chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
kie
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2014/08/02

1件〜100件

arrow_drop_down
  • 君のいない夜。16

    また髪伸びたね、自分の短かな頭を摩りながら目を細めた。長いつきあいの中でお互い こんなに短髪なのは初めてだから 新鮮で照れ臭かったあの頃。それも すっかり見慣…

  • ご無沙汰しています。

    こんにちは。本日もお越しいただきありがとうございます。しばらく更新を怠っている間に誕生日を迎え 覚えてくださっていた方から お祝いのメッセージ ラインお電話 …

  • 君のいない夜。15

    週末の朝は愛おしい。今朝はなおさらだ。腕の中に 待ち望んだ温もりがあるのだから。『    ああ…   チャンミナ… 』「   …ん  」言葉なんて要らないね、…

  • おはようございます

    先日は インスタの件でご心配をおかけしてすみませんでした。そして ありがとうございました。前記事で追記させていただいたのですが改めて ご報告です。朝になり 無…

  • …ショックなお知らせ。

    夜分にこんばんは。朝の方はおはようございます。インスタのフォロワーさまフォローさせていただいている方へさっきインスタ開いたら凍結されてました😰Twitter…

  • 良いお天気ですね。

    こんにちは。良いお天気のkie地方です。今朝は 近くで開催されている手作りマルシェに行ってきました。手作り販売サイトミンネやインスタでフォローしている素材屋さ…

  • 君のいない夜。14

    *このお話はフィクションです。【   起きたら 連絡してください 】ひと言 カカオを送る。この時間  彼はもう起きてきっとビデオチェックなどしているだろう。ソ…

  • 君のいない夜。13

    貴方の毎日に僕がいないその瞳に 映されることはない想像するたび 胸を何かで抉られるみたいに感じてたあの頃苦しいのは 貴方も同じそう思えば 口に出すこともできず…

  • 再投稿 君のいない夜。12

    このお話は再投稿になります。しばらくアメ限が続いたので一般記事も挟みつつ一度読んでくださった方もまだ読んでないよーという方も楽しんでいただけたらと思います🙇…

  • ただ愛されたかった。10

    前話から20日も経ってましたm(_ _)m前回のお話はこちら「 …あ、 そこは自分で、」髪にシャンプーがたらりと垂らされ 大きな両の手で柔らかく撫でられる。時…

  • 1年後のわたしから手紙が届きました

      未来のわたしに返信しよう♪           よかったら皆さんもやってみてね。来年は もっともっとふたりの活動が増えてもう〜金欠〜休ませて〜 なん…

  • ただ愛されたかった。9

    ーーーわかったわよ、帰ればいいんでしょ!彼女は 横を通り過ぎる時 そう吐き捨て力の限り 扉をバン、と閉めて。「 …ごめんなさい、僕。」『  いや、こっちこそ。…

  • 9周年記念「空を見上げて。」新目次。

    この度 こころ。日和のこころ。さんとのコラボ作品  「空を見上げて。」が改めて アメブロのお部屋「にじいろ。こころ。いろ」で掲載されることになり何度も読んでい…

  • ただ愛されたかった。8

    「   っ!?」『   おう。 』彼は たいそうに驚くでもなく声の主に返事をする。ーーーその子 誰?ゆっくり僕等のほうに近づくと立ち止まり 僕を舐めるように上…

  • こんばんは。

