searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

長風呂呑平さんのプロフィール

住所
守谷市
出身
大田区

住宅建築の現場に携わる一業者として、合板と接着剤、そして金物に過度に依存する現在の建築工法に懸念を抱きます。 そして建て主さん側も「健康住宅」や「自然素材」などのことばに、安易に踊らされていると思えてなりません。

ブログタイトル
つれづれ帖
ブログURL
http://blog.mottowood.com/
ブログ紹介文
スギやヒノキを石油と電気と税金を使って乾かして、どこが自然素材と呼べるのか。
更新頻度(1年)

292回 / 365日(平均5.6回/週)

ブログ村参加:2015/06/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、長風呂呑平さんの読者になりませんか?

ハンドル名
長風呂呑平さん
ブログタイトル
つれづれ帖
更新頻度
292回 / 365日(平均5.6回/週)
読者になる
つれづれ帖

長風呂呑平さんの新着記事

1件〜30件

  • なんだ、定休日かよぉ(涙)

    先日お伝えしました「野田の焼きそば」さんが、間違いなく営業を再開されました。 県道脇の看板は赤いスプレー書きが消され、元の状態に戻されています。 本日正午前に満を持して訪ねると、無残にも店…

  • できるだけ人に会わないように

    九月の最終週、五年に一度の国勢調査が行われている。 立ち話ではあったが弊宅町内に住む調査員の方からお話を聞いた。 与えられた仕事は言え、たいへんご苦労されている様子がよくわかる。 まぁ話が進…

  • 決まって九月の最終金曜日に聞く女性の涙

    長月九月も最終金曜日になりました。 皆様ご承知のように、例年この週は在京の放送局で番組改編成が行われます。 連日弊サイトの記事を掲載するにはその名の意のとおり、日記のつもりで取り組むと心に決めている毎日です。そのためMyPCのモニターに対面する時間は、努めて夕刻の定時にしています。

  • このまま進んでいいものか

    大方の予想よりも東側を進んだ台風は、お陰様で風雨の影響はありませんでした。 ところが長く足踏みしている影響で、鉛色の雲が低く広がったままの一日です。 画像は反転したファイルではありません、私…

  • 雨に見舞われた連休明け

    久し振りに高速道路の渋滞情報を聞いた四連休が明けました。 ここ下総は昼過ぎからは雨脚が強くなり、見上げる雨雲も早く流れます。 身構えていた割には静かな午後で、木々を揺らす強い風はあ…

  • 台風襲来前の赤いサルスベリ

    秋のお彼岸の中日、遊歩道にはサルスベリの花が咲き始めました。 午前中には青空が垣間見えたお彼岸の中日、夕刻には北東の風が吹き始めます。 明日からは台風の影響が出始めるようで、皆様…

  • 今日は敬老の日

    世間様は四連休の中日三日目、正午過ぎはお陰様で穏やかな日和になりました。 薄い雲が広がった午前中は机の前に座りはしたものの、電話も鳴らず訪ね来る人も無く。 卓上のカレンダーを見つめ…

  • 白い煙の少ない秋の彼岸入り

    朝から霧のような細かい雨が降ったり止んだり。 ここ下総の彼岸入りは、低い鉛色の雲が広がった空模様です。 なんでも世間様は四連休とかで、ラジオの交通情報はいつもの聞き慣れた渋滞箇所が流れます。はてさて行楽地に向かうのか帰省の墓参か、行く当ての無い貧しい木材商には縁が無い情報です。

  • 五年に一度の講習料15,000円

    朝09時30分から16時30分まで終日机に向かい、講師五名の講話をお行儀良く聞く。 この日の講習料15,000円、常磐自動車道通行料金が往復4,000円也。 朝の受付時に昼食お弁当(価格は不明)の食券を販売する笑顔の女性が…

  • あのニンニク入りが二年降りに営業再開!!

    とかく湿りがちな話題が多い昨今、久し振りの朗報です。 あの「野田のやきそば」さんが、二年降りに営業を再開されたと聞きました。 組閣どころの騒ぎではありません、近日中に現場確認せねばなりま…

  • 夏の終わりに「かおり」を求めて

    先週末から季節の空気が入れ替わったようで、朝夕は幾分過ごしやすくなりました。 果物好きの家人の強い依頼で、実に久方ぶりに梨を直売する果樹園を訪ねました。 職業柄、売り方さんに今…

  • なんかぁ、全部真っ赤に見えるんだけど

    お陰様で管柱の選別が終わり、加工する準備が進みました。 画像手前の積載が赤土台、奥に管柱が積まれています。 全量自然乾燥の高樹齢ヒノキ材、動かす度にヒノキの強い香りが放た…

  • これはかなり容易ではない

    昨日から不覚にも腰を痛めました(涙)。日頃より職業から来る腰痛持ちと自覚しているものの、忘れた頃に襲いかかるこの痛みはいくつになってもつらい…(涙)。 治療も投薬も効きま…

