プロフィールPROFILE

プラチナ世代のマラソン旅行さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
プラチナ世代のマラソン旅行
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/chosan1943
ブログ紹介文
時悠人chosan流処世術
更新頻度(1年)

294回 / 365日(平均5.6回/週)

ブログ村参加:2014/12/10

読者になる

プラチナ世代のマラソン旅行さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/11 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 全参加数
総合ランキング(IN) 46,885位 39,001位 39,119位 34,695位 34,840位 34,834位 34,916位 980,381サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 0 10 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 1,878位 1,483位 1,492位 1,218位 1,214位 1,227位 1,217位 43,481サイト
夫婦旅行 36位 28位 28位 24位 23位 23位 23位 500サイト
今日 12/11 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 全参加数
総合ランキング(OUT) 60,299位 62,531位 73,225位 72,911位 73,176位 73,124位 73,012位 980,381サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 0 10 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 2,384位 2,510位 3,151位 3,114位 3,107位 3,114位 3,113位 43,481サイト
夫婦旅行 39位 43位 52位 54位 55位 56位 54位 500サイト
今日 12/11 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,381サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 0 10 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,481サイト
夫婦旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 500サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、プラチナ世代のマラソン旅行さんの読者になりませんか?

ハンドル名
プラチナ世代のマラソン旅行さん
ブログタイトル
プラチナ世代のマラソン旅行
更新頻度
294回 / 365日(平均5.6回/週)
読者になる
プラチナ世代のマラソン旅行

プラチナ世代のマラソン旅行さんの新着記事

1件〜30件

  • ★無為に過ごす幸せ?

    無言の帰国をすることになった中村哲さんが残したメッセージは、同年代の私にとって強烈だった。以前、「100万発の銃弾より、1本の用水路の方がはるかに治安回復に役立つ。日本政府は、米欧の軍事行動と一体と見なされない独自の民生支援を長期的に進めるべきだ」と語った言葉が、彼の生きざまとだぶって、印象深く思い出される。安倍総理は、彼の貢献を称たたが、現実に進めている政策は、海外派兵の拡大であり、憲法改正だ。パワーバランスの行きつく先は、「戦争」しかない。また、アフガニスタンの人が望むことは、「三度の食事とふるさとで家族と一緒に生活すること」とも語った。日本人には、当たり前のことがとても貴重な国が、地球上に多く見られる現実。無為に過ごす自分を恥じるばかりで、軽い自己嫌悪に陥っていたが、私には、極力、周囲の人に迷惑をかけない...★無為に過ごす幸せ?

  • ★痛ましい中村医師の死の教訓

    アフガニスタンで、NGOの中村医師が銃撃され亡くなった。痛ましく悲しい事件だが、タリバンかISによるテロに矮小化して見るのは避けたい。中東の紛争や、香港の暴動等の背景には、他国の関与が潜んでいるのを看過できない。自国の利益のために、他国の紛争に介入すれば、かつての東西冷戦の再来を招く。トランプ迎合主義の安倍外交を続ける限り、拉致問題や北方4島の解決はないし、諸外国の日本を見る目も冷たくなると危惧する。★痛ましい中村医師の死の教訓

  • ★視力回復の快心

    昨日の午後、白内障の術後2回目(2&6週間)の診察を受けたら、担当医から「順調に回復したので、もうこれで白内障の治療を終える」と告げられた。残りの点眼薬を使い切れば、元通りの生活を送れると嬉しかった。しかも、乱視の矯正が出来たので、視力が劇的に回復した。手術前の視力検査では、右目が0.6、左目が0.3だったが、術後2週間では右目0.9、左目0.6になった。そして昨日、両眼共1.2と言われて、思わず「本当ですか?」と訊き直した。「術後、4~6週間で安定期に入る」との説明に、内心、もうこれでランニング中に躓くことは無いと、快哉を叫びたい気分だった。(^_-)-☆</font>★視力回復の快心

  • ★2019年流行語大賞(後編)

