searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
ベイスターズの内面をえぐる
ブログURL
http://steely.seesaa.net/
ブログ紹介文
単にベイスターズ戦の感想を述べるのでなく、主観的な自分なりの考察をできるだけ理論的に述べたいと思っている。
更新頻度(1年)

104回 / 365日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2015/06/18

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ベイ吉さんをフォローしませんか?

ハンドル名
ベイ吉さん
ブログタイトル
ベイスターズの内面をえぐる
更新頻度
104回 / 365日(平均2.0回/週)
フォロー
ベイスターズの内面をえぐる

ベイ吉さんの新着記事

1件〜30件

  • 伊藤光がチームを引っ張っている

    やはり安定感のある投手が投げていると面白い試合ができる。今永は復帰後の初勝利だが、それに見合ういい投球であった。投手がいいと攻撃の作戦に幅が広がる。この試合では桑原が元気であったが、むらっけを何とかして欲しい。1番が出塁すると伊藤光がいい働きをする。初回は桑原出塁、伊藤光は1球目バント構えから引いて盗塁成功。これは簡単なようで難しい。普通の打者ならバントをしていただろうが、桑原のスタートの良さを確…

  • どんな局面でも走塁への意欲は失ってはならない

    この前の試合をあんなに褒めたのにまたしても裏切られた。9安打しながらまた攻撃の単調さが戻り思うように得点できない。これではいつになってもチームが変わることはないだろう。いくら不利な状況でも走塁への意欲を失ってはならない。 結局は先発投手の不出来によって試合は決まったも同然だ。京山はまったく進歩していない。まずはストライクから入り投手主導の攻めが出来なければだめだ。そのためにはコントロールできない…

  • かなり見るべきところがあった試合

    何と言っても一番は濱口が完封したことだろう。投手陣がほぼ崩壊状態の中で、開幕からずっと支えている。この闘争心で戦っている姿を大貫、坂本らメンタルの弱い投手は見習って欲しい。 さて、打線の方だが何だかいつもと違うようであった。2番伊藤光の対応はいつものことだが、特に今のチーム状況を判断した上での3つの送りバントだろう。もちろん、バスターもやればできるのだが敢えて確実性を取った。3番佐野はそれに呼応し…

  • 走塁への意欲のなさがチームを苦境に誘う

    結果的に坂本の不甲斐ないピッチングが敗因になる。初回いきなり先頭に本塁打を打たれたとはいえ、逃げのピッチングはいけない。もっとメンタルを強く持って立ち向かわなければならない。このあと中継ぎの投手が何とか試合を作ったが逆転までには至らなかった。打線には勢いはあるものの、いつもの無駄打ちを繰り返した。オースチンが一人欠けただけだが、彼の集中力と機動性への意欲はチームにとって欠かせないものだった。しか…

  • 横浜は控えの選手層を強化しなければならない

    横浜は4回に効率的な攻撃とオースチンの見事な走塁で一気に8-2と勝負をつけた。しかし、その走塁でオースチンは負傷欠場してしまったのは痛かった。どう見てももう勝負はついたろうと思うが西武打線はあきらめない。チャンスになると一気に攻勢に出て、伸び伸びとした打撃と積極的な走塁で得点を奪う。それに対して横浜は塁には出てもただ打つだけの打線に戻ってしまった。これは単なる油断であろう。ついには2点差になると慌て…

  • 横浜は西武の総合力には敵わない

    昨夜の試合は酷かった。特に前向きなコメントはない。もっとも私は4回の西武の攻撃を見終わったところで匙を投げた。したがってそれ以降の結果は記事を見ている。4回の裏、まずピープルズが酷かった。最初の2四球はあってはならない。粘られての四球なら分かるが、明らかに上位打線を恐れての弱気の四球。この時点で交代を考えるべきだろうが、動く気配はなかったのは甘いと感じる。そして西武打線は素晴らしかった。栗山の右前…

  • 良い働きをしているベテラン勢

    今シーズン初めてのサヨナラ勝ちだ。9回で強制終了の今年のルールでは、そう簡単には成し得なかったことだ。いかにチームの状態が良いのかを示している。しかも9回の表を守り切ると必ずアナウンサーが「これで横浜の負けは無くなりました。」などと油断させる常套句を言うので、これで応援にも必死さが無くなり、何となく攻撃の手も緩んでしまう気がしてならなかった。それはさておき、大和は素晴らしかった。何かが乗り移ってい…

