さいぱんの一口馬主ブログ
住所
出身
ハンドル名
さいぱんさん
ブログタイトル
さいぱんの一口馬主ブログ
ブログURL
http://uma.saipanblog.jp/
ブログ紹介文
2012年から一口馬主を始めました。 現在はキャロットonlyで一口馬主をやっています。
自由文
2012年から一口馬主を始めました「さいぱん」と申します。 現在はキャロットonlyで一口馬主をやっています。 現役では、レイズアスピリット(牡4)、クルミナル(牝3)、ストライクイーグル(牡2・ミスエアクラフトの13)、ファルセータ(牡2・ファーレサルティの13)の4頭に出資しています。 そんなにお金をかけられないので年2頭くらい少数精鋭のつもりで出資しています(笑
更新頻度(1年)

40回 / 41日(平均6.8回/週)

ブログ村参加:2015/05/21

さいぱんさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/17 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 全参加数
総合ランキング(IN) 31,866位 28,091位 28,028位 28,049位 28,195位 33,607位 30,785位 972,243サイト
INポイント 0 0 0 0 20 0 10 30/週
OUTポイント 0 140 190 230 530 920 1,330 3,340/週
PVポイント 170 2,440 3,090 3,110 9,690 8,720 22,020 49,240/週
競馬ブログ 221位 193位 196位 189位 193位 243位 212位 8,792サイト
馬主・一口馬主 28位 23位 26位 26位 24位 33位 30位 511サイト
今日 09/17 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 3,638位 2,994位 2,455位 2,053位 1,672位 1,551位 1,606位 972,243サイト
INポイント 0 0 0 0 20 0 10 30/週
OUTポイント 0 140 190 230 530 920 1,330 3,340/週
PVポイント 170 2,440 3,090 3,110 9,690 8,720 22,020 49,240/週
競馬ブログ 8位 7位 5位 5位 3位 3位 4位 8,792サイト
馬主・一口馬主 5位 4位 3位 4位 3位 3位 4位 511サイト
今日 09/17 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 全参加数
総合ランキング(PV) 690位 487位 419位 332位 289位 281位 286位 972,243サイト
INポイント 0 0 0 0 20 0 10 30/週
OUTポイント 0 140 190 230 530 920 1,330 3,340/週
PVポイント 170 2,440 3,090 3,110 9,690 8,720 22,020 49,240/週
競馬ブログ 10位 7位 7位 5位 5位 5位 5位 8,792サイト
馬主・一口馬主 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 511サイト

さいぱんさんのブログ記事

1件〜30件

  • [ストライクイーグル] 6歳9月 明日の東京記念(大井S1・ダ2400m)に吉原騎手で出走!

    6歳馬ストライクイーグル。 先月の会報でも1ページで取り上げられていましたが、今月の会報でも「おがわじゅりさん」のページに登場。 さっそく取り込んでスマホの待ち受けにしましたが、これのクリアファイルとかほしいです‥(笑 競馬の方では、前走の東京記念トライアル2着から、明日の本番へ向かいます。 19/8/20 ミッドウェイF この中間は坂路コースでハロン20秒のキャンター調整を行っています。 「先週は勝つことはできませんでしたが、目途の立つ競馬ができたのでホッとしています。レース後は大きなダメージもなさそうですので、このまま東京記念へ向けて進めていければと考えています」(ミッドウェイF担当者) 9月18日の大井競馬(東京記念・ダ2400m)への出走を目標にしています。 19/8/28 ミッドウェイF 24日は坂路コースで追い切りました(39秒4-26秒3-13秒0)。 「東京記念へ向けて1本目の負荷をかけています。いい意味で変わりない動きを見せてくれましたね。次は勝負のレースになりますので、キッチリ仕上げて送り出せればと思います。なお、前回騎乗した矢野は騎乗できないという話ですから、今回は吉原寛人へ依頼しました」(ミッドウェイF担当者) 9月18日の大井競馬(東京記念・ダ2400m)に吉原騎手で出走を予定しています。 19/9/3 ミッドウェイF 8月31日は坂路コースで追い切りました(38秒3-24秒6-12秒3)。 「週末に追い切りを行っており、ワグナーコーヴと併せて馬なりで負荷をかけています。2週前ということを考えれば十分な動きを見せてくれましたね。この調子で本数を重ねていきたいです」(ミッドウェイF担当者) 18日の大井競馬(東京記念・ダ2400m)に吉原騎手で出走を予定しています。 19/9/12 ミッドウェイF 7日は坂路コースで追い切りました(37秒7-24秒2-12秒1)。 「1週前追い切りは同じ東京記念へ出走を予定しているウマノジョーと併せて動かしています。見た目に締まってきただけでなく、脚捌きはグンと素軽くなった印象を受けますよ。あと1本、負荷をかけて競馬へ向かいたいと思います」(ミッドウェイF担当者) 18日の大井競馬(東京記念・ダ2400m)に吉原騎手で出走を予定しています。 19/9/15 ミッドウェイF

  • [出資検討] 2019年度キャロット1次募集申し込み完了です

    キャロットの2019年度1次募集申し込み期間が終了しました。 例年のごとく迷いに迷った結果の9頭申し込みになりました。 ====================== 出資申込(一般出資) 06. クルミナルの2018 (父:キングカメハメハ) 07. アゼリの2018 (父:ハーツクライ) 16. ローズノーブルの2018 (父:エピファネイア) 35. ビアンカシェボンの2018 (父:エイシンフラッシュ) 66. イストワールの2018 (父:ルーラーシップ) 72. ムーングロウの2018 (父:ダイワメジャー) 78. スペクトロライトの2018 (父:アジアエクスプレス) 80. カラベルラティーナの2018 (父:トゥザワールド) ====================== 出資申込(最優先希望:バツ1) 48. リリサイドの2018 (父:ハーツクライ) こうなりました。 今年の最優先も、今日になって急に決めたという感じで、結局毎年こんな感じに(笑 募集開始当初から候補に挙げていましたが、ツアーから帰ってきた時にはヒストリックスターか、ロスヴァイセに複数口かの2択に。 それから、やっぱり牝馬にしようかなと、昨日くらいはバウンスシャッセ、ヒルダズパッションのどちらか。 そして今日、やっぱりヒストリックスターかロスヴァイセかというところを経て、リリサイドに決めました(笑 名前を挙げた4頭はいずれもバツ1抽選が濃厚。 今年バツをもらうという選択もありかと思っていましたが、やはりバツ2は重いかなと、一歩下がってのバツ1抽選になるかどうかのリリサイドに決めました。 出資できたら詳しく理由は書きたいですが、やはりリスグラシューの全弟という価値に期待ですね。 他、一般候補は8頭。 簡単に申し込み理由を。 クルミナルはまぁもともと決めていましたが、一瞬今年はいいか、と思う時もありましたが、去年に比べてもだいぶしっかりしてますし、母に似ているというのをおおいに感じて迷いなく。 アゼリはハイリスク、ハイリターンであるのは承知ですが、ツアーで見た印象と、この母はハーツの方が合うんじゃという配合面の期待と、なにより大きいハイリターンにかけました。 ローズノーブルは、馬体の見た目が好印象。育成厩舎もまた出資馬を持ちたいところだったので。

  • [出資検討] キャロット2019年度募集馬見学ツアー写真 ノーザンファームY11&12(牝馬25頭)

