searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

絵本作家ふじもとのりこさんのプロフィール

住所
明石市
出身
中央区

1月に絵本「ケーキになあれ!」を出版。次回作も今年中に出版されます。新作の原画描きを実況報告中。 絵本の製作に関すること、絵本出版関係者の話、キッズアートなどが好評です。

ブログタイトル
絵本作家ふじもとのりこ「絵本裏話」
ブログURL
https://ameblo.jp/lunlun-koubou/
ブログ紹介文
絵本作家が絵本の裏舞台をご紹介。リアル色鉛筆画・絵本・アート・キッズ工作の記事も
ブログ村参加
2014/05/06
本日のランキング(IN)
フォロー

絵本作家ふじもとのりこさんの新着記事

1件〜100件

  • 伊勢参拝~天孫降臨神話19  ニニキネの晩年・ホツマツタヱ編

    伊勢参拝~天孫降臨神話19 ニニキネの晩年・ホツマツタヱ編古事記では、ニニギの息子、山幸彦がのぞいてはいけないと言われていたトヨタマヒメの本性、ワニの姿での出…

  • 伊勢参拝~天孫降臨神話18 コノハナサクヤヒメの名の由来・ホツマツタエ編

    伊勢参拝~天孫降臨神話18 コノハナサクヤヒメの名の由来・ホツマツタエ編 富士山(ハラミヤマ)の眼下に広がる広大な裾野を見たニニキネは、水の豊かなこの地に田を…

  • 伊勢参拝17~天孫降臨神話 ニニギノミコトは上賀茂神社のご祭神?

    伊勢参拝17~天孫降臨神話 ニニギノミコトは上賀茂神社のご祭神? 人口が増えたため、稲作を広げて飢えることがないようにするのは、最重要課題でした。そのために懸…

  • 伊勢参拝16~天孫降臨神話 ホツマツタエのニニギノミコト3

    伊勢参拝16~天孫降臨神話 ホツマツタエのニニギノミコト3  ニニキネ、ニニギノミコトは、アマテルカミの命によって、稲作を進めていきました。 ニニキネの部下で…

  • 伊勢参拝15~天孫降臨神話 ホツマツタエのニニギノミコト2

    伊勢参拝15~天孫降臨神話 ホツマツタエのニニギノミコト2  アマテルカミより三種の神宝を授かり皇位を継いだニニキネ(ニニギノミコト)は、民のために田を開こう…

  • 伊勢参拝15~天孫降臨神話 ホツマツタエのニニギノミコト

    伊勢参拝15~天孫降臨神話 ホツマツタエのニニギノミコトホツマツタエでは、一般的に呼ばれている「瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)」の「杵」はホツマツタヱでは「キネ」…

  • 伊勢参拝14~天孫降臨神話 降臨地の謎

    伊勢参拝14~天孫降臨神話 降臨地の謎ここは、ニニギ一行が降臨したという九州の高千穂の二神山です。フタコブラクダみたいな形状です(。実は高千穂には天孫降臨の地…

  • 伊勢参拝~天孫降臨神話 伊勢内宮のオオヤマズミとコノハナサクヤヒメ

    伊勢参拝~天孫降臨神話 伊勢内宮のオオヤマズミとコノハナサクヤヒメ 伊勢内宮に オオヤマズミをお祀りしている神社があります。内宮の入口である宇治橋を渡ったあと…

  • 伊勢参拝~天孫降臨12 コノハナサクヤ姫の心意気

    伊勢参拝~天孫降臨12 コノハナサクヤ姫の心意気 コノハナサクヤ姫だけを残して、一夜を過ごしたニニギにミコトでしたが、その後、コノハナサクヤ姫から、「天津神で…

  • 伊勢参拝~天孫降臨11 岩長姫は、本当に醜かったのか?

