searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE
ブログタイトル
元緑のふるさと協力隊・住田町日記、その他色々。
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/tacqmin
ブログ紹介文
岩手県気仙郡住田町での町興し・街創りヴォランティア「GEC・緑のふるさと協力隊」活動記録、その他諸々
更新頻度(1年)

14回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2015/06/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、元緑のふるさと協力隊・住田町日記、その他色々。さんの読者になりませんか?

ハンドル名
元緑のふるさと協力隊・住田町日記、その他色々。さん
ブログタイトル
元緑のふるさと協力隊・住田町日記、その他色々。
更新頻度
14回 / 365日(平均0.3回/週)
読者になる
元緑のふるさと協力隊・住田町日記、その他色々。

元緑のふるさと協力隊・住田町日記、その他色々。さんの新着記事

1件〜30件

  • 三陸鉄道でブラタモリ。

    今週のNHK「ブラタモリ」は三陸鉄道についてでした。ブラタモリ-NHK街歩きの達人・タモリさんが、“ブラブラ”歩きながら知られざる街の歴史や人々の暮らしに迫る「ブラタモリ」。話題の出来事や街に残された様々な痕跡...ブラタモリ-NHKhttps://www4.nhk.or.jp/buratamori/x/2020-02-15/21/33693/2009150/三陸鉄道は大船渡市の盛駅周辺をぶらついたことがあります。ケセン語研究家でもある医師、山浦玄嗣先生の「山浦医院」などがありました。http://kesen-med.or.jp/institution/oofunato/yamaura.html三陸鉄道でブラタモリ。

  • ケセンロックフェスティバル。

    東日本大震災の起きる少し前の2009年7月から、「ケセンロックフェスティバル」というロックフェスが行われています。場所は種山ヶ原。2005年まで毎年8月に天体観測とコンサートのイベント「すたーうぉっちんぐ種山ヶ原」が開かれていた会場です。去年は節目となる10年目のフェスでした。これまでにB-DASH、ASIANKUNG-FUGENERATION、ストレイテナー、BRAHMAN、OAU(OVERGROUNDACOUSTICUNDERGROUND)、マキシマムザホルモン、サンボマスター、THEBACKHORN、細見武士氏(ELLEGARDEN、theHIATUS、theLOW-ATUS、MONOEYES)など、メジャーシーンで活躍する名だたるバンドやアーティストが参加しています。フェスごはんとして、岡山でロックミュ...ケセンロックフェスティバル。

  • 遊林ランド種山。

    種山ヶ原の道の駅「ぽらん」の北側の山の上にある入浴施設&レストランの遊林ランド種山が、入浴施設とレストランの事業を休止してることを知りました。休日にはここでジンギスカンを食べて風呂に入るのが楽しみで、仕事ではレストランで仕込みや接客などをしていた施設なので、業務縮小は非常に残念です。https://www.town.sumita.iwate.jp/kanko/yurinland.html山の更に上にある「種山高原星座の森」(奥州市江刺区)は現在も運営中のようです(冬は休業中)。自分はここにもよく寄って、行者ニンニクラーメンと焼きおにぎりを食べ、薬草風呂に入ってました。https://www.esashi-iwate.gr.jp/seiza/遊林ランド種山。

  • ケセン語。

    岩手県は大まかに2つの地域に分かれ、盛岡市や遠野市、釜石市などの北部は「南部地区(北部なのに南部なのがややこしい)」、そして住田町、陸前高田市、大船渡市の3市町は「気仙地区」と言います。そして気仙地区で話されてる方言は「ケセン語」と言います。大船渡市で病院「山浦医院」を開業している医師、山浦玄嗣先生はカトリックのクリスチャンで、聖書をギリシャ語の原典からケセン語に翻訳した「ケセン語訳聖書」を出版しています。現在、キリスト教専門ラジオ放送「FEBC」で、毎週月曜21時30分からAM1566kHzで「故郷のイエスーケセン語で聴く聖書」という番組が放送されています。朗読は山浦先生自身です。インターネットでも聴けます。http://netradio.febcjp.com/category/bible/jihh/自分もプ...ケセン語。

  • 阪神淡路大震災。

    昨日1月17日は、阪神淡路大震災から25年になります。自分も当時住んでいた山梨県から、友人知人たちと一緒にボランティアに行ったことがあります。当時は山梨でも少し揺れたのですが、山梨は微弱な地震はそう珍しくなかったので、あまり気にも留めていませんでした。しかし、翌日のニュースを見て兵庫が大変なことになっているというのを今も鮮明に覚えています。ボランティアの受け入れ団体の詰め所に行き、要請されたのは建物の倒壊被害が最もひどかった神戸市東灘区。潰れた家やビル、高架の道などが見るも無残な姿になっていました。その中で被災者の家のガレキ撤去の手伝いなどをしたり、行政に対する要望アンケートなどをしたりしました。被災者の人からは「とにかく話を聞いてほしい」という声が多く寄せられました。ボランティア活動に携わっていた兵庫県議会議...阪神淡路大震災。

  • 遅ればせながら新年の挨拶。

    2020年も宜しく御願い致します。久し振りに住田町の人達に年賀状を出し、返信も返ってきました。中には住田での恩人が亡くなっていたという悲しいニュースも…。とはいえ、今年も引き続きこのブログで住田の魅力を発信していきたいと思います。今後とも宜しく御願い致します。遅ればせながら新年の挨拶。

