searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

はっとりさんのプロフィール

住所
須坂市
出身
須坂市

近年、益々難しくなってきた犀川でのルアーフィッシング・・・。そんな状況を打開して野生の大型トラウトを狙います。そして、海外級のステイタスを求めていきます。

ブログタイトル
SAIGAWA CONQUEST
ブログURL
http://syuhattori.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
長野県の犀川が舞台。繰り返し読まれていく記事を目指します。
更新頻度(1年)

58回 / 365日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2014/11/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、はっとりさんの読者になりませんか?

ハンドル名
はっとりさん
ブログタイトル
SAIGAWA CONQUEST
更新頻度
58回 / 365日(平均1.1回/週)
読者になる
SAIGAWA CONQUEST

はっとりさんの新着記事

1件〜30件

  • 三代目エゲリア 86H インプレ

    今回は、パームスの三代目エゲリア86Hについて、1年間ほど使用した印象をお伝えしたいと思います。■基本情報LENGTH:8.6ftLURE:7~23gLINE:6~16(lb)WEIGHT:156g使用ライン:オクタノヴァ8X 1号  リーダー:ナノダックス15LB 3m■メーカーHPでは「独自に設計されたブランクは大河川で狙うサクラマスをはじめ湖で狙うビックワンに対応できる逸品です。大河でありながらもスポットを撃ち抜くアキュラシー。ショートバイ...

  • 犀川増水レポート 2020年7月

    今回は、7月上旬の豪雨によってもたらされた増水について犀川殖産での状況をレポートしてみました。■昨年10月以上の増水殖産C&Rの更科橋上流の水位昨年10月の最高水位が5m70㎝ほどでしたが、それを更に1mほど上回ったのでかなり驚きました。赤い色の帯は、氾濫危険水位となり、犀川沿いに点在している民家の方々が心配になりました。■漁協エリアの陸郷ではこちらも氾濫危険水位を超えて、個人的には初めて見るひどい増水の数字...

  • 犀川釣行 出たのは信州サーモン

    雨また雨の犀川。例年よりもかなり多い降水量となった6月ですが、水位を確認してから末日の30日に出撃。お昼頃から3時間程度の釣行となるので、水質が良いと思った漁協エリアで勝負しました。かなり高い水位での出撃ですが、何とかトラウトの顔を見れるでしょうか?雨が降ったり止んだりだった漁協エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    21度~24度・水温     16度・水位    平常+50㎝ほど・水質   ささ濁...

  • 犀川釣行 また状況悪化で・・・

    まだまだ梅雨が続く犀川。今回も雨予報ですが、水質改善によるチャンスに期待して26日に出撃。まだまだ水位は高いものの、ポイントは絞りやすいと判断しました。濁りはまだありますが、今度こそ犀川らしい大鱒をキャッチできるでしょうか?昼頃に強い雨だった殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    21度~25度・水温     17度・水位    平常+30㎝ほど・水質   ささ濁り⇒白濁り今回は殖産からのエント...

  • 犀川釣行 また増水中だけど・・・

    水位が上がっていく犀川。前回は遅いスタートでしたので、もっと早く勝負しようと19日の明け方に出撃。プラス2m超えの大増水からの回復につき、チャンスはあると思いました。また増水中の逆風ですが、今度は良型をキャッチできるでしょうか?前日からずっと雨だった漁協エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    16度~23度・水温     14度・水位    平常+50㎝ほど・水質   透明度15-20㎝程度の濁り明け方か...

  • 犀川釣行 雨の合間に・・・

    本格的に梅雨入りした犀川。今月から移動が解放的になったものの、釣りに行けたのは計3時間ほどでした。しばらくはこうした忙しさが続きますが、釣れなかったもののレポートを挙げてみました。雨また雨の日々でしたが、何とかチャンスを見つけられたでしょうか?13日は朝から雨だった殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    15度~26度・水温     16度・水位    平常+50㎝ほど・水質   濁りまず、13日...

