searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

リッキーさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
「爆穴」〜的中率が低くても回収率で勝負するブログ
ブログURL
https://bakuana.xyz/
ブログ紹介文
JRA中央競馬を中心に主に重賞競走の予想を行っています。各地で行われる地方交流重賞の予想も行います。
更新頻度(1年)

119回 / 365日(平均2.3回/週)

ブログ村参加:2014/12/03

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、リッキーさんの読者になりませんか?

ハンドル名
リッキーさん
ブログタイトル
「爆穴」〜的中率が低くても回収率で勝負するブログ
更新頻度
119回 / 365日(平均2.3回/週)
読者になる
「爆穴」〜的中率が低くても回収率で勝負するブログ

リッキーさんの新着記事

1件〜30件

  • エプソムカップ 2020 最終追い切り評価|レイエンダの動き良好!

    秋の大舞台を目指すメンバーが揃ったエプソムカップ。この記事では、エプソムカップに出走するメンバーの追い切り考察を行いました。追い切り情報を無料で探されている方は、ぜひこの追い切り考察をヒントに的中していただければ幸いです。レイエンダの動きが良好でした。

  • エプソムカップ 2020 出走予定|想定騎手と推定オッズに有力馬考察

    6月14日第37回エプソムCの出走予定馬情報をまとめました。注目馬にはレイエンダやサトノアーサーやアイスストームなどがいます。推定オッズではレイエンダが3.2倍で1人気に支持される見込み。穴馬としては梅雨時期のレースらしく、重馬場適正のあるアノ馬を選びました。

  • 鳴尾記念 2020 追い切り評価|ラヴズ1F11.5秒と好時計をマーク!

    6月6日の鳴尾記念の追い切り考察を行いました。注目のラヴズオンリーユーはしっかりと仕上がっている印象。前走以上ということはなさそうですが、このメンバーであれば上昇気配がなくても好走可能。もう1頭はレッドジェニアルにしました。今回は2頭のみのオススメとなります。

  • 安田記念 2020 サイン|プレゼンターなし。CMはこれまで通り。ヘッドラインから。

    安田記念のサインについて考察を行いました。今回はCMは過去のCMの再利用。プレゼンターはなし。ポスターもありません。ただし、ヘッドラインからミスターメロディが浮かび上がってきました。『マイルに刻め、誇り高き覇者の信念が輝く。』ということから...

  • 安田記念 2020 追い切り評価|アーモンドアイは南W馬也で1F12.4秒!

    今年の安田記念の追い切り考察が終わりましたので公開いたします。多段階にて各馬の追い切りを評価後に、最後にオススメの馬を3頭出しています。注目はアーモンドアイ。1週前はクロス鼻革を利用してテンションを上げないようにしていました。インディチャンプは順調さを伺わせる内容。

  • 鳴尾記念 2020 出走予定|想定騎手と有力馬考察|ラヴズオンリーユーが登場!

    6月6日の鳴尾記念の出走予定馬情報をまとめています。想定騎手と有力馬考察を行いました。最後に穴馬の存在なども考察していますので、最後までご覧いただければ幸いです。オークス馬のラヴズオンリーユーが登場。菊花賞2着のサトノルークスも出走を決め、楽しみなレースとなりました。

  • 安田記念 2020 出走予定|予想オッズと推定オッズと有力馬考察|超豪華メンバーが登場!

    6月7日の安田記念の出走予定馬情報をまとめました。想定騎手入りの登録馬情報と予想オッズ、有力馬考察や今気になる穴馬の存在なども書いています。アーモンドアイがG1レース8勝へ向けて安田記念に参戦。迎え撃つ昨年のチャンピオンであるインディチャンプら、豪華なメンバーが揃いました。

  • 日本ダービー 2020 サイン|CMは懐かしさも感じる内容。プレゼンターはなし。国歌斉唱に平原綾香さん。

    日本ダービーのサインについてチェックしました。CMは俳優さんたちではなく、過去のCMの使い回しでした。プレゼンターは無観客競馬のため不在。ポスターは、本来であればリボンを配る予定だったのかもしれませんが、リボンを身に着けた俳優たちが登場しています。木曜日に更新されるヘッドライン情報などからチェックしていきます。

  • 日本ダービー 2020 想定騎手入り出走予定馬|予想オッズ付きでまとめました

    今年は5月31日に行われる日本ダービー。その日本ダービーの出走予定馬情報をまとめました。想定騎手入り、推定オッズも掲載中。コントレイルが父ディープインパクトに並ぶ無敗の二冠達成となるかどうか。史上7頭目の快挙に挑みます。巻き返しを狙うサリオスにもチャンス。2400Mという距離をどう乗りこなすのか。

  • ヴィクトリアマイル 2020 出走予定|想定騎手と推定オッズ|アーモンドアイが登場!

