searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

妥協の嵐 〜イチから始めるMTG〜さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
妥協の嵐 〜イチから始めるMTG〜
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/syuro0809
ブログ紹介文
後1ヶ月でプロ野球開幕。早いですな。 MTGの次エキスパンションも来月・・・早いよ・・・
更新頻度(1年)

4回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2015/02/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、妥協の嵐 〜イチから始めるMTG〜さんの読者になりませんか?

ハンドル名
妥協の嵐 〜イチから始めるMTG〜さん
ブログタイトル
妥協の嵐 〜イチから始めるMTG〜
更新頻度
4回 / 365日(平均0.1回/週)
読者になる
妥協の嵐 〜イチから始めるMTG〜

妥協の嵐 〜イチから始めるMTG〜さんの新着記事

1件〜30件

  • 【お知らせ】移転?廃止

    ご無沙汰しております。妥協の嵐です。ほぼ1年ぶりくらいの投稿になるのですが、gooブログでの投稿は以後は行わず、今後は不定期的にNoteの方で記事をあげていこうと思います。既に1、2個記載しているのですが、今日のPTF結果を受けて、来週までに2年ぶりにMTGスタン落ち追悼式を書こうと思っています。※最近コロナの影響で土日月火水出勤になったので木金UP予定こちらのブログは適当なタイミングで廃止しますので、久々追悼式に興味がある方は以下のURLまでお願いいたします。https://note.com/dakyounoarasi引き続き妥協の嵐をよろしくお願いいたします。【お知らせ】移転?廃止

  • 【MTG】イクサラン・ドミナリア・M19 スタンダード落ち追悼式100選その3

    39.貪欲なチュパカブラ黒のトップバッターはチュパカブラです。このブロックの黒は本当にパワーカードが少なく、特にクリーチャーは少ないです。コイツの強さはレア並みですが。前ローテでは「スカラベ」、ローテ後にはゴルガリで活躍しました。40.薄暮軍団の盲信者主に「王神」で使われた2マナキャントリッパー。一応吸血鬼だったりします。弱い黒のカードの中で、コモンながら頑張った方だと思います。41.巧射艦隊の追跡者クリーチャーながら墓地対策用のサイドカード。ラヴニカからは他に役割を奪われた形になります。そういえば探検持ちでした。42.アルゲールの断血対コントロール用のサイドカードだったり、「スカラベ」との相性だったりでローテ前は意外と使われていた黒のひっくり返るサイクルシリーズ。ローテ後はあんまり見なくなりましたね。43.無...【MTG】イクサラン・ドミナリア・M19スタンダード落ち追悼式100選その3

  • 【MTG】イクサラン・ドミナリア・M19 スタンダード落ち追悼式100選その2

    20.大嵐のジン青もトリプルシンボルからです。前ローテ直前位に現れた青単テンポの雄。島の分だけパワーが上がるのでフラッドも困りません。青単も大体のパーツが落ちるので、いったん終了でしょうか。21.マーフォークのペテン師青の2マナフラッシュマーフォーク。これで「ギトゥの溶岩走り」を1/2にしておいてブロックするムーブ、ね。青単はコイツくらいしか採用したい2マナが居ませんでした。22.霧まといの川守り1マナマーフォーク。アンブロッカブルなので「執着的探訪」のセット先候補でした。因みにこのカードも1年間で2回収録されています。23.セイレーンの嵐鎮めもう一つの1マナはフライヤーです。実はこの人、プレイヤー対象の呪文も無効化できます。残っているのは「プテラ」だけか。24.排斥する魔道士この人も青単勢です。あんまり印象に...【MTG】イクサラン・ドミナリア・M19スタンダード落ち追悼式100選その2

