chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
ベイスターズの内面をえぐる http://steely.seesaa.net/

単にベイスターズ戦の感想を述べるのでなく、主観的な自分なりの考察をできるだけ理論的に述べたいと思っている。

ベイ吉
フォロー
住所
新座市
出身
世田谷区
ブログ村参加

2015/06/18

1件〜100件

  • 守備の重要性を再認識した敗戦

    守備の重要さを思い知った試合であった。2度の中日岡林からのレーザービーム返球による捕殺が、試合の流れを大きく変えた。逆に大和の拙い守備によるといってもよい失点は横浜の息の根を止めた。 それにしてもここへ来て打線の調子が落ちているように思う。そろそろ、オースチンや大田の起用を考えるべきだろう。そして守備と機動力の強化として森の復帰もそろそろだろう。主観的にはあまり打力に期待を持たずに、自由に伸び伸…

  • めでたい三浦監督100勝と貯金1

    1点を争う投手戦の展開となった。その中で坂本、京山、入江の若手3投手がストレート主体の攻めのピッティングで押し切った。嶺井のリードも良かったが、それぞれが自信を持って投げた切れのあるストレートは素晴らしかった。一方で小笠原の緩急をつけたピッティングに打線は翻弄され、大きなチャンスも作れず8回まで抑えられた。ところが最終回、まだ投げられたはずの小笠原をマルティネスに代えたことが試合の流れを変えた。関…

  • 見事な選手起用

    大野との相性からだと思える神里の起用が大きく勝利に関わった。7番に起用された神里はすべての打席で出塁しよく得点に絡んだ。確かに各打席を見ていると、いつもの決めつけの早いあっさりしたものとは違っていた。まさに立派な7番打者だったと言える。裏を返せば単にメンタル的なものなのではないのか。大投手である大野に立派に太刀打ちできるのであれば、どの投手にも対応できるはずである。しかし本人の好き嫌いが強く打席に…

  • 慎重すぎるオースチンの起用方法

    劇的なサヨナラの幕引きで辛くも勝利を引き寄せた。確かにサヨナラ勝ちして気持ちいいかもしれないが、次の日になればテンションは元に戻ってしまう。今の調子の悪い広島ならば、もう少し楽に勝てなければならない。難敵床田に対して横浜は右打者を6人起用してきた。これが功を奏して2回に4連打し、優位に試合を進める。広島は5回一死三塁で床田を変えられずにそのまま打たせて点を取れず、しかも床田自身の負傷というダブルパン…

  • オースチン4番復帰が待たれる

    後半戦最初の試合。中8日間も実戦から離れ不安はあったが、杞憂であったようだ。大体の選手たちは調子を維持している。そして牧、楠本らは調子を戻してきている。調子を落としている桑原もそれほど心配はないだろう。そういったことよりも、この日の試合でみせていた打線としてのまとまりが示せるのかが問題だろう。しかし課題も多い。初回一死三塁、7回無死二塁での牧。最低限のことも出来ないのだから4番の座を外すべきだろう…

  • この三連敗は深刻に考える必要はない

    7本の安打を打っても9イニングの中に均等に散りばめれば、得点に繋がらないものなのだ。殆ど連打はなくようやく得点圏にまで走者を送っても、肝心なところで一本が出ない。この3連戦はまさに甲子園球場の魔力にやられた感がある。攻撃のときには打っても球場からの反応がない。逆に守備のときには打たれれば怒涛の声援が精神を蝕む。これにより精神的に弱かったり、経験の少ない若手などは影響を受けることになる。横浜打線では1…

  • 泣いても笑っても今日で前半は終わり

    横浜打線の原動力である蝦名、桑原が機能しなければ得点できないのは当然のことだ。特に蝦名がここまで打てないというのは珍しい。これでは中軸の宮崎、大和が2安打ずつ打っても無駄打ちになってしまう。やはり甲子園の魔力にあてられたのか。ベテランは影響を受けないということなのだろうか。ここはやはり1、2番の奮起を促すしかないだろう。そこで促進剤として細川を中軸の6番あたりで起用するのはどうか。もし、細川が打ち出…

  • 作戦意図が良く伝わった意味ある敗戦

    内容の濃い意味のある敗戦だった。対青柳用に振り切ったオーダーを敷いてきた。1番森、6番楠本、7番神里と左を並べ、何とか攻略しようとする意欲がみられた。実際にセイフティバントを模索したり、じっくり球を見たり、ファールを粘ったり簡単には打ち取られなかった。その結果として球数を多く投げさせることは成功している。それでも青柳の投球は素晴らしく、あと一歩攻め込むことはできなかった。初回一死一塁からの佐野の遊…

  • まったく感動しない勝利

    横浜は力技で勝利し勝率を5割に戻した。嶺井の2ラン、佐野の2ラン、蝦名のソロとこれまでの連勝時とは違う一発攻勢でである。そこには緻密なチームバッティングなどという要素が含まれるはずもなく、ただホームランという安易な得点方法によるものである。もちろんホームランを打つのは難しい。だからこそもっと楽に得点する方法を取るべきなのだ。これはあまり好ましいとは言えないと私は思う。そう思うのは、対戦相手も同じ攻…

  • ここで気を抜いては何の意味もない

    敗戦の原因は分かっていると思うが、これまでのチームバッティングをしなかったこと。初回の無死一塁、桑原、佐野とその対応が出来なかった。ここから流れが悪くなっている。2、3回に力技で辛くも得点しているが効果的ではなかった。そして4回の知野の見逃しによるランエンドヒットの失敗や、6回の無死一二塁での宮崎の空振り三振と、まったく目的意識が感じられなかった。なぜこれまでやってきた野球を変えてしまうのか。5割に…

  • 好事魔多し、勝利の代償は大きいのか

    高橋宏斗の球は凄かった。直球の切れ、フォークの落ちが素晴らしく、横浜はチームバッティング出来る要素が無かった。その切れ切れのピッティングを7回まで続けられるとは、何という体の強さを持っているのだろうか恐れ入った。そんなときに佐野のような状況に応じて対応できる選手がやってくれた。このところのチームバッティングではなく、本来持っているプルヒッターの力を呼び覚ましたのだ。こんなときにはこれしかない。初…

  • 一日で軌道修正してきたチーム

    素晴らしい試合だった。昨夜のサヨナラ勝ちより数段気持ちの良い内容だった。特に3回の攻撃は申し分なかった。死球で出塁した蝦名を一塁に置いて桑原のセイフティバント。初めて成功したらしいが、いい加減でない本気でやろうとしたからこそ上手くいったと思う。続く佐野の打席も力任せの強引さを抑え、ミートを心掛けているところが心憎い。牧もセンター中心のバッティングで最低限の仕事をしている。昨夜、拙い打撃をした宮崎…

