chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
こ〜吉
フォロー
住所
神奈川県
出身
未設定
ブログ村参加

2015/08/28

1件〜100件

  • マテ貝取り

    久々のマテ貝取りに行ってきた~!曇っていたからか、5月と言うのに、寒いッ(`Δ´)!!予定より早目に切り上げた。しかしマテ貝は、ますまずの取れ高…画像はもう、半分近くを食してしまったあと…持ちかえって、海水に2~3時間浸けたあと、真水で洗い、さっと熱湯で茹でて殻をとってからフライパンで油と胡椒。塩はパラパラ。アサツキかパセリのみじん切りを乗っけるとなお良し。呑む人も呑まない人も美味しい一皿に…。あとは、佃煮や煮物、マテ貝飯も美味しい。横浜の海は、相変わらずアサリの不漁続きで、多くの人がマテ貝狙い。結構な人出だし、きっと、マテ貝を取るために撒く食塩で、浜辺の塩分濃度が上がってるんだろうな~と…真夏になるとマテ貝は難しくなるので、懲りず6、7月も出掛ける予定。(^○^)コロナ蔓延防止措置が出ませんように……。マテ貝取り

  • 不二家さんから……

    過去に何度か来ているけれど、初めて気がついた。この不二家さんは、富士山が見えるんだって。(店内からガラス越しに夕景の富士山を……(矢印))店を出る時だったので、これから夕飯にゾクゾクと来店のお客さんはいるけれど、誰も気付いてないみたい。この時は、稜線がくっきりとクリアーに見えて、実際はもっと綺麗だった。不二家さんから富士山……一寸得した気分!ヘヘッ(^o^)v(^o^)v不二家さんから……

  • 謹賀新年 2022

    遅めの初詣に……。転居して、もう行けないかなと思っていたら、用事ができてお詣りできた!分散詣りで、もう年が明けてから9日も経っているけれど、それなりの人出が……。残念ながら、毎年買って帰る御守りみくじの干支の置物は売り切れだった。何とか同じ神社のを十二支集めたいので、12年後だな。残るは他に、卯、辰、巳。元気に来れますように……。飛行機雲が綺麗な1日だった。謹賀新年2022

  • 富士の夕景

    昨年の今頃もこの場所から富士を眺めたのを思いだし、外出の帰りに立ち寄ってみた。良いシルエット…………富士山は、さほど移動していないのに見る位置によって、大きさがかなり変化する。ここから車で3分位離れた位置だと、家々の隙間から見えて、物凄く大きい。また、この高台へ登って来る途中でも、高い杉の木立から見える富士は、すぐ隣町にあるのではないかと思えるくらい巨大だ。比較対照のせいなのか、地球の形状のせいなのか……。この高台からは、遮るものがなく見やすい分、富士は実際の距離感も感じられる。嗚呼!今年も好きなワカサギ釣りに、山中湖へ行けなかったな。来年こそは、3回は行けますように。←なんと、長閑な願いよ。しかし、コロナの終息を願わずにはいられない。富士の夕景

  • ありがとう メノウ!

    ヒメウズラのオス、メノウがとうとう逝ってしまった。寒くなってきて、巣材を増やしてやったら喜んで、巣材浴びしたり、エサ入れの端から飛び降りたり、元気にしていたのだが……。その3日前も、いつものように頭を潰したミールワームをやると、カップルで暮らしていた時の癖で、はじめの一匹はくわえたままピヨピヨとメスを呼び、しばらく食べない。その内パクパクと美味しそうに食べていた。以前にも書いたけれど、この「メノウ」という名前は、ペットショップから2羽連れ帰ってきたうちの一羽で、もう一羽の雛の陰に隠れるように寄り添い、か弱い印象だったのでメスだろうとつけたのだが、ある日「雄叫び」~でオスだと判明し、大笑いとなったのだった(^○^)(^○^)(^○^)これも、楽しい思い出だ。メスとカップルになってからは、しっかりとして、美味しいエ...ありがとうメノウ!

  • メダカ

    今年は沢山殖えたメダカ達。何処だ?(円内)親はこっち。岡山天然メダカと、楊貴妃のミックス、池で掬ったクロメダカ、普通のヒメダカなどがいる。稚魚は現在100匹ほど。特に、クロメダカが入っている稚魚の生育が良くて、それに比べるとヒメダカの稚魚がひ弱に見えて仕方がない。気温が急に下がったので、ヒメダカの稚魚の大き目を選んで入れた食パンケースを夜は部屋に取り込み、一日ちゃんと5食やれるようにしてみている。ここ数日で9割がた産卵しなくなった。色が淋しいので途中から入れた楊貴妃の卵がなんとか孵って欲しいが…………。メダカ

  • 長老 メノウ

    我が家で最長老の記録を保持するヒメウズラオスのメノウ7才と2ヶ月。この夏の暑さも何のその。どちらかと言うと、冷房が寒くないかと気を付ける。メノウのケージ。本人はいつもの定位置(画像ピンクの円内)。巣材を換えてやったので、ほぼ一日この位置で砂浴びならぬ、巣材浴び。そのあと、横にびよーんと伸びてまったりとくつろぐのを繰り返す。とても気持ち良さそうだ。指を近付けると、興味津々で寄ってくるのは、ミールワームもここから時々やってるからかな。なぜかこのところ、自分で抜いたのか、勝手に抜けたのか、羽が沢山減って、全体的に色が薄くなった。まぁ、今暑いので、いいかな。(*´∀`)♪長老メノウ

  • へぇ~ 売り切れるんだ

    もうかれこれ、購入のチャンスを逃すこと3週間あまり、やっと郵便局に立ち寄れて、「暑中見舞いハガキ下さ~い」って言ったら、郵「申し訳ございませんが、既に売り切れてしまいまして」「じゃあ、近場でどっか手に入らないですかねぇ」郵「はいぃ……既に近隣の郵便局も同様に今年は売り切れとなっているという事で……」まさか、売り切れになるなんて思いもよらず。ヤッパリ、7月の時点で買っておけば良かったなぁ~~しかし、売り切れる事があるのねぇ~( ̄O ̄)知らんかった……グスン((T-T)へぇ~売り切れるんだ

  • メダカの産卵床

    このコロナ禍も手伝って、ブームが続いているので、ご存知の方も多いでしょうが、我が家もメダカの産卵床を入れてからとても楽にメダカを殖やせているので、オーソドックスな所を2種類ご紹介。1つ目は、100均セリアの商品を使用。メダカ産卵床10枚入り(右)うきわ12個入り(左)使用方法は袋にも書かれていて便利。ピンクの線のようにカットして、ロール状に丸め、うきわに入れるだけ。2つ目は、家にあったチュール素材のはぎれを利用。20cm四方位の大きさに切り、中央部を持って、輪ゴムでしばり、縦に切れ目を入れる。輪ゴムに針金を引っかけ、水槽に入れた際、丁度良い位置で留まってくれるよう、反対側の端は水槽のふちに引っかける。使用例100均のは、こんな感じ。チュールは、水から出すと、ぺしゃんこ。卵を産みつけてから、時間が経ちすぎて、他の...メダカの産卵床

  • メダカはどうなった?

    かなり前にUPしたメダカ。一匹になり、越冬し、今年はヒメダカを買い足し、掬ってきた池の天然?メダカも加わった。そして今年は調べて、初めて産卵床なるものを入れてみて、沢山卵が採れるように……。推定100個の卵と稚魚で連日の孵化に大にぎわい!!!ヽ(*´▽)ノ♪腕が悪くて稚魚が分かりづらいけれど、沢山!始めの方に生まれた子と最近生まれた子は2ヶ月ほど違い、大きさにかなり差があるので、パンケースなどを使った水槽に大きさ別に分けている。①卵と生後僅かなベビー、針子②少し成長して上手く泳ぎ回っているサイズ③更に少し大きくなり、針子なら咥えてしまうのではないかと思う位のサイズ④親の半分には少し小さいサイズ。⑤一寸実験中の計5ケース産卵床から取った卵は、メダカの専用砂利を敷いた底で、静かに誕生の時を待っているのかと思って、拡...メダカはどうなった?

