プロフィールPROFILE

えくぼさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
えくぼ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/matsui04
ブログ紹介文
ごいっしょにおしゃべりしましょう。
更新頻度(1年)

182回 / 365日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2014/10/31

読者になる

えくぼさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/11 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 全参加数
総合ランキング(IN) 37,864位 38,383位 37,915位 44,502位 38,016位 38,026位 49,471位 980,431サイト
INポイント 0 0 0 10 0 10 0 20/週
OUTポイント 10 0 0 0 0 10 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ネットブログ 170位 174位 169位 179位 163位 165位 186位 7,356サイト
その他日記ブログ 1,074位 1,094位 1,092位 1,147位 1,098位 1,094位 1,204位 27,410サイト
日々の気になること 37位 37位 35位 38位 37位 35位 37位 864サイト
ポエムブログ 172位 170位 172位 174位 173位 174位 211位 5,908サイト
俳句 31位 30位 32位 32位 33位 32位 36位 307サイト
今日 12/11 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 全参加数
総合ランキング(OUT) 61,591位 81,027位 66,293位 66,280位 63,313位 63,311位 74,082位 980,431サイト
INポイント 0 0 0 10 0 10 0 20/週
OUTポイント 10 0 0 0 0 10 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ネットブログ 249位 296位 268位 267位 245位 235位 270位 7,356サイト
その他日記ブログ 1,698位 2,093位 1,939位 1,935位 1,747位 1,759位 1,965位 27,410サイト
日々の気になること 45位 58位 54位 54位 51位 49位 53位 864サイト
ポエムブログ 240位 324位 249位 252位 260位 266位 331位 5,908サイト
俳句 55位 69位 55位 54位 54位 57位 68位 307サイト
今日 12/11 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,431サイト
INポイント 0 0 0 10 0 10 0 20/週
OUTポイント 10 0 0 0 0 10 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ネットブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,356サイト
その他日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,410サイト
日々の気になること 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 864サイト
ポエムブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,908サイト
俳句 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 307サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、えくぼさんの読者になりませんか?

ハンドル名
えくぼさん
ブログタイトル
えくぼ
更新頻度
182回 / 365日(平均3.5回/週)
読者になる
えくぼ

えくぼさんの新着記事

31件〜60件

  • 俵万智の「寅さん」

    今朝の☀新聞の広告「月刊・寅さん8月号」に驚く。50年前の今日「男はつらいよ」シリ一ズ第1作が公開された。その節目にちなみ月1回の企画「月刊寅さん」をはじめるとのこと、不寛容、貧困、格差、孤独死、、、いま、日本の社会は様々な問題に直面している。寅さんだったら、どんな言葉をかけるだろうか?「いまの社会を見たら何て言うかな」と俵万智が次のように語っている。「高校生のときボ一イフレンドが映画・寅次郎ハイビスカスの花に誘ってくれました。寅さんの言葉にスカッとしたり、自由な生き方に憧れたり、柔らかく心が揺れ動く感じがしてとても幸せな気分になりました」私が寅さんと親しくなったのは「はとバス」の旅の帰路だった。ガイドさんが何か映画を?乗客に聞くと「寅さん!」のリクエストがいつも圧倒的に多く、私もその一人だった。寅さんは旅その...俵万智の「寅さん」

  • 友達の前で「仮面」

    もうじき夏休みが終わるが学校に行きたくない子供たちが多いらしい。本日日曜☀新聞で小説家の平野啓一郎さんが自身の中学2年の経験を語っている。平野さんは中学2年のときに、自分より成績の低い友達を「あおって」しまい、1年間くらい遊びに誘われなくなった。友達の前で「仮面」をかぶっていたからだと感じる。しんどい、むなしい、彼は「自分」は複数の人格の集合体と考えているそうである。対人関係ごとの自分は、本当の自分だと考えたらよいと思う、彼はいま44歳。父を1歳で亡くし早熟だったらしい。「日蝕」という小説で「芥川賞」を受賞したのは大学生のときだったような気がする。その「日蝕」を私は読んだが難解だった。その後は彼の作品を敬遠していたが、映画化される作品を書いたりして作家として活躍しているらしい。たぶん彼の母親は私より年下であろう...友達の前で「仮面」

  • 渋谷は豪雨されど近くの我が家は?

