プロフィールPROFILE

シンミさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
和み探して水彩画
ブログURL
http://75334.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
水彩画の魅力に誘われ描き始め、その後ピアノの音色に魅了され、 これらを趣味として楽しんでいます。
更新頻度(1年)

21回 / 327日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2015/01/05

シンミさんのプロフィール
読者になる

シンミさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 全参加数
総合ランキング(IN) 13,320位 13,080位 13,134位 12,571位 12,583位 12,569位 13,100位 977,988サイト
INポイント 0 20 20 30 30 20 10 130/週
OUTポイント 10 50 60 30 20 20 20 210/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美術ブログ 90位 85位 88位 84位 84位 84位 88位 8,230サイト
水彩画 25位 24位 24位 23位 21位 23位 23位 551サイト
今日 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 24,798位 26,078位 28,168位 30,678位 31,637位 30,714位 29,733位 977,988サイト
INポイント 0 20 20 30 30 20 10 130/週
OUTポイント 10 50 60 30 20 20 20 210/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美術ブログ 90位 99位 117位 136位 145位 132位 128位 8,230サイト
水彩画 40位 47位 50位 53位 57位 55位 55位 551サイト
今日 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,988サイト
INポイント 0 20 20 30 30 20 10 130/週
OUTポイント 10 50 60 30 20 20 20 210/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美術ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,230サイト
水彩画 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 551サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、シンミさんの読者になりませんか?

ハンドル名
シンミさん
ブログタイトル
和み探して水彩画
更新頻度
21回 / 327日(平均0.4回/週)
読者になる
和み探して水彩画

シンミさんの新着記事

1件〜30件

  • メキシコ民族衣装の女性  (1907)

                絵画教室で、メキシコ民族衣装を着たモデルさんを描きました。        民族衣装姿の人物を描く機会は少ないので、 美しく着飾ったモデルさんを、                    楽しく描かせて頂きました。                                   メキシコ民族衣装の女性  (1907) F10                * ご訪問下さいまして、...

  • 女性  (1909) 

       台風19号で被災された皆様へ、 心よりお見舞い申し上げます。         一日も早い復旧をお祈り致します。           収納箱を整理していると、百均(100円ショップ)で購入した          “12色の水彩色鉛筆”が新品のままの状態で出てきた。           試しに、一つ小さな絵を描いてみました。                                    水彩色...

  • “帰れソレントへ“  (ピアノ独奏)

             初心者が独学で始めた “大人の初めてのピアノ・レッスン” (投稿 NO.49)                                          * 本日の練習曲: “帰れソレントへ” ( クルティス 作曲 )                        (ナポリ語: Torna a Surriento)     この曲は、イタリアの都市、ソレントの美しい自然と一人の男性の恋心を描くナポリ...

  • 鳴門海峡の渦潮  (1806)

                   門崎(兵庫県淡路島)と鳴門(徳島県)を結ぶ吊り橋        [大鳴門橋(おおなるときょう)]は1985年(昭和60年)6月8日に開通しましたが、                  この絵には吊り橋は描いておりません。     橋が架かっていなかった以前は、 フェリーボートに乗って鳴門海峡を渡りました。   その時の風景を思い出しながらこの絵を描きました。  私にとって懐か...

  • “セレナーデ“  (シューベルト) (ピアノ独奏)

           初心者が独学で始めた “大人の初めてのピアノ・レッスン” (投稿NO.48)                                             * 本日の練習曲:“セレナーデ”  (シューベルト)                         [ Ständchen ]      作曲:オーストリアのフランツ・シューベルト(Franz Schubert/1797年-1828年)。        セレナ...

  • 築島水門&漁船  (1905) 

           神戸市営地下鉄海岸線の中央市場前駅を出た所に新川運河、           築島水門、キャナルプロムナードがあります。この界隈は、奈良時代に開かれた良港大輪田泊(おおわだのとまり)を平清盛の主導により人口島経が島(きょうがしま)が建設された事で更に良港となり『兵庫津』を経て     現在の神戸港の始まりの地としても歴史ある場所です。   この地を開削. 水面積が日本最大級の兵庫運河が流...

  • 雨の日の街  (1806)

                   野外スケッチをするには、良いお天気の日を選ぶので、               途中で雨が降らない限り、絵は晴天の風景となります。                だが、敢えて雨天の風景を描いてみました。                                   雨の日の街  (1806)  [F6]                                 ...

  • ピエロ  (1807)

                   モデルさんがピエロの姿をして現れました。       少しも揺らぎもなくポーズを取って下さったので、 描きやすかったのですが、           ピエロ独特の楽しい雰囲気を捉えようと描いてみましたが、                さて如何でしょうか?                            ピエロ  (1807)   F10                *...

