searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Business jumpさんのプロフィール

住所
神奈川県
出身
神奈川県

日経先物取引を通じて相場観をつぶやいてます。近況はオプション取引がほとんどですが、これに重要なのが相場観です。SQまでの相場を予測してどう取引していくか。本ブログでは、どのタイミングでエントリーするかをテーマにその時々の分析や心境を公開しようと思います。より実践的に。

ブログタイトル
THE相場観
ブログURL
http://businessjump.jp/
ブログ紹介文
日経先物の相場観を実践的なつぶやきをしながら投資の考え方を公開してくブログ
更新頻度(1年)

233回 / 365日(平均4.5回/週)

ブログ村参加:2015/03/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Business jumpさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Business jumpさん
ブログタイトル
THE相場観
更新頻度
233回 / 365日(平均4.5回/週)
読者になる
THE相場観

Business jumpさんの新着記事

1件〜30件

  • 8月5日:米国好決算やISM良好な数字で底堅い

    ISMの経済指数が良好であったこともあり、日経は22000円を回復し、これまでの軌道に戻りました。ISMは良かったですが、問題は雇用でしょう。サービス業中心にまだまだ難しい状況だと思います。雇用統計でサプライズがないと、いったん戻りは終了かもしれません。レンジ範囲の推移となれば、22000-23000円の間で展開される状況が続きそう。下記バナーよりブログ散策できます!投資情報収集にお役立てください!ポチッと宜しくお願い...

  • 8月4日:米好決算も後押しで日経切り返し

    米国の主力銘柄好決算が支えとなり、日経は反発となっています。なんとか22000円を回復して維持しているようです。ややオーバーシュートではありましたが、22000円を維持した事は、まずまずと思います。上値は軽いとは思いませんが、まだレンジ範囲の揉み合い相場という判断で良さそうです。レンジ幅が広いのでその点は注意し冷静な判断が必要ですね。上は23000円まで上がっても全く不思議はない。下はいまのところ22000円キープ。...

  • 8月3日:レンジ下限下放れだが、即回復できるか?

    日経は、結局22000円を下に放れました。上値が重かったので致し方ありませんが。ただ、米国企業の好決算もあり、ダウは戻していたり、ドル円も戻りを試している事から22000円を回復する可能性があります。今週も、22000円を回復する事ができない場合は、やや調整方向でいいと思います。75日移動平均線前後をまずは下限と想定しておいて良いと思います。逆に22000円を回復するようならいったん戻り基調といったイメージです。ダウの...

  • 7月31日:戦後最悪 米国GDP悪化

    報道によれば、米国四半期GDPマイナス-32.9%で戦後最悪らしいです。ザラバでは、コロナ悪化で自粛要請が強まるなど、悪材料の影響を受けて日経は下落している。ナイトセッションでは22000円割れに至りましたが、一応ここから切り返す傾向があるので、まずは冷静に、サポートされるかを見ればいいと思います。寄り付きから22000円前後の推移ならば、ザラバでETF買いが入る可能性がありますので注視していきたいと思います。逆に、...

  • 7月30日:先ずは22000円を割らない事

    日経は、戻りがやや鈍い印象です。ドル円も円高となり、なんとなく不安ではあります。確かに上値が重くなっていますが、さサポートライン22000円をしっかり維持できるかは注目ポイント。下がった場合は、しっかり買い上がる傾向もあるので、下がりっぱなしとはいかないまでも、今は、売られやすいので注意しながら、サポートラインを見ておきたいと思います。先ずは円高に歯止めがかかる事は必要です。下記バナーよりブログ散策で...

  • 7月29日:不安定な相場展開続く

    日経は、ザラバ中しっかりした上昇を演じたが、後場からは、真逆の動きとなりました。いったい誰が好んで買い上がって、誰がこれだけ売り崩したのでしょうかね。と思うほどの上下運動でした。まだまだ吹き上がりは、売られる流れなのでしょうか。何れにしてもしばらくは、上値が重い状態が続くのは想定しておきたいですが、ワクチンなど好材料が飛び込むたびに吹き上がる事はあるでしょうから、危なっかし相場ではあります。目先は...