    けさ7時のテレビで渋谷駅付近の豪雨を見て驚く。我が家には小雨も降っていない。ベランダも濡れていない。物干しのシャツも乾いている。我が家と渋谷駅はバスで20分、せいぜい4キロしか離れていない。買い物は渋谷、待ち合わせも渋谷なのだ。☔大雨の渋谷駅にて我を待つ岡本太郎の「明日の神話」力いっぱい太郎が描いた大壁画、岡本かの子の息子が描いた「芸術は爆発ですね太郎さん」、この線は怒りあの線は叫ぶ「完成ってどこで自分を許すかを知ることですか」「未完もいいぞ」私は久しぶりに太郎さんに会いたくなった。でも渋谷駅付近はいま豪雨、そして我が家には小雨もふらないなんて、渋谷駅付近の雨は「ゲリラ豪雨」とテレビで言われている。岡本太郎の作品もゲリラ豪雨みたいだ。ぜひ渋谷駅で岡本太郎さんに会いたい!渋谷は豪雨されど近くの我が家は?

  • 横浜にカジノが?

    ◾新聞に「横浜、カジノ誘致」の記事あり猛暑の昼に我に寒気が8月20日の☀新聞に「横浜市がカジノを含む総合型リゾ一トを誘致する方向」の記事に驚く。猛暑の昼に寒気が押し寄せて来るような、、。市は9月の市議会に約3億円の補正予算案を出すらしい。しかも政府は国内3カ所まで誘致をしょうとしているなんて!カジノ誘致は市民や議会内での反対が根強いのになぜ危ないことをしたがるのか。外国人に多額のお金を使わせ儲けようとしたら日本人が狂ってしまうだろう。お金は魔物だ。働かずに一瞬で大金を手にしたらコツコツ働かなくなり私たちはみなギャンブル依存症になってしまう。私の知る限り収入は少なくても何とか生きている人々が多い。ささやかな蓄えでも百歳まで生きている人は宝くじさえ買わない。幸運など決して信じない。お金を家族を健康を大切にしている。...横浜にカジノが?

  • 俳句の「8月15日」

    ▼本日朝刊☀歌壇に8月15日は見当たらないが俳壇には3句入選句、読みながら私は寒気がする。戦争は怖い、今後絶対に戦争をしないように!▼長谷川櫂選八月が記憶の底で焦げている(笠井彰)選者評戦争の記憶があるかぎり、燃え続け焦げ続ける八月。▼大串章選満州に生まれ八月十五日(佐藤茂)選者評八月十五日は様々なことを思わせる。作者は満州で生まれたことを思い、私は満州で敗戦を迎えたことを思う。▼高山れおな選開戦に踊り八月十五日(佐藤茂)選者評なし世界一短い詩といわる俳句が戦争の恐ろしさを端的に伝え八月十五日が効果的だ。もうすぐ八月が去るが忘れてはならない悲惨な戦争を!「短歌時評」は松村正直氏。東日本大震災から8年過ぎ避難者も減り、報道や関心が盛り上がらなくなることを懸念している。震災とその後の日々を詠み続ける意義は大きいと述...俳句の「8月15日」

  • 🐠 「魚の館」 こそよけれ

    せっかくのお盆休みも悪天候で台無し。子供たちの夏休みは2週間しか残っていない。こんな時は水族館がいいのではないか。魚たちだって人間を待っている。水族館で災難に遭った話を私は知らない。7年前に刊行した私の歌集「厚着の王さま」から抄出、🐠「魚の館」九首🐠八月の魚の館の客人のわれは魚族にとりかこまれて🐠とらふぐが胸の辺りに来ていたり「わたしの心を覗かないでね」、🐠シビレエイに睨まれている電流を放つ魚らし自家発電の🐠総身の棘を光らせハリセンボン体まるごと怒りていたり🐠いちまいのガラスを通しその胸にふれいし手より去りゆくメバル🐠水槽がもし割れたなら非常口どこにあるのか魚のための🐠調教師がイルカを抱き放つまでラブシ一ンのごと見つめていたり🐠今日もまた魚を食べる気になれず冷蔵庫には鰈の死体🐠あの魚の目は泣いていた私をじっと見...🐠「魚の館」こそよけれ

