searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
蔦屋(つたや)のミニ四駆blog
ブログURL
https://greenivywallsmini4wd.blog.jp/
ブログ紹介文
ミニ四駆第一世代のミニ四駆blogです。
更新頻度(1年)

24回 / 44日(平均3.8回/週)

ブログ村参加:2014/08/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、蔦屋(つたや)さんの読者になりませんか?

ハンドル名
蔦屋(つたや)さん
ブログタイトル
蔦屋(つたや)のミニ四駆blog
更新頻度
24回 / 44日(平均3.8回/週)
読者になる
蔦屋(つたや)のミニ四駆blog

蔦屋(つたや)さんの新着記事

1件〜30件

  • 発売日情報「2021年1月ミニ四駆新製品発売日情報」

    2021年1月ミニ四駆新製品発売日情報です。と言うか「リアルミニ四駆の発売日」ですね。詳しい情報はタミヤHPで確認してくださいhttps://www.tamiya.com/japan/newitems/list.html☆「リアルミニ四駆 スピンバイパー」発売日 2021年1月23日(土)発売990円(税込)今

  • 告知「2020年も告知の時期になりました。」

    12月に入りましたので、毎年恒例になっているblog記事を告知したいです。☆「2020年もやります!」毎年 年末に1年間振り返る記事を何本か投稿しています。大晦日には、一年間私がblogで取り上げたミニ四駆の中から、その年私が良かったと思うミニ四駆を「個人的ベス

  • 「ミニ四駆ジャパンカップ静岡大会2 及び 前日走行会 開催中止」

    ・12月12日(土)ジャパンカップ静岡大会2前日走行会・12月13日(日)ジャパンカップ静岡大会2開催中止になったそうです。詳しい情報はタミヤHPで確認してください。https://www.tamiya.com/japan/information/20200131.htmランキングに参加しています。他のミニ

  • 「マッハフレームブラックSP」黒×ゴールド

    ☆「マッハフレームブラックSPと私」マッハフレームブラックSPの製品見本が発表された時からミニ四レーサーの中では、・カッコいい!!・これは買わないと!と前評判が高く、発売当日も「買った!(買いに来た!)」の報告ツイートを見かけますので勢いを感じます。

  • 「レイスティンガープレミアム」プレミアムで好きになった

    ☆「はじめに」2016年に投稿した記事ですが、大幅に加筆修正したので、日付を変更して再投稿しました。☆「レイスティンガー(全体)と私」しかしレッツ&ゴーど真ん中世代は、劇中の圧倒的存在感にヤられて人気車種だったようですが、私は劇中の悪行強く残り、私の中で良

  • 雑談「2020年11月の雑談をまとめて」

    Twitterなどでつぶやいている雑談をまとめて。☆「blogは振り返るのに便利です。」真面目な話自分がblogやっていて良かったと思うのが、「去年の今頃 どんな記事を書いていたか。ミニ四駆はどうだったか?」と振り返える事ができる事です。特に今年はコロナで変な一

  • 「ライズエンペラーブラックSP」ステッカーだけで完成する

    (新製品の第一報の画像は青窓な感じでしたが、製品版は箱絵やコンセプトイラストと同じ緑窓でした)☆「ライズエンペラーブラックSPと私」武井先生のTwitterなどで、「カラーバリエーションの発売決定前」にハイパーダッシュ軍団のカラーバリエーションのコンセプトイラ

  • 海外情報「2020年11月タミヤUSAからの情報」

    私のblogでは海外からの情報は、海外のタミヤのHPに掲載されたら「blogでとりあげる」という自主規制をしています。今回はタミヤUSA HPからの情報です。タミヤUSAのHP掲載情報ですが海外のサイトなので、blog内で情報元のURLの掲載は控えさせてもらいます ・ミニ四駆ペ

  • 雑談「引退品が中古市場に出回っている」

    ☆「引退品をよくみる」私はメルカリに張り付いて、掘り出し物のミニ四駆を探しています。最近「ミニ四駆引退したので、放出します」と言うものをよくみかけます。☆「スターターパックもみる」やっていた人の放出もあるのですが、それらとは明らかに違う「組み立て済み

  • 「ゼブラ マッキーペイントマーカー(ホワイト)」普通がスゴいんだよ。

    ☆「ゼブラ マッキーペイントマーカーの評判が良い」ゼブラ マッキーのペイントマーカーは・白・ゴールド・シルバーの3色あるのですが、①ゴールド&シルバーのメッキ感が凄い②ホワイトの隠蔽力が良い3色とも模型界隈では評判が良いです。今回はホワイト

  • 「Honda e」 HONDA eもミニ四駆化!!

