searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Business jumpさんのプロフィール

住所
神奈川県
出身
神奈川県

日経先物取引を通じて相場観をつぶやいてます。近況はオプション取引がほとんどですが、これに重要なのが相場観です。SQまでの相場を予測してどう取引していくか。本ブログでは、どのタイミングでエントリーするかをテーマにその時々の分析や心境を公開しようと思います。より実践的に。

ブログタイトル
THE相場観
ブログURL
https://soubakan.jp/
ブログ紹介文
日経先物の相場観を実践的なつぶやきをしながら投資の考え方を公開してくブログ
更新頻度(1年)

39回 / 64日(平均4.3回/週)

ブログ村参加:2015/03/23

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Business jumpさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Business jumpさん
ブログタイトル
THE相場観
更新頻度
39回 / 64日(平均4.3回/週)
フォロー
THE相場観

Business jumpさんの新着記事

1件〜30件

  • 6月15日:75日移動平均線を超えてきたものの・・・

    日経は、SQ通過後は、底堅く推移しています。テクニカルでは、75日移動平均線を、自然と上へ抜けた感じでしょうか。力強さは、まだまだです。上に行きそうな、チャートには見えますが。。。先々は、当たり前ですが、上にも下にも大いに可能性があります。下に沈んでからの上もあるでしょうし、その逆も。放れた方が、ダマしになる事も多い最近の相場展開。とてもやりにくい印象。どこまでこの静かな展開が続くのか?良く分かりませ...

  • 6月14日:益々日経平均は、煮詰まってきます

    日経平均は、SQを無風で通過したイメージですが、その後の動きは、特別な動きは見られておりません。29000円を挟んだ動きに徹しており、膠着状態です。しかし、それでも日経平均は、着実にパワーを蓄積しています。今週FOMCが控えておりますが、SQの次のきっかけとなり得るのは、まさにこのFOMC。注意が必要です。大きく下がる局面があれば、打診で軽くひろっておきたいところですが。FOMCが無風なら、また次のきっかけやタイミン...

  • 6月11日:日本株とオリンピック

    日経は、SQ最終売買日ではありましたが、穏やかな印象でした。この先テクニカル的には、更に煮詰まってくるので、要注意です。どこで動くかといえば、いつ動いても不思議ではなく、材料次第。足元のオリンピックがどう日本株に影響しているのか?ワクチン接種で回復傾向である日本でしょうが、オリンピック開催後の感染リスくが未知数なだけに、資金を入れにくいのは説明がつきますね。逆に、海外は、ワクチンが進む=経済回復=イ...

  • 6月10日:SQ直前でやや下向き

    今週はSQ週となります。ここまで、レンジ推移で方向感がないまま時間が経過しています。材料不足との指摘もありますね。SQ通過までは、ポジション調整だ、なんだかんだ要因で方向は見えないと思います。足元は、SQ通過から様子を見たいと思います。ちょっとダウがヘタレ気味ですね。~スポンサー~デジタルシフトを支援する「バーチャル展示会・ショールーム」プラットフォーム Sokoiru ウェブサイト★展示会を主催する!★自社製品...

  • 6月9日:何れにしても「上にも下にも」、先々大相場な予感

    雇用統計後、やはり上値が重い展開が続いています。なかなか、浮上できません。SQ関連の需給も大いに関係しているのでしょうが、もたついていますね。。。この先、日本では、ワクチン接種者が増加傾向となり、徐々に経済活動を取り戻すと考えられます。今の米経済のように。遅れてこのトレンドが来るとなると、好材料と解釈される可能性あり。7月になれば、更に接種率が拡大しているでしょうから、いつのまにか、オリンピック歓迎...

  • 6月8日:米株買いの日本売りポジション

    先週の雇用統計の結果を経て、米株は、堅調な推移となる一方で、日本株は、月曜日の寄り付きから、毎回なイメージですが、寄り付き高値のパターン。いったいどこまで続く?と思うくらの状態ですね。ここから夏のオリンピックに向けては、恐らく潜むリスクを警戒しての、日本売りな感じがします。オリンピック開催後の感染状態については、大方感染が広まると予測しているはずです。ただその規模が分からない。中期的な面の感染状態...