  • 読書の夏を

    八月の10日も過ぎてこの夏は猛暑なのだとあきらめている、この先1週間の予報は30度以上の日が続く。この時期に外出、まして旅行などするのはやめよう。「読書の夏」がいい、新聞の本の広告が目につく。「婦人公論8/27号」の特集は🔷主婦にこそ「定年」を!家事、介護、夫の世話から自由になる、「妻だからら」「母だから」と自分を縛らないで「家事のつらさは死ぬまで続く」この特集は私より夫に読ませたい!🔷マンガ日本の古典全32巻歌人には古典文学に強い人が多く私は肩身が狭い。日本史が苦手なのだ。令和になり私は慌てている。マンガなら何とかなりそうだ、32巻は8月中に読めるかもしれない。秋は家で読書なんてもったいない!特に紅葉の頃は思い切り自然を楽しみたい、そのためには「夏の読書こそよけれ」である。まずマンガの古典「1」古事記を、「2...読書の夏を

  • 歌誌「未来」の8月号

    今月号の「未来」が届いたのは8月6日、やっと8月号を開くことができた。待ち遠しかったのは「令和」の歌を読みたかったからである。未来の歌稿は3か月のちに掲載される。8月号は5月15日が締め切り、会員の令和の歌を知りたかったのだ。ところがほとんど見当たらない。選者13名のうち2人だけ、私はじっくり詠んだ作品より鮮度のよいものを発表したくなるのだ。特にブログは新しい話題を心がけている。老人も中年も若い方たちもぜひ読んで頂きたい。未来8月号の私の歌をご紹介します、令和になった直後の歌です。冬眠から目ざめたような心地して窓にひろがる新緑が眩しい平成は一万一千七十日、悲しみ、喜び、怖れ、怒りも皇后の菜の花色のドレスゆれ我も手をふるテレビを見ながら泳ぎつつ眠っているのか鯉のぼり令和元年はじまっている木陰には万葉びとがいるよう...歌誌「未来」の8月号

  • 楽天は「こんまり」 とコラボ

    昨日の朝刊☀に楽天は片づけコンサルタント近藤麻理恵をプロデュ一スする米国の会社「コンマリメディア」の株を買収したと発表した。「こんまり」の愛称で今や世界の人気者の近藤麻理恵、有名になるには音楽、絵画、文芸などの優れた才能が必要だが、「こんまり」は普通の女らしい。片づけがそれほど注目されるのは身辺を整頓するのが苦手な人間が多いからだろうか。楽天は野球で今やバ・リ一グのトップになろうとしている。元気がいい。それにしても驚いているのは近藤麻理恵ではないか。注目される才能などないと思っていた自分が世界をときめかす女になるなんて!身辺を手際よく片づけられる人間がいないらしい。私たちは物質欲が旺盛だ。企業は次々に新製品を作り私たちは買ってしまう。でも捨てられない。身辺のものに息苦しくなっている。こんまりさん助けて!◾へその...楽天は「こんまり」とコラボ

  • 猫は猫のまま

    1昨日、遠野真の「猫がきらいな人」を書いたら今朝の朝日歌壇に堂園昌彦が「猫は猫のまま」という寸評を。巧みな口語表現で猫の魅力を描いた宇都宮敦の第一歌集『ピクニック』を紹介。◾扇風機のコ一ドに飽きて湯上がりの僕の髪から水を飲むネコネコと青年との関係がなにやら妖しく、このネコはメスに思えてしまう。寸評の最後の段落で引用されている斎藤茂吉の80年余り前の一首が強烈だ。◾街上に轢かれし猫はぼろきれか何かのごとく平たくなりぬ犬の歌より猫の歌のほうがはるかに多いのではないか、犬を詠んでも単純になるが猫は屈折した情感、妖しさまでこもる、猫は嫌いと言いがら憎めない、屈折した愛情は詩歌になりやすい。遠野真も堂園昌彦も猫はとても気になるであろう。猫に寄ったり離れたり、でも宇都宮敦は猫と戯れあっている。彼は猫に愛されていると信じてい...猫は猫のまま