  • 下手糞な采配<br />

    はっきり言ってあまり気持ちの良くない勝利である。一歩間違えれば負けていたかもしれない。サヨナラ勝ちで浮かれたままでいると、明日の試合足元を掬われるかもしれない。試合を難しくした原因はヤクルトを舐めたからだと思う。確かに今日の今永ならば打てそうな打者は村上以外はいなかった。まぐれ当りはあるかもしれないが、要所をきっちり締めとけば点を取られることはなかった。そういうことで序盤にソトの2ランでリードを…

  • いい流れを掴んでいた試合

    見事な勝利だった。昨日の試合との違いは歴然としていた。それは3回二死から蝦名が出塁したとき、桑原がしぶとく四球を選んだところである。ここが昨日とは違っており何とか繋げようとする意識が前面に出ていた。こういう行動を取ると必ずいい結果が続く。また、チーム全体に走塁への意欲もかなり感じられた。守備でも相変わらず桑原は堅実な守備をしており、この試合は外野フライが多く7本の飛球を処理している。ライトの蝦名は…

  • この上昇気流を上手く生かせ

    やはり今チームは強い。特に打線の流れが良いようだ。特にその中でも佐野が良く働いていると思う。それは佐野本来の豪快なバッティングを褒めているのではなく、自分を殺したチームバッティングをしているからだ。初回一死二塁では無理やり引っ張らずに確実にヒットを狙っている。3回無死一二塁ではこれもショートゴロだが、ここでも最低限併殺を食わないバッティングを心掛けている。いつまでこれを続けられるか分からない…

  • 今シーズン最高の試合

    今年初めて投稿する気にさせた、それだけの価値のある試合だった。ある意味ターニングポイントになってもおかしくないものだった。ようやく目指す打線らしいものが出来てきたようである。1、2番の蝦名、桑原と下位の森を含む機動力は盗塁やエンドランなどかなりの流動性があって得点確率が高い。そしてクリーンアップである佐野、牧、宮崎は安定してきた。特に佐野はこれまでの勝手気ままなバッティングを抑え、チームバッ…

  • 伊藤光がチームを引っ張っている

    やはり安定感のある投手が投げていると面白い試合ができる。今永は復帰後の初勝利だが、それに見合ういい投球であった。投手がいいと攻撃の作戦に幅が広がる。この試合では桑原が元気であったが、むらっけを何とかして欲しい。1番が出塁すると伊藤光がいい働きをする。初回は桑原出塁、伊藤光は1球目バント構えから引いて盗塁成功。これは簡単なようで難しい。普通の打者ならバントをしていただろうが、桑原のスタートの良さを確…

  • どんな局面でも走塁への意欲は失ってはならない

    この前の試合をあんなに褒めたのにまたしても裏切られた。9安打しながらまた攻撃の単調さが戻り思うように得点できない。これではいつになってもチームが変わることはないだろう。いくら不利な状況でも走塁への意欲を失ってはならない。 結局は先発投手の不出来によって試合は決まったも同然だ。京山はまったく進歩していない。まずはストライクから入り投手主導の攻めが出来なければだめだ。そのためにはコントロールできない…

  • かなり見るべきところがあった試合

    何と言っても一番は濱口が完封したことだろう。投手陣がほぼ崩壊状態の中で、開幕からずっと支えている。この闘争心で戦っている姿を大貫、坂本らメンタルの弱い投手は見習って欲しい。 さて、打線の方だが何だかいつもと違うようであった。2番伊藤光の対応はいつものことだが、特に今のチーム状況を判断した上での3つの送りバントだろう。もちろん、バスターもやればできるのだが敢えて確実性を取った。3番佐野はそれに呼応し…

  • 走塁への意欲のなさがチームを苦境に誘う

    結果的に坂本の不甲斐ないピッチングが敗因になる。初回いきなり先頭に本塁打を打たれたとはいえ、逃げのピッチングはいけない。もっとメンタルを強く持って立ち向かわなければならない。このあと中継ぎの投手が何とか試合を作ったが逆転までには至らなかった。打線には勢いはあるものの、いつもの無駄打ちを繰り返した。オースチンが一人欠けただけだが、彼の集中力と機動性への意欲はチームにとって欠かせないものだった。しか…

  • 横浜は控えの選手層を強化しなければならない

    横浜は4回に効率的な攻撃とオースチンの見事な走塁で一気に8-2と勝負をつけた。しかし、その走塁でオースチンは負傷欠場してしまったのは痛かった。どう見てももう勝負はついたろうと思うが西武打線はあきらめない。チャンスになると一気に攻勢に出て、伸び伸びとした打撃と積極的な走塁で得点を奪う。それに対して横浜は塁には出てもただ打つだけの打線に戻ってしまった。これは単なる油断であろう。ついには2点差になると慌て…

  • 横浜は西武の総合力には敵わない

    昨夜の試合は酷かった。特に前向きなコメントはない。もっとも私は4回の西武の攻撃を見終わったところで匙を投げた。したがってそれ以降の結果は記事を見ている。4回の裏、まずピープルズが酷かった。最初の2四球はあってはならない。粘られての四球なら分かるが、明らかに上位打線を恐れての弱気の四球。この時点で交代を考えるべきだろうが、動く気配はなかったのは甘いと感じる。そして西武打線は素晴らしかった。栗山の右前…

  • 良い働きをしているベテラン勢

    今シーズン初めてのサヨナラ勝ちだ。9回で強制終了の今年のルールでは、そう簡単には成し得なかったことだ。いかにチームの状態が良いのかを示している。しかも9回の表を守り切ると必ずアナウンサーが「これで横浜の負けは無くなりました。」などと油断させる常套句を言うので、これで応援にも必死さが無くなり、何となく攻撃の手も緩んでしまう気がしてならなかった。それはさておき、大和は素晴らしかった。何かが乗り移ってい…

  • 打線で勝ったが、勝ちのリリーフ陣投入は計算外

    打線はまさに絶好調という状況である。桑原がいい。むりやり自分を殺してはじけたいのを抑えている姿が泣けてくる。この数年の苦労を考えれば、自分はどうすべきかを真剣に考えての姿勢であろう。この好調さが続けば横浜の快進撃は続くだろう。そしてベテラン勢の大和、伊藤光、宮崎。同じ年代の彼らがいい関係を作り、チームの屋台骨となっている。その上で主軸が実力を発揮している。これはまさに理想的な状態であろう。調子の…

