chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
群馬高崎|ブログで学ぶ整体師養成講座 https://takasakiseitai-ac.com/

整体学校では教えてもらえない整体の「あれこれ」を講座感覚でで読めるブログです。

さすらいの整体講師いの
フォロー
住所
高崎市
出身
福島県
ブログ村参加

2014/12/24

1件〜100件

  • どうして接客術が自慢の整体学校の電話対応が不愉快なんですか?

    実践的で効果的な、お客さんから一瞬で信頼される接客技術を売りにする整体スクールは多いですが、実際その内容はどのようなもので、どのような意図で行っているのか?関係者しか知らない整体学校の接客術理論・講義のレベルや必要性について詳しく説明しています。

  • 整体学校は東洋医学(座学)のある学校以外はカスなんですか?

    東洋医学を知識を学べる座学学科講座のある整体学校以外は、レベルの低い学校なのでしょうか?整体学校を選ぶときに、整体を学ぶときに、東洋医学は本当に必要かどうか、またはどれぐらい必要なのかを、サロンの現場の視点からリアルにわかりやすく解説。

  • なぜ関係ない柔整師が整体学校で病理学,座学を教えてるんですか?

    整体師は病理学(病気の知識)を学べるスクールがいいのか悪いのか?その結論を、整体学校の資格ビジネス、講師はどんな人がいるのか?そもそ整体学校に座学、学科講座は必要なのかから整体師の「病理学」を、初心者にもわかり易く経験者視点で解説してます。

  • なぜ整体学校は医療でもないのに解剖生理座学(学科)推しなんですか?

    整体師は身体の知識、解剖生理学を勉強したほうがいいのか悪いのか?それとも別に勉強しなければならない座学(学科)があるのか。そもそも整体スクールは解剖生理などの座学学科があるほうがよいのか?という内容について、実際の現場の立場から検証していきます。

  • どうして整体師は陰謀論やカルト宗教にはまってしまうんですか?

    整体師は医療や科学に対する反発から「陰謀論」や「カルト宗教」にはまってしまう人が多い。ここでは、なぜ整体師が陰謀論やカルト宗教に影響されやすいか?ということについて、整体学校では教えない整体関係者の内部事情についてくわしく解説しています。

  • なぜ整体資格を一つ取ると同時に複数の資格もついてくるんですか?

    整体の資格を調べると色々種類がありすぎて何がよいのか、分からなくなってしまいます。一つ整体の資格をとると今なら同時に何種類もの整体資格がついてくる!とか言われると、整体資格は複数もってたほうがいいしなあと思うかもしれません。では実際はどうなのでしょう?

  • どうして定評ある有名整体資格のはずなのに就職できないんですか?

    有名整体学校を卒業して、業界では有名な就職に定評ある資格のはずなのに整体サロンに就職できない。という人がいます。さてこの文章、どこが正解でどこが間違っているのでしょうか?ここでは、有名整体スクールの就職に定評ある整体資格についてリアルに解説しています。

  • なぜ整体資格は社会人キャリア,履歴書にプラスと嘘言うんですか?

    整体資格は特殊な資格なので、整体学校や関係者が言うようなビジネスキャリアになる資格ではありません。なので履歴書に書いてもプラスになることはなく、転職につぶしがきくような資格でもありません。ここでは整体資格とキャリアについて説明しています。

  • なぜ整体学校は医療関係者に今人気の整体資格!と嘘つくんですか?

    整体院やでよく見られる医療関係者も通うサロン!という広告。整体スクールでよく見られる「医療関係者も習いに来る整体資格!」というのは、どこまでが本当でどこまでが誇大広告なのか?を、当事者達はどのように考えているのか?という視点で解説してます。

  • なぜ整体学校は病院で活躍できるほぼ医療資格!とウソ言うんですか?

    整体の資格は病院で働くことができる、クリニックを開業することができる医療資格と、本気で教わってくる新人(整体学校卒業生)は本当に多いです。ここでは整体は医療資格なのかどうか?病院勤務で活躍する整体師は実在するのか?という問題を、初心者にもわかりやすく解説しています。

  • なぜ整体学校は公的資格!と素人が勘違いする誇大広告してるんですか?

    整体は民間資格であり国家資格ではありません。公的資格をうたう整体等の検定試験もありますが、整体は法的には民間資格であり、様々な業種の公的資格制度も2005年に廃止され、使用できない表現になっています。ただの趣味の民間資格を、公共性の高い資格とアピールする業界広告手法についてです。

  • なぜ整体師はFC加盟店の儲け話をすぐ持ちかけてくるんですか?

    整体師も一つの店が成功すると、FC(フランチャイズ)加盟店事業や多店舗展開をして、収益を増やそうとする人がいます。また自分で独立開業するよりも、フランチャイズになって自分のお店を持ちたい、という人もいます。ここでは、そんな整体師の加盟店としての独立開業について、説明しています。

  • なぜ整体師は歩合給のうえベッドタオル設備費が天引き何ですか?

    なぜ整体,セラピストな完全歩合制のうえに、ベッド,タオル他設備使用料まで会社に天引きされなければならないかというと、直接雇用(社員バイトパート)ではなく業務委託で契約しているからです。ベットタオル、設備施設使用まで負担してまでやる仕事なのか?どうすれば損しないのかを解説してます。

  • なぜ整体師は違法で無賃金な長時間拘束労働をしてるんですか?!