  • 水車精米小屋  (1904)

           江戸中期(1659年)徳川四代将軍家綱の時代に、神戸・御影の地で   酒造りを始められ、350余年の歴史をもつ菊正宗酒造記念館にやってきました。     観光客の方達に邪魔にならない様に通路から外れた隅で当館内の      水車精米小屋をスケッチしていると背後から声をかけられた、      「 この絵は如何されるのですか?  誰かにあげるのですか? 」、              この様...

  • スプリングコンサート (1904)

             生演奏が聴きたくて、音楽鑑賞に出かけて来ました。     入場した時には、およそ80パーセント観客で席が埋まっていました。    開演まで暫らく時間がありましたので、舞台の中央に据えてあった     グランドピアノを鉛筆2Bと水性ペンでプチ・スケッチをしました。          始まると場内の照明が消され、薄暗く成りましたが、     ドレス姿のピアノニストさんをスケッチ帳に素早...

  • 須磨浦ロープウェイ  (1903) 

       神戸、須磨浦公園の西側にあるロープウェイは私鉄の駅に併設されています。        この場所に来ると、サイクリング中の青年が休憩していたので、       声をかけると、 “横浜から来た、徳島(四国)へ行きます”との事、      自転車に積んでいる沢山の荷物は“テント、 寝袋、 着替え衣類、等”       と教えてくれた。  以前に四国一周したというタフな青年だ。   今日の宿泊地は明石と...

  • “いつも何度でも“  (ピアノ独奏)

             初心者が独学で始めた “大人の初めてのピアノ・レッスン” (投稿NO.47)                                          * 本日の練習曲:“いつも何度でも”   (作曲 木村 弓)  (作詞  覚和歌子)                          2001年公開のジブリ映画「千と千尋の神隠し」の主題歌です。         この度は、コードを...

  • フェルメール展 (VERMEER)  (2019.03)

                       フェルメール展 (VERMEER)  (2019.03)  ヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer), (1632年10月31日? - 1675年12月15日?)デルフトで死去。   12月15日に埋葬されたとの記録があるが、正確な死亡日は分かっていない。42歳、または43歳没。                 オランダのバロック期を代表する画家。      現存する作品点数は、研究者によって異...

  • 旧ハンター邸宅 (1903) 

             旧ハンター邸宅(きゅうハンターていたく)は明治時代の最も優れた洋風建築の一つ           1889年頃神戸市中央区北野町にて建立。  現存する異人館の中では最大級。            1963年に北野町から王子動物園に移築され、国の重要文化財となりました。      1907年頃にイギリス人実業家エドワード・ハズレット・ハンター氏が購入、移築、改造した。             ...

  • 春の兆し  (1902)

            絵画教室の仲間のお一人が、桜の花が咲き始めた小枝を持って来られました。            当日は、後に別の用事も有り早退しなければなりませんでしたので、              小さい画用紙F4サイズにシンプルに描いてみました。                                       春の兆し (1902)   F4                       ...

  • “イマジン”  (ピアノ独奏) 

              初心者が独学で始めた “大人の初めてのピアノ・レッスン” (投稿NO.46)                                            * 本日の練習曲: “イマジン”   (作詞・作曲 ジョン・ウィンストン・レノン)                        ( IMAGINE )   ジョン・ウィンストン・レノン (John Winston Lennon、1940年10月9日 - 1980年12...

  • お出かけ着の女性  (1811)

           = モデルさんを前に、鉛筆デッサンをしました。 =                    ( 所要時間: 20分ポーズ x 4回 )                                   お出かけ着の女性 (1811)   F8                 * ご訪問下さいまして、有り難う御座いました。 *  にほんブログ村...

  • 陶器&石榴の木  (1409)

                 日々寒いですね、 鍋と熱燗は如何ですか? と云うところで、                数年前に描いたこの絵をUPします。                         陶器&石榴(ザクロ)の木 (1409)   (F8)                * ご訪問下さいまして、有り難う御座いました *  にほんブログ村...

  • フランス人形

                           人形の顔をのぞいて、             「こんにちは」と声を掛けると返事をしてくれる様な気がする。         勿論、返事はしてくれませんが、丹念に製作された人形であればあるほど、                      心が宿るように思います。             絵画でも同じことが言えると思うと、「はっと」させられる。       ...

  • ウリ坊の散歩

                    明けましておめでとうございます                                  皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。        * ブログ6年目に突入いたしました、 本年もどうぞ宜しくお願い致します。 *                   2019年 元旦     いのしし(亥)年                            ...

  • “ジングルベル”  (ピアノ独奏) 

          初心者が独学で始めた “大人の初めてのピアノ・レッスン” (投稿NO.45)                                         * 本日の練習曲:“ジングルベル” (作曲 ジェームズ・ピアポント)                    (Jingle Bells)      1857年に牧師のジェームズ・ロード・ピアポントが作詞作曲した歌で、        ボストンにある自分の教会...

カテゴリー一覧
商用