  • 「猫がきらいな人 」

    「うた新聞八月」のライムラィト89が面白い。遠野真が書いているから面白いのか「猫がきらいな人」を私はニヤニヤしながら読んだ。私は猫がきらいな人のつもりだが何故か猫が気になり猫を詠むことか多い。😺猫は耳をとがらせ我の嘘を聞き夫はタバコのけむりを放つもし犬だったら私の話を疑うことなく聞き流すだろう、でも猫は「その話嘘くさいなあ」とちらりと私を見る。だから私は「猫がきらいな人」なのだ。猫ぎらいな感情のなかには、間違いなく幾分かの「猫好きぎらい」が含まれている。と遠野真は指摘している。さらに遠野真は「肯定よりも否定のほうがものごとの輪郭をはっきりさせるから、自分を知ってほしいときに、何が好きかより何がきらいかを言ってしまいたくなることもある」と、「私は無意識に猫を詠むのは自分の屈折した情感は猫でなければ表現できないから...「猫がきらいな人」

  • 朝日歌壇「番外地」

    朝日歌壇の入選は逃したが笑いを誘う短歌を紹介する「番外地」第11弾、今年は永田和宏選者が紹介する。◆トランプの壁より高し朝日歌壇甘酒飲んでひとり慰む山口正子永田トランプの壁が無くなっても、すみません、朝日歌壇の壁は低くはならないと思います。◆ごくたまにわが歌の載ることあれば着いていゐるらし投稿の葉書坂本捷子永田「ごくたまに」と言うけど、はるかに打率の低い方も大勢いらっしゃいます。念の為。昔、「私書箱300」は本当にあるのかなんて歌もあった。◆出してもいない歌をさがす日曜日出さねば出ない出しても出ない梶正明永田「出しても出ない」が妙。選者への微かな怨嗟もあるか。あまり深刻にならないで。逆にあまりの能天気に笑ってしまうことも。◆千年後朝日歌壇の吾の歌が元号となる夢を見ている鈴木高志永田選者いいですねぇ。万葉集が元号...朝日歌壇「番外地」

  • 病院、老人ホ一ムが消える街

    本日発売の週刊朝日の広告を見て怖くなる。猛暑がはじまりヤレヤレなのに騒がしいですよ週刊朝日さま、でも日本の人口減少は深刻。昨今の大都市の空き家の増加は人口が減少するなかでますます深刻な悩みですね。空き家がいちばん多いのは大阪、つぎが東京らしい。人口が多いが独り暮らしの老女が多い。70歳を超えた女たちは家事がおもうようにできない。いわゆるゴミ屋敷の住人になってしまう。大阪や東京のような大都市でも近所がゴミ屋敷だとしたら棲む気になれない。住人が減ったら、病院、老人ホーム、百貨店まで消えてしまう。そんな現象が起こるだろか。1年後。五輪が終わり競技場もホテルも無人のままの東京、まさにゴ一ストタウン!、電車もバスもタクシ一もない、レストランも営業していない、そんな東京は砂漠だ、悪人もいないが善人もいない東京、なぜか国会議...病院、老人ホ一ムが消える街

  • 「コケ旅」 へ行こう

    わたくしの抜けがらとなりハンガ一に吊られる服は古寺の苔色昨日に続いて今日も33度、いまテレビで東京の梅雨明け宣言が、遅すぎる夏がやって来た、夏服と言えば明るい青がお決まりだが、40歳を過ぎた女は青が似合わない。青は青春の色、未練がましく青い服を着るのはやめよう。私は苔色の服を着ると心地よい。涼しくなる、女らしい気分になる。「コケ旅」へ行こう!朝刊の本の広告を見ながら3年前の今頃を思い出した。コケの世界は、驚きの小宇宙、日本各地に苔の絶景がある。まず京都の西芳寺、世界文化遺産として知られている。しっとりとした苔に覆われた庭園は心を穏やかにする。奥入瀬の渓流の岩は見事な苔に覆われ素晴らしい。心を洗われる。写真など撮らず短歌も詠まず私はただ眺めた。苔の名所は各地にある。古木の密集している茂みには木がまるで苔のスカ一ト...「コケ旅」へ行こう

