searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

Musasppqueenさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Haruki Murakami Play List
ブログURL
https://ameblo.jp/musasppqueen/
ブログ紹介文
村上春樹作品に出てくる音楽 そしてアレコレ雑文 そして出てこない音楽も
更新頻度(1年)

274回 / 365日(平均5.3回/週)

ブログ村参加:2014/09/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Musasppqueenさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Musasppqueenさん
ブログタイトル
Haruki Murakami Play List
更新頻度
274回 / 365日(平均5.3回/週)
読者になる
Haruki Murakami Play List

Musasppqueenさんの新着記事

1件〜30件

  • デュポン

    「それからこれだ」と男は言ってズボンのポケットからライターを出して僕に手渡した。ずっしりと重い銀製の特別誂えのデュポンで、そこには車の中で見たのと同じ羊の紋が…

  • 「私の言いたいのは、 幕末以前には日本には羊は おそらく一頭も 存在しなかったということと、 それ以後輸入された羊は政府によって 一頭一頭厳重にチェックされて…

  • H・G・ウェルズ

    事実、明治以前の日本人によって描かれた羊の絵は全て出鱈目な代物だ。H・G・ウェルズが火星人に関して持っていた知識と同じ程度と言ってもいいだろう。村上春樹羊をめ…

  • ソルティー・ドッグ/カティー・サークの オン・ザ・ロック

    「お酒でも飲みませんか?」と僕は訊ねてみた。「ウォツカをグレープ・フルーツで 割ったのはなんだったかしら?」「ソルティー・ドッグ」僕はウェイターを呼んでソルテ…

  • 象と亀が懸命に支えている 巨大な円板

    世界―そのことばはいつも僕に象と亀が懸命に支えている巨大な円板を思い出させた。象は亀の役割を理解できず、亀は象の役割を理解できず、そしてそのどちらもが世界とい…

  • とあるロシアの作家/古い潜水艦もののアメリカ映画

    性格は少し変るが凡庸さというものは永遠に変りはない、とあるロシアの作家が書いていた。ロシア人は時々とても気の利いたことを言う。冬のあいだに考えるのかもしれない…

  • ウォッカ・ライム

    ジェイズバーが混みだした頃に、僕はジェイにおやすみと言って店を出た。九時だった。冷たい水で髭を剃ったあとがまだちくちくとしていた。アフターシェーブ・ローション…

  • 良いインディアンは死んだインディアンだけ

    結局のところ全ては失われてしまった。失われるべくして失われたのだ。それ以外に、全てを手放す以外に、僕にどんなやりようがあっただろう?少なくとも僕は生き残った。…

  • ローレンス・オリビエ/オセロ

    つまりある段階までいくとどこまでが僕自身で、どこからが僕のセックス・アピールなのかがわからなくなっちゃうんだ。どこからがローレンス・オリビエでどこからがオセロ…

  • ドストエフスキー

    僕だって十九世紀に生まれていたら、もっと立派な小説が書けたと思うんだ。ドストエフスキーとまではいかなくても、きっとそこそこの二流にはなれたよ。村上春樹羊をめぐ…

  • フォルクスワーゲン・ビートル

    友人から払い下げてもらった僕の十五年もののフォルクスワーゲン・ビートルに比べれば、耳栓をつけて湖の底に座っているような静かさだった。村上春樹羊をめぐる冒険 第…

  • スタンフォード

    「…もうひとつは ここに来た男のことだ。 彼は先生の第一秘書で、 組織の現実的な運営を任されている いわばナンバー・ツーだ。 日系二世でスタンフォードを出て、…

  • マッカーサー