    締め切り直前になってまだツアーの写真を上げ終わっておらず 最後のステージは牝馬25頭。 いや、バランスおかしい。最後に55分で25頭キツイと、とりあえず狙っている馬を優先的に撮って聞いて。 同行者とカメラ、メモを交互に交換しながら見学してましたが、ここのステージは自分が残った時間で関係者の方とお話している間に、同行者が各馬のメモを取ってくれていましたが、色々書いてあってて読みやすい(笑 馬体重はツアーのしおりに記載されているものです。 2. スノースタイルの18 ディープインパクト 394 遅生まれを考えても馬格はあると。 セレクトセールでノーザンファームが購入しましたが、引手のお兄さんの見解が面白かったです、なるほどと。 5. サンブルエミューズの18 キングカメハメハ 415 コンパクト、トモのボリューム。 まじめで素直。 10. バウンスシャッセの18 ロードカナロア 455 男馬のように大きくて立派な馬体。 最優先で行こうか迷いましたが他の馬にしました。 18. ディアデラマドレの18 エピファネイア 406 気が早い。 この血統をわかりきっている身からしたら、平常通り、と言ってました。 20. ヒルダズパッションの18 ドゥラメンテ 478 さすがの人だかり。 半兄と似た雰囲気を感じ、いい顔もしてましたが、最優先は別の馬にしました。 23. ピュアブリーゼの18 モーリス 430 24. ヴィータアレグリアの18 ルーラーシップ 407 25. ローガンサファイアの18 ルーラーシップ 418 まだまだ大きくなる 29. イグジビットワンの18 ダイワメジャー 450 大人しかったですね 34. ディアマイベイビーの18 リオンディーズ 420 動き軽い、マイルから2000 35. ビアンカシェボンの18 エイシンフラッシュ 441 敏感なタイプ。トップスピードを持続する 37. アビラの18 ジャスタウェイ 435 こちらも半兄の活躍があってかまぁまぁの人。 38. ピースエンブレムの18 ディープブリランテ 431 41

  • [出資検討] キャロット2019年度募集馬見学ツアー写真 ノーザンファームY3(牝馬8頭)

    去年のツアーではどしゃ降りにあったY3ステージです。 今年はいい天気でした。 馬体重はツアーのしおりに記載されているものです。 7. アゼリの18 ハーツクライ 425 柔らかい、よく食べる、健康とのこと。 しっかし・・当日ツアーに参加してた人ならわかると思いますけど、困ったもんですね・・(笑 11. フロアクラフトの18 ロードカナロア 452 去年イルミナルに付いてたお姉さんが付いてました。 13. ジュエルトウショウの18 オルフェーヴル 438 価格とオルフェ産駒ということで人気してますよね。 オルフェ産駒は女性人気があるようです。 39. マイティースルーの18 ドリームジャーニー 457 1次募集開始前から狙っていましたが、先週の土曜の結果で撤退気味(笑 メモもいっぱい書いてありますが、距離はマイル以下と。 68. ツィンクルヴェールの18 ルーラーシップ 456 メモに「ぶとくまったり」と書いてあってなんのことかわからない(笑 性格はおとなしそうでした。 54. フィールザレースの18 オルフェーヴル 422 80. カラベルラティーナの18 トゥザワールド 464 この2頭は写真を撮っていなかった。 このステージは、ほぼ左半分、というか左下にいました。 6. クルミナルの18 キングカメハメハ 425 ということでクルミナルの18。 クルミナルを間近で見たことはなかったですが、雰囲気は結構クルミナルだと思います。 性格面とかそういうところも母似、姉似かと。 まぁだいたい、こんな感じのことを言っておけばわかってる風です(笑 1次募集申込みは決まっているので、あとは他との兼ね合い、バランスで

  • [出資検討] キャロット2019年度募集馬見学ツアー写真 ノーザンファームY3(関西牡馬9頭)

    馬体重はツアーのしおりに記載されているものです。 46. アディクティドの18 キングカメハメハ 473 ちょうどタイミングよく上のサクセションがアスター賞で連勝していましたね。 馴致も順調に進んでいて、トレッドミルでキャンターまでとのこと。 キャロットの募集馬はやはり進んでいてもそこまでという感じでした。 55. ペルレンケッテの18 エピファネイア 467 こちらも、メモには皮膚病と書いてあるので、顔かな? 我慢が効いて扱いやすいタイプ。 58. ケルシャンスの18 ドゥラメンテ 455 61. シンハライトの18 モーリス 502 注目のシンハライトモーリス。 数字は凄かったですけど、見た目にはそこまで圧倒されるという感じじゃなくて、 バランスがよくデカイのかなと。 まぁやっぱりでかいか。 70. マルティンスタークの18 ミッキーアイル 466 こちらも一般で取れないことがわかっているので写真だけ。 72. ムーングロウの18 ダイワメジャー 462 ダイワメジャーな馬体だったと思います。 1600ちょうどいい。 75. プラチナブロンドの18 スクリーンヒーロー 396 血統の見た感じ通りヤンチャな性格。 遅生まれで小柄でしたけど、成長があれば面白いと思いますけど母の初仔で難しいのかな 76. クルージンミジーの18 ブラックタイド 461 武幸四郎厩舎の芦毛。 おとなしかったです。 79. ピンクアリエスの18 カレンブラックヒル 450 上が走っているので、人気でしたね。 一般じゃまぁ微妙なところですよね。

  • [出資検討] キャロット2019年度募集馬見学ツアー写真 ノーザンファームY3(関東牡馬8頭)

    1次締め切りまであと20時間くらい。 ツアーの写真を上げている場合ではないような気がしますが、どんどん行きます。 馬体重はツアーのしおりに記載されているものです。 14. マリアライトの18 エピファネイア 455 申し込むつもりがなかったので写真だけ 15. ケイティーズハートの18 エピファネイア 489 やっぱり重くてゆるそうに見えてしまう 16. ローズノーブルの18 エピファネイア 413 普段は別のイヤリングにいるらしく、友達がいなくて寂しがっているとのことでした(笑 おとなしく、人に従順。 19. アートプリンセスの18 ドゥラメンテ 425 ダートっぽいドゥラメンテかな? 21. ウィズザフロウの18 モーリス 429 26. エカルラートの18 ハービンジャー 458 皮膚病が出ていました 31. マンドゥラの18 ブラックタイド 470 中間を見るとすごく人気しているみたいですね。 33. ピュクシスの18 リオンディーズ 435 落ち着きがあって馴致も順調に進んでいて、トレッドミルでキャンターまで進んでいるとか。 やっぱりキャロットの募集馬は進んでいてもそこまでという感じでした。

  • [出資検討] キャロット2019年度募集馬見学ツアー写真 ノーザンファームY5&6(関西牡馬8頭)

    締め切り一日前のお昼休み。毎年のごとく最優先の行使先を悩み中。 馬体重はツアーのしおりに記載されているものです。 42. ポロンナルワの18 ディープインパクト 410 こちらも皮膚病になってました。 皮膚病ですか?と聞くたびに競走能力に影響はないですよと言われました(笑 43. ヴィアンローズの18 ディープインパクト 402 見学終了直前に撮りました。 落ち着いていたので性格について聞いたら、普段はヤンチャだけど今日はおとなしいですね、いい役者になれますよ! いろんな角度から撮ってくださいね! とノリのいい方でした。もうちょっとお話ししたかった(笑 48. リリサイドの18 ハーツクライ 435 ハーツクライ産駒って大きい流星の馬が多い気がします。 こちらも大注目のリスグラシュー全妹ですが、聞こえてくる話だと姉とはタイプが違う、ハーツが出てるといった評価でした。 56. カイゼリンの18 エピファネイア 495 自分は直接見てなくて、同行者にカメラを渡して撮ってもらってました。 周回展示の音声だけ拾ってみましたが、育成次第ではダートで頂点を極める的なことがアナウンスされてました。 59. ヴィートマルシェの18 ドゥラメンテ 448 このステージ唯一の取り逃し。 馬格のいいドゥラメンテ産駒、なぜか撮り忘れ 63. シーザリオの18 モーリス 449 この顔写真だけ見た時に、エピファネイアじゃんと思いました。 付いてる方がベテランぽくて、これがモーリスだ!という感じでした。 69. アンレールの18 ハービンジャー 412 77. リーチコンセンサスの18 ヘニーヒューズ 457 こちらは雨負けが出ていました。 おとなしかった印象。

  • [出資検討] キャロット2019年度募集馬見学ツアー写真 ノーザンファームY5&6(関東牡馬8頭)

