計算気象予報士の「こんなの解けるかーっ!?」
住所
長岡市
出身
山形県
ハンドル名
qq_otenki_sさん
ブログタイトル
計算気象予報士の「こんなの解けるかーっ!?」
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/qq_otenki_s
ブログ紹介文
ゆきぐに羽越(主に山形県・新潟県)のお天気学の難題に工学計算で挑み続ける熱き奮闘記
自由文
-
更新頻度(1年)

39回 / 313日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2014/11/06

qq_otenki_sさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 全参加数
総合ランキング(IN) 34,997位 27,953位 22,203位 22,021位 19,894位 19,590位 21,321位 969,560サイト
INポイント 0 0 10 0 0 10 10 30/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
科学ブログ 45位 28位 23位 23位 21位 21位 23位 2,230サイト
自然科学 6位 6位 6位 6位 5位 5位 6位 286サイト
環境ブログ 126位 119位 115位 118位 107位 107位 110位 3,325サイト
天気・気象学 6位 6位 6位 6位 6位 6位 6位 71サイト
今日 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 69,212位 69,116位 68,923位 969,560サイト
INポイント 0 0 10 0 0 10 10 30/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
科学ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 82位 80位 81位 2,230サイト
自然科学 圏外 圏外 圏外 圏外 14位 14位 14位 286サイト
環境ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 230位 231位 228位 3,325サイト
天気・気象学 圏外 圏外 圏外 圏外 11位 11位 10位 71サイト
今日 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,560サイト
INポイント 0 0 10 0 0 10 10 30/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
科学ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,230サイト
自然科学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 286サイト
環境ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,325サイト
天気・気象学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 71サイト

qq_otenki_sさんのブログ記事

  • 台風10号は日本海を北上

    台風10号は、上空の偏西風の流れの影響を受けて進路を東寄りに変えて、速度を上げながら北上しています。これから台風が接近する地域では、引き続き注意が必要です。また、台風が過ぎ去った地域でも、吹き返しの風には御注意下さい。台風10号は日本海を北上

  • この後、ヤツは何処へ行く?

    台風10号は、太平洋高気圧の西側を回り込むように、ゆっくり北上しています。一方、その北側では偏西風が南下しつつあります。今の所、台風は「自転車並み」の速度で北上しております。しかし、上空の偏西風の流れに乗った後は、東よりに向きを変えて、「自動車並み」の速度で北上することになりそうです。この後、ヤツは何処へ行く?

  • 台風10号接近中

    大型の台風10号は、上空の太平洋高気圧の西側を回り込むように北上を続けています。台風が接近する地域では、今後の雨や風、そして波の動向にも注意が必要となりそうです。また、日本海側の地域ではフェーン現象に伴う高温に注意が必要です。次第に風も強まる見込みです。台風の接近に備えて、主な注意点をまとめてみました。台風が接近する地域では雨・風共に強まり、荒れた空模様となることが考えられます。大雨・強雨に伴う河川の増水・氾濫・洪水や土砂災害、さらに強風や高波・高潮などにも注意が必要です。また、日本海側の地域では強風などに加えて、フェーン現象に伴う高温や熱中症にも注意が必要です。台風10号接近中

  • 新潟県内は厳しい残暑

    新潟県内で11時に観測された気温の補正値(※)を基に等値線を描いてみました。等値線は1℃間隔で、太線は35℃を表しています。※気象官署・アメダスの気温観測値に気温減率Γ=0.65℃/100mで標高補正を加えた値この図を見ての通り、平野部を中心に広い範囲で35℃以上の猛暑となっています。さらに、上越高田付近では39℃(現地では38.5℃を観測)となっています。台風10号が西日本に接近しているのに伴い、北陸地方に向かっては南東よりの風が山を乗り越えて流れ込んでいます。いわゆるフェーン(風炎)現象です。新潟県内は厳しい残暑

  • 台風10号はゆっくりと北上中

    台風10号の北上に伴い、南から暖かく湿った空気が流れ込んでいます。日本海側ではフェーン現象の影響も加わっているようです。厳しい残暑が続いています。また、台風が接近する地域では大雨や強風・暴風への注意・警戒が必要です。一方、北日本を横切る前線の北側では秋の空気が広がっています。この前線を境に、夏と秋がせめぎあっているようにも見えます。さて、今年(の出水期)から防災情報が「5段階の警戒レベル」に分けて表示されることになりました。そこで、各警戒レベル毎に発表される避難情報や降水・河川に関する「主な情報(※)」の対比を表にしました(※全てではありません)。この表はあくまで「目安」ですが、ご参考になれば幸いです。この後も引き続き、最新の気象情報・台風情報・防災情報をこまめにチェックすることを心掛けて下さい。台風10号はゆっくりと北上中