  • 本流ベイトタックル考 その4

    さて、前回までの記事で長所短所を出しましたので、今回はそれを踏まえて考えたことをまとめました。■ヒット率がアップするのか?投資がかかるだけに、ここに注目する人が多いと思います。ヒット率が上がるかはその人のスキルによるところが大きいものの、送り込みの利点をどれだけ活かせるかで変わってくるはずです。ただし、送り込みの最中にヒットさせるのは、ワンチャンスがかなり遠いので、それなりの根気が必要になります。...

  • 犀川釣行 自粛明け1発目は・・・

    もう初夏となっていた犀川。外出自粛ムードがようやく和らぎ、移動の解除となった6月1日にやっとの事で出撃。他県遠征を我慢したきた方が多いと思いますが、長野県の排他勧告は5月で終了しました。久々の釣行ですが、大勢の参考となる報告ができるでしょうか?1日中曇りだった殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    15度~26度・水温     14~15度・水位   平常+10㎝ほど・水質   クリアーいつもより...

  • 本流ベイトタックル考 その3

    前回は本流ベイトタックルのメリットを挙げましたが、今回はデメリットを並べてみました。■飛距離の課題ソルトでもそうなんですが、8ft以上のロングロッドの世界になってくると、どうしてもベイトタックルには飛距離の不利が出てきてしまいます。タックルバランスやその人のスキルにもよるのですが、自分の場合は頑張ってもスピニングに比べて1割は飛距離が下がります。最近は他の釣りでは叩きにくい対岸ギリギリを探るケースが増...

  • 本流ベイトタックル考 その2

    さて、2回目となった今回は、本流ベイトタックルのメリットについて書いてみました。■着水音が小さいベイトタックルは、着水直前でサミングをしてスプールにブレーキをかけるため、着水音を抑える事ができます。自分の実感ではミノーだと大きな差が出るほどではないですが、重いスプーンにつきまとう「ボトンッ」という音を減らしてくれます。着水音がどれほど魚の警戒心に影響するのか?それは分かりませんが、個人的には極力小さ...

  • 本流ベイトタックル考 その1

    今回は、本流ベイトタックルについて犀川におけるメリット、デメリットをいろいろと書き出してみました。■最近増えたか?自分が本流トラウトを始めた頃はほとんど見かけませんでしたが、本流ベイトは年々ユーザーが増えていると感じています。その理由にはいろいろあると思いますが、果たしてスピニングよりも利点が多いのか?その辺を掘り起こそうというのが今回の主旨です。個人的な使用頻度は少なく、まだまだ未開拓なものの今...

  • 犀川近況とコロナ

    さて、ご存知のように世界中がコロナで大騒ぎとなっており、今回はコロナと我々の釣りとの関わりについて書いてみました。■はじめに今さら言うまでもありませんが、我々の生活とコロナに関する状況が徐々に変わってきています。3月中は、かなりのアウトドアブームだったのですが、今だとかなり感心されない行為の一つとなっています。しかし、タブーだった事が徐々に緩和される告知もあり、良い兆しも見え始めています。そんな状況...

  • 犀川ルアーフィッシングの魅力 その5

    さて、このシリーズも最後となり、これまでの内容をまとめた文章を書いてみました。■問われる釣りの深みこれまで、かなり簡単に様々な釣りの特徴をまとめましたが、こんな文章では表現しきれないほどの釣りの深みがそれぞれにあります。ある意味、簡単に釣れないからこそ狙う価値があるのかも知れません。また、釣りに行けない時でも参考材料やアイテムが多ければ、退屈でないシーズンオフを過ごす事ができると思います。そういっ...

  • 犀川ルアーフィッシングの魅力 その4

    このシリーズも4回目となりましたが、今回は様々な釣りと犀川ルアーフィッシングを比較してみました。■地域で人気の釣り長野県の場合、淡水、海水共に釣り人口が多く、県外の釣り場に行っても長野や松本ナンバーをよく見かけます。その背景には、水辺環境が豊富でどの方角にも魅力的な釣り場があり、アウトドア系の趣味に適した地域だからだと思います。そこで今回は、こちらの方面で人気の釣りを紹介し、犀川と比較をしながら、そ...

