chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
職案人 https://blog.goo.ne.jp/siyokuanjin

求職・歴史・仏教などについて掲載するつもりだが、自分の思いつきが多いブログだよ。適当に付き合って下さ

職案人
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2015/03/05

arrow_drop_down
  • 要素内のHTMLを取得・設定

    要素内のHTMLを取得・設定【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【HTML文を参照する】innerHTMLプロパティは、HTMLElementオブジェクトのinnerTextプロパティと違って、HTML要素を含んで参照される。書式;element.innerHTML戻り値は要素に含まれるHTML文が文字列で戻されます。HTML文はHTMLファイルに記述されている内容をそのまま取得します。例えば次のdiv要素ノードのinnerHTMLプロパティの値を参照した場合、どのような値を返すのか確認します。<div><p>Apple<br>Lemon</p><p>Orange</p></div>div要素ノードにはの2つのp要素ノードが含まれています。要素内のHTML文をそのまま...要素内のHTMLを取得・設定

  • 要素内のレンダリングされたテキストを取得・設定

    要素内のレンダリングされたテキストを取得・設定【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【テキストを参照する】HTMLElementオブジェクトのinnerTextプロパティを参照すると要素および要素の子孫要素のテキストを取得することができます。書式;htmlElement.innerText戻り値は、すべてのテキストが連結されたDOMStringオブジェクトが戻されます。どのような文字列が返されるのかについては、要素や要素の子孫要素がブラウザで表示されるときと同じ内容のテキスト内容を取得します。空白ノードなどのようにブラウザでは表示されないものは取得しませんし、スタイルシートの設定などで非表示になっている要素。<style>タグのように元々ブラウザに表示されない要素のテキ...要素内のレンダリングされたテキストを取得・設定

  • JS--ノード内のテキストを取得・設定

    ノード内のテキストを取得・設定【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【テキストを参照する】NodeオブジェクトのtextContentプロパティを参照するとノードおよびノードの子孫ノードのテキストをすべて連結した値を取得することができます。書式;node.textContent戻り値はすべてのテキストが連結されたDOMStringオブジェクトが戻されます。実際にどのようなデータがテキストとして返されるのかは、ノードの種類によって異なります。*1と記述したノードについては、コメントと処理命令ノード以外のすべての子ノードのtextContentの値を連結した文字列を返します。それぞれのノードでNode.nodeValueがどのような値を返すのかは「ノードの値を取得・設定(n...JS--ノード内のテキストを取得・設定

  • JS--ノードの値を取得・設定

    ノードの値を取得・設定【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【ノードの値を参照する】NodeオブジェクトのnodeValueプロパティを参照するとノードの値を取得することができます。書式;node.nodeValue戻り値はノードの値がDOMStringオブジェクトで戻されます。どのような値が返されるのかはノードの種類によって異なっています。例えばノードの種類がTEXT_NODE(テキストノード)の場合、テキストノードに含まれるテキストが返されます。サンプルブラウザを立ち上げるボタンを押すと、pタグのノードをすべて取得します。そのあとで、pタグの子ノードであるテキストノードを取得するためにそれぞれの最初の子ノードを取得します。最後にテキストノードのノードの値を取得し、コ...JS--ノードの値を取得・設定

  • JS--ノード名の取得

    ノード名の取得【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、【ノードの名前を取得する】NodeオブジェクトのnodeNameプロパティを参照するとノードの名前を取得することができます。書式;node.nodeName戻り値はノードの名前を表すDOMStringオブジェクトが戻されます。名前はノードの種類によって異なっています例えばノードの種類がELEMENT_NODE(要素ノード)の場合は、要素のタグ名がノードの名前として返されます。ノードの種類がTEXT_NODE(テキストノード)の場合、常に"#text"という値がノードの名前として返されます。サンプルブラウザを立ち上げるボタンを押すと、id属性の値が'blog'のノードを取得し、そのノードの子ノードをすべて取得します。そのあとで...JS--ノード名の取得

  • JS--ノードの種類を取得

    ノードの種類を取得【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、【ノードの種類を確認する】NodeオブジェクトのnodeTypeプロパティを参照するとノードの種類を確認することができます。書式;node.nodeType戻り値はノードの種類を表すunsignedshort型の値が戻されます。どの値がどのノードの種類になるのかは次の一覧を見てください。ノードを取得したあと、ノードのnodeTypeプロパティを参照することで取得したノードの種類を確認することができます。サンプル<!DOCTYPEhtml><htmllang="ja"><head><metacharset="UTF-8"><title>nodeType</title></head><body><p>今日は外でランチを食べま...JS--ノードの種類を取得

  • ノードの子・親・兄弟ノードを取得--2

    最初の子ノードと最後の子ノードを取得する【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、【最初の子ノードと最後の子ノードを取得する】1,firstChildプロパティこのノードの1つ下の階層にある子ノードの中の最初のノードを取得することが出来る。書式;node.firstChild2,lastChildプロパティ】このノードの1つ下の階層にある子ノードの中の最後のノードを取得することが出来る。書式;node.lastChildこれらの戻り値としてNodeオブジェクトを返します。子ノードがなかった場合はnullが返ります。例えば特定のノードの子ノードの中で最初と最後の子ノードを取得するには次のように記述します。letelement=document.getElementById('mai...ノードの子・親・兄弟ノードを取得--2

  • ノードの子・親・兄弟ノードを取得--1

    ノードの子・親・兄弟ノードを取得【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、【すべての子ノードを取得する】DocumentオブジェクトのgetElementByIdメソッドやquerySelectorメソッドなどを使って要素ノードを取得したあと、NodeオブジェクトのchildNodesプロパティを参照することで、このノードの1つ下の階層にある子ノードをすべて取得することができます。・書式node.childNodesこのプロパティは参照専用です。戻り値としてNodeListオブジェクトを返します。NodeListオブジェクトは複数のノードの集合です。NodeListオブジェクトではlengthプロパティとitemメソッドが用意されており、次のように取得したノードの数を取得したり、...ノードの子・親・兄弟ノードを取得--1

  • querySelectorのサンプル

    querySelectorのサンプル【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、【querySelectorのサンプル】querySelectorメソッドはCSSセレクタ形式で条件を指定して要素ノードを取得する。ブラウザを立ち上げるボタンを押すとコンソールに表示されたら、OK【querySelectorAllのサンプル】querySelectorAllメソッドを使ったサンプルを試してみます。querySelectorAllメソッドは条件に一致するすべての要素ノードを取得します。ブラウザを立ち上げるボタンを押すquerySelectorのサンプル

  • CSSセレクタ形式の条件に一致する要素ノードを取得

    CSSセレクタ形式の条件に一致する要素ノードを取得【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、【querySelectorメソッドおよびquerySelectorAllメソッド】querySelectorメソッドおよびquerySelectorAllメソッドは、CSSのセレクタ形式で条件を指定して一致する要素ノードを取得します。id要素の指定といった簡単なものから条件を組み合わせた複雑なものまで指定することができます。【querySelectorメソッド】querySelectorメソッドはCSSセレクタ形式で条件を指定して要素ノードを取得します。・書式document.querySelector(selectors)引数にはCSSセレクタ形式の値をDOMStringオブジェクトで...CSSセレクタ形式の条件に一致する要素ノードを取得

  • name属性の値を指定して要素ノードを取得

    name属性の値を指定して要素ノードを取得【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、【getElementsByNameメソッド】DocumentオブジェクトのgetElementsByNameメソッドはname属性の値を指定して要素ノードを取得します。・書式document.getElementsByName(name)引数にはname属性の値をDOMStringオブジェクトで指定します(例えば'hobby'など)。戻り値はNodeListオブジェクトです。NodeListオブジェクト→複数の要素ノードの集合です。NodeListオブジェクトではlengthプロパティとitemメソッドが用意されており、次のように取得した要素ノードの数を取得したり、指定の要素ノードを取り出すこと...name属性の値を指定して要素ノードを取得

  • class属性の値を指定して要素ノードを取得

    class属性の値を指定して要素ノードを取得【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、【getElementsByClassNameメソッド】DocumentオブジェクトのgetElementsByClassNameメソッドは、要素のclass属性の値を指定して一致する要素ノードをすべて取得します。【書式と使い方】・書式document.getElementsByClassName(classnames)引数にはclass属性の値をDOMStringオブジェクトで指定します(例えば'box'など)。複数のclass属性の値を指定することができ、指定した値のいずれかに一致する要素ノードをすべて取得します。その場合は空白文字で区切って指定します(例えば'boxmenu'など)。戻り値...class属性の値を指定して要素ノードを取得

  • タグ名を指定して要素ノードを取得

    タグ名を指定して要素ノードを取得【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【getElementsByTagNameメソッドとは】getElementsByTagNameメソッドは、要素のタグ名を指定して一致する要素ノードをすべて取得します。【getElementsByTagNameの書式と使い方】DocumentオブジェクトのgetElementsByTagNameメソッドはタグ名(要素名)を指定して要素ノードを取得します。・書式はdocument.getElementsByTagName(tagname)引数にはタグ名をDOMStringオブジェクト(文字列と考えて頂いて構いません)で指定します(例えば'div'や'p'など)。タグ名に'*'を指定した場合はすべての要素...タグ名を指定して要素ノードを取得