  • つゆの花火大会

    東京の夏の風物詩「隅田川花火大会」は昨夜27日に行われた。この夏は雨が続き東京の梅雨明け宣言はまだである。花火大会は雨ならダメ、わたしは花火大好き女、でも長岡の花火大会を最後に花火大会はテレビになってしまった。昨夜は雨も降らずにソファで花火を楽しんだ。花火が終わってから雨がぽつぽつ、何とも有難い夜だった。☔雨の夜の鏡の奥のわたくしは太宰治のように頬杖☔七月のなかば過ぎれば遠ざかる太宰治はわたしの梅雨東京はまだ小雨の日が続き梅雨、しかも30度を超す蒸し暑さ、不可解な天気☔五階より見下ろ街に傘の花あまた咲きいて動きやまざる☔雨は止み人工池の水面はわれの笑顔を求めていたり☔まだ若きドラマの女もソファにて窓を流れる雨を見ている☔昼過ぎのわれに読書をさせる雨・青葉をそっと洗っている雨☔はつ夏の雨はつふやくように降る少しか...つゆの花火大会

  • 白と黒の魅力

    ◾白黒の映画に西瓜を食むおんな、昭和のはじめの夏が涼しい猛暑の今。テレビをみているとますます暑くなる、ことに赤、朱、紅、黄などは目も疲れる。そんなときモノクロのテレビはノスタルジックて新しい魅力だ。白黒時代の名作映画、「ノ一トルダムのせむし男」「タイタニック号」「小津作品」など白黒ならではの味わいがある。新聞や雑誌も同様だ。極彩色の広告よりモノクロのほうが私の目には心地よい。特に本の広告は白黒のほうが説得力がある。言葉がストレ一トに伝わっくる。🍉わが切りし西瓜の赤き断面に西瓜の汗が滲みていたりこの歌はモノクロよりカラ一のほうが私の気分が読者に伝わるかしら(笑)白と黒の魅力

  • 韓国への旅 、30年前の

    日本政府が韓国への半導体関連素材などの輸出管理を強化すると発表したのは7月1日、これをきっかけに日本と韓国の対立が深まった。昨年の訪日客数の24%は韓国から、中国に次いで2番目に多い。私は韓国が好きでまた訪ねたいと思っていた。初めての旅は平成元年釜山から10日足らず旅だった。◾「オソオセヨ」と迎えられいてニッポンに最も近き外国の釜山◾太宗台より見下ろす港は煙突とあまた汽船の海をふさげり◾韓国の木々の肥えぬは動乱の多過ぎし故とガイドは語る◾武烈王古墳を覗けばなにもなく重き空気のなかに我あり◾盗掘は日本人だという説を小声にていうガイドのおばさん(韓国のガイドさんは日本の観光客に遠慮しながら説明したのが微笑ましかった。笑)◾おおかたの花びらは空に向け開きむくげは韓くに象徴の花◾チマチョゴリの女ホテルのロビ一にてふうわ...韓国への旅、30年前の

  • 女が悩む実家の問題

    リンドウの七、八本の花束をわれより受け取るあの世の母は朝刊の婦人公論の特集は「女が悩む実家の10大問題」家、墓、お金、、。結婚してから女はにわかに実家を意識する。夫の実家を大切にしなければならない。舅や姑にはお茶も湯呑み、菓子も上質な物を、言葉も上品に、実家とは区別しこころをくばる。実家へ帰れば気楽で娘の頃の気分になれる。両親が元気で経済的に豊かだったら実家は憩いの場、でも実家が落ち込めば重荷になる。七十代ともなるとほとんどの女が実家を避ける。頼もしい甥や優しい姪を避ける、私の周りは親戚断ち、実家断ちをする老女が多い。最も問題になるのがお墓。A子は可愛がっていた姪が離婚し近頃しきりにはお墓を買うように勧める。B子は子供がいないので冬はハワイで過ごしたい、世界一周旅行などまだこの世でしたいことが沢山ある、お墓は用...女が悩む実家の問題

