ハンドル名
HIROさん
ブログタイトル
HIROの水彩散歩
ブログURL
https://ameblo.jp/tantan-hiro1539/
ブログ紹介文
手軽のようで奥が深い透明水彩にはまって、風景、静物など気ままに一生懸命に楽しんでいます。
自由文
-
更新頻度(1年)

67回 / 221日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2015/01/12

HIROさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 05/22 05/21 05/20 05/19 05/18 05/17 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 960,878サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 40 120 10 110 100 90 30 500/週
PVポイント 30 110 10 30 80 80 30 370/週
美術ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,360サイト
水彩画 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 561サイト
今日 05/22 05/21 05/20 05/19 05/18 05/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 17,215位 18,034位 21,333位 21,625位 23,311位 24,546位 25,061位 960,878サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 40 120 10 110 100 90 30 500/週
PVポイント 30 110 10 30 80 80 30 370/週
美術ブログ 30位 37位 56位 58位 60位 64位 67位 8,360サイト
水彩画 18位 20位 34位 32位 31位 34位 35位 561サイト
今日 05/22 05/21 05/20 05/19 05/18 05/17 全参加数
総合ランキング(PV) 13,552位 13,951位 15,294位 15,327位 15,183位 15,649位 16,532位 960,878サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 40 120 10 110 100 90 30 500/週
PVポイント 30 110 10 30 80 80 30 370/週
美術ブログ 67位 70位 80位 79位 78位 82位 88位 8,360サイト
水彩画 14位 15位 18位 18位 17位 18位 20位 561サイト