    こんばんは。日差しがほんの少し弱さの見えてきた今日この頃皆さま いかがお過ごしですか?本日もお越しいただきありがとうございます。いよいよ明日から SMT TO…

  • ただ愛されたかった。7

    海に入ったのと 汗で身体はベタベタだった。もちろんシャワーを借りれればスッキリするだろう。でも この足じゃ…『  手伝うよ。』「 え?」『  ほら。』彼はまた…

  • ただ愛されたかった。6

    訳もなく親切にされ 戸惑いながらもどうしようもなく身を委ねるしかなかった。砂浜をおどけ走っただけでのこの始末に 自分でも情けなさが募る。おまけに 煮られるか焼…

  • ただ愛されたかった。5

    *この画像が好きすぎの為多用すまん僕はシムチャンミンといいこの人は 家の主人 チョンユンホ。僕より二歳年上で ここは彼の祖父が残した家だと聞いている。学生の頃…

  • ただ愛されたかった。4

    陽が傾きだしたのかいつのまにか外はひぐらしの鳴き声に代わっていた。心地よい風が カーテンを揺らし始める。『   …それで、 』「  はい。」『 本当はどうして…

  • 暑いですねぇ。

    こんにちは。本日も覗いてくださりありがとうございます。お話ではなくてごめんなさい。なんだか どれもこれも中途半端で放ったらかしなんですがお話は ノロノロながら…

  • ただ愛されたかった。3

    『  暑いから 入ろうか。』手を額にかざして 日差しを遮りながら貴方は言う。はい、と答えると キャリーの取手を握った。 僅かに彼がそれに視線を落としたけれど …

  • 読み切り 夜空。

    「  …眠れないんですか、」部屋の前を通ると 僅かに扉が開いていて窓に立つ人影が見えたからノックもせず そっと部屋を覗いた。そんなつもりはなかったけれど貴方は…

  • ただ愛されたかった。2

    突っ立って見上げていた僕に気づくのは時間の問題だった。『    …チャ…ミン…?』遠目でも唇がそう動いているのがわかった。時が止まったように 身動きせず見つめ…

  • ただ愛されたかった。1

    緑のトンネルを抜けると一気に視界が広がり その先に白い波板の貼られた 建物がぽつんと建っている。汗を拭きつつ 歩みを進めると波板は所々はげ 灰色にも見えた。「…

  • 大阪イベントあれこれ。②

    また来てね、待ってるよ。byビギさんこんばんは。本日もお越しいただきありがとうございます☺️☺️☺️暑い日が続きますが皆さまお元気でいらっしゃいますか?私は …

  • 大阪イベントあれこれ。①

    おはようございます。本日もお越しいただきありがとうございます😊福岡のイベントも終わり 今日はエアタッチですね。行かれる皆さま お気をつけて☺️そしてお幸せな…

  • 先日の記事のお礼です。

    毎度毎度 ご無沙汰しています。本日もお越し頂きありがとうございます。今日は6月11日怒涛の10日間でした。先日 チャーリーの事ではたくさんのお言葉をいただきま…

  • おはようございます。

    こんにちは。今日はご報告があります。こちらでもずいぶん可愛がっていただきましたチャーリーが6月1日 零時過ぎ 旅立ちました。その日の朝 お別れの日になるとは思…

  • ブログ開設13周年。

    こんにちは。良いお天気の日曜日。今日は横浜 2日目ですね😊行かれる皆さま どうか楽しんできてね。ふたりにたくさんの愛をお願いします😊お留守番組も 胸の中は…

  • 君のいない夜。12

    このお話は兵役前からのストーリーになっていますのでご了承下さい。君のいない夜。1はこちら『君のいない夜。1』*このお話は ami-kieの妄想です。ただ心のま…

  • Timemachine。25(終)