    整体師が施術以外は無賃金でお店に15時間以上長時間拘束されても、あまり問題にならないのは、整体師が従業員や雇用契約ではなく、業務委託契約だからです。偽装請負と問題視されていますが、違法ではありません。ここではそんな整体師の長時間拘束、施術以外無賃金労働について詳しく解説しています。

  • なぜ整体師は有給が使えないうえに休むと天引きされるんですか?

    なぜ整体師やセラピストに有給がないのかというと、雇用形態が業務委託と言う請負業者の形態が多いからです。一般の就業形態とは違う特殊なものなので、有給のあるなしは会社の裁量によってかわります。ここではそんな整体師の働き方についてくわしく説明しているので、参考にしてみてください。

  • なぜ整体,セラピストは研修,試用期間が無給,無賃金なんですか?

    なぜ整体師やセラピストがお店で働く際に、研修期間中・試用期間中ほぼ無賃金なのかというと、今までの業界の通例で、修行させてもらっている、させてあげているという考えが現場に根強く残っているからです。ここではそんな整体師の研修、試用期間の上手な利用方法について詳しく解説しています。

  • 整体師は退職時に店に50万円損害賠償を払わないといけないの?

    整体師やセラピストが会社を短期間で、または急に辞めるときに店から「損害賠償請求」や研修費用の提出を求められたという話はよく聞きますが、それは払わなければならない正当なものなのでしょうか?退職時の損害賠償請求という話から、整体師という仕事について詳しく解説しています。

  • 整体師は退職後2年間は同業他社に転職してはいけないんですか?

    整体師やリラクゼーションセラピストの就業規則・誓約書でよく「退職後2年間は同業他社に転職してはいけない」競業避止義務というものがありますが、必ずしも絶対守らなくてはいけないものではないようです。整体師の同業他社転職の誓約書について説明していますので参考にしてみてください。

  • どうして整体師は「自然食品」を執拗に売りつけてくるんですか?

    整体院に行って、自然食品の購入をしつこく勧められた!という、よく聞く業界(同業)のお話から、どうして整体師は物販に一生懸命なのか?どうして偏った自然食品志向に走ってしまうのか?から、リアル整体業というものを、初心者にもわかりやすく解説していますので、参考にしてみてください。

  • 1回で治せない,1回で効果でない整体院はヤブなんですか?

    整体業界の中には、1回で治すという「時短高単価スタイル」で売る方法がありますが、それが全てではないので、興味が無ければ無理に目指す必要もありませんし、無理に1回で治すことに縛られていては、それこそ本末店頭になります。ここではそんな整体の売り込み方について詳しく解説しています。

  • なんで整体師は「肩甲骨はがし」と書けば売れると思うんですか?

    肩甲骨のストレッチでは消費者の心に響かず、「肩甲骨はがし」というネーミングによってに売れたというのは、整体ビジネス、治療院マーケティング、サロン集客の本質を現しています。この記事ではそんな、消費者に響く整体について詳しく説明していますので、参考にしてみてください。

  • どうして整体師は欲ばって心も調整します!と言い始めるんですか?

    どうして整体と心理カウンセリングを組み合わせた「体だけじゃなく心も調整します」という整体が近年増えているかというと、整体の資格も、心理系の資格も取得しやすい民間資格が多いという現状があります。この記事では体も心も整える整体師のなりかたについて、詳しく解説しています。

  • 整体集客技|なかなか治らないのは本当の根本原因じゃない広告

    整体師が「なかなか治らないのは、本当の根本原因は別の場所にあるから」と広告やHP書くのは、痛い場所と原因の場所が同じだと、病院や接骨やライバル院などと差別化ができなくなるからです。しかし皆、本当の根本原因治療しますと書くので今は、意味の無い形式的な文言になっています。

  • どうして整体師は「予約の取れない整体師」を詐称するんですか?

    周囲のライバル院と差をつけたくて、「予約の取れないサロン」と宣伝する、整体関係者は他業種に比べ、非常に多いです。ただ実際、本当に予約がとれないかは、聞いてみないとわからないので、一本連絡をいれる必要があります。詳しく記事で説明していますので参考にしてみてください。

  • どうして整体業者の住所検索するとレンタルオフィスなんですか?

    整体関係業者の住所を検索するとレンタルオフィスになっていて、まだ起業の段階で企業のていをなしてない場合があります。また、自宅を公開したくない出張整体師などは、レンタルオフィスを利用する場合も。ここでは整体に営業をかけてくる業者から、業界についてわかりやすく説明しています。

  • 整体学校卒業者は「資格商法ビジネス」の被害者なんですか?

    整体学校卒業者の中には、資格商法ビジネスにひっかかったと思っている人が多くみられます。どうして整体学校と卒業生の間に、溝ができてしまうのか?整体学校を受講する生徒は、本当に資格商法の被害者なのか?というテーマを、わかりやすく説明していますので参考にしてみてください。

  • どうして整体師はすぐ「~市で唯一の~専門整体」を名のるの?

