searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

miniaquaさんのプロフィール

住所
青葉区
出身
青葉区

自由文未設定

ブログタイトル
水草観察日記 miniaqua
ブログURL
https://miniaqua.hatenablog.jp/
ブログ紹介文
小型水槽で水草水槽
更新頻度(1年)

8回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2015/05/15

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、miniaquaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
miniaquaさん
ブログタイトル
水草観察日記 miniaqua
更新頻度
8回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
水草観察日記 miniaqua

miniaquaさんの新着記事

1件〜30件

  • 40日ぐらいで追肥

    カミハタスティック、約2ヶ月の肥料効果 と書いてあるのですが、水草水槽だと 大体40日ぐらいの効果ですね。 これはCO2を入れてて、水草の成長が 通常より早い事も関係してそうです。 この水槽も今日で130日目で、 半年維持まであと50日ですね。 肥料切れに成ると、 下の葉が溶けて外れたりして来るのですが、 追肥のタイミングが中々難しいですね。

  • 20cm 水槽 75日目

    リスのしっぽがやや小さく成り始めたので こないだカミハタスティックを切って1/3本追肥しました。 真ん中と左端に埋めているのですが、 肥料の効果は水槽全体に行き渡ってる様ですね。 グロッソも今の所順調で、 これなら100日以上も行けそうです。

  • ヘアーグラスを少し追加

    こちらはプラチナソイルで93日目ですが、 前景に何も無かったので、ヘアーグラス植えました。 これでストック水槽が、レイアウトチックに。 使用してる肥料は、 カミハタスティック1本とアクアフローラ1個です。 ヤマトヌマエビが居ると、 枯れた古いヘアーグラスを食べてくれるんですよね。 苔だけじゃなく、水草も手入れするとは、 なんて優秀なエビなんだ。

  • 20cm 水槽 56日目

    こちらは2月1日に1度リセットして、 水草1番サンドを使用してます。 やはり50日を超えた辺りで ロタラの下の葉が取れて来たり、 グロッソも色落ちする等 何らかの肥料不足の傾向が出て来ますね。 追肥は、カミハタスティック1本を 中心辺りに植えて様子見です。 前回は2本追肥したら、藻がブワっと 多めに出てしまったのですが、 ヤマトを入れてたら解決出来たかもしれないので ちょっと勿体なかったかもしれない。 今回は4匹ほど入ってるので安定してますが。 水質ばかり気にしていたら、 ヤマトが維持の鍵だったとは、盲点でしたね。

  • ヤマトヌマエビは、効果が高かった

    フィルターレスで管理していて 気づいた事は、栄養系ソイルだと 肥料成分が、絶え間なく溶け続ける という事ですね。 これはアクアフローラのおこし等 固形肥料等入れても同じです。 フィルターが無いと、水草が 使わない分は、水中に残り続けるので それが藻(糸ゴケ)に成ったりしてしまうんですよね。 肥料成分が留まりやすいフィルターレスでの長期維持は、 藻類が増えて無理なのかと思ったのですが、 ヤマトヌマエビを入れた事が無かったので 試しに7匹程入れて見た所、 弱った下の葉に、藻がつく事が多かったのですが ヤマトを入れてからは、ほぼ見られません。 ヤマトが居るのと、居ないのとでは、 藻の発生具合が、全然…

  • フィルターレスでソイル1年以上の維持は難しい

    ストック水槽は、去年の2月頃に立ち上げて、 300日を超えた12月辺りから 前景ソイルの部分に、藻類が発生するように成りましたね。 グロッソも全てコケまみれに成ってしまったので リセットをしました。 (ストック水槽なので、流木も適当です) 全く低床の掃除もしないで、 フィルターも使わない環境では 6ヶ月ぐらいでリセット、 が丁度いいかもしれませんね。 あとフィルターレスだと 下の葉に藻が比較的付きやすいです。 これも水流が無いので、 栄養分や溶けた肥料が 下の方に留まりやすいからだと思われます。 フィルターレスだと、音がしなくて良いのですが、 栄養分が下に留まりやすいのが難点ですね。 20cm…

  • 伸びてきたので、トリミング

    ロタラワヤナード。黄色に成ると 思いましたが、水面へ行っても 葉の色はさほど変わりませんね。 というわけで、トリミングをしました。 そして全てのワヤナードを20cm水槽へ再植。 後ろの方へ植えたので、 少し賑やかに成りました。 ストック水槽のソイルは 300日超えてるのですが、 低床掃除をしてなく、 ソイルに藻が付きやすく成ってるので そろそろソイル交換した方が良さそうです。

  • 水草は液肥低濃度の方が育つ?