  • …………ローリー

    前日の夜まで一緒に遊んでいたし、午前中も元気だったローリーが……逝ってしまった…………2018年6月生まれ享年4種卵は愛知県から取り寄せ、東京都北千住の小鳥店鳥信トリノブさんで孵化させてもらった。持ち込んだ内のたった一つだけ孵ったのがこのローリーだった。迎えて数日後数日で翼の先に親羽が……少しずつ体の羽も生え替わり、この頃になると、食パンケースの家の蓋を開けるや否や、飛び出してしまうヤンチャぶり。こっちはヒヤヒヤ。1ヶ月。頭以外はかなり生え揃う。頭は中央部から生え始め、一時期はモヒカン状態に。可愛らしい姿にモヒカンで笑ってしまう。完成!若鳥の頃は所々に茶色い羽が見られた。メダカの水槽や、テレビに近付いて鑑賞したり、こたつには、布団の隙間から勝手に入って、楽しむ面白い子だったな。梅雨が明けていきなり暑くなった。...…………ローリー

  • 梅雨時を過ごすウズラ達

    と言っても、変わった事は特に無し。コリンウズラメスのローリー、大先輩ヒメウズラオスのメノウを気にしながらも……刻みキャベツを、パクパク。メノウもエサ入れに沢山入っているのに、だんだん接近(^w^)柵越しでないメノウもパチリ。今日はミールワームも沢山食べた。寄ってきた!(*^^*)梅雨時を過ごすウズラ達

  • 野島にマテ貝採り

    横浜市の野島までまたまた潮干狩り。見出しは、管理棟前の花壇。この公園を守る方々の丹精で、こうした四季の花壇が海の公園周辺には幾つもある。今回も大潮で潮が良くひき、ある程度沖合いまで砂地ができた。干潮時刻の1時間前には現地に着きたいが、渋滞を考えて早目に出たのにもう15分前……(T.T)行ったことのない、岸から離れた砂地で、マテ貝が集まっているところをアチコチ探し回る。アサリの場合は干潮時刻の前後2時間、計4時間狩れるが、マテ貝は、砂地を道具で削って、出てきた穴に塩を振りかけ、ヒョッコリ頭を出したところを抜き取るので、海水が穴を覆ってしまわない状態がベスト。タイムリミットは更に短く約2時間ほど。あまりのんびりはしていられない。今回は1時間40分で、大小色々だけれど105匹をゲットd(^-^)大きいマテ貝になればな...野島にマテ貝採り

  • アメリカザリガニ

    少し前に、今年もザリガニを釣って来た。まだ水温が低くて、大きいのは釣れなかったが、元気な2匹をゲット。ウズラの砂浴び用に浜辺で拾って来た砂を水槽の底に敷いて、割れた素焼き鉢を配置。水草と、落ち葉、簡単なろ過器を入れて出来上がり。水草を食べる一寸小さめの一匹前の晩に脱皮した皮が植木鉢の陰に……。捨てずに置いておけば、全てザリガニ自身が食べて栄養とする。これも、二日後くらいには無くなっていた。もう一匹の少し大きい方は、別の鉢の下に……おまけで連れて帰った筋エビも数匹。体が透明で綺麗だ。こちらは、別の水槽の先輩ザリガニ。水温が上がり、活発。アメリカザリガニ

  • MM21 通過の図

    久々MM地区を走行。車窓からパチリッ!MM21通過の図

  • マイペースな メノウ

    ヒメウズラオスメノウ我が家で最も長生きしているヒメウズラ。眼光炯々……?かと思えば、隅っこで休んでるし、食欲は衰え知らず。食べる、食べる。カメラに気付いて寄ってきて羽繕いは入念に……。そうこうしてると、ロ「先輩、お元気ですか?」と、ローリーがやって来るが、気が向かないと、寄っては来ない(^w^)(^w^)マイペースなメノウ

  • いつも通り

    子供が増えたとか、羽が生え替わったとか、ニュースは何も無し。いつも通り平和なコリンウズラのローリー。放鳥中しばらく食べたら、寝てる。人の動きで目を覚まし、今度は自分が落としたエサを拾って食べてる。「えらいっ!」寄り添ってきて、また寝てる。真上から……。近いよ~(*^^*)食べながら、隣のお爺さんも気になるらしい……。いつも通り

  • 天ぷら

    天ぷらをお題にと言う事なので書いてみます。天ぷらは、好物の一つで、サツマイモ、ハス、エビが上位。そう言えば、コロナの前はほぼ毎週、蕎麦屋、天丼店、天婦羅店と、どこかの店で天ぷらの料理を食べていた気がする。昔、実家でもよく天ぷらの日があった。台所で全て揚げて食卓に持っていく時と、持運びできるIHヒーターを購入してからは、食卓で好きなものを自分で揚げながら食べていたっけ。不思議だったのは、エビと玉ねぎだけ、なぜかパン粉を付けていわゆるフライだったこと。もうかなり成長してから気付いて、母にこれだけなんでうちはフライなのかと聞いた覚えがある。「ああ、そうねぇ。」という答え。初めからそうしているからという、なんともふんわりした返事だった記憶が……。他にインゲンや大葉なども美味しかったなぁ~。懐かしい母の味だ。あの頃は、当...天ぷら

  • マテ貝

    潮干狩り=マテ貝ここ数年、潮干狩りと言えばマテ貝採りになってしまった、横浜市の野島公園。隣の海の公園共々、アサリは不漁。赤エイの発生とか、台風の大波に浜へ大量に打ち上げられて死んだとか、他の肉食貝に殺られたとか、色んな情報が……。だけど、そんな事何万年も前から命を繋げてきた彼らには、想定内じゃないのかな?海水に手を漬けて砂地をガサガサと探れば、自動的に沢山のアサリが手の中に入ってきたあの日々が嘘のようだ。もう、子貝すらいない。アサリたち、何があった?どこへ行った?これもまた、人災か?1人2キロまで。2cm以下の貝は採らない。15cm以上のジョレンは使わない。これすらも守れないのか?一人一人が、少しずつ我慢をし、決まりを守って、自然発生の貝たちを守ってきたというのに。本当に嘆かわしい……。よっぽど沖へ行って潜水し...マテ貝

  • メダカのレストラン

    メダカ以前頂いたものから生まれた子が一匹だけ残って冬を越した。出来ればその子から稚魚を殖やしたいので、2週間ほど前に少し追加。その前の週に、ザリガニ釣りに行って掬ってきた野生のメダカも同居中(*´∀`)♪追加したばかりの2週間前は皆一様に痩せていて、何だか頼りなげな感じだったけれど、朝晩せっせとエサをやるうち、体もしっかりプリプリと、張りも出て来た。特にメスはお腹が張って、毎朝産卵の様子。楽しみになってきた!そして、その頼もしい味方が、この白いフロート。自作でイビツだが、発泡スチロールの食品トレーをくり抜いて水に浮かべ、エサはその中に撒く……。初めはもたつくが、皆すぐに慣れて争奪戦に!さしずめ、メダカのレストランといったところか。浮くタイプのエサは、撒くとすぐに広がってしまい、エサ食いの効率が良くないので、一所...メダカのレストラン

  • 久々 ローリー

    放鳥中(^o^)カメラを向けると、前まで来てポーズ(^w^)そして、ご飯もモリモリ(*^▽^*)暖かくなってきたけれど、小鳥用のむきエサと、ウズラのエサは現在、8:2。春キャベツのみじん切りと、甲イカの骨の粉も少々。卵は産まなくても良いから、長生きして欲しいヽ(*´▽)ノ♪久々ローリー

  • アメリカザリガニのその後

    同居は上手く行ってるようだと前回書いたけれど、小さいほうが、襲われたらしく、死なせてしまった。ショック!!!気が付いた時には2つとも大きいハサミが無くて、頭部と胴体の隙間から身がはみ出ており、動いてはいるが元気もなく、無惨な姿だった。脱皮の最中に襲われたのか?凄く上手く行っていた……………………と見ていただけに、小さい方には申し訳なく……。可愛そうなことをしたと、反省!!!残った方は、このところ、ミナミヌマエビ達の動きが活発になって来て、体を綺麗にしてもらったのか、真冬に着いていた苔もなくなりツヤツヤに。この角度だと一寸伊勢海老に……見えない見えない(;^_^A頭に乗っているのがミナミヌマエビ。これで大人サイズ。残った餌も食べてくれて、有難い存在。ソロソロ卵を持った個体も見受けられて、また今年も沢山殖えそうだ!アメリカザリガニのその後

  • 気になる存在

    コリンウズラメスのローリー。放鳥すると、何度もメノウのケージを覗きに行く。ロ「こんにちは」一緒にケージに入れると、逃げ回って大騒ぎの長老メノウも、金網を挟んでなら何度か寄ってくることも……。ウズラ同士何か話しているのかな?時々、新聞紙の上の刻んだキャベツを、思い出したようについばみに戻ってくるローリー。メノウと、仲良くなれると良いね気になる存在

  • まだ、こたつ (^o^;)