  • 6月6日:雇用統計通過で上昇

    米国の雇用統計は予想を上回る結果となり、その後米株、日経先物含め上昇となりました。数字の良し悪しはあるものの、想定範囲内で通過しる事が大事な感じですね。なんとなく上へあがりたかっている印象はあるので、底堅い展開は続くものと思います。6月相場としては、弱い印象はあるものの、日本のワクチン接種が進むなど報道が広まれば、安心感で良い方向に株価が向かう事も。~スポンサー~デジタルシフトを支援する「バーチャ...

  • 6月4日:寄り付き急騰からの行って来い

    昨日の日程は、寄り付きから急騰。その後は、続伸ならず、ほぼもとに戻ったひどい状態。画像は、5分足先物かなり乱高下な展開となっています。寄り付きからの急上昇では、飛び乗った投資家も多いのではないでしょうか。こうした動きは、需給要因だろうなと感じています。SQまでは続くかも知れません。一方ADPは、予想を上回ったようです。これに為替が反応してドル円110円を超えてきましたが、米国10年国債が跳ね上がり、米株、日...

  • 6月3日:上値が重いも、下値では買い入る底堅い展開

    日経は、乱高下な状況ではあるものの、結果的には、底堅い展開となっています。急激に下がったり、急激にあがったりと、自動売買の影響もあるのでしょうが、荒いですよね。分足でオーバーシュートだらけ。ただ、下落の持続性も限定的であり、直ぐに戻ってくるなど今の相場特性が現れているような。6月は弱い印象がある月ですが、今のところ頑張っているといってよいでしょう。来週のSQ通過後はわかりませんが。下がりにくいのだか...

  • 6月2日:日経先物日足がトレンドラインで蓋(画像付き)

    日経平均の日足を見ると、下の画像のようにトレンドラインが描けます。近年は、教科書通りに進まないことが多いので、参考程度と感じていますが、ちょうど、このラインに接触しているポイントになっています。ここから上へ突き抜ける可能性はありそうです。が戻り天井の可能性もあります。数日で大きな陰線形成があったら要注意ですかね。逆に大陽線も要注意。今の相場、どっちいっても不思議ではありませんので。正直上か下かわか...

  • 6月1日:「上値が重い」=トレンドが出ない

    日経は、29000円を回復してきておりますが、維持するのがつらそうですね上昇するたびに売られている状態です。とはいえ、なんとか29000円まで回復しているのですが、そこから気持ちよく上がれないです。上値が重いを別の表現でいえば、トレンドが出ない。継続性が無いという事でしょう。27000円あたりのポジションの売り需要があるようなイメージですが。ただし、なかなか上に行かない状態で売りポジションが増えてくると突然、踏...

  • 5月31日:75日移動平均線が蓋

    先週末の日経は、三角持ち合いからの上放れの展開となっていますが、ザラバを見ても、一方向にグイグイ進むようなイメージはありません。ところどころ売りがしっかり入っていますが、結果的にプラス引け程度。持続性ないような相場展開に見えます。迷いながら、結果的上昇、結果的に下といったように、ザラバの中では、方向感が見えにくいです。これはやりにくい相場地合いです。今週は雇用統計が控えているので、方向感が出来にく...

  • 5月28日:5・25日移動平均線重なる・・・

    日経平均は、底堅い展開になっている印象です。28000円を超え、一目均衡表の基準線に到達したあたりから28000円を割らなくなってきています。あとは、今週末にかけて上か下か動きできるか?と見ています。今のところ動きは乏しいようですが。そして6月ですね。下がりやすいイメージがありますので、実際どう動くのか?あまり過去の動きあてにならないので。材料は、ワクチンや五輪ネタになりそうな感じはしていますが。まだ動きに...

  • 5月27日:日経平均ジリジリ上昇しているが、材料不足で勢いつかず

    テクニカル的に、ジリジリと三角持ち合いで、上放れしつつあるものの、ファンダメンタル的にも買い上がりにくい状況でしょう。オリンピックの行方、テーパリング他とあまり好材料に恵まれているようではありません。どこかでアク抜け感が出てくるのを待つしかないかもしれません。6月は、下落する可能性はありますから、上昇するならするで良いですが、過度な期待はほどほどにしておきたいと思います。下落には注意しておきたいと...