  • お盆期間は台風に注意

    日本の南にある台風10号が「超大型」になってしまいました。お盆休みの間はレジャーを楽しみながらも、最新の天気予報・台風情報をこまめにチェックするよう心掛けて下さい。(1)海面水温27℃の線が東日本付近まで北上しています。台風はこの後も北上しながら、発達を続ける可能性があります。大雨や強風などに、早め早めで備えましょう。(2)台風本体が遠く離れていても、台風に伴う高波には注意が必要です。特に海岸付近は要注意です(「離岸流」も要確認)。波の情報もチェックした方が良さそうです。(3)台風は太平洋高気圧の西側を回り込むように北上します。つまり、この高気圧の動向が今後の台風の進路に影響を及ぼします。天気予報の解説に注目しましょう。(4)台風に伴う南風(暖かく湿った空気)の影響で、日本海側の地域では「フェーン現象」が生じ、...お盆期間は台風に注意

  • ヤツが来る!?

    世間は「お盆休暇」一色に染まっている今日この頃・・・厳しい暑さが続いています。日本付近には台風9号と10号が見られますが、特に10号の動きには注意が必要です。最新の台風情報をこまめに確認することを心掛けて下さい。台風情報(気象庁HP)ヤツが来る!?

  • 梅雨明け以降は暑さが続く

    長岡まつりは晴天に恵まれて無事に終了しました。それにしても暑い日が続いています。昨年も非常に厳しい暑さとなりましたが、今年の県内の暑さにはもう一つ特徴があるようです。過去5年間の7月20日~8月5日の朝の最低気温が25℃以上と観測された日数(熱帯夜の日数)を調べてみました。上越市の高田では年毎の違いは余り見られないものの、佐渡市・相川や新潟、長岡では昨年と今年の日数が突出しています。つまり、日中のみならず夜間も厳しい暑さが続いています。高層天気図を見ていると、昨年の夏にも見られた特徴が現れています。上空約6kmの高さまでは、東から張り出す太平洋高気圧が日本付近を広く覆う一方、それよりも高い上空では、大陸上で広がるチベット高気圧が日本付近にまで広がっています。つまり、日本付近では「高気圧の2段重ね」のような構造に...梅雨明け以降は暑さが続く

  • 投開票日は真夏のような暑さ

    参議院議員選挙の投票・開票が行われた昨日・7月21日は気温も上がりました。次の図は新潟県内の14時の時点での気温と風の分布です。数字は「(観測された気温)/(標高補正した気温)」です。軒並み30℃前後となっており、30℃以上となっている所も多く見られました。気圧配置などを見ると、北上する低気圧や前線に向かって、南から暖かく湿った空気が流れ込む形となったため、新潟県内も高温状態が続いたようです。投開票日は真夏のような暑さ

  • 梅雨前線と台風の動きが気になります

    梅雨前線が北陸地方の近くまで北上する一方、その南側では台風や熱帯低気圧も北上を続けています。梅雨前線の北側では気圧の谷となる一方、南側では前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込む形となっています。最新の気象情報をこまめに確認するよう心掛けて下さい。梅雨前線と台風の動きが気になります

  • これが自然の厳しさと言うものか・・・

    予報センター(事務所)の外壁にツバメが巣を作りました・・・の第8回目です。おそらく、これが一先ず「最終回」となるでしょう。第1回(05月27日)では、1羽のオスのツバメが巣を作り、メスにアピールするまでの展開第2回(05月31日)では、2羽のツバメが「つがい」となって、共同生活を営む様子第3回(06月07日)では、ツバメが抱卵を始めた(と思われる)様子第4回(06月14日)では、ツバメが抱卵を続けている(と思われる)様子第5回(06月21日)では、引き続き、ツバメが抱卵を続けている(と思われる)様子第6回(06月28日)では、ようやく卵から雛が孵り、ツバメが幼雛に餌を与える様子第7回(07月05日)では、ツバメの雛が顔を出す様子をご紹介しました。7月8日(月)この日の朝、出勤してツバメの巣を見ると、巣の周りは静...これが自然の厳しさと言うものか・・・

  • ツバメの雛が顔を出した!