    「新語・流行語大賞」は、ユー・キャン主宰のほかにもある。国語辞典「大辞泉」の編集部が発表した「新語大賞2019」は、「イートイン脱税」で、次点は「闇営業」。これ位までは、世相を反映した言葉だと納得したが、「JC・JK流行語大賞」の「びえん」「べぴたっぴ」「SODA」などと言われてもピンとこない。女子中高生向けのマーケティング支援などを手がける「AMF」社によるものだそうだが、何を意味するかさえ、想像もできない。そこで、私は「悪政大賞」として、「3K地獄」=軽減税・還元ポイント・カード詐欺」を考えた。しかし、COP25で、温暖化ガスを多く排出する石炭火力発電所の建設を続けるとして、我が国が指摘されたことを加えて、「4K地獄」としたい。★2019年流行語大賞(後編)

  • ★2019年流行語大賞(前編)

    今年のユーキャン新語・流行語大賞は、「ワン・チーム」と決まり、ラグビーW杯での日本チームの躍進が思い浮かぶ。新語・流行語大賞の沿革は、自由国民社が、『現代用語の基礎知識』の読者アンケートに基づき、編集部がノミネートした作品を審査委員が選定したもので、創設当初は、新語部門と流行語部門に分かれていた。1994年(平成6年)からは両部門を合わせて選定されるようになり、2004年から現代用語の基礎知識選「ユーキャン新語・流行語大賞」に改称され、現在のスタイルになった。以前、興味が無かったが、すっかり定着した今では、一年を総括する風物詩として楽しみにしている。★2019年流行語大賞(前編)

  • ★2020年のランニング計画

    11月24日の小豆島マラソンが終わると、我が家の話題の中心は、2020年のレース&旅行計画に移る。年々、走力の減退が顕著になって来たので、今年参加した大会の中から楽しかったものをピックアップすることにした。最初に、1月26日の「武豊町ゆめたろうスマイルマラソン」(2マイル)と2月16日「浜町シティマラソン」(5㎞)で意見の一致をみた。3月以降を決めかねていたら、4月5日の新潟10㎞ロードレースの案内書が届き、妻が「弥彦神社へ行きたい」と言うので、4月も決定した。そうなると、調整を兼ねて、3月は、福井の足羽川になりそうだが、距離を5kmor10㎞で迷っている。結果的には、来年の上半期のレースは、今年と全く同じことになりそうだ。★2019年のランニング計画これからが本格的なマラソンシーズンになる時期に、来年のランニ...★2020年のランニング計画

  • ★お遍路たび:番外編

    客室にWi-Fi機能を設置したり、パソコンを貸し出すホテルは珍しくない。ところが、徳島で泊まったホテルでは、部屋にノートブック・パソコンと接続に必要なケーブルやキット類が備えられていた。期間限定のキャンペーンだったが、無料で使い放題というのがユニークだった。お客様の反応を分析して、恒常化の是非を検討するそうだが、IT時代の新サービスとして定着するかもしれない。ビジネスマンには便利かもしれないが、旅行中、パソコンと縁を切る私には、「そこまでやるか」と有難く感じなかった。★お遍路たび:番外編

  • ★お遍路たび(後編)

    霊山寺境内には、あるき遍路の案内図が掲出されており、八十八カ所を巡る人々の姿を思い浮かべながら、JR坂東駅へと急いだ。行きの山道と違って、道路に描かれた緑のラインに沿って歩くと、迷わずに10分程で駅に着いた。無人駅で乗車券の買い方が分からず、モタモタしていたら、列車が入線して来たので、運転士に事情を話し飛び乗った。徳島駅で清算して貰い、駅前のホテルにチェックインした時には、夕闇が迫っていた。天然温泉の大浴場に身を沈めると、小豆島のレースと船・バス・電車を乗り継いだ移動と歩き遍路で溜まった疲れが吹き飛んだ。入浴後、外出したくなかったので、夕食は、ホテル内のレストランで、徳島グルメを堪能した。★お遍路たび(後編)

