撃を妨害して対処しているので、彼らはローテクの人的加害工作を仕掛けて私がトラブルを引き起こすことを期待しているようだ。だが、パルス変調さ...スーパーマーケットでのトラブル誘発工作対策

  • ニューロフォンで加害工作を妨害する

    ニューロフォンという通信装置がパトリック・フラナガンによって発明され、特許が取得されている(米国特許:US3393279)。この装置は40kHzのラジオ波で変調した音声信号を皮膚を介して頭部に送信し、耳を介さずに音として認識させることができる。この後にフラナガンはラジオ波ではなく超音波を用いるバージョンのニューロフォンを発明している(米国特許:US3647970)。ネットでは簡易的な超音波版ニューロフォンの作り方が公開されているので、これを参考に自作してみた。必要な部品は電子部品の通販サイトで購入し、2千円以下で全てそろえることができた。この装置では音楽や音声の信号を数40kHzのパルス信号で変調(パルス幅変調)する回路が備わっている。この回路に圧電素子という材質でできた端子をケーブルを介してつなげる。圧電素子...ニューロフォンで加害工作を妨害する

  • 咳の誘発工作を妨害する

    新型コロナウイルスによる肺炎が大きな社会問題になっているが、加害組織は咳やめまいなどの症状を引き起こす工作を行うようだ。これは経頭蓋磁気刺激法という医療技術を応用して、被害者の頭部に電磁パルスを照射して脳の神経細胞に電流を発生させて咳を誘発させていると考えられる。私も咳や胸の痛みを誘発されることがあるが、レーダーセンサーを起動して自分の頭部に電波を照射してやると症状が消えることが確認できている。加害組織は広い範囲の周波数の電波をパルス変調して送信していると考えられるので、可能な限り広い周波数の妨害電波を照射してやれば効果的に加害工作を無効化できると期待している。咳の誘発工作を妨害する

  • パルス信号で加害電波を妨害

    海外の研究によれば、パルス変調された電波を頭部に照射すると、条件によっては脳波に影響を与えることがわかっている。ある研究では450MHzの電波を7Hz、14Hz、21Hzのパルスによってそれぞれ変調して脳波への影響を調べた。14Hzと21Hzのパルスでは脳波のアルファ波とベータ波の信号が強くなったが、7Hzでは脳波に変化がなっかった。7Hzのパルスを頭部に照射すれば、加害電波による脳波の変調攻撃を妨害できると考えられる。そこで様々な周波数の光や電波を7Hz付近のパルスで変調して検証を行っている。加害組織は幅広い周波数の信号を用いているようなので、こちらも幅広い周波数の信号をパルス変調してやれば効果的だと思われる。パルス信号で加害電波を妨害

  • 検波器で電波パルスを検出

    最近ネットオークションで電波の強度を検出する検波器という装置を入手した。検波器には電波の強さを電圧に変化する機能があり、パルス変調された電波も計測することができる。自宅で検波器の出力信号をスペクトラムアナライザで観測すると、等間隔の周波数で櫛歯状の信号が検出できる。この櫛歯の信号は100MHz付近から2GHz付近まで等間隔に分布している。このことからから最も低い100MHz付近の信号を基本としたパルス信号がキャリア電波として用いられている可能性がある。キャリア電波の基本の周波数は頻繁に変更されるが、私の自宅の場合は50MHzから200MHzの間の周波数が検出できることが多い。検波器ではキャリア信号に乗せられた低周波の信号も検出できる。私の自宅の場合は160kHz付近の信号がキャリア電波に乗せられて照射されている...検波器で電波パルスを検出

  • 50kHzの信号

    自宅のテレビアンテナの受信信号をスペクトラムアナライザーで計測したところ、50kHz付近にパルス状の信号を検出することができた。この信号は2つの電波時計用標準信号(40kHzと60kHz)のちょうど中間になる。40kHzと60kHzの幅は20kHzで、人間の可聴帯域の幅と同じになる。加害組織はこの50kHzの信号をさらに変調して被害者の脳活動に干渉するような周波数のパルス信号を照射していると推察される。今後この信号をさらに詳しく分析してみたい。50kHzの信号

  • 6kHzの音送信攻撃

    ここ数日は自宅や勤務先でのマイクロ波聴覚効果による音送信攻撃が激しくなっている。特に6kHz付近の音が強いようだ。ブログ「FALCONネットワーク」の主様によると、加害組織は6kHzと50kHzの信号を450kHzの搬送波に乗せて送信しているとのことだ。私の自宅の場合は165kHz付近の信号が使われているようなので、加害者によって使う周波数が異なっているのかもしれない。最近テルミンという楽器を参考に、数百kHz付近の信号を重ねあわせて音声域の信号を作り出す装置を作っている。テルミンには複数の発振回路が備わっていて、回路の一つに接続されたアンテナに手を近づけたり遠ざけたりすることで静電容量を変化させて発振周波数を変えることができる。発振回路を調整して加害組織の周波数に合わせて妨害信号を作り、これを複数の周波数帯の...6kHzの音送信攻撃