  • 新住田町議決まる。

    住田町議選は届け出人数と定数が同数で、全員が無投票当選となりました。党派構成は1人が日本共産党で、後は全員無所属。個人的には前回町長選で町政与党となった共産党がどんな役割を果たしていくか、それと30代で初当選した新人議員がどう動くかに注目です。欲を言えば、町政初となる女性議員が誕生してほしかったです。http://tohkaishimpo.com/2019/09/18/264634/http://www.iwate-np.co.jp/article/2019/9/18/64732新住田町議決まる。

  • 住田町議選成立の兆し。

    住田町議選の立候補説明会に、定数12人を上回る13人が来られたとの事。町議選が成立しそうです。陣営の中には30代の若い人もいるので注目。2011年に出馬した吉田収氏は出馬しないのかな…。http://y-osamu2406.cocolog-nifty.com/blog/http://tohkaishimpo.com/2019/08/21/261563/住田町議選成立の兆し。

  • 住田町議選近づく。

    今年の9月は住田町議選です。地元では候補者不足で悩んでいるとの事。過疎地の自治体では全国的に問題になってます。前回は無投票になったとの事。「候補者がいないなら議員定数を減らせば良い」と主張する人も散見されますが、議員定数削減は民意を切り縮める行為であり、安易に主張する事は許されません。自分が住田に住んでいた頃は30代の議員がいましたが、「低額の議員報酬だけでは暮らしていけず、本業である農業との兼業では忙し過ぎて十分な議員活動が出来ない」と、1期で引退してしまいました。議員報酬の増額が望まれます。自分としては女性候補や若い候補、東日本大震災被災者の代表等、多様な人が出馬・当選する事を望みます。http://tohkaishimpo.com/2019/06/18/254304/住田町議選近づく。

  • 西日本豪雨災害から1年。

    昨年、自分の住んでいる倉敷市で西日本豪雨災害がありました。多くの家が水没し、知人の家も水没して更地にせざるを得なくなりました。1年経っても仮設住宅や倉庫などに住んでいる人も多く、爪痕は残っています。行政は当初住民支援に消極的でしたが、一部の野党国会議員が被災地を訪問し、この問題を国会で取り上げ、医療費無料期間の延長などの住民支援を勝ち取ってきました。今度の参院選も住民のための政府がつくられる選挙になればと思います。西日本豪雨災害から1年。

  • 参院選。

    7月21日は参議院議員選挙の投票日です。日本を変えるのは、あなたの一票にかかっています。皆さん、ぜひ投票に行きましょう。期日前投票も町役場などで行えます。投票券が無くても、手ぶらで気軽に投票に行けます。大事な一票を無駄にしないようにしましょう。参院選。

  • 核兵器禁止条約採択を求める決議、増える。

    核兵器禁止条約を求める決議を採択した岩手県内の市町村は、住田町を含めて30自治体ほどになっているそうです。岩手県議会も含め、全市町村が採択し、その動きが全国に広がり、日本政府が核兵器禁止を表明する日が来る事を望みます。核兵器禁止条約採択を求める決議、増える。

  • 陸前高田市長選。

    今年の2月、隣の市の陸前高田市で市長選がありました。現職で故・中里長門氏の民主姿勢を受け継ぐ戸羽太氏の当選が決まりましたが、次点との票差は僅か5票。投票に行く事の大切さを思い知らされた選挙でした。陸前高田市長選。

  • 東日本大震災から8年4ヶ月。

    時の流れは速いですが、それでも住田町にはまだまだ避難住民が沢山います。県外に避難した人もおり、問題は山積です。官民一体となって解決に向けた努力が行われるべきです。東日本大震災から8年4ヶ月。

  • 核兵器禁止条約。

    住田町議会で、核兵器禁止条約の日本調印を求める意見書が9月28日に採択されました。核兵器や原発など、核の無い世の中になってほしいものです。核兵器禁止条約。

  • 神田謙一氏当選。

    町長選は、神田謙一氏が水野英哉氏を破り当選しました。職責を果たし頑張ってほしいです。神田謙一氏当選。

  • 町長選。

    住田町長選が実施されています。注目は獣医師の神田謙一候補。子育て環境の充実や農林業と地域産業再生など「医・食・住」を要とした施策に取り組んでいくと訴えています。対立候補の水野英哉候補は元町議です。https://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20170718_4町長選。

  • 協力隊から10年。

    緑のふるさと協力隊に参加して10年になりました。岩手県住田町のまちおこし・まちづくりのために模索しながら邁進したことが今も思い出されます。今年も多くの人々が協力隊員として全国各地に派遣されます。地域おこし協力隊の制度ができたことによって存在意義が問われている協力隊でもありますが、参加者の方々が地域の中で魅力を見つけられたらと思います。http://www.n-gec.org/activities/furusato.html協力隊から10年。

  • もう6年。

    東日本大震災からもう6年がたちました。残念ながら復興が進んでるとはとても思えません。原発の危険性も放置されたままです。これからも追悼を続け、情報を発信していくのが自分の務めと考えています。http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=235&id=4472895もう6年。

カテゴリー一覧
商用