searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

学力再生工房AQURASさんのプロフィール

住所
船橋市
出身
石巻市

思春期の子を持つお父さんお母さんのために、どうお子さんに向き合えば円満な親子関係を築けるのかをアドバイスします。

ブログタイトル
賢い親の「できない」子を『できる』ようにする方法。
ブログURL
https://www.aquras.com/category/blog/
ブログ紹介文
船橋市(西船橋)・千葉市(稲毛)にある学力再生工房AQURAS塾長の、真実しか言わないリアル日記。
更新頻度(1年)

172回 / 365日(平均3.3回/週)

ブログ村参加:2015/04/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、学力再生工房AQURASさんの読者になりませんか?

ハンドル名
学力再生工房AQURASさん
ブログタイトル
賢い親の「できない」子を『できる』ようにする方法。
更新頻度
172回 / 365日(平均3.3回/週)
読者になる
賢い親の「できない」子を『できる』ようにする方法。

学力再生工房AQURASさんの新着記事

1件〜30件

  • 大企業という「村」にいる優秀な会社員は、どこへ向かっていくんですかね?

    50代〜60代の高度経済成長を経て、ヒラの兵隊から成り上がった幹部社員がスペックの高い新入社員を自分達が経験した通り歩兵からやらせているという話を私も先日友人から聞きました。ちょうど今、友人が勤務されている大企業で起こっている事だそうです。 時代が大きく変わることを余儀なくされる中で、変えるのも変えないのも人間次第であることを改めて考えさせられますね。 | 学力再生工房AQURAS|西船橋と稲毛にある学習塾。お子様の心を強くして賢い子に育てる学習塾

  • SLAM DUNKの木暮は“スターではない人間のスター。いつか来るかもしれないその日を信じ続ける強さとは?

    とはいえ、安西先生の強烈フレーズも強烈でした。 もはや痺れて痺れて…涙が出るくらい感動させらました。山王戦終盤のタイムアウト中の、安西先生のセリフです。 「赤木君と木暮君がずっと支えてきた土台の上に、これだけのものが加わった。それが湘北だ」 人を動かすリーダー、指揮官というものの存在を改めて学ばされた、良い記事でした。 | 学力再生工房AQURAS|西船橋と稲毛にある学習塾。お子様の心を強くして賢い子に育てる学習塾

  • 無限ループにハマりつつ、秋の夜更けにて。

    それでも、私が信じる教育の在り方を貫いてAQURASという塾があるわけで、そんな私の信念や指針に賛同して必要として下さるご家庭がたくさんいらっしゃることもまた、必要とされている、必要だから存在させてもらえていることを忘れてならないんだなと、己自身への自戒も込めて書き綴ってみたひとときでした。 | 学力再生工房AQURAS|西船橋と稲毛にある学習塾。お子様の心を強くして賢い子に育てる学習塾

  • そもそも、ウチはPDCAを回す自学自習で5科400点以上を取らせているわけで…。

    パブリックでもプライベートでも、仕事だろうと余暇だろうと、人生のサイクルはPDCAをもとに回っているんだなということを、長く生きていると痛感させられるものです。 子どものうちに、このような人生哲学や社会で成功する知恵を持っていたら、オトナになるまでに人生が豊かになるようなスキームを整えることができただろうに…と今更振り返ってどうにもならない現実を突きつけられるわけですが…(爆)。 | 学力再生工房AQURAS|西船橋と稲毛にある学習塾。お子様の心を強くして賢い子に育てる学習塾

  • 悔しい…の言葉を使う局面、間違ってます。

    悔しいと言っていいのは、それだけのことをしてきた、当たり前のことを当たり前に積み重ね、且つ、己の行動を油断せずに戒めてきた者だけ。 怠惰な思考や行動をしてきた者がこのフレーズを使うなど、笑止千万。 そういう点で、今回ウチの塾では数少なかったとはいえ、己の甘さゆえに撃沈してきた者たちに己を相当見つめ直してもらう機会を得られたのは、ひとつ収穫だったかもしれませんね。 | 学力再生工房AQURAS|西船橋と稲毛にある学習塾。お子様の心を強くして賢い子に育てる学習塾

  • 経営者となった元プロサッカー選手が語る、使えない上司と使えない部下…とは?