    よくチラシやHPに書いてある市で唯一の~症専門整体になるのに特に、資格、手続きは必要なく、極端な話、名のるだけでなることができます。そいう状況なので、より専門性に特化した市で唯一の~症専門整体師を名のる人が増えてきています。わかりやすく解説してますので参考にしてみて下さい。

  • どうして三流整体院の口コミレビューが三百もあるんですか?|口コミ商法

    開業したばかりの整体師の口コミが1カ月もたたないうちに、口コミレビュー高評価が三百もあるのはどうしてなのか?逆に地道にやっているのに何で口コミレビューが集まらない整体師が多いのか。そんな治療院経営や集客マーケティングについて詳しく説明していますので、参考にしてみてください。

  • どうして整体師はすぐモニター商法をするんですか?

    整体師が行うモニター募集!の広告を、整体モニター商法といいます。ただしその目的は、純粋な、具体的施術(サービス)についての感想をもらうものではなく、口コミを収集するためだったり、見込み客を集める、新規集客などの別の意図があるものだったりします。くわしく記事で説明しています。

  • どうして医師も推薦する整体師が限定特典1980円なんですか?

    医師も推薦する整体師の実力が特に優れているということはないし、医師の推薦はその腕を保証するものでもありません。ホームページ会社や、広告会社がセッティングしてくれる場合や、協会から紹介される場合など、さまざまな推薦のもらいかたのパターンと、メリットや現実を解説していきます。

  • 整体?接骨?怪しいチラシがポストに入ってました,これは何?

    交通事故とか保険治療とかが書いてある、怪しい整体院のチラシは、接骨院が広告制限があるため、苦肉の策として屋号を整体院にして出しているケースになります。この記事では、なぜケガの専門国家資格である接骨(柔整師)が、整体院を名のって怪しい広告を出すのか?その理由を書いていきます。

  • 整体師vs足ツボ師|外反母趾専門整体の資格は儲かりますか?

    整体師の資格と足ツボ師(リフレ、フット)の資格、どちらを撮ったほうが将来有望かというと、整体の資格を最初にとって、それからオプションとして足ツボ師の資格や技術を取得するのが望ましいです。ここではそんな整体師と足ツボ師の様々な面を比較解説していますので、参考にしてみてください。

  • 潰れろ!整体院を廃業に追い込む同業のあの手この手の嫌がらせ

    整体院も地域で競争が激しくなると、潰れたり、潰されたり、嫌がらせをうけたり、なりふり構わず生き残りをかけた戦いをしかけられる場合があります。この記事では、近隣同業はどんな嫌がらせをしかけてくるのか?潰されないためにすることを解説していますので、参考にしてみてください。

  • 整体vs整形外科|病院の嫌がることを徹底的にすれば整体の勝ち

    民間資格の整体師が、医師である整形外科にマウントで勝つ、勝るところをアピールするには、整形外科にできなくて、整体師にできることを徹底的に突いていけば、位(くらい)負けすることはありません。ここではそんな、病院に気後れしないマインドを書いていますので参考にしてみてください。

  • 整体師vsパーソナルトレーナー|生き残りをかけた熾烈な商戦

    整体師とパーソナルトレーナーを比べたらどちらが勝つのかと言うと、パーソナルトレーナーが元理学療法士の先生だったばあいは、泥臭いことができないので、泥臭い療術業を生き抜いてきた整体先生に一日の長があります。しかし整体師や柔整師がパーソナルトレーナーを始めた場合は、ぐだぐだです。

  • 整体vsカイロ|普通の整体師がカイロ矯正に勝つにはここを突け

    東洋医学の要素が強い「整体」と、西洋医学のジャンルになっているカイロプラクティック。ここでは普通の整体師が、カイロプラクティックと対峙してしまったときに、どういう風に地域ビジネスを戦っていけばいいのか?相手の弱点はどこか、どこを突いて攻めればいいのかを解説しています。

  • 整体vs鍼灸|どうして鍼灸師が整体なんてやってるんですか?

    整体が社会に定着していくにつれて、最近は鍼灸院もこの流れをうけ、整体やリラクゼーションをスクールで習い、民間資格を取得し、サービスにとりいれ、「鍼灸整体院」を名乗る鍼灸師もちらほら見かけるようになりました。ここではそんな鍼灸も参入していく現状と未来について詳しく解説しています。

  • 整体師vsマッサージ師|無知な劣等民間資格の整体に将来なし?!

    整体師とマッサージ師を比べたらどちらが優れているか?というと、コスパ的には自由市場の整体師が上ですが、医学的知識だとマッサージ師のほうが上になります。総合的なものを比べると、過酷な状況、無法地帯な市場を保険もなく生き抜いている整体師のほうがタフと言えばタフです。記事で詳しく紹介しています。

  • 整体VS接骨|地域ビジネス最強ライバルとの商戦を制すには?