    予報センター(事務所)の外壁にツバメが巣を作りました・・・の第7回目です。第1回(05月27日)では、1羽のオスのツバメが巣を作り、メスにアピールするまでの展開第2回(05月31日)では、2羽のツバメが「つがい」となって、共同生活を営む様子第3回(06月07日)では、ツバメが抱卵を始めた(と思われる)様子第4回(06月14日)では、ツバメが抱卵を続けている(と思われる)様子第5回(06月21日)では、引き続き、ツバメが抱卵を続けている(と思われる)様子第6回(06月28日)では、ようやく卵から雛が孵り、ツバメが幼雛に餌を与える様子をご紹介しました。7月1日(月)この日の朝は雲が広がり、どんよりとしていました。出勤後に巣の様子を見ると、ツバメの姿は無く、雛の声もせず・・・静寂が漂っていました。ふとした瞬間、小さな...ツバメの雛が顔を出した!

  • 梅雨前線の影響が気になります。

    梅雨前線が九州の近くから日本の南岸に停滞しています。その北側では上空の寒気や気圧の谷が西から接近する一方、南側では暖かく湿った空気が流れ込んでいます。ざっくりとしたイメージを描くと次の図のようになります。前線の近くの地域では大雨となっている所もあります。引き続き、気象庁等から発表される情報を御確認の上、適切な行動を心掛けて下さい。梅雨前線からの距離と天気の傾向として、前線の北側では「七五三の法則」が知られていますが、前線の南側では約100~200kmほど離れた所で活発な対流が起こりやすくなります。この付近では、バックビルディング型の降水系をはじめとする線状降水帯の発生に伴い、局地的に大雨となることがあります。また、梅雨前線帯の構造はこちらで図解しています。梅雨前線の南側から、大量の水蒸気と熱エネルギーが持続的に...梅雨前線の影響が気になります。

  • 梅雨前線からの距離と天気の傾向

    梅雨前線からの距離と天気の関係を表す法則として「七五三の法則」がよく知られています。これは、梅雨前線からの距離が300km以内であれば「雨」、500km以内であれば「曇」、700km以上離れていれば「晴」の目安というものです。この「七五三の法則」は、対象となる地点が梅雨前線よりも北側にある場合に適用されます。一方、梅雨前線よりも南側の場合は、前線から約100~200kmほど南に離れた所で活発な対流が起こりやすくなります。梅雨前線の構造についてはこちらの記事をご参考下さい。この両者を合わせたのが下の図です。また、距離感を掴むために「佐渡島で何個分」に相当するかを併記しました。ここでは、佐渡島の南北の距離を約60kmとして計算しています。梅雨前線からの距離と天気の傾向

  • ついに、その時が・・・。

    予報センター(事務所)の外壁にツバメが巣を作りました・・・の第6回目です。第1回(05月27日)では、1羽のオスのツバメが巣を作り、メスにアピールするまでの展開第2回(05月31日)では、2羽のツバメが「つがい」となって、共同生活を営む様子第3回(06月07日)では、ツバメが抱卵を始めた(と思われる)様子第4回(06月14日)では、ツバメが抱卵を続けている(と思われる)様子第5回(06月21日)では、引き続き、ツバメが抱卵を続けている(と思われる)様子をご紹介しました。6月24日(月)朝、出勤して巣を確認しようと外に出て、ふと足元を見ると・・・小さな卵の殻が幾つも落ちていました。よく見ると、黄身や白身が漏れているなどの様子もなさそうなので、雛が孵ったようですね。ツバメさんが巣の上に立って辺りを見渡しています。そ...ついに、その時が・・・。

  • ツバメの卵は・・・未だ・・・

    予報センター(事務所)の外壁にツバメが巣を作りました・・・の第5回目です。最近は、毎朝出勤すると直ぐにツバメの巣を観察するのが日課になっています。第1回(05月27日)では、1羽のオスのツバメが巣を作り、メスにアピールするまでの展開第2回(05月31日)では、2羽のツバメが「つがい」となって、共同生活を営む様子第3回(06月07日)では、ツバメが抱卵を始めた(と思われる)様子第4回(06月14日)では、ツバメが抱卵を続けている(と思われる)様子をご紹介しました。さて、今回は果たしてどのような展開が待ち受けているのでしょうか。6月17日(月)この日は雲の多い空模様が続きました。朝の内は一時的に雨を伴い、昼以降は雲の間から日射しも届きました。いつものように出勤して直ぐにツバメの巣を見ると、ツバメの姿は見えませんでし...ツバメの卵は・・・未だ・・・