    ふと気づいたらブログランキング1位になってました^^; ちょっと調べたらGoogle検索やYahoo検索からの流入とかがすごいことになってます。 たくさんのアクセスどうもありがとうございます。 コメントしていただいても全然やぶさかではないですよ?^^ ノーザンホースパークでの昼食後、午後最初の見学はノーザンファームY5&6の牡馬。 最優先候補目白押しで疲れました(笑 馬体重はツアーのしおりに記載されているものです。 1. ヒストリックスターの18 ディープインパクト 470 さすがの人だかりでしたが、馬は落ち着いていましたね。 当歳の頃から評判だったとか。 3. ラドラーダの18 キングカメハメハ 491 どこかの頂きを見据えているラドラーダの18。 去年のアブソルティスモよりは全然落ち着いていました。 いろいろなところから兄とは違うタイプということが聞かれましたが、やはり別格に感じられましたね。 ちなみに、このステージの牡馬5頭が空港牧場で同じ育成厩舎なんですが、ラドラーダとヒストリックスターは藤沢厩舎も一緒ですが育成厩舎も一緒と聞いて驚きました(笑 4. アヴェンチュラの18 キングカメハメハ 478 周回展示から帰ってきたところで。 1、3を見ると違うのかな~という印象。 8. ディアデラノビアの18 ロードカナロア 429 ディアデラノビアな躍動感が出ている写真。 バランスが凄くいい、との評価。 9. シユーマの18 ロードカナロア 460 皮膚病の募集馬が結構多かったですが、この馬も。 性格は男馬らしい性格。 22. ブルーメンブラットの18 モーリス 442 これは当たりかもしれないという話。 27. エンシェントヒルの18 ミッキーアイル 471 周回展示から帰ってきた直後、なかなかの暴れっぷりで二人で抑えられていました。 臆病な性格というのもあると思いますし、6月生まれで幼い感じが出てたのかなとも思いますが、体は立派でした。 30. ロスヴァイセの18 スクリーンヒーロー 480 こちらも見栄えのする1頭。 馬の形がいいという評価。

  • [出資検討] キャロット2019年度募集馬見学ツアー写真 早来ファーム(牝馬8頭)

    午前中の早来ファームの牝馬8頭です。 ほとんど写真だけの内容になります。 馬体重はツアーのしおりに記載されているものです。 28. フォルテピアノの18 ミッキーアイル 410キロ 出資馬キアレッツァの妹。 普段からおとなしいということで、性格も似てそう。 40. ヴェラブランカの18 ワールドエース 430キロ 結構うるさい感じで、引手のお兄さんも若い感じで途中からベテランの方に交代してました。 49. カニョットの18 ハーツクライ 456キロ バスを降りて一番近いところにいたカニョットの18。 走っても不思議じゃない雰囲気はありますけどね。 50. シェアザストーリーの18 ハーツクライ 441キロ 60. グランデアモーレの18 ドゥラメンテ 472キロ 芦毛の牝馬って可愛い 67. ラフォルジュルネの18 ルーラーシップ 478キロ 写真を見て分かる通り、人気でした。 73 ユールフェストの18 ダイワメジャー 423キロ 馬体を見ると、やはりダイワメジャーっぽくないなという感じ。 83. ○外ダンスウィズキトゥンの18 Air Force Blue 448キロ マル外牝馬。 普段はおとなしいけど、沸点が低いところがあると言うように、なかなかうるさかった感じ。 人気がなければと思っていましたが、この馬も人気するんですもんねぇ・・ 内容が全くないですが、とにかくどんどん上げていきます。

  • [フルジェンテ] 2歳9月 あまりにも突然のことで

    2歳馬フルジェンテ。 先週の更新で北海道への移動して、天栄をワンクッションして美浦へ入厩との報告。 いよいよ競走馬として第一歩を踏み出すというところだったのですが。 19/9/4 NF天栄 4日にNF天栄へ向けて移動しました。タイミングを見て美浦トレセンへ入厩する予定です。 「脚元に関してはこれからも注意していく必要がある馬ではありますが、乗り込み自体は順調にこなすことができていましたので、美浦へ移動させることになりました。まずは環境の変化に慣らしつつ焦らず進めてもらう予定です」(空港担当者) 19/9/10 引退 6日に美浦トレセン・田村康仁厩舎へ入厩しました。 10日朝、美浦坂路で軽めのキャンター調整を行った後に心不全を発症し、残念ながらそのまま息を引き取りました。 「北海道での乗り込みが進みゲート試験まではいける状況にあるということでしたので、先週の金曜日の検疫に合わせて北海道を出発し、天栄でひと休みしてから入厩させました。体調面で大きな不安を感じさせることはなかったので、翌日から軽く乗り出し、週末は場に慣らすようにしていました。今週の水曜日あたりからゲート練習を開始していければと思って、今朝は坂路で軽めの運動を行ったところ、急に脚取りが不安定になり、おかしいと思って乗り手が即座に止めたのですが、そのまま倒れてしまいました。すぐに心臓マッサージを行ったものの、残念ながら息を吹き返すことはなく、そのまま天に召されてしまいました。強い負荷をかけたわけでもなければ、不安がある中で無理に動かしたわけでもなく、あまりにも突然のことで我々も呆然としているのですが、楽しみにしていただいていた会員の皆様のことを思うと本当に心苦しいです。誠に申し訳ございません」(田村師)

  • [出資検討] キャロット2019年度募集馬見学ツアー写真 早来ファーム(牡馬8頭)

    今年も日帰りツアーに参加してきました。 去年と違って今年は最初から最後までいいお天気でした。 終わった後、鏡を見たら鼻の頭が赤くなっていてうっすら日焼けするくらいでした。 でも湿度がない25℃くらいの気候で、快適に見て回ることができました。 週が明けてようやく写真を上げていこうと思いますが、ツアー参加者のブログとかを見るとちらほらと「ツアーで得た情報をSNSやブログで公開することは禁止」という情報を目にしますね。 自分が参加した時は「撮影した動画の公開は禁止、写真はOK」ということで、関係者に聞いた情報については特に触れられていませんでした。 まぁ詳細がよくわからないので、写真と個人の感想でやっていきたいと思います。 馬体重はツアーのしおりに記載されているものです。 17. ヴァイスゴルトの18 エピファネイア 422キロ 体高が低く小さく見えた。 でも金色の馬体はゴールデンサッシュという感じ。 性格はまぁこの母系なので、イメージ通りかと。 32. ピエリーナの18 ヘニーヒューズ 425キロ カタログで見た通りの宇宙な毛色。 うるさい感じだったかな。 36. ヒカルアモーレの18 キズナ 458キロ 体高が高くて脚長に見える好馬体。 皮膚薄い。 基本的におとなしい性格らしく、そこは半兄フルジェンテっぽい感じ。 51. バイラオーラの18 ロードカナロア 466キロ 周回展示から帰ってきたばかりのタイミングでパチリ。 周回展示から帰ってくると、やはりこれだけの人に囲まれるのが初めての経験で興奮している馬とかそういう様子が見れますね。 この馬はどちらかというと落ち着いた様子だったように思います。 62. スパニッシュクイーンの18 モーリス 435キロ この馬はとても落ち着いていた。 今、動画を見直しても落ち着いている。 66. イストワールの18 ルーラーシップ 465キロ 牡馬らしく割と元気な性格 74. センシュアルドレスの18 スクリーンヒーロー 463キロ このステージで唯一取り逃してしまった馬。 ツアー参加の事前に心構えに従って写真を取っていきましたが、どの馬を撮ったのかのチェックをしていなかった。