  • 新たな力を与えられた敗戦

    酷い試合だった。先発京山がロッテ打線に火を点け、あとは砂田以外の出てくる投手がもれなく打たれた。投手も酷いが受ける捕手にも問題があるようだ。一つ分かったのは、伊藤光以外にはまともに務められる捕手はいないということだ。いったい彼らはレギュラーになるために努力はしていないのか。毎試合ベンチにいて伊藤光の仕事を見ているのになぜ上手くリード出来ない。上手く捕球できない。いくらでも時間は与えられているのだ…

  • 桑原の強い気持ちに震えた

    横浜はいい戦いをしている。少し物足りないと言った桑原は、その声に反発するかのように素晴らしい気迫を示した。初回、右前安打で出塁すると、伊藤光のフォローにより久々の盗塁を決めた。この積極性が必要なのだ。攻撃は膨らみ一二塁となってオースチンの一打を呼んだ。そして7回にエスコバーの不運なアクシデントにより追いつかれたが、その裏のソト、大和の二塁打により再び突き放した。8回、1点差で逃げるため山崎が登板す…

  • 物足りなさを感じる試合

    良く守りきったいい試合だと言いたいところだが、やはり機動性のない攻撃はつまらない。1番桑原は攻守に活躍したと評価されているが、それでも物足りなさを感じる。例の一件で臆病になり、出塁しても盗塁をしようとする意気込みがみられない。このチームにとって必要なのは機動力。成否にかかわらず、次の塁を奪おうとする意欲があるのかどうかが問われる。その点を考慮すれば、主観的には楠本の打力と走力に惹かれているのだが…

  • 今シーズンこれまでの最高

    いい流れを持続している打線だが、残念ながらこの日の不満は1番打者である。調子の波が激しい神里ではないだろう。出塁しても何もしない桑原でもない。楠本だ。今絶好調の楠本を何故スターティングから使わない。結果、1番がブレーキになってしまい、2番伊藤光がうまく生かされなかった。それでも初回に出塁した伊藤光は佐野とのエンドランを決行したが失敗に終わった。代わりに気を吐いたのは4番オースチン。2回に先制のホーム…

  • 色々反省点のある敗戦だがまだまだ戦える

    あの嫌なことがあったあくる日、オーダーには山下、神里の名前はなく試合への出場もなかった。実に三浦らしい選手を思いやる処分の仕方である。ただ、後遺症はなかったのかは分からない。しかし6回無死一塁でのバスターバントのように、難しいことをいとも簡単にこなす伊藤光がいることは本当に心強い。惜しくもファールになったが、決まっていれば大きなチャンスが生まれたはずだ。対照的に久しぶりに1番に起用された桑原は失敗…

  • 好事魔多し

    まさに好事魔多し。物事がうまくいきそうなときには必ず邪魔が入るので、浮かれて足元をすくわれないように気を引き締めるべしということだろう。折角のいい流れが消滅したとは思わないが、野球の根幹を成す部分をきちんとしてなければ打線がどうのこうのと言っている場合ではない。サインに関するミスは公にする必要はない。犯人探しをしたところで誰も得をしない。問題は二度と起こらないように対策を徹底させることと練習を怠…

  • 今の打線はそう簡単には冷え込まないだろう

    横浜はギリギリのところで試合をものにした。これにより頑張っていた選手たちは報われた。前回述べたが、今チームに活気を与えているのは伊藤光だろう。この試合でも初回、一死からまだ力を発揮していない涌井からヒットをひねり出し打線の発動を誘発している。二死後、オースチンが粘って四球で出塁すると宮崎が左前にヒットし伊藤光を迎え入れた。その際に一塁ランナーのオースチンはまたしても果敢に三塁を陥れている。この走…

  • 攻守にわたる伊藤光の働きがチームの動きを良くしている

    やはり投手力が一定水準に達していないと勝てないという当たり前のことを感じた。もう打線の方はしばらくは心配なさそうである。それは2番に抜擢された伊藤光の野球に対する姿勢がナインに伝わっているからだ。佐野も自分の成績よりチームのためを考えて打席に入っている。この試合では4番オースチンにも本来のいい動きがみられた。初回二死から塁に出て宮崎の三遊間ヒットで一気に三塁にヘッドスライディングした。この闘志溢れ…

  • 守備の弱さが晒された横浜

    バファローズは敗戦を受けてガラッとオーダーを変えてきた。左打者と機動力を重視した打線である。こういうことかできるチームの構成は羨ましいと思う。この変更が機能し、序盤までに大量リードを奪い勝負を決めた。しかしいいようにやられたものだ。大貫の不信な投球はあるがバファローズ打線は主にライト方向への連打を重ね、殆どのケースで一三塁を作っていった。数えてみたのだが記録上、右安とされた内、一二塁間を破ったヒ…

  • 佐野の打棒復活の予感

    三浦監督はバッティングコーチとピッチングコーチの2人ずつ計4人の入れ替えを行った。田代、川村コーチがベンチ入りしたことになる。両者とも経験豊富であり、選手の状態を分析し的確な指導ができると期待される。そして打線はこれまでと基本路線は変えなかった。ただ2番に伊藤光を上げてきた。これは適切な判断だと思う。彼は打席で粘れるし、臨機応変な対応が出来る。それと出塁したときの走塁意識が高いのが大きい。チームは…

  • 大きく動かさないとチームは変わらない

    最近、ファンの間では横浜は弱くなったという意見をよく聞く。当然、示している結果をみればそのようにみてしまうだろう。だが、去年より戦力が落ちた訳ではないのになぜこうも弱いのか。私はラミレスが作り上げた去年までの攻撃に特化した打線から、三浦が目指す機動力を生かした打線への変化の過程での苦しみと解釈している。その過程では機動力のない主力たちを生かすためには、これまでの手法を踏襲するしかないと判断したも…

  • このチームは佐野が変わらなければだめだ

    もはや優勝いやAクラス狙いでさえも絶望的な状況で、これから先どうしていくのかまったく分からない。もうすでに下から上げる人材は殆ど無いと思っているだろうから、変わらぬ顔ぶれの調子が上向くのを待ち続けるのだろうか。私はもしこのメンバーでシーズンを戦っていくならば、ある程度の好調な時期はあったとしても最終的には悲惨な結果になるだろうと予測している。なぜならば、時を経て好調な時期を迎えたとしても、この間…

  • 最終回の佐野の見逃し三振は罰則もの

    小川も濱口もエースの立場にいるだけあって、互いに素晴らしい投球を見せ合った。残念ながら西浦に打たれた1本のホームランによって勝敗が決まってしまったが、これだけのピッチングに報いる援護射撃が出来なかったのは悔やまれる。確かに小川のピッチングはストレートの切れとコントロールが絶妙であって、横浜打線にとっては難しすぎたのは本音だろう。しかし、9回にマクガフに代わり、桑原がいきなり二塁打を放ったことで試合…