    未来ほど便利ではなかったが慣れれば この時代も悪くはない。チャンミンも少しずつMAXの顔でいる時間が減っていった。チャンミンは ハラボジの家族すなわち 自分の…

  • Timemachine。24

    『   …はぁ…   』腹に刺すような痛み 肋骨が折れているのかもしれないな。我ながらよく走ったと褒めてやりたい。『  ニュース つけて。』テレビを指差す。「…

  • Timemachine。23

    ーーチャンミンsaidーー荒んだ世界に生まれた僕は細やかな他人の感情など汲み取れるはずもない…ただ この時代にとどまりハラボジと接する事で少しずつ 学習してい…

  • Timemachine。22

    しばらく歩いて ポケットのイヤモニを耳に装着した。「  …ユノ?  聞こえる? ユノ? 」『   …ああ  聞こえる。 』「  よかった、心配したんです。…帰…

  • Timemachine。21

    ーーーーー30秒…間に合わなければ…考えるな、今は走れ。途中 警報器に気づき ガラスを破り押すとまた走り出す。周りに視線を配り逃げ遅れた人がいないか確認をしな…

  • Timemachine。20

    胸を抉るような気持ちの悪さは今も続いている。俺は ある場所を目指し走った。そう machineがある場所だ。『  はっ、はっ、 』僅かだがすれ違う人がいた。俺…

  • 呪文。

    「  大丈夫 大丈夫…」彼は 僕の頬を包み呪文を唱えるように繰り返した疲弊していた心身は不思議なほど その言葉に溶かされていく強く抱きしめられ 重ねた唇深く心…

  • Timemachine。19

    静まり返った 窓もない部屋時計の針の音が 妙に心を騒つかせた。あと少し あと少し自分に言い聞かせ 机にうつ伏せた。『  はぁっ、 なんだこれ、』じっとしていら…

  • Timemachine。18

    …リュックの中には 白衣と通行証心臓が口から出そうなほど鼓動を打つ。現代の韓国の夕暮れ時は 車の渋滞が酷く地下鉄で行くように、とMAXは言った。路線の書いたメ…

  • Timemachine。17

    前回のお話はこちら。『Timemachine。16』外に出ると 爽やかな朝 とはいえない今にも雨が降り出しそうな雲行きの肌寒い日だった。いくら問うても 彼の想…

  • オーラ診断やってみた

      こんばんは。本日もお越しいただきありがとうございます😊今日は午後からepitaphの試聴が ありましたね♪おお なるほど。という曲の数々リリースが待ち遠…

  • Timemachine。16

    外に出ると 爽やかな朝 とはいえない今にも雨が降り出しそうな雲行きの肌寒い日だった。いくら問うても 彼の想いは揺るがなかった。俺はもう 従うしかない。それとも…

  • Timemachine。15

    勢いだけの行為は そりゃあわからない事だらけで…俺らは まるで思春期の子供のように手探りで 慰めあった。ただ 俺は行為中 ずっと鳥肌が立つほど 感じていたし感…

  • Timemachine。14

    「   …ごめんね…巻き込んで… 」胸に埋まったMAXは か細い声で謝罪を口にする…寝たふりを続けていたのに胸の中で 小さく震えるMAXをもう無視することはで…

  • Timemachine。13

    ーチャンミンsaidー 辛そうだ…薬も飲んだけれど 良くならない。胃が焼けるみたい、と 身体をくの字に曲げ 苦しんでいた。「   …欲張って食べるから。 」こ…

  • こんにちは。

    曇り空のヘソ地方です、こんにちは。今日もお越し頂きありがとうございます。頭痛だった先週 疎かにしていた家事をやっつけようと思いますので本日はお休みさせていただ…

  • Timemachine。12

    『  で、これからどうする?』「   …こちらの世界に協力者がいます。すでにコンタクト済みです。… 会ってみますか?」『   ぜひ。 命を預ける人だろ?』「 …

  • 真夜中の訪問者。(チャンミンおめでとう)

