ぶらっと、旅る。
読者になる
住所
伊東市
出身
ハンドル名
naokysさん
ブログタイトル
ぶらっと、旅る。
ブログURL
http://thenaokys.blog.jp/
ブログ紹介文
バックパッカーnaokys!過去の一人旅やまだ見ぬ冒険浪漫な旅路をドドドッと書き綴る狂い咲き旅日記
自由文
-
更新頻度(1年)

19回 / 327日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2014/11/02

naokysさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(IN) 56,932位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,800サイト
INポイント 2 0 0 0 0 0 0 2/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 2,679位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,039サイト
海外一人旅 51位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 858サイト
海外ぶらり旅 22位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 301サイト
バックパッカー 21位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 360サイト
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,800サイト
INポイント 2 0 0 0 0 0 0 2/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,039サイト
海外一人旅 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 858サイト
海外ぶらり旅 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 301サイト
バックパッカー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 360サイト
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,800サイト
INポイント 2 0 0 0 0 0 0 2/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,039サイト
海外一人旅 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 858サイト
海外ぶらり旅 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 301サイト
バックパッカー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 360サイト

naokysさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、naokysさんの読者になりませんか?

ハンドル名
naokysさん
ブログタイトル
ぶらっと、旅る。
更新頻度
19回 / 327日(平均0.4回/週)
読者になる
ぶらっと、旅る。
  • 『 G・W・P・T⑦ ~ゴールデンウィーク・フィリピン・トリップ~ 』

     「 ダバオ フィリピン・ミンダナオ島 5月4日~5月5日 」 ミンダナオ島のダバオは、世界一行政面積の広い市だそうで、東京都23区の約4倍もの広さがあると言う。そんなバカでかいダバオ市で長年市長を務めたドゥテルテ氏は、悪名もさることながらその政治的手腕を買

  • 『 G・W・P・T⑥ ~ゴールデンウィーク・フィリピン・トリップ~ 』

     「 スリガオ~ブトゥアン~ダバオ フィリピン・ミンダナオ島 5月3日 」 どーいうことだよ一体!! ダバオ行きのバスがいないだと!? 昨日、このスリガオのバスターミナルで集めた情報によると、ダバオ行きは毎朝9時にスリガオ・ツアーズのバスが出ているとのこ

  • 『 G・W・P・T⑤ ~ゴールデンウィーク・フィリピン・トリップ~ 』

     「 スリガオ フィリピン・ミンダナオ島 5月2日 」 バスターミナルのベンチで野宿の一夜を明かし気が付くと朝。 そこにはもう日常のバスターミナル風景が姿を現し違和感でしかなかったが、周りからしてみれば違和感なのはがっつり寝ていたナオキーズ!。 仮眠取って

  • 『 G・W・P・T④ ~ゴールデンウィーク・フィリピン・トリップ~ 』

     「 レイテ島・タクロバン ~ ミンダナオ島・スリガオ 5月1日 」 サマール島南部のカトゥバロガンは漁師町。 宿のすぐ近くはもう港で、そこでは朝から市場が立ってて大賑わいだ。 港にある市場だけに獲れたての魚の群れはもちろん、肉や野菜など新鮮獲れ高マーケット

  • 『 G・W・P・T③ ~ゴールデンウィーク・フィリピン・トリップ~ 』

      「 カトゥバロガン フィリピン・サマール島 4月30日 」  移動日の朝は早い。 早朝6時に宿をチェックアウトをしたら、雲に隠れがちなマヨン火山を見納めながら歩いてバスターミナルへ向かう。 レガスピの街の人々はもう起き出していてこんな早い時間にもかかわら

  • 『 G・W・P・T② ~ゴールデンウィーク・フィリピン・トリップ~ 』

     「 レガスピ フィリピン・ルソン島 4月29日 」  寒い・・・・ 凍えそうな寒さが出発してからもう数時間も続き、時折り訪れる休憩タイムには深夜の何時だろうが外に出て身体を動かし血流を高める。 夜8時にマニラを出発した夜行バスは、エアコンを自慢するだけあっ

  • 『 G・W・P・T① ~ゴールデンウィーク・フィリピン・トリップ~ 』

     「 首都マニラ フィリピン・ルソン島 4月26日~4月28日 」 「いや、ものすごい渋滞でしょ?大渋滞。なかなかターミナルまで入って来れなくてねぇ。待たせちゃったよねぇ?どのくらい待った?10分?20分?」 「近くまで来てるのは分かってたんだけどさ。空港出た