  • 打線で勝ったが、勝ちのリリーフ陣投入は計算外

    打線はまさに絶好調という状況である。桑原がいい。むりやり自分を殺してはじけたいのを抑えている姿が泣けてくる。この数年の苦労を考えれば、自分はどうすべきかを真剣に考えての姿勢であろう。この好調さが続けば横浜の快進撃は続くだろう。そしてベテラン勢の大和、伊藤光、宮崎。同じ年代の彼らがいい関係を作り、チームの屋台骨となっている。その上で主軸が実力を発揮している。これはまさに理想的な状態であろう。調子の…

  • 新たな力を与えられた敗戦

    酷い試合だった。先発京山がロッテ打線に火を点け、あとは砂田以外の出てくる投手がもれなく打たれた。投手も酷いが受ける捕手にも問題があるようだ。一つ分かったのは、伊藤光以外にはまともに務められる捕手はいないということだ。いったい彼らはレギュラーになるために努力はしていないのか。毎試合ベンチにいて伊藤光の仕事を見ているのになぜ上手くリード出来ない。上手く捕球できない。いくらでも時間は与えられているのだ…

  • 桑原の強い気持ちに震えた

    横浜はいい戦いをしている。少し物足りないと言った桑原は、その声に反発するかのように素晴らしい気迫を示した。初回、右前安打で出塁すると、伊藤光のフォローにより久々の盗塁を決めた。この積極性が必要なのだ。攻撃は膨らみ一二塁となってオースチンの一打を呼んだ。そして7回にエスコバーの不運なアクシデントにより追いつかれたが、その裏のソト、大和の二塁打により再び突き放した。8回、1点差で逃げるため山崎が登板す…

  • 物足りなさを感じる試合

    良く守りきったいい試合だと言いたいところだが、やはり機動性のない攻撃はつまらない。1番桑原は攻守に活躍したと評価されているが、それでも物足りなさを感じる。例の一件で臆病になり、出塁しても盗塁をしようとする意気込みがみられない。このチームにとって必要なのは機動力。成否にかかわらず、次の塁を奪おうとする意欲があるのかどうかが問われる。その点を考慮すれば、主観的には楠本の打力と走力に惹かれているのだが…

  • 今シーズンこれまでの最高

    いい流れを持続している打線だが、残念ながらこの日の不満は1番打者である。調子の波が激しい神里ではないだろう。出塁しても何もしない桑原でもない。楠本だ。今絶好調の楠本を何故スターティングから使わない。結果、1番がブレーキになってしまい、2番伊藤光がうまく生かされなかった。それでも初回に出塁した伊藤光は佐野とのエンドランを決行したが失敗に終わった。代わりに気を吐いたのは4番オースチン。2回に先制のホーム…

  • 色々反省点のある敗戦だがまだまだ戦える

    あの嫌なことがあったあくる日、オーダーには山下、神里の名前はなく試合への出場もなかった。実に三浦らしい選手を思いやる処分の仕方である。ただ、後遺症はなかったのかは分からない。しかし6回無死一塁でのバスターバントのように、難しいことをいとも簡単にこなす伊藤光がいることは本当に心強い。惜しくもファールになったが、決まっていれば大きなチャンスが生まれたはずだ。対照的に久しぶりに1番に起用された桑原は失敗…

  • 好事魔多し

    まさに好事魔多し。物事がうまくいきそうなときには必ず邪魔が入るので、浮かれて足元をすくわれないように気を引き締めるべしということだろう。折角のいい流れが消滅したとは思わないが、野球の根幹を成す部分をきちんとしてなければ打線がどうのこうのと言っている場合ではない。サインに関するミスは公にする必要はない。犯人探しをしたところで誰も得をしない。問題は二度と起こらないように対策を徹底させることと練習を怠…