    毎日薄めた液肥を添加していたのですが、 どうも毎日添加しない方が、 育ちやすいっぽいんですよね。 フィルターレス環境なので 水中の成分濃度が高めに成りやすいのだと思います。 かと言って窒素添加しないと 下の葉が枯れてきたりするので より薄く添加するか、 水換えをして濃度を下げるかが 必要なのかもしれません。 現在液肥は2〜3日に1回添加にしてます。 ブライティニトロ、ブライティK、ブライティアイアン の3つの液肥を、どの頻度で添加するか ちょっと悩んでしまいますね。 少し伸びてきたので、 左の水草のトリミングと 差し戻しをしました。

  • 立ち上げから約1週間

    午前のこの時間帯は、日差しが入るので 幻想的な水景に成るんですよね。 少しぐらいなら、藻類も特に出ない。 パワーサンドの効果については そこまで栄養分が溶けて無いようで (量が少なかったのもあるかもしれませんが) 一部ワヤナードの下の葉が調子を落としてしまい、 現在は、アクアフローラを右端に1コ埋めて、 ニトロも毎日約0.5ml添加するようにしてます。 水草の量が多いので、栄養の供給が 間に合ってないみたいですね。 ストック水槽の方は、液肥が効いてる様で 新しい栄養系ソイルを使った時と、 同じぐらい水草は良く育ってます。 ロトンディフォリアとワヤナードは 黄色〜ピンクに成るはずですが、 もっと…

  • 20cm 水槽をリセット

    水草一番サンドは、2〜3ヶ月ぐらいなら、 ほぼ追肥をしなくても綺麗に水草は育つので、 今回は吸着系ソイルの プラチナソイル + 液肥 という構成です。前景にはグロッソスティグマですね。 それと一番下には、パワーサンドベーシックを仕込みました。 20cm水槽なので、量は袋の1/4ぐらいです。 5日経過してますが、今の所白濁も起きてない。(ソイルが吸着してる?) ストック水槽が液肥だけでも水草は育ってるので、無くても育ちそうですが、 どうせやるなら、という感じですね。 今回は、300日ぐらいの管理を目標にしてみたいと思います。

  • 足りない何か、それは窒素(Nitrogen)だった

    比較的栄養素の多い水草1番サンドでも、 ロタラが密集してる場所では、2ヶ月ぐらいすると 成長が止まったり、下の葉が徐々に枯れて行ったりして、 テトライニシャルスティックも入れてるのに 何故調子を落とすのだろうと、思って居たのですが どうも窒素不足が主な原因だった様です。 テトライニシャルスティックは、 成分の殆どがカリウムなんですよね。 現在はADAの グリーンブライティニトロ (窒素しか入ってない液肥) を週2回の1/3の水換えの水に混ぜる、 という方法で追肥してますが、窒素追肥してからは安定してますね。 葉の大きさも窒素を添加してからは、 大きく成長してるのと、葉の張りが無い時よりも断然良…

  • どうやら液肥だけでも育つ

    ヘアーグラスがラプラタサンドの所まで ランナーを出してますが、水中の液肥だけでも育つみたいです。 CO2もあるので、現在液肥は毎日添加してます。 それでもガラス面に藻が付かないので、 もう少し液肥の量を増やしても問題無さそうですね。 好調だった時のロトンディフォリアと比べると 葉が大分小さいので、これは光量の関係かもしれませんね。 (好調時は12時間点灯だった) 現在は8時間なので、ちょっと10時間に戻してみようかと思います。