  • 『 3日バンコク諸行無常 さんの巻 』

     「 ばいばいクルンテープ、さよならフアランポーン 3日目 」 バンコク弾丸旅最終日の今朝は7時起き。 お昼のチェックアウトまでの午前中にひとつ「インスタ映え」スポットを観光しちまおうと意気込んだ。バンコク市内の便利な交通網、MRT(地下鉄)とBTS(高架鉄道)を

  • 『 3日バンコク諸行無常 にの巻 』

     「 さよならクルンテープ、ばいばいフアランポーン 2日目 」 今回バンコクでお世話になっている「サラ・タイ・デイリー・マンション」という安宿はMRTルンビニ駅から徒歩15分くらいの場所にあり、大昔のバックパッカーの中で一世を風靡したマレーシア・ホテルの

  • 『 3日バンコク諸行無常 いちの巻 』

     「 さよならクルンテープ、ばいばいフアランポーン 1日目 」  成田国際空港の出国ゲートでパスポートに出国スタンプを押され抜けた先はもう日本のようで日本じゃない場所。 その時点でもう日本は出国済みってことなので、そこが成田国際空港第2ターミナル・サテライト

  • 『 3日バンコク諸行無常 序の巻 』

     「 プロローグ 」 2019年から2020年の間に国鉄バンコク駅が閉鎖されるってなウワサを聞いた。 タイの東西南北どこへ行くにも起点となってるバンコクの「フアランポーン駅」、現地のタイ人たちは「クルンテープ駅」と呼んでいる100年からの歴史ある鉄道交通の

  • 『 スリランカピリ辛仏教巡り エピソード16 』

     「 旅の終わりはいつも帰国が嫌になる 」 夜の7時半頃にスリランカ・バンダーラナーヤカ国際空港を飛び立ったスリランカ航空は、日本時間の朝7時半に成田第2国際空港へ降り立つ。 時差の関係で12時間だが、実際は8時間半のフライト時間だった。 さっかくの窓側

  • 『 スリランカピリ辛仏教巡り エピソード15 』

     「 夕陽スポット 西海岸・ニゴンボ 」(1日目) ニゴンボは南側の港町と北側のリゾートエリアの2つの地域に分かれている町だ。 港町のバスターミナルからトゥクトゥクに乗って10分ほど、リゾートエリアのメインストリートで降り立った。 何軒か安宿を見て回る。

  • 『 スリランカピリ辛仏教巡り エピソード14 』

     「 東海岸サーフスポット アルガム・ベイへの道 」 アーユボーワン!(シンハラ語でこんにちわ!) 前回のブログでアルガム・ベイでの堕落した日々を紹介したはずなのに、またアルガム・ベイですか!?Σ( ̄ロ ̄|||) と、お思いの『ぶらっと、旅る。』愛読者のみなさ

  • 『 スリランカピリ辛仏教巡り エピソード13 』

     「 なにも しないで いい時間 」 やって来たのは 東のビーチ 世に名の知れたサーフポイント 波乗り横目に 寝転ぶ砂浜 太陽サンサン 白い雲 ここは天下のアルガム・ベイ 頭の中はカラッポで  心の中はまったりで 風に揺れるは椰子の葉で・・・・ この日、

  • 『 スリランカピリ辛仏教巡り エピソード12 』

     「 高原列車でトロトロと 」 その高原列車から眺める車窓は「アジアで一番美しい車窓」と呼ばれるほどの景色だそうだ。 古都キャンディ-から、茶畑で埋め尽くされる丘陵地帯の山間地域に入り、いくつもの山あいの村を通過した終着駅「バドゥッラ」までの区間を、のんびり

  • 『 スリランカピリ辛仏教巡り エピソード11 』

     「 シンハラ王朝最後の都 古都キャンディ  2日目 」 現在地・古都キャンディ 2日目の予定は夕方5時からのキャンディアン・ダンス鑑賞までなにもすることがないので、別に早起きする必要もないし、ましてや日曜日の朝だからゆっくりだらだらしてようって決めてたの

  • 『 スリランカピリ辛仏教巡り エピソード10 』

     「 シンハラ王朝最後の都 古都キャンディ  1日目 」 この三角形の中の地域が『文化三角地帯』 世界遺産・遺跡だらけだ シーギリヤともお別れの朝がやってきた。 朝食はオーナーの奥さん手作りのライスプディング(甘い米)と、ポーチドエッグ、チャパティ、食パン。

  • 『 スリランカピリ辛仏教巡り エピソード9 』

     「 カルチュアル・トライアングル⑤ 」 午前中をフルに使い、シーギリヤ・ロックの観光を終えたナオキーズ! 午後からは、次なる世界文化遺産・ダンブッラの石窟寺院へ向かうため、一路シーギリヤのバス停までチャリを走らせた。 バス停に着いたは良いが、メインロー

カテゴリー一覧
商用