  • 【MTG】イクサラン・ドミナリア・M19 スタンダード落ち追悼式100選その1

    エルドレインのカードが全出しましたので、恒例のスタン落ち追悼式になります。今回は色毎の枚数は特に揃えずに、枚数も100種類に絞りました。単純にイクサラン・ブロックのカードが弱いです・・・1.ベナリアの軍司令ドミナリアの3マナ、トリプルシンボルのサイクルレアになります。このサイクルレアは全員活躍しましたね。(黒以外)種族を問わない全体パンプがあるのは非常に強かったです。オマケに騎士なので「ベナリア史」で強化されるという。2.アダントの先兵破壊無効が付けられる2マナパワー3のカード。種族:吸血鬼なので、色々なデッキに採用されました。「漆黒軍の騎士」との簡易シナジーはもうすぐ使えなくなりますね。3.空渡りの野心家こちらは1マナでパワー2の吸血鬼。昇殿というキーワードは白でしか見かけませんでしたね。4.短角獣の歩哨こち...【MTG】イクサラン・ドミナリア・M19スタンダード落ち追悼式100選その1

  • 【パワプロアプリ】フリート高校殴り書き(野手)

    個人的なメモ書きのため随時更新予定です。感覚論。☆デッキバランス役割は複数の重複があった方が方針を決めやすい。ただ、現在の環境で満足のいくスナイパーを複数用意するのは難しいので青・緑・紫からバランスを考えて組むことになる。エビル同様、体力回復イベントは非常に重要。また、システム上デートをする暇が全然ないので、照守を入れた6上限を組むか否かで、練習するかデートするかの押し引きが大分変る。詳細は後述☆経験点バランスデッキの組み方で差こそ出るが、個人的な感覚では基本的に筋力が足りず、次いで精神が不足する。出航時の積み荷経験点では黄色はもちろん緑・赤あたりを「一番多い積み荷にしないこと」が重要。泡瀬が必須に近いが、コイツの役割が緑のため、積み荷数が増えすぎて経験点が入らないというジレンマが多々。積み荷のバランスは役割に...【パワプロアプリ】フリート高校殴り書き(野手)

  • 【Mリーグ】ドラフト2019雑感

    本日行われたドラフトの雑感をば。※一部敬称略・KADOKAWAサクラナイツ内川・岡田・沢崎正直、沢崎プロの指名にはびっくりしました。年齢幅的にはコナミに近いかな、という感じです。かなり人気の高い上位2人に、大黒柱がいるようなイメージですか。取りあえず新規参入チームなので3人指名で様子見というのも、戦略としては悪くないのかな、とも思います。このチームに関してはユニフォームとかも決まっていないので、ビジュアルも非常に気になるところですね。・雷電指名なし正直一番意外だな、と思いました。前年最下位だっただけに戦力UPは是非たるところではなかったのでしょうか。ただ、言っても萩原聖人率いるチームですから、シーズン途中に選手が加入した方が派手さがある、と考えて、演出部分も考慮した可能性もなくはないですが・・・・フェニックス和...【Mリーグ】ドラフト2019雑感

  • 【基本セット2020】リミテッド考察:初めに

    基本セットのフルスポイラーが出たので、いつもの記事を書こうと思います。デザインノートより、今回のテーマは以下の通り。①チャンドラアンコモン・レア・神話レアと、赤だけ3枚プレインズウォーカーがあります。どれもリミテッドで使える部類の能力だと思うのですが、狙って引けるようなものでもないので、覚えておくくらいのレベルでよいでしょう。②プロテクション以前は常盤木のキーワード能力でしたが、一旦リストラされ、また戻ってきました。以降のエキスパンションでも採用されるようです。プロテクション持ちはクリーチャー5種と白のインスタント「神々の思し召し」になります。クリーチャーは緑のみレアですが、こいつは「別にプロテクション持ってなくても強い」っていうレベル。他の4種については、赤の3/1になるヤツ以外はサイドカードの枠を出ないでし...【基本セット2020】リミテッド考察:初めに