  • ★お遍路たび(前編)

    11月24日、小豆島の土庄港から高松港に渡り、徳島行き高速バスで一番札所霊山寺に向かった。鳴門西ICで下車し、1.4kmの山道を行きつ戻りつしながら、20分ほどかかって、霊山寺に着いた。夕暮れ時の境内は、静寂に包まれ、厳粛な雰囲気の中を奥へと進むと、長い年月と風雪に耐えた建造物が放つ荘厳な風格を備えた本堂が現れた。般若心経を唱え、10月15日に名古屋で開催された同僚との会合を思い浮かべて合掌した。4人が物故し、妻に先立たれたり生き別れた者、或いは、病魔に苦しむ者等々、「空」の概念と第五節の真言を瞑想した。~無無明亦無無明尽乃至無老死亦無老死尽無苦集滅道無智亦無得以無所得故~(迷いがなくなることは無いし、老いや死が無くなることもない。苦しみが尽きることもなく、それを抑える術も智慧も無い。それは得るということ自体無...★お遍路たび(前編)

  • ★第40回瀬戸内海タートルマラソン

    11月24日、晩秋の小豆島で開催された「瀬戸内海タートルマラソン」は、第40回の記念大会とあって、3,000人の定員を超える3,281人のランナーが参加した。韋駄天が節目の大会を祝うように、雨の予報が見事に外れて、薄曇り・微風の絶好のレース条件になり、レース前の不安が消えた。結果(10㎞男子)は、81分29秒で、前回より8分以上悪かったが、398位/506人だった。10月17&18日に白内障の手術をした後、2週間の空白があり、走り込み不足の割には、タイムが予想以上に良く意外だった。今年で小豆島も最後と覚悟していたが、レース後の疲労度が少なく、制限時間(90分)を考えると、来年も出場できそうだと喜んでいる。★第40回瀬戸内海タートルマラソン

  • ★第40回瀬戸内海タートルマラソン

    明日、11月24日に小豆島で開催される「瀬戸内海タートルマラソン」に向けて出発する。毎年、一年の最後のレースとしており、今年で11年連続通算13回目になる。9月の塩尻マラソンで、10㎞のワースト記録を10分近く更新し、1時間25分台に落ち込んだので、もう10㎞レースも厳しく感じられる。加えて、小豆島のコースは、起伏に富むので、制限時間90分ですら、私には荷が重くなってきた。かといって、ここではフル・ハーフ・10㎞の3部構成で5㎞の部は無い。フルからハーフ、さらには10㎞へと距離を落として参加してきたが、そろそろ小豆島遠征の卒業時かもしれない。★第40回瀬戸内海タートルマラソン

  • ★IT時代の恐怖

    昨日の午後、修理点検を依頼したパソコンが手元に戻って来た。実に6週間を要した結果は、「異状なし」だったので、安心するよりも呆気にとられた。異常が発生したからオーバーホールを依頼したのに、どこも悪い個所が無いと言われると、私の操作技術が未熟だと考えざるを得なくなるが、、、。しかし、工場出荷時の状態で戻されたので、必要な接続処理をし、インターネットは繋がったが、メール機能が作動せず、四苦八苦して、アカウントやパスワード等を変更し直した。6週間の間に約2,000通のメールが届いており、なかにプロバイダーからの警告や送受信停止などのメッセージが含まれていた。ウイルス対策は万全だったと思っていたが、私のメールアドレスを使って、大量にメールが送られている節があるので、今日は、その原因解明に知恵を絞っている。法人用なら狙われ...★IT時代の恐怖