    5月17日のヴィクトリアマイルの想定騎手入りの出走予定馬情報です。注目は有馬記念6着と敗走してしまったアーモンドアイ。そのアーモンドアイの牙城を崩すのはサウンドキアラかラヴズオンリーユーの2頭か、昨年の覇者ノームコアか。そんな中で僕の注目馬はダノンファンタジー。

  • NHKマイルカップ 2020 最終追い切り評価|レシステンシアは軽めの調教で?

    NHKマイルCの追い切り考察をまとめました。最注目のレシステンシアは、1週前と最終リハと軽めの調整に終わりました。輸送を考えても軽すぎる内容に、状態面で心配になってしまいます。追い切り注目馬はタイセイビジョンなど数頭いました。穴馬としてはプリンスリターンが面白いか。

  • かしわ記念 2020 追い切り評価予想|ルヴァンスレーヴの状態は微妙か!?

    5月5日のかしわ記念の追い切り考察をまとめました。各馬のタイムを無料でご覧いただけます。今年のかしわ記念はルヴァンスレーヴが最大の注目。1年半ぶりの実戦に登場してきました。調教の内容を見ると、まだ本調子ではないようにも感じます。今回はルヴァンスレーヴを切った2頭の馬連とワイドで勝負します。

  • 天皇賞春 2020 最終追い切り予想|フィエールマンは美浦南W65.2秒!

    天皇賞春の追い切り評価予想を行っています。今回の追い切りで上昇気配を示したのは、ミライヘノツバサとメロディーレーンの2頭でした。今回は、メロディーレーンを1番手に追い切りオススメ馬とします。調教でも抜群の動きを披露してくれました。小柄な体系ですが、長距離適正も高いですから楽しみです。

  • マイラーズカップ 2020 追い切り評価|インディチャンプ50.8秒で駆け抜けるも

    マイラーズCの追い切り考察を行いました。有力馬のインディチャンプは、坂路を50.8秒の猛時計をマークして駆け抜けました。ただ、動きは前走の方が良かったと判断しています。有力馬の中ではヴァンドギャルドは上積みを感じる内容。競馬に行ってもちゃんとやれるはずです。

  • 天皇賞春2020 サイン|CMは1枠1番が優勝!?プレゼンター情報は今のところなし…

    2020天皇賞春のサイン考察を行いました。CMからは1枠1番に強烈なサインが出ていますので注目すべき案件です。ポスターは黒で統一された服装ですが、いつものことなので特に気にせず。ヘッドライン情報などからもサインを探っています。プレゼンターは不在かも。

  • 桜花賞 2020 サイン|CMはフェブラリーSと同じ。プレゼンターは不在。ポスターの白馬がヒント?

    2020桜花賞のサインを考えました。CMはまさかのフェブラリーSと同じものを利用。プレゼンターも無観客のためありません。ポスターには土屋太鳳さんが登場。白馬が気になる作りに。ヘッドラインは『誰よりも輝け、笑顔の行方は憧れの桜冠へ。』となっていました。

  • 阪神大賞典 2020 最終追い切り評価|キセキは67.5秒で駆け抜け好調アピール

    阪神大賞典の追い切り考察を行いました。キセキやボスジラなど各馬の考察のあとに、追い切りオススメの馬を今回は少頭数ながら4頭挙げています。もう少し絞りたかったですが、好調馬がいたのは事実で、これ以上は削れませんでした。阪神大賞典を買って天春で活躍する馬を見つけたいと思います!

  • 中山記念2020 最終追い切り評価|インディチャンプは微妙な印象を受けました

    中山記念の追い切り調教の様子を考察しています。各馬の評価を多段階にて行いました。今回の追い切りで上昇気配を示した馬こそいませんでしたが、ダノンキングリーとウインブライトの2頭に、もう1頭上々の動きを見せた馬がいました。今回は3頭をオススメして追い切り考察を終わります。

  • ダイヤモンドステークス2020 最終追い切り評価|タガノ6F83.0秒で駆け抜ける

    天皇賞春へと続くマラソンレース「ダイヤモンドステークス」の最終追い切りの様子をチェックして、各馬を多段階に評価しています。タガノディアマンテが上々の動きを披露。全体を6F83.0で駆け抜けていきました。上昇気配を見せたのはミライヘノツバサ1頭のみ。