    整体や接骨院,鍼灸院などのサロンビジネスは、地域ビジネスでもあるので、限られたパイの奪い合いになります。整体のライバル業種である接骨整骨院との実力差や、競合ひしめく地域でのサバイバル(生き残り戦術)、どちらが最強なのか?を記事にしていますので、参考にしてみてください。

  • 介護系整体師が抱えている「思っていたのと違う」症候群|整体ジャンル

    整体の中には介護系整体というジャンルがありますが、数ある整体の中でも独特なものになります。何より、整体師というよりは介護スタッフといったほうがよい業態が多いです。介護系整体の資格をとって独立開業するよりは、介護施設に就職するために使う資格になります。記事内で詳しく説明しています。

  • なぜトレーナ資格もない整体師がスポーツ整体してるんですか?|整体ジャンル

    スポーツ整体とは、運動をする人のための整体ですが、普通の整体との線引きがあいまいなのが現状です。自分なりの定義でスポーツ整体を名のってる人もたくさんいます。ここではそんな整体ジャンルのひとつである、スポーツ系整体の特徴や、違い、資格、学校などについて詳しく説明しています。

  • なぜ整体業界はスピリチュアル系を色物キワモノ扱いするの?|整体ジャンル

    一般的な治療系やリラクゼーション系の整体に比べると、色物キワモノ扱いされるスピリチュアル系整体ですが、市場は想像したより多く、景気にも左右されないコアなファンが多いものです。この記事ではスピリチュアル系整体についての学びや導入や、評判など現実的なお話をしています。

  • どうして美容系整体師は,エステを格下と見下してるんですか?

    美容系整体師とは、小顔やバストアップなどの美容目的の施術をする整体師のことを指し、代表的な人気のある整体ジャンルのひとつになります。この記事では、美容系整体師のなり方、勉強方法、資格、将来性について、エステとの違いなどを、わかりやすく解説しています。

  • 治療系整体師とは業界のエリート?治療系整体師になる方法

    治療系整体師とは、癒しや健康目的の整体と違い、痛みやケガの治療を目的とした施術をする整体師のことを言います。特徴として整骨院っぽい雰囲気で、独立開業者が多く、他の整体師と違い、様々なセミナーに積極的に参加している、ということがあげられます。そんな治療系について記事にしています。

  • リラクゼーション(癒し系)系整体とは業界の底辺なのか?

    リラクゼーション系整体というのは、手もみほぐし整体をしている癒しマッサージ風の施術をする人のことを指し、業界の大部分の人がこのカテゴリに入ります。リラクゼーション系は大多数なので、技術や知識のレベルが低く見られがちですが、実は間逆なのが業界の常識なのです…。

  • 整体サロンの研修制度とは?口約束はダメ!体験者が語る真実

    整体サロンの研修制度は、本当に店によって内容、器官、規模、様々で一様には言えないものです。ここでは一番やってしまいな口約束の例と、研修制度中に起こるかもしれない「話が違う!聞いてない!」的なトラブルについて、実際にあったことを例にして、体験者視点で初心者にもわかりやすく説明しています。

  • なぜ整体院は取りこぼしが多いと売り上げがガクンと落ちるの?

    取りこぼし客が多いとサロンの売り上げに大きく影響します。もしもかなりの数を取りこぼしてる場合は、早急に何らかの手をうたないといけません。例えば、割引券を渡すなどのサービスをして他店に流れないようにする必要があります。この記事では時間帯やスタッフ数などから詳しく解説します。

  • サロンを辞める時,整体師が担当顧客を引き抜くのはありなの?

    整体師がサロンを辞めるときに、自分の担当の顧客を引き抜くのは、会社に大きな損害を与えない程度の勧誘ならば問題ないのが実情です。顧客の引き抜き防止のために会社は、入社時や退職時に誓約書を書かせようとしますが、サインする義務はありません。そんな顧客の引き抜きについて記事にしています。

  • マッサージ整体師|どうしてマッサージ師が整体院をしてるんですか?

    国家資格であるマッサージ師が民間資格である整体院を開いたり整体師になる場合があります。このような人をマッサージ整体師と呼びます。整体師の方が収入が上がる(売れる)可能性があるため、医療従事者であるマッサージ師のセカンドキャリアとして整体が選ばれる事象が現場で増えてます。

  • 女性整体師は有利?サロンで女性整体師が優遇される理由と働き方

    女性整体師は男性整体師に比べて得することが多いです。お客さんも女性を指名する人が多く、その理由で、お店も女性整体師を優先的に採用する傾向があります。「女性スタッフがいます」とかわざわざ宣伝するぐらいです。ここでは女性と整体の仕事について、わかりやすく解説しています。

  • どうしてオーナー整体師はすぐ店舗展開したがるんですか?

    整体師には独立開業が成功すると、コピペ店舗を事業展開する人もいます。オーナー整体師として本格的に経営者デビューです。この記事では、どうしてオーナ整体師は安易に店舗展開したがるのか?というテーマで、整体師の理想的な将来設計、確実なキャリアプランについて説明していきます。

  • 整体師が一人前になるには?一人前の収入,技術,実績方法を紹介

    整体師が一人前になるには、三ヶ月も現場でお客さんを相手に施術していれば、普通に何も考えなくても一人前の整体師になることができます。この記事ではどうすれば一人前の整体で食べていけるレベルになれるのかを収入、技術、実績の面から詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

  • どうして整体師は湿布を「その場しのぎ」と決めつけるんですか?

