ハンドル名
DAIFUKUさん
ブログタイトル
台湾現地法人DAIFUKU GLOBALのオフィシャルブログ
ブログURL
https://daifukuglobal.hatenablog.com
ブログ紹介文
台湾で日系企業向けの台湾進出サポートや税務会計サポートなどを行っています。
自由文
公式HP: www.daifukugroup.com
更新頻度(1年)

31回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2015/07/11

DAIFUKUさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 04/25 04/24 04/23 04/22 04/21 04/20 全参加数
総合ランキング(IN) 35,149位 35,934位 35,872位 39,779位 35,738位 35,746位 36,122位 957,782サイト
INポイント 0 0 10 0 10 10 0 30/週
OUTポイント 20 20 50 10 60 40 20 220/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
経営ブログ 175位 179位 185位 211位 180位 181位 186位 9,586サイト
コンサルタント 18位 17位 17位 18位 17位 16位 17位 999サイト
海外生活ブログ 1,885位 1,911位 1,907位 2,056位 1,916位 1,918位 1,932位 35,033サイト
台湾情報 39位 40位 40位 44位 40位 40位 42位 766サイト
今日 04/25 04/24 04/23 04/22 04/21 04/20 全参加数
総合ランキング(OUT) 28,150位 30,735位 30,815位 32,634位 27,215位 26,646位 27,442位 957,782サイト
INポイント 0 0 10 0 10 10 0 30/週
OUTポイント 20 20 50 10 60 40 20 220/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
経営ブログ 58位 64位 62位 64位 53位 53位 53位 9,586サイト
コンサルタント 9位 11位 10位 11位 10位 10位 10位 999サイト
海外生活ブログ 2,273位 2,403位 2,383位 2,499位 2,235位 2,198位 2,216位 35,033サイト
台湾情報 51位 54位 54位 57位 46位 45位 46位 766サイト
今日 04/25 04/24 04/23 04/22 04/21 04/20 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 957,782サイト
INポイント 0 0 10 0 10 10 0 30/週
OUTポイント 20 20 50 10 60 40 20 220/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
経営ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,586サイト
コンサルタント 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 999サイト
海外生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 35,033サイト
台湾情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 766サイト

DAIFUKUさんのブログ記事

  • 台湾エバー航空の組合の主張内容

    エバー航空のストライキの可能性 先日のブログで少し触れたエバー航空のストライキの可能性についてブログを書いてみたいと思います。 日本語に翻訳されたメディアもありますので確認することができます。 ただ詳細についてはあまり触れられていないので、実情はわかりにくいかもしれません。 予定では5月に組合員によるスト決行か否かの投票が行われ、その結果しだいではストライキを実行することになります。 japan.cna.com.tw 桃園市キャビンアテンダント職業組合の主張 彼らの主な主張はいくつかあります。 旅費日当をUSD3からUSD5へ引き上げ(チャイナエアラインがUSD5) ボーナス4ヶ月 基本給を7…

  • 台湾の航空業組合が主張する「禁搭便車條款」とは?

    台湾の航空業組合 今年はチャイナエアラインのパイロットによるストライキがありました。 このストは日本でも報じられたり、日本線にも影響があったため記憶に残っていると思います。 ややこしい話なのが、このストライキを主導していたのはチャイナエアラインの企業組合ではなく、桃園市機師職業工會(桃園市パイロット職業組合)というところです。 キャビンアテンダントは、また別に桃園市空服員職業工會(桃園市キャビンアテンダント職業組合)があり、こちらはキャビンアテンダントが加入する組合になります。 もちろんチャイナエアラインの中にも組合もありますが、ほぼ機能していないのが実情です。 この組合がかなり力があるため、…

  • 自動化やコンピュータ化による人員解雇

    台湾も自動化やコンピュータ化を巡る環境変化は激しいです いまやITの進歩により、自動化やコンピュータ化が先進国を中心に進んでいます。 オックスフォード大学の調査では、「今後10〜20年程度でアメリカの総雇用者数の約47%のしごとが自動化されるリスクが高いと」と結論づけています。 自動化により、なくなる職業や仕事が大量に出てくることになります。 gendai.ismedia.jp 当然ここ台湾でも自動化やコンピュータ化は進んでいます。 国内の産業は低賃金やホワイトカラー化による深刻な労働者不足のため、現在は外国人労働者や機械による自動化でカバーしているのが現状です。 以前台湾のあるゴム製品製造メ…

  • 台湾で能力不足の社員を解雇するには?