  • 【灯争大戦】リミテッド考察:デッキタイプ

    いつもと同じでデッキタイプを紹介します。基本的にはマルチのアンコモンを見れば大体何をさせたいかがわかる、というところで。今回はアンコモンのマルチは各色2種類ありますが、片一方は除去っぽいカードになります。なお、ネット界隈では今回は青黒赤が強く、白緑が弱いという意見がかなり多いみたいですね。①白青飽くなき飛行ビートの色になります。「信頼あるペガサス」「エイヴンの永遠衆」「雷のドレイク」などの優秀な飛行クリーチャー、「法ルーンの執行官」のタップや「アショクの潜伏者」などのアンブロッカブルのアタックを、白の除去でサポートしていきます。「翼の結集」を唯一入れてもいいかなと思えるのは白青くらいでしょうか。コモンの飛行2マナが全然強くないのはいただけないですが。白のコモンにプレイアブルなカードが少ないのと、マルチでメチャン...【灯争大戦】リミテッド考察:デッキタイプ

  • 【灯争大戦】リミテッド考察:初めに

    ご無沙汰しております。仕事が忙しくて紙MTGをほぼ引退しております。妥協の嵐です。何とか時間ができたので、久々にフルスポイラーから次弾のリミテッド考察をしてみます。・メカニズム「増殖」と「動員」になります。前提として場に存在する軍団トークンは基本1体だけということ(相手のトークンを奪えば増えますが)、増殖はプレイヤーとパーマネントを好きなだけ対象に取れること、の2つですね。+1/+1カウンターを出すカードが多く増殖が少ないデッキは許容できそうですが、逆に増殖だらけで増やす元がない場合、バニラに近いデッキになるのでバランスに注意が必要です。動員はトークンを大事に育てるか、ある程度のところで相打ち上等で突っ込ますかの2択になります。因みに、増殖は白青緑、動員は青黒赤です。青のみ、増殖と動員の両方がある色になります。...【灯争大戦】リミテッド考察:初めに

  • 【Mリーグ】レギュラーシーズン総括①個人成績からみるチーム順位

    ※敬称略としております順位チーム名前得点試合数----------------------------------------1アベマズ多井476.3272風林火山滝沢314.8303KONAMI寿人228.3374U-NEXT朝倉178.8285セガサミ近藤144.4246赤坂園田123.2317雷電黒沢116.922----------------------------------------8KONAMI前原84.8279赤坂たろう30.12910アベマズ松本22.12711風林火山勝又15.92612風林火山亜樹-49.02413雷電萩原-61.03014セガサミ茅森-65.429----------------------------------------15U-NEXT小林-115.62716赤...【Mリーグ】レギュラーシーズン総括①個人成績からみるチーム順位

  • 【Mリーグ】10月時点での感想

    開幕してから欠かさず見ている麻雀「Mリーグ」。ちょうど1か月を過ぎて、各チーム傾向が出てきました。ただ、言ってもまだ1か月しかたっていないので、これからどうなっていくか予想は尽きませんが、現時点での各チームの状況などから、ざっくりとした今後の展望を書いてみようと思います。なお、記載の中に〇勝〇敗という表現を使用しますが、これは同卓した中で着順が〇回上だった⇒〇勝、〇回下だった⇒〇敗としています。現在のチーム着順に書いていきます。言葉も崩して書きますね。・渋谷ABEMAS10月最終日の試合で連帯こそ途切れたものの、やはり多井隆晴の安定感が抜群に光る。個人成績トップ、1位回数単独トップ、ラスなしというデータに加え、アガリ率トップ、平均放銃点数が最小と攻防において正に「最強」と言っていいだろう。ロボキラー松本吉弘は初...【Mリーグ】10月時点での感想

