searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

Musasppqueenさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Think of nothing things,think of wind.
ブログURL
https://ameblo.jp/musasppqueen/
ブログ紹介文
村上春樹作品に出てくる音楽や文化・風俗中心に さまざまな音楽を
更新頻度(1年)

449回 / 365日(平均8.6回/週)

ブログ村参加:2014/09/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Musasppqueenさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Musasppqueenさん
ブログタイトル
Think of nothing things,think of wind.
更新頻度
449回 / 365日(平均8.6回/週)
読者になる
Think of nothing things,think of wind.

Musasppqueenさんの新着記事

31件〜60件

  • トレーシング・ぺーパー

    気がついた時、彼女は泣いていた。僕は彼女の涙に濡れた頬を指でたどってから肩を抱いた。夏の香りを感じたのは久し振りだった。潮の香り、遠い汽笛、女の子と肌の手ざわ…

  • 山羊座/イエス・キリスト

    「山羊座ね?」「そう、 君は?」「同じよ。 1月10日。」「なんとなく損な星まわりらしいな。 イエス・キリストと同じだ。」村上春樹風の歌を聴け35 よりΊησ…

  • ブラディー・マリー

    僕たちは港の近くにある小さなレストランに入り、簡単な食事を済ませてからブラディー・マリーとバーボンを注文した。「本当のことを聞きたい?」 彼女がそう訊ねた。「…

  • 戦場にかける橋

    僕たちは布団にくるまったままサンドウイッチを齧りながらテレビで古い映画を見た。「戦場にかける橋」だった。最後に橋が爆破されたところで彼女はしばらく唸った。  …

  • ラコステ

    彼女が門から出てきたのは5時を少し過ぎる頃だった。彼女はラコステのピンクのポロシャツと白い綿のミニ・スカートをはき、髪を後で束ねて眼鏡をかけていた。村上春樹風…

  • YMCA

    電話のベルが鳴った。「帰ったわ。」と彼女が言った。「会いたいな。」「今、 出られる?」「もちろん。」「5時にYMCAの門の前で。」「YMCAで何してる?」「フ…

  • レイ・ブラッドベリ

    ハートフィールドの作品のひとつに「火星の井戸」という彼の作品群の中でも異色な、まるでレイ・ブラッドベリの出現を暗示するような短編がある。村上春樹風の歌を聴け3…

  • フランダースの犬

    彼が一番気に入っていた小説は「フランダースの犬」である。  「ねえ、 君、 絵のために 犬が死ぬなんて信じられるかい?」と彼は言った。村上春樹風の歌を聴け32…

  • 戦争と平和

    トルストイの「戦争と平和」については彼は常々批判的であった。  もちろん量について問題はないが、と彼は述べている。そこには宇宙的観念が欠如しており、そのために…

  • ロマン・ロラン/ジャン・クリストフ

    「私はこの部屋にある最も神聖な書物、 すなわちアルファベット順 電話帳に誓って真実のみを述べる。 人生は空っぽである、 と。 しかし、 もちろん救いはある。 …

  • 汝らは地の塩なり

    「汝らは地の塩なり。」「?」「塩もし効力を失わば、 何をもてか之に塩すべき。」鼠はそう言った。村上春樹風の歌を聴け31 よりこの『You are the sa…

  • ナパーム

    「セイバーは本当に 素敵な飛行機だったよ。 ナパームさえ落とさなきゃね。 ナパームの落ちるところを 見たことがあるかい?」「戦争映画でね。」「人間ってのは 実…

  • アイゼンハワー