    まだ肌寒い日もあって、こたつを楽しむローリーの姿は健在(*^▽^*)あれ?いないなと思ったら、人とこたつ掛けの一寸した隙間からさっと忍び込んで……もう、定位置でくつろぎ始めてる。こっそり覗くと、もう完全に横になって、足まで投げ出してる様子は、いつも微笑ましい。でも、写真を撮ろうとすると、直ぐに気付いて、体勢を戻してしまうのが、残念f(^_^;暑くなったのか、今度は少し端に移動してる。こっちは、蹴らないように注意!(^w^)(^w^)(^w^)まだ、こたつ(^o^;)

  • 久々ローリー

    暫くぶりだけど、元気なコリンウズラメスのローリー以前海岸で採ってきたイカの骨を削ったものと、キャベツのみじん切りをいつものエサに混ぜてやる。しばらくおとなしく食べて……うーん美味しい美味しい……と、何故かここで砂浴びの仕草が入る。また、しばらく食べては、バタバタ……バタバタ……これは、前に飼っていたコリンウズラも、食べながら砂浴びのポーズをやっていた。この種の特徴なのかな?終ったらしい……。カメラに気付いて寄って来た!ヒメウズラ最長老オスのメノウも元気。ミールワームを食べたあと、さっきまで声高らかに雄叫びしてたかと思うと、今度はおねむらしい。気楽な暮らしが、長寿の秘訣かな?ローリーと同じ、イカの骨に、キャベツのみじん切りも入れといたから、起きたらお食べよ(^o^)/久々ローリー

  • また こたつ (^o^;)

    こたつでくつろぐローリー真ん中の特等席で暖まったあとは、端へ避難して口ではあーはあー場所によって温度の違いを把握して、ちゃんと使いこなしてるね(^w^)(^w^)またこたつ(^o^;)

  • またまた こたつ!

    こたつ画像ばかりになるけれど、放鳥中、「あれ?いないな」と思ってこたつの中を覗くと、すっかり好きな位置で寛いでいるローリーの姿が何とものどかで、ついつい写真を撮ってしまう。まず一回目。ヒーターの真下辺りで直ぐに暑くなって、口で息をし始めたので、誘い出す。ここから、二回目。今度は少し端で寝転んでいるので、なかなか出てこない(^o^;)気分が乗ってきたのか、砂浴びの仕草を繰り返す(*^▽^*)気持ち良さそう~出てきた!(^w^)(^w^)まったく、こたつを使いこなすウズラだね(*´∀`)♪またまたこたつ!

  • メノウ 元気だぜ!

    記録を見ると、姫ウズラオスのメノウは2014年6月生まれ。今年7歳!我が家で過去最高のご長寿ぅ~(*^▽^*)ヤンヤヤンヤヽ(*´▽)ノ♪メ「そんな事、今頃気付いたの?」何故か寄ってきて人の爪をつついたかと思えば、急に奥の定位置に逃げ帰ってこっちを見てる。寒くなりかけの頃に若干動作が鈍くなったようだったけれど、寒さに馴れたのか最近は食欲もあるし、ミールワームもパクパク。春先の気温の変化に体調を崩さないよう気を付けてやりたい。メノウ元気だぜ!

  • こたつのローリー (^.^)

    隙間を見付けて勝手に入って来るコリンウズラメスのローリー。時々覗くと、口で息してる。暖まったらしい。そろそろ出るようだ。最近、爪が伸びぎみなので、必ず砂場に……。その辺で散策して……。人の側で、また寝てる(^w^)(^w^)以上、ローリーでしたd(^-^)こたつのローリー(^.^)

  • アメリカザリガニはどうなった?

    夏に釣ってきたアメリカザリガニ2匹。加温もしていないけれど、家の60cmの水槽で元気に越冬中(^.^)はじめは良く喧嘩していたけれど、もうすれ違っても喧嘩にまでは至らない、平和な毎日……。同居のミナミヌマエビに体を綺麗にしてもらったり……。(右腕に一匹乗ってお掃除中)エサを毎日やっていれば、魚や、エビなど襲って食べている様子は見かけないし、すごく減ったという印象もない。同居は上手く行っているようだ。アメリカザリガニはどうなった?

  • メノウもこたつで……

    ケージの掃除も終わり、こたつで暖まったら、30分ほど砂浴びの要領で巣材浴びしてた姫ウズラオスのメノウ。背景の赤いのは、ケージを少しこたつに突っ込んでいるから。寄ってきたっ!近いよーメノウー(^o^)ご飯を食べて。一寸まったり。たまには、後ろ姿も……。頭の羽がツクツク生えてきてる。砂場は新しい砂に変えたけれど、メノウはやはり浴びてはくれない。(T-T)でも、爪の伸びすぎ防止にはなるので、掃除の時に毎回入れる。そして、放鳥中のローリーが時々様子を見にやって来る。ロ「こんにちはー!」やっぱり、気になるんだね~(^w^)(^w^)メノウもこたつで……

  • 寝てばっかり (^w^)

    コリンウズラのローリー床が暖かいと、色んなところで、寝てる。大人しいなと思ったら、寝てる。(後ろ姿)場所を変えて、また、寝ようとしてるな?(^w^)(^w^)(^w^)寝てばっかり(^w^)

  • 珍しく

    ヒメウズラオスのメノウ。ケージを消毒して、新しい巣材を敷いてやる。……とその前に、本人は放鳥中のコリンウズラローリー宅へ一時避難。水入れ等を洗って戻って来ると……あれっ!?ローリーがまたまた人ん家で寛ぎモード(*_*;(*_*;「ローリー!また人ん家入って!」ロ「何か言った?」まぁ、しょうが無いか。ローリー宅は蓋を閉めてるから……。掃除も終わって鳥達を入れ替えると、珍しくメノウが巣材で砂遊び(^w^)(^w^)やってるやってる(^w^)ご飯も沢山食べてるし、寒くなり始めの頃より寒さにも慣れて安定してるかな。ローリーは、巣に帰る訳でもなく、メノウが気になって周りをウロウロ……。暫くして気が済んだら、自分から自宅へ帰っていく、手間のかからないローリーだ。珍しく

  • タイ料理

    久々のタイ料理。メニューも簡素化され、必ず食べるもち米や、生春巻は無くなっていた。昼過ぎで盛況だけど、席は離れているし、色々コロナ対策はバッチリ。いつも窓側が多いけれど、今回は広い4人掛けに2人利用。我々の席の壁には、亡き後も国民の敬愛を集めるプーミポンアドゥンヤデート前タイ国王夫妻の肖像画。その下には、ぞうさんの身体の作りが良く表現されたレリーフタイの雰囲気~~ここは、タイ国大使館の催しに料理を提供する、政府公認店とか。スタッフも皆向こうの方らしく、愛想良く、サービスも悪くない。コロナが落ち着いたらゆっくり夜に行こうかな。タイ料理

  • 自粛と初詣

    明けましておめでとうございますいつも、拙いブログにお付き合い下さり、有難うございます。今年も楽しく続けていければと思いますので、宜しくお願い致します。気持ち良い青空。少しは空いてきたかなと初詣に………いつもの神社、混雑を避けて裏口から入る。境内に上がるも、本殿に並んでいる人は僅か数人。例年の、長蛇の列が嘘のよう。ここは、ちゃんと自粛、分散詣りだった。新年と言えば、2日3日の箱根駅伝。今年は自粛要請で、毎年沿道で応援する我が家もテレビ観戦!しかし、関係者も現場での応援を控えたというのに、結構沿道で応援する人の姿が映ってたなぁ~むぅー(´-ω-`)自粛と初詣

  • 元気なメノウ

    高齢になり、とにかく冷えが恐いので、見た目は悪いが床や側面を厚目に覆ってあるヒメウズラメノウのケージ。放鳥中コリンウズラのローリーは、気になるのか何度も覗き込む。周りもウロウロ……。まだ寒くない時期に囲いを外して周りが見えるようにしてやったら、カメラにも自分から寄ってくるようにっていたのが、またソワソワ落ち着かなくなってしまった。でも、カメラを近付けなければ落ち着いて、食欲も旺盛。モリモリ食べる(^w^)今日はもう、おネムだねお休み~メノウ(^.^)(^.^)//元気なメノウ

  • ローリー 砂浴び

    今日は砂場のふたを開けてあったので、放鳥中自分から入っていて、しばらく気付かずそこらじゅう砂だらけ…………f(^o^;しばらく、大人しく羽繕いしてるなーと安心してたら、うわっっっ!バッサバサやってる!(*_*;慌ててふたを閉め見守ることしばし。どうやら終わったようだ。綺麗になりましたかローリーさん?ロ「うん。もう出る」はい。お疲れ様~(^-^ゞローリー砂浴び

  • 羽繕い ローリー

    今日は、さっきまで猛烈に砂浴びしてたので、羽繕いも一段と入念(^w^)ローリー尾羽は?コリンウズラは尾羽があるのにこのところ、ないっ!!なぁに?(^^)羽繕いローリー

  • CMくるかな?