  • id属性の値を指定して要素ノードを取得法

    id属性の値を指定して要素ノードを取得【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【getElementByIdの書式と使い方】DocumentオブジェクトのgetElementByIdメソッドはid属性の値を指定して要素ノードを取得します。・書式document.getElementById(id)引数にはid属性の値をDOMStringオブジェクトで指定します(例えば'example'など)。戻り値はElementオブジェクトです。見つからなかった場合はnullが返されます。例えばid属性の値として'example'が設定された要素ノードを取得するには次のように記述します。letelement=document.getElementById('example');id属性...id属性の値を指定して要素ノードを取得法

  • JS--DOM

    DOMとは【DOMとは】DOMとはDocumentObjectModelの略でHTMLやXMLのドキュメントに含まれる要素や要素に含まれるテキストのデータをオブジェクトとして扱い、ドキュメントをオブジェクトが階層的に組み合わされたものとして識別し、JavaScriptなど色々なプログラミング言語などから、オブジェクトを扱うためのAPIを提供している。DOMは標準化団体であるW3Cで以前は標準化が行われていましたが、現在ではWHATWGによって標準化が行われています。【ノードとは】DOMではドキュメントを構成するオブジェクトのことを「ノード」と呼びます。ノードはさらに種類に応じて「要素ノード」「テキストノード」「属性ノード」などに分類されます。【DOMの階層構造】DOMでは対象となるドキュメントをノートの階...JS--DOM

  • Ajaxを使った非同期通信の実践編2

    Ajaxを使った非同期通信の実践編2【開発環境】OS:Win11(64ビット)クロムBrackets【Bracketsを使用する】1,Bracketsを起動する2,作業用フォルダを作る---「work」3,新規ファイルを作る--getText1.html4,コードを書く<!DOCTYPEhtml><htmllang="ja"><head><metacharset="UTF-8"><title>Ajaxサンプル</title></head><body><p>ボタンをクリックするとデータを取得します。</p><form><inputtype="button"value="ロード"onClick="getData()"></form>テキストデータが入る部分を下記のように書く<divid="result"></...Ajaxを使った非同期通信の実践編2

  • Ajaxを使った非同期通信の実践編

    非同期通信の実践編【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロムここでは、VisualStudioCodeの拡張機能であるLiveServerをインストールした状態で説明をする。出来ない人はBracketsを使ってください!【フォルダの作成】VScoodを開き、フォルダを開く【ファイルを2つ作る】1.Webページを表示する「sample1.html」ファイル作る2,データ用のファイル「data.txt」を作る【Webベージを立ち上げる】【サーバを立ち上げる】「データの取得」ボタンを立ち上げると、下図のようになったら成功Ajaxを使った非同期通信の実践編

  • Ajax を使った非同期通信方法

    Ajaxを使った非同期通信方法【開発環境】OS:Win11(64ビット)Brackets-2.2.1クロム【非同期通信手段の概要】ここではAjaxによる非同期通信を行うためにXMLHttpRequestオブジェクトの作成し、サーバへリクエストを送信したあと、サーバからレスポンスを受信するまでの方法について解説する。【XMLHttpRequestオブジェクトを作成する】最初にXMLHttpRequestオブジェクトを使って、XMLHttpRequestオブジェクトのインスタンスを作成する。コンストラクタはnewXMLHttpRequest(値1,値2)のように引数がある。・書式letrequest=newXMLHttpRequest();//変数をインスタンス化する(オブジェクトを作成する)【HTTPリクエ...Ajaxを使った非同期通信方法

  • Ajaxを使った非同期通信

    非同期通信を行う方法【開発環境】OS:Win11(64ビット)Brackets-2.2.1クロム【Ajaxとは】Ajax(エイジャックス)とは、Asynchronous+JavaScript+XMLの略称で、JavaScriptの組み込みオブジェクト「XMLHttpRequest」を用いた非同期処理のことです。【非同期通信と同期通信の違いは】同期通信→ブラウザ側からサーバにリクエストを投げてからレスポンス(応答)があるまで、ほかの処理が出来ない。非同期通信→同時に複数の処理をしたり、前の処理が終わる前に、順番を待たずに次の処理を始める通信を指します。サーバからのレスポンスを待っている間に、ほかの処理をすることが出来る。【XMLHttpRequestオブジェクトのコンストラクタ】Ajaxを使った通信を行う最...Ajaxを使った非同期通信

  • Windows用 Brackets

    Windows用BracketsについてBracketsは、Webサイトの設計が簡単にできる、軽量で強力なオープンソースのテキストエディタです。標準で基本機能が備わっていて、使いやすいので、初心者には最適なテキストです。昔はライブプレビューをすると、Chromから拒否されたが、V2.0.1からは改善された。これによって、同期通信が使える様になった。【ダウンロード】Bracketsの公式ホームページ<の下記のところをからダンロードを行ってください成功すると、PCのダンロードにが表示される【インストール】「Brackets-2.2.1.exe」をクリックすると、インストールが開始される。設定任意のフォルダを選択し、同意にチェックすると「次へ」をクリックする標準を選択すると、インストールが開始される。完了すると...Windows用Brackets

  • テキストエディタ:Phoenix Codeについて

    テキストエディタPhoenixCodeに付いて【Brackets→PhoenixCode】Bracketsは、Webサイトの設計が簡単にできる、軽量で強力なオープンソースのテキストエディタでが、現在では、ライブプレビューが出来ないので、phoenixCoderエディターに移行標準で基本機能が備わっていて、使いやすいので、初心者には最適です。また、AjaxによるWebサーバが簡単に出来る。【ダウンロード】公式サイトから、ダウンロードする下記のファイルがダンロードされる(Win1164bit)【インストール】「Phoenix.Code_3.7.3_x64-setup.exe」をクロックすると、1、表示される「次へ」をクリック2.「同意する」をクリック3任意のフォルダにインストールしたい場合は「参照」クリックす...テキストエディタ:PhoenixCodeについて

  • コンソールをクリアする

    コンソールをクリアする【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【コンソールをクリアする】console.traceメソッドは、メソッドが呼び出された経路をコンソールに出力します。・書式はconsole.clear()console.clearメソッドを呼び出すとコンソールがクリアされます。ただし完全にクリアされるわけではなく'Consolewascleared'というメッセージと、console.clearメソッドを呼び出した戻り値としてのundefinedが表示されますサンプルコンソールをクリアする

  • メソッドが呼び出された経路を出力する

    メソッドが呼び出された経路を出力する【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【呼び出された経路を出力する】console.traceメソッドは、メソッドが呼び出された経路をコンソールに出力します。・書式console.trace([オブジェクト,...])console.traceメソッドが呼び出された経路についてコンソールに出力します。引数にオブジェクトを指定すると、経路といっしょにコンソールに出力することができます。デバッグを行う場合などに、どの関数を経由してこのメソッドが呼び出された場所に辿り着いたのかを確認したい場合に利用します。サンプル関数funcAの中にconsole.traceメソッドが記述されています。関数funcAを直接呼び出した場合は、console....メソッドが呼び出された経路を出力する

  • JS--呼び出された回数をカウント

    呼び出された回数をカウント【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【呼び出された回数をカウントする】console.countメソッドは、呼び出されるたびに回数をカウントしていきコンソールに出力します。・書式はconsole.count([ラベル])console.countが呼び出された回数をカウントして出力します。プログラムの中の複数の個所でconsole.countメソッドが記述されている場合、引数として同じラベルが指定されたメソッドは同じカウンターとしてカウントされます。逆に同じ場所に記述されたconsole.countメソッドであっても、引数に文字列で指定したラベルの値が異なる場合は、ラベルの値毎に別のカウンターとして独立してカウントします。サンプルこのサンプル...JS--呼び出された回数をカウント

  • js-- console.time メソッド

    console.timeメソッド【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【タイマーを使って処理時間を計測】Consoleオブジェクトで用意されているconsole.timeメソッドをおよびconsole.timeEndメソッドを使って、処理を行った時間をミリ秒単位で計測することができます。・書式はconsole.time(ラベル)console.timeEnd(ラベル)console.timeメソッドを呼び出すと時間の計測が開始されます。そしてconsole.timeEndメソッドが呼び出されると、計測が終了し開始から終了までの経過時間をコンソールに出力します。ラベルを指定することで、複数のタイマーを同時に動かして計測することができます。計測が完了すると'ラベル:xxxx...js--console.timeメソッド