  • 山形県沖の地震発生

    この度の地震で被害に遭われた皆様に、謹んでお見舞いを申し上げます。引き続き、注意・警戒を要する状況ということで、気象庁HPにも関連情報のポータルサイトが開設されました。ご参考になれば幸いです。令和元年6月18日22時22分頃の山形県沖の地震の関連情報(気象庁HP)http://www.jma.go.jp/jma/menu/20190618_yamagata_jishin_menu.html山形県沖の地震発生

  • ツバメは本当に抱卵してるのか?

    予報センター(事務所)の外壁にツバメが巣を作りました・・・の第4回目です。最近は、毎朝出勤すると直ぐにツバメの巣を観察するのが日課になっています。第1回(05月27日)では、1羽のオスのツバメが巣を作り、メスにアピールするまでの展開第2回(05月31日)では、2羽のツバメが「つがい」となって、共同生活を営む様子第3回(06月07日)では、ツバメが抱卵を始めた(と思われる)様子をご紹介しました。さて、今回は果たしてどのような展開が待ち受けているのでしょうか。6月10日(月)この日は朝から雲が広がり、少し弱い雨も伴いました。ベランダにはツバメさんの姿は見えませんでしたが、巣の中にはしっかりいました。どうやら卵を抱いているようです。そこへもう1羽がやってきました。ベランダの手摺に止まり、顔を見せてくれました。毎日、お...ツバメは本当に抱卵してるのか?

  • ツバメは相変わらずの御様子・・・?

    先日、予報センター(事務所)の外壁にツバメが巣を作り始めました。第1回(05月27日)では、1羽のオスのツバメが巣を作り、メスにアピールするまでの展開第2回(05月31日)では、2羽のツバメが「つがい」となって、共同生活を営む様子をご紹介しました。さて、今回は果たしてどのような展開が待ち受けているのでしょうか。6月3日(月)出勤して暫くすると、チュピチュピ・・・と声が聞こえてきました。外を見ると、ベランダに1羽、巣の中に1羽のツバメさんの姿を見ることができました。ベランダの手摺に止まるツバメさんを網戸越しに。そして、外壁の高い所にある巣の中にもう1羽のツバメさん。尾が見えますね。その後、2羽連れ立ってどこかに飛び立ち・・・また戻ってきたかと思うと、どこかに行ってしまいました。昼間の日射しが強いので、どこか木陰で...ツバメは相変わらずの御様子・・・?

  • 3種類の線状降水帯

    暦も6月に入り、梅雨前線の季節が近づいてきました。豪雨などの大雨に伴う被害が未然に防止されることを願って止みません。梅雨の時期はやはり「大雨」が気になります。集中豪雨のような大雨において重要な要因は、下層約1kmまでの範囲内に含まれる水蒸気量です。また、大雨がもたらされた結果、その上空3km程度の高さで湿舌が形成されます。さて、暖かく湿った空気が流れ込む等の要因で、大気の状態が非常に不安定になると、活発な対流が起こりやすくなります。このような場において、地形の影響等から誘発された上昇気流に伴って積乱雲が発生します。そして、様々な条件が重なると、積乱雲が列を成すような線状の激しい降水域(線状降水帯)が形成されます。今回は、線状降水帯の主な3つのパターンについて簡単なイメージを描いてみました。(1)バックビルディン...3種類の線状降水帯

  • 5月にしては暑かった ~2019年05月~

    今年(2019年)の5月は後半が特に暑かったように感じます。実際の所はどうだったのか、気になったので調べてみました。まずは、新潟県内の5月の夏日の日数です。ここでは、主な地点における日最高気温が25℃以上と観測された日数を数えて、平年値と比較しています。県内各地で平年値を上回る傾向が見られ、下越と佐渡では特に顕著になっています。(各地のグラフは、左:2019年、右:平年値)続いて、新潟県内の5月の降水量です。ここでは、主な地点における月降水量と平年値と比較しています。上越・中越・下越では平年の6~7割であり、佐渡では平年の4割弱と降水量が平年より少ない傾向にありました。(各地のグラフは、左:2019年、右:平年値)5月の大気の流れの特徴として、下旬の場合を見てみると偏西風が日本付近で大きく蛇行する傾向が見られま...5月にしては暑かった~2019年05月~