    コリンウズラメスのローリー。以前も、人のドリンク(ソーダ割りのアルコール、お茶、コーヒー等)を何度か失敬しては、「ウヘッマズッ」と分かりやすいリアクションだったのが、なんと!ビールだけは、「プハァー😆😆😆」と、何口も行く行くー(^w^)(^w^)(^w^)CMくるかな?

  • みんな元気 (^o^)v

    寒いかと思えば、汗ばむ陽気。天気予報を見ながら、ウズラのケージも調節。しかし、暖かな陽射しに感謝しなければ。既にウズラも床材は厚手。何でも良いから、新聞紙の下に段ボールや、宅配便のプチプチエアパッキンなどを敷いてやる。お腹を床につけて寝るので冷え対策。壁や天井が開いてるケージには、ビニールや布で覆ってやる。複数いれば温めあって強いけれど、一羽だと冷えると危険だ。何だか良い感じのカメラ目線は、コリンウズラメスのローリー。しかし、これはおねだりの視線。好きな粉エサだけ食べてしまい、「もう無いの」ヒメウズラオスのメノウ。たまに掃除で入り口を開けていると、ローリーが乱入。彼女が好きではないはずのつぶエサを盗み食いされ、相変わらずあたふた…………(^w^)(^w^)(^w^)みんな元気(^o^)v

  • 出先で 富士山 !

    高台から富士の雄姿に気付く。もう少し早い時間に撮った雲海に浮かぶ神秘的な富士は、なんと、ピンぼけ😭😭😭リベンジしたいね。出先で富士山!

  • 抱卵のローリー

    ウズラはだいたい夜に産卵する。長い間放鳥して、部屋中縦横無尽寄ってきたり……(^w^)その後、ケースに戻したら、いつもと違う声がするので見てみると、産卵の真っ最中。先週は柔らか目の卵だったので、鶏卵の煮沸した殻を砕いたものを入れてやっているのが効いているのか解らないが、しっかりとして来た。↑ローリーの胸の下に白い卵が……。しばらく休憩していたが、何度となく場所や向きを変えても、その都度しっかりくちばしで卵を腹の下に抱え込んで座っている姿が確認できた。ローリーは、残念ながらペアでないので、温めても卵は孵らないのだが、ペアにしてやれば孵卵器に頼らずとも卵を孵して、自育してくれるかもしれない。抱卵のローリー

  • メノウの変化

    ヒメウズラオスのメノウケージの回りの囲いを一部外して、外が見えるようにしたら、以前よりカメラを恐がらなくなった。なので、以前よりずっと、自然な感じに撮れるし、自分から寄って来て(^w^)可愛い表情が撮れるように……。以前、並ウズラが雛の時にも、外が見えるのと見えないのとでは慣れ方に差が出るように感じたことがあった。これからの時期、防寒でケージを覆う事が多くなるけれど、一日の内の数時間でも、外が見える生活をさせてやることで、こちらの動きに慣れさせ易くなるように思った。メノウの変化

  • ザリガニの様子

    先日釣って持ちかえったザリ子が無事脱皮した。綺麗に抜けたぬけ殻。と、1.3倍になった本人。横のオレンジの固まりは、隠れ家の割れた素焼き鉢。ぬけ殻は、本人が食べるので捨てない。エアレーションも入れていないので、自分で息の調整ができるように水は背丈ほどしか入れていない。汚れていなければ、水は2日に一回替える。まず、ザリ子と同居人達を他の容器に一時避難させ、アカヒレか、メダカの水槽にカルキを抜いた水を一杯まで入れ、水を捨てたザリ子の水槽に、そこから供給する。ザリ子と、他の水槽にも沢山いるミナミヌマエビ3匹と、スネール3匹も同居中。まだ食われてはいないf(^^;雑食なので、専用エサの他に、水草や、ベランダの草木の枯れ葉や花がら、出汁ジャコなんかも入れておくと、朝には減っている。冬は越せるかな?ザリガニの様子

  • ザリガニ釣り 再び

    もう水温が落ちてきてるので期待できないが、再度前回の横浜市本牧市民公園に行って来た。今回はザリガニの釣り人が多数。前回と同じポイントを諦めて、更に奥へ…。中国江南様式の庭園上海横浜友好園現在修復工事中で、完成後は散策ができる他、中国茶を楽しむ講習会なども計画されているとか。更に奥にも、前回UPしたのとは別の崖がそびえ立ち、その前にカルガモの家族(右下)がゆったりとくつろぐ広々とした睡蓮池が。今回は更に厳しい釣果で、ザリガニ釣りにはもう時期が遅いと思っていたが、更に一週間後、この公園内の稲刈りやトンボ採り行事に合わせてザリガニも釣るらしい…。子供の遊びと侮るなかれ、ザリガニ釣りは、奥が深い……………。😕😕😕ザリガニ釣り再び

  • ザリガニ釣り

    少し涼しくなって来たので、横浜市の本牧市民公園に行って来た(^^)v久々のザリガニ釣り!ここは水深は浅いのだが、柵越しなので、釣り上げた際差し出す網の柄が短いとなかなか難しい……。広くて綺麗な睡蓮池。正面には、こんな巨大な地層むき出しの崖が……。画像では分かりづらいけれど、物凄い迫力!!そして、秋晴れの空に映えて、とても美しい!ここは昔、海岸線で今釣っているところは海だった。隣の有名な日本庭園三溪園(サンケイエン)からも直接潮干狩り行けたらしい。そこを、買い取って10万平米以上の公園に整備されたお陰で、こうして半日無料でのんびりと自然を満喫できると言う訳だ。釣果は、3時間少しで7匹と苦戦するも、ザリガニ達との攻防はなかなか奥が深く、しかも、このコロナ禍に密を避け、休日を楽しめた。1~2週間のうちにまた行けるとい...ザリガニ釣り

  • 体調不良 ローリー

    8月上旬頃から時折食が落ちる日があったコリンウズラローリー。下旬には殆ど水しか飲まない状態に。いつも飛びついてきて、歓声を上げながら食べる大好物のミールワームも、細かくしたものを一口……。そんな日が2週間。いつもなら、ピヨピヨポイポイプープーと、楽しげな独り言を話しながら過ごしているが、一言も聞かれなくなったり、うずくまってじっと目を閉じている時間がつづくなど、明らかに心配な症状の日も……。換羽にしては、羽が抜けてこない。放鳥時何か飲み込んだかと案ずるばかり……。気温が下がった日は、少し元気になって、キャベツなど葉物のみじん切り、きな粉を水で溶いたもの等を色々やってみたら、良く水気を絞った豆腐を数口ずつ口にするようになった。今ではすっかり良くなり、以前と同じ生活ぶりに\(^o^)/ウズラのケージは30度を越える...体調不良ローリー

  • アカニシガイ

    と言っても、今年採ったものでなく丁度一年前に海岸で拾ったもの。確りとして厚みのあるそして、いりぐちの所がとても綺麗な朱色の貝殻が珍しく沢山落ちていたので、持って帰ってきた。後で調べて、名前と、そしてサザエと偽って売られていたこともあるくらい美味しいことを知った。どうしても、奥に残った内臓のせいか、匂いが気になるので、一年間水に浸けてようやく仕上がった(^.^)大きさは、縦が7cm前後。各々アサリのように模様が異なり楽しい。(^w^)(^w^)しかし、これは濡れている間のみで、乾くと、浦島太郎に…………(涙)😩😩😩アカニシガイ

  • 人ん家で盗み食い

    ローリーヒメウズラのケージを掃除している間、周りをグルグルグルグル………平和なやもめ暮らしのお爺さんヒメウズラメノウローリーが、何度かケージに乗ったので、引きずり降ろしていたが、隙を見て中にダイブ!(´Д`|||)メノウはオスなので、餌入れに入っているのはローリーがあまり好きではないむき餌が殆どにもかかわらず、またもや、人ん家の飯を盗み食い~(>_<)もうパニックで、アタフタなお爺さんを尻目にドヤ顔のローリー。ローリーは温厚で仲良くしたいのだが、独りが長くなったせいか、メノウはいつまでたっても馴染めない。「ローリー、恐いって。早く出といで」ローリーにとっては、やや小さめの入り口から、器用に飛び上がりやっと出てきた。メ「あぁ恐かった~(´д`|||)」人ん家で盗み食い

  • ついてくる ローリー

    コリンウズラメスローリー。放鳥中は、人のすることが気になるのか、移動する度についてくる。ここにも、ここにも、振り向くと、いる。時々こっちがびっくりすることも。人の顔を必ず見る(^.^)また来た(^^)いつも、前ではなく、音もなく背後にいるので、踏まないように注意!近いよ~ローリー(^w^)(^w^)ついてくるローリー

  • 野島へ潮干狩り

    密を避け、野島公園へ潮干狩り。うわさ通り、隣の横浜海の公園同様アサリは不漁!!前回試し狩りで見当をつけた砂地(引き潮にポッカリと顔を出したこの漁場も貸切状態)で、ひたすら狩ること2時間。成果は…マテ貝(型よしっ!)93本アサリ5つ。アサリ厳しっ!(ToT)砂抜き、塩抜きした貝達は次の日、マテ貝はブラックペッパーとバジルのソテー。これ、しばらくはもちそう。アサリは、すまし汁の具にして、有り難く頂いた。ご馳走さまでした(^人^)(^人^)野島へ潮干狩り

  • 森の妖精 ?