  • ★パソコン無しの生活へ

    白内障の手術をして、今日で二週間経ったので、診察を受けたところ、「経過は順調」と告げられ安堵した。この間、身辺でいろんな出来事が起き、頭脳と肉体労働に忙殺されたが、まだ生きている資格がある証拠だと充足感に満たされた。さて、パソコンのオーバーホールを依頼して二週間。こちらの方は、故障箇所が見当たらないと告知されたので、さらに詳細なトラブルの事象を示し、再度、追跡調査してもらうことにした。パソコンは、あると便利だが、日常生活上の必須条件ではないので、数年ぶりにnet-cafeを利用して、本原稿をアップしている。ふと、そろそろパソコンのない生活に戻れとの暗示かも知れない。次回更新は、11月末ころを予定している。★パソコン無しの生活へ

  • ★体も物もオーバーホール

    <size="3">台風19号の被災状況を我が身に置き換えると、ライフスタイルを変える最後のタイミングに思える。明日から、二日間で白内障の手術をするので、これを機に、目に負担がかからない環境作りしをすることにした。まず、パソコンのイーサネット接続不良で、リカバリーに余分の時間がかかので、メーカーに送り、オーバーホールして貰うことにした。同時に、テレビを買い替えることにした。まだまだクリアで使用に耐えるが、別の楽しみ方が増えるので、来週、新発売される最新機種を予約した。そこで、今日でブログを休止し、再開は未定だが、月末頃を目安に考えている。★体は嘘をつかない「寄る年波には勝てない」と言うが、65歳を過ぎた頃から体力の減退が年一年、顕著になった。前期高齢者になると、精神的な衰えが加わり、加速した。そして、今年、後期...★体も物もオーバーホール

  • ★分からぬことが多すぎる

    政府は、10月から始まったキャッシュレス決済で、利用者に還元された金額が「1日あたり億円強」で順調な滑り出しだと発表したが、どこか狂っている。10月から始まった5%還元に投入する税金は、2800億円。そのうち830億円は、システム開発費や広報費等に使われ、国民に直接返ってこない。台風19号の被害が広範囲に及んだ原因の一つには、国の治水対策が脆弱だったことが指摘され、予算が足りないとの釈明は、通用しない。長期政権の緩みやおごりとアベノミクスの限界を感じる。景気対策と国民生活の安心・安全対策を比較することすら、虚しい。★分からぬことが多すぎる

  • ★記念日の意義

    毎日が△△記念日になると、本来の意義や有難みが薄れるが、その記念日が毎年変わるのは、もっと困る。2000年から「体育の日」は、10月の第二月曜日に変更されたために、今年は14日で、去年は8日、一昨年は9日だった。もともと晴天率が一番高いことを根拠として、東京オリンピックの開会式を記念して誕生したもので、今年も10日は晴天だったが、今日は雨模様だ。ここへきて、ようやく涼しくなってきたことを考えると、二度目の東京オリンピックを暑い時期に設定したのを恨めしく思う。来年は、「体育の日」が7月24日に移動するので、10月の祝日が無くなる。古い演歌だが、「🎼時世時節は変わろうとままよ~」で、変わらぬ方がよいものもある。★体育の日の悲哀今年の「体育の日」は、10月8日。去年は、10月9日だった。私の頭の中には、今もなお、10...★記念日の意義

  • ★千曲川旅情消し飛ぶ

    昨夜、強風と雨の音に怯えながら眠りについたが、今朝、我が家の無事を喜んだのも束の間。千曲川氾濫のニュースにくぎ付けになった。長野駅からJR篠ノ井線の「リゾートビューふるさと小谷行き」に乗ると、日本三大車窓の旅を楽しむことができる。土休日限定の全車指定席で、アテンダントが沿線の案内や車内販売のほか、記念撮影の手伝いもしてくれる。途中、姨捨駅で約15分間停車するので、ホームから棚田の向こうに千曲川が流れ、善光寺平が広がる。この絶景を眺望すると、朴念仁の私が、藤村の「千曲川旅情の詩」の一節を思い浮かべ、しばし、旅情にふけったのは、つい、2週間前のことだった。穏やかな流れが漂っていた千曲川が、激流に一変した。「昨日またかくてありけり今日もまたかくてありなむこの命なにをあくせく明日をのみ思ひわづらふ」。悲しすぎる。★千曲川旅情消し飛ぶ

