searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

HIROさんのプロフィール

住所
横須賀市
出身
高崎市

自由文未設定

ブログタイトル
HIROの水彩散歩
ブログURL
https://ameblo.jp/tantan-hiro1539/
ブログ紹介文
手軽のようで奥が深い透明水彩にはまって、風景、静物など気ままに一生懸命に楽しんでいます。
更新頻度(1年)

147回 / 365日(平均2.8回/週)

ブログ村参加:2015/01/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、HIROさんの読者になりませんか?

ハンドル名
HIROさん
ブログタイトル
HIROの水彩散歩
更新頻度
147回 / 365日(平均2.8回/週)
読者になる
HIROの水彩散歩

HIROさんの新着記事

1件〜30件

  • 黄金色に染まる称名寺 仁王門の大銀杏

     境内を覗くと一面まっ黄色の世界が。。。。。 仁王門から覗いた世界は、門のすぐ後ろの大銀杏が染める光景に、一瞬ビックリ。  散り始めたイチョウの葉が境内を黄色…

  • 黄金色に染まる称名寺の境内

    参道を歩んで仁王門に到着、その中央から覗く風景に驚かされた。 なんと一面、まっ黄色に染まっているではないか (そのように見えたのであります)。 今回の称名寺訪…

  • 鎌倉散歩 秋色に染まる葉祥明美術館

    暫らくご無沙汰でした。 真っ青な空、好天に誘われて、久しぶりに鎌倉に出掛けました。 勿論、秋景色の取材です、と言っても行き先はいつも決まっています。 北鎌倉で…

  • 三渓園 伝馬船と三重塔

     伝馬船はいつもの杭に舫ってあるが、 後ろの木を刈り込んで、 さっぱりした背景の伝馬船の浮かぶ大池の風景になりました。  伝馬船には鴨が沢山上がり込んで、休憩…

  • 三渓園 内苑に静かに佇む春草盧

    また三渓園の風景です。 今から100年ほど前に、京都から移築された建物。、今も茶会などに利用されているのであろうか、貸出施設になっている。 緑に囲まれて、ひっ…

  • 三浦半島の景勝 立石の向こうに沈みゆく夕日

    夕日が空を染める時刻、遠くの空が赤く染まる風景は、どこも絶景です。 かの歌川広重が愛したといわれる、三浦の秋谷海岸、 先日、晴れた日の夕刻、 西の空が赤く染ま…

  • 三渓園大池の風景

    大池を彩る風景の一つでしょう、池の端に浮いた小さな小さな島か、鉢植えか? 菖蒲の時期、5月に観たときには、黄菖蒲がそこに咲いて、浮かんでいた。 今回観た時には…

  • 三渓園 大池と三重塔

    我が家の、狭い庭を占領している?ガーデンチェアとテーブル、 少し庭らしくなるかと思って置いたのだが、あちこち浮いてきた錆で、いよいよ貧相になってきたのに気が付…

  • 秋を待つ三渓園の風景

    久し振りに三渓園を見物、取材してきました。 まだ秋色にはもう一歩でしたが、取材した画像の中から 聴秋閣の今頃の風景を描きました。  少し待って、秋色の風景にも…

  • 称名寺阿字が池 逆光に霞む反橋

    阿字が池の畔を彩る大銀杏も、秋色間近。 もう少しの辛抱ですね。 今日は、陽光を背にして霞む反橋の風情を、アップで描いてみました。 惣門をくぐって正面に反橋、登…

  • 横浜山手の西洋館 エリスマン邸の光と影を再び

    再び横浜山手の西洋館に戻ります。 背の高い、樹々に囲まれたエリスマン邸のある散策路。 適度に光をさえぎって、暑い日のスケッチには絶好のフィールドとなります。 …

  • 称名寺阿字が池の風景

    家の周りでも、すこ~し色がつき始めた葉が見られるようになりました。 待ち遠しかった紅葉のシーズンも、もうじきですね。 今日は、気が早いですが、秋を通り越して、…

  • 三渓園 大池に注ぐ渓の風景

    また三渓園の風景に挑戦です。 もう随分とご無沙汰の、大池に流れ込む渓の一つ。 昨年の今頃、取材した画像から描いてみました。 この辺りまでくると、止まっているよ…

  • 横浜山手の西洋館 エリスマン邸の光と影

    ここは山手の西洋館、エリスマン邸。 建物の周囲を大きな樹々が覆って、木漏れ日が気持ち良い。 この日も何人か、スケッチの人たちが創作に励んでいたりして。 今日は…

  • イタリア山庭園 緑のアーチと外交官の家

    この道を歩いたことは一度か二度か。 JR石川町駅から坂を登ってすぐの山手18番館の入口を入って、 18番館の庭を通り過ぎると、左手に外交官の家と並んで見えてく…

  • 横浜山手西洋館 樹間に覗くイギリス館(その2)