    台湾で能力不足を理由に解雇をする際の法的根拠 台湾の労働基準法第11条5項に「労働者が担当する職務に明らかに任に耐えられない」場合に、「雇用主は事前通告を行い労働契約を終止することができる」とあります。 台湾の最高法院による労働基準法第11条5項の見解は、「労働者の客観的な学識、品行、能力、心身状況を指すだけはなく、遂行能力があるにもかかわらず業務行わないという労働者が忠実に労務を行う原則に反する、という事も指すものとする。」とあります。 つまり、単に能力や品行といった外見的な判断だけでなく、労働者本人の労務に対する意欲姿勢も解雇に相当する判断材料となる、ということです。 この内容を見ると、日…

  • 台湾で労働基準法に違反すると公表されます

    台湾の労働基準法は複雑 台湾にも日本と同様の労働基準法があり、労働関係の法律では最も重要になります。 内容は日本に近いものもあれば、そうでないものもあり、台湾に進出する企業はこのあたりの違いを注意する必要があります。 また台湾ではここ何年かの間に、労働基準法の内容がコロコロ変わり、企業や労働者が混乱しやすい状況になっています。 このような状況で、こちらが意図せずに労働基準法に違反してしまうケースもあると思いますので気をつける必要があります。 もし労働基準法に違反してしまったら・・・ 台湾でもいわゆるブラック企業は存在しており、故意に残業代や手当を払わなかったり、休暇を与えなかったりするケースが…

  • 労働訴訟裁判の傍聴

    労働訴訟の裁判傍聴に行ってきました 以前のブログでは台北地方法院へ行って手当たり次第に傍聴をしてきました。 daifukuglobal.hatenablog.com 今回は自分の仕事に関係する労務関係の訴訟の傍聴しにいきました。 場所は前回と同じ台北地方法院の3階にある民事訴訟の法定です。 ネットで当日行われる裁判の予定がチェックできますので、そのなかから労務に関するものをピックアップしました。 中国語では「勞訴」「重勞訴」と書かれたものになります。 法廷の出入りは自由 各法廷の入口にあるモニターで、裁判の予定や進行状況が確認できます。 法廷入口にあるモニター 法廷は常時開放されていますので、…

  • LINEで休暇願いの連絡はありか?

    台湾ではかなりLINEが普及しています LINEは仕事やプライベートでもかなり使われていますので、会社によってはLINEで連絡を済ませたり、出退勤の記録代わりにしているところもあります。 メールを使うよりは早く確認できますし、電話にでるのが不便な時も取りあえずは内容を確認できるので便利だと思います。 またグループも簡単に作れますので、用途に応じてグループを作って連絡とりあったり、情報をシェアしたりしています。 仕事上でLINEを使うことで問題はないのか? LINE自体のセキュリティの問題や会話記録の保存などいくつか問題はあります。 ただ他のツールでも同じような問題はあると思いますので、要は使う…

  • 【ブログ】台北地方法院の傍聴

    先日少し時間があったので、前から興味にあった台湾の裁判所の傍聴に行ってきました。台湾の司法制度についてはここでは紹介を省きますので、傍聴した感想だけを述べたいと思います。場所は地下鉄小南門の駅から北側に歩いてすぐ右手にある建物です。入り口は2箇所あり、どちらもまずは簡単なセキュリティチェックを受けるため、所持品をX線に通す必要があります。2階が刑事訴訟、3階が民事訴訟で、どの裁判室も入り口にモニターが設置してあり、当日のスケジュールが表示されているようになっています。いくつか裁判室に入って傍聴をしていましたが、その中でも印象的なものがありました。それは交通事故の民事裁判で、被害者は弁護士立会い…