  • これがけっこう容易ではない

    朝から薄い雲が広がったのを幸いに、管柱(くだばしら)の選別をはじめました。 まず真壁(しんかべ:見える柱)用と大壁(おおかべ:隠れる柱)用に大別して、さらに真壁用は木目と節(フシ)の有無を確認しながら、物件のどこにどう使うかを考えます。

  • 比べてみるとやっぱりヒノキ

    残暑と呼ぶには桁違いに暑い一日でした。 各製品を確認し、物件のどこに使うかが決まりました。 まさかヒノキ、これだけの数量ですがけっこうな重さです。 計画当初はスギも候補に挙がりました…

  • これ好きだったでしょ

    「田舎から送られたの、少しだけどお裾分け。おばさん、これ好きだったでしょ」。 この年齢になると、こういう言葉に弱くなる。

  • 貴社製ヒノキ梁材数本を追加依頼した場合

    一昨日に電話でお伝えしましたように、今回届きました貴社製品を生かすべく、大工さんをはじめとした木工事に携わる関係者と再度検討をはじめました。 そこで現時点ではおそらく、貴社製ヒノキ梁材数本を追加依頼することになります。品等は全品今回届けていただいた特一等製品と同等品を希望し、こちらと極端に品質が異なるのはとても困ります。

  • 小説「砂の器」舞台之地_JR備後落合駅

    写真の建物は、松本清張も泊まったと云われるJR備後落合駅脇の元旅館です。

  • 小説「砂の器」舞台之地

    今週になって有志から送られたJR木次線亀嵩(かめだけ)駅の画像です。外観はなんの変哲も無い地方の駅ですが、松本清張作品の愛読者にとっては聖地とも呼べる駅舎です。

  • どこらか見ても隠すにはあまりにも忍びない

    朝の天気予報で「終日不安定な天候」と聞き、朝の内に昨日残したヒノキ製梁用材を片付けます。 その予報どおり開始早々、黒い雨雲の流れを気にしながらの作業になりました。 開封した途端に立ち上るヒ…

  • ヒノキ製構造用梁材「取り扱いに注意してください」

    月めくりのカレンダーも残りあと四枚、長月九月になりました。 ここ下総は月替わりと同時に空気が入れ替わり、朝方には北東の風が吹き込みました。 その涼しさに手招きされて、残りの構造材である梁材を引き取りに製品市場に出向きました。

  • へぇ、日本の木なんだぁ

    本日午前。現在このヒノキを保管している弊店倉庫内に、同じ町内に住む私より三つ下の幼馴染みが足を入れた時のこと。 @ 「うわぁ、すっごく匂うねこの木。どこの木?」。 #…

  • 昨日は作るから人今日は壊す人

    弊店徒歩05分で家屋解体工事が始まりました。 昨日までは法に守られた立派な不動産でしたが、あの赤い爪が入った瞬間に産業廃棄物。

  • 炎天下で屋根も無く木陰も無く

    玄関前駐車場の改修工事です、玄関に至るまでの小さな階段を作ります。 炎天下の中でセメントをこね、日に照らされてそれが乾かないまでが勝負です。 一服する10時と15時のお茶もお昼の弁当も、この…

  • かつては日常的に見えた優れた技量

    硝子屋に外窓アルミサッシのガラス交換を依頼しました。 ここは依頼主さん宅玄関先の市道、ものの30分で作業が終わりました。 以前はこの硝子屋をはじめとして、大工さんや畳屋さん、…

  • 板倉工法の実寸大模型

    生まれついての「もったいない」精神から。弊店倉庫内にあった端材を使って、大工さんに「板倉(いたくら)工法」の実寸大模型を作ってもらいました。

  • 高樹齢ヒノキ自然乾燥材のアカ土台

    昨日製品市場から引き取りましたヒノキ土台アカ角の確認です。 挽立寸法をはじめとして乾燥度合い、そして総量アカ角など、依頼どおりの製品です。 しかし木材業者として改めて、どうしてこれ…

  • 製品市場で働く理解ある上司とよく働く部下

    先週末に積載できなかったヒノキ構造材を引き取りに製品市場に出向きました。 朝の天気予報で「先週よりはいくぶん暑さが和らぐ」との期待もどこのこと。 塀に囲まれた市場構内で、コンクリートの照り返しが容赦なく襲いかかります。 今回は和歌山県産樹齢100年生ヒノキのアカ土台。自然乾燥材とあって「私が確認します!!」と黒田課長が率先して担当してくれました。いいカットですね、これが日本の働くお父さん。

  • 暑さと戦う確認作業

    週末の土曜日、昨日製品市場から引き取ったヒノキ構造材を確認します。 来客も無く電話も鳴らず、ただこの暑さだけが作業の足を引っ張ります…。 画像奥が桁材、手前が管柱材です。管柱はほとんどアカ材でした。

  • 製品市場でのヒノキ構造材積載作業

    串本からヒノキ構造材が出荷されたとの連絡を受け、製品市場に引き取りに出向きました。 今回は土台と管柱と桁材が届きました。画像中央は担当者の黒田孝一課長です。 炎天下での積み込み作業は、当市場新人…

カテゴリー一覧
商用