  • もっとも評価できるのは関根の一打

    久しぶりに気持ちのいい勝ちをみせて貰った。同点に追いつかれた9回も二死まで取られ、もはやどうすることもできない状況下での出来事だったので尚更素晴らしかった。お膳立ては代打の関根である。誰もが諦めている中で彼は決して諦めてはいなかった。しかも短絡的に一発長打を狙うのではなくシュアな打撃に徹したところがいい。一番に還り桑原が繫げる打撃で続いた。そして二番大和だが、彼は守備で大きな失態をしている。この…

  • 逃げちゃだめだ三浦監督

    雨で2試合が流れた。横浜にとっては恵みの雨だった。今の戦力で戦えば十中八九負けていただろう。ただでさえ調子が悪いのに、雨で変化したグランドは攻守にわたって大きく影響を及ぼす。攻撃においては走力の無い打者たちに各駅停車を余儀なくさせるだろう。守備においても打球の早くなるグランドでなお一層の守備力の無さを露呈することになろう。もちろん中日も同じ条件だが、どうみてもあちらの方が走力も守備力も上である。…

  • 不信感を拭えない指揮官

    佐野がようやく4番の重圧から解放され、気分一新自分らしさを出し始めた。そして伊藤光が満を持して上がって来て、攻守にわたって格の違いを見せつけた。これらの当たり前の変更は遅きに失したが、これからの戦いにおいて多少の明るさを提示している。しかし変わっていないのは監督のマインドだ。この日の敗因は先発投手の不出来とタイムリーの出ない打線と簡単に分析しているが、そんなに単純なことではないだろう。3回二死から…

  • もはや天罰としか思えない三浦野球の失敗

    16安打で3点。どうやったらそれが可能なのか不思議でしょうがない。もはや常識的な野球ができない罰当たりな球団になってしまった。ことごとく野球の基本を怠って自分勝手に好き放題にバッティングをする。次打者に繋げるなどとはまったく考える必要がなく、ミスっても何の罰則もない。こんなことを続けていれば天罰も下ることだろう。一時期あった打線の繋がりは各打者の好調さを土台として成り立った。しかし、その好調さが無…

  • ぬるま湯に浸かっているような厳しさのない三浦野球

    横浜は不調に喘いでいるチームを生き返らせる。広島は21イニング無得点が続くほど打線が低調であったが、ソト、牧の重なるエラーにより援護してもらいようやく息を吹き返らせた。このところの横浜の試合には新鮮味を感じない。頑なに守り続けているオーダー。そして何よりも酷いのは打撃重視しているための歪みによる守備の破綻というか、ざるのような状態の1,2塁間。そちらの方向に行った打球はかなりの確率でヒットになってい…

  • 監督の資質が問われる

    今年まだ一つも勝てていない読売に対して惜しかった試合といえばそうなる。一つ勝てばムードも変わり点の取り方もスムーズになるかもしれない。宮崎、ソト、牧の本塁打。いずれも素晴らしい当たりなのは分かるが、これだけ打てるなら他のチャンスでのタイムリーも出ていて然るべきだ。要は4番が機能しなかったからだろう。調子を落とした牧は少し打順を下げて、ソトを少し上げた。これが正しい対応でありそうすべきなのに、佐野…

  • またしても道に迷っている三浦

    選手たちは依然として明るいのだろうが少しモチベーションが低いようである。こういうものは勝ちだすとすぐに復調するのだがそれが今は難しい状況だ。打線の中には明らかに低調な選手が混在して彼らが足を引っ張っている。2番、5番といったところが打線の繋がりを切っている。原因ははっきりしているのだから対処すればよいのだが、何故か何も動こうとしない。スモールベースボールを目指すという基本的な考えは同意するが、この…

  • 消えて欲しくない名選手

    倉本が負傷により離脱した。これで柴田と二人ショートを守るレギュラーに近い選手がいなくなってしまった訳だ。残るは大和になるが、このところ何故か精彩を欠いている。18年に横浜に移籍し3年間、攻守にわたってチームを支えてくれた。チャンスにめっぽう強い打撃と、煌めきの守備力。それは今も変わっていないと信じている。33才、まだ老け込むには早いだろう。まだまだやってくれることを期待している。しかしプロの世界は厳…

  • 負けるべくして負けた試合

    横浜は勝つべき試合を落とした。序盤から再三チャンスを作っているが、拙攻を繰り返して最少得点しか得られていない。それに対して阪神は5回に機動力による精神攻撃を仕掛け、ピープルズに焦りを与えて一気に逆転した。無死で一塁に出塁した4番佐藤は、サンズの左中間二塁打により一気にホームを突いた。中継に入ったのは大和だったが十分に刺せるタイミングであった。刺せると判断したからホームに送球したのだろうが、思ったよ…

  • そろそろ感じる打線の陰り

    序盤は勝てる雰囲気があった。先発ロメロは阪神打線を1巡目までは完ぺきに抑えた。横浜打線は伊藤に対して再三のチャンスを作ったが決定打が出なかった。140k台前半のストレートと多彩な変化球を操る投手であるが、打てそうで打てない横浜が苦手とするタイプの投手だ。多分、殆どの投球を占める変化球に狙いを絞っていたようだが、ここぞという時に投げるストレートに翻弄され、結局最後まで攻略できなかった。ロメロは2巡目から…

  • この打線の繋がりはいつまで続くのだろう

    見事な逆転勝利である。まさに打線の繋がりによって大量得点を取っている。どの打者も後ろに繋げる意識が強いのが上手くいっている原因だ。そして2失点の先発中川は4回で諦め、9番に打順が回るとそこにいつもの代打戦法で山下、乙坂と起用してこれがまた上手く当たった。唯一残念だったのは大和の不出来であり打線はここで切れてしまった。したがってオースチンは4度も回の先頭打者になってしまい、彼はランナーなしで打席を迎え…

  • 打のヒーローは桑原だが、佐野の頑張りも見逃せない

    勝ち方としてはあまりよいとは思わないが、先発が試合を作り打つべき人が打って勝利を掴んだ。久しぶりに変えた1,2番には期待したが、まったく機能しなかった。特に神里には期待したがあまりにも酷かった。そのせいで機動力は使えず、思うような得点源にはならなかった。こうなるといつもの悪い癖で、塁には出るものの得点に結びつかないいつものパターンを繰り返した。7回の絶好の得点機にも上手く点が取れずにいる状況のとこ…