  • 5月26日:日経日足5・25日移動平均線ゴールデンクロス直前だが

    日経は、テクニカル的にジリジリ上がってきています。三角持ち合い上放れっぽい状態。そして、5・25日移動平均のゴールデンクロス直前もあって、しょっと上に行きやすいバイアスがかかっています。ただ、上がったら叩かれるこれまでの相場地合いは良い記憶しておきながらのトレードが必要ですね。下記バナーよりブログ散策できます!投資情報収集にお役立てください!ポチッと宜しくお願いします!☟        ...

  • 5月25日:日経平均三角持ち合い中と捉えるべきか

    日経は、徐々に底堅くなってきています。28000円を割らなくなってきました。(割れるときはあっという間ですが) 形状的には、日足で三角持ち合いを形成中ではあるので、上へ跳ねて不思議ではありません。これまでの展開では、上へ吹き上がっても、だらだら下落してくる相場状態が続いている印象があり、ファンダメンタル的にしかたありませんが、高値を買いあがる好材料が見いだせないのでしょう。オリンピック問題もあります。...

  • 5月24日:一目均衡表基準線が上値抵抗線

    日経平均は、戻りが鈍い状態が続いています。一目均衡表の転換線や基準線が上値抵抗としてガッツリ蓋をしている状態です。戻りを試すにしても、ここを突破しないと難しいですね。一方ナスダックは、75日移動平均線を漸く超えてきたいところ。ダウについては、なんとなく、ダブルボトムを形成しているようにも見えますが、ネックラインを超えるかどうか重要なシグナルとなりそうです。その意味では、今週の市場の動向は重要になりそ...

  • 5月21日:横ばい続いている様子

    日経は、28000円を挟んだ横ばいが続いています。レンジの上下は、はっきりしてきてはいるのですが、やや膠着しているように見えます。先々のテーパリングや景気回復期待などあるのですが、株式投資の面では、良し悪し。市場環境が変わった感じがありますから、これまでのように、上へ戻ってくれればいいのですが、まだ確かめられていませんね。6月に向けて、需給も悪くなるので、ちょっと心配ではあります。いったんしっかり戻って...

  • 5月20日:FOMC議事録警戒

    ダウや日経など株式市場はさえません。これまでとはテクニカル的に変化がある事は否めません。25日・75日移動平均線のデッドクロスですが完成しています。ダウも明確に上昇軌道には戻り切れてはいない状況です。ワクチン接種が進み、経済の正常化が期待される中で、インフレ懸念や金融引き締めの思惑が台頭して、株式市場としては、方向を惑わせている印象です。マーケットに潜むテーマとしては、インフレ懸念と緩和のテーパリング...

  • 5月19日:日経急騰演出するが、持続できるか

    日経は、大幅下落から、急騰する展開となっており、乱高下の印象がありますね。何れにしても、反対売買を動力源にしている気がしますが。結局、上か下、どちらへ進むのかはわかりませんが、どちらもありな状態。そろそろ、オリンピックの開催方法について情報が飛び出す可能性がありますね。それに関連しワクチン接種報道。好材料となるか、悪材料となるかが難しい判断。このあたりの報道は、材料視されるかも知れませんので注意し...

  • 5月18日:上値の重さを確認

    28000円を回復したと思いましたが、売りに押された格好です。戻り売りが、かなり強そうな印象ですね。下値で日銀の支援がないもの売り仕掛けしやすいのかも知れませんが。どこまで戻るかを確認する必要がありますが、いきなり売りに押されたので、上はそう簡単ではないという意識で対応していきたいです。しばらく泳がさないとなんとも読みにくいです。下記バナーよりブログ散策できます!投資情報収集にお役立てください!ポチッ...

  • 5月17日:自立反発のタイミングか

    日経は、27000円台前半まで下落して、いったい反発する様子です。ダウも反発しており、上昇軌道にもどる?ような戻り具合です。今回の日本の下落については、いいとろこまで値幅調整が完了した印象があります。いったん自立反発の時間帯になりそうなんので、どこまで戻れるのかを確認しておきたいです。このタイミングでオプションのポジションを組み始めています。どちらに動いても大丈夫なように、対応していきたいと思います。...