    説得力は、とても大事と私は思っています。上司であれ、部下であれ、「この人の言っていることならば、大事だよな」と周囲に思わせられるかどうかでしょう。そのためには、自分をさらけ出すことも時には必要ではないでしょうか。たとえば、弱みを見せるのです。弱みを見せるのは、互いに信頼関係を作っていくうえで重要だと思います。「ここが弱いから、こちらが手伝ってあげよう」となるわけじゃないですか。 | 学力再生工房AQURAS|西船橋と稲毛にある学習塾。お子様の心を強くして賢い子に育てる学習塾

  • 半沢直樹のフレーズには、子どもが気づくには難しいけど、伝えるべき本質がたくさん眠っている。

    このフレーズはシンプルに見えつつも、人間が誇り高く生きるための指針ではないのかなと。 テクニック論を語る前に、人として恥ずかしくない生き方をする。 そのような生き方ができる人の周りに、たくさんの人が集まってきて、たくさんの機会創出が生まれて、幸福感を高めていくことができる…もちろん、賢さも強さも必要であること前提ではありますが。 | 学力再生工房AQURAS|西船橋と稲毛にある学習塾。お子様の心を強くして賢い子に育てる学習塾

  • 5科488点を筆頭に470点台460点台も続出する中で、それでもやりきれない想い。

    中学生たちは夏休み明けの定期テストの結果が却ってきていますが、過去最高点を奪取してきた塾生たちが続出しているのがうれしい悲鳴でしょうか。5科488点ゲットの塾生を筆頭に、470点台や460点台も続き、夏にサボらずしっかりやってきたんだなと、各自の成長をしっかり感じさせられています。 | 学力再生工房AQURAS|西船橋と稲毛にある学習塾。お子様の心を強くして賢い子に育てる学習塾

  • 承認欲求が強い自慢が多い子、自己主張がエスカレートする原因は親の褒め方なの?

    大人の自慢話とは違い、子どもの自慢話は大げさな表現による「ただの報告」である場合も多く、あまり深読みする必要はありません。ただし、あまりにもしつこい場合や、特定の相手にだけ自慢を繰り返す場合は、承認欲求が満たされていないということも。家庭での会話の内容や、子どもへの接し方について、今一度考えるきっかけにもなるはずです。 | 学力再生工房AQURAS|西船橋と稲毛にある学習塾。お子様の心を強くして賢い子に育てる学習塾

  • 幸福感を充たす上で侮れない、選択するチカラとは?

    いつまでもその傾向を持ちすぎていると、オトナになってから、今度は上司や取引先などのステークホルダー(利害関係者)に『選択』権を委ねることになってしまいます。それだと、人生における幸福感はどんどん減っていくだけですよね。 | 学力再生工房AQURAS|西船橋と稲毛にある学習塾。お子様の心を強くして賢い子に育てる学習塾

  • 試験本番に遅刻して途中入場しておいて、解き終わってないからもっと時間くれ…だと!?

    偏差値=人間性はある程度当たっていることは以前のブログで書いたことがありますが、今回の件もご多分に漏れずその通りになっています。だからこその学業以上に人間教育が必要であることを普段から私も言い続けている感じでしょうか。 外見だけでなく、行動面や規律面、礼節などもしっかりしている子は、比較的優秀な子が多いのが本質になりますよね。 | 学力再生工房AQURAS|西船橋と稲毛にある学習塾。お子様の心を強くして賢い子に育てる学習塾

  • 逃げる~逃げる~オレたーちー!にさせないためにも。

    逃げて逃げて逃げまくってる子は、自信がないから、自己肯定感が低いからだと言えばそれまでですが、それ以上に「被害者ヅラ」というのがウチの塾生には大きいです。 | 学力再生工房AQURAS|西船橋と稲毛にある学習塾。お子様の心を強くして賢い子に育てる学習塾