     前回に続いて、別の方角から眺めるイギリス館。 建物の左右についた丸窓が特徴的な、庭側からの風景を描きました。 光の加減でしょうか、屋根の色が鮮やかで、色が変…

  • 横浜山手の西洋館 樹間に覗くイギリス館の風景(その1)

    港の見える丘公園、ベイブリッジを見おろす横浜の観光地の一つ。 その一角、丁度噴水広場を挟んで隣り合わせに、111番館と、今日の絵のイギリス館がありました。 イ…

  • 横浜山手の西洋館 イタリア山庭園と外交官の家

    前回の投稿記事では、イタリア山庭園から山手通りに出たところで、 逆方向に、せっせと歩いてしまった失敗の話。 今日の絵は、山手通りを港の見える丘公園まで、取材を…

  • 横浜山手の西洋館  秋色の111番館

     行きは少し遅めに、帰りの夕方は早めに、電車で行き帰り。コロナ禍の中、ほんとうに久しぶりの山手通り西洋館めぐりでした。  いつもの通り、JR石川町下車して、坂…

  • 稲村ケ崎から観た西の空

    随分前のことで記憶も飛んでいますが、 鎌倉を散策していた時の古い画像から描いてみました。 たしか、江ノ電を追って湘南海岸にでたときに、稲村ケ崎で見た西の空。 …

  • 彼岸花の咲く阿字が池の畔

    称名寺を久しぶりに訪れ、池の畔に立って気が付いた。 観れば、木の根元近くに真っ赤な花があちこち顔を出している。 うっかりしていたが、そういえば、秋の彼岸が明け…

  • 漂着した木のある海辺の風景 

    先だって、孫から挑戦された「かけっこ」で、まさかの敗戦。 衝撃であった、ラストスパートが効かない。 自覚以上に足腰が。。。。なのを知りました。 そんなことがあ…

  • 少し早い紅葉風景 箱根峠の甘酒茶屋

    コロナ渦には関係なく、季節は廻ります。 暑い暑いと言っている間に、気が付けば、もう秋の気配のするこの頃。 自粛生活にも飽きたし、絵のネタも尽きかけて、、、、、…

  • 三渓園を行く 秋を待つ臨春閣の風情

    時は何年か前、秋を迎える準備中といった、丁度今頃の三渓園でした。 内苑のススキの穂は、うっすらと茶色に染まるが、葉はまだ緑色。 臨春閣の背後の丘も、まだ夏の名…

  • 三渓園を行く 秋色の聴秋閣を望む

    今から、約400年前の遠い遠い昔。 家光の上洛に際して、二条城の中に建てられ、 後に徳川家光の乳母であった春日局に与えられ、 そして約100年前に三渓園に移築…

  • 三渓園を行く 秋色の中に佇む亭榭の風景

    前作で描いた臨春閣の風景の中に、引き立て役で登場した「 亭榭 」、 今度は主役になってもらった、紅葉の中に佇む「 亭榭 」のある風情です。 コロナ渦のなか、相…

  • 三渓園を行く 臨春閣の秋

    三渓園の内苑の景観の中心 「 臨春閣 」 、 紀州徳川家の別荘、「巌出御殿」と考えられている建物の一棟を描いてみました。 昨年の11月末頃に取材した風景で、手…

  • 箱根強羅公園で出会った風景

    毎年、紅葉の時期になると、箱根美術館、や湿性花園の風景を楽しみ、 紫陽花の時期には、登山電車の雄姿を追いかけたりして。 箱根の御山さんには、お陰様で、絵の題材…

  • 秋谷海岸の夕焼けを期待して

    自宅の上空が、いつになく輝いているのに気が付いた。何日か前のことである。 台風10号がちかずいているせいか、と思いながら、ひょっとすると、今日は夕焼けになるか…

カテゴリー一覧
商用