  • 5年ぶりの上越訪問

    今日はふとした思いつきで上越高田を散策してきました。上越訪問は、2014年10月のCAMJ(日本気象予報士会)の研修以来なので、約5年ぶりとなります。まずは、JR信越本線で直江津まで向かいます。この道中、車窓から見える海の景色に心奪われます。柏崎を過ぎて鯨波~青海川~笠島の間で、車窓から海を見ることができます。乗換地点の直江津駅に到着しました。これまで上越は2回ほど訪問したことがありますが(いずれもCAMJ研修)、直江津駅の外に出たのは今回が初めてです。今回はただの気まぐれな「ぶらり旅」なので、時間を気にする必要がありません。初めて見る直江津駅は大きかった。そして、不思議な像が立っています。そして、この直江津駅で「えちごトキめき鉄道・妙高はねうまライン」に乗り換えます。直江津から2駅目が目的地の「高田」です。5...5年ぶりの上越訪問

  • ツバメのその後

    先日、予報センター(事務所)の外壁にツバメが巣を作り始めました。前回(05月27日)の記事では、1羽のオスのツバメが巣を作り、そこへメスがやってきて・・・、という展開までをご紹介しました。ツバメは果たしてつがいになれたのでしょうか。5月27日(月)この時期とは思えないような、照りつけるような日射しが降り注ぎ、朝から暑い日となりました。巣を見ると、ツバメが止まっています。そして、直ぐ横のベランダを見ると・・・もう一羽が止まっています。事務所の中を覗き込んでいます。天気予報の現場に興味があるのでしょうか。この表情が何とも言えませんね。一羽は巣の中に入り、もう一羽はベランダで周囲を見張っているような感じです。どうやら、二羽はつがいになったようです。めでたし、めでたし。それにしても、メスがずっと卵を抱く、いわゆる「抱卵...ツバメのその後

  • コアコンピタンスのポートフォリオ

    このブログは本日をもって、開設より4900日目を迎えました。そんな日に、一つ気になる記事を見つけました。NEC、創薬事業に本格参入AI活用、新型がんワクチン(gooニュース・共同通信)記事によると、NEC(日本電気株式会社)がAIを用いて創薬分野に参入するそうです。私にとって「NEC」と言えば、やはり「PC-9801」シリーズなどに代表されるコンピュータやOA機器のイメージが強いです。子供の頃は「PC-6001mkII」「PC-8801FA」「PC-9801F2」などに触れ、プログラミングに親しんだものです。さて、現在では、様々な電気・電子・機械メーカーが医薬品事業に参入するなど、従来の専門分野の垣根を越えて異業種参入する動きが見られます。その内、気象情報分野への異業種参入も珍しい事では無くなるでしょう。見方に...コアコンピタンスのポートフォリオ

  • ツバメの巣作り

    予報センター(事務所)の外壁にツバメが巣を作り始めました。今回は、ツバメの巣の作り始めから出来上がるまでの記録です。ツバメが巣作りをすると「縁起が良い」と聞きますが、実際の所はどうなることやら。5月16日(木)最近、鳥の鳴き声が賑やかになってきた・・・と思ったら、外壁の換気口の上にツバメが巣を作り始めていました。5月17日(金)巣の底(土台?)になる部分がハッキリと見えてきました。せっせと枯草や泥を運んで、少しずつ周囲の壁を固めています。5月20日(月)土日も休まず働いていたのでしょう。周囲の壁が積み上がり、巣も大きくなってきました。ツバメもこちらに気付いたのか、カメラ目線を決めています。5月21日(火)この日は朝から雨脚が強く、昼頃まで雨の空模様が続きました。ツバメの姿も見えなかったのですが、午後になって雨が...ツバメの巣作り