  • [出資検討] キャロット2019年度募集馬の感想 No.72~83

    キャロット1歳募集馬感想(2019年・2018年・2017年) 関西馬最後です。 72. ムーングロウの18 (牡) 栗 父:ダイワメジャー 母父:Nayef 2018年4月4日生 募集価格:3,000万円 一口(1/400):7.5万円 厩舎:栗東・松永幹 まず馬体がダイワメジャーという感じで筋骨隆々なところに目が行きますね。 母ムーングロウの半兄にMedicean、つまりアドマイヤマーズのBMSでそういう配合だとカタログに書かれているので人気しちゃいますよね(笑 動画で見ると迫力のある見た目、動きをしていると思いますし、仕上がり早く早期デビューができるということなら期待しちゃいますよね。 73. ユールフェストの18 (メス) 鹿 父:ダイワメジャー 母父:More Than Ready 2018年4月14日生 募集価格:1,800万円 一口(1/400):4.5万円 厩舎:栗東・安田翔 半姉フィルムフェストのデビュー勝ちを競馬場で見ていて、インパクトのある勝ち方だったのでこの母の仔注目していました。 ダイワメジャーに変わって、配合的にはナックビーナスの組み合わせ。 これもご丁寧にカタログに書かれています(笑 短距離で期待なら馬格はほしいなと思いましたが、小柄な見た目、数字ですね。 上の2頭が脚元に弱そうなところも出ていますが、見た目には気にならないですね。 74. センシュアルドレスの18 (牡) 青鹿 父:スクリーンヒーロー 母父:アグネスタキオン 2018年2月18日生 募集価格:3,000万円 一口(1/400):7.5万円 厩舎:栗東・寺島 社台ファーム生産、育成となるとやはりキャロットでは人気にならないと思いますが、 スクリーンヒーロー牡馬で牡馬として十分な馬体サイズ、見た目も雄大ですね。 脚元を見ると気になるところはあって、配合を見るとこの盛り沢山なクロスがどう影響してくるかというところですかね。 75. プラチナブロンドの18 (牡) 黒鹿 父:スクリーンヒーロー 母父:ジャングルポケット 2018年5月16日生 募集価格:2,000万円 一口(1/400):5.0万円 厩舎:栗東・庄野 5月の遅生まれに小柄な馬体。 母の募集時の測尺と同じようなものですが、どれだけ大きくなれるかというところですかね。

  • [出資検討] キャロット2019年度募集馬の感想 No.61~71

    キャロット1歳募集馬感想(2019年・2018年・2017年) 関西馬の続き 61. シンハライトの18 (メス) 青鹿 父:モーリス 母父:ディープインパクト 2018年1月21日生 募集価格:10,000万円 一口(1/400):25.0万円 厩舎:栗東・石坂正 シンハライトの初仔ですが、とんでもなくでかいですね。 管囲23.4というのは、出資馬アランブレラを上回るキャロット募集馬(過去8年)で最高の数字です。 大きすぎるのも嬉しくないという数字かもしれませんが、モーリスがあまり評価されてなさそうなところですかね? スケール感があって、動きもいいと思いますが、 馬体の見た目から脚元の不安は感じませんが、この母系なのでこの大きさで脚元との兼ね合いも心配になってきますね。 62. スパニッシュクイーンの18 (牡) 栗 父:モーリス 母父:Tribal Rule 2018年1月24日生 募集価格:4,000万円 一口(1/400):10.0万円 厩舎:栗東・橋口慎 母がアメリカンオークス勝ちを含む5戦3勝。 追分生産・育成馬でキャロットでは人気はでなさそうですが、母の実績からするとありかなと思いますね。 馬体のフレームからすると馬体重が伴っていない、あたりがキャロットに回ってきた理由かな? 馬体の見た目はバランスもよく、脚もまっすぐでいいなと思いますが、 動きは硬いですかね。 63. シーザリオの18 (牡) 鹿 父:モーリス 母父:スペシャルウィーク 2018年4月28日生 募集価格:12,000万円 一口(1/400):30.0万円 厩舎:栗東・友道 ツアーの写真をパラパラ~っと見てて、どの馬かわからずに顔のアップを見た時に「ん、この馬エピファネイアぽい顔だな」と思ったらこの半弟でした。 流星が似てますよね。 リオンディーズやサートゥルナーリアは募集時から圧倒的なスケール感を感じましたが、この馬も遅生まれであることを考えれば同等のものを感じさせますね。 モーリス産駒で評価が分かれそうなところですが、個人的にはケチをつけるようなところはないかなと思います。 64. リラヴァティの18 (メス) 鹿 父:モーリス 母父:ゼンノロブロイ 2018年2月6日生 募集価格:3,200万円 一口(1/400):8.0万円

  • [出資検討] キャロット2019年度募集馬の感想 No.51~60

    キャロット1歳募集馬感想(2019年・2018年・2017年) 関西馬の続きです。 51. バイラオーラの18 (牡) 鹿 父:ロードカナロア 母父:トワイニング 2018年2月7日生 募集価格:4,000万円 一口(1/400):10.0万円 厩舎:栗東・池江 馬体のサイズ感や動きに関しては特に気にかかるところはなく普通にいいです。 血統面ではNureyevクロス持ちのロードカナロア産駒ということで。 ただBMSトワイニングというのがどうですかね。 52. フェルミオンの18 (メス) 栗 父:ロードカナロア 母父:アグネスタキオン 2018年4月28日生 募集価格:3,400万円 一口(1/400):8.5万円 厩舎:栗東・大久保龍 出資馬チャームクォークの半妹。 そのイメージに似た雰囲気に感じます。 遅生まれで体高が低いですが、それ以外は十分なサイズ。 フェルミオンの産駒傾向だと思いますが、硬めでパワータイプ。 動きを見ると、この馬もそういう感じなのかなと思います。 53. エルミラドールの18 (メス) 鹿 父:ロードカナロア 母父:ジャングルポケット 2018年5月2日生 募集価格:3,400万円 一口(1/400):8.5万円 厩舎:栗東・斎藤崇 こちらも出資馬グランヴィスタの半妹。 牝馬でNureyevクロス持ちといえば、ですから配合面ではいいですよね。 ただ、これもこの母系の特徴が出た馬体なのかなと思います。 脚元などスッキリしていて悪くないかなと思いますが、 背腰の弱さというウィークポイントはやはり持っていそうかなと感じます。 54. フィールザレースの18 (メス) 黒鹿 父:オルフェーヴル 母父:Orpen 2018年1月21日生 募集価格:2,000万円 一口(1/400):5.0万円 厩舎:栗東・今野 母フィールザレースはアルゼンチンで17戦9勝(G1・1勝)の成績。 上と下がセレクトセールで高額取引されています。 オルフェ産駒のこの馬も当歳セールで上場されていましたが欠場となっていて、1歳になってキャロットに回ってきました。 早生まれからすると小柄な馬体。 カタログ写真では右前が気になりますが、動きを見てもやっぱりそこが気になりますかね。 55. ペルレンケッテの18 (牡) 鹿

  • [出資検討] キャロット2019年度募集馬の感想 No.42~50

    キャロット1歳募集馬感想(2019年・2018年・2017年) おはようございます。 関西馬について、今日書いてまとめて、ツアーの振り返り早くやらないと・・(笑 42. ポロンナルワの18 (牡) 鹿 父:ディープインパクト 母父:Rahy 2018年4月10日生 募集価格:8,000万円 一口(1/400):20.0万円 厩舎:栗東・中内田 中内田厩舎xディープ、デビュー戦は川田騎手と最優先必須な馬。 馬体のサイズ感は小さめも、バランス感はいいですね。 動きを見ると、後ろが弱いのかなという印象と、正面から見た時の前脚の運び方が気になるかな。 43. ヴィアンローズの18 (牡) 鹿 父:ディープインパクト 母父:Sevres Rose 2018年5月4日生 募集価格:8,000万円 一口(1/400):20.0万円 厩舎:栗東・清水久 こちらも小柄なディープですが、5月生まれなので450は超えていきそうですかね。 動きは、こちらも後ろの弱さを感じる歩様で、脚元もちょっと気になります。 そして、この厩舎でディープ産駒のイメージが全く無いですね。 調べたら現役に1頭、抹消馬1頭の計2頭でした。 ハードな調教で鍛え上げていくイメージで、小柄なディープが合わない感じはしますね^^; 44. オーサムフェザーの18 (メス) 鹿 父:ディープインパクト 母父:Awesome of Course 2018年1月18日生 募集価格:7,000万円 一口(1/400):17.5万円 厩舎:栗東・藤原英 母の競走成績が抜群で、アワーブラッドとして持てるのであれば価値は非常に高いですね。 1月生まれで馬体サイズは十分。 見た目は3頭続けて似たような印象ですが、ディープ産駒でこういうしなやかな感じだからいいのかなと。 動きを見ると、やっぱり後ろの弱さは感じますね。 母産駒は上から4頭続けてのディープですが仕上がりに時間がかかりそうな傾向もあって、今の時期の馬体の印象を含めて早くはないのかなと思います。 45. ウイングステルスの18 (メス) 鹿 父:ディープインパクト 母父:Hawk Wing 2018年3月9日生 募集価格:7,000万円 一口(1/400):17.5万円 厩舎:栗東・池添学