    一般に整体師やセラピストは自然なものを好みますので、薬品成分の入った湿布を嫌います。なので湿布に対してはあまり効果を期待しない、評価しない施術者が多いです。もしも湿布をしてもらいたかったら、整体院ではなく接骨院に行きましょう。その内部事情を記事にしていますので参考にしてみてください。

  • 整体は代替医療?どうして代替医療は怪しいと思われているの?

    健康、自然志向ブームのなかで、医療を補完、サポートするものとして代替医療が注目されています。整体は代替医療になり得るものなのか?また代替医療に対する「怪しい」「うさん臭い」という見方に対して、整体師としてはどういうポジションがいいのか、わかりやすく記事にしていますので参考にしてみて下さい。

  • 整体師の歩合制とは?固定給と歩合どっちが稼げますか?

    整体求人にある「歩合制」とは、一人施術したらいくらもらえるというギャラ制度のことを言います。とうぜん仕事がなければ報酬は発生しません。歩合と固定給どっちがいいのかというと安定する固定給です。歩合はたまに多く稼げる月とかありますがギャンブルです。保証もありません。詳しく記事で紹介しています。

  • 整体学校の費用相場と20万,60万,100万クラス別評価

    整体学校の学費、費用相場は、そのスクールが何タイプのスクールなのか?で分かれます。ここでは整体スクールを10万以下、20万、60万、100万以上の学費タイプにわけて、そのランクの特徴やメリット、目的に合った、損や失敗のない整体学校選びについて紹介しています。

  • なぜ整体師は店長になりたがらないのか?店長整体師の年収から働き方

    整体師には店長整体師という働き方があります。確かに店長整体師になれば、年収が上がったり、仕事にも責任と面白みがでてきたりしますが、それに比べても見返りが少ないというのが現状です。その上、責任までおわせられてしまうので嫌がる人が多い。そんな整体師の必要なキャリアについて詳しく説明しています。

  • なぜ整体スクール併設付属店に勤務する整体師は離職するのか?

    なぜ整体スクール併設付属店で働く元卒業生整体師は、辞めやすいのかというと、何も知らないままエレベーター式に生徒から店舗スタッフになったため、外の世界(業界)を知らず、それではいけないと色々やっているうちに情報が入ってきて気づき、整体スクール併設付属店サロンを辞める、卒業する場合が多いからです。

  • 週末整体師|本業にしないスポットシフトという賢い人たち

    整体は実際のところは週末整体師として副業や、掛け持ち、Wワークから初めて、徐々に本業にシフトしていくのが確実な方法です。週末整体師になって、店にスポット勤務して、土日かにシフトを入れて、お金をもらって経験を積むのが経済的にも、時間や労力の面でも余計なコストをかけなくて済みます。

  • コンサルタント整体師|怪しいサロン集客経営のスペシャリスト

    コンサルタント整体師とは、経験と実績を積んだ整体師が、新たなビジネス事業としてはじめるお仕事になります。同業整体師の経営・集客をアドバイス、サポートするマーケティング方面のお仕事になりますが、免許や資格がないものなので、質の低い怪しい自称コンサルタントもいるのが現状です。

  • 講習会勉強会「セミナー整体師」とはどんな仕事なんですか?

    ●整体職業図鑑|整体師の経験を積んで整体店オーナーになる人もいます,こんにちわ,群馬の整体学校「高崎整体アカデミー」講師,井上です。INDEX1.セミナー整体師とは?お仕事とは2.全国セミナー開催!までの道のりは?3.セミナージプシーになら

  • 整体民間資格から接骨国家資格へキャリアアップしたほうがいいんですか?

    整体の民間資格から、接骨(柔道整復師)の資格へキャリアアップするのは、開業目的なら 時間とコストが割に合わず、それとは違い、就職・転職目的なら整体師よりも医療や福祉などに入れるので有利になります。開業目的のキャリアアップなら、そのお金と時間は集客など別なことに使ったほうが効果的です。

  • どうして理学療法士がリラクゼーション整体で働いてるんですか?

    なぜ理学療法士が、民間資格の市場であるリラクゼーション手もみ整体サロンで働いている か?それは理学療法という技術がリハビリに特化したものであること、マッサージや整体を習ったことが無いから、店に入って覚えたい。将来、整体治療院サロンを独立開業する(理学療法士には開業権がない)ために、という理由があるから整体で開業する。

  • どうして整体師は物販で,しつこく売りつけてくるんですか?

    整体師の中には施術ではなく、整体関連商材を販売のほうをメインにしている物販整体師というジャンルがあります。その場合、職業としては整体師ではなく販売業や、個人事業主になります。整体の商材は高額なものが多く、消費者との物販トラブルも多く報告されています。ここではその理由をくわしく書いていますので参考にしてみてください。

  • 業務委託から社員整体師になる!新人研修トレーナーとは?

    研修トレーナー正社員整体師というのは、業務委託や個人事業主がおおいこの業界で貴重な正社員の雇用形態です。その仕事は現場(お店)の新人に整体手技を教えることで、全国を飛び回ります。本部付きの人間にあたります。整体師の数少ない正社員である研修トレーナー整体師について本文で詳しく説明していますので、参考にしてみてください。

  • どうして整体師はエステ店の美容整体を格下と思ってるんですか?