    快晴時々ビカビカァーと雷雨??気圧が不安定~(´Д`|||)ブナの木の足元……こっちは少し大きめ(゜o゜)倒れているのは、直径8~9cmか(^w^)セミ穴?急な豪雨も、キノコを見つけて楽しい散策。でもびちょびちょ。10分で退散~~f(^_^;森の妖精?

  • 一年ぶりのおかげ庵

    かれこれ一年ぶりに、横浜市青葉区の甘味喫茶おかげ庵で一休み。その間に、猛暑や台風など、激しい気候変動もあり、外観もややお疲れモード。待つようなら諦めようと思っていたが、あっさり席に案内された。そう言えば、オープンから来ているこの店舗。当時を振り返りつつ改めて店内を見回すと、そこかしこに年期も入って来た感あり。いやいや、結構結構。続いているのは人気な証拠。さて早速、前回気に入ったデザート2種を選べるセットを注文。特に暑い時期、どこに行ってもクーラーが効いた上に冷たいものが多い中、温かいぜんざいと、おともの梅干しが有難い。う~ん、久しぶりで美味しかった!ご馳走さまでしたー!長居せず直ぐ店をあとに……。久々のおかげ庵。良い気分転換になりましたー\(^o^)/\(^o^)/🌷一年ぶりのおかげ庵

  • 砂浴び

    すっかり板についたローリーの砂浴び。ウズラ達は、水浴びではなくて砂浴びをする。しかし、このローリーは、巣材や時に何もない絨毯の上でやっていた。なんとか砂場でやってほしいので、根気よく砂場に入れていたら、半年以上かかってやっとできるようになった。砂場ではその他に爪の掃除や、爪の自然な研磨ができて、のびすぎを防げる。また、砂を食べてエサの消化にも役立つ。うーん、やってるやってる(^w^)尾羽側から……すぐにオーバーヒートして、口ではぁーはぁー。(^.^)かたや、ヒメウズラのメノウは、全くといって良いほど、浴びてくれない。いきなり浴びだして、砂を飛ばす危険がないので、ふたを開けたままでも安全~(^^)砂浴び

  • 暑くなって絶好調

    暖かい所出身のヒメウズラオスのメノウ。気温が上がってますます活発に…。エサも良く食べている。巣の掃除の間、放鳥中で留守のコリンウズラローリー宅へ一時避難。いつも素早い彼も、慣れない所でややスローダウン。でも、後で見たら皆ピンぼけ!あー(´Д`|||)そして、そこの主人は……、いつもの場所で、せっせと羽繕い中~(^^)綺麗になったかな?暑くなって絶好調

  • くつろぐ~ (^.^)

    ローリー寛ぎの休日。羽繕い中、近付くとカメラ目線。うたた寝中。おっ!気付かれたf(^_^;どこでも良いわけではなく、側に、何かある方が、落ち着くようだ。近付く気配には目を開けるけれど、シャッター音には慣れてるね(^w^)(^w^)くつろぐ~(^.^)

  • ローリー 卵!

    このところ数日おきに産卵中の、コリンウズラローリー(^^)/今回は砂場で……。やはり、釣りの重りのような形状は変わらないが、これも3.5cmと立派なサイズ!(^^)エサは、ウズラ用粉エサと、小鳥用むきエサを半分ずつ。ローリーも、毎日産まなくて良いので、長生きしてほしい。ローリー卵!

  • バナナ占い

    バナナを手でむいて食べるとき密かにやってる「バナナ占い」🍌🍌がある。普通に皮をむいて食べて行き、最後皮から一番下の部分を外した時の軸!この軸が長ければ良いことがあるというもの。茶柱がたったみたいな密かな楽しみ。だから、何のリアクションもしないし、その結果を楽しみに食べるわけでもないけれど、長ければ何となくその一瞬が嬉しいから最後の一口は慎重に噛る😌😌軸とはこれ。昔はろうそくの芯と呼んでたかな?今回は大当たり!\(^o^)/そういえば、まだ幼い頃、我が家ではバナナは皮をむき、一口大にカットされ、お皿に乗って出てきたものだった。ある日、近所の家に友達数人と行って遊んでいたら、バナナが一本ずつ配られた。皆立ったままいきなり食べ始め、いつもとかなり勝手の違...バナナ占い

  • ローリー 食う

    コリンウズラローリー「食う」「食う」人の家の留守でも…人がいても「食う」乗っ取られたヒメウズラのメノウは、砂場に避難「フー(´Д`|||)」ローリー、今度はこたつでくつろぐ……もう自由気まま(>_<)メノウはやっと一息。老体にバタバタがこたえたのか、しばし休憩中~。エサ入れは少し深くて以前から食べにくそうだったので、キャンドルホルダーに変えてみた。好評のようだ(*´-`)ローリー食う

  • ローリー 卵!

    コリンウズラローリーが今年も卵を産み始めた。もういきなりこんなに大きいサイズ。今年初だったからか、一寸難産。いきむ度ピッピッ言うので、産卵に気づいた。産み終えて、一休み(*´-`)「お疲れさまローリー」(^^)ローリー卵!

  • ローリーのなぞ

    コリンウズラローリーなぜかご飯を少しついばんでは砂浴びのしぐさを繰り返す。毎回「謎」エサを食べながらの…羽づくろいで…ウーン、やりたくなって来たかな…砂浴び(^w^)(^w^)砂場に入れても、砂浴びしないので、砂場に入れてからそこでエサをやる作戦で、何とか二回ほどできたけど、もうおしまい(´Д`|||)エサでつるも知らんぷり。こちらがあきらめる。むー。ローリーさん、砂浴びして欲しいなー(^人^)(^人^)ローリーのなぞ

  • ヒメウズラ メノウ

    今日はメノウ特集\(^o^)/この6月で6才になる、我が家で過去最も長生きのウズラ先ずは、砂場で体をきれいに。と言っても、彼はカラスの行水😁次にご飯。食欲あり!今日は寄ってもあまり怖がらないね。カメラ目線(^w^)気温が上がって来たとは言え、春と秋の季節の変わり目の温度差に弱いので、ケージの囲い、床の新聞紙の下の段ボールは、まだ冬と同じ設え。これも、ウズラは止まり木に止まらない鳥なので、休むときは床にお腹をつける場合が多く、その冷え対策。さらに、オスは喜ばないのもいるが、この子は使ってくれるので、何かの商品の空箱を利用した巣箱も入れてやって、防寒に役立っているようだ。市販の巣箱でなくても、これなら汚れたら直ぐに取り替えてやれて便利!(^^)いつものように、盗撮(^w^)背中からのアップ。水飲む姿...ヒメウズラメノウ

  • 産卵開始 (^^)

    並ウズラルビー、今年初めての卵!うおー小さい。1.8cmほどか。ここから次第に育って行くんだなぁ~(^.^)楽しみ楽しみ("⌒∇⌒")これを見て、ルビーだけエサをアワなど小鳥の剥き餌8割から、剥き餌5:ウズラエサ5に変更。猛烈に食べるルビー。春だね~~産卵開始(^^)

  • 並ウズラ この冬のマイブームは…

    並ウズラのルビー、放鳥の様子。ふたを開けると飛び出して、まず砂場で砂を食べる。しばらくうろうろしてから、こたつ掛けで、砂浴びの仕草。コリンウズラのローリーは、こたつの中で寛ぐが、この並ウズラのルビーは、入らないし、入れてやっても即出てくる。好みは様々(^^)次に、入念な羽ずくろい(^w^)最後は、横たわるいつものポーズ。力を抜いた足が可愛いね。埋もれると、安心するようだ。とても気持ち良さそう。この冬の彼女のブーム。しまう時期が来ると一寸寂しいかも?並ウズラこの冬のマイブームは…

  • 雪だ !