    「随分古いね。」「そう、 アイゼンハワーの頃さ。 港に巡洋艦が入ると、 街中MPと水兵だらけになってね。 MPは見たことあるかい?。」「うん。」「いろんなもの…

  • P38/DC6・7/セイバー・ジェット

    晴れわたった空を、何機かのジェット機が凍りついたような白い飛行機雲を残して飛び去るのが見えた。「子供の頃はもっと沢山の飛行機が 飛んでいたような気がするね。」…

  • ベンツ/トライアンフTRⅢ

    鼠は三階建ての家に住んでおり、屋上には温室までついている。斜面をくりぬいた地下はガレージになっていて、父親のベンツと鼠のトライアンフTRⅢが仲良く並んでいる。…

  • カザンザスキの「再び十字架にかけられたキリスト」

    僕が2時ぴったりに「ジェイズ・バー」の前に車を着けた時、鼠はガードレールに腰掛けてカザンザスキの「再び十字架にかけられたキリスト」を読んでいた。村上春樹風の歌…

  • ジーン・セバーグ

    彼女は何処かの避暑地らしい海岸の防潮堤に座り、少心し居地悪そうに微笑んでいる。髪はジーン・セバーグ風に短く刈り込み(どちらかというとその髪型は 僕にアウシュビ…

  • ホット・ケーキ+コカ・コーラ

    鼠の好物は焼きたてのホット・ケーキである。彼はそれを深い皿に何枚か重ね、ナイフできちんと4つに切り、その上にコカ・コーラを1瓶注ぎかける。僕が初めて鼠の家を訪…

  • ピンボール

    僕たちは店の奥にある薄暗いコーナーでピンボールを相手に時間を潰した。幾ばくかの小銭の代償に死んだ時間を提供してくれるただのガラクタだ。しかし鼠はどんなものに対…

  • ジム・ビーム

    その夜、鼠はビールを一滴も飲まなかった。これは決して良い徴候ではない。そのかわりに、ジム・ビームのロックをたてつづけに5杯飲んだ。村上春樹風の歌を聴け24 よ…

  • レーゾン・デートゥル

    僕が三番目に寝た女の子は、僕のペニスのことを「あなたのレーゾン・デートゥル」と呼んだ。☆僕は以前、人間の存在理由(レーゾン・デートゥル)をテーマにした短い小説…

  • パスツール/ジェンナー

    「ねえ、 パスツールは科学的直感力を 持っていたのよ。」「科学的直感力?」「つまりね、 通常の科学者は こんな風に考えるのよ。 AイコールB、 BイコールC、…

  • 名犬ラッシー

    「冷たいワインと暖かい心。」乾杯する時、彼女はそう言った。「何んだい、 それは?」「テレビのコマーシャルよ。  冷たいワインと暖かい心。 見たことないの?」「…

  • ラジオのトップ・フォーティー

    僕はソファーにもう1度寝ころんでラジオのトップ・フォーティーを聴きながら10分ばかりぼんやりと天井を眺め、そしてシャワーに入り熱い湯で丁寧に髭を剃ると、クリー…

  • カーマイン・ローション

    電話のベルが鳴った。僕はプール通いですっかり赤く焼けた顔を、カーマイン・ローションで冷やしている最中だった。村上春樹風の歌を聴け22 よりCarmine Lo…

  • ミシェレの「魔女」

    三人目のガール・フレンドが死んだ半月後、僕はミシェレの「魔女」を読んでいた。優れた本だ。そこにこんな一節があった。「ローレンヌ地方のすぐれた裁判官 レミーは八…

  • ジム・コルヴェット大佐

    「ねえ……、 インドのパガルプールに居た 有名な豹は3年間に 350人ものインド人を食い殺した。」「そう?」「そして豹退治に呼ばれた イギリス人の ジム・コル…

  • ジンジャー・エール

    彼女はジェイズ・バーのカウンターに居心地悪そうに腰掛け、氷が殆ど溶けてしまったジンジャー・エールのグラスの底をストローでかきまわしていた。「来ないかと思ったわ…

  • 大恐慌を扱った古い映画

    話せば長いことだが、僕は21歳になる。まだ充分に若くはあるが、以前ほど若くはない。もしそれが気にいらなければ、日曜の朝にエンパイア・ステート・ビルの屋上から飛…

  • マコーミック・サラダ・ドレッシング

    三日目に僕はもう1度学校に行き、事務所で彼女の進んだ大学の名前を教えてもらった。それは山の手にある二流の女子大の英文科だった。僕は大学の事務所に電話をかけ、自…

カテゴリー一覧
商用