  • [アップライトスピン] 3歳9月 4戦目 紫苑S出走を現地観戦

    ================== ※写真は後ほど更新 ================== 3歳馬アップライトスピン。 4戦目の競馬で重賞挑戦です。 秋競馬開幕の中山・紫苑S(G3) しかし秋競馬というか夏が戻ってきたような暑さの中での競馬でした^^; 中山へは5Rの新馬戦前に到着。 そこで見た、ブレッシングレインのデビュー勝ち。 去年ツアーで見た募集番号1番のディープでしたが、うん、普通にいい馬に見えましたもんね。 9Rのアスター賞でもサクセションとヴェスターヴァルトのワンツー。 1次募集締め切り前のキャロット祭りの中山で、11Rの紫苑Sのパドックを迎えます。 まず掲示板で見た馬体重が・・プラス2キロ? あれ、中間の様子から10キロくらい増えてるイメージだったんですが、この時点でうーむという感じでしたかね^^; ただパドックの周回の様子では変にうるさいところもないし、淡々と周回できている。 中間の様子から減ってしまったのは確実の馬体重は、まぁ仕方ないかと。 田辺騎手が乗って馬場入り。 レースがスタート、もじゃっかんの立ち遅れに、接触もあって一息。 最初のゴール板を前にポジションを上げていきますが、位置を取り切れずに思った以上に外を回る形に。 先団の6、7番手で進めて、1000m通過が60秒5。 隊列で見れば位置的にはちょうどいいところ。 あとは前の馬を交わしていけるかと見ていましたが、3コーナー、4コーナーにかけてだんだんと手応えが怪しくなってきて。 後方の馬に交わされながら直線へ。 そのような手応えで直線ではもう余力はなく伸びてこられず。 結果11着と惨敗でした。 19/9/7 池上厩舎 7日の中山競馬では発馬で苦しい形になり中団の外を進む形になる。前を見て進出していきたかったが早々と手応えが怪しくなり、最後も伸びが見られず11着。 「調教の感触は良かったのですが競馬へ行くと余裕がなかったですね…。そのうえ擦られて余計に力み、消耗して早々と手応えがなくなってしまいました。う~ん…能力的にはもっとやれるはずなのですが、今日の結果は残念ですね…。僕も楽しみにしていたのですが、申し訳ありません」(田辺騎手)

  • [出資検討] キャロット2019年度募集馬の感想 No.21~30

    日帰りツアー行ってきました。 行ってきましたが、まだ書き終えていない残りの63頭の感想はツアーに行く前の情報で書いていきます。 書き溜めたものじゃなく、今まさに書いてるので、先週やっておけばよかった~。 キャロット1歳募集馬感想(2019年・2018年・2017年) 関東馬の続きです。 21. ウィズザフロウの18 (牡) 栗 父:モーリス 母父:アグネスタキオン 2018年1月23日生 募集価格:3,000万円 一口(1/400):7.5万円 厩舎:美浦・勢司 今年のセレクトセールでキャロットクラブが2,160万で落とした馬。 モーリス産駒ですが、良血繁殖の仔がクラブに回ってることもあったかもしれませんが、今年のセールでは落札価格が思ったよりも上がらなかったのかなという印象。 父産駒の配合面で言えば、サンデーとサドラーのクロスをどう考えるかというところがポイントかなと思います。 母初仔がルーラーシップのキタサンバルカン。 長めの距離で安定していい上がりを使える馬ですね。 2番仔は逆に大きくなりすぎて脚元に苦労しているようですが、この馬は1月生まれで募集時429キロなので大きくなりすぎるということはなさそう。 馬体を見て、長めも走れそうだなという印象ですし、動きも特に気になるところはないですが、あまり人気もなさそうなのは厩舎なんですかね? 22. ブルーメンブラットの18 (牡) 青 父:モーリス 母父:アドマイヤベガ 2018年4月8日生 募集価格:5,000万円 一口(1/400):12.5万円 厩舎:美浦・国枝 母G1馬のアワブラ。 まだこれといった活躍馬がいないかなという感じですが、いつか出そうな期待感がやはりありますね。 馬体は数字も見た目もバランスが良い好馬体。 動きを見ると、後ろのゆるさが少し気になります。 23. ピュアブリーゼの18 (メス) 黒鹿 父:モーリス 母父:Monsun 2018年2月8日生 募集価格:2,400万円 一口(1/400):6.0万円 厩舎:美浦・高橋文 この馬もアワブラ、というかしばらく続きます(笑 ピュアブリーゼの仔は2頭デビューしてまだ勝ち星がありませんが、血統的に重たい印象ですかね。 さらにモーリスにサドラークロスだとスピード面に不安ありでしょうか。

  • [アップライトスピン] 3歳9月 中山・紫苑Sを目標に田辺騎手で出走いたします

    3歳馬アップライトスピン。 土曜の中山G3・紫苑Sに出走確定。 1週前、当週と好調教連発です。 19/8/28 池上厩舎 28日は美浦坂路で追い切りました(52秒4-37秒9-24秒2-11秒8)。 「先週は最初ということでごく軽めの時計にしましたが、その後も特に問題はないので少しずつ上げてきていました。カイバ食いが旺盛ではないのでどうしても減る傾向にはあるものの、週明けの計測では先週比で3キロの微減で済んでいます。そのことを確認して今朝1週前追い切りを行うことにしました。田辺に乗ってもらい坂路で併せたところ、しっかりと四肢を伸ばし走れていましたよ。ある程度はっきりと言ってくれる田辺も"いいですね"と口にしていましたし、感触的にも悪くないのでしょう。しっかりやったことでこの後どう変化するかがこの後のポイントになってくるでしょう。中山なので輸送は短いとは言え、直前はあまりやりすぎないようにはしたいものの、加減してパフォーマンスを発揮できなくなっても良くないので、この後の状態をよく確認して当該週の調整をどうするか検討します」(池上師) 9月7日の中山競馬(紫苑S・牝馬限定・芝2000m)に田辺騎手で出走を予定しています。 19/9/4 池上厩舎 4日は美浦南Wコースで追い切りました(67秒5-51秒9-37秒6-11秒8)。

  • [出資検討] キャロット2019年度募集馬の感想 No.31~41

    キャロット1歳募集馬感想(2019年・2018年・2017年) 残りの関東馬11頭です。 31. マンドゥラの18 (牡) 青 父:ブラックタイド 母父:Danehill Dancer 2018年2月9日生 募集価格:2,800万円 一口(1/400):7.0万円 厩舎:美浦・黒岩 馬格があって納得のサイズ感の馬体。 じゃっかん、脚元が気になりますかね、動き硬め。 ブラックタイドはジリっぽい、パワー型という産駒イメージ。 母系にデインヒルにこの馬体なのでダートかなという印象ですかね。 32. ピエリーナの18 (牡) 芦 父:ヘニーヒューズ 母父:チチカステナンゴ 2018年1月31日生 募集価格:2,800万円 一口(1/400):7.0万円 厩舎:美浦・矢野 ヘニーヒューズ産駒も関東、関西に1頭ずつ。 自分がキャロット入会時いっぱいいたチチカステナンゴ産駒のピエリーナの初仔ですね。 母は地方で戻りから500万下のダートで勝ち星がありますが、BMSのチチカステナンゴがダート馬でいいとは思えないですかね。 馬体も1月生まれとしたら小さめ。 芦毛でポツポツと、宇宙を感じさせる毛色なのはかわいいなと思います(笑 33. ピュクシスの18 (牡) 青 父:リオンディーズ 母父:シンボリクリスエス 2018年2月19日生 募集価格:2,400万円 一口(1/400):6.0万円 厩舎:美浦・古賀慎 母がアーモンドアイの半姉のアワブラ。 父リオンディーズじゃ字面だけで大人気必至。 父馬優先を使わせてくれという方もいると考えたらまぁ、無理だろうと(笑 馬体のパッと見の印象が前の繋ですかね。 アーモンドアイの募集時の動画も見てみましたが、それよりも長くて寝ているかなという感じですね。 でも、アーモンドアイの動画を見ても、あそこまで活躍するとかわからないですね(笑 34. ディアマイベイビーの18 (メス) 青鹿 父:リオンディーズ 母父:ディープインパクト 2018年5月21日生 募集価格:2,000万円 一口(1/400):5.0万円 厩舎:美浦・新規 遅生まれを考えると馬体はまだまだ大きくなっていくでしょうし、仕上がり早の母系の血統を考えるとちょうどいいかも。