  • 犀川釣行 狙いが出せなくて・・・

    桜が映えてきた犀川。コロナが猛威を振るっていますが、久しぶりに休みが取れたので13日に出撃。しばらく野生の良型に出会えていないので、手応えのある1本を出せればと思いました。季節が逆戻りしたように寒いですが、満足のいく釣果を出せるでしょうか?1日中小雨だった殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    5度~8度・水温     9~10度・水位   ほぼ平常・水質   クリアー朝から向かったのは殖産で...

  • ロッドインプレいろいろ 2020

    さて、今年もロッドの予約販売会が開催され新作に触れる事ができましたので、自分なりの感想を書き連ねてみました。上州屋川中島店さんで行われているトラウトロッドの予約販売会4月19日まで開催されています。■はじめにやはり本流トラウトは、あまりメジャーな釣りではないので、ロッドの在庫が豊富な店舗は少ないです。ロッドに触れずに買うのは、かなりリスクがあるためこういう機会はとても貴重だと思っています。前回と同じロ...

  • 犀川釣行 バラしてバラして・・・

    桜が咲き始めた犀川。世の中コロナで大騒ぎになっていますが、自分は何だか忙しい日々を送っています。そんな中、ようやく時間の隙間を見つけて、9日の夕方のみ短時間の出撃。季節がかなり進んでいますが、春の1本を見る事ができるでしょうか?結構な強風だった殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    9度~11度・水温     11度・水位   ほぼ平常・水質   クリアー実は、2週間ほど前も夕方のみ探ってみ...

  • 犀川ルアーフィッシングの魅力 その3

    さて、このテーマの3つ目は、バス釣りとの比較です。自分の解釈ではありますが、極力客観的にその魅力を比較してみました。■バス釣りからの流入自分もそうですが、バス釣りから犀川トラウトフィッシングに入って来るアングラーが非常に多いです。この理由は、生息域が隣接している事と釣り方の応用が利くことなど色々あると思います。特に真冬は、バス釣りのフィールドが狭く食いが渋くなるため、冬季はトラウトを楽しもうという...

  • 犀川ルアーフィッシングの魅力 その2

    今回も犀川ルアーフィッシングについて、その魅力を書き連ねてみました。■夢見る80オーバー自分が知っている限りの話ですが、これまで犀川でキャッチされたと言われるニジマスの80超え5本は、全てリールが使われているタックルです。大半がスピニングリールなので、犀川ルアーフィッシングは可能性は低いながらも夢があると感じています。他県の本流に比べて広い分、逃げ場が多いので、場所によってはキャッチが難しいと思います。...

  • 犀川ルアーフィッシングの魅力 その1

    さて、今回はコラムの記事で、これまで考えてきた事をまとめた内容となります。敢えて言うまでもない事かも知れませんが、犀川のルアーフィッシングについてその魅力を書き出してみました。■知っておくべき現実ある餌釣り師の方が、そろそろルアーに挑戦しようかと言った事がありました。すると、あるルアーマンが言ったのは、「心が折れるからやめたほうがいい」との事。確かに、良いトラウト1本へのハードルという事になると、偽...

  • 犀川釣行 春になってきて・・・

    梅の開花が始まった犀川。前回から2週間以上が過ぎ、何とか空きを見つけて10日の火曜に出撃。解禁から増水リセットがないままですが、美しいトラウトの顔が見れればと思いました。昨年と同じでスレスレの3月だと思いますが、何とか良型1本を拝む事ができるでしょうか?1日中雨が降ったり止んだりだった殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    9度~16度・水温     8度~9度・水位   平常よりマイナス20㎝・...

  • 静の釣りと動の釣り その7

    さて、このシリーズも終盤となり残ったネタはあと少しです。そして今回も動の釣りについて引き続き解説していきます。■ドリフトからの強トゥイッチいかにも良型が着いていそうなポイントなのに、ヒットが出せない・・・自分がそんな時の一手としているのが、ドリフトからの強トゥイッチです。これはスローシンキングミノーを(アップ)クロス側に投げ、良く沈んで目的のポイントに入ってから、強めにトゥイッチを入れてヒットを誘...