  • 今の打線はそう簡単には冷え込まないだろう

    横浜はギリギリのところで試合をものにした。これにより頑張っていた選手たちは報われた。前回述べたが、今チームに活気を与えているのは伊藤光だろう。この試合でも初回、一死からまだ力を発揮していない涌井からヒットをひねり出し打線の発動を誘発している。二死後、オースチンが粘って四球で出塁すると宮崎が左前にヒットし伊藤光を迎え入れた。その際に一塁ランナーのオースチンはまたしても果敢に三塁を陥れている。この走…

  • 攻守にわたる伊藤光の働きがチームの動きを良くしている

    やはり投手力が一定水準に達していないと勝てないという当たり前のことを感じた。もう打線の方はしばらくは心配なさそうである。それは2番に抜擢された伊藤光の野球に対する姿勢がナインに伝わっているからだ。佐野も自分の成績よりチームのためを考えて打席に入っている。この試合では4番オースチンにも本来のいい動きがみられた。初回二死から塁に出て宮崎の三遊間ヒットで一気に三塁にヘッドスライディングした。この闘志溢れ…

  • 守備の弱さが晒された横浜

    バファローズは敗戦を受けてガラッとオーダーを変えてきた。左打者と機動力を重視した打線である。こういうことかできるチームの構成は羨ましいと思う。この変更が機能し、序盤までに大量リードを奪い勝負を決めた。しかしいいようにやられたものだ。大貫の不信な投球はあるがバファローズ打線は主にライト方向への連打を重ね、殆どのケースで一三塁を作っていった。数えてみたのだが記録上、右安とされた内、一二塁間を破ったヒ…

  • 佐野の打棒復活の予感

    三浦監督はバッティングコーチとピッチングコーチの2人ずつ計4人の入れ替えを行った。田代、川村コーチがベンチ入りしたことになる。両者とも経験豊富であり、選手の状態を分析し的確な指導ができると期待される。そして打線はこれまでと基本路線は変えなかった。ただ2番に伊藤光を上げてきた。これは適切な判断だと思う。彼は打席で粘れるし、臨機応変な対応が出来る。それと出塁したときの走塁意識が高いのが大きい。チームは…

  • 大きく動かさないとチームは変わらない

    最近、ファンの間では横浜は弱くなったという意見をよく聞く。当然、示している結果をみればそのようにみてしまうだろう。だが、去年より戦力が落ちた訳ではないのになぜこうも弱いのか。私はラミレスが作り上げた去年までの攻撃に特化した打線から、三浦が目指す機動力を生かした打線への変化の過程での苦しみと解釈している。その過程では機動力のない主力たちを生かすためには、これまでの手法を踏襲するしかないと判断したも…

  • このチームは佐野が変わらなければだめだ

    もはや優勝いやAクラス狙いでさえも絶望的な状況で、これから先どうしていくのかまったく分からない。もうすでに下から上げる人材は殆ど無いと思っているだろうから、変わらぬ顔ぶれの調子が上向くのを待ち続けるのだろうか。私はもしこのメンバーでシーズンを戦っていくならば、ある程度の好調な時期はあったとしても最終的には悲惨な結果になるだろうと予測している。なぜならば、時を経て好調な時期を迎えたとしても、この間…

  • 最終回の佐野の見逃し三振は罰則もの

    小川も濱口もエースの立場にいるだけあって、互いに素晴らしい投球を見せ合った。残念ながら西浦に打たれた1本のホームランによって勝敗が決まってしまったが、これだけのピッチングに報いる援護射撃が出来なかったのは悔やまれる。確かに小川のピッチングはストレートの切れとコントロールが絶妙であって、横浜打線にとっては難しすぎたのは本音だろう。しかし、9回にマクガフに代わり、桑原がいきなり二塁打を放ったことで試合…

  • もっとも評価できるのは関根の一打

    久しぶりに気持ちのいい勝ちをみせて貰った。同点に追いつかれた9回も二死まで取られ、もはやどうすることもできない状況下での出来事だったので尚更素晴らしかった。お膳立ては代打の関根である。誰もが諦めている中で彼は決して諦めてはいなかった。しかも短絡的に一発長打を狙うのではなくシュアな打撃に徹したところがいい。一番に還り桑原が繫げる打撃で続いた。そして二番大和だが、彼は守備で大きな失態をしている。この…