  • 条件式がfalseの場合だけエラーログを出力する

    条件式がfalseの場合だけエラーログを出力する【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【条件式に応じてログを出力する】console.assertメソッドを使用すると、引数に指定した条件式がfalseの場合だけコンソールにログを出力することができます。・書式はconsole.assert(条件式,オブジェクト[,オブジェクト,...])console.assert(条件式,プレースメントを含む文字列[,置換するオブジェクト,...])1番目の引数に条件式を記述します。この条件式を評価しfalseとなった場合だけコンソールにログを出力します。2番目以降の引数の指定方法についてはconsole.errorメソッドと同じです。・サンプルMath.random()関数は、0以上...条件式がfalseの場合だけエラーログを出力する

  • JS--コンソールへの出力をグループ化

    コンソールへの出力をグループ化【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【ログの出力をグループ化する】console.groupメソッドとconsole.groupEndメソッドを使用することでログへの出力をグループ化することができます・書式console.group([ラベル])console.groupEnd()console.groupメソッドが呼び出されてからconsole.groupEndメソッドが呼び出されるまでの間にconsole.logメソッドなどを使って出力されたログがグループ化されます。省略可能な引数のラベルを文字列で指定すると、グループの先頭でラベルを表示することができます。サンプルconsole.log('MyList');console.group...JS--コンソールへの出力をグループ化

  • JS--Console オブジェクト

    Consoleオブジェクト【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【コンソールにログを出力する】Consoleオブジェクトで用意されているコンソールにログとして文字列を出力するメソッドには次の4つがあります。・書式はconsole.log(オブジェクト[,オブジェクト,...])console.info(オブジェクト[,オブジェクト,...])console.warn(オブジェクト[,オブジェクト,...])console.error(オブジェクト[,オブジェクト,...])それぞれのメソッドの引数にはコンソールに出力するオブジェクトを指定してください。オブジェクトの値がコンソールに出力されます。複数のオブジェクトを同時に出力する場合はカンマ(,)で区切り続けて記述します...JS--Consoleオブジェクト

  • 息子介護物語-エピソードの終了

    息子介護物語-エピソードの終了のお知らせ【被介護者】母:91才要介護4(4/2より)有効7年3月31日身長/体重;153/38認知度:中位であるが、見当障害の為、被害妄想がひどくなって来た。また、運動不足に依る筋力低下や、食事量(80g)低下が見られる。また、傾眠傾向でもある。特に、子供がいる妄想を起こす。【利用施設】敬愛会のふれ愛の里の特養ホームに入所【かかりつけ医】本町在宅クリニック(久喜市)【介護】全介助【食事】全粥でスプーンを使って自分で食べてる【排泄】おむつ【歩行】車椅子で、立つのがやっとで歩行は出来ない【生活態度】最近は、慣れてきたため、勝手に起き上がり、ベットから落ちるのが、減った。しかし、人が居ないと不安になり、落ち着きがなくなるそうだ。【住所移動】6/11日、特養ホームに入所にあたり、契...息子介護物語-エピソードの終了

  • 息子介護物語-エピソード68(令和6年6月)

    息子介護物語-エピソード68(令和6年6月)【被介護者】母:91才要介護4(4/2より)有効7年3月31日身長/体重;153/38認知度:中位であるが、見当障害の為、被害妄想がひどくなって来た。また、運動不足に依る筋力低下や、食事量(80g)低下が見られる。また、傾眠傾向でもある。特に、子供がいる妄想を起こす。【利用施設】1.ショートステイ敬愛会のふれ愛の里:ロングショート(4/11~)※デイケアのサービス目的は、身体機能の回復・意地、日常生活の回復、認知機能の改善で、リハビリなどの医療的ケアに力を入れています【介護関連企業】ケアマネ:すずみな(6/6あたりで終了)【かかりつけ医】・徳洲会古河総合病院(整形外科・泌尿器)・加須東病院(内科・整形外科)から、本町在宅クリニックに移行【病歴】平成29年以前;大...息子介護物語-エピソード68(令和6年6月)

  • JS--三角関数

    三角関数【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【三角関数の種類と使い方】Mathオブジェクトでは三角関数に関係するメソッドとして次の13種類が用意されています。Math.sin(x)xのサインを返すMath.cos(x)xのコサインを返すMath.tan(x)xのタンジェントを返すMath.asin(x)xのアークサインを返すMath.acos(x)xのアークコサインを返すMath.atan(x)xのアークタンジェントを返すMath.sinh(x)xのハイパーボリックサインを返すMath.cosh(x)xのハイパーボリックコサインを返すMath.tanh(x)xのハイパーボリックタンジェントを返すMath.asinh(x)xのハイパーボリックアークサインを返すMath....JS--三角関数

  • JS--対数関数

    対数関数【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【対数関数の種類と使い方】Mathオブジェクトでは対数に関係するメソッドとして次の4つが用意されています。Math.log(x)xの自然対数を返すMath.log1p(x)xの1+xの自然対数を返すMath.log10(x)xの10を底とした対数を返すMath.log2(x)xの2を底とした対数を返す対数に関する詳しい説明はここでは省略しますが、簡単に書くとx=apが成り立つ時、pをxのaを底とする対数と呼びます。pはaを何乗したらxになるのかを表す数値です。・ネイピア数のeはMathオブジェクトの静的プロパティ(値)も用意されている。Math.E自然対数の底//=>2.718281828459045Math.LN22の自然...JS--対数関数

  • JS--正か負か数値の符号の取得

    正か負か数値の符号の取得【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【数値の符号を取得する(sign)】MathオブジェクトのMath.signメソッドは対象の数値の符号を取得します。・書式はMath.sign(数値)引数に指定した数値の符号を取得します。正の値だった場合は1、負の値だった場合は-1、ゼロだった場合は0または-0を取得します。引数が数値ではなかった場合は数値に変換してから符号を取得します。・サンプルMath.sign(4.72);>>1Math.sign(-71);>>-1Math.sign(0);>>0Math.sign(-0);>>-0引数に指定した数値の符号を調べ、1、-1、0、-0のいずれかの値を返します。引数に数値ではない値を指定した場合は、数値に変...JS--正か負か数値の符号の取得

  • js-累乗

    累乗【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【累乗を計算する(pow)】MathオブジェクトのMath.powメソッドは底と指数を指定して累乗を計算します。書式はMath.pow(底,指数)引数に指定した底と指数から累乗を計算し結果を返します。引数が数値ではなかった場合は数値に変換してから平方根を計算しますサンプルMath.pow(2,3);>8Math.pow(3,2);>2Math.pow(-4,3);>-64指数が負の値の場合Math.pow(2,-1);//2-1=1/2=0.5>>0.5Math.pow(2,-2);//1/22=1/4=0.25>>0.25Math.pow(2,-3);//1/23=1/8=0.125>>0.125指数が0の場合Math.pow...js-累乗

  • JS--平方根/立方根を計算する

    平方根/立方根【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【平方根(sqrt)】MathオブジェクトのMath.sqrtメソッドは指定した値の平方根を計算する。・書式はMath.sqrt(数値)引数に指定した数値の平方根を計算し結果を返します。引数が数値ではなかった場合は数値に変換してから平方根を計算します。対象の数値が負の値の場合はNaNを返します。サンプルMath.sqrt(9);>>3Math.sqrt(4);>>2Math.sqrt(2);>>1.4142135623730951対象の値が数値でない場合Math.sqrt('25');>5Math.sqrt(-16);>NaNMath.sqrt(NaN);>NaNMath.sqrt(undefined);>NaN【立方...JS--平方根/立方根を計算する

  • JS--乱数

    乱数を取得す方法【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【乱数を生成する(random)】Math.randomメソッドは乱数を生成して返します。・書式はMath.random()0以上1未満のランダムな浮動小数点数を作成して返します。乱数におけるシード(乱数を生成する設定値のようなものでう)を指定することはできません。・サンプルコードfor(leti=0;i<5;i++){console.log(Math.random());}<spanclass="bold">>>0.46734844249381324>>0.8023117892739917>>0.33077513353347476>>0.6943056771845824>>0.097841380222198020以...JS--乱数

  • 息子介護物語-エピソード67(令和6年5月)

    息子介護物語-エピソード67(令和6年5月)【被介護者】母:91才要介護4(4/2より)有効7年3月31日身長/体重;153/38認知度:中位であるが、見当障害の為、被害妄想がひどくなって来た。また、運動不足に依る筋力低下や、食事量(80g)低下が見られる。また、傾眠傾向でもある。特に、子供がいる妄想を起こす。【利用施設】1.ショートステイ敬愛会のふれ愛の里:ロングショート(4/11~)※デイケアのサービス目的は、身体機能の回復・意地、日常生活の回復、認知機能の改善で、リハビリなどの医療的ケアに力を入れています【介護関連企業】ケアマネ:すずみな【かかりつけ医】加須東病院(内科・整形外科)・徳洲会古河総合病院(整形外科・泌尿器)【病歴】平成29年以前;大久保病院で内科(胃腸)・整形外科(腰痛)に通院している...息子介護物語-エピソード67(令和6年5月)