  • 7月28日:日経寄り付きギャプダウンからしっかりした切り返し

    連休中の下落により、日経はギャップダウンより始まりましたが、そこからは、戻り基調となっていました。こういったギャップダウンからは、一応買いが入ってくる流れです。未確認ですが、ETFが入った?のかもです。ダウともども、ひどい下落になったわけではありません。レンジ範囲の動きであったので想定範囲の動きにとどまったという理解で良いと思います。今週は、米国FOMCやGDP、中国のPMIなど経済指標が発表になるので動きに...

  • 7月27日:日経22500円割れで上ブレイク失敗

    連休中の米国CME日経先物は、大きく下落しているようで、22500円を割り込んだ推移となっています。勿論ダウも軟調な推移です。連休に発生した円高が大きかったですね。105円台を付けています。23000円を維持できず、22500円も割り込んだ事でレンジ範囲に変更なしという事になります。次は下限目安22000円を維持できるかで良いと思います。レンジの範囲で推移するかをチェックしていけばいいかと思います。下記バナーよりブログ散策...

  • 7月22日:キーワードは「ワクチン開発」?

    日経は、底堅い展開に見えます。前の記事の通りで、注目する点は、レンジ上にあがったかどうか?です。これまでは、おおよそ22000-23000でした。今後22500-23500に移行できるかどうかと思います。マーケットの大雑把なトレンドは、経済対策に加えて、恐らくワクチン開発成立期待の上昇指向にあると思います。「期待で上がる=ワクチン開発前進なる報道」のような構造になっているかな・・・というイメージ。その意味では、コロナ終...

  • 7月21日:連休迄でやや上値重い

    日経は、やや上値が重い展開です。連休前もありますし、自然な状況です。過剰な売り込みも無さそうですし、ある意味材料がないともいえそう。コロナの感染拡大に関わる報道も耐えませんが、ワクチン開発ネタも入り始めなんとなくバランスが取れている印象はあります。気になる連休明けですが、なんとなく上がっているような。22500円がレンジ下限になってくれば、23000円再度トライもありそうです。下記バナーよりブログ散策できま...

  • 7月16日:中国GDP結果次第で上値追い?

    米国のコロナ関連のワクチン開発期待で上昇基調になっています。ここ最近の中国株式の上昇も支援材料になっています。一方ドル円との相関がかなり崩れていますね。夜間取引では23000円まで到達していましたので、揉み合いからの上放れしていますのでレンジの23000円ゾーン、もう少し正しくいうと、先物9月限月でいえば23250円あたりまで上昇してもおかしくありませんので注視しておきたいと思います。まずは買戻し先行で上昇を支援...

  • 7月14日:売り需要軽減で株高

    SQ通過後の日経は、ETF売り圧力が一巡した事から株高になっているようです。本日以降の注目ポイントは、続伸できるかです。ここから続伸できれば、23000円に到達するかもしれません。マーケットでは株高期待があるのでしょうが、決算や米中など悪材料となってしまった場合、折り返しになる事がありますから、注意しておきたいと思います。しかし、緩和状態のマーケットは、下がっても買い支える傾向があるので、上値は買いたくない...

  • 7月13日:目先日経動くか?

    SQを通過し、どう日経が動いていくか?ここまで長い時間帯でレンジ揉み合い相場が続いています。煮詰まってきているのはあるので上下に動く可能性は出てきています。ファンダメンタルズ的には、コロナ懸念が継続する中なので、上昇するには難しい相場な印象はあるのですが、逆に上がっていく事もある相場。やや下にずれ落ちる可能性があるとは思いますが、そこは、建玉に注意しながらです。注意点は、現状の相場は、上下幅がまだま...

  • 7月10日:SQ通過で動くか

    SQ週もあり、最終売買日も上下が激しい展開でしたが振れ幅が大きいだけで方向性はないですね。需給の事情で動いているそんなイメージです。当面は、広い範囲でのレンジ相場を想定しつつ、テクニカルである程度反応していくような。SQ通過後も、まだ横這いが続くものかと思いますが、ややいったん沈む方向へは注意しておきたいと思います。下記バナーよりブログ散策できます!投資情報収集にお役立てください!ポチッと宜しくお願い...