    ☆「初めに」 blog内の画像はバンパーレスをメインにしています。一応最初だけ、バンパー装備版のものもあげておきます。☆「Honda e(自動車)と私」私は「Honda e(ミニ四駆)の発売は発表されるまで、2020年10月にHonda e(自動車)が市販すると知らなかったです。

  • 新製品「ミニ四駆バッテリー パワーチャンプRX」

    11月の新製品の追加です。☆「ミニ四駆バッテリー パワーチャンプRX」2020年11月28日(土)発売330円(税込)タミヤUSAでは告知済みでした新しい電池です。あくまで、個人的な推測ですが「富士通プレミアムS」のOEMではないかと思っています・・・・・・数値的な

  • 「サバンナレオ」鼻筋が好きだったり嫌いだったり(好きな時間が長いけど)

    ☆「サバンナレオと私」私はボンネットの「ライオンの鼻筋」が好きだったり、嫌いだったりします。でも「好きな時間」の割合が長いので、結構好きです。☆「25周年デザインコンテスト由来」25周年デザインコンテスト由来のミニ四駆で、発売は2007年です。13年前で

  • 発売日情報「2020年12月ミニ四駆新製品発売日情報」

    2020年12月ミニ四駆新製品発売日情報です。詳しくはタミヤホームページを確認してください。https://www.tamiya.com/japan/newitems/list.html☆「ネオVQS アドバンスパック (VZシャーシ)」タミヤ ミニ四駆特別企画商品 レーサーミニ四駆シリーズ モデル ネオVQS

  • 「自分色サイクロンマグナム」白×赤のサイクロンマグナム

    ☆「自分色とは?」題名に自分色と書かれていた場合、箱絵(イメージ)を再現せずに、付属シールを「極力」使わないで、私蔦屋(つたや)オリジナルのカラーリングにしたマシンとなります。蔦屋(つたや)オリジナルと言っても、そこまでオリジナル性はありませんのであしから

  • 2020年11月12月開催のジャパンカップ情報が告知されました

    タミヤHPにて、11月12月のジャパンカップ開催情報が告知されました。詳しくはタミヤHPで確認してください。9月10月のジャパンカップ開催と同じく静岡県内開催になります。変則的なので、HPをよく読んで対応や予定を立ててくださいhttps://www.tamiya.com/japan/mini4

  • パーツ「ハイマウントチューブスタビセット(クリヤーイエロー)」

    ☆「ハイマウントチューブスタビセットと私」ハイマウントチューブスタビセットが新製品として発表された時私は「新規開発されたGUP」として紹介したら「新規でないよ。流用されたものだよ」と突っ込まれた記憶があります。(以下チューブスタビと略)☆「ゴムブレーキセ

  • 愚痴「必要になったけど手元にない。世の中にない。2020年秋」

    ミニ四レーサーなら①使おうと思ったGUP。手元の在庫にあると思ったら無くて無い。買ったつもりでいたけど実は買っていなかった。②最近店頭で売っている所を見た事があるし「いつでも買えるだろ」と思って、買いに行ったら売っていない。通販サイトも含めて世の中的にも

  • 雑談「2020年10月の本当の雑談」

    Twitterなどで呟いている本当の雑談をまとめて☆「アイビスペイント」塗装計画を立てるとき、説明書の絵を使って「塗り絵」をして、試行錯誤するレーサーもいると思います。スキャナーで取り込み、パソコンのペイントソフトを使っている人もいらっしゃると思います。

  • 「自分色ハリケーンソニック ver2.0」白×青のソニックを作りたい

    ☆「自分色とは?」題名に自分色と書かれていた場合、箱絵(イメージ)どうりに再現せずに、付属シールを「極力」使わないで、私蔦屋(つたや)のオリジナルのカラーリングにしたマシンとなります。蔦屋(つたや)オリジナルと言っても、そこまでオリジナル性はありませんので

  • 塗装「水抜き剤での塗装剥がし②~実践編~」

    今回水抜き剤での塗装剥がしを説明しますが、説明する事が多いので①準備編②実践編の2部構成となります。今回は②実践編となります。①準備編と②実践編の本文中で重複して説明する場面があります実は重複すると言うことは「重要な話」ですので、むしろ、そこを覚

  • 塗装「水抜き剤での塗装剥がし①~準備編~」

    今回水抜き剤での塗装剥がしを説明しますが、説明する事が多いので①準備編②実践編の2部構成となります。今回は①準備編となります。①準備編と②実践編の本文中で重複して説明する場面があります。実は重複すると言うことは「重要な話」ですので、むしろ、そこを

  • 余談「カタログ落ちした旧フルカウルミニ四駆とエアロミニ四駆」

    この記事の前にカタログ落ちした車種があると言う記事を書きました。その記事も合わせて読んで頂くと幸いです。店頭に配布されているミニ四駆カタログ(2020年5月版)には、2019年までには掲載されていたのに、最新号では掲載されていない車種が存在しています。(カ

  • 余談「カタログ落ちした車種」

    6月に雑談「見かけなくなるミニ四駆は昔からある。しかし猶予はある」と言う記事をあげました。その記事を要約すると①今後一時生産中止になる車種がある②昔からタミヤは広言せずに生産中止にする事がある③店頭から無くなるまで猶予があるから、焦らず探して買お

カテゴリー一覧
商用