  • JS--複数の値の中から最大/最小を取得す方法

    複数の値の中から最大/最小を取得す方法【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【最大の値を取得する(max)】Math.maxメソッドは引数に指定した複数の値の中から最大の値を返す・書式Math.max([数値1[,数値2[,...]]])引数に指定した複数の値の中から最大の値を1つ戻り値として返します。引数が数値ではなかった場合は数値に変換してから比較を行います。引数が一つも指定されなかった場合は-Infinity、引数の中でNaNとなる値が一つでもあった場合はNaNが返されます。サンプルMath.max(4,10.2,16,-2);>16Math.max(7);>7Math.max();>-Infinity引数の中に数値ではないMath.max(7,'8.4',[3]...JS--複数の値の中から最大/最小を取得す方法

  • JS--小数点以下を削除し整数を取得する

    小数点以下を削除し整数を取得する【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【小数点以下を削除する(trunc)】Math.truncメソッドは対象の値の小数点以下を削除し、整数部分を取得します。・書式Math.trunc(数値)引数に指定した数値の小数点以下を削除し、整数の部分だけを返します。引数が数値ではなかった場合は数値に変換してから小数点以下を削除した値を取得します。・サンプルMath.trunc(4.72);>4Math.trunc(-152.4435);>-152Math.trunc(0.66);>0引数に数値ではない値を指定した場合Math.trunc('32.14');>32Math.trunc([-4.75]);>-4Math.trunc(undefined...JS--小数点以下を削除し整数を取得する

  • JS-四捨五入/切り上げ/切り下げ

    四捨五入/切り上げ/切り下げ【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【小数点以下を四捨五入する】MathオブジェクトのMath.roundメソッドは対象の値の小数点以下を四捨五入した値を取得します。・書式Math.round(数値)引数に指定した数値の小数点以下を四捨五入した値を返します。引数が数値ではなかった場合は数値に変換してから小数点以下を四捨五入した値を取得します。・サンプルMath.round(3.4);>>3Math.round(3.5);>>4負の場合Math.round(-3.6);>>-4Math.round(-3.5);>>-3Math.round(-3.4);>>-3数字でない場合Math.round('12.75');>>13Math.round(...JS-四捨五入/切り上げ/切り下げ

  • JS--絶対値を取得する(Math.abs)

    絶対値を取得する【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【絶対値の取得(abs)】MathオブジェクトのMath.absメソッドは対象の値の絶対値を取得します。・書式Math.abs(数値)引数に指定した数値の絶対値を返します。引数が数値ではなかった場合は数値に変換してから絶対値を取得します。数値xの絶対値は一般的には x と表します。絶対値の計算は、正の値だった場合はそのまま返し、負の値だった場合は-1を乗算して正と負の符号を反転させたものを返します。・サンプルMath.abs(12);>>12Math.abs(0);>>0Math.abs(-12);>>12引数に数値ではない値を指定した場合は、数値に変換された上で絶対値を取得・サンプルMath.abs('-64');...JS--絶対値を取得する(Math.abs)

  • JS--静的プロパティ

    Mathオブジェクトの静的プロパティ一覧【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【静的プロパティ】Mathオブジェクトで用意されている静的プロパティには下図の通り詳細は省くJS--静的プロパティ

  • JS--ローカルとUTCタイムゾーンの差

    ローカルとUTCタイムゾーンの差【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【ローカルとUTCのタイムゾーンの差を取得する(getTimezoneOffset)】DateオブジェクトのgetTimezoneOffsetメソッドは、ローカルとタイムゾーンとUTCタイムゾーンの差を返します。・書式Dateオブジェクト.getTimezoneOffset()静的メソッドではないですが、Dateオブジェクトの内容に関わらず現在の環境でのローカルタイムゾーとUTCタイムゾーンとの差を返します。戻り値はローカルからみてUTCのタイムゾーンが何分後かを返します。例えばローカルのタイムゾーンがUTC+0900だった場合は、-9(時間)×60(分)=-540となります。サンプルletd=new...JS--ローカルとUTCタイムゾーンの差

  • JS--Dateオブジェクトから年、月、分、秒などの値の取得

    Dateオブジェクトから年、月、分、秒などの値の取得【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【日付と時刻の値を取得するメソッドの一覧】Dateオブジェクトが持つ値から日付と時刻の値をそれぞれ取得するメソッドそれぞれのメソッドはDateクラスのオブジェクトが持つ値から年や分の値を個別に取得します。この時、ローカルの環境で設定されているタイムゾーンが使用されます。Dateオブジェクトが持つ値から日付と時刻の値をそれぞれ取得しますが、UTCタイムゾーンを使用して表された値を取得するメソッドもある。【年、月、日、曜日の取得】1)年の値を取得する(getFullYear)DateオブジェクトのgetFullYearメソッドは、Dateオブジェクトが持つ日付と時刻の値からローカルのタ...JS--Dateオブジェクトから年、月、分、秒などの値の取得

  • JS--値から年、月、分、秒などの値を取得

    Dateオブジェクトの値から年、月、分、秒などの値を取得する【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【日付と時刻の値を経過ミリの値で設定する(メソッド)】DateオブジェクトのsetTimeメソッドは、Dateオブジェクトの新しい値をとして1970年1月1日00:00:00UTCからの経過ミリ秒で設定します。・書式Dateオブジェクト.setTime(経過ミリ秒)引数に指定した経過ミリ秒をDateオブジェクトの新しい値として設定します。・サンプルletd=newDate();console.log(d.getTime());1716618342311d.setTime(10000);console.log(d.getTime());10000console.log(d.t...JS--値から年、月、分、秒などの値を取得

  • JS--DateオブジェクトのsetTimeメソッド

    setTimeメソッド【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【日付と時刻の値を経過ミリ秒の値で設定する(setTime)】DateオブジェクトのsetTimeメソッドは、Dateオブジェクトの新しい値をとして1970年1月1日00:00:00UTCからの経過ミリ秒で設定します。・書式Dateオブジェクト.setTime(経過ミリ秒)引数に指定した経過ミリ秒をDateオブジェクトの新しい値として設定する。・サンプルletd=newDate();console.log(d.getTime());>>1602918864282d.setTime(10000);console.log(d.getTime());>>10000console.log(d.toUTCString()...JS--DateオブジェクトのsetTimeメソッド

  • JS--getTime/valueOf

    getTime/valueOf【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【日付と時刻を経過ミリ秒の値として取得する(getTime)】DateオブジェクトのgetTimeメソッドは、Dateオブジェクトが持つ日付と時刻の値を1970年1月1日00:00:00UTCからの経過ミリ秒の値として返す・書式Dateオブジェクト.getTime()Dateオブジェクトが持つ日付と時刻の値を基準日時からの経過ミリ秒の値として返す。・サンプルletd1=newDate(1000);console.log(d1.getTime());1000letd2=newDate();console.log(d2.getTime());1716528159179最初の例ではコンストラクタに基準時間から...JS--getTime/valueOf

  • JS--値を指定のロケール形式にした文字列で取得する

    値を指定のロケール形式にした文字列で取得する【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【日付と時刻を指定したロケールの形式で文字列として取得(toLocaleString)】DateオブジェクトのtoLocaleStringメソッドは、Dateオブジェクトが持つ日付と時刻の値を指定したロケールの形式で文字列として返す。・書式Dateオブジェクト.toLocaleString([ロケール[,オプション]])・サンプルletd=newDate();console.log(d.toLocaleString());>2024/5/2015:39:50console.log(d.toLocaleString('en-US'));>5/20/2024,3:39:50PMconsole....JS--値を指定のロケール形式にした文字列で取得する

  • JS---値を文字列で取得する

    Dateオブジェクトの値を文字列で取得する【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【toStringメソッド】Dateオブジェクトが持つ日付と時刻の値をローカルのタイムゾーンとした場合の文字列として返す。・書式Dateオブジェクト.toString()Dateオブジェクトが持つ日付と時刻の値を文字列として返します。文字列の形式はロケールがアメリカの場合に使用される形式が使われます。タイムゾーンはローカルの環境で設定されているタイムゾーンを使う・サンプルletd=newDate();console.log(d.toString());>>FriMay17202416:06:27GMT+0900(日本標準時)現在の日時を持つDateオブジェクトを作成したあと、Dateオブジェ...JS---値を文字列で取得する

  • JS--Date オブジェクトのインスタンスを作成する方法

    Dateオブジェクトのインスタンスを作成する方法【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【Dateオブジェクトのコンストラクタの種類】Dateオブジェクトのインスタンス(実体)を作成するにはコンストラクタを使用します。・書式newDate()newDate(経過ミリ秒数)newDate(日付と時刻を表す文字列)newDate(年,月[,日[,時[,分[,秒[,ミリ秒]]]]])引数の指定方法が異なる4種類のコンストラクタが使用できます。このあと、それぞれの使い方について解説します。※Dateオブジェクトのインスタンスを作成すると、特定の日時を表す値を持ちます。この値は内部的には1970年1月1日0時0分0秒UTCからの経過ミリ秒という形式で保管されており、Dateオブジェ...JS--Dateオブジェクトのインスタンスを作成する方法