  • 番外編 メコンオオナマズ

    今回は、2月の上旬の10日間ほどタイ旅行に行ってきましたので、その中の釣行記について書き連ねてみました。■新型コロナウィルス心配の中みなさんご存知の通り、世界中が新型コロナウィルスの拡大て大騒ぎになっています。その騒動が本格的になる前に、かなり前から計画していた旅行につき少しためらいながら2月2日に成田を出発しました。3日からバンコクで2泊した後、向かったのはバンコクから飛行機で1時間ほど向かった東北部の...

  • 犀川釣行 強風は追い風?

    冬が終わっていく犀川。解禁から1週間ほど経ちましたが、残った可能性に期待すべく22日に出撃。この1週間で全てのポイントが探られたと思うも、毎日良型は出ている様でした。かなり叩かれましたが、読みとスキルを駆使して良型をヒットできるでしょうか?午後は強風だった漁協エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    0度~13度・水温     6度~8度・水位   ほぼ平常・水質   クリアー土曜につき先行を確保す...

  • 解禁釣行でわかった事 2020年編

    今年は雨となった2020年犀川漁協エリアの解禁日・・・そんな状況の中で判明した意外な事実・・・成功と失敗などいろいろありましたが、今回も分かった事をまとめてみました。■何とか雪代から逃れる週間天気予報では前日も雨だったのですが、そのタイミングが1日ずれて本当にラッキーでした。16日の夜にまとまった雨が降り、翌日の17日は40㎝ほど増水して濁りもきつかったとの事。17日の釣行を予定していた人には気の毒ですが、解禁...

  • 犀川釣行 漁協エリア解禁

    今年も解禁を迎えた犀川漁協エリア。ついに待ちに待った広大なフィールドの解禁日がやってきました。今年は日曜日が解禁という事で、例年以上の盛り上がりを見せると思われます。渇水傾向が強いですが、今回も解禁フィッシュをキャッチできるでしょうか?ほぼ1日中雨がパラついてた漁協エリアのコンディションは、以下の通り。・気温   2度~15度・水温     7度~10度・水位   平常よりマイナス20㎝ほど(陸郷)・水質...

  • 漁協エリア解禁に向けて 2020

    さて、早いもので今年も犀川漁協エリアの解禁を迎えようとしています。例年通り犀川漁協エリアの解禁は、2月16日となっています。2月上旬は海外に行ってましたので、今回は1月末に撮っておいたライブカメラ周辺の景色をアップしてみました。■上流部は、大規模な工事が・・・田沢橋上流のランは、先頭部分が大規模工事によって削られていました。以前は木戸橋下流で同じような工事が行われていましたが、掘削底に入ってくる水をポン...

  • 静の釣りと動の釣り その6

    さて、今回の動の釣りの解説は、リフト&フォールとなります。使うケースは少ないものの、ヒットするトラウトには大型が多いです。■自分流リフト&フォールの紹介絶好のポイントのはずなのに深すぎて上手く探れない。流れがゆる過ぎたり、攻め方に手詰まった場合、その解決手段の一つとしてリフト&フォールが活躍する事があります。ただし、ヒットしやすいリフト&フォールにはコツがあり、今回はその方法の紹介となります。■リフ...

  • 静の釣りと動の釣り その5

    さて、前回に引き続き動の釣りの記事となりますが、今回はミノーのトゥイッチについて持論で解説してみました。■トゥイッチについてミノーにイレギュラナーな変化を与えてヒットを狙う方法としては、トゥイッチもしくはジャークが一般的で、大勢の釣り人がそれに親しんでいます。ただし、トゥイッチとジャークの違いについては、大まかに言うとトゥイッチはロッドの先端を使った移動距離が短いもの、ジャークはロッド全体を使った...

  • 犀川釣行 ネチネチ探って・・・

    冬の雨が降る犀川殖産。相変わらずの暖冬ですが、ようやく1日の休みが取れたので23日の木曜に出撃。19日に放流がありそれは狙わないものの、よい釣りができればと思いました。本来は最も苦手な時期ですが、アクションなどを駆使して善戦できるでしょうか?1日中小雨だった殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    0度~6度・水温     6度~7度・水位   平常よりマイナス20㎝ほど・水質   かなりクリアー...

カテゴリー一覧
商用