  • バッテリーの不始末による敗戦

    初回から大量失点されたが、そう簡単には負けない横浜は振出しに戻すソトの3ランで追いすがった。しかし、あまりにも酷い先発投手ではどうすることもできなかった。どう考えても打たれた大貫を含めバッテリーが悪すぎた。ただ、本当に大貫の調子が悪かったのかどうかだが、主観的には球威はあったように思う。そのコントロールに問題があったが、はたしてリードで補うことはできなかったのか。全体的にカウントを悪くしてストラ…

  • 安心して見ていられる試合展開

    まだ気持ちのいい勝ち方はできないが、だんだん良くなってきているのは確かだ。こういう時期にはうれしい戦力が出てくる。ピープルズはまさにそれで、先発が厳しい状況の中でここまでやってくれるとは思わなかった。そしてエスコバーが今まで以上に頼もしい働きをしてくれている。もちろん、終盤の山崎、三島は安定感をどんどん高めている。山崎は8回に1失点したが、安全策を取っての失点であり何ら問題はない。最近はこの日のよ…

  • チームの強さを象徴する勝ち方

    開幕時からの不調を抜け出してようやく調子を上げてきたようだ。散々貶してきた戸柱もようやく何かを掴んだようだ。バッティングが良くなってリードも積極的になることを期待する。全体的に連敗を糧として、いつもより強いモチベーションを獲得しているように思える。失敗しても次にはお返しをするというような気持ちの表れだ。桑原などは5回の一死一三塁の好機に併殺打でチャンスを潰しているが、同点の8回に本塁打でちゃんとお…

  • いよいよ調子を上げてきた横浜

    思った通り投打が噛み合ってきたようだ。先発が上手くいかなくても、あとを継いだ国吉、エスコバーらパワーピッチャーが踏ん張って何イニングも0で抑える。その間に着々と同点に追いつき、ついにはミラクルを起こす男、倉本が逆転のタイムリーを放つ。最後には打者一巡の猛攻となり、6点という大量得点でダメを押す。まさに防御と攻撃が一体となっているに他ならない。しかし気になっているのは、ほとんどの選手が調子を上げてい…

  • 不運を乗り越え突き進め

    残念ながら三連勝とはいかなかった。しかし、がっかりすることはない。まったく問題点を感じるところは無かったのだから。むしろ、ここへきて大和の頑張りは素晴らしいし、桑原、嶺井、牧などこれまでと違って悔しさを表す顔の表情が豊かになっていることはチームが明るくなってきている証だ。佐野も多少柔らかな表情が見えるようになり、全体的に余裕が感じられるようだ。昨日は先発坂本がアクシデントにより急遽降板するという…

  • 投打ともに勢いがついてきた横浜

    打線の復調が著しい。先頭桑原が元気でありオースチンがチャンスに強いところをみせる。佐野、牧も調子を維持しており宮崎、ソトが復調してきた。こうなると下位に置いているこの二人の存在が脅威になってくる。特にソトはあれほど酷かったフォームがこんなに早く治るとは想像できなかった。昨日のホームランは彼本来のライトへの当たりだった。今の打線はどこから始まっても切れ目のない状態になっている。それと、見逃せないの…

  • やる気を見せ始めた打線

    打線は水物とはいうもののこれほどまでに変貌するとは想像できなかった。先発床田に対して2回の宮崎、ソトの連打。あれほど貶していた二人が揃ってヒットとはいったい何なのか。そして大きかったのは嶺井のしぶといタイムリー。この一打で今日は行けるぞという気持ちを奮い起こさせた。3回は1番桑原から快打一発、やや右中間前に打球を飛ばし快足を生かして二塁を奪う。知野が送った一死三塁に気合の乗ったオースチンがレフトオ…

  • 問われる監督としての才能

    敗因は大貫と打てない打線であるが、一気に大量点を取られれば今の打線では取り返す力はない。だからすべて大貫が悪いのかというとそうとも言い切れないように思う。1,2回はピンチを迎えながら何とか抑えられた。それは大貫の緻密な制球力によるところに他ならない。大量失点した3回、1,2塁にしたところまではしょうがないが、一死から坂倉に右中間前にヒットを打たれた。このとき足の速い2塁ランナー羽月の生還は仕方ないだろ…

  • ミスもあったが、なかなかいけてる打線となっている

    大胆な選手の入れ替えを断行してようやく手腕を振るいだした三浦監督だが、惜しくもソトの見極めの判断を見誤った。今までにあれだけ素晴らしい成績を上げている選手だけにそう簡単には見切れなかったのは分かるが、我々素人が見ても分かるようなj酷い状態の打者を使い続けたのが主な敗因になってしまった。折角、新しい1、2番に抜擢した乙坂、倉本が素晴らしい働きをして、それにつられてオースチン、佐野が打ち出したのにソト…

  • 厳しい対応を望む

    昨日の惨敗を目にして、ならば一昨日の勝利は何だったのだろうか。やはり阪神からの思し召しだったのだろうか。それでもはっきりしたのは宮崎、佐野はやればできるのだということ。ソトは今のところ打撃フォームが崩れていて使えないこと。だとしたら元気な関根や蝦名などをスターティングで起用し、佐野をファーストに回すしかないだろう。二遊間を守る選手にはあまり打撃に期待できないのだから。状況を的確に捉えて迅速で厳し…

  • チームを立て直してくれた阪神<br />

    野球は分からない。だからこそ面白いのだが。絶対に勝てないと思っていた阪神に勝利してしまった。勝ち方も横浜の力というより阪神に手助けしてもらったようなものだった。先発の藤浪は直球の威力が素晴らしかったが、制球力に問題があり横浜の各打者は良く球を見て四球を選んだ。このところ早打ちして凡打を繰り返していた横浜打線は、威力はあるがよく見ればボール球を見送るうちに選球眼が蘇ってきたようである。佐野、宮崎と…

  • とにかく打線は大胆な変更が必要

    本当は勝ちゲームの中で今日はここが凄かったなあ、ヒーローは彼だけど陰の立役者は彼なんだというようなことをブログに書きたいのだが何もできないもどかしい現状だ。今はもう一横浜ファンとして激励のエールを送ったとしても何の役にも立たない。むしろ苦言を呈する方が正常なファンとしての在り方だと思う。この試合、特に著しいメンバーの変更はなかった。どう考えても不調でチームの足を引っ張ってる宮崎、ソトは使われた。…

  • 一つの分岐点

    試合に関しては何も述べることはない。なぜならば、前回に述べたようなことが実際に起きており、あとは監督の感受性と行動力により期待に応えるような采配をして頂く以外にない。梶谷が抜け、ロペスが引退し、宮崎が劣化し、オースチン、ソトの合流が遅れたという言い訳があるにしても、この目に余る惨状を前にして監督は責任を免れることはできない。次の試合に何事もなかったかのように同じことを繰り返すならば、少なくとも私…