  • 7月9日:SQで上下激しい展開

    日経は、なかなか荒い展開になっています。大した材料が無いのですが、かなり動いている感じです。SQの影響はあるとは思います。また、米中問題も注目され始めてきています。大統領選挙が近づくにつれて、更に注目を浴び、不安定な相場が続きそうです。上下の幅が大きいので、注意必要ですね。下記バナーよりブログ散策できます!投資情報収集にお役立てください!ポチッと宜しくお願いします!☟        ...

  • 7月8日:SQ特有の動きか

    昨日の日経平均は、急反発の影響か、上値が抑えられるかっこうで先物は、陰線を形成しました。利確が進んだ印象があります。SQ特有の動きが顕著にでた感じです。激しい動きはあるとして、原則レンジ推移。SQ着地模索な動きになるのでしょう。SQ通過後も似たように材料不足でトレンドは出にくいと思います。ただし、毎回そうですが、レンジ形成すれば、いずれは、上下どちらかにブレイクするので、それについていくイメージで良いと...

  • 7月7日:大幅高で踏み上げ

    コロナの懸念が広がる中での、寄り付きからの急騰でした。これはさすがに驚きました。膠着していくかと見ていましたので。特に材料が見当たらない中で、恐らく売建玉の踏み上げを狙ったもので説明つきそう。オプションの買いを仕込んでた投資主体者がいたのでしょう。と勝手に想像しています。SQまで一儲けできているのかも知れません。(残念ながら自分は含まれません・・・)やはり、実態は需給だけで動く相場といったところでし...

  • 7月6日:雇用統計良好な数字で底堅く推移するか

    先週末の雇用統計は、予想を上回る良好な結果となりました。国内ではコロナ懸念が再燃しており、上値が重い印象がありますので、米国の良好な経済指標の効果も限定的になりそう。感染者が増加しつつあるなか、緊急事態宣言には至らないようですか経済活動の停滞するには違いありませんので、株価の上値を抑える要因には直結すると思います。今週はSQになりますが、なんとなく方向感なく推移しそうな気がしております。☟下記バナー...

  • 7月3日:雇用統計予想上回る良好な数字で下げ止まり感

    雇用統計が、予想を上回り良好な数字になりました。ダウも上げ幅を広げ日経も上昇基調となっています。コロナ懸念は払しょくされない中ですが、米国雇用はとりあえず回復基調で良かったです。経済視点ですが。結果的に、下向き下限に歯止めがかかり、日経平均は、結果的に22000円を何とか死守する方向になりそうです。勿論、楽観はできまん。☟下記バナーよりブログ散策できます!投資情報収集にお役立てください!ポチッと宜しくお...

  • 7月2日:方向感が難しい

    米国の経済指標ADP雇用者数が予想を下回り、ISMが予想を上回り50台に乗せてきた。非常に微妙です。ワクチンネタも入ってきて足元は底型く推移しています。7月に入り、何とか下げ止まれるかといった感じです。まちまちな経済指標は判断に困りますが、週末の雇用統計の結果に沿った動きにはなりそう。結局は、好悪材料まちまちでレンジ範囲ないで推移するのかもしれません。雇用統計待ちです。。。☟下記バナーよりブログ散策できます...

  • 7月1日:日経先物 一目均衡表の転換線、基準線注目・・・

    日経は、微妙なところにきています。注目は、一目均衡表の転換線と基準線。日足を交えちょうど重なる状態です。ここをサポートに踏ん張るか、下に抜けるかは注視しています。FRBパウエル議長の発言ほか、材料で下げ止まりとなるかです。日経でいえば、22000円を維持しています。このまま維持できるかです。上か下かといいましたが横もあり。。。☟下記バナーよりブログ散策できます!投資情報収集にお役立てください!ポチッと宜し...

  • 6月30日:コロナ感染リスク懸念です

    コロナの第二波の懸念が台頭しており、米株共に上値が重くなっています。中国でロックダウン報道があった事もちょっと悪材料でしょう。また、米港シェール大手が破産法適用を申請した事も宜しくない報道です。可能性としては、第二波を織り込み、一旦下落するものの、急回復するといった動きもあるかも知れません。何れにしてもテクニカル的にも良くないので、22000円前後で維持できるかとしっかりと確認する事かと思います。多少...