  • ★スマホ依存の弊害

    松本から奈良井宿まで、JR篠ノ井線で1時間ほどだが、便数が2時間に1本で、開閉ドアも1カ所なので、乗り過ごすと予定が大幅に狂うことになる。9月28日、塩尻から奈良井へ向かう途中、スマホに夢中になっていた若者が、その愚を演じた。列車が動き出して気付き、慌てていたが、後の祭りで次の駅で下車した。何度も車内アナウンスが流れていたのにと、同情する気になれなかった。IT時代においては、AI+IOTを活用して便利な生活を送れるが、依存しすぎると不便なことも起こる。何よりも、大切な思考力や記憶力が減退し、人間の存在感が薄い社会にならないかと危惧している。★スマホ依存の弊害

  • ★税の三原則置き去り

    消費税増税に合わせて始まった「ポイント還元」。新制度の導入時には、トラブルが付き物だが、今回は、税金にかかわる問題なので、深刻だ。キャッシュレスか現金払いかは、消費者の価値観によるのでとやかく言わないが、私は、「税の三原則」(公平・中立・簡素)が揺らいだ気がしている。業種や店舗によって取り扱いが異なったり、同じ店でもカードの種類によって適用税率が違うとなると、不公平で複雑だ。ポイント還元に税金を投入して、「税の三原則」をないがしろにしたのでは、泣きを見るのが納税者(=消費者)で、損得問題ではなく、由々しい問題だ。来年6月末までの限定施策で混乱するようでは、4年後のインボイス実施への展望が暗くなる。三原則に立ち返って、税制の抜本的な見直しが必要だと思う。★税の三原則置き去り

  • ★劣化も老化もケア次第

    最近、文字が見づらくなり、眼鏡を替えようと思っていたが、陽射しが眩しくて、外出時にサングラスを欠かせなくなり、眼底検査を受けたら、白内障がかなり進行していた。最近、よく階段や敷居に躓くのは、不注意だと思い込んでいたが、原因は別だったようだ。事前の精密検査を受けたあと、10月中旬に手術予定なので、10月20日の須坂ロードレースは、妻の応援に回ることにした。術後の経過次第だが、11月末の小豆島ロードに間に合わせるためにも、しばらく慎重を期したいと考えている。自転車が経年劣化しても乗れるように、体が老化してもケアに努めれば、まだまだ元気でいられると信じることにした(^_-)-☆。★劣化も老化もケア次第

  • ★愛車の復活

    自転車で買い物に出た途中、突然、ペダルが重くなり、後輪のブレーキがロック状態で動かなくなった。降りて手押しにしてもびくともしないので、妻に車で迎えに来てもらい、近所の自転車屋に持ち込んだ。娘の高校入学祝いの自転車なので、もう20数年、風雪に耐えてきた。当時の部品があるかと心配したが、同性能の新品に取り換えて貰い、見事に復活した。店のご主人は、私より年上だがまだ健在で、「型は古いが、当時の名車」だと言って、アルミフレーム主流の今風ママチャリとの構造の違いを得々と説明し、自分が売った自転車を長く乗り続けて貰えるのは有難いとも喜んでいた。「まだ当分、大切に使いたい」と、お礼を言って持ち帰ったが、時代が変わろうと、確かな腕を持った町の自転車屋さんは、貴重な存在だと嬉しく思う。★愛車の復活

  • ★認知症予備軍脱出のために

    10月4日に受けた「認知症診断テスト」の結果は、「異状なし」と判明し、胸のつかえがおりたが、物忘れがひどいのは事実なので、手放しで喜べない。私の脳トレは、誰でも心掛ける「規則正しい生活と適度な運動」のほかには、「ナンプレ」と「PCゲーム」に「般若心経の復唱」位で、特異なものはない。すべて、暇潰しに始めたのだが、ナンプレの問題集は名人クラスまで到達し、般若心経は全て暗記できたので、ささやかな達成感を味わっている。視覚・聴覚・味覚・嗅覚の衰えが顕著になって来たので、これからの脳トレは、五感の中で、特定の感覚器に繋がっていない触覚に頼るしかない。「皮膚は、体表を覆う脳」と言われるように、体全体で感じる触感(皮膚感覚)をブラッシュ・アップすれば、脳の老化をくい止めることが出来ると信じて。(^^♪★認知症予備軍脱出のために

  • ★こんな待機組はごめんだ!