    伊勢参拝~天孫降臨11 岩長姫は、本当に醜かったのか? コノハナサクヤ姫とイワナガ姫は一対の存在だったとは、よく言われることです。一般的には「美醜という対」で…

  • 伊勢参拝~天孫降臨10 岩長姫のその後

    伊勢参拝~天孫降臨10 岩長姫のその後 ニニギノミコト醜いと送り返されたと言われる岩長姫。その後がどうなったのか。ほとんど分からないし、少ない説ですが、色々あ…

  • 伊勢参拝~天孫降臨9 コノハナサクヤヒメへの求婚

    伊勢参拝~天孫降臨9 コノハナサクヤヒメへの求婚 猿田彦に案内されて、笠沙の御崎で水くみに来ていた、とても美しい娘と出会いました。「そなたは誰の娘か?」と尋ね…

  • 伊勢参拝~天孫降臨8 ニニギの降臨の地

    伊勢参拝~天孫降臨8 ニニギの降臨その後の足跡 猿田彦に先導された、ニニギ命一行は、仁紫(つくし)の日向(ひむか)の高千穂(たかちほ)の久士布流多気(くじふる…

  • 伊勢参拝~天孫降臨7 猿田彦の異説

    伊勢参拝~天孫降臨7 国つ神の2つのファミリー  猿田彦は、国津神系ですが、天と地の間に立っていたことから、天と地をつないでいる存在です。 天津神、国津神の2…

  • 伊勢参拝~天孫降臨6 古文書に残る猿田彦の姿

    伊勢参拝~天孫降臨6 古文書に残る猿田彦の姿まず、皇祖皇大神宮の竹内家に伝わる「竹内文書」という古文書から。 武内宿禰の73世子孫、竹内 睦泰(たけうち むつ…

  • 伊勢参拝~天孫降臨4 猿田彦の謎

    伊勢参拝~天孫降臨 猿田彦の謎猿田彦の神は、大変謎の多い神で、以前伊勢で、猿田彦サミットが合ったくらい、色々な説があります。まずは、天孫降臨神話の後の猿田彦の…

  • 伊勢参拝~天孫降臨神話 ニニギノミコト4

    伊勢参拝~天孫降臨神話 ニニギノミコト4お供を連れたニニギ一行は、天を出立しました。天照大神と、タカミムスビは、天界と地上の境目まで見送りしました。 すると、…

  • 伊勢参拝-天孫降臨神話・ニニギノミコト3

    伊勢参拝-天孫降臨神話・ニニギノミコト3 天照大神とタカミムスビは、まだ若いニニギノミコトに、有能なお供をたくさんつけてくれました。特に岩戸開きの時、活躍した…

  • 伊勢参拝~天孫降臨神話・ニニギノミコト2

    伊勢参拝~天孫降臨神話・ニニギノミコト2天照大神と、タカミムスビの神は、皇太子の正勝吾勝々速日天之忍穂耳命(マサカツ アカツ カチハヤヒ アメノオシホミミノミ…

  • 伊勢参り~天孫降臨神話

    こんにちは。お久しぶりです。もう11月も半ばに差し掛かっています。みなさんも慌ただしい毎日を送られているでしょうか? 私は12月には毎年、神社チャンネルのセミ…

  • 5人展、近況報告~新聞に載るといいなあ。

    5人展、近況報告 お久しぶりです。五人展の1000枚のDM,たくさんの方のご協力をいただき、ほぼ配り終えました。​応援に感謝します。​​現地のメンバーが私一人…

  • 一本指のイラストレーター、ダイスケのこと。

    一本指のイラストレーター、ダイスケのこと。 日時が空いてしまいました。​同居の義父が入院手術等で、バタバタしていました。今日退院してきました~。​​あらためて…

  • 絵本「ねんねんころりん」原画展示します!