  • [出資検討] キャロット2019年度募集馬の感想 No.10~20

    キャロット1歳募集馬感想(2019年・2018年・2017年) 引き続き関東募集馬の11頭。 10. バウンスシャッセの18 (メス) 鹿 父:ロードカナロア 母父:ゼンノロブロイ 2018年2月9日生 募集価格:5,000万円 一口(1/400):12.5万円 厩舎:美浦・国枝 東サラで国枝厩舎のココロノアイが5400万円の募集でしたから、あちらも意味のある値付けだとは思いますが、母の実績や馬体の数字的にも断然バウンスシャッセのほうがよく見えます。 リッチダンサーの後継としても価値が高いと思いますし、初仔とは思えない馬体、期待をかけるに足るスケール感がありますね。 前向きさがありそうで体を使えている歩き方。 馬体、血統、厩舎と合わせてこれも楽しみな1頭ですね。 11. フロアクラフトの18 (メス) 鹿 父:ロードカナロア 母父:フジキセキ 2018年4月11日生 募集価格:4,400万円 一口(1/400):11.0万円 厩舎:美浦・田村康 こちらはリッチダンサーにフロアクラフトでロードカナロアの牝馬。 祖母リッチダンサーのアワーブラッドたちはFairy Kingの存在がポイントが高いですよね~キングカメハメハ系との相性が良さそうで。 馬体はムチッとしていて、力強さを感じますが、脚元が少し頼りなさげに感じる。頭でかいかな~という印象。 カタログの「くるみのように丸く澄んだ瞳」という文言が、なにかを誘導しているのかに思えてフフっとなりました(笑 12. ピューリティーの18 (牡) 栗 父:オルフェーヴル 母父:パントレセレブル 2018年4月10日生 募集価格:2,800万円 一口(1/400):7.0万円 厩舎:美浦・池上昌 募集中止になりました。 池上先生、嫌いじゃないですね。 13. ジュエルトウショウの18 (メス) 鹿 父:オルフェーヴル 母父:アグネスタキオン 2018年4月15日生 募集価格:1,400万円 一口(1/400):3.5万円 厩舎:美浦・中舘 キャロットの中舘厩舎。 3歳のシャンデフレーズの成績を見ると、同じ募集価格の牝馬、気になりますね。 馬体は牝馬らしいサイズ感で、見た目も丈夫そうかなと思いますが、サンデーサイレンスの3x3のオルフェーヴル牝馬という点がどうかですね。 14.

  • [出資検討] キャロット2019年度募集馬の感想 No.1~9

    ここ2年やっているので、今年も募集馬全頭の思ったこと考えていることを書いていきます。 過去のキャロット1歳募集馬感想(2018年・2017年) これを見て、なにか参考になるようなものではないです、という前置き、予防線を張り、生暖かく見ていただける方はどうぞ。 1. ヒストリックスターの18 (牡) 鹿 父:ディープインパクト 母父:ファルブラヴ 2018年3月21日生 募集価格:12,000万円 一口(1/400):30.0万円 厩舎:美浦・藤沢和 1番からハープスター全弟。ヒストリックスターの産駒はハープスター以降では初めての牡馬。 測尺は4月生まれの姉に匹敵する数値。馬格は十分。 脚元、バランス、歩様を見てもいいと思いますし、特に後肢の力強さは姉を思わせるところがあるように思います。 この出来で牡馬、藤沢厩舎ならダービーを目指すのは当然ということになるでしょうね。 藤沢厩舎は2022年3月に定年を迎えますから、今年の募集馬の4歳3月までになります。 ラストクラシックの2021年。 2. スノースタイルの18 (メス) 鹿 父:ディープインパクト 母父:ホワイトマズル 2018年5月20日生 募集価格:7,000万円 一口(1/400):17.5万円 厩舎:美浦・木村哲 今年の1歳セレクトセールで上場されて、ノーザンファームが5,616万円で落札した馬。 募集価格は結構乗せてきましたね。 姉は3歳秋から第一線で走り続けて、8歳の去年の有馬記念で引退。 タフに35戦を走りぬいた人気馬でした。 てっきり芦毛かと思いきや鹿毛でした。 母19歳時の産駒で、5月後半の生まれからすると、394キロの馬体は大きくなっていくとは思いますが、この金額だと躊躇するところですね(笑 木村厩舎。 セレクトで落とした高額ディープ産駒が預託されたわけなので、牧場側の評価がうかがい知れるというものですが、多くの一口馬主の評価とは異なるというのが現状ですね。 逆にこういう状況なら逆張りするのもありかなと天邪鬼的には思うんですが、馬の見立てに戻るとコスパ的にハイリスクかなと思いますね。 3. ラドラーダの18 (牡) 鹿 父:キングカメハメハ 母父:シンボリクリスエス 2018年2月5日生 募集価格:12,000万円 一口(1/400):35.0万円

  • [出資検討2019] キャロット募集場見学ツアーの立ち回りを考える

    いよいよ明日からキャロットの募集馬見学ツアーが始まりますね。 去年に引き続き、今年も日帰りツアーに参加します。 天気は木曜は晴れ、金曜だと雨の可能性がありそうですが、週明けの予報からはだいぶいい方に変わっているような気がしますね。 去年の午後の見学はどしゃ降りから小降りの中を耐えて見学していました(笑 簡易的なカッパやシューズカバーはバス内で支給されて、個人的にはまぁそれで十分だったかな? それにレインズボン的なものがあればある程度雨が降ってる中でも十分見れると思ったので、それだけ100均で買ってバッグに忍ばせていこうと思います。 使うことなく見学を終わることを願います。 去年は初めての参加でふわふわしていましたし、振り返ってもうまく立ち回れなかった感があったので、その反省を生かしたいです。 具体的には‥ 最初は引手の方や関係者の方と話し込まずに、全頭の取りたい箇所の写真を撮る 1周したら、候補馬の優先順に話を聞いて回る こんなところですかね。 去年は結構人が群がっていなくてお暇そうな&候補じゃない馬の引手の方と話し込んだりしてしまったので‥。 まぁ、それはそれでいいんですけどね(笑 また、全頭回って写真撮る必要あるのかという感じもあると思うので、まず最初の見学地でやってみて、お昼挟んで午後へと繋げたいです。 去年も同じような気持ちで行っていたんですけど、まぁ実際見て回ると難しいんですよね‥。 有名な競馬関係者見かけたら声かけて話こんだりしてましたし‥(笑 ツアーの行程はキャロット公式HPに上がっています。 早来ファーム 40分 募集馬・牡8頭 メス9頭 合計17頭、1頭あたり2分半くらい。 そういえば周回展示のことを考えていなかった。 やっぱり全頭撮るとかは無理かも。 ここは5、6頭候補がいます。 ノーザンファームY-5&6 45分 募集馬・牡18頭 ノーザンホースパークでの昼食後、午後の一発目。 去年と比べて10分時間が多いので、少しは余裕がありそう。 候補馬は8頭くらいですが、最優先候補が5頭。 多くの会員が注目しているところだと思うので、人の偏りも凄そうですががんばります。 ノーザンファームY-3 40分 募集馬・牡17頭 候補は3頭くらい。 薄い候補なので、逆に見学の印象が入ってきやすいかも。 関係者を見つけてと話すチャンスかも。