HIROさんのブログ記事

  • 三渓園 新緑に囲まれて

    今が見頃の新緑の風景、三渓園内苑の新緑が見事でした。 シーズンに備えて植え替えが終わった様子の、大池の畔の菖蒲。 もう少しすると、白や紫の菖蒲に彩られた、大池…

  • 新緑に映える三渓園 大池と鶴翔閣と伝馬船

    時代はぐんと遡り、明治年間に建てられて、 今もなお茶会や賓客の接遇、結婚式などに利用されていると 紹介される三渓園の「鶴翔閣」を背景に、伝馬船が浮かぶ大池。 …

  • 新緑映える三渓園 大池の風景

    桜の季節の訪問を逃したので、久し振りの三渓園。 新緑の風景を訪ねてみました。 桜が過ぎて、菖蒲の見ごろまでの比較的込み合わない時期、 黄緑色に染まった内苑の光…

  • 池の端の可憐な花

    散歩の途中で道草する池があります。 池の畔には黄菖蒲?が咲いていました。 少し前に、この池で正体不明の花を見つけて、その姿を描きましたが、 懲りずにそれとは別…

  • 緑の香りと陽光と 川辺から東勝寺橋

    眩しいほどの新緑に眼を奪われる季節です。 あちこち歩きたいのですが、ついつい見慣れた風景に足が向いてしまいます。 何度も描いてきましたが、また鎌倉の滑川、川辺…

  • 田の畔の春

    昨年の今頃、横浜の舞岡公園を訪ねた帰り。 紅葉の時期でもないのに、紅や黄色の葉の付いた草を見つけた。 田んぼの畦道で、陽が沈む頃でした。           …

  • 川の流れは清々しくて

    この川は全長数キロで河口に達します。 見上げるほどの深い谷を流れる小さな流れが、 ところどころで渓谷の雰囲気を見せてくれます。 今日の画は、海岸沿いの道から少…

  • 緑の香りと陽光と 鎌倉寿福寺(その2) 参道へ

     総門をくぐると、今の時期は、陽の光を浴びて、鮮やかな黄緑色に輝く葉に囲まれた 桂敷きと呼ばれる石敷きの参道の風景が拡がります~。  印象の新鮮なうちに、描い…

  • 緑の香りと陽光と 鎌倉寿福寺(その1)総門の風景

    静けさと、桂敷きと呼ばれる石畳の参道の雰囲気が好きで、 鎌倉を散策したときには、取材の用が有る無しにかかわらず足を向ける寿福寺。 普段 一般開放されているのは…

  • 鎌倉滑川 緑の香りと陽光と

    「平成」最後の日に、仕上げが間に合って、 「令和」初めの今日投稿出来た、記念の一枚となりました~。 春の風景を探して、鎌倉散歩。 滑川に架かる東勝寺橋の脇から…

  • 池の端に咲く可憐な花

     散歩の途中、近くの池に立ち寄ったとき つつじに混じって咲く、ピンク色の花にであった。 可憐さに惹かれ、周りのつつじには目もくれず、シャッターを切ったのです。…

  • 六義園の春 渡月橋の風景

    六義園 八十八景の一つ 渡月橋。 中央の大石に、両岸から互い違い?に掛けられた平らな石の橋。 その昔の和歌から名付けられたという、 画像で観たこの風景に会いた…

  • 六義園の春 その2 蓬莱島のある風景 

    六義園の見どころの一つ、不老長寿を願って造られたとされる、 石組みの島 蓬莱島が浮かぶ風景。 対岸の橋と、この蓬莱島が創る光景が気に入って撮った一枚からです。…

  • 六義園の春 その1

    時代は遥か遡り、「 元禄15年 川越藩主 柳沢吉保が設計指揮して完成した 回遊式築山泉水庭園 」 とパンフレットには紹介されています、六義園(りくぎえん)。 …

  • 桜が終わって久し振りの前田川

    桜の季節が終わり、新緑の風景にはまだ少し早いかもしれないけれど 気持ちははやりますね。 久し振りに前田川の風景を訪ねて、川沿いの遊歩道を楽しんできました。 案…

  • 称名寺阿字が池 反橋の映り込みに覗く桜 

    あっという間でした、周囲はもう葉桜になりました。 名残惜しい桜の香り、これが今シーズン締めの桜の作品になりそうです。 朱色の反橋の映り込みを背景にして水面に覗…

  • 桜が彩る大岡川 その4 弘明寺辺り

    大岡川プロムナードのスタートとなる 弘明寺駅付近の桜。 初めてこの辺りの流れの風景を描いてみた。 どこから登ってきたのだろうか、カヌーがぽつりと一艘、彩りを添…

  • 桜が彩る大岡川の風景 その3

    記事を描くのに、最近は四苦八苦。 このブログの管理ページを開いたら、 2年前の今日投稿した記事の案内があった。 懐かしさもてつだって、その記事を開いてみたら、…

  • 桜が彩る大岡川 その2

    大体 こんな感じで、両岸から川を覆うように桜が延々と続きます。 向かって右岸には、しっかりと屋台が、これまた延々と並んでいるのが ちょっと楽しいのです。 次 …

  • 桜が彩る称名寺阿字が池 その2

    前作に続いて、称名寺の阿字が池、 衣替えをした反橋の対岸にある桜の古木、 その小枝をフォーカスした構図で描いてみました。 よくある構図のまねごとですが、 背景…

  • 桜が彩る称名寺 阿字が池

    桜の名所として、この時期は観光客で賑う称名寺。 桜の本数は多くない、池の手前に数本。 この数本と浄土式庭園の阿字が池が織りなす造形が人気です。 風景画を始めた…

  • 桜が彩る大岡川の風景 その1

    待ちに待った満開の桜に彩られた大岡川。 高速道路が行き交う高架下も、満開の桜越しに観ると、なかなか風情がありました。 京浜急行 弘明寺駅下から屋台の並ぶ川辺を…

  • 大岡川で観た桜、満開はもう少し

     今度こそは満開の桜並木が拝めると、期待しての大岡川プロムナードでしたが、  残念、満開はもう少し、5分咲きといったところか。  まあ いいか、この前よりまだ…

  • 桜の彩り間近の称名寺

     関東の開花情報を聴き、早速 称名寺と、ちょっと足を延ばして 大岡川の様子を見に行ってきましたが、残念ながらまだ早すぎました。  称名寺では、沢山の方が、めげ…

  • ちょっと一休み 横浜山手西洋館エリスマン邸にて

    横浜の港の見える丘公園から元町公園、山手公園、石川町のイタリア山に掛けて 往時を偲ばせる西洋館が観光用に復元、公開されています。 元町公園に建つエリスマン邸で…

  • 水芭蕉の咲く刺巻湿原

    もう随分前のこと、東北への桜見物旅行。 秋田県の角館で、桜咲く武家屋敷の風景を堪能した後、 一路、青森に向かう途中、通りかかった刺巻湿原でした。 小雨模様の中…

  • 樹間に覗く旧東慶寺仏殿 三渓園にて

    目立ちすぎることもなく、ひっそりと建っているそんな表現が似合うように、三渓園の外苑、奥の方にある「 旧東慶寺仏殿 」。 北鎌倉駅から数分のところにある東慶寺、…

  • 急流も、ちょっと一休み 

    久し振りに前田川。 河川に降りて、木道や水の中に置かれた飛び石を渡ったりして上り下りする遊歩道。 水量の多い時は、なかなかスリリングなのです。 遊歩道の設けら…

  • 陽光にありがとう

    この時期は、風景を題材にする身には、少々物足らない、 新緑の季節が待ち遠しい自分に鞭うって、 思いっきりセピア色のモノトーンですが、 太陽の光が創ってくれた風…

  • 久し振りに花を描いてみました

    ほんとに久しぶりに花を描きました。 だいぶ前の紫陽花の時期、鎌倉を散策したときに出会った 何という花なのかさっぱりわかりませんでした、白いボンボンのような愛ら…