    絵本「ねんねんころりん」原画展示します!​ ​11月25日~30日 5人展で、絵本原画を出します。​場所は、神戸の元町駅から5分くらいの兵庫県学校厚生会館です…

  • 絵本「ねんねんころりん」裏話6 

    絵本「ねんねんころりん」裏話6  今日は、表紙のお話をします。 この表紙、ダミーの段階でもどういう絵がいいのか決めかねていたのです。  で、編集者が言うのは、…

  • 絵本「ねんねんころりん」裏話5

    絵本「ねんねんころりん」裏話5今日は、ワンちゃんのシーンの話です。モデルは、うちの柴犬ユズです。正式名称『柚子香姫号」家業の銭湯の冬至のお風呂から娘がつけまし…

  • 絵本「ねんねんころりん」の裏話4

    絵本「ねんねんころりん」の裏話4​ ​この絵本には、猫のほか犬とウサギと子どもが出てくるのですが、今日は、ウサギの話を。​​もともと、テキスト(文章)は、​「…

  • 絵本「ねんねんころりん」裏話3

    絵本「ねんねんころりん」裏話3​​この絵本には、実は娘の子、旺杜(あきと)を登場させています。​保育園児なのですが、保育園でコロナが出て、10日間保育園閉鎖。…

  • 絵本「ねんねんころりん」裏話2

    絵本「ねんねんころりん」裏話2​  新しい出版社でダミーが通ってびっくりしたのですが、もう一度びっくりすることがありました。​​それは、ダミーで使っていた絵を…

  • 絵本「ねんねんころりん」裏話1

    絵本「ねんねんころりん」裏話1​​昨日からたくさんの「いいね」やお祝いコメントありがとうございます。とても励みになります。絵本も喜んでいると思います!​​今日…

  • 新作絵本「ねんねんころりん」

    新作絵本「ねんねんころりん」ジャジャジャーーン!号外です!新作絵本出版です~。タイトルは、「ねんねんころりん」初の動物絵本。今回はいつもの食べ物の絵と違うので…

  • 宇佐神宮27 邪馬台国は宇佐にある?

    宇佐神宮27 邪馬台国は宇佐にある? 有名な道教事件の時、伊勢神宮でなく、遠い九州の宇佐神宮に神託を授かりに行ったのは、なぜでしょう?奈良平安時代には、伊勢神…

  • 宇佐神宮26 源頼朝の最後

    宇佐神宮26 源頼朝の最後 頼朝は、絶対的な権力者でした。征夷大将軍として武士による政権を推し進めていきました。頼朝が開いた幕府は、室町、江戸時代と680年も…

  • 宇佐神宮25 なぜ頼朝は豪族に応援されて挙兵できたのか?

    宇佐神宮25 なぜ頼朝は豪族(関東の武士たち)に応援されて挙兵できたのか?源頼朝は、平清盛に生かされた罪人の立場でした。それが、なぜ巨大な平家を倒せるくらいの…

  • 宇佐八幡宮24 清和源氏とその有名な子孫たち

    宇佐八幡宮24 清和源氏とその有名な子孫たち鎌倉幕府を開いた源頼朝らは、清和源氏と呼ばれていました。清和天皇の子孫ということですが、これは、源氏物語で、次の皇…

  • ”パステル吉祥画《ハロウィン》”