  • 神経細胞の中のトランジスタ

    科学雑誌ネイチャーのサイトに神経細胞の中の微小管と呼ばれる構造が39Hzの周波数で電気的に振動しているという内容の論文が掲載されている。この論文によると微小管には電気信号を増幅するトランジスタのような性質があるとのことだ。微小管は細胞の形を安定させたり、細胞分裂を誘導したりするなどの重要な役割を果たすことがわかっている。神経細胞から延びる軸索の中においては細胞の核で作られた神経伝達物質が末端まで輸送される。微小管はこの物質輸送を担うモーターたんぱく質のレールの役割を果たしており、神経細胞の活動には欠かせない存在だ。自宅にてスペクトラムアナライザーで検出される136kHzのパルス信号を分析すると、37Hzから38Hz付近の信号が検出できた。微小管の振動周波数39Hzに近い信号が照射されていることが確認できた。海外...神経細胞の中のトランジスタ

  • 160kHz付近のパルス信号

    スペクトラムアナライザーで自宅の電波を計測していると、160kHz付近を中心として100kHz幅の周波数の信号が検出できる。この周波数帯はアマチュア無線の帯域と重なるのだが、試しに136kHzの信号を計測してみた。計測した信号を解析すると、パルス状の信号が検出できた。パルス速度80Hz付近の信号が最も強く、次に2400Hz付近の信号が強かった。さらに低い周波数を見ると、10Hzや20Hz付近の脳波の周波数に近い信号も検出できた。パルス変調された電波は脳の神経細胞の活動に影響を与えることが海外の研究でわかっている。加害組織はこのような信号を幅広い周波数の電波に乗せて送信していると考えられる。この様な信号を妨害することで、感覚送信などの加害組織の攻撃を無効化できると考える。160kHz付近のパルス信号

  • パルス信号で微弱な電波を検出

    先週はオフィスでのテクノロジー攻撃が激しかった。特に皮膚の痛み感覚の送信が強かったが、ネット通販で200円で入手したレーダーセンサーの電波を照射して攻撃を無効化することができた。このセンサーは5Vの電圧で動作するので、乾電池を接続するだけで使うことができる。最近はレーダー搭載のスマートフォンが発表されるなど、レーダー装置が身近なものになってきそうだ。加害組織は広い周波数の範囲に拡散した微弱な電波を使うため検出するのが難しいが、周波数の範囲を特定できれば効率よく加害電波を妨害することができるようになる。無線関係の雑誌にパルス信号を使って微弱な電波を計測する方法が紹介されていた。計測対象の信号を一定時間間隔のパルス信号と掛け合わせてサンプリングすると、広い周波数に拡散された信号を検出することができるそうだ。サンプリ...パルス信号で微弱な電波を検出

  • パルス波

    ネット通販でマイクロ波用のスイッチ回路を入手したので、色々な波形の電波を使って実験している。スイッチ回路には制御用電源と電波入出力用の端子がある。制御用電源をオン・オフすることで入力端子に入力した電波を出力端子から発信したり止めたりすることができる。オン・オフの信号としてパルス波や矩形波の電圧を制御用電源にかけてやると、パルス波や矩形波で変調された電波を照射できる。幅広い周波数の電波をパルス波や矩形波などで変調したときの信号をスペクトラムアナライザーで表示して波形を確認している。海外の研究でパルス変調したマイクロ波を脳に照射すると、神経細胞の動作速度を速めたり遅くしたりできることがわかっている。この研究によると、1Hzのパルス変調波形を照射すると神経細胞の動作速度が速くなり、50Hzのパルス変調波形を照射すると...パルス波

  • 感覚送信とコリジョンの連携攻撃を妨害

    私の場合は職場で作業をしている時に加害組織から体の痛みや音・振動の感覚送信の攻撃を受けているが、攻撃が激しくなったタイミングで席を立って休憩しようとすると彼らはオフィスの廊下やトイレなどで進路妨害(コリジョン)攻撃を仕掛けてくることが多い。コリジョンを仕掛けるのは同じビルに勤務しているオフィスワーカーなのだが、彼らが移動するタイミングに合わせて私が席を立つように攻撃のタイミングを合わせようとしているのだろう。だが感覚送信の攻撃が激しくなってもレーダーセンサーで加害電波を妨害して私が席を立つタイミングを遅らせている。廊下を移動するときもレーダーセンサーでコリジョンのタイミングを崩して妨害している。コリジョンを仕掛けるオフィスワーカーには常連メンバーがいるので、彼らと遭遇するタイミングが崩せていれば、妨害が上手くい...感覚送信とコリジョンの連携攻撃を妨害