    エステ店で整体施術を行う、エステシャン整体師という職種もあります。痛みに特化した治療系の先生に一つ下に見られがちな、エステ整体師ですが、その待遇と将来性やニーズは、手技療法の中でもトップクラスといえます。ただ物販が激しいと思われている職場ですがイメージは改善され、一昔前と違い比較的おだやかな店舗が増えてきています。

  • 整体院のスタッフ整体師は癒しセラピストより偉いんですか?

    整体院のスタッフ整体師というのは、リラクゼーションではなく、痛みのケアを主な目的としたお店の従業員になります。痛みだけではなく、美容整体なども取り入れているサロンもあり、リラクゼーションと違い、整体院スタッフ整体師は、直接雇用、時給や月給製の場合多いのですが、福利厚生などの部分を見ると、まだまだといった感があります。

  • なぜ整体学校は病院勤務先も多い何て酷い事言うんですか?

    もしかしたら整体学校を卒業して病院で整体師として大活躍しているAさんは、存在しない、人物の可能性もいなめない。何か大きな力が動いている。ていうか整体師に整体をやらせてる病院なんて関係者はゼッタイに行かない。整体師の中には病院で働いている人もいるなんて書く奴は素人か、悪意あるかどちらか。医療を叩いて背のりして忙しい職業。

  • なぜ温泉リゾート整体師は一年中ハロワで募集してるのか?

    温泉リゾート整体師というジャンルがありますが、観光地の旅館ホテルないでの施術を主に行うものです。他の観光業と同じく人の流れが激しいので、求人も通年募集が多いです。ここでは温泉リゾートの整体師がどのような職場で、どんなサービスを行っているのか、未経験でもできるのか?などの質問に答えていますので、参考にしてみてください。

  • どうして整体師が高齢者の介護リハビリをしてるんですか?

    整体師は癒しや身体の調整だけではなく、福祉の分野で介護リハビリ整体師として活躍している人もたくさんいます。多くは、福祉施設で整体施術をおこなって、高齢者の生活が楽になるように、機能訓練的なことや、マッサージ的なことを業務にしています。介護リハビリ整体師の一番の特徴は、待遇が良いということで、本文で詳しく説明しています。

  • 整体職業図鑑|激安マッサージ整体師は低賃金重労働なんですか?

    激安マッサージ整体師、格安リラクゼーションサロンで手もみなどをされている整体師は、重労働低賃金のブラックのように見えるかも知れませんが、そうでもありません。経験者は、そのへんの労働やに対する緩急を上手につかうので、身体を壊すことも、ハラスメントのようなことも避ける方法を身につけています。

  • 整体職業図鑑|学校が隠す進路,憧れの温浴スパ整体師になる!

    整体学校卒業生の進路のほとんどが温浴スパ整体師しかないという事実を、関係者が語りたがらないのは、なんかバイトっぽくて宣伝にならない、活躍中!とは言えないからです。ここでは整体学校が教えない、温浴スパ整体師の心得、上手な働き方、職場の選び方などをくわしく説明していますので、参考にしてみてください。

  • 整体以外の資格でも、整体の仕事ができる資格を紹介!

    整体以外の資格でも、整体をお仕事としてやっている人はたくさんいます。例えば、接骨(柔整)や理学療法士(PT)、海外で取得したバリニーズやカイロプラクティックのライセンスで、開業や就業している人たちです。デメリットはなく、むしろプラス(強み)になるものですので、それを生かす方法を知るのが大事になります。

  • 整体資格種類|プロ資格,1DAY,協会認定…オススメ紙切れ資格は?

    整体資格一覧、経験者も知ってるようで知らない整体資格の種類について、学校でもらえるもの、セミナーでもらえるもの、協会組合でもらえるもの、サロン(職場)でもらえるものについて、詳しく説明しています。不必要な民間資格を取ってお金と時間を無駄にしないように、よく読んでもらえれば幸いです。

  • 独学で整体師になる|整体の技術取得に高額な費用は要りません

    独学で整体師になることは、スクール関係者的には、商売なので当然ダメ、無理。と言いますが、本当は、独学で整体師になることは十分できます。DVD教材や動画で施術を覚え、身近な人で練習します。それから時々受けにいくことです。それに関する情報をくわしく根本から説明していますので参考にしてみてください。

  • 整体師通信教育講座でもプロのゴットハンドになれるって本当ですか?

    整体の通信教育講座でもプロのゴットハンドに成る事はできます。資格も所得でき、協会認定の整体師になることもできます。ただしそれは腕とはまた別なことなので、そこを踏まえた上で考える必要があります。整体の通信教育も、雑多な民間資格の一つなので、協会もスクールもそれこそ数え切れないぐらいあります。そんな業界事情を解説してます。

  • 店の研修制度で整体師になる|なぜ本部研修は旅費も自腹なんですか?