    第4次安倍内閣のキャッチフレーズは、「安定と挑戦」。1940年生まれのIT担当大臣は、クールジャパン戦略・知的財産戦略・科学技術政策・宇宙政策を兼務するので、額面通りなら、まさに「挑戦」に値する。大臣より3歳年下の私が、老け込んでいたのでは笑われるので、見習って頑張らないといけない。しかし、永田町の空気は、私が住む社会と異質なので、大臣の奮闘努力ぶりが伝わらないのが残念だ。大臣の椅子を狙う待機組は、体力・気力を充実させて心待ちにしているだろうが、私の場合、認知症の待機組はご免蒙りたい"(-""-)"。★待機組の悲哀10月2日の内閣改造で、76歳の高齢議員が専門外のポストに就けば、「在庫一掃セール」と指摘されてもやむを得まい。ある落語家の小話に、長生きの秘訣は、”教養と教育”と解くとあ......>続きを読む★こんな待機組はごめんだ!

  • ★認知症予備軍?

    金沢市が実施している「すこやか検診」を受診したら、「物忘れの再検査が必要」との電話が入った。年一年、物忘れの頻度が多くなってきたが、若い頃から記憶力には自信があったのにと思いつつ、10月4に「認知症診断テスト」を受けた。ポピュラーなテストだったが、「3つの言葉の遅延再生」で、二つしか思い出せなかった。最後に、短い文章を書くように鉛筆を渡されたので、「私は、最近、物忘れがひどくなってきました。」と書くと、「大丈夫ですね」と笑われたが、、、?。「65歳以上の高齢者の28%。862万人が認知症か認知症の予備軍」と言われても、自分には無縁だと思っていたので、診断結果が分かるまで憂鬱だ。★認知症予備軍?

  • ★一徹の魅力

    我が家の近くに「現金払い限定」のすし屋がある。★アンチ現金無用時代娘から、会社の飲み会で、幹事が「割り勘アプリ」を使って店に一括支払いした後、みんなで電子マネー清算したと聞き、カルチャー・ショックを受けた。2020年の東京オリンピック時に......>続きを読む10月から、クレジット払いの還元キャンペーンにどう対応したかを知りたくて、久しぶりに食べに行ったら、今もなお、「クレジット払いをお断りします」の表示があり、嬉しくなった。「頑固一徹」と言えば、意地っ張りで融通が利かない頑固おやじ像が思い浮かぶ。しかし、同義語の職人気質と言い換えると、「いい仕事してますねぇ!」と、某鑑定人を唸らせる名人になる。もう一軒、「一所懸命」をモットーとし、ガイドブックに載せない蕎麦屋があって、実に美味い。自分の経営哲学を貫徹する頑...★一徹の魅力

  • ★奈良井宿と塩尻

    9月28日、塩尻駅近くのホテルにチェックインした後、40数年ぶりに奈良井宿を訪ねた。新婚旅行で、馬籠・妻籠・奈良井と巡った往時と比べると、外国人旅行客が多いのに驚いた。奈良井宿は、中山道の丁度真ん中で、江戸側から数えても京側から数えても34番目に位置し、木曽11宿の中で最も標高が高い所にある。時代劇映画のセットのような光景を撮りまくる外国人を奇異に感じなかったが、旅籠の前にガチャ玉を置くのは不似合いなので、やめた方が良いと思った。塩尻名物のワインと山賊焼きを味わいたくて、ホテルお勧めの居酒屋に入った。ほろ酔い機嫌になった頃、となりに座った客が注文した緑色のビールを見て、「松本山雅FC」の本拠地だったと気付いた。触発されて、追加注文しようとしたが、既に限界だったので、次回の楽しみにしたいと思っている。★奈良井宿と塩尻