  • 【ブログ】海外で日本人が日本人を騙す

    2/18付のプレジデントオンラインで「日本人がカモに「タイの投資詐欺」全手口」という記事がありました。 日本人がカモに「タイの投資詐欺」全手口 老後資金3000万を失い首吊り自殺 | プレジデントオンライン 東南アジアで日本人が日本人に騙される詐欺話が蔓延している。とくにタイ国内では顕著だ。現地で3000店超と人気の日本料理店への投資を勧め… 今回はタイの例でしたが、ここ台湾や私が過去行ったことのある東南アジアでも同じような話を直接聞いたことがあります。(詳細は書けませんが。。。)過去には私が某国で出会ったある日本人が、その後日本に帰ってお年寄り相手に寸借詐欺を行い。億単位の金額をだまし取った…

  • 【ブログ】台湾の健康保険&労働保険

    台湾には健康保険(健保)、労働者保障制度(勞保)、労働者退職金制度(勞退金)の社会保障制度があります。・健康保険(健保) ⇒日本の健康保険に類似・労働者保障制度(勞保) ⇒日本の労災保険/失業保険に類似・労働者退職金制度(勞退金) ⇒日本の年金制度に類似台湾で進出した際に、台湾人社員やアルバイトの健康保険や労働保険の費用はなかなかイメージがつかみにくいと思います。今回はある日系飲食店を例に、健康保険や労働保険の費用がどれくらい掛かるかをご紹介したいと思います。【基本条件】・日本人社員(兼事業主) 1人・台湾人アルバイト 4人*日本人社員(兼事業主)は居留証を取得済みだが、居留6ヶ月未満のため、…

  • 【ブログ】台湾版のクラウド会計ソフト導入

    日本のFREEEやマネーフォワード、弥生会計などのクラウド会計が台湾にもいくつかあります。今まで弊社の会計処理はエクセルを使ってやりくりをしていましたが、やはり専門的な会計ソフトを使ったほうが良いと感じましたので、昨年末より検討をはじめました。その後、あるクラウド会計をテストとして導入をし、良さげであったので本契約をしました。当然言語は中国語ですが、基本的な簿記の概念は一緒ですので、使っていくうちに慣れてきました。会計士が使うような専門の会計ソフトではないのですが、お客様と弊社で確認する分には十分です。 【ブログランキングに参加してます!】 via 【TAIWAN-biz】台湾ビジネスサポート…

  • 【ブログ】台湾人社員の不正疑惑

    昨年終わり頃、弊社のお客様の会社で台湾人社員の不正疑惑が有りました。内容は、 ①会社に偽って、知り合いに不当に廉価な価格で商品を販売した。 ②台湾人社員が代表を務める会社の定款が、お客様の会社の定款内容をそのまま追加していた。というものでした。また、この事実が発覚したあと、こちらで調査をしたところ、この台湾人社員は前職の日系企業より民事及び刑事訴訟を受けていることが判明しました。訴訟の内容は上記①と②に通じるものであり、また前職からの損害賠償請求額が膨大であったため、早急に対応が必要と判断しました。その間弊社では下記の準備を行いました。 ①すべての項目に関して証拠を集める ②弁護士へ集めた証拠…

  • 2019年の始まりです

    2019年が始まりました。台湾では旧正月を祝うため、正月はさほど賑わいはないですが、カウントダウンなどは各都市でライブなどを行い盛り上がっていたようです。2019年の旧正月休みは、2月2日から10日までと大型の連休となりました。なのでもう一ヶ月もすれば連休となりますので、1月中は皆忙しいようです。特に給与や春節ボーナスを支払う場合、長期休暇のため前倒しで払うのであれば、資金繰りや手続きなどでバタバタすると思います。長期休暇後であれば、さほど慌ただしくはないですが、働いている社員からすると印象は良くないと思います。会社の雰囲気を考えると、連休前に支払うのが良いのかな、と考えさせられます。 【ブロ…