  • 周波数1.3kHzの信号送信

    テクノロジー犯罪被害者の方は音送信攻撃を受けている方が多いようだが、私の場合は常に高音の耳鳴りが聞こえる。信号発生器で音を再現して確認すると1.3kHzのパルス波形が耳鳴り音と最も近いことがわかった。加害組織は1.3kHzのパルス変調された信号を照射していることが考えられる。彼らはこのパルス波を使って熱音響イメージング計測をしている可能性があるが、同じ周波数のパルス波を照射してやれば攻撃を妨害できると思われる。参考記事:マイクロ波と音波による生体計測https://blog.goo.ne.jp/regulus_olive/e/42e0d0213286f901541119a79af6ad0a周波数1.3kHzの信号送信

  • マイクロ波と音波による生体計測

    熱音響トモグラフィーという計測技術がある。この技術には電子レンジで電波によって物体を温める方法と同じ原理が使われている。物体は温まると膨張するが、マイクロ波のパルスを被験者の体に照射して体内の組織を温めて熱による膨張・収縮を繰り返させる。小刻みに膨張・収縮を繰り返して振動させ、超音波を発生させる。物質によって熱による膨張の度合が異なるので、この超音波をマイクで計測することで体内の組織の分布を知ることができる。テクノロジー犯罪被害者の方々の一部は、高周波の音鳴りに悩まされているが、加害組織はこの技術を悪用していることが考えられる。頭部に照射するマイクロ波のパルスの波形を調整することで、被害者が音として認識できる周波数の振動を発生させていると予想できる。マイクロ波と音波による生体計測

  • マイクロ波による腸の運動誘発

    テクノロジー犯罪被害者の方の中には、腹部の痛みやを音鳴りを引き起こされる加害を受けている方が多いのではないだろうか。私の場合は自分の体の動作のタイミング合わせてポコッという音やグーッという音を鳴らされたりすることが多い。この攻撃はマイクロ波によって腸を温めて、腸の運動を促す医療技術が悪用されている可能性が高い。本来この技術は腹部の外科手術の後、腸の血行を促進して回復を早めたり、回復後の機能を改善するためのものだ。家庭用の電子レンジにはマグネトロンという機器が使われていて、このマグネトロンからマイクロ波を食品に照射して温める仕組みだ。医療現場でもマグネトロンが使われていて、腹部にマイクロ波を照射すると腸が温められ、活発に運動するようになる。照射するマイクロ波の強さやタイミングを調整すれば、任意のタイミングで腸の音...マイクロ波による腸の運動誘発

  • 磁気パルスによる刺激送信

    経頭蓋磁気刺激法(TMS)という磁気パルスを用いた医療技術がある。電磁コイルから発生する低周波の磁気パルスを頭部に照射してうつ病などを治療するための技術だが、頭部に照射する磁気パルスの強さや位置によっては、被験者の意思にかかわらず筋肉を動かすこともできる。私の場合は就寝中に体を痙攣させる攻撃を受けることがあるが、加害者はTMSを応用した機器を使用している可能性がある。TMSでパルスを発生させるときにはパチッという大きな音がするのだが、私の自宅でもそのような音が聞こえる。TMSを使うと瞬間的に強力な磁場が発生するので、磁界強度計で磁気を計測すれば証拠として残すことができるかもしれない。低周波の磁場は遮蔽材などでシールドすることが難しいようなので、TMSの磁気パルスを打ち消すような逆位相の磁場を発生させてやれば攻撃...磁気パルスによる刺激送信

  • 圏外

    地上駅のホームで電車を待っている時、スマートホンの電波が圏外になった。モバイル通信の設定を一旦オフにしてからすぐにオンにする操作を何回か繰り返すと、3Gの電波でつながった。電車に乗ってしばらくすると自動的に3Gから4Gに切り替わった。4Gがつながるまでの間は、通勤時間帯にもかかわらず、車内が普段よりもかなり空いていた。電車内でストリートシアター工作があり、不自然な頭痛の感覚があったので、4Gの周波数帯の電波による感覚送信工作だった可能性がある。最近電波によって脳波を測る方法を公の場で発表する機会があったので、加害組織による工作が激しくなっているようだ。電車内や駅の構内、オフィスや店舗などで人的加害が増えているので、それだけ電波で脳波を測る方法を公にされるのが嫌なのだろう。だがこちらもレーダーセンサーの電波を照射...圏外

カテゴリー一覧
商用