  • ★第11回塩尻ロードレース:番外編

    プラチナ・トリオの走友に、塩尻ロードレースの結果を報告すると、「得難い経験だぞ!」と慰められ、「二度と味わいたくないけどね」と応じて、二人で大笑いした。先日、「今回は、無理せず80分以内」と宣言したタイムを5分以上オーバーし、きまりが悪かったが、あっけらかんとした反応に救われた。さて、プラチナ・トリオも加齢の波に抗しきれず、満足な走りが出来ないが、健康保持の知恵だけは持ち合わせているので、他の二人は筋トレに励んでいる。私は、器具を使う筋トレが苦手だが、温泉露天風呂が魅力で、ジム通いを続けている。程よい距離を保ちながらの交友関係は、何物にも代えがたい貴重な財産だと思っている。★第11回塩尻ロードレース:番外編

  • ★第11回塩尻ロードレース(後編)

    レース当日、降水確率60%の予報が見事に外れ、青空が広がったが、身体が重く、レース前のウオーミングアップをする気になれず、ストレッチを入念にして列の後方に並んだ。スタートしても、体が思うように動かず、1km地点で既に最終集団に位置していた。その後、陽射しが強くなり、気温の上昇と共に暑さとの戦いを強いられ、3カ所ある給水所で頭から水をかぶった。7㎞の関門(1時間)を辛うじて30秒前に通過したが、後続ランナーが足きりにあい、私が最終ランナーになってしまった。沿道の絶え間ない声援に後押しされて、陸上競技場に入ると、「ゼッケン1049番をつけた最終ランナーが間もなく、ゴールします。温かい拍手でお迎えください」と、場内アナウンスが流れた。スタンドの声援に手を挙げて応えながらゴールすると、見知らぬ男性から、「5㎞までペース...★第11回塩尻ロードレース(後編)

  • ★第11回塩尻ロードレース(前編)

    9月29日に塩尻市で開催された「第11回ぶどうの郷塩尻ロードレース」は、忘れられない大会になった。10㎞のコースは、松本医科歯科大の陸上競技場を発着地点として、北アルプスを遠望し、ブドウやリンゴの果樹園を左右に見ながら駆け抜ける。前半、ゆるい下りが続き、後半6km過ぎから上りの周回コースだが、主催者発表の「高低差50mでタフ」のアドバイス程、きつい印象は無かった。半年ぶりのレースだったので、目標を1時間20分に設定したが、結果は、1時間25分15秒で、ワースト記録を10分以上更新してしまった。レース後、疲れがそれ程、残っていないのは余力があるともいえるが、体が動かなかった現実を直視すれば、実力が1時間20分台になったのだと思う。★第11回塩尻ロードレース(前編)

  • ★国土強靭計画(後編):災害部隊を!

    安倍政権は、外国の見えざる脅威に対して、国土防衛の強化に力を注ぎ、防衛予算を増額したり、自衛隊の位置づけの明確化に腐心しているが、反対も多い。日米安保だけに頼るのは、虫が良すぎるが、国土が自然災害で壊滅状態になったら、何を守るのか。さて、自然災害時の復旧活動は、自衛隊抜きでは不可能だが、出動要請や命令系統等、複雑な問題も多々ある。私は、常々、自衛隊を「災害部隊」と「国土防衛部隊」に2分したら良いと思っている。災害部隊は、成人の義務(徴兵制)とすれば、習得したノウハウを地域で活用出来る。一方の国土防衛部隊は、志願制にし、高度な精鋭部隊を構築する。自ずと、憲法に無関心だった若年層を巻き込んでの議論に発展するので、安倍首相の悲願にも通じる。真に「国民の安全と安心」を考えるならば、ドラスチックな構造改革を検討しない限り...★国土強靭計画(後編):災害部隊を!

カテゴリー一覧
商用