  • 【ブログ】日本和牛の輸入

    今回お客様の日本和牛の輸入をお手伝いしました。今年より日本和牛が解禁となり、それに伴って台湾では日本和牛を使ったお店が増えてきています。日本和牛の輸入に関して、必要な書類は下記となります。(2018年11月24日現在)・BL(AWB)・インボイス&パッキングリスト・輸出検疫証明書(日本農林水産省)・衛生証明書(台湾向け)牛肉は台湾政府が指定する業者で屠殺したもののみ、輸入可能ですので注意が必要です。台湾に到着後、衛生署による抜取りの検疫検査が行われます。日数は2〜3日で、費用はもし1項目という認定であれば約48000台湾ドルになります。また到着曜日によっては土日を挟んでしまい、その結果倉庫代が…

  • 【ブログ】役員および大株主の情報申告義務

    11月1日から会社法が改正されました。台湾の企業(支店除く)は毎年役員及び持分10%以上の株主の個人情報等をネットで申告することになりました。また変更があった場合、15日以内にその旨を申告する必要となりました。このような措置の背景には、台湾でのマネーロンダリングに対する規制があります。いま銀行で口座開設が難しくなり、かつてはパスポートと統一證號があれば簡単に解説ができましたが、いまではほぼ不可となりました。台湾も日本や他国のように、資金の移動に関する規制はどんどん厳しくなっていく方向のようです。 【ブログランキングに参加してます!】 via 【TAIWAN-biz】台湾ビジネスサポート You…

  • 【ブログ】台風休暇の取り扱いについて

    台湾では一定の風力や降水量に達した場合、各自治体で出勤通学停止の発令ができます。台湾に来る台風は勢力が強いときが多いので、安全性を考えるとこのような措置は良いと思います。最近日本の台風や豪雨も勢力が強いものがありますので、台湾のような対応をしては良いのではと思います。さて、実際に台風休暇となった場合、社員の休暇扱いが問題になります。台湾では法律上、台風休暇の場合の規定がないため、各企業の判断に委ねられています。台湾の中小企業では無給休暇が多く、台湾の有名企業や外資系は有給休暇扱いするところが多い傾向にあります。社員の歓心を買うのであれば有給休暇扱いが良いですが、社員数が多いとその分のコスト増に…

  • 【ブログ】台湾の会社法が修正されます

    先日台湾の会社法の修正が可決され、現在は公布を待つ状態となりました。修正された内容は、会社設立時の手続きが簡素化されたり、規定が緩和されたりと、新規に会社設立する場合はメリットが増えたと思います。その反面、マネーロンダリングを取り締まるため、役員の個人情報の登録など厳しい内容に修正されています。現在台湾ではマネーロンダリング対策として、外国人が新規に口座開設することが難しくなっています。よく法律や規定が変わりますので、台湾でのビジネスでは注意が必要です。 【ブログランキングに参加してます!】 via 【TAIWAN-biz】台湾ビジネスサポート Your own website, Ameba …

  • 【ブログ】感心する営業方法

    いまお客様の居抜き物件のお手伝いをさせてもらっています。これから内装工事が始まるというときに、気がつくとお店の前にSECOMのシールがデカデカと貼られていました。そしてさり気なく名刺も置いていました(笑)確かにこれだとすでにセキュリティが入っていると思われるので、警告にはなるかなと思います。後日連絡が来て、サービスの内容を受けて、めでたく契約へと進むことになりました。 【ブログランキングに参加してます!】 via 【TAIWAN-biz】台湾ビジネスサポート Your own website, Ameba Ownd

  • 【ブログ】(更新)台湾で医療器材を販売する際の申請

    前回「台湾で医療器材を販売する際の申請」と言うブログを書きました。その後実際の申請時に前回と異なる点があり、責任者は統一證號のある外国人でもOKとのことです。地方自治体によって解釈が違うので、事前に注意が必要かもしれません。また営業項目に医療器材製造業を取得した場合、審査を受ける場所が製造に適さない場合は当然許可は降りない可能性が高いです。もし会社が新規設立の場合ですと、一旦会社登記表から医療器材製造の営業項目を外し、定款や定款新旧対照表、株主同意書などの書類を準備する必要があります。 【ブログ】台湾で医療器材を販売する際の申請 台湾で医療器材を販売するには各地方政府に申請と許可を取る必要があ…