  • 液肥だけで育つのか

    活力を失っていた葉を切って 挿し戻しして、しばらく経過しました。 テトラCO2プラスを入れてからは、 全然成長も早いので、肥料の消費も その分早く成ってる感がある。 CO2機器が無い人に良いですね。 以前水草が育っていた、という水槽なら ちゃんと効果があると思います。 液肥に関しては、ほぼ毎日多めに添加しても ガラス面に藻類が付かないので、 新規ソイルの栄養分が如何に多いかが分かります。 セット1〜90日は、ガラス面に藻類が出るので。 ちなみにこちらの使い回しソイルは250日経過です。 液肥の肥料だけで育ててる感じですね。 100日以上の水槽の管理は、 また違った難しさがありますね。

  • テトラCO2プラスの感想

    CO2無しでしばらく管理していたのですが 水草の成長は相当遅いですね。 30日で約2〜3cmなので、 ロタラが水面まで伸びるのに 6ヶ月はかかりそうな勢いです。 特にリスのしっぽとロタラベトナムに至っては ロタラよりも成長が遅い。 水道水のCO2濃度では 殆ど育たない水草もある、 という事ですね。 そして今回はCO2タブレットではなく、 液体のテトラCO2プラスを試してみました。 微生物の分解によりCO2が発生するらしいですが、 ホントなのか、と思いつつ 1週間に2回、1mlづつの添加です。 液肥を使っても、10日ではここまで早く伸びなかったので ちゃんとCO2が供給されてる様ですね。 速さ的…

  • ガラスの苔が無くなると同時、水草も元気が無くなる

    今回はソイル以外の肥料は、 全く何も入れてないのですが 水草1番サンドの栄養持続期間は だいたい120日ぐらいですね。 120日を過ぎた辺りから 下の葉が茎から外れたり、 水草全体に張りが無くなったりと 栄養不足の様な状態に成ります。 ロタラの森など沢山水草を植えてる箇所ほど 栄養の消耗が多いようです。 水草が密集してるエリアは90日ぐらいで 徐々に調子が落ちてきます。 栄養が水草で消費されるというより、 水中に溶けていく印象です。 ソイル内に追肥するなら 90日目ぐらいが良いかもしれませんね。 * 液肥がここで役に立った 試しに液肥(以前使用したbe bright) をほんの1適、コップの飼…

  • 30cm その後

    オキシドールの添加を止めたのですが、 20cm水槽と比べて多めに添加していたせいか ほぼ全ての水草が活力を失いましたね。 止めて1週間後ぐらいに葉の色も悪くなり、 枯れるかと思いましたが 新芽を出して現在は成長しています。 20cm水槽の方はオキシドールの添加が 少なめだったので、添加を止めても問題無く育った様です。 オキシドールは、添加量に気をつけた方がいいですね。

  • 20cm水槽 17日目

    CO2無しの環境なので、 水草の成長もとても遅いですね。 CO2タブレットでCO2水を 使用していた時の方が成長も早かった。 水換えは今の所2日に1回の頻度。 化粧砂を2週間以上使っての感想ですが、 メンテナンスが結構大変ですね。 ソイルのみよりも、 生体の排泄が思った以上に多く、 スポイトで清掃しないと 1日経過しただけでも目立ってしまいます。 寧ろこれだけ多いと、何もしないと 苔が増えるのも納得が行きますね。 毎日はしんどいので、2日で清掃してますが、 それでもソイルと比べると、手間がかかります。 ただ見た目に関して言えば、 ソイルよりも清涼感があって 手入れがされてる水槽らしい 雰囲気が…

  • 20cm水槽 リセット ラプラタサンドを試す

    化粧砂のあるレイアウトのセッティングは ソイルのみと比べると、1.5倍ぐらいの手間がかかりますね。化粧砂も洗う必要必要があったりと、 見た目以上にリセットが大変でした。 仕切りに小石を設置したので、 ソイルがラプラタサンド側へ 流れる事もありません。 1〜2粒程時々落ちてきますが。 石は後から埋める感じで 上から置いての設置です。 立ち上げてから5日経過しましたが、 今の所特に問題も無いですね。 今回はCO2タブレットも使用しないで 水槽管理をしたいと思います。