  • [レッドファンタジアの18] 1歳8月 馬体重463キロ、ノーザンファーム空港へ移動

    キャロットは1次募集開始前ですが、東サラはすでに7月に先行募集が終わっています。 今年の出資馬・レッドファンタジアの18(父ディープインパクト)の8月の近況です。 2019.08.26 : ノーザンファームYearling→ノーザンファーム空港 8月29日(木)に育成先のノーザンファーム空港へ移動の予定です。 2019.08.30 : ノーザンファームYearling→ノーザンファーム空港 馬体重463キロ。 この中間もトラブル等なく順調に夜間放牧を行っています。ピカピカの毛艶からは内臓面の充実ぶりが伺えます。常歩は力強く、草地でも良いバランスで駆けており、この3ヶ月で体幹がさらにしっかりとして、体力がついてきたと感じています。調教厩舎への移動前準備である洗い場馴致・鞍付け馴致ともに問題なくクリアし、調教厩舎への移動を待つばかりです。 ※29日ノーザンファーム空港へ移動 東京サラブレッドクラブ公式より 馬体重の比較は全兄レッドベルジュールに対してというところで見ていこうかと。 弟は募集時から28キロ増えて463キロ。 全兄が今の時期1つ勝ったあとに膨らまされていることを考えれば、1歳のこの時期からこの馬体重があれば、馬体減を気にすることなく進めていけそうなことがプラスだと思います。 1歳7月 1歳8月 「ピカピカの毛艶からは内臓面の充実ぶりが伺えます」という充実の馬体。 ちなみに同時期の全兄の馬体は 1歳8月・レッドベルジュール カリッとしていましたね。馬体重は419キロ。 「自分で体を作る」とこの時期からコメントされていた兄と比較して、 弟はお腹周りなど余裕があって、力強さを感じますね。 毛色は違いますが、脚の造りやバランス感は似てるなと思いますね。 2枚並べてスライドするとそう見えます(笑 8月末の更新は最初の動画更新もあり、ノーザンファームイヤリングでの撮影&コメント。 ・もともと華奢っぽいがしっかりしてきた ・筋肉の付き、骨格もしっかりしてきた ・基本的に人間に対して従順、おとなしい、言うことを聞いてくれる ・放牧地ではディープ産駒らしく動きはいい ・体つきの柔らかさ、伸びといい動きをします ・大きいところを勝ってくれるのを期待しないといけない馬だし、その期待に応えてくれると思います という感じ。

  • [出資検討] キャロット1次募集開始に向けてやっていること

    キャロット2019年度の募集馬検討。 先週の金曜日にカタログ、DVDが届きました。 カタログは落ち着いたデザインでいいですね。 去年の今日は、日帰りツアーに行って帰ってきたところでしたが、 今年はカタログ到着からツアー、1次募集開始まで1週間余分に時間がありますね。 ちょうどこの1週間は余分な1週間でしたが、時間があるかと言ってそれを有効活用しているかといえばそうでもなかったですね(笑 動画は2周くらいササーッと見ましたが、まだほとんどしっかりと見ていないですね。 キャロットの募集に参加するのも8年目。 特にここ2年は、1次募集で10頭、8頭申し込みと頭数を増やしているので、募集検討の時間も増えています。 検討するのもいろいろな要素がありますが、カタログが出る前には血統を調べて目星をつけて、馬体が出たら血統のイメージと比べて実際の印象がどうかを見て、測尺の数字を見てどうかと、まぁそんな流れですよね。 特に馬体の見方は、一口馬主を始めて8年も経つと自分なりに見るべきポイント、大事にしているポイントができてきましたが、まぁ~わからないですね(笑 まぁわからないなりに一生懸命見ているつもりですが、今年はこの本を買ってみました。 先週の日曜くらいに届きましたが、まだ読了はできていません(笑 全部は読めていないですが、この本のターゲットは「一口馬主の募集馬選びのための本」という感じですね。 で、この本をちょっと読んで感じたのは、これまでの馬体を見る上で、首から頭にかけてあまり深く考えていなかったなってことですね。 わかってる人からしたらはい?と言われてしまうかもしれないですが・・。 他にもすでに新たな気付きがいくつかあるという感じですが、 いかんせん一夜漬けタイプなので今回の募集で活かせるかどうか(笑 この本を読んでから、あらためて募集動画を見たいですね。 そしてチェックする馬を絞った状態で、来週の日帰りツアーに参加したいですね。 なので、昨日くらいから来週の千歳の天気予報チェックは毎日「やっています」ね(笑 チェック馬も10数頭に絞ったとかいって、また20頭くらいに増えてきています・・。 ツアー前にあといくつか検討記事を書いていこうかなと思います。(書けるかな・・)

  • [フルジェンテ] 2歳7-8月 見た目は以前よりシャープになるなど、少しずつ競走馬らしい体付きに変わってきています

    北海道組のもう1頭。 2歳馬ジャスタウェイ産駒のフルジェンテ(ヒカルアモーレの17)です。 一口出資額 90,000円 父 ジャスタウェイ 母 ヒカルアモーレ 母父 クロフネ 性別 牡 毛色 黒鹿毛 誕生日 2017.05.11 入厩予定 美浦 田村康仁 育成牧場 ノーザンファーム空港 B-3厩舎 募集時測尺 馬体重:479kg 体高:157.0cm 胸囲:178.0cm 管囲:20.3cm 19/7/16 NF空港 馬体重:518kg 現在は周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン14~16秒のキャンターで2本登坂しています。速めのペースで乗り込んできたことで、体はだいぶシャープになってきた印象を受けます。まだ背腰に物足りない部分は残るので、もう少しパワーを付けていくことで良化につなげていければと考えています。 19/7/31 NF空港 現在は周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン14~16秒のキャンターで2本登坂しています。坂路での登坂本数と比例するように気持ちが入ってきており、走りには安定感が増してきました。脚捌きに硬さがある馬なので、脚元には注意しながら今後もメニューをこなしていきたいところです。高い素質を持っているので、焦らず良化に努めていきます。 19/8/15 NF空港 馬体重:508kg 現在は周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン14~16秒のキャンターで2本登坂しています。ハロン14秒ペースで負荷をかけていますが、楽にこなせるようになってきており、全体的にしっかりしてきた印象を受けます。トモの緩さや硬さなど課題は残りますが、着実に良化を見せているので、この調子で上積みを求めていければと考えています。 19/8/28 NF空港

  • [イルミナル] 2歳7-8月 登坂時の手応えは良くなってきました。カイバ食いも良好

    キャロットの2歳馬・北海道組の月2回更新も8月の今日の更新が最後。 来週からは毎週更新になります。 そのキャロット北海道組の頭数は10数頭。 出資馬4頭中2頭が含まれています・・(笑 まずはロードカナロア産駒のイルミナル(クルミナルの17)の2ヶ月分の近況です。 一口出資額 75,000円 父 ロードカナロア 母 クルミナル 母父 ディープインパクト 性別 牝 毛色 鹿毛 誕生日 2017.03.31 入厩予定 美浦 奥村武 育成牧場 ノーザンファーム空港 C-3厩舎 募集時測尺 馬体重:404kg 体高:146.5cm 胸囲:166.5cm 管囲:19.0cm 19/7/16 NF空港 馬体重:445kg 現在は周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15~16秒のキャンターで2本登坂しています。ハロンペースを15秒台まで上げていますが難なく適応できており、登坂時の動きは変わらず軽快です。体付きが変わってきた印象こそありませんが、速めを取り入れても馬体減りはなく、良い状態で推移していると言えそうです。 19/7/31 NF空港 現在は周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15~16秒のキャンターで2本登坂しています。前向きさのある真面目な性格ではあるものの、調教中に気難しい面を見せることがあるので、注意しながら日々のメニューを進めています。カイバ食いは安定しており、毛ツヤや張りも良好なので、今後も状態を見つつ15-15ペースを継続していければと考えています。 19/8/15 NF空港 馬体重:452kg 現在は周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン14~16秒のキャンターで2本登坂しています。走行時のフォームが伸び気味になることがありましたが、ここ最近はバランスの取れた走りが可能になってきました。速めのペースを取り入れていることで、多少ピリピリしたところはありますが、度を越したものではなく、進めていくにあたって問題はないと見ています。 19/8/28 NF空港