  • 何をしたいのか分からない監督の考え

    昨夜の読売阪神戦を垣間見ていて、とてもじゃないが今の横浜では太刀打ちできないなと感じた。それだけ両者ともレベルの高い攻撃力を有している。それに比べ、昨夜の横浜は相変わらず情けない攻撃力だ。試合後、三浦監督はようやく目指す野球に近づいてきているというニュアンスのコメントを述べたが本当にそうだろうか。機動力を生かそうとする打線になっていないことに私は憤りを感じる。2番に宮崎はチャンスでは打てない…

  • 今の状態で勝てると思ったら大間違いだ

    昨日の試合で引き分けを勝ち取り、まるでこれでいけるような感触を得ているようだがそれは違うと思う。まだ、攻撃面も守備面もミスと呼んでも良いような事象が見受けられるからだ。こんな状態では勝つのは難しいだろう。打順を変更し宮崎を2番にもってきて、ポイントゲッターではなくチャンスメーカーとして生かそうとした。しかし、彼が出塁したとしてもあの足の遅さでは得点に繋がりにくい。彼は中軸にしか置く場所…

  • ためらいを感じる采配

    オースチン、ソトが戻ってきたが打線は爆発しなかった。多分そんなことだろうと思っていたが予想通りであった。スラッガーが揃っているので得点力が増すであろうと思うのは間違っている。佐野、宮崎は2安打ずつしていて調子は良いかにみえるがそうだとは思わない、単打で出塁しても機動力を使える訳でもないので生還しにくい。彼らは長打力やチャンスに強いポイントゲッターとしてその存在が認められるのだ。むしろ、…

  • 最低のチーム状態

    今年は三浦監督の初年度なので静かに見守っていこうと思っていた。これまでの打つだけ野球から脱皮して機動力を重視した新しい横浜を作ってくれると期待していた。しかし予想は脆くも崩れ去った。色々チーム事情はあるのは分かるが、あまりにも酷い結果である。もう黙っていてはストレスが溜まるばかりなのでブログで鬱憤を晴らすしかなかった。最近の試合を見て感じるのは、選手は何を考えて臨んでいるのかということ…

  • 三浦監督の決定

    来季の横浜は三浦監督で決まった。実際にどのようなチームを構築していくのだろうか。予測できるのは投手コーチを務めていたときに、投手起用においては先発投手を出来るだけ完投近くまで投げさせていたのを浸透させて、リリーフ投手の負担を軽減させる方向性を示すだろうということ。また、二軍監督になってからは果敢に盗塁を企てていることや、積極的な守備を奨励していることなど機動力を前面に打ち出した野球をしてい…

  • 来年度に思いを馳せらせる選手起用

    残念ながら試合は負けたが、なかなか内容的には見るべきものがあったと思う。それは来シーズンにつながる選手の起用である。まず、3番に神里が起用されたことである。もちろん佐野や宮崎が欠場しているのもあるが、主観的には神里には十分な長打力があり、クリーンアップで出場すれば年間20本の本塁打を打てる力があり、3番を務める資格はあると思っている。そして7番に起用された伊藤裕。彼はファームから上がっ…

  • 何故、今更機動力野球なんだ

    久しぶりの投稿だ。どうしても書きたいと思ったのは、なぜラミレスはこの期に及んで機動力野球をしようとするのか。最後まで自分流を押し通すのがラミレスだったはずなのにどうしたことか。皮肉なことにこの機動力が機能して読売に連勝している。一昨日はプロ初登場の森の二塁打が起点となって読売に引導を渡している。昨日は1、2番の梶谷、大和がこれぞランエンドヒットというものを二度も決めて試合の行方を決定した。確…

  • ようやく決まってきた1、2番

    1、2番は機能している。この試合の得点シーンにはすべて絡んでいる。しかし、クリーンアップにもう一つ当たりが欲しかった。上茶谷は前回のような冴えはなかった。まあ、ようやく2勝した投手というものは、やはり信用がおけないということだ。しかし、あまり敗北感を感じないのは、そんなにチームとして深刻な状態ではないからだろう。だからといってラミレスの采配が完璧であったとは間違っても言えない。3回無死一塁から…

  • 垣間見えた打線の光明

    神里が調子を取り戻し2番に起用された。大体このくらいがちょうどいい打線ではないか。機動力が強調されている訳でもなく、打つばかりでもない。機動力と強打力とがうまく融合された打線になっていると思う。試合の行方を決める序盤の攻撃において1、2番の働きは重要であるのは当然のことだが、まさにそれを表すような働きであった。初回は梶谷の出塁に走者を進める最低限の仕事。3回は内野安打の梶谷とのランエンドヒット…

  • 外野守備にみるモチベーションの高さ

    消化試合といえども横浜の野球はすべてみているが、その中で、この試合は何かを感じさせるものがあった。もはや優勝はあきらめているだろうが、選手たちは雑にならずにひたむきに野球に取り組んでいる。それを垣間見た思いだ。もちろん、打つ方は各選手張り切っているのは当然だが、守備の方でこれほどまでに素晴らしいプレイをみせてくれるとは思わなかった。2回無死一塁での松山のセンターへの当たりをダイビングキャッチ…

  • もはや消化試合の様相の中で思うこと

    正直なところ、ペナントレースには興味を失ってしまった。今年は早々と優勝の可能性が無くなった。CSもないから日本シリーズ出場の可能性もない。こうなれば、来年度に目を向けるより他に野球の楽しみ方はないだろう。しかし、来年、続投する可能性が低いラミレスが監督である限りは、曲がりなりにも優勝を諦めない姿勢を続けるのは分かり切っている。つまり、走力や守備力の欠如した打力重視の打線を基本として押し通すの…

  • このチームが抱える根本的な問題

    序盤にリードしながら中盤に追いつかれた。こういうシチュエーションではだいたい守備の乱れが発生する。そしてこの試合でも逆転負けの原因になった。決して守備の下手な選手がいるという訳ではないと思う。問題は緊迫した場面になると、力を発揮できなくなる選手がいることだ。全体的に積極的なプレイをしている選手は見られないが、特に戸柱のリードやキャッチング、柴田の接触プレイなどに能動的なマインドが欠如してい…

  • 何か中途半端な攻撃しかできない横浜

    連休で今年初めて16000人近くの観客を集めての試合。負ける訳にはいかない試合で、みっともない姿を見せてしまった横浜。打線の調子は上向いていたはずだが、先発畠の力のある球にいい当たりはしても野手の正面をつくあと一歩抑えられている状態だった。横浜の先発大貫は序盤から失点を重ね、もはや打線が小技で少しずつ点を稼ぐこともできなかった。それでももっと代打攻勢はかけて欲しかったが、戸柱、倉本といったところ…