    いつもいつも、まとめ記事を丁寧に書いて下さって、マジ助かります!もっと黒画用紙に鮮明に出せるように、ちょっと技法を考えますね~  

  • 宇佐神宮22 源氏の物語1「静御前」

    宇佐神宮22 源氏の物語1「静御前」 静御前は、源義経が寵愛した白拍子でした。そして、霊力を持ち、天と繋がることができる稀有な舞手でした。99人の白拍子が、雨…

  • 宇佐八幡宮23 那須与一に見る源氏と平家

    宇佐八幡宮23 那須与一に見る源氏と平家 屋島の戦いは、海から攻めてくると思っていた平家軍に、陸から追討する奇襲をかけた義経軍との戦いでした。平家は水軍ですか…

  • 宇佐神宮30 境内摂社その2

    宇佐神宮30 境内摂社その2*実践和學 Cultural Japan heritageサイトよりここはすごくよくまとめてくださっています!黒男(kuroo)神…

  • 宇佐神宮29 境内摂社その1

    宇佐神宮29 境内摂社その1宇佐記事もラストスパートです。最後は摂社末社です。明日、宇佐に前入りしますので、今日二つ記事をアップします。宇佐神宮は、多くの摂社…

  • 宇佐神宮21 写真で遠隔参拝2

    宇佐神宮21 写真で遠隔参拝2少し話が戻りますが、楼門です。石清水八幡宮の楼門はこれと全く同じつくりで、宇佐神宮を京都の近くに移したい、という意図がよく分かり…

  • 宇佐神宮20 宇佐神宮 写真で遠隔参拝1

    宇佐神宮20 宇佐神宮 写真で遠隔参拝1 伊勢神宮に次ぐ第二の宗廟、宇佐神宮に10月2,3日に参拝に行くのですが、写真で一足お先に、イメージで参拝してみましょ…

  • 宇佐神宮18 平家と宇佐神宮

    宇佐神宮18 平家と宇佐神宮 宇佐神宮は、隼人の乱に宇佐八幡の神軍が出陣したこと、奈良時代の大仏建立、道鏡の皇位継承問題への神託など、朝廷の信頼を得て、国を守…

  • 宇佐神宮19 まつろわぬ民「隼人(はやと)」の首と宇佐神宮

    宇佐神宮19 まつろわぬ民「隼人(はやと)」の首と宇佐神宮 大和朝廷は、日本全土をまとめようと思いますが、、東北の蝦夷(えみし)と南九州の隼人(はやと)は、最…

  • 宇佐神宮17 源氏と八幡大菩薩信仰

    宇佐神宮17 源氏と八幡大菩薩信仰先に見てきたように、宇佐八幡宮の前見は、海人であり土着の豪族宇佐氏の巨石信仰(御許山の馬城峯(まきのみね)の山頂にある三つの…

  • 宇佐神宮16 八幡大神は朝鮮の神だった?

    宇佐神宮16 八幡大神は朝鮮の神だった?小野妹子が随の使い、裴世清(はいせいせい)と共に帰国した時。裴世清は、九州に、中国人が住む、「秦王国」があるのを知らさ…

  • 宇佐神宮15 宇佐一族の物語

    宇佐神宮15 宇佐一族の物語 宇佐八幡宮の現在のご祭神は、応神天皇、神功皇后、それに姫神(宗像の三女神)だとされています。しかし、900年代には、ご祭神が違っ…

  • 宇佐神宮14 和気清麻呂ってどんな人?②

    宇佐神宮14 和気清麻呂ってどんな人?② 桓武天皇は即位されると、それまでの荒れた時代を立て直す施策をどんどん進めて行きました。その時、桓武天皇が重用したのが…

  • 宇佐神宮13 和気清麻呂ってどんな人?(姉の広虫もご一緒に)

    宇佐神宮13 和気清麻呂ってどんな人?①(姉の広虫もご一緒に)「和気清麻呂公絵巻」より見ていきます。もともと和気氏は、第11代垂仁天皇の第5皇子、鐸石別命( …

  • 宇佐神宮12 2度天皇になった、孝謙天皇ってどんな人?