  • [ラクンパルシータ] 2歳8月 少なくともひと月前後の乗り込み期間は必要になるかな

    2歳馬ハーツクライ産駒のラクンパルシータ(クルソラの17)。 8月1日にゲート試験合格後、天栄に放牧に出ています。 19/8/6 NF天栄 2日にNF天栄へ放牧に出ました。 トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン16~17秒のキャンター調整を取り入れています。 「先週ゲート試験を無事に合格したということでその後天栄へ放牧に出てきました。トモをはじめ、随所に弱さが見られるようなので慎重に接していきますが、動かせない状態で放牧に出てきたわけではないですから早速乗り出しています。今はまだ軽めで、様子を見ながら少しずつ進めていきます」(天栄担当者) 19/8/13 NF天栄 トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。 「先週までは軽めの部類のキャンター調整を行っていましたが、今週から15-15を取り入れ出しました。ただ、最初ということもあってか今回は前の馬についていくので精一杯でしたね。少しでも力をつけていけるように地道に乗り込んでいきます」(天栄担当者) 19/8/20 NF天栄 トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。 「調教負荷を一気に高めていくとトモを中心に馬体が堪えてしまいかねませんから、段階的に上げていくようにしています。先週の登坂時には15-15を行いましたが、今週は1歩進めて15-14で乗ってみています。動きを見る限りではまだまだという印象を受けますから、この後もしっかりと本数を重ねていきます」(天栄担当者) 19/8/27 NF天栄 トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。 「じわりじわりと乗り込みを進め、負荷を高めてきている状況です。今朝は坂路に入って3ハロン41秒ほどの時計を出してみました。楽々というわけではなく、まだ少し促しながらという形なので、少なくともひと月前後の乗り込み期間は必要になるかなと感じています」(天栄担当者) キャロット公式より

  • [ヴァイトブリック] 3歳8月 最短で9月の競馬を考えられそうです

    3歳馬ヴァイトブリックです。 8月は新潟のレパードS、3回目の重賞挑戦でしたが6着でした。 レース後は新潟から直接天栄へ放牧。 その後の近況です。 19/8/6 NF天栄 レース後、NF天栄へ放牧に出ました。 ウォーキングマシン調整を行っています。 「日曜日の競馬のあとに状態を確認してもらったうえで直接競馬場から天栄へ帰ってきています。まだ日が浅いため、もうしばらく時間をかけて状態面の見極めをしていきますが、今のところ脚元等に大きな不安を抱えていることはなさそうですよ」(天栄担当者) 19/8/13 NF天栄 トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。 「放牧後はマシン運動のみにとどめていましたが、脚元等に不安を見せることはありませんでしたからその後少しずつ動かし出していました。現在はトレッドミルか軽めの乗りを行っている状況です。そこまで傷んだ印象はないので、間を空けすぎずに次走へ向かうことができればと考えていますが、具体的な相談していくのはもう少し乗り進めてからになるでしょう」(天栄担当者) 19/8/20 NF天栄 トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。 「先週いっぱいは軽めの調整にとどめていましたが、この中間から少しずつ進め出しています。今朝は坂路に入りじわっと伸ばして適度な負荷をかけてみました。この後も体調を見ながら乗り込んでいき、今後につなげていきたいです」(天栄担当者) 19/8/27 NF天栄 トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。 「先週あたりから坂路で負荷をかける調教を取り入れていますが、進めてきて堪えた様子を見せることはありません。今週も負荷を求めるように動かしていますが悪くないように見えるので、これならば最短で9月の競馬を考えられそうです。中山に組まれているダートの適鞍を最短プランとして調教師と相談していきます」(天栄担当者) キャロット公式より レース後は状態の状態としては、脚元に不安を見せることもなく「傷んだ印象もない」ということで、次のレースに向けて調整がスタート。

  • [キアレッツァ] 3歳8月 8戦目 未勝利戦10着、引退

    3歳馬キアレッツァ。 8戦目の未勝利戦に出走しましたが、10着に終わり引退が決定しました。 馬体重は3週間前の前走から2キロ増の426キロ。 間隔は詰まっていましたが馬体は維持できていました。 パドックの周回はグリーンチャンネルでの数秒でしたが、精神面も問題なさそうでした。 枠は2枠3番。 正直、真ん中より外がほしいくらいでしたが、これも仕方ありません。 レースがスタート。 ゲートが開いた時の反応はいつも速い、ですが、そこからの脚が1200では前に行けるほどのものがなく。 スタートから隊列が決まったときには9番手、10番手と先頭まで7馬身くらい。 持ち時計のある馬が先頭集団にいましたからこの時点でさすがに厳しいです。 ポジションを上げることもできずに直線へ。 前走と同じく最内に入りますが、伸びも見られずにゴール。 8戦目の競馬、10着という結果に終わりました。 19/8/25 引退 25日の新潟競馬では五分のスタートから道中は中団でレースを進める。直線ではジリジリ脚は使うが、前に迫ることはできず10着。 「本来はもう少し前めのポジションで進めたいと考えていたのですが、押しても行くことができませんでした。その後は内にこだわって進めましたが、勝負どころで外から被されたり、詰まったりとスムーズさを欠きました。上手く導くことができていれば違った形になっていたかもしれないだけに残念でなりません。良い結果を出すことができず、申し訳ありませんでした」(木幡育騎手) 「現地に入って馬体と相談しながら調整を続けて、最終的に悪くない状態で送り出せたと思います。しかし、根本から良くできたというまでではなく、前走からの大幅な上積みが見込めたわけでなかったことは否めません。若干窮屈に見えるシーンはあったものの、ジョッキーは前走で得たことや馬場、枠の並びなどを考慮し、勝負に行ってくれた上でのことなので責めるわけにはいきません。レースの内容を見ていただいてもわかると思いますが、馬はここに来てようやく良くなってきたかなと思えたものの、間に合わせることができませんでした。最後まで諦めずにご声援いただいていたのに、期待に応えることができず申し訳ございません」(萩原師)

  • [キアレッツァ] 3歳8月 日曜の新潟3歳未勝利・ダ1200mに木幡育騎手で出走します

    3歳未勝利馬のキアレッツァです。 前走は8月4日の新潟ダート1200で4着。現地まで見に行きました。 そこから在厩のまま、一旦美浦まで戻りましたが、先週また新潟競馬場に移動しています。 19/8/7 萩原厩舎 7日は軽めの調整を行いました。 「段々とレースでのパフォーマンスが良くなってきているように、ようやく馬自体がしっかりしてきているのでしょう。今回のレースも内容自体は悪くなかったですからね。伸びしろはまだあるはずだし、それを引き出すためにはとにかく時間が欲しい。そのためには残された期間の中で何とか勝ち上がらせなければいけないということに尽きると思います。まずは体調の見極めを行っています。脚元の異常はなさそうなので、疲れが目立ってきたり精神的に余裕がないということでなければ基本的にはこのままトレセンにおいて来週以降のレースを目指していくつもりです」(萩原師) 19/8/14 新潟競馬場 13日に新潟競馬場へ移動しました。14日は軽めの調整を行いました。 「先週いっぱいは疲れを取ることに終始していましたが、段々と癒えてきて悪くない状況にありました。それで次の目標を新潟の5週目に置くことに決めたのですが、前回1週間前に現地に連れていって調整したのが良かったので今回も同様の形で行こうと思い、さっそく連れていくことにしたんです。台風等の影響もあるかと思い火曜日に運んだので、今週は軽めをメインにし、金曜日か週末あたりに終いだけ伸ばしておいて来週に備えるつもりです」(萩原師) 24日もしくは25日の新潟競馬(3歳未勝利・ダ1200m)に木幡育騎手で出走を予定しています。 19/8/21 新潟競馬場 21日は新潟ダートコースで追い切りました(72秒9-56秒7-42秒2-13秒6)。