    「実際この人物は タイミングを捉えるのが 実にうまいんだ。 攻めどきと引きどきを心得てる。 それから目のつけどころが良い。 占領軍もA級戦犯で逮捕したものの、…

  • 救世軍のラッパ

    「とにかく、 我々は変ったと思わないか?」と相棒は言った。「同じだよ。 誰も変ってない、 何も変ってない」「本当にそう思ってる?」「そう思ってる。 搾取なんて…

  • 羽根のはえた魚の絵

    我々のあいだには二メートルほどの距離があり、椅子の高さの関係で彼の頭は僕より二十センチばかり上にあった。彼の頭のうしろには石版画がかかっていた。見たことのない…

  • 古い詩の文句

    「生ひたつにつれ牢獄のかげは、 われらのめぐりに増えまさる」と僕は古い詩の文句を口ずさんだ。村上春樹羊をめぐる冒険 第四章 羊をめぐる冒険Ⅰ 1 奇妙な男のこ…

  • ポールモールを一本取って

    僕はエアコンの前を離れて部屋の中央にあるスウェーデン製のスカイブルーのふわふわとしたソファーに腰を下ろし、応接用のシガレットケースからフィルターつきのポールモ…

  • スヌーピーがサーフボードを抱えた図柄のTシャツ

    僕はスヌーピーがサーフボードを抱えた図柄のTシャツに、まっ白になるまで洗った古いリーヴァイスと泥だらけのテニスシューズをはいていた。村上春樹羊をめぐる冒険 第…

  • ニーチェの言葉

    「奥さんとはそれで別れたの?」「さっきも言ったのように ひとくちじゃ言えない。 しかし ニーチェの言葉にもあるように、 退屈さには神々も旗をまくってね、 そう…

  • プルーストの 『失われた時を求めて』

    プルーストの『失われた時を求めて』も揃いで持ってるけど、半分しか読んでない。村上春樹羊をめぐる冒険 第三章 1978/9月 1 鯨のペニス・三つの職業を持つ女…

  • エラリー・クイーンの小説の犯人は全部覚えている

    エラリー・クイーンの小説の犯人は全部覚えている。村上春樹羊をめぐる冒険 第三章 1978/9月 1 鯨のペニス・三つの職業を持つ女 よりアメリカの推理作家エラ…

  • ファラ・フォーセット・メジャーズの鼻

    「ファラ・フォーセット・メジャーズの 鼻を見るたびにくしゃみが出る人を 知ってるわよ。 くしゃみって そういう精神的な要素が大きいのね。 一度原因と結果が結び…

  • ヒルトン/オークラ/プリンス

    彼女は平凡な服を着て、平凡な化粧をし、平凡な下着をつけ、平凡な石鹸の匂いを漂わせてヒルトンやオークラやプリンスにでかけ、週に一人か二人の男と寝て、一ヵ月食べて…

  • キリコの絵

    The Melancholy of the Politician1913テーブルの向い側にはもう誰も座ってはいなかった。誰も座ってはいない椅子をじっと眺めてい…

  • 青い沖縄ガラスの深皿

    僕は冷蔵庫からサラダの入った青い沖縄ガラスの深皿を取り出し、瓶の底に五ミリほど残っていたドレッシングを空になるまでふりかけた。トマトといんげんは影のように冷や…

  • 枯れてしまったゼラニウムの鉢植え

    鮮やかな太陽の光がテーブルを区切っていた。僕は光の中に、彼女は淡い影の中にいた。影には色がなかった。テーブルの上には枯れてしまったゼラニウムの鉢植えが載ってい…

  • 三島由紀夫の姿

    午後の二時で、ラウンジのテレビには三島由紀夫の姿が何度も何度も繰り返し映し出されていた。村上春樹羊をめぐる冒険 第一章 1970/11/25水曜の午後のピクニ…

  • ICUのキャンパス

    水曜日の朝に目覚めると雑木林を散歩しながらICUのキャンパスまで歩き、食堂に寄って昼食を食べた。そして午後にはラウンジで薄いコーヒーを飲み、天気が良ければキャ…

  • ミッキー・スピレイン/大江健三郎/「ギンズハーグ詩集」

    彼女のコーヒーはいつも冷めて、灰皿はいつも吸殻でいっぱいになっていた。本の題名だけが違っていた。ある時にはそれはミッキー・スピレインであり、ある時には大江健三…

  • 都電

    さてさて今回からは『羊をめぐる冒険』に出てくる音楽以外の気になるワードを取り上げる『羊をめぐる冒険 Others』だ葬儀の日、僕は早稲田から都電に乗った。村上…

カテゴリー一覧
商用