    リラクゼーション整体店の研修制度で、整体師になることはできます。しかしそこれで習う技術は、同業間ではモミモミと呼ばれる、最低限のマッサージ整体、職位の低いものになります。研修制度は無料の店が多いですが、研修で習い終わって、すぐに店を辞める場合は違約金という授業料に該当するものを規定している店もあります。

  • 整体セミナー講習で整体師になる|間違いだらけの整体師情報

    未経験者が、整体セミナー講習会だけで整体師になるというのは難しいでしょう。整体セミナー講習会とは、経験者がさらにレベルアップをはかって参加する形態をとっている所が多いです。しかしそれも保証されたものではないということは、整体を志すものなら知っておかなければならりません。本文中に詳しく書いてありますので、参考にしてみて下さい。

  • どうして整体師の平均年収は360万なんて酷い嘘つくんですか?

    整体師の平均年収はあってないようなものです。雇用形態が、正社員、パート、アルバイトでもシフトで変わるし、ほとんどの整体師、セラピストはリラクゼーション店で、業務委託という形完全歩合制で働いています。腕とか実力以前に、店によっても、景気によっても変わります。また、独立開業したら更に複雑になるでしょう、平均年収などど書いてあるものをみたら疑う、警戒するのが経験者です。実情を、詳しく本文中に書いてありますので、参考にしてみてください。

  • 短期整体学校|どうして神業奇跡の整体が,ど短期で格安なんですか?

    整体を短期で習う場合、短期を売りにしている学校と、短期コースのあるスクール、2~3日のセミナーで習うなどの方法があります。基本的に、短期のスクールは1~2年学ぶ整体学校と比べて、割安なのが特徴ですが、習う整体のジャンルによっては最短でも習得できる場合があります。ここでは最短で整体をマスターする!をテーマに経験者視点で書いていますので、参考にしてみてください。

  • やっていはいけない!整体師匠に弟子入りして学ぶ|整体習得方法

    整体師の師匠に弟子入りして個人的に学ぶ、というのは関係者的にはあまりおススメできない習得方法と認識されています。個人的だけ(きちんとした契約をしないので)に、弟子入りしてから様々なトラブルになるケースが多いです。なので、大抵の経験者は、かなり割高にはなりますが大手整体学校をすすめます。整体を弟子入りして学ぶケースを解説していますので、参考にしてみてください。

  • 大手整体学校|全国規模有名整体スクールを選ぶべき重要な理由

    専門学校風の大手有名整体学校は、個人スクールよりは当たり外れがなく、カリキュラムやクラス運営など、会社として経営しているので、そつがなくしっかりしています。また利点として、大手整体学校は組合やNPOを運営していることが多く、卒業後、認定整体師と名乗ることができます。全日制2年、費用など手間はかかりますが、それなりにメリットがある選択といえるでしょう。

  • 格安整体学校|結局は高くつく激安整体スクールで失敗しないために

    格安整体学校や20万円以下の激安整体スクールは、トータルでみると高くつく場合があります。学費を安く設定し、その他の手数料、協会費、就職・独立サポート料などの、オプションで帳尻をあわせる商売をしている場合もあります。実際は、安くて質が高い整体学校を探すのは非常に困難であるのが実情です。本文で詳しく説明していますので、参考にしてみてください。

  • 整体講師って何者?資格や経歴は?整体学校選びを徹底解説!

    整体学校の講師の経歴は、一般に募集をかけて採用した人以外に、卒業生がそのままその整体スクールの講師になったり、昔のサロン職場の仲間を講師に誘ったり、マッサージ等の資格者がアルバイトでやっているなど、知識、経験など、実力は大きく様々です。ここでは、整体学校の講師はどんな人か?について詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

  • 超高学費整体学校VS激安学費最短整体スクール,勝ったのは…

    整体学校の学費は、決まった相場や平均がなく、安くても充実している学校もあれば、高額な学費にもかかわらず杜撰なスクールも混在しています。学費、費用では良い悪いを判断できないと考えたほうがよいでしょう。ここでは経験者が、整体学校の学費について関係者視点で解説していますので、よりより整体資格所得の参考にしてみてください。

  • 初心者がぼったくられない整体学校の選び方

    整体初心者、未経験者が、ぼったくられない損をしない、賢く整体を学ぶには、整体学校の選び方が大事になります。一般の職業とは違う職種なので、学校選びを間違えてしまうと、お金を無駄にしたり、時間をロスしたりします。ここでは経験者が賢い整体学校の選び方を解説していますので、参考にしてみてください。

  • おすすめしない整体学校について関係者が詳しく解説

    整体学校はおすすめの整体学校を探すよりも、おすすめでない整体学校を調べたほうが、わかりやすいです。資格とか費用とか、就職、開業、費用、学科カリキュラムとか気になるところですが、それらはおすすめの基準にはなりません。それ以前の問題を、詳しく関係者が説明していますので参考にしてみてください。

  • 整体は東洋医学ではありません,自称東洋医学なんですか?

    無料メール講座 // 学校体験説明会 // 養成講座コース案内 // お問合せ // アクセス // こんにちわ,群馬の整体学校「高崎整体アカデミー」主催,井上です。 . . INDEX 1.整体は東洋医学ではありません […]

  • 整体と法律|なぜ整体師は医師法違反で逮捕されないの?

    法律で医療行為ができるのは医師に限られていますが、街には治療目的なサロンがたくさんあります。なぜ医師法違反、法律に治療家、整体師が抵触しないのかというと、安全無害の民間療法なら、大目に見るという判決があり、それ基づいて整体やリラクゼーションサロンは運営されています。ただし広告などの法律は適用されますので、何でもできるわけではありません。記事で詳しく説明していますので、参考にしてみてください。

  • なぜ整体師は,しょぼい施術部屋をプライベートサロンと言うの?