    宇佐神宮12 2度天皇になった、孝謙天皇ってどんな人? 孝謙天皇は、幼少期の名前を阿部内親王といいました。超サラブレッドの血筋で、父親は文武天皇と藤原宮子の皇…

  • 宇佐神宮11 道鏡はどんな人だったのか?②

    宇佐神宮11 道鏡はどんな人だったのか?②769年、事件は起こりました。道鏡の出世に伴い、弟も出世して、太宰府長官になっていましたが、その弟、浄人(きよひと)…

  • 宇佐神宮10 道鏡はどんな人だったのか?①

    宇佐神宮10 道鏡はどんな人だったのか?① 宇佐神宮神託事件を主な登場人物をクローズアップしてみていきたいと思います。トップバッターは、やはりこの人、道鏡。 …

  • 宇佐神宮9 宇佐八幡宮神託事件① 概略

    宇佐神宮9 宇佐八幡宮神託事件① 概略 宇佐神宮といえば、この事件を思い出す人がいるほど、有名な事件です。あやうく、天皇の血筋以外の人が天皇につき、皇統が絶え…

  • 宇佐神宮8 比売大神の不思議

    宇佐神宮8 比売大神の不思議宇田神宮は社伝が3つ並び、応神天皇が主祭神であるはずなのに、真ん中の神殿には「比売大神」が祀られています。宇佐神宮の由緒では、「比…

  • 宇佐神宮7 八幡神の変遷②

    宇佐神宮7 八幡神の変遷②記紀に記録がない八幡神ですが、正式な記録に残る最初は、天平9年「続日本紀(しょくにほんぎ)」です。 宇佐神宮の八幡2社とあり、地方神…

  • 宇佐神宮7 八幡大神の変遷①

    宇佐神宮7 八幡大神の変遷①  八幡信仰、八幡神社は全国に広がっていますが、不思議な事に、、古事記や日本書記には、八幡神や宇佐神宮の記述がまったくないのです。…

  • 宇佐神宮6 応神天皇ってどんな方?①

    宇佐神宮6 応神天皇ってどんな方?応神天皇基礎知識第15代天皇。日本書記での名前は、誉田別尊(ほむたわけのみこと)、胎中天皇(はらのうちにましますすめらみこと…

  • 宇佐神宮5 神功皇后の物語④ 神功皇后が関わった神社

    宇佐神宮5 神功皇后の物語④ 神功皇后が関わった神社 天地の神々に守護されて、三韓征伐を果たし、異母弟の乱を治めた神功皇后は、その戦いの最中にも、多くの神々と…

  • 宇佐神宮4 神功皇后の物語③ 応神天皇を守って

    宇佐神宮4 神功皇后の物語③ 応神天皇を守って 新羅を討った神功皇后は日本に凱旋し、御子、誉田別(ほんたわけ)を出産しました。槐(えんじゅ)の木の枝に取りすが…

  • 宇佐神宮3 神功皇后の物語②三韓征伐

    宇佐神宮3 神功皇后の物語②三韓征伐神功皇后は、夫の急死に傷心しましたが、「天皇の死を知ったら、人民の心が同様してスキができるだろう」と考え、仲哀天皇の崩御を…

  • 宇佐神宮2 神功皇后の物語①「ご神託と天皇崩御」

    宇佐神宮2 神功皇后の物語① 宇佐記事第二弾は、ご祭神の物語。神功皇后の三韓征伐はとても有名な神話です。神の名前が付く天皇は、時代を変えた天皇と言われています…

  • 宇佐神宮その1 基礎知識

    宇佐神宮その1 基礎知識10月の初めに、宇佐八幡宮に参拝に行きます。そのために、恒例の1か月連続宇佐記事を始めます。神社がお好きな方は、ご覧ください。宇佐八幡…

  • ”パステル吉祥画《ひまわり》”

    いつも生徒さんが、まとめてくださいます。有難いです。 

  • 娘家族の家庭円満を願って描いたお軸「虎親子」

    娘家族の家庭円満を願って描いたお軸「虎親子」虎の親子図、出来上がりました。でも、和室ないし、掛けるところないからいらないという。祈願奉納で、信貴山玉蔵院に祈願…

  • 7月の吉祥画「朝顔」

    今月のパステル吉祥画「朝顔」にも吉祥の意味があります。 「朝顔」の花言葉は「愛情」「結束」「明日もさわやかに」花の色によっても花言葉は変わります。さわやかに描…

  • 京都墨彩画壇展~初の水墨画展示なるか?

    京都墨彩画壇展師匠から水墨画を教わって、初めての画壇展があります。(昨年はコロナでなくなりました) 場所は、なんと、京都市美術館(別館)期間は、2021年7月…

  • ”パステル吉祥画《百合の花》”

    久しぶりのパステル吉祥画講座。コロナで2か月空いて、今回もどうしようかと思いましたが、あまり空きすぎると手が落ちるので決行!ランチは明石で今一押しの店ですが、…

  • 厳島神社やんわり記事29 宮島みどころ2  お寺と産土力(うぶすなりき)