  • JS--グローバル関数のencodeURI /encodeURIComponent

    encodeURI/encodeURIComponent関数【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【encodeURI関数の使い方】グローバル関数のひとつであるencodeURI関数は、引数に指定した文字列の中に含まれる特別な文字をエンコードします。・書式encodeURI(strURI)引数には対象となる文字列を指定してください。文字列の中の特別な文字がエンコードされた新しい文字列が戻り値として返される。・サンプルコードleturi='https://www.example.com/ブログ/park.html'console.log(encodeURI(uri));実行>https://www.example.com/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%...JS--グローバル関数のencodeURI/encodeURIComponent

  • JS--グローバルのeval関数

    eval関数【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【eval関数の使い方】グローバル関数のひとつであるeval関数は、引数に文字列として指定したJavaScriptのコードを実行します。・書式eval(実行するコード)引数には文字列として式や文を記述します。eval関数は最後に評価した式の値を戻り値として返す・サンプルletstr='x*y+10';letx=8;lety=5;letz=eval(str);console.log(z);>>50eval関数が実行されると、引数に指定した文字列で表された式が評価されます。評価された結果は変数zに代入する。・サンプルletstr='z=x*y+10;console.log(z)';letx=8;lety=5;letz;eva...JS--グローバルのeval関数

  • JS--グローバル関数のisFinite

    isFinite関数【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【isFinite関数の使い方】グローバル関数のひとつであるisFinite関数は、対象の値が有限の値か無限の値か調べて、有限の値の場合にはtrueを返します。・書式isFinite(値)引数に指定した値が有限の値かどうかを調べます。値がNaN、正の無限大(Infinity)、負の無限大(-Infinity)であればfalse、それ以外はtrueを返します。値が数値型ではない場合はまず数値型に変換されたあとで調べます。サンプルisFinite(Infinity);>>falseisFinite(-Infinity);>>falseisFinite(NaN);>>false無限大ではない数値は有限数です。isFin...JS--グローバル関数のisFinite

  • JS--グローバル関数のisNaN

    isNaN関数【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【isNaN関数】グローバル関数のひとつであるisNaN関数は、対象の値がNaNかどうかを調べてtrueまたはfalseを返す。・書式isNaN(値)引数に指定した値がNaNかどうかを調べます。値が数値型ではない場合はまず数値型に変換されたあとで調べます。NaNは特殊な値で、等価演算子である==や===でNaN自身と等しいかどうか調べてもfalseとなるため等価演算子でNaNかどうかを調べることはできません。そのためisNaN関数を使います。console.log(NaN==NaN);>>falseconsole.log(NaN===NaN);>>falseisNaN(NaN);>>trueisNaN関数では、引数とし...JS--グローバル関数のisNaN

  • JS--グローバル関数のparseFloat

    parseFloat関数【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【parseFloat関数】グローバル関数のひとつであるparseFloat関数は、文字列を浮動小数点数に変換した値を返します。・書式parseFloat(文字列)もし、引数が文字列でない場合は、文字列に変換したあとで浮動小数点数に変換する。文字列の浮動小数点数への変換は次のように行われます。(1)文字列の先頭にある空白を取り除きます。(2)先頭に'+'または'-'がある場合は符号として扱います。(3)数値でない文字が現れる直前までの文字列を浮動小数点数に変換します。数値と判断される文字は数字の他にドット(.)と指数を表すeまたはEです。ただし二回目からのドット(.)は数値とはみなされません。初めの文字が数値...JS--グローバル関数のparseFloat

  • JS--グローバルのparseInt関数

    parseInt関数【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【グローバルオブジェクトとは】JavaScriptのコードはオブジェクトに格納されている必要があり、その格納するオブジェクトの最上位に位置する単一のオブジェクトがグローバルオブジェクトと呼ばれます。また、グローバルオブジェクトは明示して生成することができません。つまりnew演算子では作成できません。【グローバル関数】グローバル関数とはグローバルオブジェクトで定義されている関数です。【parseInt関数の使い方】グローバル関数のひとつであるparseInt関数は、文字列を整数に変換した値を返します。書式は次の通りです。parseInt(文字列[,基数])1番目の引数に指定した文字列を整数に変換します。引数が文字列...JS--グローバルのparseInt関数

  • JS--パターンのフラグ

    正規表現で設定できるフラグの一覧【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【ジャバスクリプトの正規表現で利用できるフラグ】【正規表現オブジェクトへのフラグの設定方法】フラグは正規表現オブジェクトを作成するときに設定します。正規表現リテラルの場合は次のように記述します。/パターン/フラグフラグにはひとつまたは複数のフラグを表す文字を指定します。letregexp1=/.*/i;letregexp2=/.*/ig;RegExpコンストラクタを使用する場合は次のように記述します。newRegExp(パターン,フラグ)フラグにはひとつまたは複数のフラグを表す文字を指定します。letregexp1=newRegExp(/.*/,'i');letregexp2=newRegExp(/....JS--パターンのフラグ

  • JS--パターンの先読み・後読み

    先読みと後読みを使ったパターンの記述【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【正規表現における先読みと後読みとは】先読み(肯定先読み、否定先読み)と後読み(肯定後読み、否定後読み)の書式は次の通りです。パターンA(?=パターンB)肯定先読みパターンA(?!パターンB)否定先読み(?<=パターンB)パターンA肯定後読み(?<!パターンB)パターンA否定後読み先読みの場合→パターンAの直後にパターンBが続く場合(または続かない場合)にマッチする。後読みの場合→パターンAの直前にパターンBがある場合(またはない場合)にマッチします。どちらもパターンBも含めてマッチするかどうか判断しますが、マッチした文字列として取得するのはパターンAにマッチした部分だけです。【肯定の先読み】肯定...JS--パターンの先読み・後読み

  • 息子介護物語-エピソード66(令和6年4月)

    息子介護物語-エピソード66(令和6年4月)【被介護者】母:91才要介護3身長/体重;153/38認知度:中位であるが、見当障害の為、被害妄想がひどくなって来た。また、運動不足に依る筋力低下や、食事量(80g)低下が見られる。また、傾眠傾向でもある。特に、子供がいる妄想を起こす。【利用施設】1.DK(デイケア)さくら(加須東病院内):1回/週(土曜日)2.ショートステイ敬愛会のふれ愛の里:毎週2泊3日久下さん家:毎週2泊3日(6年3/7~3/24)、ふれ愛がコロナのため※デイケアのサービス目的は、身体機能の回復・意地、日常生活の回復、認知機能の改善で、リハビリなどの医療的ケアに力を入れています【介護関連企業】ケアマネ:すずみな介護用具:ひまわり館(車椅子・布団用手すり)4月で終了【かかりつけ医】加須東病院...息子介護物語-エピソード66(令和6年4月)

  • JS--パターンのキャプチャグループ

    パターンのキャプチャグループ【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【キャプチャグループの設定とキャプチャの取得】正規表現のパターンの中でキャプチャグループを設定するには、設定したい部分を括弧()で囲んでください。/abc(def)ghi/括弧()のキャプチャにマッチした部分でだけを取り出すことが出来るようになる。サンプルletregexp=/\d{3}-(\d{4})/;letresult=regexp.exec('郵便番号は123-4567です。');console.log(result[0]);>123-4567console.log(result[1]);>4567【キャプチャを行わないキャプチャグループを設定する】キャプチャを利用する予定がない場合で、明示的にキ...JS--パターンのキャプチャグループ

  • JS--(|)パターンマッチについて

    (|)パターンマッチについて【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【複数の文字列のいずれかにマッチ( )】メタ文字のひとつである縦棒( )は複数の文字列のいずれか一つに一致する文字列にマッチします。文字列の候補を縦棒( )で区切って記述します。文字列 文字列 ...サンプルletregexp=/Sunday Sun sunday/;console.log(regexp.test('TodayisSunday'));>>trueconsole.log(regexp.test('Sunflowersareinbloom'));>>trueconsole.log(regexp.test('SUNDAYMORNING'));>>false【複数の選択肢を括弧で囲んでグループ化す...JS--(|)パターンマッチについて

  • JS--直前の文字を指定回数繰り返すマッチパターン

    直前の文字を指定回数繰り返すマッチパターン【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【直前の文字が0回以上連続する文字にマッチ(*)】メタ文字のひとつであるアスタリスク(*)は直前の文字が0回以上連続する文字列にマッチします(0回以上というのは一度もなくてもいいし何回出てもいいという意味です)。・サンプルletregexp=/Ha*n/;console.log(regexp.test('Hn'));>>trueconsole.log(regexp.test('Han'));>>trueconsole.log(regexp.test('Haaaaan'));>>trueconsole.log(regexp.test('HaaUaan'));>>false【直前の文字が1回以上...JS--直前の文字を指定回数繰り返すマッチパターン