  • 【MTG】新環境考察 ラヴニカのギルド

    ここから新環境の考察です。まずはスタンダードから。既存のデッキ、新デッキを考えるにあたり、既に使われているカード、そして新カードや新ギミックの観点で見ていきます。①既存のデッキ既存のデッキを語るにあたり、まずキーカードがスタン落ちして組めないデッキはこちら。・王神・巻きつき蛇・副陽コントロール・赤単(普通のやつ)・多色エネルギー・青単ストーム・サイクリング・「スカラベの神」絡み他にも細かいアーキタイプは多々あるでしょうが、主だったアーキタイプはこんな感じ。これらを省いた、残るデッキは以下。☆ウィザード「ボーマットの急使」「地揺すりのケンラ」「アン一門の壊し屋」などの速攻カードや、「損魂魔道士」という果敢クリーチャーこそいなくなりましたが、1マナ速攻は「狂信的先導者」があるほか、「松明の急使」が加わりました。「風...【MTG】新環境考察ラヴニカのギルド

  • 【MTG】カラデシュ・アモンケットブロック スタンダード落ち追悼式150選その7

    126.霊気池の驚異4ターン目に起動でき、「エムラクール」や「ウラモグ」を引っ張ってくるカード。ガチャと比喩され、暫くしてから禁止となりました。これと絡ませるために多くのエネルギー供給元がデッキに組み込まれましたね。127.王神の贈り物所謂「ギフト」。こちらも4ターン目に着地して「発明の天使」を6/6で着地させるなど大分インチキ臭い動きをするカードでした。このデッキに採用されるカードも結構独創性がありましたね。128.来世への門「ギフト」のお供。その前の、こいつ自体の能力も悪くないです。「ギフト」より前に収録されたカードですが、両方きちんと採用されているのは珍しいですね。129.電招の塔これもデッキの核となったカードです。環境に低マナ帯のスペルが結構あったので、メチャ打点稼いでくれました。前回のスタン落ちくらい...【MTG】カラデシュ・アモンケットブロックスタンダード落ち追悼式150選その7

  • 【MTG】カラデシュ・アモンケットブロック スタンダード落ち追悼式150選その6

    最初に土地から。そのあとマルチカラーになります。101.砂漠アンコモン「ラムナプの遺跡」こそ禁止になりましたが、緑砂漠はストンピィに、青砂漠はギフトに、など特定のデッキで使われました。このカードが無くなることで、ビートダウンデッキのマナフラッド受けが減ることになります。102.サイクリングランドこちらもフラッド受けというか、手札の土地をドローにできるのは非常に便利なキーワードでしたが、それもなくなります。サイクリングデッキみたいな瞬殺デッキもありましたが、環境から消えることになります。103.ファストランド序盤の2色アンタップ土地としてずっと使われていました。今後はショックランドになるので、ダメージを喰らってしまいます。モダンでもたまに使われるので、取っておいた方がいいと思います。104.産業の塔機体デッキには...【MTG】カラデシュ・アモンケットブロックスタンダード落ち追悼式150選その6

  • 【MTG】カラデシュ・アモンケットブロック スタンダード落ち追悼式150選その5

    81.生命の力、ニッサ緑はニッサからです。サイドボードにとどまっていましたが、能力は強かったです。緑単だと「ガルタ」を何度も引っ張ってきたり。役割こそ違いますが、5マナ緑PWは「ビビアン」が引き継ぎます。82.ナーナムの改革派所謂「節くれ木のドライアド」の代わりの枠。環境初期は対生物用に接死持ちのクリーチャーがサイドインする傾向があります。今回は黒を含め、接死持ちクリーチャーをよく見ました。「ロナス」も接死ですね。83.緑地帯の暴れ者エネルギーを吐いて吸うゾウさんもスタン落ちです。「霊気との調和」との相性は抜群でした。ストンピィでは乗り逃げ要員としても活躍?しましたね。84.牙長獣の仔赤緑、黒緑、ティムールなど、エネルギー主体のデッキにはほぼ入っていました。たった2マナのアンコモンが相手のライフを削る、そんな環...【MTG】カラデシュ・アモンケットブロックスタンダード落ち追悼式150選その5