    あれから 悪魔と名乗る男ん? 悪魔に性別はあるのかな…?まあいっか。その悪魔が言うには チャンミンって名前らしいんだけど 神さまが 君はキュって可愛いからチャ…

  • Timemachine。11

    『   そのまた未来!? 』同じ時代から来たと信じきっていた俺は目を丸くして彼を見た。「  そんな何百年も先ではないですよ。貴方の孫世代ってところ。」それって…

  • Timemachine。10

    「   …あのさ。 」『  うん?』「  向こうに家族はいるの?…その彼女とか …奥さん?  とか。」唐突にどうした。けれど 顔は大真面目で ふざけているわけ…

  • こんにちは。

    週の始まり 寒いです。薬剤師さんが仰ってた通り土曜から痛み止め無し生活を送り今日は ひどい頭痛で…申し訳ありませんが本日はお休みさせていただきます。バレンタイ…

  • Timemachine。9

    その後は 少々気まずさと緊張感からわずかに解き放された安堵と疲労で泥の中に沈んでいく感覚に逆らえず眠りについた。背中同士が触れていることに 安心する。車のクラ…

  • 2022/02/12

      「   ヒョン… 帰りますね。 」零時を過ぎて 貴方が眠りはじめて起こさないように 布団をかけ直した額に唇を落とすと 僅かに口角があがって寝たふりをしてい…

  • Timemachine。8

    「   えっと… なんて呼べばいい? 」『  ユノ…と。』「   じゃあ、 服 脱いで。 」唐突に言われ 目を見開いた。新たなホテルに着いて すぐの事だ。『 …

  • Timemachine。7

    『  …とにかく今は お前を信じる。 だとしたら ドンヘを未来へ帰すわけにはいかない。』「 どうして。 別にいいじゃない。」『  お前を消せなければ 俺らが消…

  • Timemachine。6

    『   いや…置いていけない。もし目が覚めた時 俺がいなかったら、』「  じゃあ 僕のことも諦めるんだね。」『  …それは…  少し待ってくれないか。』小さな…

  • Timemachine。5

    『  ドンヘ!』ドンヘが肩をぶつけ よろけた瞬間俺が 大丈夫ですか、と 介助する振りで首に注射器、 という計画だった。なんて単純で 素人じみた計画だけど 逆に…

  • こんにちは。

    こんにちは。本日も お越しくださりありがとうございます。最近珍しく 毎日更新を頑張っていたのですが今日はお休みします🙇‍♀️無事 ユノさん達が届きました🥰…

  • Timemachine。4

    ーーーだいたいはわかった。ドンヘは指についた甘辛ソースをちゅぱっと吸うと でさ、と俺の顔を覗き込んで。ーーー肝心の… 方法は?   …その…んふぅ、と 鼻で溜…

  • 真夜中の訪問者。(ユノおめでとう)