  • 20cm水槽 119日目

    真ん中に何もないので、やや物足りないですが、メンテしやすくする為に流木を撤去しています。 こちらもオキシドール散布と点灯時間を減らしたらミリオフィラムとヘアーグラスの糸状藻も大分無くなりましたね。照明の位置を少し上にして現在9時間点灯にしてますが今の所糸状藻は復活してないです。 照明はルーメンの数値が高く明るい方がいい、みたいに思われがちですが、多少暗くてもコケが出ない方が 水景は全然いいですね。

  • オキシドール+点灯時間の減少で、糸状藻も減少

    12時間→8時間へ点灯時間の調整は 思った以上に効果がありましたね。 2日ぐらいでも、目に見えての効果がある。(ついでにアオコみたいなコケも出なく成った) イメージ通りのカイゼンで、 消灯しないで水草を保ちつつ 糸状藻を減らす事に成功しましたね。 20cm水槽も同様に糸状藻が減ってます。 以前はZENSUIの照明で12時間でも 糸状藻が出なかったのですが、 その時の環境は、照明を吊るして 水面から離れていたので、 コケも発生しづらかったのかと思います。 今回は照明がリフトのみで水面にやや近いので、 光量も多いのでしょう。 オキシドールに関しては 3mlを200mlの飼育水で 薄めたものを、30…

  • 糸状藻の原因を考える

    オキシドールを使うと 糸状藻の増殖は抑えられるのですが エビの食べ残しもあって、完全に溶ける事は無い様ですね。 12日以上試してみましたがエビ次第です。 あと薄めて散布しても 水草が調子を落とす事があるので コントロールが難しい。 他に原因があると結局増えてしまうので方法をちょっと変えてみます。 とりあえずロタラ・ベトナムはトリミング。 以前は糸状藻は発生しなかったのですが 20cmの水槽も糸状藻が一部発生して液肥以外の原因は何かと考えると 糸状藻が出なかった時との違いは、照明の高さなんですよね。 カメラのシャッタースピードで、明るさは計れるので (シャッタースピードが早い程明るい) 30cm…

  • 水槽データ 20cm水槽 102日目

    今回水草一番サンドを使用しましたが、 鉄分が豊富にあるようで、水草が赤く成りやすかった。 唯一の失敗は三大要素の液肥を使用して しまった所です。(糸状藻が発生してしまった) 20cmはやや狭く思えて来たので 次はもう少し大きい水槽の方がいいですね。 * 水槽データ 水槽:Do!aqua W20×D20×H20 (ちいさな水辺セット) 照明:市販LED電球 (810lm 1灯) 点灯時間:12時間 (7:00〜19:00) フィルター:無し エアレーション:有り (15:00〜6:00 ) 水換え:ほぼ毎日 1/5 1L CO2:GEX きれいな水草を育てる 水草CO2ブロック (バケツに1日入…

  • オキシドール 7日添加しての感想

    薬品なので、生体に影響があるのかと 思いましたが、今の所☆に成った生体は居ませんね。 現在添加してる量は、 20cm水槽 = 毎日2〜2.8ml(最大) 30cm水槽 = 毎日3〜3.8ml(最大) という感じで、コップに薄めて添加してます。 糸状藻は添加し始めて4日目辺りで、 熱湯をかけたのと同じ様な状態になります。 トリミングした方が藻の除去も早いのですが、 オキシドール検証の為そのまま 流木の糸状藻に熱湯かけると 白くなって数日経過後にエビが食べ尽くすのですが その状態と似てる。藻が無くなるのもエビ次第といった感じですね。 コップに3〜4ml薄めたものを5回集中して散布した部分は 水草も…

  • オキシドールで糸状藻を霧散

    「こいつは酷い、一体誰がこんなことを……」 原因は三大要素の液肥を追加した自分なのですが、 糸状藻が出てしまいましたね。 20キューブのマトグロッセンセにも一部発生してしまい。 液肥添加するまでは、水草につく事なんて 全くありませんでした。 糸状藻はヤバさ加減で言えば、 黒ひげの次にヤバい藻類だと思います。 蔓延すると遮光心とリセット心が 芽生える手強い藻です。 遮光してミナミヌマエビに食べてもらうのが 短期間でほぼ確実に減らせるのですが、 なるべく水景をキープした状態で 糸状藻を取り除きたいので、オキシドールを 今回は試してみたいと思います。 こちらがオキシドールです。 ドラッグストアで10…