    桜が八分咲きまで来ていると言うのに、雪だ!一度も外の自然に触れたことのない我が家の鳥達に、誰もさわっていない雪を見せてやろうと取ってきた。並ウズラのルビー宅前におく。初めての雪に警戒したルビーは、しばらく見ていたが触らない。その内、何でも興味を持つローリーが寄ってきた。雪の上の緑は、人参の葉。雪は先に数回つついて確認し、後は人参の葉を食べる。ローリーの様子を見て安心したのか、やっとルビーも寄ってきた(^w^)雪を確認中?この後溶けた雪を、ローリーは美味しそうに何度も飲んでいた。雪だ!

  • ローリー 羽ずくろい

    コリンウズラのローリー羽ずくろい中だ。尾羽の上にあるピンクの突起から脂を採って、体中の羽に塗って行く。明日はまた冷えるとの予報で、多目にワラの巣材を入れてやったら、しばらくワラ浴びしてたから、羽ずくろいも入念だね。ロ「見てた?」ローリー羽ずくろい

  • ウズラ達

    仲良く食べるルビーは食べ続ける(^-^)時々やる、ローリーの謎の行動。尾羽で邪魔したり……食べながら、砂浴びの仕草……時々カメラ目線(^w^)一人で平和なヒメウズラのメノウ。巣材の黒い粉は、コーヒーの出がらしを煎ったもの。匂いとり(^^)ウズラ達

  • キャベツ~(^^)/

    最近はキャベツを好んで食べる。美味しい美味しい(^^)d仲良く食べるコリンウズラのローリー(白)と、並ウズラのルビー。こんなに喜ばないが、ヒメウズラのメノウも後でケージの餌箱に入れてやる。その後はまったり………今度は移動してこたつへ…。これくらい顔を出してる方が、暑くなりすぎず安心みたい。時々、物音に目を開けたり、カメラが気になったり……。でも、とうとうくちばしが床に着いて、寝落ちした(^w^)(^w^)キャベツ~(^^)/

  • 嗚呼 うるうる年 (T^T)

    昨年末、近くの商業施設の抽選会で当たった金券。各店舗での利用金額に応じてスタンプがもらえ、幾つかたまったら、抽選券がもらえる例のアレ。確かこの10年、毎年結構意気込んで参加しているわりに、ここの抽選会で何か当たった試しがない。一昨年等は、二桁の回数分の抽選券を携え意気揚々と乗り込むも、「あっ!抽選会は明日から……(汗)」と勇み足したくらい。そんな経緯があり、昨年、気酔わず数回引いた抽選で、(まぁ、そんな大袈裟な事でもないが)初めて金券なるものをゲット!!きたぁーーー!!!(^^)v(^o^)v\(^^)/「有効期限がございますので…」と確かに説明されたし、確認しましたよ。2月の末だなと……。しかし、この、「有効期限は2月末だな…」がいけなかった。それから、なかなか行く機会がなくあっという間に2月末に。最終日だギ...嗚呼うるうる年(T^T)

  • みさき公園 閉園

    みさき公園と言えば、もう和歌山がすぐそこ、大阪の南の方にある。動物園と遊園地があって、長らく親子連れに親しまれて来た。なんと3月末で、63年の歴史に幕を下ろすことになったらしい。ここには只一度、30年ほど前に、会社の同期8人位と行った記憶がある。その日は雨が降ったり止んだり、お客もまばらだった。2時間は遊んだはずだが、次の2つ以外は何をしたかはあまり良く覚えていない。1つ目は、ショーの合間の我々以外に誰もいないプールでイルカに直接触れ、そのウェットスーツのような感触に驚いたことや、イルカが友好的であちらから何かを語り掛けるように接してくれ、かなり知能が高く、そしてとても愛くるしいと感じたこと。もう1つは、象舎。その運動場は、小高い所から見下ろせた。たまたま雨が止んで閉じた傘のシワに、目の前に生えていたイネ科の雑...みさき公園閉園

  • 暖かい~

    こたつ掛けに自ら埋もれる並ウズラのルビー以前は、ケージのふたを開けてやると、飛び出して来て砂場に飛び込み、気がすんだら自分からまたケージに帰って行ってたが、最近は、このこたつ掛けがお気に入りのようだ。コリンウズラのローリーは、日の当たる場所に陣取った。下のケージには、ヒメウズラのメノウが…。床も暖かいのに気づいて、今度は横になりながらの食事プラス砂浴びの仕草(^w^)(^w^)今回は、日中4時間ほどの放鳥となり、満足したようだった(^o^)v(^o^)v暖かい~

  • ウズラ思い思いに…

    久々の投稿になってしまった。皆元気に冬越し中\(^^)/まずは、コリンウズラメスのローリーから。もう慣れたもので、こたつに自ら入ると直ぐにくつろぐ。ウズラの特徴、リラックスして、段々斜めに…(^w^)寝てる寝てる(^-^)寄ってきたっ!「近いよローリー」(^.^)ローリーは、砂浴びはしない。あまり嬉しそうではないが、砂場に入れてやると、砂は食べる。次に、ヒメウズラオスのメノウと交替。気になるのか、ローリーは周りをウロウロ。写真だととても大人しそうだが、実際はちょこまかと忙しなく、ほとんどブレブレ。ローリーはまた、人のケージでエサを食べる。さして広くもないケージで、何となく微妙な距離感の大きい二羽が、しばらく過ごす。出てきた。奥が並ウズラメスのルビー。ミールワームで釣って随分手懐けられ、こたつの掛け布団と人の足と...ウズラ思い思いに…

  • 久しぶりの大相撲

    先日、久しぶりに東京両国まで大相撲を見に行ってきた。前日は神奈川でも雪が降り、こんな天気じゃあどうしようと思うほどだったが、快晴~\(^^)/1月場所は相撲カレンダーが数量限定でもらえる事もあり、お昼前には到着。2横綱が休場とは言え、逆に誰が残るのか予測つけがたい進捗も手伝ってか、場内はほぼ満席!そう、チケットは完売だけれど、空きが目立つ日もある。千代の富士時代は良くテレビ観戦していたという友人は、この日が国技館デヴュー。過去の優勝力士の紹介や、横綱の三つ揃いの化粧回しが展示された、相撲博物館を見学したり、館内をぐるっと回って着席。気になる力士を携帯電話で検索しながら、どうやらお目当てが見付かった様子……。土俵は、平幕の二人がトップで中日を折り返し、1大関と他の経験者が追う展開。若手の小兵が1.5倍の相手を転が...久しぶりの大相撲

  • 掃除完了

    元日にチラッと触れた、カメラに寄り過ぎのローリー。掃除もやや念入りにしてスッキリ(^-^)放鳥すると、こたつに入り…すぐにまったり~(^w^)しばらく楽しんだら、水も沢山。「美味しい~(^з^)-☆」カメラをローリーのケースに入れると、寄って来るが近すぎてまたまたややピンぼけに……。_(^^;)ゞでも、ふっくらと可愛いネ(*^-^*)掃除完了

  • 初詣 2020

    朝方雲が多かったが、次第に晴れて初詣日和に…小さな子達が大勢お獅子に頭をかんでもらっていた(^.^)今年こそ災害のない明るい年でありますように……。初詣2020

  • 2020年が明けた!!

    謹賀新年今年も宜しくお願いいたしますm(__)mさて、今年のトップバッターは、並ウズラメスのルビー。放鳥するとだいたい同じ場所でうずくまり、まったりしていて、連れ戻すのには、全く抵抗はない。なのに、カメラを向けるとソワソワ落ち着かなくなる。「不審なもの」という認識なのかも。カメラを見るとすぐに近づいて、逆に近すぎてピンぼけになるローリーとは正反対(^w^)(^w^)ソワソワピョーン!ウズラは、驚いたり、気に入らない事があると、かなり高くまで飛び上がる。天井に頭をぶつけて危ないし、羽がはげる原因にもなるため、ルビーの場合は天井にエアクッションを貼っている。まったり中~ルビーさん、今年はもう少し慣れて下さいよ。(^з^)-☆2020年が明けた!!