  • 【MTG】カラデシュ・アモンケットブロック スタンダード落ち追悼式150選その4

    61.反逆の先導者、チャンドラ赤はチャンドラからです。この環境で一番使われたPWといえば、当然この人でしょうね。奥義を含めてすべての能力が強いかったですが、特にマナ発生から「キランの真意号」のムーブがお気に入りでした。62.チャンドラの敗北そのチャンドラを破壊するカード。他にも「ブリンガー」や、「損魂魔道士」と合わせて「ハゾレト」を焼いたりと対赤の赤いカードとして、サイドボードを賑わせました。63.マグマのしぶき対「たかり屋」最終兵器。『ニクスへの旅』から久々参戦のスプレーも、今回でスタン落ちです。今後は2点焼きとして「ショック」を使うことになりそうですね。64.蓄霊稲妻最近はあまり見かけないエネルギー焼き。0宣言でエネルギーを貯めたりもしました。新弾に2マナインスタントの焼きカードってありましたっけ。65.削...【MTG】カラデシュ・アモンケットブロックスタンダード落ち追悼式150選その4

  • 【MTG】カラデシュ・アモンケットブロック スタンダード落ち追悼式150選その3

    41.死の権威、リリアナ黒のトップバッターはリリアナです。どの環境でもたまに見るレベルの採用率でした。M19のリリアナは使われることがあるのでしょうか。42.戦慄の放浪者前回ローテーション前のゾンビの残りカス。やはり種族デッキでないとお呼びがかからなかったですね。43.呪われた者の王残りカスその2。書いてあることは弱くないんですがね。やはりローテーションで主力ゾンビが抜けた穴は埋まることはありませんでした。44.光袖会の収集者黒緑や青黒に採用された2マナの良クリーチャー。「霊気との調和」の禁止後にティムールからグリクシスへ移行する際、評価が改められたカードですね。「鎖回し」のせいで再々評価されることにもなりましたが。45.才気ある霊基体これもたまに見る程度でしたが、割と長く環境に居たカードになります。特に接死を...【MTG】カラデシュ・アモンケットブロックスタンダード落ち追悼式150選その3

  • 【MTG】カラデシュ・アモンケットブロック スタンダード落ち追悼式150選その2

    青です。青は単色で落ちるプレインズウォーカーがいません。21.天才の片鱗ドローその1。インスタントで占術してエネルギー2つためて2ドローは非常に便利でしたね。新環境では少なくともこれに代わるドローが必要でしょうね。22.ヒエログリフの輝きドローその2。「片鱗」の割を食うかと思いましたが、うまく共存しましたね。サイクリング持ちは腐らないのがよかったですが、今期でスタンダードからなくなります。23.明日からの引き寄せドロー墓地その3。これはピン刺しされていたイメージです。「機械巨人」と相性が悪かったのが残念でした。24.不許可打消しその1。今環境の一番よく見た打消しです。一応、能力打消しで盤面にも干渉できるのは偉かったです。25.至高の意志打消しその2。サーチもできます。効果選択カードの中でも、どちらも有用性のある...【MTG】カラデシュ・アモンケットブロックスタンダード落ち追悼式150選その2

  • 【MTG】カラデシュ・アモンケットブロック スタンダード落ち追悼式150選その1

    日本選手権も終わり、主だった今環境のスタンダードの大会もなくなるのでこのタイミングで毎年恒例の追悼式をしようと思います。この環境はアーティファクトが非常に多いので、欲張って150種類としました。また、次のラヴニカで収録されてスタン落ちを逃れるカードもあるかと思いますが、一旦無視します。1.試練に臨むギデオン初っ端はギデオンです。スポイラーのころは「戦ゼンの悪夢は終わらない」的なコメントが飛び交いましたが、蓋を開ければ白系コントロールのサイドカードに落ち着きました。発売前の下馬評などあてにならないものです。モダンではこれからもちょくちょく見ることになるでしょう。2.領事の権限速攻を無効化する対アグロ用のサイドカードです。これでコピーキャットのコンボをせき止めてたりしましたね。その他、機体関連や赤系アグロにも使われ...【MTG】カラデシュ・アモンケットブロックスタンダード落ち追悼式150選その1

カテゴリー一覧
商用