  • 第25回参議院選挙きょう投開票

    ☀あの真昼この街頭で候補者が日本を変えると叫んでいたがなにも変わらないではないか、むしろ悪く変わったかもしれない!今日は投票しない?いいえ私はすでにしました。期日前投票を。今日はまだ雨がふりませんが日曜は見たいテレビ番組が沢山あるので、、。年金などの老後資金「2千万円不足」問題に端を発した老後不安、消費増税、憲法を主な争点に各党の姿勢が問われる。22日未明にかけて大勢がわかる。改選後の全議席は245。憲法改正の国会発議に必要な「3分の2」は164議席だ。自民、公明の与党と安倍政権での憲法改正に前向きな日本維新の会、与党系無所属を合わせた「改憲勢力」は非改選で79議席あり、3分の2を維持するには、今回の改選で85議席が必要。日曜のテレビは私の見たい番組がどっさりある。でも私が投票した議員のことが気になる。今夜から...第25回参議院選挙きょう投開票

  • 奄美大島を襲うな台風

    またかと思う台風、なんの恨みがあって九州地方を襲うのか。東洋のガラパゴスと言われる奄美大島は私の憧れの島、5年前の冬に、台風の少ない時期の奄美大島を一周した。あの時の感動を記した10首をお伝えしたい、1、この島に四十あるとうトンネルの七つを抜けてなお昼さがり2、トンネルの闇こそよけれ薄闇はひととき我を考える葦に3、台風に倒されたソテツが幾百も左右にけものの屍のごとし4、この辺か、隕石落ちし処とは一万年前のことにしあれど5、この塵は星の粒子かさもあらば私の靴の塵は拭わぬ6、隕石の色かも奄美大島の紬の糸のふしぎな彩は7、着ることのなきま箪笥に横たわる母の形見の大島紬8、奄美大島名物という鶏飯をはじめて食みぬ帰路の昼食9、途方もなき孤をひろげゆく海原よ、あやまる岬の切り岸に来て10、奄美より東京までは1時間半の飛行ぞ...奄美大島を襲うな台風

  • 芥川賞も直木賞も女性が受賞

    第161回芥川賞は今村夏子(39)に、直木賞は大島真寿美(56)に決定。副賞は各100万円、贈呈式は8月下旬、東京都内で開かれる。芥川賞今村夏子「むらさきのスカ一トの女」、今村さんは1980年、広島市生まれ、大阪市在住、すでに太宰治賞、三島由紀夫賞、野間文芸新人賞を受賞、今回は三度目の芥川賞候補。日常を淡々と描きながら、どこかしら不穏な空気がただよう。ユ一モアと、切実さと、デビュ一以来の持ち味だ。直木賞、大島真寿美さんは62年名古屋市生まれ、同市在住、「渦、妹背山婦女庭訓魂結び」が選ばれた。すでに92年「春の手品師」で文学界新人賞を受賞し「ピエタ」で本屋大賞3位。「あなたの本当の人生は」で直木賞候補に。これからも淡々と書いていくそうである。朝刊に芥川賞の今村夏子さんと直木賞の大島真寿美さんが姉妹のように寄り添っ...芥川賞も直木賞も女性が受賞

  • 恐竜に親しむ

    恐竜はこんなだったか八階のビルは夕日を押し上げている国立科学博物館で「恐竜博2019」が開催中である。さらに8・1から8・4まで横浜アリ一ナで●実物大の恐竜ショ一、夏休みに恐竜博は例年通りだが大雨などの地球の異変が恐竜展を流行らせているのだろうか。「恐竜の教科書」「恐竜超世界」「恐竜博士になりたいすべての子供たちへ」などなど恐竜の本の広告が連休の新聞広告に賑やかだ。令和になり私たちは万葉の頃を懐かしがり、更に時代をさかのぽりたくなる。恐竜まで見たくなる。おおきな恐竜はビルの八階くらいの身長だろうか。昨日は「海の日」だったが小雨、気温もかなり低く海水浴は無理、プ一ルも閑散としていたらしい。今年は冷夏だったら子供たちは恐竜展へ、大人も一緒にゆくかもしれない。ステゴサウルスは全長約9mで草食恐竜、ぎょろ目で愛嬌があり...恐竜に親しむ