  • JS--先頭や末尾にマッチするパターン

    先頭や末尾にマッチするパターン【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【文字列の先頭にマッチする(^)】メタ文字のひとつであるキャレット(^)は文字列の先頭位置にマッチします。・サンプルletregexp=/^Red/;console.log(regexp.test('RedTable'));>>trueconsole.log(regexp.test('Reducespeed'));>>trueconsole.log(regexp.test('BorderColorisRed'));>>false【文字列の末尾にマッチする($)】メタ文字のひとつであるドル記号($)は文字列の末尾位置にマッチします。サンプルletregexp=/Script$/;console.log(r...JS--先頭や末尾にマッチするパターン

  • JS--パターン

    パターンについて【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【記述した文字列にマッチする】パターンの中に文字を記述した場合は、その文字そのものとマッチします。サンプルletregexp=/Sun/;console.log(regexp.test('TodayisSunday'));>>trueconsole.log(regexp.test('TheSunrose'));>>trueconsole.log(regexp.test('HamSandwich'));>>falseSunが文字列に含まれる場合はtrueになる。それ以外は、fals【任意の一文字(.)】メタ文字のひとつであるドット(.)は任意の一文字(例外あり)にマッチします。※ただし、次の文字にはマッチしません。\n...JS--パターン

  • JS--マッチした文字列の置換

    マッチした文字列の置換【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【置換の対象を正規表現を使って指定する】Stringオブジェクトのreplaceメソッドは、対象の文字列の中の指定した文字列を、別の文字列で置換した新しい文字列を返します。・書式文字列.replace(置換する文字列,新しい文字列)引数の置換する文字列には固定の文字列を指定することもできますが、正規表現オブジェクトを指定することもできます。文字列.replace(正規表現,新しい文字列)対象の文字列の中で1番目で指定した正規表現にマッチした文字列を2番目で指定した文字列に置換します。対象の文字列に変更は行わず、置換したあとの新しい文字列が返されます。・正規表現にグローバルフラグが設定されていない場合対象の文字列...JS--マッチした文字列の置換

  • JS--文字列を正規表現を使って区切るには

    文字列を正規表現を使って区切るには【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【区切り文字として正規表現を指定する】splitメソッドは、対象の文字列を指定した区切り文字で分割し、分割された文字列をそれぞれ要素として格納した配列を返します。・書式文字列.split([区切り文字[,最大分割回数]])引数の区切り文字には文字列を指定することもできますが、正規表現オブジェクトを指定することもできます。文字列.split([正規表現[,最大分割回数]])サンプルletmsg=`こんにちは。今日は、朝から快晴で気持ちがいいですね。散歩が楽しいです。`;letmsgAry=msg.split(/[。、\n]/);console.log(msgAry);>>["こんにちは","今日は",...JS--文字列を正規表現を使って区切るには

  • JS--マッチした文字列の取得

    マッチした文字列を取得するには【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【matchメソッドの使い方】Stringオブジェクトのmatchメソッドは、対象となる文字列が正規表現とマッチした場合に、マッチした文字列を取得します。書式は次の通りです。文字列.match(正規表現オブジェクト)文字列が引数に指定した正規表現とマッチした場合マッチした文字列が格納された配列を返します。マッチしなかった場合nullを返します。戻り値の配列にはインデックス0の要素にパターン全体にマッチした文字列が、インデックス1以降の要素には設定したキャプチャグループで囲んだパターンにマッチした文字列が格納される。(キャプチャグループを設定していない場合はインデックス1以降の要素は存在しません)。サンプ...JS--マッチした文字列の取得

  • JS--マッチした文字列のインデックス取得

    文字列のインデックス取得【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【searchメソッドの使い方】Stringオブジェクトのsearchメソッドは、対象となる文字列が正規表現とマッチした場合に、マッチした最初の文字列のインデックスを返します。書式は次の通りです。文字列.search(正規表現オブジェクト)・マッチした場合最初にマッチした文字列の先頭文字のインデックスを返します。・マッチしなかった場合「-1」を返します。インデックスは対象の文字列の先頭文字が0、次の文字が1、と続いていきます。サンプルletregexp=/ball/;letstr1='baseballandfootball';letstr2='Makeacaketomorrow';console.log(st...JS--マッチした文字列のインデックス取得

  • JS--正規表現にマッチした文字列を取得する

    正規表示にマッチした文字列を取得する【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【execメソッドの使い方】RegExpオブジェクトのexecメソッドは、対象となる文字列が正規表現とマッチした場合に、マッチした文字列を取得します。書式は次の通りです。正規表現オブジェクト.exec(文字列)引数に指定した文字列が正規表現とマッチした場合は、マッチした文字列が格納された配列を返します。マッチしなかった場合はnullを返します。戻り値の配列にはインデックス0の要素にパターン全体にマッチした文字列、インデックス1以降の要素には設定したキャプチャグループで囲んだパターンにマッチした文字列が格納されます。(キャプチャグループを設定していない場合はインデックス1以降の要素は存在しません)。...JS--正規表現にマッチした文字列を取得する

  • JS--文字列の規制表現のマッチテスト

    文字列が正規表現とマッチするかテストする【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【testメソッドの使い方】RegExpオブジェクトのtestメソッドは、対象となる文字列が正規表現とマッチするかどうかをテストし結果として論理値を返します。・書式正規表現オブジェクト.test(文字列)引数に指定した文字列が少なくとも一つ正規表現とマッチした場合はtrueを返します。マッチしなかった場合はfalseを返します。サンプルletregexp=/ball/;letstr1='Gotoseeabaseballgame';letstr2='Makeacaketomorrow';console.log(regexp.test(str1));実行>trueconsole.log(regex...JS--文字列の規制表現のマッチテスト

  • JS--エスケープ処理

    エスケープ処理【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【特別な意味を持つ文字をエスケープする】正規表現のパターンで使われる文字の中にはドット(.)やプラス(+)などのように特別な意味を持つ文字があります。これらはメタ文字と呼ばれます。例えば次のような正規表現リテラルで見てみます。サンプルコードletregexp=/a.b/;console.log(regexp.test('oa.bo'));結果>trueconsole.log(regexp.test('oaxbo'));結果>true最初に試した'oa.bo'は文字列の中にa.bという文字列が含まれるのでマッチするのは分かりますが、次に試した'oaxbo'は文字列の中にa.bという文字列が含まれていないのにマッチしました...JS--エスケープ処理

  • JS--正規表示

    正規表示【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム■正規表示とは→指定した条件に一致する複数の文字列を一つのパターンで表現する方法です。JavaScriptでは正規表現もオブジェクトのひとつです。【正規表現リテラル】正規表現オブジェクトとは正規表現で使用するパターンを定義することです。最初に正規表現リテラルを使って正規表現オブジェクトを作成する方法です。・書式/パターン//パターン/フラグ正規表現のパターンを表す値をスラッシュ(/)で囲んで記述します。フラグを設定する場合はスラッシュのあとに記述します。サンプルletregexp1=/apple/;letregexp2=/[a-zA-Z]{4}/;一つ目の正規表現オブジェクトは'apple'とマッチするパターンです。対象の文...JS--正規表示

  • JS--例外をスローするには

    例外をスローするには【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【throw文の使い方】throw文を使用すると例外をスローすることができます。・書式throw例外の値例外の値には通常Errorオブジェクトを指定しますが、数値や文字列といった任意の値を指定することもできます。try...catch文を使って例外がキャッチされた場合、ここで指定した例外の値がcatchの括弧の中に記述した変数に格納されます。サンプルfunctioncheckResult(point){try{if(point<50){throw'不合格です';}console.log('得点'+point);console.log('合格です');}catch(e){console.error(e);}}con...JS--例外をスローするには

  • JS--例外が発生するエラーの種類

    例外が発生するエラーの種類【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【例外が発生するえらーの種類】例外が発生するエラーの種類として次の8種類がグローバルオブジェクトとして定義されています。Error一般的なエラーEvalErroreval関数に関するエラーInternalErrorJavaScriptの内部エラーRangeError数値が有効範囲を超えた場合のエラーReferenceError不正な参照を行った場合のエラーSyntaxErrorJavaScriptの構文エラーTypeError変数や引数の型が適切ではない場合のエラーURIErrorencodeURIまたはdecodeURIに関するエラー※ただしSyntaxErrorは実行時にエラーとなるのではなく実行前の時...JS--例外が発生するエラーの種類

  • JS--try...catch 文内の関数の例外処理

    try...catch文内の関数の例外処理【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【tryブロックの中から呼び出し他関数内で例外が発生した場合】try...catch文の書式は次のようになっており、例外が発生する可能性がある文をtryのあとのブロック内に記述しておく必要があります。・書式try{例外が発生する可能性がある文を記述・・・}catch(e){例外をキャッチしたときに実行される処理・・・}それではtryブロックの中でtry...catch文の外に記述された関数を呼びだし、その関数内で例外がスローされた場合functionfunc(){//ここで例外が発生}try{func();}catch(e){例外をキャッチしたときに実行される処理・・・}サンプルfuncti...JS--try...catch文内の関数の例外処理