  • 球場を包む観衆の力が後押ししている

    横浜は再び調子を取り戻したようだ。打順を3番に下げられたというより、より重責をかけられたオースチンは、プレッシャーを受けながらも徐々に自分を取り戻している。1、2打席はバットをボールに当てることもできずに空振り三振した。しかし、3打席目にライトフライを打ったところから何かを掴んだようである。そして4打席目、桜井の投じるチェンジアップを見極め、カットボールを左中間に打ち返した。まだ、外角変化球への…

  • 奇跡の風を味方につけた横浜

    横浜は2回に佐野、宮崎が出塁し、中井が送った二三塁に倉本のタイムリーで幸先よく先取点をとった。そして勝利の決め手になったのは3回に飛び出したオースチンの3ランだったろう。前日まで2番を打たせてまったく機能しなかった男に対して、打順を下げると言いながらさらに3番という責任の重い所を任せるラミレスの思考はまったく理解できない。ただ、悪運の強さだけは超一流のようだった。オースチンが放った打球の角度は40…

  • 深刻な事態に陥った横浜

    チーム状態はかなり深刻なレベルに達している。それはオースチンを2番に置いたときから始まっている。打線にとって重要な2番が機能しなければ、当然クリーンアップにチャンスが回らない。そんな当たり前のことを知っていながら独断専行で自分を押し通そうとするラミレス。ようやく気付いて打順を下げるといっているが、あまりにも遅すぎた。それまで2番に起用され成果を上げていた倉本や柴田は、ラミレスの攻撃性を重視する…

  • もうこれ以上ラミレス采配は見たくない

    同じところを繰り返す悪い夢を見ているような気持ちにさせられた。上手くいっていないオーダーは3日目になりまだ続いたが、前の日とオーダーは少し違い、6番に中井を入れた。しかし、これは大和の欠場による偶発的なものであり、積極的に変更したのではない。それに伴ってまたしても9番戸柱を使ってきた。本当にこれが好きなのだとつくづく思う。こうして負けるための伏線は敷かれ、まったく意図したとおりに2番オースチン…

  • 何も変わらないラミレスの最低采配

    勝てたことは素直に喜びたい。しかし、これでいいとは思わない。2番オースチン、6番戸柱。どうしてそうなるのか、自分が思っているオーダーとの隔たりは大きい。ラミレスにはどういう思考回路が働いているのかまったく分からない。この頃は、今日こそはまっとうなオーダーで正当な選手起用をしてくれているはずだと思い試合に臨むのだが、その願いは試合前に打ち砕かれる。それでも、もしかしたらそれが正しい判断なのかもしれな…

  • 脆くも崩れた新打線の構成

    この監督は我々が望んでいることをことごとく覆す行為を続けている。前日、6番で起用したオースチンがいきなりの活躍をすると、すぐさま翌日は2番に打順を変えた。これまで調子を維持してきた打線は基本的に1、2番が作ったスコアリングポジションをクリーンナップが還すという形であった。2番は不定であったが、それでもチャンスメーカーとして働いていた。下位打線が作ったチャンスには梶谷以下がポイントゲッターとして機能し…

  • やはりオースチンの存在は大きいのか

    オースチンの力をまざまざと見せつけられた。やはり彼がいるのといないとでは違いが出るのか。それはまだこれからの試合を見てみないと分からない。せっかく頭角を現しそうな蝦名に影響を及ぼしそうではある。しかし、それは自業自得であり、チャンスを掴めなかった彼の問題だ。まだ、この先、出場の機会はあるだろうから、そのときに自分のバッティングをみせることが出来るかどうかだ。ついに細川は彼らしいバッティング…

  • 舐めてかかった結果がこの敗戦

    惜しい試合を落としたというしか言いようがない。投手陣も踏ん張ったし打線もよく追いすがったけれど、あともう一押しということなのだろう。しかし、中日は三連敗しているチームとは思えないほど、投打ともにしっかりしていた。そのあたりの見込み違いが試合前半の打線の低調さ、先発井納の勝負所での球の甘さに表われたのかもしれない。前半につけられた3点差は今の打線なら十分に返せると思っていたに違いない。しかし、…

  • 横浜の将来を担う新星誕生か

    結果的には投手の失投によるダメージが敗戦に繋がっている。もう少し丁寧な投球をして欲しかった。それにしても打線の勢いは凄まじいものを感じる。この試合のキーポイントは戸柱と蝦名であった。3回の同点に繋がる突破口は戸柱のヒットからだった。次の回に突き放されたが、4回の追撃の開始は蝦名、戸柱の本塁打からだった。さらに6回には逆転の足掛かりとなる連続出塁を決めている。本当にこの二人は良く貢献した。ただし…

  • いい感じの点の取り方

    7点を一気に追いついた試合の翌日なので勢いがない訳がなかった。この日のオーダーでは阪神青柳に相性のいい神里を2番に起用した。神里の特徴はもちろん走力だが確かにそれが活かされた。1回一死一塁にはソトのレフト線二塁打で一気に生還した。5回無死二塁ではセイフティバントを決め一三塁とし、佐野のセンターへの二塁打でこれも長躯生還する脚力を見せた。しかし今一つ梶谷とのコラボレーションは上手くいっていないよ…

  • 驚異的な集中力が今の打線にはある

    凄まじい破壊力だ。まさにミラクルといえる打線の集中力。6回、それまで全く歯が立たなかったガルシアに対し、先頭の梶谷、大和が連続四球を選び、ソトの二塁打、佐野の3ランで計4点をあっさりと取る。普通ならここで終わるはずだがその後も、宮崎、倉本と連打して戸柱が犠牲的な一ゴロでランナーを進めた。このあたり今までの横浜と一味違っていた。ここで中井、大和のタイムリーがでるのが今の打線の調子の良さだ。結局7…

  • 危険水域を脱した横浜

    横浜はまたしても危険水域から脱却した。一時の投打ともに酷かった時に比べて少しずつ回復している。まだ、今永、平良は戻ってきていないが、打線の奮起がそれを補って何とか勝ちに繋げている。その打線の中で柴田の存在が光っている。昨日、柴田は2番にするなと書いたが、それは間違っているのかもしれない。少なくとも今の好調が続く間は2番もありなのか。ただ、初回の凡打や8回満塁での三振など2番としては今一つである…

  • きちんとした選手起用をすれば勝てるだろう

    ようやく一つ勝ちだした。打線は調子が上がっているので、投手陣がしっかりすれば連勝もできるだろうと思う。それにしても先発の大貫はよくやってくれた。あれだけ勢いのあった広島打線を空回りさせ、ランナーは出すものの要所を打たせて取った。結局112球で完投してしまい疲弊している救援投手陣を助けた。打線は4回に破壊力を発揮し一挙に6点を奪い試合を決めた。ただ、いつもこんなに上手くいくとは限らない。だから効果…