  • 三大要素の液肥は添加しない方がいい

    20日間、週2回の頻度で、 薄めた三大要素の入った液肥を 添加していたのですが、 短い糸状の藻が増えてしまいますね。 マトグロッセンセの一部の葉も 以前よりつくように成った。 ワリッキーとロトンディフォリアには 付かないのですが(なんでだろう)。 カリウムのみの時は こんな事も無かったので 水草一番サンドの場合は 三大要素の栄養は、 根からの供給で十分という事ですね。

  • 管理途中で光量UPはしない方がいい 20cm水槽 89日目

    水草水槽をやっている中で、照明交換などで 光量UPする事もあると思いますが、 なるべくしない方が良いですね。 ストック水槽の方の明るさと 合わせる為に、20cm水槽の電球の位置を下げて、 2月10日辺りに光量UPをしたのですが マトグロ先生が成長を止めました。 すでにある葉がだんだん調子を落として、活力を失い、 栄養供給がされて無いかの様な状態になったので、 水草内でなんらかの変化があったのだと思います。 "照明替えたらコケが多く出た" という現象は、これに関連してると思います。 以前の環境で育った水草は、 藻が付きやすく成るので。 現在あるマトグロッセンセや ロタラワリッキーは、 光量UP後…

  • 今回入れた水草

    レイアウト水槽と比べると ガラスに藻が発生しやすいので オトシンクルスとオトシン・ネグロを入れました。 少しは藻も抑えられますが、 2〜3日に1回は磨かないと増えますね。 水槽を管理していく上では 藻はどうしても出てきます。 オトシンのご飯になるので 少し残してのガラス掃除です。 先週入れた水草ですが、 ロタラ sp ベトナム レッド。 ワリッキーよりも育ちやすく、 見た目的にも美しい水草ですね。 レイアウト水槽にも こちらを使用したかったかな。 ワリッキーは、水草一番サンドだと 茶色く成りがちなんですよね。 水面に近くなると、 綺麗な赤を発色するのですが。 続いて、ロタラ sp バングラデシ…

  • 水換えは、毎日しない方が良かった 20cm水槽 80日目

    毎日水換えを1/3ほどしていたのですが、大量の水道水を入れるのは良くないですね。理由は、茶苔です。 以前の大きな石を入れたレイアウトでも茶苔が石に付いていたりしてたので最初は石の成分が溶けてるのかと 思ったのですが、水道水にはケイ素が含まれていて、それが茶苔の原因みたいですね。この水槽も水換えのCO2水の量を 1リットル程度にしてからは茶苔も収まって来ました。 ロタラワリッキーと、ロトンディフォリアも新芽が高く成ってきましたね。芽が出て1週間でこれぐらいなので 10cmに成るには、まだ日数がかかりそうです。

  • ストック水槽をアップデート

    少し水草の配置も変えて、 ダッチアクアリウム風に。 立ち上げてから1週間が経過しました。 レイアウト水槽では、ソイルそのままの水景は 手間がかからないせいか、あまり評価されないのですが、 ストック水槽をやると、目立った藻(一般的に言われるコケ) が無ければ、こういう水槽もありだなと 思えてくるんですよね。 魚も泳いでいて、十分幻想的な雰囲気もある。 ネオンテトラも、比較的安価な生体ですが LEDの反射でキラキラして綺麗です。 あまりレイアウトしない水槽も 全然いいですね。

  • ストック水槽

    とりあえず、ストック水槽の水草も揃ってきました。 生体はエビしか居ないのですが、 今の所安定です。 こちらの水槽は、30×20×25と レイアウト水槽よりも大きく、広々してます。 ロタラ・ワリッキーは、レイアウト水槽の方で 水換え時の水温差で葉が縮れるのか不明ですが、 2月14日からは、水温調整した水換えをしています。 ロタラ・ロトンディフォリアは、 普通に綺麗に育ってるんですよね。 個人的には、グリーンロタラより綺麗だと思います。 ロトンディフォリアを増やしたくて、 後方にもいくつか植えてあるのですが、 まとまった数に成るのは、 3ヶ月後ぐらいですかね。 気長に育ててみたいと思います。

カテゴリー一覧
商用