    ーーー0:00  部屋の時計 給湯器 デジタル表示が一斉に 0を示した瞬間テーブルのスマホが 振動で踊り出すピースをした母のセルカ付きメッセージ毎年恒例の2月…

  • ユノおめでとう。

    愛しいユノお誕生日おめでとう🎂どうか 幸せでいてねたくさんたくさん応援するからね

  • Timemachine。3

    ほんの僅かに映っただけの防犯カメラが設置してあった場所へ向かう。さっきから ドンヘは 街並みに目移りして 気がそぞろだ。ーーーいいよな、2020年。あ、 この…

  • Timemachine。2

    ーーー準備はいい? ーーーok 先輩。ーーーユノユノは?『  ええ、ヌナ。行ってきます。』この瞬間 いつも思い出す過去に一度だけ見た グリーンフラッシュ。自然…

  • Timemachine。1

    任務に向かう車内では退屈な音楽が流れる。景色は 毎日変わらずネオンが輝き 配色が違うだけの同じ車種とすれ違うだけだ。俺は チョンユンホ。愛称はユノユノ、コード…

  • 紅月の約束。22 最終話

    「  さ。はやく。」彼は 着物の襟を摩りながらゆっくり話し始めた。前にも言ったと思うが私は あの人と交わるたび少しずつ身体が姿を変えていった。ここに来て 数年…

  • 紅月の約束。21

    「   紅月…  」ついに 月が満ちた。目の前に 光る紅い月は 誘うように輝き 意識してその場に立っていなければ 魅入られ崖を歩いてしまいそうなほどだった。「…

  • 紅月の約束。20

    『   私を定めと決めたものが私を連れ去ったが 人ではなかった。 』「  …今の 貴方と同じように…?」項垂れた頭で 大きく頷くと はは…と力無く笑う。交わる…

  • 紅月の約束。19

    深く呼吸をして 目を開いた。「  ヒッ、!」思わず身を縮め 身体に纏わているものを払った。のそり とそれが動き出すと僕はますます硬直してしまい全身を硬らせた。…

  • 紅月の約束。18

    『   徐々に 外に慣れてくる。』「   …そう…ですか。」引かれるがままに歩いているとふと 彼が立ち止まって。『   ここに来れば 紅月の日がわかる。』数本…

  • 紅月の約束。17

    しばらくすると ユンホ…さんは帰ってきて本棚をちらっと見た後 僕を見て触るなと言ったろ、と 言いながらキッチンに向かった。怒るでもなく 静かな声。だから 僕も…

  • 紅月の約束。16

    『    …出て行きたければ …』『 満月の日を待て。』「     …。」『   それも 紅月の夜だ。』「   …わけがわからない。」『   その夜にだけ 人…

  • 紅月の約束。15

    前回のお話はこちら紅月の約束。14『紅月の約束。14』次に目覚めた時 僕はごく普通のアパートメントの一室で ベッドに横たわっていた。(    …あれは夢…  …

  • ”アメンバー申請について。”

    こんばんは。先日から ちょこちょこっと☺️申請をいただいています。ありがとうございます。限定記事には プライベートの内容も含まれるため 初めてお越しくださる方…

  • Ito.Ⅵ(君と僕と。番外編)

    その夜 ユンホが宿泊先に来たことは 言うまでもない。手慣れたふうでもないユンホの指は 僕を刺激し安心させてくれた。だから僕は。あの女性のことも 交友関係も知ら…

  • ito.Ⅴ(君と僕と。番外編)

    「   …逃げない、用が済んだから帰るだけ。」ああ… またこんな言い方…自分が嫌になる。ユンホは 嫌味な僕の言葉を無視するようにこう言った。『  門 出たとこ…

  • 紅月の約束。14

    次に目覚めた時 僕はごく普通のアパートメントの一室で ベッドに横たわっていた。(    …あれは夢…  そんなはず…)微かに 嗅いだことのある匂いが鼻腔を通り…

  • 年末のご挨拶。

    こんばんは。お忙しい中 ご訪問くださりありがとうございます😊今年も たくさんのお話を読んでくださりありがとうございました。年末になり 東方神起の活動が活発に…

  • こんにちは。

    こんにちは。寒いですね〜楽しみにしていたイベントも終わり いよいよ大掃除🧹ですね。今年は今流行りの(?) ハンドメイドしめ縄を作ろうと材料を揃え いざ グル…

  • 18周年おめでとう!

    デビュー18年私には 想像もできないほどの努力と苦悩の日々の積み重ねだったと思います。それと同じくらい それ以上に喜びがあったと信じたい(o˘◡˘o)彼らには…

  • 読み切り Christmasの想い出。

    「  ヒョン、 ユノヒョン、」遠くから呼び止められ振り返ると耳を真っ赤にしたチャンミンが白い息を吐きながら 走り寄ってきた。今日は強烈な寒波が来て 特別に寒い…

  • ito.Ⅳ(君と僕と。番外編)

    赤い糸…「 ユンホ 愛してる。」「 けれど この言葉は鎖じゃない。君を縛る鎖ではなくて 君が僕を辿る糸だ、赤い糸。」『 …糸か… 細いね…』「 そうだね、細く…

  • 紅月の約束。13

    『紅月の約束。1』その日の月を覚えている。不気味な程に 大きく紅く染まり世紀末をも思わせる その姿に僕も 魅入ってしまったから。あの 紅い月が 僕を呼んだのだ…

  • ito.Ⅲ(君と僕と。番外)

    前回のお話はこちら『ito. Ⅱ(君と僕と。番外 )』前回のお話はこちら『ito.(君と僕と。番外)』君と僕と。『君と僕と。61 最終話』あの日 絡めた小指に…

  • ほんとですね(^_^;)お返事など。

    おはようございます。今日は良いお天気なkie地方です。先日から 顎関節症の治療で口腔外科を紹介してもらい通っていて先週 マッサージのやり方を教えていただいたの…

  • 雪降る夜のホタル。(あとがき)