  • 逃げちゃだめだ三浦監督

    雨で2試合が流れた。横浜にとっては恵みの雨だった。今の戦力で戦えば十中八九負けていただろう。ただでさえ調子が悪いのに、雨で変化したグランドは攻守にわたって大きく影響を及ぼす。攻撃においては走力の無い打者たちに各駅停車を余儀なくさせるだろう。守備においても打球の早くなるグランドでなお一層の守備力の無さを露呈することになろう。もちろん中日も同じ条件だが、どうみてもあちらの方が走力も守備力も上である。…

  • 不信感を拭えない指揮官

    佐野がようやく4番の重圧から解放され、気分一新自分らしさを出し始めた。そして伊藤光が満を持して上がって来て、攻守にわたって格の違いを見せつけた。これらの当たり前の変更は遅きに失したが、これからの戦いにおいて多少の明るさを提示している。しかし変わっていないのは監督のマインドだ。この日の敗因は先発投手の不出来とタイムリーの出ない打線と簡単に分析しているが、そんなに単純なことではないだろう。3回二死から…

  • もはや天罰としか思えない三浦野球の失敗

    16安打で3点。どうやったらそれが可能なのか不思議でしょうがない。もはや常識的な野球ができない罰当たりな球団になってしまった。ことごとく野球の基本を怠って自分勝手に好き放題にバッティングをする。次打者に繋げるなどとはまったく考える必要がなく、ミスっても何の罰則もない。こんなことを続けていれば天罰も下ることだろう。一時期あった打線の繋がりは各打者の好調さを土台として成り立った。しかし、その好調さが無…

  • ぬるま湯に浸かっているような厳しさのない三浦野球

    横浜は不調に喘いでいるチームを生き返らせる。広島は21イニング無得点が続くほど打線が低調であったが、ソト、牧の重なるエラーにより援護してもらいようやく息を吹き返らせた。このところの横浜の試合には新鮮味を感じない。頑なに守り続けているオーダー。そして何よりも酷いのは打撃重視しているための歪みによる守備の破綻というか、ざるのような状態の1,2塁間。そちらの方向に行った打球はかなりの確率でヒットになってい…

  • 監督の資質が問われる

    今年まだ一つも勝てていない読売に対して惜しかった試合といえばそうなる。一つ勝てばムードも変わり点の取り方もスムーズになるかもしれない。宮崎、ソト、牧の本塁打。いずれも素晴らしい当たりなのは分かるが、これだけ打てるなら他のチャンスでのタイムリーも出ていて然るべきだ。要は4番が機能しなかったからだろう。調子を落とした牧は少し打順を下げて、ソトを少し上げた。これが正しい対応でありそうすべきなのに、佐野…

  • またしても道に迷っている三浦

    選手たちは依然として明るいのだろうが少しモチベーションが低いようである。こういうものは勝ちだすとすぐに復調するのだがそれが今は難しい状況だ。打線の中には明らかに低調な選手が混在して彼らが足を引っ張っている。2番、5番といったところが打線の繋がりを切っている。原因ははっきりしているのだから対処すればよいのだが、何故か何も動こうとしない。スモールベースボールを目指すという基本的な考えは同意するが、この…

  • 消えて欲しくない名選手

    倉本が負傷により離脱した。これで柴田と二人ショートを守るレギュラーに近い選手がいなくなってしまった訳だ。残るは大和になるが、このところ何故か精彩を欠いている。18年に横浜に移籍し3年間、攻守にわたってチームを支えてくれた。チャンスにめっぽう強い打撃と、煌めきの守備力。それは今も変わっていないと信じている。33才、まだ老け込むには早いだろう。まだまだやってくれることを期待している。しかしプロの世界は厳…

  • 負けるべくして負けた試合

    横浜は勝つべき試合を落とした。序盤から再三チャンスを作っているが、拙攻を繰り返して最少得点しか得られていない。それに対して阪神は5回に機動力による精神攻撃を仕掛け、ピープルズに焦りを与えて一気に逆転した。無死で一塁に出塁した4番佐藤は、サンズの左中間二塁打により一気にホームを突いた。中継に入ったのは大和だったが十分に刺せるタイミングであった。刺せると判断したからホームに送球したのだろうが、思ったよ…

カテゴリー一覧
商用