  • 響くプレゼンと響かないプレゼンの差は何なのか、16歳のグレタさんと17歳のマララさんを比較して見えるモノ。

    伝え方というのは、どんなに良いことを言っていたとしても言葉ひとつで慈愛にもなるし、刃にもなりかねない代物です。 ただ、私も心掛けていることですが、叱るにしても、そこに「愛情」があるかということは大切にしています。 | 学力再生工房AQURAS|西船橋と稲毛にある学習塾。お子様の心を強くして賢い子に育てる学習塾

  • 己が幸せに生きていけるのは、己のおかげ…とか言ってる時点で、もはや失格です。

    塾生の中には一部、親にやってもらって当たり前、社会に面倒見てもらって当たり前、自分の思い通りにいかなけれな周囲や社会が全部悪い!自分は被害者だ!みたいなツラをしている者がいます。その連中に対して、私は昭和のガンコ親父なので、そのような勘違い野郎を最終的に叩きのめしていく予定です(暴力ではなくて)。 己が幸せに生きていけるのは、己のおかげ…とか言ってる時点で、もはや失格です。 所詮、個人など、まわりの人たちの尽力や配慮によって生かされていることを知るべきです。 | 学力再生工房AQURAS|西船橋と稲毛にある学習塾。お子様の心を強くして賢い子に育てる学習塾

  • テレビ朝日系「ABEMA Prime」にAQURAS塾長:村上が2分間紹介されました。

    私は昭和な古風の考え方ということもあり、先日逝かれた渡 哲也さんを崇拝するような規律や礼節を重んじる堅物ゆえ、やはり若い世代からは理解してもらえない人種だということを理解しつつも、一般大衆に万人受けするような指導はしていないため、昭和の礼節の大切さを理解して下さる方を、日本人の美徳である謙虚さを次の時代につなげるための役割を担っていけるよう頑張っていきたいと思います。 | 学力再生工房AQURAS|西船橋と稲毛にある学習塾。お子様の心を強くして賢い子に育てる学習塾

  • 信じたい、でも信じられない、でも信じてほしい…昔ながらの美学を説きつつ。。。

    自分を奮い立たせるための有言実行もいいですが、昭和の無言実行の美学も令和を生きる時代の若者に訴え続けていきたいものです。 無言実行のできる者は、実力が認められるだけでなく、周りの人たちからも必要とされて必ず引っ張り上げてもらえますから。男らしいというか、男の美学というか。 男子であれば余計にですが、口数の多い男は信用されないし、口数の多い男は異性からもモテないというのは、ある意味当たっているのではないでしょうか。 | 学力再生工房AQURAS|西船橋と稲毛にある学習塾。お子様の心を強くして賢い子に育てる学習塾

  • 村上は教場の外でもきっちり仕事していますが、休み欲しいなぁ。。。

    AQURASが指定校推薦や公募制推薦・AO入試特化型の高校生の塾から脱皮するためには、彼らの意見がとても大切です。 もちろん、根幹となるスキームは村上やスタッフたちで精査していきますが、塾生ひとりひとりの要望や意見も取り入れていきながら、真剣に勉強できる空間であり、居場所となる場所を創っていけるようにしたいものです。 | 学力再生工房AQURAS|西船橋と稲毛にある学習塾。お子様の心を強くして賢い子に育てる学習塾

  • 「ヤバイヨ、ヤバイヨ」「リアルがち」「オーマイガー」を使ってよいのはお茶の間だけで、パブリックではオススメしない理由。

    理由として、問題の本質を見極められなくなり「理性」ではなく「感情」で処理するようになってしまうからです。 「なぜ?」「どうして?」と問題に直面した際、必要なことは現状分析です。 そして、分析するには「何が」「どのように」「いくらで」「どこで」「誰が」「誰に」と論理的に問題を掘り下げ、問題の全体像を明らかにしなければ、対応策など出るわけありません。 | 学力再生工房AQURAS|西船橋と稲毛にある学習塾。お子様の心を強くして賢い子に育てる学習塾