    こんばんは。お話について少しだけお付き合いくださると嬉しいです。ホタルの涙を書き始めたのは2020年8月6日でした。曲を聴くたび なにかこう胸がザワザワという…

  • 雪降る夜のバラード。38

    少しの間 呆然と立ちすくんでいたけれどもう一度ポケットから スマホを取り出すと電話の履歴を開いた。ある人に確認をするためだった。「   …留守電…?  」一件…

  • 雪降る夜のバラード。37

    ーーーー…兄さ…  お兄さん…?「 …ん…  」不意に肩を揺すられ 目を覚ました。ユノ なに? お兄さんだなんてふざけるのもいい加減に…「   …、」ーーーー…

  • こんばんは。

    こんばんは。ようこそお越しくださりありがとうございます。昨日は 怒涛のチャンミンdayでしたね。お買い物に行くタイミングが掴めずありあわせ夕飯にしたことは内緒…

  • 雪降る夜のバラード。36

    こうして二人の生活が始まった。『  ごちそうさまでした。 』「  …どう…でした…?」『   んー…   』首を傾げて 眉を顰める。「   …え、ああ…  」…

  • 2021/11/14

    こんにちは。ついにこの日がやってまいりました〜🙌🙌🙌自分でも驚くほどにもう朝からドキドキしすぎてお昼のパスタの茹で時間 誤るわソワソワで  あっち行った…

  • ありがとうございました。

    おはようございます。先日の私事に たくさんのお祝いのお言葉いただきありがとうございました。お礼が遅くなり そしてお一人ずつまだお返事もできてなくてすみません。…

  • 今日は誕生日。

    自分で申告するのも どうかなのですが😅覚えてくださっていた方々が 前記事にコメントをいれてくださったので…本当にありがとうございました。感激いたしました。(…

  • 雪降る夜のバラード。35

    まわした手の甲に そっと彼が触れて思わず 強引に身体をひっくり返して正面から抱きしめた。嫌なら言って、 そう伝えたけど彼は いいとも嫌だとも言わず僕にされるが…

  • 怖かった。

    こんばんは😭😭😭💦💦💦ちょっと聞いておくれやす💦今さ チャリの散歩に行ったのよ。ご存知の通り 真っ暗田舎道やん?下向いて 散歩から帰ったら洗濯干…

  • こんばんは。

    Happy  Halloween🎃今日は本当にはっぴーな一日になりましたね💕まず ビギからのメールで 😳😳😳😳え!? ユノ? ユノなの⁉️ってなっ…

  • 雪降る夜のバラード。34

    『     …ご、めん…  』「    …消える  つもりだった?」『      …ん… 』彼は 鼻の奥で声にならない声を返した。じゃあ 僕のほうこそごめん、…

  • 公式のお知らせ。

    こんにちは😃今朝は ようやく重い腰を上げ妹のところに チャーリーと一緒に行ってきました。妹が新居にお仏壇を持って行ってくれたので両親は寂しくありません。こち…

  • 雪降る夜のバラード。33

    「  …ああ…  」公園の入り口に立つと視線の先、真っ直ぐに伸びた桜並木がライトに照らされ眩しいくらいだった。思わず ため息が漏れる。この景色をずっと毎年見続…

  • 雑談いろいろ。

    こんにちは。今日も秋晴れ、少し暑いくらいですね。車内は夏のようでした。昨夜の地震、関東地方の皆さま大丈夫でしたか?大きな被害ありませんでしたでしょうか。昨夜 …

  • 雪降る夜のバラード。32 雑談長め。

    残酷な時間は 容赦なく過ぎてゆく。壁の時計を見上げることすら 苦痛で…開けた窓から 時折 冷たい風と桜の香りが漂った。陽が落ち始めると 窓の外は昼とは違った明…

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、kieさんをフォローしませんか?

ハンドル名
kieさん
ブログタイトル
くる*くるり 
フォロー
くる*くるり 

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用