  • 息子介護物語-エピソード65(令和6年3月)続1

    文字数制限のため3/19(火)ショート;久下さん家午前6時30分、起床!洗濯・プラゴミ捨てなどの家事をやる。午前7時、トイレ介助・着替え介助する。紙パンツ+パット交換する。異常なし午前7時30分、パンとバナナ1/2を食うが、ババァはパン1/2を食った。洗濯物を干す午前8時、二度寝午前9時、トイレ介助後、ブログ・ツイター・インスタを書き始める。午前9時30分、久下さん家の職員が迎えに来た。午前10時半、チョコ休みお昼は、カレーヌードル午後1時、ベイシアに買い出しに行く午後1時40分、帰宅午後2時、オートアズにオイル交換に行く午後3時、帰宅午後3時半、洗濯物を取り込む午後4時半、PCを閉じる午後5時、シャッターを閉める。スマホのxの通知数を表示させるのに戦っていた。午後5時40分、夕食の準備。ペペロンチーノを...息子介護物語-エピソード65(令和6年3月)続1

  • js--try...catch...finally文

    try...catch...finally文【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【try...catch...finally文の使い方】try...catch...finally文を使用すると、tryブロックの中で例外がスローされたかどうかに関わらず、必ず最後に実行する処理を記述することができます。・書式try{例外が発生する可能性がある文を記述・・・}catch(e){例外をキャッチしたときに実行される処理・・・}finally{最後に実行される処理・・・}finallyのあとのブロックは、tryブロックの処理が終わったあと、また例外がスローされた場合はcatchブロックの処理が終わったあとで必ず実行されます。tryブロックやcatchブロックの中でretnrn文や...js--try...catch...finally文

  • JS--try...catch文

    try...catch文を使った例外処理【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【例外がスローされた時の挙動について】最初に例外に対して何の処理も記述していないプログラムで例外がスローされた時の挙動を確認しておきます。サンプルfunctionsum(a,b){letsum=a+b;returnsum;}console.log('Start');letresult=sum(10,8);console.log(result);console.log('End');実行Start18Endわざとエラーを起こすようにプログラムを書くfunctionsum(a,b){letsum=a+b;returnsum;}console.log('Start');letresult=sum(1...JS--try...catch文

  • JS--コールバック関数/高階関数

    コールバック関数/高階関数【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【コールバック関数/高階関数の記述方法】JavaScriptでは関数もオブジェクトのひとつであり、変数に格納したり関数を呼びだす時の引数として指定することができます。constprice=function(price){console.log('トマトの値段は'+price+'円です。');}price(100);実行トマトの値段は100円です。関数リテラルを使って関数を定義し、変数priceに格納しています。そのあとで変数に格納した関数を呼びだしています。サンプル文//高階関数//→他の関数を引数として受け取ったり、結果として関数を返す関数の事。functiontomato(price,func){//関...JS--コールバック関数/高階関数

  • JS--再帰関数

    再帰関数【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【再帰関数の記述方法】再帰関数とは関数内から自分自身の関数を呼びだすことです。・例functiontest(){test();}test();関数testは関数内で自分自身であるtest関数を呼びだしています。このように関数内で自分自身の関数を呼びだす関数のことを再帰関数といいます。サンプルfunctiontest(n){console.log('Hello');if(n!=0){test(n-1);}console.log('Bye');}test(2);実行HelloHelloHelloByeByeBye説明1)test関数(1)が呼び出される。引数として2が渡される。2)Helloが出力される3)test関数(1)内の...JS--再帰関数

  • JS-- Function オブジェクトのlength プロパティ

    Functionオブジェクトのlengthプロパティ【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【引数の数を取得する(length)】関数でいくつの引数を受け取るように定義されているのかを参照するときにに使用されるのがFunctionオブジェクトのlengthメソッドです。書式は次の通りです。・関数名.lengthサンプルfunctiondispTotal(x,y,z){letsum=x+y+z;returnsum;}console.log(dispTotal.length);実行3関数dispTotalは3つの引数を受け取るように定義されています。その為、この関数のlengthプロパティは3となります。【引数にデフォルト値が設定されている場合】引数の中にデフォルト値が設定さ...JS--Functionオブジェクトのlengthプロパティ

  • JS--関数を文字列に変換するには

    関数を文字列に変換するには【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【関数を文字列に変換する(toString)】関数を文字列に変換するときに使用されるのがtoStringメソッドです。・書式関数名.toString()関数名や、関数オブジェクトが代入された変数名に対して、toStringメソッドを使用すると、関数の定義された内容を表す文字列を返す。関数宣言をした場合のサンプルfunctiondispTotal(x,y){letsum=x+y;returnsum;}console.log(dispTotal.toString());実行functiondispTotal(x,y){letsum=x+y;returnsum;}関数リテラルの場合letdispTotal=fun...JS--関数を文字列に変換するには

  • 息子介護物語-エピソード65(令和6年3月)

    息子介護物語-エピソード65(令和6年3月)【被介護者】母:91才要介護3身長/体重;153/38認知度:中位であるが、見当障害の為、被害妄想がひどくなって来た。また、運動不足に依る筋力低下や、食事量(80g)低下が見られる。また、傾眠傾向でもある。特に、子供がいる妄想を起こす。【利用施設】1.DK(デイケア)さくら(加須東病院内):1回/週(土曜日)2.ショートステイ敬愛会のふれ愛の里:毎週2泊3日久下さん家:毎週2泊3日(6年3/7)、ふれ愛がコロナのため※デイケアのサービス目的は、身体機能の回復・意地、日常生活の回復、認知機能の改善で、リハビリなどの医療的ケアに力を入れています【介護関連企業】ケアマネ:すずみな介護用具:ひまわり館(車椅子・布団用手すり)【かかりつけ医】加須東病院(内科・整形外科)・...息子介護物語-エピソード65(令和6年3月)

  • JS--argumentsオブジェクト

    argumentsオブジェクト【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【argumentsオブジェクト】argumentsオブジェクトは関数の中でのみ利用できるオブジェクトです。関数に渡されてきた値をすべて格納しており、配列の要素のようにarguments[0],arguments[1],....という形で関数に渡されてきた値を取得することができます。なおargumentsオブジェクトはアロー関数の中では使用できないのでご注意ください。関数にいくつの値が実際に渡されてきたのかは、argumentsオブジェクトのlengthプロパティを参照することで確認することができます。関数で受け取る値の数が決まっていない場合→argumentsオブジェクトを使用することで順番に取り出す...JS--argumentsオブジェクト

  • JS--Functionコンストラクタ

    Functionコンストラクタを使って関数を定義する【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【functionコンストラクタを使った関数の定義】Functionコンストラクタを使って関数を定義する方法は次のような書式を使用します。let変数名=newFunction('引数1','引数2',...,'実行する処理');Functionコンストラクタを使用する場合は関数名は使用しません。newFuncitonのあとの(から)の間に引数を指定します。引数は文字列で指定する点に注意してください。最後に関数が呼ばれたと記事実行する処理を同じように文字列として指定しますnewは省略可能なので次のように記述することもできます。Function('引数1','引数2',...,'実行す...JS--Functionコンストラクタ

  • JS--アロー関数式

    アロー関数式【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【アロー関数式を使った関数の定義】アロー関数式を使うことで関数リテラルによる関数定義をより簡略化して記述することができます。関数リテラルの場合let変数名=function(引数1,引数2,...){実行される処理;...return戻り値;};アロー関数式の場合let変数名=(引数1,引数2,...)=>{実行される処理;...return戻り値;};アロー関数式でも関数名は記述しませんので、関数リテラルと同様に変数に代入して利用します。またアロー関数式ではfunctionも記述せず、代わりに関数のブロックの前に=>を記述します。サンプルletdispTotal=(x,y)=>{returnx+y;};letresul...JS--アロー関数式

  • JS--無名関数

    無名関数【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【関数リテラルを使って関数を定義する(無名関数)】関数を定義する方法のひとつである関数リテラルを使って関数を定義する方法について解説します。・書式let変数名=function(引数1,引数2,...){実行される処理1;実行される処理2;...return戻り値;};関数の宣言ではfunctionのあとに関数名を記述しましたが、関数リテラルを使用する場合は通常関数名は付けません。そのため、無名関数とも呼ばれる引数が無い場合にはlet変数名=function(){実行される処理1;実行される処理2;...return戻り値;};サンプルletdispMessage=function(msg){console.log(msg)...JS--無名関数

  • JS--関数もオブジェクトの仲間?