  • 自信を持つことと信用されることを本質的に考えてみる。

    自信を持つ最初の一歩というのは ①可能な目標を立てる ⇒ ②確実に実行する ⇒ ③自分で出た成果を最大限認めて誉める というサイクルで成り立っていることに気づくだけで、これまでの自信の持てない自分から卒業できる大きな機会となるのではないでしょうか。 | 学力再生工房AQURAS|西船橋と稲毛にある学習塾。お子様の心を強くして賢い子に育てる学習塾

  • 遥か彼方にある徳島県の塾の最強5名との、AQURASの威信を懸けた対抗戦を通じて。

    このような決戦・対抗戦を通じて得られるのは、学力よりも圧倒的な経験値とマインド向上でしょうね。 口で言って伝わらないことを、このような斬った張ったの勝負で、こちらもストレスを溜めずに伝えられるんですから。 | 学力再生工房AQURAS|西船橋と稲毛にある学習塾。お子様の心を強くして賢い子に育てる学習塾

  • 5科450点奪取する塾生が続々登場の中で、結局伸びる子に共通しているものとは?

    ウチの伸びてきている塾生のみならず、社会で大成されている方に共通しているのは、多少の不自由や不遇も跳ね返すために、与えられた環境下でも全力で逃げずに真剣に取り組んで生きてきたことです。やってもらって当たり前感やお客様感がアリアリな方がこのように伸びてくるケースはあまりありませんからね。 | 学力再生工房AQURAS|西船橋と稲毛にある学習塾。お子様の心を強くして賢い子に育てる学習塾

  • 10年後の起業生存率26%、学習塾廃業率も増加の中、今日で開塾10周年を迎えた学力再生工房AQURASはこれからも…。

    他人から受けた恩や価値は、必ず他の方に還元していく。 そして、見返りを求めるのではなく、恩や価値を社会に還元することで、社会貢献と己の生きた証を残していきたいと日々思うところです。 | 学力再生工房AQURAS|西船橋と稲毛にある学習塾。お子様の心を強くして賢い子に育てる学習塾

  • 根拠のない中身の全然カラッポのスカスカのクソみたいなプライドをズタズタに引き裂いていく…ウチの塾の流儀です。

    こういった言い訳を正当化しようとするお子さんの自尊心って、実は意外と高い。プライドが高い子が意外に多い。 だからこそ、その根拠のない中身の全然カラッポのスカスカのクソみたいなプライドをズタズタに引き裂いていく…ウチの塾の流儀です。 | 学力再生工房AQURAS|西船橋と稲毛にある学習塾。お子様の心を強くして賢い子に育てる学習塾

  • 何でもいいんですよ。気分をスカッとさせられるリセット方法を持ったお子さんに育てるとメリット満載です。

    お子さんが落ち込んでいるときに「どうしたの?何かあったの?」と根掘り葉掘り聞き出そうとするのは、完全に逆効果です。 子どもというのは、自分が話したいタイミングで話すものですから。 もちろん、小学校入学前のお子さんまでであれば「大丈夫?どうしたの?」という声がけが有効かもしれませんが、子どもは思春期に入っていくにつれて徐々に親には話したくない世界観ができあがっていくものです。ですので、声がけ以外の角度から手を差し伸べてあげるといいのではないかなと個人的には思います。 | 学力再生工房AQURAS|西船橋と稲毛にある学習塾。お子様の心を強くして賢い子に育てる学習塾

  • 昭和は「夢や希望があったから寛容じゃなかったし、厳しかったんだと思う」というマツコ・デラックスさんの見解と、その先の時代への期待。

    時代は令和となり、昭和の夢は実際に生活の中で誰しもにその恩恵を与えてくれています。この先も様々なテクノロジーの発展やイノベーションが生まれ、私たちに喜びを感じさせてくれるでしょう。 しかし、昭和の時代を力強く生き抜いてきた方々にとっての『夢の世界』に生きる我々が、彼らと同じような夢や希望を感じられるようになるのは簡単ではない気がします。 | 学力再生工房AQURAS|西船橋と稲毛にある学習塾。お子様の心を強くして賢い子に育てる学習塾

  • 虐待だと子どもが通報も…ネット・ゲーム依存は心の病。自粛生活で悪化のきっかけに…どう抑えればいい?