  • 【ブログ】台北市の会社登記申請の現状

    今回新たに台北市に登記住所を構える予定の会社の登記申請に行ってきました。今回は別件も有り台北市政府まで直接に行きましたが、通常は郵送で申請しても構いません。久しぶりに窓口での申請を行いましたが、以前に比べて多少変化がありました。1.クレジットカードで申請費の支払いが可能に2.会社登記表の当日交付が可能に会社登記表が当日交付できるようになったのはとてもありがたいですね。ただし、現金以外の出資(不動産や知的財産)、特殊営業等を行う企業は通常どおり数日間ほど審査に時間がかかることになります。またそのまま併設する国税局の受付で営業登記申請も可能です。 【ブログランキングに参加してます!】 via 【T…

  • 【ブログ】電子発票の発行が可能に!

    台湾では売買が生じたときに「発票」(インボイス)の発行を義務付けられています。(一部小規模な飲食店に関しては免除となっています。)この「発票」にはすべてナンバリングがされており、誰がどこにいくらで販売したかを国税局が管理できるようになっています。脱税を防ぐための良い方法ですね。ただし、この「発票」は購入しないといけないため、2ヶ月に1回購入手続きを行う必要があります。また一般中小企業がよく使う発票の書式は3枚一式、2枚一式と複写式になっており、カーボンを引いて使用します。ただ時代の流れに伴い、台湾でもペーパーレス化が進んでいる事を受けて、電子発票が開始しました。こちらは毎回購入したり、カーボン…

  • 【ブログ】ITサービスに特化した弁護士のセミナーに参加しました。

    先日、日本のITサービスに特化した弁護士のセミナーに参加しました。弁護士1名だけで売上が約1億円ということで、1人でどのようなスキームを組んでいるのか興味がありました。参加した結果、大いに参考になるものでした。この弁護士はチャットワークを用いて、顧客への問い合わせを回答おり、スピーディな対応ができる体制を作っています。弊社は顧客からの問い合わせに対して、自らが分かる範囲では即答をして、確認が必要な内容については、専門のパートナーや関係省庁に確認をしています。行っている方法としてはこの弁護士と変わりませんが、SNSを駆使しているという点では大いに勉強になりました。そして弊社でもSNSツールを色々…

  • SWBSに登録されました!

    独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営するSWBSという海外ビジネスに特化したサイトに登録されました。申請をしてから再提出などを経て、ようやく認可となりました。サイトは公的機関が運営していますが、コンテンツなどが豊富でしっかりした感があります。今後はSWBS経由からも問い合わせが可能になりました。 大福国際事業有限公司 | SWBS 海外展開のパートナーを検索できます。 【ブログランキングに参加してます!】 弊社オフィシャルLINEアカウントからお問合せが可能です。下記をクリックしてください。 ↓↓↓ via 【TAIWAN-biz】台湾ビジネスサポート Your own website, A…

  • LINEでお問合せできるようになりました!

    現在HPではメールか電話でのお問合せ方法しかありませんでしたが、今回弊社のLINE@を開設し、LINEで簡単に気軽にお問合せできるようになりました。実はこのきっかけはあるセミナーに参加した際に、ゲストスピーカーの弁護士が某チャットアプリを使って集客と顧客、業務を行っている事例を紹介したことがヒントとなりました。その後自分で色々なチャットアプリをした結果、日本でも普及率が高いLINEを使うことになりました。メールだと仰々しい、電話だと電話代や相手の時間を考えてしまう、そういった煩わしさから解放できると思います。台湾でのビジネスでお困りの方は、下記よりご相談ください。 【ブログランキングに参加して…

  • 【ブログ】会社設立のための銀行仮口座開設

    あるお客様が台湾に進出することになりました。現在着々と会社設立準備を進めており、先日資本金の振込のための銀行仮口座を開設しました。この銀行仮口座の開設が曲者で、同じ銀行でも支店ごとに必要な書類や解釈が違ったりします。また慣れていない銀行だと、仮口座開設に数時間掛かることもあります。今回開設をしたある銀行の支店は、慣れているようでしたので割とスムーズに開設ができました。このあとはお客様が日本から資本金を送金することになります。ちなみに銀行の場所は、会社を設立するエリア付近でないと、開設できない可能性がありますので注意が必要です。 【ブログランキングに参加してます!】 via 【TAIWAN-bi…