  • 今日は海の日

    朝刊🌟天声人語は「きょうは海の日である」からはじまる。海の日といえば私には7月20日、学校の夏休みのはじまる日だが今日は7月15日、小雨で涼しい。海はわが家からはるか彼方、わたしは常に海にあこがれ海を詠んでいる。✳、山よりも海が好きならまた挫折するぞと今日も言われていたり✳、夜も更けてカフカの海を見るために一人の旅を、読書の旅を✳、ラ・メ一ルは海なり母なりフランスの、かなたのことは計り知れない✳、ふたりより独りで見たい冬の海、握りしめたい春を待つ海✳、冬海の皺をうたいし女あり皺のなきまま夭折したり✳、足元より広がる津軽海峡の青は清らか青はつれない✳、アメリカと日本をへだて地球儀のライトブル一の海はなめらか✳、海へ向く手術室にて妹は子宮を失い笑顔を失う✳、木陰からわたしに見られている海が今はおっとりしているけれど...今日は海の日

  • 夏にはぐくむ理系脳

    EduA7月14日号の特集は「夏にはぐくむ理系脳」、あと1週間後から夏休みだ。🌻思考力は外遊びで育つ思考力の本質は、見えないものを見る力と、最後までやりきる力。子供がこの二つの力を伸ばす状況を外遊びが作りだしてくれる。🌻子供の疑問を聞き逃さないで夏休みの定番は昆虫採集、親子で釣りを、夜は星空を眺める。力学的、科学的な遊びを沢山やっておけば、学校で習ったときに肌感覚で理解できる。🐜吸血する蚊はみなメスだと言いながらわれを見ている草食男子あの人は理系人間などと言われるが偶々家庭環境で理系の仕事に携わっている人が多いよう気がする。女性は文系などとは限らない。私は料理をしているとき科学の実験をしているような、園芸も同様だ。短歌よりも挿し木やサボテンの珍種を作るのが上手。温室に実りし莓はどれもみな同じ真紅の小さき円錐夏にはぐくむ理系脳

  • 「人間の本性」 という本

    どうしたらいいのだろうというような砂丘斜面のわれの足あと明日から連休が続く、小雨も続きそうだ、家で読書をと思っていたら凄い本の新聞広告!「人間の本性」とは、、。妬む、残酷、狡猾、冷酷、人の不幸を喜ぶ、そんな人間といかに付き合うか著者は伊藤忠商事元会長の丹羽宇一郎いま世間を騒がせている犯罪の原因はほとんどお金、わたしたちはお金がなければ生きられない。商社で会長まで上りつめた男の生き方の極意を知りたくなる。まず複雑怪奇な人間とは、▼人間はしょせん,動物▼人間は完成に理解し合えない▼人に期待をすると生きづらくなるこんな広告文が並ぶ、が解決案も🔘目先の損得にとらわれるな🔘人は悩みがあるから生きていける🔘動きたくないときほど意識して動くまことに親切な広告である。本を買わなくてすむ、幻冬舎新書の話題作、すでに7刷6万部!あ...「人間の本性」という本

  • 全候補女性、直木賞、芥川賞も

    打たれても打たれても出る杭となれ候補の女性ら黙していたり第161回芥川、直木賞の発表は17日、今回の候補者全員が女性!候補を選ぶ「下読み」担当の編集者は「残ったのがたまたま女性ばかりだった」と。選考委員の桐野夏生さんは「偶然だと思う。女性作家に実力があるということ。驚く世の中であって欲しくない」と。芥川賞も直木賞も歴代受賞者は圧倒的に男性。🔘芥川賞、男性121女性48🔘直木賞、男性145女性44芥川賞は純文学の新鋭に、直木賞はエンタ一テインメント小説の中堅に贈られる。数ある文学賞の中でも両賞はひときわ注目され、文壇を形作った。またその文壇はまさに男性のものだった。(9日朝日朝刊より)選考委員はかつて男性が独占していたらしい。女性のおかれた厳しい環境が女性の豊かな表現力を育てたのだろか。女性の活躍は大歓迎だ。でも...全候補女性、直木賞、芥川賞も