  • 6月29日:22000円台維持できいるか

    先週は、コロナ第二波リスク懸念で軟調な展開でした。ダウは、右肩下がりの推移で、それに伴って日経も軟調になっている様子です。当面の目標は、22000円を割らない事かと思います。ここを明確に割り込んでしまうと、6月中旬につけた21500円を目指す事になります。この点だけ注視していきたいとおもいます。そこを守れれば、レンジであるものの底堅く推移するのではないかと見て居います。☟下記バナーよりブログ散策できます!投資...

  • 6月26日:不安定な相場状況

    コロナ懸念再燃で相場が不安定になっています。上値が重くなっています。しかし、22000円しっかり死守しているようだったので、下落懸念も限定的になるかもしれません。もうしばらく様子みないとわかりませんが、週末乗り切れれば22000を死守しつつ揉み合いに持っていけるようなイメージです。週末は22000円死守を見届ける必要がありますね。☟下記バナーよりブログ散策できます!投資情報収集にお役立てください!ポチッと宜しくお...

  • 6月25日:ブレイク失敗で一転失速

    昨日の日経、実は上抜けるかどうか重要なポジションでしたね。5日移動平均線を挟んだ狭いレンジの上限を抜けるかどうかでした。具体的には、22700円ゾーンを明確に上へ抜けるかどうかという事でした。結局は、ブレイク失敗になり、ジリジリと下落していった状況でした。正直、このブレイク失敗は、投資家心理を冷やしましたね。あそこは上へ抜けると想定していた投資家はそれなりにいたと思いますよ。個人的には、懐疑的でしたが上...

  • 6月24日:乱高下で荒い相場

    ザラバの米中協議中断報道で、ドル円が動き株価が急落しました。突然の下落で何が発生したかとおもいましたが。しかし、その後に、トランプ大統領の投稿で戻す展開になったようです。突然のこの動きは面倒ですね。アルゴシステムのせいでしょうが、いちいち反応するのも大変ですね。アルゴも。いったん下落した反動なのか、そこからの戻しの勢いが続いている様子です。狭いレンジの上限を突破するか、失速するか要確認です。☟下記...

  • 6月23日:上値の重たさ際立つ

    米国のコロナ感染拡大が懸案とかっているようです。感染拡大地域のアップル店舗が一時閉店した事などしょっと景気悪化を連想させたような気もしなくはありません。今は、レンジ推移と見ていますので、やや振れ幅が大きいので、おっかなびっくりですが、しばらくは、上限下限の確定の見極めと思います。ちょっと下が危ないのでレンジ下限を確認する必要はあるかも知れません。現状は、22000~22800(先物)ですが、ここを超えるよう...

  • 6月22日:5日移動平均線を挟んだもみ合い

    日経平均は、上昇一服から、5日移動平均線を挟んだもみ合いの展開になってきています。近況は、感染第二波リスクや、トランプ大統領の再選懸念なども報道され、上値を重くしている様子です。明確な材料ない中では、当面揉み合い継続という事になりそうです。しばらく膠着かもしれません。そのうち煮詰まってくるのでとりあえずどちらかいは動くでしょうから、待ちでいいかと思います。あまりポジションとっても良い事はないかも。☟...

  • 6月19日:5日移動平均から上放れできない展開

    日経やや上値が重い展開です。5日移動平均線を超えてはいるものの、そこから上放れができません。なんとなく22500円前後が売られやすい価格帯なのかもしれません。市場での材料が乏しい印象もあり、方向感が出にくい展開かもしれませんので、今かは様子見でいきたいと思います。☟下記バナーよりブログ散策できます!投資情報収集にお役立てください!ポチッと宜しくお願いします!☟        ...

  • 6月18日:底堅い推移です

    日経は底堅い印象があります。米国の経済指標も良好である事も後押ししているのでしょう。円高が止まっている事も大きいですね。何れにしても、景気悪化懸念から、米国から積極的な金融や経済対策が放たれる事が多くなりそうですから、やはり下げにくい相場ではあると思います。しばらくは、レンジですかね。やはり。☟下記バナーよりブログ散策できます!投資情報収集にお役立てください!ポチッと宜しくお願いします!☟     ...

カテゴリー一覧
商用