    関数もオブジェクト【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【関数もオブジェクトの一つ】JavaScriptでは関数もオブジェクトのひとつです。関数宣言を使って関数を定義すると、関数名に指定した名前の変数が作成され、変数には関数オブジェクトが代入されます。サンプルfunctioncalcTotal(x,y){returnx+y;}console.log(calcTotal);実行ƒcalcTotal(x,y){returnx+y;}次に、下記のように変数を使うletmyFunc=calcTotal;console.log(myFunc(10,8));実行18JS--関数もオブジェクトの仲間?

  • JS--関数の記述位置について

    関数の記述位置について【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【関数の記述する位置】一般的には関数を先に定義しておき、そのあとで関数を呼び出すように記述されるケースが多いですが、関数の定義をあとに記述しても問題はありません。サンプル1functiondispTotal(x,y){returnx+y;}console.log(dispTotal(3,4));>7サンプル2console.log(dispTotal(5,1));functiondispTotal(x,y){returnx+y;}>6関数の定義を関数の呼び出しよりも先に書いている場合も、後に書いている場合も問題なく関数を呼び出すことができています。【HTMLの中で記述する場合】<!DCTYPEhtml><htm...JS--関数の記述位置について

  • JS--関数の戻り値を複数返す方法

    関数の戻り値を複数返す方法【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【関数から複数の値を呼び出し元へ返す】関数の定義ではreturn文の値に戻り値を記述することで関数の呼び出し元へ値を返すことができます。サンプルfunctionmaxAndMin(num1,num2,num3){constmaxNum=Math.max(num1,num2,num3);constminNum=Math.min(num1,num2,num3);//戻り値を配列にするreturn[maxNum,minNum];}letnumArray=maxAndMin(10,7,14);console.log("Max="+numArray[0]);>Max=14console.log("Min="+numA...JS--関数の戻り値を複数返す方法

  • JS---関数のreturn 文

    return文について【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【戻り値の基本的な使い方】関数の定義ではreturn文の値に戻り値を記述することで関数の呼び出し元へ値を返すことができます。・関数定義function関数名(仮引数1,仮引数2,...){実行される処理;...return戻り値;}・関数からの戻り値を変数に格納する場合let変数名=関数名(実引数1,実引数2,...);・サンプル文functioncalcArea(radius){constarea=radius*radius*3.14returnarea;}constarea=calcArea(10);console.log(area);>314console.log(calcArea(8));>200.96...JS---関数のreturn文

  • JS--関数へミュータブルな値を渡した時の注意点

    関数へミュータブルな値を渡した時の注意点【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【イミュータブル(変更可)な値を関数へ渡す場合】数値や文字列のようにミュータブル(変更不可)な値を引数に指定して関数を呼びだす場合、関数側で引数に対して新しい値を格納しても呼び出し元の値には影響は出ませんが、配列やオブジェクトのようなイミュータブル(変更可)の場合は、反映される。サンプル--ミュータブルの場合functionsquare(num){num=num*num;console.log(num);}letnum=10;square(num);>100console.log(num);>10サンプル---イミュータブルの場合functionsquare(num){for(leti=0;i...JS--関数へミュータブルな値を渡した時の注意点

  • JS--関数の引数

    関数の引数【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【引数の基本的な使い方】・関数の定義function関数名(仮引数1,仮引数2,...){実行される処理1;実行される処理2;...return戻り値;}・関数の呼び出し関数名(実引数1,実引数2,...);サンプルfunctiondispMessage(msg){console.log(msg);}dispMessage('Hello');>HellodispMessage(100);>100【関数の呼び出し側と、受け取り側で引数が異なる場合】JavaScriptの関数では、関数を呼び出す時に記述した値の数と、値を受けとる関数の引数の数が違っていてもエラーにはなりません。サンプルコードfunctiondispProfil...JS--関数の引数

  • JS--関数

    関数を定義する【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【関数を定義する】関数を定義する方法はいくつかありますが、ここではfunctionキーワードを使った関数の宣言について・書式function関数名(引数1,引数2,...){実行される処理1;実行される処理2;...return戻り値;}引数が無い場合function関数名(){実行される処理1;実行される処理2;...return戻り値;}※関数が呼び出された時に実行される処理を{から}のブロック内に記述する。ただし、関数の場合は処理が一つであってもブロックを表す{と}を省略することはできません!関数の呼び出し元に値を返す場合にはreturn文を使用する【関数を呼び出すには】定義した関数を呼び出すには次のように記述し...JS--関数

  • JS--要素の値を合計する

    要素の値を合計する【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【要素の値を合計する方法】Arrayオブジェクトのreduceメソッドを使うと、配列に含まれるすべての要素の値を合計し、その合計値を返します。書式配列名.reduce(コールバック関数(合計値の保管用,要素の値),初期値)配列名.filter(コールバック関数(合計値の保管用,要素の値,要素のインデックス),初期値)配列名.filter(コールバック関数(合計値の保管用,要素の値,要素のインデックス,配列),初期値)reduceメソッドは配列に含まれる要素を先頭から順に取り出しコールバック関数を呼び出します。コールバック関数の中では合計値の保管用の値に現在の要素の値を加算したものを戻り値として返します。最終的にre...JS--要素の値を合計する

  • JS--条件を満たした要素で配列を作る

    条件を満たした要素で配列を作る【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【条件を満たした要素で配列を作る】Arrayオブジェクトのfilterメソッドを使うと、配列に含まれる要素に対して条件を満たす要素だけを集めた新しい配列を作成することができます。・書式配列名.filter(コールバック関数(要素の値))配列名.filter(コールバック関数(要素の値,要素のインデックス))配列名.filter(コールバック関数(要素の値,要素のインデックス,配列))サンプルletresult=[48,75,92,61,54,83,76];letfilterResult=result.filter(function(element){returnelement>70;});console...JS--条件を満たした要素で配列を作る

  • JS--配列のすべての要素に順番に同じ処理を行う

    配列のすべての要素に順番に同じ処理を行う【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【要素に対して順番に処理する】Arrayオブジェクトのmapメソッドを使うと、配列に含まれる要素に対して順番にコールバック関数を呼び出し処理を行うことができます。・書式配列名.map(コールバック関数(要素の値))配列名.map(コールバック関数(要素の値,要素のインデックス))配列名.map(コールバック関数(要素の値,要素のインデックス,配列))mapメソッド→配列に含まれる要素を先頭から順に取り出しコールバック関数を呼び出します。更に、mapメソッドはコールバック関数から戻された値を要素に持つ新しい配列を作成し戻り値として返します。コールバック関数は、現在取り出されている要素の値、要素の...JS--配列のすべての要素に順番に同じ処理を行う

  • JS--配列要素の並び替え

    配列要素の並び替え【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【要素を逆順に並び替える】Arrayオブジェクトのreverseメソッドを使うと、配列の要素を逆順に並び替えます。書式配列名.reverse()サンプルletfruit=['Apple','Grapes','Melon','Orange'];letnewfruit=fruit;fruit.reverse();console.log(fruit);>["Orange","Melon","Grapes","Apple"]console.log(newfruit);>["Orange","Melon","Grapes","Apple"]reverseメソッドを実行すると、対象の配列の要素の順番が逆順になります。逆順にした...JS--配列要素の並び替え

  • 息子介護物語-エピソード64(令和6年2月)

    息子介護物語-エピソード64(令和6年2月)【被介護者】母:91才要介護3身長/体重;153/38認知度:中位であるが、見当障害の為、被害妄想がひどくなって来た。また、運動不足に依る筋力低下や、食事量(80g)低下が見られる。また、傾眠傾向でもある。特に、子供がいる妄想を起こす。【利用施設】1.DK(デイケア)さくら(加須東病院内):1回/週(土曜日)2.ショートステイ敬愛会のふれ愛の里:毎週2泊3日※デイケアのサービス目的は、身体機能の回復・意地、日常生活の回復、認知機能の改善で、リハビリなどの医療的ケアに力を入れています【介護関連企業】ケアマネ:すずみな介護用具:ひまわり館(車椅子・布団用手すり)【かかりつけ医】加須東病院(内科・整形外科)・あだち眼科(神経内科)・徳洲会古河総合病院(整形外科・泌尿器...息子介護物語-エピソード64(令和6年2月)

  • JS--配列要素を連結して文字列を作成する方法

    配列要素を連結して文字列を作成する方法【開発環境】OS:Win11(64ビット)VSCode1.72.2、クロム【要素を連結して作成した文字列を取得するには】Arrayオブジェクトのjoinメソッドを使うと、要素を連結して作成した文字列を取得できます。・書式配列名.join()配列名.join(区切り文字)引数に指定した区切り文字でそれぞれの要素の値を連結した文字列を返します。要素の値はいったん文字列に変換され、そのあとで連結されます。区切り文字を省略した場合はカンマ(,)が指定されたものとして扱われます。サンプル1letfruit=['Apple',120,'Grapes',80];console.log(fruit.join());>Apple,120,Grapes,80console.log(fru...JS--配列要素を連結して文字列を作成する方法

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、職案人さんをフォローしませんか?

ハンドル名
職案人さん
ブログタイトル
職案人
フォロー
職案人

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用