  • 英語論文を読み進める

    先の10連休は時間の合間に英語論文の和訳を進めていました。和訳自体は連休中に完了できたものの、内容はさすがに高度かつ難解なものでした。この論文は、気温デリバティブに関する論文ですが、最初の式(1)を見た途端、目が点になってしまいました。そもそも、この式がどこから出てきたのか、全く書いていないのです。ひょっとすると、(ハイレベルな)金融工学や経済学の分野では当たり前の公式なのかもしれません。幸い、この論文は国内の研究者の方にも多く引用されているので、その引用先の文献(もちろん日本語で記載されている)のレビューを何報か読みました。その結果、ミクロ経済学に登場する「異時点間理論」に基づくものと判りました。以前、独学していた「ミクロ・マクロ経済学」の知識がこのような形でつながってくるとは。さらに「効用関数」を考慮すると...英語論文を読み進める

  • 謹んで新時代「令和」のお慶びを申し上げます

    美しき黄金週間に加え、改元と言う歴史的な出来事の調和もあり、世間は年末年始のような盛り上がりを見せているように感じます。超長期休暇を満喫される方もいれば、休日返上の繁忙期となっている方もいらっしゃることでしょう。年末年始(大晦日~元日)や年度末年度始(3月末日~4月1日)も節目ではありますが、これらは毎年のように訪れる周期的な節目です。しかし、改元は数十年に一度の歴史的な節目と言うこともあり、感慨深いものであります。これまでの自らの人生を振り返ってみると、昭和時代を小学校で過ごし、平成時代の始まりと共に中学校に進学し、それから学生時代を経て社会に飛び立ち、幾多の紆余曲折を経て今日に至ります。人生の過半数を過ごした平成時代は、言わば自らの基礎・基盤を固め、進むべき専門分野を確立すべく、自己研鑽と修行を重ね続けた時...謹んで新時代「令和」のお慶びを申し上げます

  • 世間は10連休と言うけれど・・・

    この連休は如何お過ごしでしょうか。巷では「10連休」と言われておりますが、私はもちろん「通常営業」です。テレビは特番編成でも、ラジオは通常放送なので、私も通常営業です。また、毎年この時期は、5月下旬に開催される気象学会・春季大会の発表に向けて準備する時期でもあります。ただ、今回は発表の予定はありません。昨年の秋季大会でオーラルセッションに臨み、今年の2月には気象予報士会の研究成果発表会で発表したばかりなので、さすがに5月の参加は見送りました。その代わり、冬の間に密かに進めていた小研究を論文(ノート)にまとめて投稿した所です。今後の行方が気になる所です。年度末までは降雪予報期間でもあったため、身動きの取れない状態が続いておりました。そこで当初は「5月連休が取れたら、ぶらり旅でも満喫しようか」と甘い考えを持っており...世間は10連休と言うけれど・・・

  • ガス事業を想定した収益予測の試み

    最近まで読んでいた「天候リスクマネジメントへのアンサンブル予報の活用に関する調査」、「企業の天候リスクと中長期気象予報の活用に関する調査」の報告書を参考に、気象条件の事業収益に与える影響を解析してみました。今回は、都市ガスの製造・販売等を行う事業者(企業)を想定し、収益予測のシミュレーションを試みました。言うまでもなく、実際の企業活動や収益発生のプロセスはとても複雑です。このプロセスを簡易モデル化するために、次のような5つの仮定を設けました。そしてこれらの過程に基づく予測モデルを構築し、理想化されたケースでシミュレーションを行います。(仮定1)売上はガス販売、ガス関連工事、ガス関連器具他の3種類から構成される。また、ガス販売の内訳は家庭用・商業用・工業用・その他用の4種類に分類される。ここで、売上高の構成比率は...ガス事業を想定した収益予測の試み

  • 研究成果発表会に行ってきました

    2月23日(土)~24日(日)の週末は、(一社)日本気象予報士会「第11回研究成果発表会」に参加してきました。今回は発表会前日の土曜日に東京に向かい、都内に前泊しました。翌日の日曜日は、気象庁講堂を会場に20件を超える研究成果が発表されました。その旅の思い出です。普段の発表会は土曜日であることが多く、当日の朝に会場へ向かいます。今回は前泊なので、午後の新幹線に乗りました。自由席の車両も意外に空いていました。新幹線の窓から望む山間部の風景です。平地の雪融けは進んでいますが、山間部はまだ雪化粧したままです。とは言え、移り行く景色をのんびりと堪能している余裕はありません。新幹線の中でも事前勉強は欠かせません。冬期間は多くの予報業務が重なることもあり、なかなか勉強する余裕がないのです。この移動時間で、これまでに読んだ文...研究成果発表会に行ってきました