  • 【ブログ】台湾の居抜き物件を探す

    飲食店関係で台湾進出する場合、店舗を借りる手段の一つとして居抜き物件を探すという方法があります。居抜き物件を探す方法はいくつかありますが、代表的なものとして、1.591という不動産サイトの居抜き物件のページで探す。2.出店したいエリアの不動産仲介業者に居抜き物件の紹介を依頼する。3.出店したいエリアの付近を周り、「頂讓」(居抜き譲渡)と書かれている物件を探す。の3つが考えられます。居抜き物件が見つかったあとは、店舗オーナーとの話し合いとなり、譲渡金や設備の引き渡しリスト、光熱費等の精算などを取り決めます。また店舗オーナーと物件オーナーが違うことがほとんどだと思いますので、家賃や契約年数、契約開…

  • 【ブログ】事務所契約時の注意事項

    台湾進出にあたって必ず必要なのが事務所になると思います。 通常事務所を借りる場合、大家が法人のケースが多いと思いますが、稀に大家が個人の場合があります。 契約自体は大家が法人・個人とも問題はありませんが、税金について両者で少し違いがあります。 まず法人の場合は、法人対法人の契約になりますので、5%の営業税のみで問題ないです。 ややこしいのが大家が個人の場合です。 大家が個人の場合、借り主の法人が大家の家賃収入に対する所得税10%を源泉徴収として毎月納める必要があります。 また第二代健康保険2%も同様に源泉徴収として納める必要があります。 なので賃貸契約を結ぶ際に、家賃が税込みか税別を確認する必…

  • 【ブログ】台湾の会社内での不正事項

    先日台湾の某会計事務所主催のセミナーのテーマの中に、台湾の会社内での不正事例を取り上げていました。私は過去中国や台湾で社員として働いた経験があり、今回のセミナーの内容はとても共感できるところがありました。不正の事例として、トンネル会社を経由した調達が紹介されていましたが、これはまさしく中国の工場勤務時に経験したことです。勤務年数が長い中国人幹部が外部に会社を作り、そこを経由して会社の消耗品を仕入れていました。本社としては知っていましたが、問題を大きくさせないためにも片目をつぶった状態でした。その他の事例としては、キックバックやトンネル会社を経由した販売、個人支出の経費精算、給与帳簿の改ざん、現…

  • 【ブログ】台湾の確定申告

    台湾では毎年5月1日から31日の間に個人所得の確定申告をします。いまネットで申告ができるようになり、とても便利になりました。申告方法は国税局の確定申告のサイトにアクセスをして、ICチップ付きの健康保険カードをカードリーダで読み取ります。(その他の方法もあり)そうすると昨年度の給与や源泉徴収、利子所得、株式配当等全て出てきます。その他扶養家族の有無や各種控除を確認して追加をします。問題ないことを確認すると、自動的に所得税が算出されます。いくつかの算出方法が有り、親切にも一番安い所得税を表示してくれます。最終確認をした後、所得税の支払いもしくは還付の手続きを済ませれば完了です。所得税の支払はクレジ…

  • 【ブログ】2018年1-3月期の台湾海外投資実績

    台湾の行政院主計局の統計によりますと、2018年1-3月に批准された海外投資案件は786件で、前年同期に比べて29件増えたそうです。特に投資金額は前年同期に比べて倍の22.5億米ドル(約2300億円)となり、増加した要因として伊藤忠商事が台北101の株を購入したのが大きかったそうです。なので金額ベースで見ると、今季の投資金額の36.8%が日本からとなり、続いてドイツ、カリブ諸島、オランダ、アメリカと続いています。全体としてみれば、毎年ほぼ3000件ほどの海外投資案件があり、ここ数年は安定して居ると思います。 【ブログランキングに参加してます!】 via 【TAIWAN-biz】台湾ビジネスサポ…