  • 並ウズラ 白龍逝く

    日中は日も当たり、一日中寒い環境ではないけれど、朝晩の冷え込みで体調を崩したか。夕方眠る様に逝った。取り寄せて、家で孵化した両親シロ太とミク。この若い両親から採った3つの卵から唯一生まれた父親そっくりの一人息子だった。生まれた当初は、他の雛と違う奇妙な動きが目立ち、上手くエサいれから自力で食べられず、付きっきりで世話も焼いたし、駄目かもしれないと心配したものだったが、丈夫に育って欲しいという願いを込めて着けた名前通り、元気にそして、一緒に生まれた兄弟の中で一番長生きだった。それでも、わずか4年。何と僅かな時間だろうか。小さい時の後遺症なのか、時に自分の背中の羽を咥えてぐるぐると回転していたし、エサに問題があったのか、途中から目が不自由にもなった。(これを教訓に栄養を考えるようになった)しかし、最後まで力強い食べ...並ウズラ白龍逝く

  • 危なかった メノウ

    昼間暖かかったのに、夕方オス達を見に行ったら、危機一髪!低体温で動けなくなっているメノウを発見。巣から急いで取り出し、両手で包み、こたつの入り口付近に入れてやる。こういう時は、急速に暑くしてはいけない。少しずつ暖めてやる。翼の下に指を入れると、特に翼の付け根辺りが恐ろしく冷たいので、指で暖める。始めの30分は更に力が無くなり、弱って行くように思えたが、更に3~40分たったろうか、少ししっかりしてきた。指に着けた水滴をくちばしに着けると、ほんの少し反応するようになり、これはいけるかもしれないと、更に30分翼の下の指を僅かずつ動かして血行を促す。根気よく続ける。指先に伝わる体温が改善、自分で足を動かすように。見ると、時々目を開けているので今度は水いれを口元に近付けると、自力でなめる。暖めては水を4~5回繰返す。体温...危なかったメノウ

  • コリンウズラ こたつを楽しむ

    またこたつの季節。コリンウズラのローリーは、放鳥中、こたつを少し開けておくと自分から入って暖まる。覗くと、たまたま入れていた毛布で横になり、もうすっかりリラックスモード(^w^)うっとり……時々、砂あびの仕草を繰り返す(^.^)口が開いて来たから、暖まったようだ。久々だからか、それでも呼ぶまでなかなかでて来ない。呼ばれて出てきた満足気なローリー。暖まって少し細くなってる。「ローリー気持ち良かった?」コリンウズラこたつを楽しむ

  • 2019/11/15

    gooblogからの10の質問に答えます。【10の質問・食べ物編】1.今一番好きな食べ物は?551蓬莱のぶたまん2.最近はじめて食べたものはありますか?あったら何か教えてください。マテ貝と、アカニシ貝3.いつか食べてみたいものは?自分が見たことも聞いたことも無いような美味しいもの4.今までで一番おいしかったものは?旅先、その産地で食べたそれぞれの特産品。5.子供のころ好きだったものは?牛乳。大根のお味噌汁。母のプリン。6.おすすめの朝ごはんは?卵かけご飯!7.おすすめのデザートは?自家製ミックスジュース(低脂肪牛乳、バナナ、キャロットの野菜ジュース、赤ワイン少々をミキサーで20秒)8.思い出深い食べ物まだ実家にいた頃、何かの記念日には決まって食卓に上っていた、近所の鮮魚店にあずけた大皿に盛れてやって来る刺身盛り...2019/11/15

  • ウズラ メス達

    活発なメス達は…並ウズラルビー砂浴びしないけど、ケージの扉を開けるや否や砂場に飛び込む。そして、この所のお気に入りは、ここ。庭への扉前での砂浴び。この絨毯の感触が良いのか、砂はないが、砂浴びの動作を繰り返し、終わってからもしばらくうずくまったまま。一時間ほど室内を散策して、ケージで産み落とされた卵を発見!(^з^)-☆ありがとうー!コリンウズラローリー覗いたらお食事中だったが、気づくと寄ってきた!さっきまで散々遊んだからおとなしいね。水を飲む姿はおとなしくて、賢そうに見えてイイね(^w^)依然、釣りのおもりのような形の卵を産むローリー(右3.4cm)。左はルビー、一寸小さめの3cm。ウズラの恵みに感謝(^-^)ウズラメス達

  • ウズラ オス達

    今日の様子はどうかな?ヒメウズラメノウカメラを近づけると警戒してソワソワするので、ケージの周囲に張り巡らせたシートの隙間から…わずかな隙間から覗いただけで、直ぐに気付いて寄ってきた!完全にバレバレ(^w^)しばらくカメラを持つ手をつついていたけれど、飽きたのかまた奥へ移動。代わり映えしないけれど、バレたので普通に撮る。並ウズラ白龍巣材で砂浴びを始めたので、砂場に入れてやる。その間にケージの掃除。今回は早目の30分ほどで終了したので、足を伸ばしてくつろぐポーズは撮れなかった。出たがったのでケージに戻す。羽ずくろいも念入り。寄りだと結構大きい(^.^)エサも食べて、この後は手前に敷いてやった新しいワラの上で眠っていた。ウズラオス達

  • 2019/11/15

    gooblogからの10の質問に答えます。【10の質問・趣味編】1.今一番はまっている趣味は?ウズラの飼育2.その趣味にはまったキッカケは?新鮮玉子が食べたいけれど、鶏は大きいなぁと思って始めたら、ウズラの賢さや可愛さにひかれた3.その趣味の魅力を教えてくださいウズラは賢くて、雛から育てればよりなつき、個性も満点!4.年間いくらくらいその趣味に費やしてる?15000円5.その趣味にまつわる一番うれしかったことは?卵から元気な雛が孵る時6.その趣味で今後やりたいことは??メスを増やすコリンウズラをペアにして、雛を自然孵化させる7.趣味を仕事にしたい?趣味のままの方が楽しいのでは?8.今まではまった趣味はいくつくらい?10個くらい9.人にお勧めしたい趣味は?ウズラの飼育と山中湖で霊峰富士に見守られながら、ドーム船で...2019/11/15

  • ホヤホヤの卵

    並ウズラルビー。何となく、もぞもぞ、ソワソワ…。あれ?っと思ったら。放鳥中に、コロリン……この子は、あまり目立たず産むタイプなのか、素っ気なく産み落とされた卵。ホヤホヤと言うだけあって、まだ母親の体温が感じられる。いつも有り難うルビーさん。後で美味しく頂きます(^人^)ホヤホヤの卵

  • 白龍 元気!

    ~ここから、新しいアプリの記事~トップバッターは、並ウズラオス白龍通称「ハク」。レンタル孵卵器で孵し、初めて飼育した並ウズラ夫婦の一人息子。今年も元気に夏を越し4歳に。すっかり親よりも長生きだ。食欲の秋という事もないが、食べる。食べる(^.^)目は不自由になってしまったが、半眼に開いた表情がまた良い。ケージの掃除で、中の設えが少し変わっても、ちゃんと探し当て、不自由なく生活できる。ちなみに、床で休む鳥なので、気温が下がり始める今ぐらいから、新聞紙の下に段ボールを敷いてやる。ウズラは餌をくちばしや、脚で良くかき散らすが、気に入った物を選んで食べている所も多分にあるようだ。味もそうだし、大きさも気に入らないと綺麗にそれだけエサ入れに残っている。幸い、一回り大きいコリンがいるので、残っているエサをそっちへ持って行くと...白龍元気!

  • 少しご無沙汰の……

    コリンウズラローリー羽繕い中~並ウズラルビーは、砂場で砂浴びせずに食べるのみ。少しご無沙汰の……ヒメウズラメノウいつもブレぎみなのは、動きが速いから。並ウズラ白龍こちらもブレブレなかなか、上手く撮らせてはくれない(;^_^A皆、食事の量も変わらずモリモリ(^o^)/ソロソロ朝晩の気温の変化に注意する季節に入ってきたかな。お腹が冷えないように、段ボールを床材の新聞紙の下に敷いてやろう。少しご無沙汰の……

  • 2つ目の卵

    コリンウズラローリー。ケージは並ウズラのルビー宅(^ω^)家主は留守中(・・;)この間の初卵騒ぎ?から、意識的にメス用エサをやって来たが、やっと2つ目を産卵。目撃情報によると、随分踏ん張って産んでたそう。普通、並ウズラと同じ形のはずが、またまた、釣りの浮きのような形(^w^)(^w^)左側がコリンウズラ、右側二つが並ウズラの卵。自力で直立中~。(ちなみに、右端はルビーの産みたて~ほやほや~(^∇^))ご苦労様、ローリー(*^▽^)/★2つ目の卵

  • 9月場所

    先行販売の抽選に当たって、しばらくぶりの国技館は、十四日目(^∇^)お昼頃到着。あの酷暑から随分としのぎやすくなったものだ。風が心地よい(^.^)今回は、腹拵えをして来たので、しばし入待ち……臥牙丸、水戸龍……、遠藤ほか……。土俵という特別な場所の力士もよいけれど、普段我々が暮らす場所にいる力士もまた、何ともかっこイイ。本物の髷に、鍛えた体躯を着物で包み、ピリッと引き締められた帯。びんつけ油の良い香り。履き物の音。その全てが、彼らの日常であり、特別な日だけ慣れない着物を着せられている殆どの日本人とは違う、その馴染んだ様が粋なのだ。そして、相撲博物館では、初代若乃花、隆の里、稀勢の里を堪能し、いざ館内へ……。房下、センターが賜杯。前回の東京場所からできた米国大統領杯は右側。賜杯に似た銀色のカップ。サイズは、賜杯よ...9月場所