  • 引き分けを前向きに捉えて戦うしかない

    最近身の回りにおいてショックな通知を受けた。一つは近隣にある自然公園が閉鎖され、宅地へと開発されることである。もう一つは10月からのタバコの大幅値上げだ。いずれも現代人にとっては大したことではないのだろうが、私にとってはズシリと重い事柄である。これも時代の流れなのだろうが、心のゆとりは大切にしていきたいと思っている。このブログもそういう意味では無駄なものなのかもしれないが、自分が愛する球団を…

  • まれにみる大敗を期したパットン先発という奇策

    目を覆うばかりのとんでもない敗戦だ。このみっともない敗戦を招いた首脳陣の責任は重い。打線の方は思い描いていた通りにほとんど近いものであった。2番に倉本を戻したことにより、1、2番の機動力は高まったと思う。機動力というのは何も盗塁ができることを言うのではなく、繋がりの良さだと思う。ただ、7番に置いた中井の守備力の不確実さは残った。その分、攻、守、走トータルで見ればベストオーダーではなかった。初回…

  • 何をしたいのか分からないラミレス野球

    このところ戦う前から絶望感に陥っている。この試合もオーダーを見てこりゃ駄目だと敗北を覚悟した。どういう根拠で山下をスターティングに使うのか。結局2打席で交代させたことは、起用がミスだったことを認めている。そんな中途半端な使い方では本人にも失礼だろう。それと柴田には2番の適性はないと思う。梶谷が塁に出たときに、送りバントでしか進塁させられないのでは困る。やはり倉本か神里を据えるべきではないか。…

  • 適材適所な選手起用ができない監督

    もう勝手にやればという気持ちでいっぱいだ。なぜ2番中井なのか、倉本で上手くいっているのをわざわざ変える必要はない。9番に戸柱を置く意味は。その打順に適性のない選手を使い試合途中で修正してしまう。だったら最初から使うなよ。別にこの選手たちを使うのが悪いと言っている訳ではない。ただ、その打順ではないだろうと言っているのだ。全体的に打線は低調だったが1、2番はまったく機能せず、むしろ5、6番を先頭打順…

  • 自ら手放した勝利

    あれほど褒め称えた横浜の野球はたった一日で元の打つだけの野球に戻ってしまった。一体あれは何だったのか。あれだけ言ったことが恥ずかしくなってくる。確かに先発阪口の不調から序盤に大量失点してしまったのはある。こうなると単にランナーを溜めて打つしか策はないと解説者は言う。しかし、本当にそうだろうか。そういう考えだとほとんどの場合点を取ることはできない。まだ、序盤であれば1、2点ずつコツコツと取り返…

  • この勝利から感じる新しい局面

    素晴らしい勝利だった。選手たちの働きは申し分なかった。そして本来の打線のあるべき姿が表現された試合だった。攻撃でいつも目にするランナーを置いたときの雑な打撃はまったくなく、繋げる意識がどの場面でも働いていた。特に2番に起用された倉本は素晴らしく、初回、5回、6回と走者がいる場面では進めるバッティングに徹し正に2番の役目を果たした。そしてこれらの回ではすべて得点が得られている。倉本ばかりでなくど…

  • 曲がりなりにも働いている機動力

    最近、チームの調子が良くなってきている。原因は何だろうか。私は曲がりなりにも機動力が働いていることだと思っている。昨夜も一昨日もいい形で得点を上げチームを優位にしているのは機動力。それぞれ細川、神里の盗塁から始まり、それを足場に攻撃が連なっている。つまり、いきなり打つだけの連打による得点を期待しても決して上手くはいかないのだ。まずは出塁して盗塁或いはエンドランアピールのプレッシャーを投手にかける…

  • 影響を与えている細川の能力の高さ

    今日は願いが通じたのかスターティングに細川が起用された。しかも6番という重要な打順だ。当然のことながら彼の動きを中心に観戦したが、大活躍ではないがいい内容ではあったといえるだろう。それは思い描いていた通りの攻、走、守にわたるものだった。まず、4回無死から中前ヒットで出塁し、柴田とのランエンドヒットで柴田が空振りするも盗塁を決めている。こういうケースで打者が空振りすると大概盗塁は失敗するのだが…

  • 細川は横浜の希望の星となれるか

    昨日の試合ではまたしてもオーダーをいじくり、中井、柴田をスターティングに入れてきた。それによりソトはまた流浪生活に戻ってしまった。神里も外され、ただでさえ少ない機動力が削られた。中井を使うのは良いが、クリーンナップを打つほどの打者であるソトの方が大事に扱われるべきである。したがって出来ることなら中井の方を外野に回すべきではないか。それぐらいソトに対する扱いが悪すぎる。こんな酷い扱いをいつま…

  • 嬉しさも半分のサヨナラゲーム

    もし勝てるとしたら、この日のような形になるしかなかっただろう。ラミレスは危機感を感じて自分の好みの打つだけ打線を引っ込め、打線に機動力を加えて臨んだ。回避能力というかずる賢さは本当に吐き気がする。しかし、また軌道に乗ってくると色気を出してくるのは間違いない。最後は大和のサヨナラという気持ちのいい終わり方だったが、接戦を勝ち切った割にはその内容は決して良くはなかった。攻撃では梶谷の4安打が一度…

  • いつまでこの愚かなことを続けるのか

    二試合連続して試合は見てない。理由は説明するまでもない。だから、試合について何も感想は述べる資格はないが、これからのことについては言わずにおけない。これから先、打力だけで足のない選手ばかりを集めて、しかも守備力を軽視した打線を組み続けるのならば、当面勝利することはないだろう。どのくらい連敗するかは分からないが、貯金を失くし借金生活になることは間違いないだろう。ラミレスは徐々に采配がおかしく…

  • 目指している野球が分からなくなってきた

    今までこんなことはしなかったのだが、今日は試合前にオーダーをみて観戦するのを辞めた。横浜ファンとしてとっても不埒なことであるが、投手力よりも攻撃力を注視する自分にとってこの日の打線はまったく興味を引かなかった。ただ打つだけの打線。よくぞこれだけ足のない選手を揃えたものだ。こんなのは打線とは呼べない。もし仮にこの試合を勝てていたとしても、それは相手投手が酷かっただけで次につながる要素はまった…

ブログリーダー」を活用して、ベイ吉さんをフォローしませんか?

ハンドル名
ベイ吉さん
ブログタイトル
ベイスターズの内面をえぐる
フォロー
ベイスターズの内面をえぐる

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用