  • 「男も日傘をさそう会」

    ☔わが家のすぐ前に来て日傘とじ水色の小さき屋根を失う今日の朝刊🌟「ひと」は「男も日傘をさそう会」の宮武和広会長(60)20年前、インタ一ネット上で宮武さんは「男も日傘をさそう会」を立ち上げた。男性が日傘を差すのは恥ずかしくない、かっこいいと。決まった「会員」はいないが「日傘が似合う有名人」をネット上で取り上げ「日傘男子」を増やす活動を続けている。私はあらためて「日傘」は女の夏のオシャレだと気づく。日焼けはシミを、女の大切な顔を醜くしてしまう。私は藤色のレースの日傘を長年愛用した。この日傘を差していると私が上品な女に思える。が急に雨が降ると雨傘にしなければ。いつの間にか日傘のような水色の雨傘を差して外出している、家業を継いだ宮武さんは不況で実店舗が閉店に追い込まれると、ネット販売専門に転じ「電子商店」の先駆けとな...「男も日傘をさそう会」

  • 世界遺産になった「仁徳天皇陵」

    メモ帖もカメラも持たず見ておりぬ、かなたに「仁徳天皇御陵」わたしは墓地が苦手である。死者たちの無念の思いが漂っているような、だから墓参りは春分、秋分で賑わっているときの昼に墓地へゆく。それなのに古墳は好きで「古墳を歩くツア一」には度々参加している。6日、ユネスコの世界遺産委員会は日本の「仁徳天皇陵」を世界文化遺産に登録することを決定、国内の文化遺産は19件目で、自然遺産とあわせて23件目となる。わたしの財産が急に増えたような気がしてとても嬉しい。登録されたのは、国内最大の前方後円墳の「大山古墳」や二番目の規模の「誉田御廟山古墳」など。4世紀後半から5世紀後半に築造された49基、それぞれ4キロ四方に密集する。形や大きさも多様な古墳は個人の権力や身分の差が目に見える形で示されるようになり、歴史を物語る物証として認め...世界遺産になった「仁徳天皇陵」

  • 女性候補28%、過去最高!

    🌹バラよりも女の多いバラ園に女の言葉があふれていたり4日公示の参院選で立候補した女性は104人、過去最高である。「候補者男女均等法」が昨年5月にできて初の選挙だが、女性擁立は与野党で差が大きい。野党がリ一ドしている。立憲民主党19人、共産党22人自民党12人、公明党2人国民民主党は選挙区と比例区を合わせて36%、共産党は55%、自民党は15%で前回から増やすことはできなかった。男性議員は失言、セクハラ、酒などでしばしば問題を起こすが、女性はおしゃべりなわりに失言が少ないような気がする。表現力があるからではないか。色々な分野で女性の活躍がめざましいのに政治での活躍が少ないのは残念だ。女性議員が多くなれば彼女たちは美人でも甘やかされたりしない、のではないか。女性議員よオシャレはほどほどに、貴女たちは芸能人ではない。女性候補28%、過去最高!

  • マンガ「日本の古典」

    いたような、いなかったようなひと卑弥呼、マンガの卑弥呼の眸は大きい朝刊のマンガ「日本の古典」の広告は目立っ、新聞1ベ一ジの3分の1のスペ一スに「このマンガ文庫は原典を読む以上に内容を理解できる」「楽しく読めて試験にも効く」全32巻ベストセラ一第1位という大きな活字の広告が、、。日本史が苦手でマンガで何とかしたという女子学生の話を聞いて、5年くらい前にマンガ日本史「卑弥呼」を買った。たしかに読みやすかった。が内容は思い出せない。このマンガを探してみたら本箱の隅にあり卑弥呼の大きな眸が私を見ている。広告のマンガ「日本の古典」の第1巻は「古事記」からはじまる。刊行から24年、累計370万部!とは。令和になり蘇ったのか、書店は本の森のようで私は木々の間をさまよってしまう。買うのは文庫本が多い。軽くて小さくバッグに収まる...マンガ「日本の古典」

カテゴリー一覧
商用