    プライベートサロンというのは自宅の空きスペースを利用した、こじんまりとした、趣味以上~本業未満のようなサロンを一般的には言いますが、サロン業の中では、自宅の空いてる部屋に施術ベッドを置いただけの粗末な部屋を、プライベートサロンと呼ぶ場合があります。このことについて詳しく書いていますので、おうちサロンに興味の有る人はぜひ参考にしてみてください。

  • なぜ売れない整体師はコンサルタント業を始めてしまうのか?

    開業した整体師が売れなくなると、なんとか経営を立て直そうとして、治療院コンサルタントを名のり集客のプロとか言ったりする場合があります。中小企業診断士や公認会計士ではなく 自称コンサルタントなので選択時には注意が必要になります。ここでは、失敗しない治療院経営について詳しく書いていますので、参考にしてみてください。

  • 整体とバランス調整|どうしてみんな自分基準なんですか?

    整体とは定義がないので、根拠も理屈も効果も、整体師の先生基準になります。なので、バランス調整と一言で言っても、先生によって施術手法や、理屈理論が違うのが普通です。歪みとは何か?よい整体師とはどういう先生か?バランス調整とうテーマで、詳しく説明していますので、参考にしてみて下さい。

  • どうして整体師は接骨の電気は気休めと言うんですか?

    なぜ殆どの整体師が、接骨・整骨院の電気パルスを否定するのかというと、単純に商売敵だからです。特に治療系といわれる整体師は客層がかぶるので、死活問題として電気パルスを認めてはいけないような雰囲気があります。そして自らの手技療法に対する心情も重なって、批判はより強くなります。それについて現場で使える記事にしているので、参考にしてみてください。

  • なぜプロで本物整体がたった最短1日で取得できるんですか?

    整体技術の取得、通学期間は最長2年~最短1日講習まで様々ですが、それぞれにメリット、デメリットがあります。また開業を目指しているのか?お店に転職をしたいのか?どんな施術 をしたいのか?によっても、選び方は変わってきます。ここでは、初心者の皆が知りたい最短講座について詳しく説明しているので参考にしてみてください。

  • どうして整体師は無名な公認資格を自慢するんですか?

    公認、認定整体資格とは、現場ではほぼ意味の無いものですが(腕がすべて)、集客宣伝で同業より、自分をよく見せるため、1日で取れる公認資格や、誰も知らない認定証をずらっとならべて、意図的に、お客を誘導するということをする人も中にはいます。ここでは、そんな整体の肩書きについて客観的に書いていますので、参考にしてみてください。

  • 整体縦社会|どうして整体師は無駄に体育会系ノリなんですか?

    整体師に体育会系ノリが多いのは、職人仕事ということと、学生時代体育会系だった人が整体師になることが多いからです。他にあげられるとしたら競争が激しくなり、接客に力を入れる店舗が出てきていることがあげられます。ここではそんな整体師と体育会系、縦社会のことについて詳しく解説していますので参考にしてみてください。

  • 整体と差し入れ|どうして整体師は差し入れお土産を自慢するんですか?

    整体師、セラピストが、お客さんからのお土産、差し入れ自慢をSNSでするのは、リア中アピールです。やはりお客さんも、陰キャよりも明るくほがらかな人を選ぶので集客の面でも重要な要素になります。こういうお土産差し入れ整体師を、ビジネスリア充整体師と言ったりします。詳しく説明していますので参考にしてみてください。

  • 整体と科学的根拠|整体師の言うエビデンスは嘘なんですか?

    整体師が言う治療効果のエビデンス(科学的根拠)は、医学的には「ない」という意見が一般的です。ただし根拠はないけどなぜか効く、というのが民間療法のありようの一つなので、 エビデンス(科学的根拠)というモノサシではかる行為が見当違いとも言えます。記事で詳しく説明していますので、参考にしてみて下さい。

  • 整体と引き抜き|なぜ整体師は引き抜かれた話を自慢するの?

    整体師がなぜ引き抜かれた、スカウトされた話を自慢するのかというと、サロンスタッフというのは序列社会だからです。同じように、以前いた店では指名NO1でした、というものもあります。整体師の引き抜き話はキャリアにならない理由を、内部関係者視点で書いていますので参考にしてみてください。

  • 整体と休憩時間|スタッフが客待ち時間に内職してても大丈夫ですか?

    整体の職場は基本的に業務委託なので、休憩時間、(空き時間・客待ち時間)に、何をしても大抵はかまいません。大体、休憩時間にはおしゃべりをしたり、携帯をいじったり、漫画を読んだり思い思いの時間をすごします。逆に、施術の練習はしません。このことについて詳しく書いていますので参考にしてみてください。

ブログリーダー」を活用して、さすらいの整体講師いのさんをフォローしませんか?

ハンドル名
さすらいの整体講師いのさん
ブログタイトル
群馬高崎|ブログで学ぶ整体師養成講座
フォロー
群馬高崎|ブログで学ぶ整体師養成講座

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用