  • 5月13日:25日・75日移動平均線のデッドクロス直前で、まずい状態

    日経は、沈みました。タイトルにあった通りで25・75日移動平均線がデッドクロス直前の状態で、このままクロスすると、更に下げが加速するか場合もあります。売り方優勢で仕掛けられる。これは転換点なので、これまで以上に注意が必要です。SQ通過あたりで急反発といった流れになればいいですが。今は、完全にノーポジです。下記バナーよりブログ散策できます!投資情報収集にお役立てください!ポチッと宜しくお願いします!☟  ...

  • 5月12日:強烈な下落へ

    日米ともに大幅下落となりました。まず、雇用統計が予想をはるかに下回る結果で相場が動きましたね。緩和維持期待やら金利低下期待でどうなるかと思いきや、利確のきっかけになりました。5月の超高値圏にあったダウは絶好の利確タイミングになったのでしょうか。簡単には3万回復は難しそうです。米国ダウなどでは、まだ上昇トレンドが終わった状況ではありませんので、しばらく様子を見て判断していく必要がありそうです。下記バナ...

  • 5月11日:米株高受け、日経29500円突破

    日経が、ようやく29500円を突破してきました。突破は良いのですが、さらに買い上がる雰囲気はないようです。とにかく、吹き上がったら売りの繰り返しです。売りの主体がいるようです。米株買いのヘッジ目的の日本株売りなのかわかりませんが。米株に連動していないところが寂しいですよね。ポイントは、どこまで売りが続くのか?まずは、SQ通過後を注目しておきましょう。ここから上へ目指すかどうか?下記バナーよりブログ散策で...

  • 5月10日:雇用統計悪化で金融緩和継続期待へ

    米国雇用統計が、予想を大きく下回る結果となりました。利上げ後退やら金融緩和継続やらと思惑が走っているのでしょう。米国10年債も瞬間下がっやりと、じりじり上値が重くなってきている状況で、ナスダックが反発しやすくなりつつあります。ダウは好調で高値更新中という事態。完全に資金が米国市場に向かっていますね。そのうち日本市場に向かってきそうですが。日経については、29000円の価格帯から、やや上へ抜けてきた状態で...

  • 5月7日:大幅高もナイトセッションで陰線推移

    連休明け、寄り付きから吹き上がっておりましたが、29400円前後でストップ。大陽線を形成したので、上値抵抗ライン突破できるか注目になります。しかし、ナイトセッションから陰線形成で、なかなか突破できない様子です。今週から来週にかけて、29500円を突破できるか注目になります。下記バナーよりブログ散策できます!投資情報収集にお役立てください!ポチッと宜しくお願いします!☟        ...

  • 5月6日:CME29000円明確に奪還できず。

    連休中のCME日経平均先物は、軟調な状態が続いていました。ナスダックは、金利に敏感になっているのか、上値が重い状況である一方で、ダウは、高値更新水準を維持している。日経は、好材料が無い事も影響していると思いますが、連休明け以降は、例えばSQ迄、SQ以降でやや上昇に傾くかもしれません。29500円を超えるか超えないかで、先々を判断すれば良いと思います。下記バナーよりブログ散策できます!投資情報収集にお役立てくだ...

  • 4月27日:上値の重さ続いています

    日経は、29000円を回復はしているものの、まだ上値が重いように見えます。米国企業決算が続く中で、良好な業績となれば、刺激にはなるのかもしれませんが、FOMCを控えており、動きづらい面ものあるでしょう。下記バナーよりブログ散策できます!投資情報収集にお役立てください!ポチッと宜しくお願いします!☟        ...

  • 4月26日:75日線・基準線が上値抵抗に

    日経は、自立反発に入り、戻りを試しているのですが、29000円を回復してくると、売りに押されるようです。ちょうど、75日移動平均線や一目均衡表の基準あたりが蓋をしており、なかなか抜けません。ここが抜けなければ揉み合いゾーン29500円も難しいでしょう。まだ29000円台も完全奪還したとはいえないので、売り圧力はまだ続くのかもしれません。今週が、連休前最後の営業日が並びますから、ちょっとまだ吹き上がった売りが繰り返...

カテゴリー一覧
商用