  • 卵を立てる

    並ウズラルビーの卵。コンスタントに産んでくれている。3.3㎝×2.2㎝鶏卵同様、あまりツルツルしていないテーブルなら、生卵は自立する。気室(卵の太い方)を下にして、テーブルから垂直を保つよう手で支えて、2~3分ほど静かにする。中のバランスが整えば画像のようにスックと……。途中、手が滑って転がしてしまったら、また垂直にして2分ほど静止。卵の中心軸を探るよう僅かずつ、前後左右に卵のてっぺんのみ動かしては、卵を転がさないように手を離す。を繰り返すのがコツ。卵を傷をつけずに自立させる。ご興味ある方、一度お試しあれ!あれ以降、コリンウズラローリーのケージから卵は出ていない。(((・・;)1年3か月飼って、先代のメスとは体型も、鳴き声も、その他諸々違っていた。雄叫びのような鳴き声が少ないのと、メスへの興味が少ないなどやや不...卵を立てる

  • 和田長浜海岸

    台風の数日後、ウズラのエサに、コウイカの骨を期待して、和田長浜海岸を訪れる。この日は曇天。風は静かな方だが、時折の突風にあご紐を確り絞めないと、帽子を持っていかれる。9月とは言え、まだ暖かい。課外学習か、小学生のカヌー教室や、海釣り、浜辺のバーベキュー客などで賑わう。大人が何人も入れそうな人工樹脂容器猛烈な大シケの残骸がまだそこここに……岸からやや離れた岩場で静かに羽を休めるのは、生き延びた鵜達か。浜には、逃げ遅れたのか海鳥の死骸も……。しかし、イカの骨はほぼ皆無。嵐の後は浜にうち上がるけれど、軽いため強風で吹き飛ばされたか?もちろん、シーコミングでもファンの多いこの渚。多くの方々が、人知れず綺麗にして下さったのだろう。思いの外、安全に散策を楽しむことができた。感謝。わずかな戦利品。シーグラスも少々お目当てのコ...和田長浜海岸

  • えーっ!ローリーが?

    先ずは、並ウズラメスのルビー卵は順調~!3.2㎝×2.5㎝コロンとしてる。有精卵なら孵化させたい形だ。ヒメウズラオスのメノウも、並ウズラオスの白龍も、元気!さて、コリンウズラオスのローリー現在1才3か月エサ入れのそばに落ちていた……これは……何?(・・;)えーっ!ローリーが?

  • 並ウズラ のんびり

    かれこれ3時間近く、扉は開けたままのルビー。何度か出掛けて、戻って来た。よって来て、一寸砂場で砂をつっついてご帰宅。「そう言えば、今日は来ないなお隣のローリー」とのぞき込む。開けたままでも、用がないと、出掛けないルビー(^w^)(^w^)今日は、卵はお休みのようだ……。並ウズラのんびり

  • 3㎝定着か

    並ウズラのルビー、卵は、ソロソロ3㎝は定着してきたらしい。毎日の産卵は大変だから、このくらいのサイズで良いよ、ルビー(^-^)パクパクル「ん?なにー?」3㎝定着か

  • 鳥かご、におい対策第二弾!

    今年の7月は異常気象で、半分ほどが肌寒いくらいだったが、いよいよ8月に入って夏らしく高温多湿~f(^_^;予報も、「命に拘わる暑さ」となってきた。室内飼いで気になる臭い対策第二弾!鳥かご用砂「鳥かごがクサイ」を購入(^o^)/これ、要するに鳥かご用乾燥剤のシリカゲル。高温多湿だから臭いが出るので、糞尿の水分を取って乾燥させてしまおうと言うもの。オス達の巣材は、新聞紙にコーヒーカスと藁で、まあ問題はないけれど、食べる量も半端じゃないメスは排泄量も多く、臭いがやはり気になるので、この乾燥剤は、毎夏重宝している。本当は、新聞紙も使わないでよいそうだけれど、家の子は水も良く撒き散らすため、いつもの巣材=新聞紙と藁にプラスこのシリカゲルを撒いておく。これは、成分が川砂と同じでウズラが食べても大丈夫。50㎝位のケージに、大...鳥かご、におい対策第二弾!

  • 今日は大き目

    並ウズラルビーの卵が、初めて3㎝超え。3.2㎝(^o^)/ヤンヤヤンヤ(^∇^)(^◇^)(^∇^)放鳥中のローリーは、並ウズラルビー宅前を、ウロウロ……ウロウロローリー君、さっきも入ってたでしょ。今日はもう終わり。ロ「見てた……?」気を取り直して、散策続行~今日は大き目

  • 連休中のウズラ達

    連日の暑さで、オス達はやや食が減っているか。コリンウズラのローリー放鳥から帰ってきて、暑いのか口が開いてる。並ウズラの白龍(砂箱の蓋を透明にしてみた)ひとしきり砂浴びが済んで「スサー」う~ん堪能したご様子(^w^)足も伸ばして、しばし恍惚の表情(^.^)それからご飯をパックパク。紅一点、並ウズラのルビー彼女は大丈夫。食べる量も変わらず。卵もこのところ毎日。ヒメウズラのメノウ「メノウ~!」メ「あっ!」メ「なぁに~?」おねむ~zzzz……(^^)連休中のウズラ達

  • ルビーの卵

    これは、並ウズラルビーの卵。初卵から2ヶ月と少しで、現在およそ2.8㎝まだまだ可愛い卵。ルビーさん、沢山食べて、大きい卵をお願いします。寄ってきたっ!!痛いっ!!ふ~f(^_^;またつつかれた(^з^)-☆ルビーの卵

  • ローリーとルビー

    コリンウズラオスのローリー(白)と、並ウズラメスのルビー(茶色)二羽を同時に放鳥すると、ローリーがルビーのケージに入って巣材のワラ浴び。大きいローリーが邪魔だけど、負けじとその上に乗っかってエサ入れに頭を突っ込むルビー(^w^)ローリーは全く動じず。顔をお尻で踏まれても何のその。よそのエサも失敬。そのうちケージから出て、自ら砂場へ飛び込むルビー。ルビーが出掛けると更にワラ浴びはヒートアップ(^.^)体の大きさからすると狭いはずが、居心地が良いのかすっかりくつろいでしまって一向に出て来ないローリー。とうとうこちらが引っ張り出した。ヒメウズラのメノウ並ウズラの白龍皆元気(^3^)/ローリーとルビー

  • 潮干狩り 横浜海の公園

    またまた、恒例の潮干狩り。このところ、お隣りの野島が多かったが、汐見表でベストな日に行っても、潮のひきがあまいと言うか、砂地が沈んだと言うか、今一つといった状態だったので、今回は横浜海の公園に戻ってみた。GWや夏休みともなると、この海辺の綺麗なグリーンベルトには、色とりどりな簡易テントの波が…天気は曇り時々雨で、涼しいくらい。潮干狩り客もほんの少しだけ。朝出掛けるのを迷ったが、行って正解だ(^.^)人出はまばら……。不漁の噂で、お客が減ったからか、沖まで行ってひざ丈まで浸からなくても、砂地と海水の境目である程度育ったのが充分いるいる(^^)d帰宅後、真夏ならバテ始める時間でも、涼しいからかアサリ達は元気に潮をはく。一晩おいて、明朝の御味御汁の具に頂きますか。潮干狩り横浜海の公園

  • コーヒーの出がらし

    梅雨もいよいよ本格化、ジメジメしてきた。ソロソロウズラのケージの匂いが気になり始めるので、コーヒーの出がらしを煎ったものをオス達に届けて早速巣材に混ぜる。部屋は、しばらくコーヒーの良い香りが漂う(^w^)特にメスは匂いが気になるので、多目に。並ウズラのルビー。扉を開けてやると、自分で出て来て、コリンウズラローリー用のをついばんでいる(^.^)巣材に混ぜたコーヒーかす。ウロウロすると、羽に着いたコーヒーかすが床に……。しょっちゅう掃除機をかけるので、真横で大きな音がしても、皆慣れた様子。遠慮なくブンブンかける(^3^)/さっき白龍宅に入っていたローリーは、また他所のお宅に勝手に入る。あーあ、もう我がもの顔。中の巣材で砂浴びをするもんだから、コーヒーかすもつけて出て来た。砂場ではしないのに、床で砂浴びの真似。このロ...コーヒーの出がらし

ブログリーダー」を活用して、こ〜吉さんをフォローしませんか?

ハンドル名
こ〜吉さん
ブログタイトル
ほっこりゆったり
フォロー
ほっこりゆったり

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用