    周りの人は分かっていないのですが、依存の人はネット・ゲームで休んでいるところがあるんですね。逃避しているとはっきり言う人もいる。現実に立ち向かう力を取り戻さなければならない。その力が付いたら、ゲームから離れてみようと思える。ゲームをする時間が多少減るんですよ。私たちは時間をかけて、本人がきっかけをつかむまでずっと寄り添うことを大事にしています。ネット・ゲーム依存は本人の自己責任でなくて、心の病気です。そのことを多くの人に知ってほしい。 | 学力再生工房AQURAS|西船橋と稲毛にある学習塾。お子様の心を強くして賢い子に育てる学習塾

  • 最悪「愛は金で買える(?)」けれど、どんなにお金を積んでも買えないプライスレスな一品は?

    「時間」でお金を買える…というよりは、時間があればお金を得るチャンスや稼げるチャンスが数多く広がるという本質の問題ですよね。「光陰矢の如し」「時は金なり」ということわざの通り、私も時間が最も大切であると考えています。 その大切さを次の世代にどう叩き込んでいくか…それは、目先の学業を究めさせる以上に人生に長きにわたる教訓となり得ることが分かっているからこそ、私も塾生たちへのマインドセットをどんどん施していきたいと思うんですよね。 | 学力再生工房AQURAS|西船橋と稲毛にある学習塾。お子様の心を強くして賢い子に育てる学習塾

  • お子さんに敢えてイエス or ノーで答えられない質問をする大きなメリットとは?

    家庭の会話で目指したいのは、言うまでもなく後者の方です。 open-ended questionを増やすこと。思考力などと考えると難しく思えますが、考えるチカラは日々家庭の中でこそ伸ばすことが可能です。 学校では何十人にひとりであるわが子でも、家に帰れば1:1でしっかり向き合ってくれるオトナと話す機会が持てます。 この時間こそが、最高のトレーニングになっていくのです。 | 学力再生工房AQURAS|西船橋と稲毛にある学習塾。お子様の心を強くして賢い子に育てる学習塾

  • Zoomオンライン指導の在宅受講に潜む、お子さんをダウングレードさせるダメ人間製造法。

    「Zoomのオンライン授業で在宅受講している生徒たちがどんどん勉強しなくなって、塾にも来なくなって、退塾していく」子の特徴として、やはり成績が中下位層に位置しています。計画的に物事を組み立てていくチカラが弱く、大半は欲望のまま日々を過ごしている子ですね(もちろん、すべてではないですが)。逆算思考が苦手な子であるとも言えます。 特に、自宅にスマホやゲームやTVがやりたい放題の環境下で長時間過ごしている子は、大変危ないですね。 どんどんダメ人間化していって、最後は廃人みたいにニート化していくでしょう。お子さんが気づいたときに受験も終わっているならまだしも、ヘタしたら20代後半まで気づけない子も出てくるかと。 | 学力再生工房AQURAS|西船橋と稲毛にある学習塾。お子様の心を強くして賢い子に育てる学習塾

  • 飛行機に乗る前に、犯してはならない大失態を経験して学んだこと。

    消費者金融のCMでもないですが、ご利用は契約的に…ですね。 何事も用意周到は大切ですが、やはり不測の事態に備えての想定が大切だということでしょうか。 | 学力再生工房AQURAS|西船橋と稲毛にある学習塾。お子様の心を強くして賢い子に育てる学習塾

カテゴリー一覧
商用