  • フェブラリーステークス 2020 追い切りの評価!|モズアスコット51.4秒で駆け抜ける

    2月23日のフェブラリーステークスの追い切り考察を行いましたのでご覧ください。ライバルと目されるインティは、51.1秒で坂路を駆け抜けるも、いつもの動きとはやや違う印象を受けただけに、もしかしたら本調子ではない可能性も...!?各馬の追い切り評価のあとに、オススメ馬を記載しています。

  • フェブラリーステークス2020サイン|プレゼンターは川口春奈!CMは競走馬って…

    フェブラリーステークスのサイン考察を行いました。サインといえば、CMからの考察とプレゼンター情報からのサインが有名。プレゼンターには女優の川口春奈さんが登場!NHK大河ドラマ麒麟がくるにて代役にて登場ことで有名になりました。CMは葵わかなさんと柳楽優弥さんが登場。そのほか、ヘッドライン情報や天皇誕生日絡みのサインも。

  • フェブラリーステークス2020出走予定(推定オッズと想定騎手や有力馬考察)

    2020年初のG1競走『第37回フェブラリーステークス』の出走予定馬情報をまとめてお伝えしています。今年のフェブラリーステークスの想定騎手や推定オッズ、現時点での注目馬などにも触れていますので最後までご覧いただければ幸いです。インティやモズアスコットなどが登場します。

  • 共同通信杯2020追い切り評価|ダーリントンホール南W67.1秒!

    2月16日の共同通信杯の追い切り考察を行っています。クラシックへの登竜門と言われる同レース。毎年のようにハイレベルなレースになりますので、クラシックでも通用する馬が上位に食い込んできます。調教上位は2連勝で勢いに乗るアノ馬!詳しくは記事をチェックしてください♪

  • 共同通信杯2020出走予定|想定騎手と有力馬考察|武豊騎手騎乗のマイラプソディに注目!

    クラシックへ直結する前哨戦『共同通信杯』の出走予定馬情報をまとめました。最有力視されているのは武豊騎手騎乗のマイラプソディ。クラシックへの登竜門とも言われていますが、過去の勝ち馬を見ると、勝ち馬はいずれもその後にも活躍してる馬が多くいるのが現状です。その他にもフィリオアレグロやダーリントンホールなどが登場。

  • 京都記念2020出走予定|想定と有力馬考察|クロノジェネシスら10頭が登録

    2月16日に行われる京都記念の出走登録馬情報をチェックしています。秋華賞馬クロノジェネシスが登場。同レースで2着で、ジャパンC2着と好成績を残したカレンブーケドールと、牝馬2頭が中心となりそうです。アルメリアブルームが現時点の注目馬。雨予報がありますので、重馬場適正なども重要になりそうです。

  • 東京新聞杯 2020 追い切り評価|ヴェイロンは50.6秒で元気に駆け抜ける

    2月9日の東京新聞杯の追い切り時計入りの各馬の評価考察です。上昇気配を示したのは、ケイデンスコールとサトノアーサーとプリモシーンとモルフェオルフェの4頭で、今回はこの4頭から探すのも面白そうだと判断します。レッドヴェイロンも動きは上々でしたが、評価は4番手まで。

  • シルクロードステークス 2020 最終追い切り評価|モズの動き軽快で楽しみ!

    シルクロードSの追い切り考察と評価を行っています。モズスーパーフレアは坂路で【50.3-36.4-24.1-12.4】と軽快な動きを披露。他のライバルたちよりも速い時計をマークして、雰囲気も上々でした。1つ抜けた印象を受けるので、ここは楽しみだと考えていいはずです。

  • 中山金杯 2020 最終追い切り評価|クレッシェンド68.9秒で駆け抜ける

    中山金杯の追い切り情報が上がってきましたので、この記事にて考察を行っておきたいと思います。一年の計は金杯にありという言葉が示すように、しっかりと競馬初めを迎えたいと思います。前走結果を残した馬が中心になりそうです。伏兵馬の活躍ということは考えなくてもいいかもしれません。

  • 新年のご挨拶

    新年あけましておめでとうございます😊旧年中は沢山の方々にご覧いただきまして誠にありがとうございます😭😭12月はなかなか思ったように更新ができませんでした😰時間の使い方をもう少し

  • 東京大賞典 2019 追い切り評価予想|ゴールドドリーム51.4秒で駆け抜ける

    東京大賞典の追い切り考察を行いました。JRA所属馬のみと考察となりますが、もしよろしければご覧ください。ホープフルSは土曜日開催だったので、スケジュール的に間に合いませんでした。東京大賞典はJRAの出走馬分しか考察することができませんが、頭数も少ないこともあって終えることができましたのでまとめておきます。

カテゴリー一覧
商用