    厳島神社やんわり記事29宮島みどころ2  お寺と産土力(うぶすなりき)厳島神社が有名な宮島ですが、昔は神仏習合の地でした。有名なお寺がたくさんあります。神社を…

  • 厳島神社やんわり記事28宮島みどころ 

    厳島神社やんわり記事28宮島みどころ  厳島には、JRまたは、広電の「宮島口」からフェリーで渡ります。☆JR西日本宮島フェリー   個人客多い。9時~16時ま…

  • 厳島神社やんわり記事27  摂社、末社の神々

    厳島神社やんわり記事27 摂社、末社の神々厳島には、たくさんの摂社末社があり、長い歴史の間に神様の変遷も感じられます。中には、古すぎてご祭神の分からなくなった…

  • 厳島神社やんわり記事26  平清盛の生きざま10 清盛の熊野・厳島信仰

    厳島神社やんわり記事26  平清盛の生きざま10 清盛の熊野・厳島信仰平清盛は熊野三社や厳島神社を篤く信仰しました。 平安時代の末期、上皇をはじめとする上流階…

  • 厳島神社やんわり記事25  平清盛の生きざま9 平氏滅亡

    厳島神社やんわり記事25 平清盛の生きざま9 平氏滅亡  以仁王(もちひとおう)の令旨を受けた源義仲(木曾義仲)の軍が京都を目指し,平維盛の大軍と倶利伽羅峠で…

  • 厳島神社やんわり記事24 平清盛の生きざま8 平家の終末

    厳島神社やんわり記事24 平清盛の生きざま8 平家の終末わずか半年の福原遷都 以仁王(もちひとおう)の挙兵の翌月、平清盛は福原へ遷都を強行します。平清盛は福原…

  • 厳島神社やんわり記事23 平清盛の生きざま7 平家打倒!源氏の復活

    厳島神社やんわり記事23 平清盛の生きざま7 平家打倒!源氏の復活安徳天皇即位 平家への反感は、安徳天皇即位の頃から顕著になりました。安徳天皇は、政治に巻き込…

  • 厳島神社やんわり記事22 平清盛の生きざま6 平家への不満の高まり

    厳島神社やんわり記事22 平清盛の生きざま6 平家への不満の高まり  滋子(清盛の正妻の妹)は、清盛が太政大臣になった年に後白河院の女御となり、翌年、皇太后宣…

  • 厳島神社やんわり記事21 平清盛の生きざま5 後白河法皇との蜜月

    厳島神社やんわり記事21 平清盛の生きざま5 後白河法皇との蜜月 平治の乱の後、清盛の妻、時子(出家して二位の尼)の妹である滋子が後白河院に嫁いだことで、平氏…

  • 厳島神社やんわり記事20 平清盛の生きざま4 一気に上り詰める清盛

    厳島神社やんわり記事20 平清盛の生きざま4 一気に上り詰める清盛 平治の乱ののち、平清盛は急速に勢力を拡大し、朝廷での権威を強めました。そして1167年、つ…

  • 厳島神社やんわり記事16  平清盛の生きざま2 平治の乱

    厳島神社やんわり記事16  平清盛の生きざま3 平治の乱 平治の乱では、保元の乱で味方同士であった源義朝を相手に戦うことになります。保元の乱後、後白河天皇は藤…

  • 厳島神社やんわり記事16  平清盛の生きざま2 保元の乱

    厳島神社やんわり記事16  平清盛の生きざま2 保元の乱1156年、清盛がリーダーとなって間もない頃に天皇家のスキャンダルが表面化した「保元の乱(ほうげんのら…

  • 厳島神社やんわり記事16  平清盛の生きざま1

    厳島神社やんわり記事16  平清盛の生きざま1 平清盛は、平安時代の末期に活躍した武士で、日宋貿易で得た巨額の富を財源に、朝廷に一族を送り込み、太政大臣になり…

  • 厳島神社やんわり記事15 民話4「鬼が南禅寺に豆腐を買いに行った話」

    厳島神社やんわり記事15 民話4「鬼が南禅寺に豆腐を買いに行った話」 宮島の神山、弥山には、日本で唯一鬼の神様を祀っている三鬼堂というお堂があります。三鬼堂は…

  • 厳島神社やんわり記事15 民話3「二位の尼伝説」

    厳島神社やんわり記事15民話3「二位の尼伝説」 有の浦に大きな灯篭があるが、二位殿燈籠[にいどのとうろう]」いうて彫ってある。.二位の尼は、平清盛の奥さんで、…

  • 厳島神社やんわり記事14 民話2「厳島神社ご鎮座の話」

    厳島神社やんわり記事14民話2「厳島神社ご鎮座の話」{宮島観光協会の伝説・民話から抜粋しています)嚴島神社さんが、何で今の所に建てられんたんか?いう話じゃが、…

  • 厳島神社やんわり記事13 民話シリーズ1「弘法大師と豆」

    厳島神社やんわり記事13民話シリーズ1「弘法大師と豆」最後は、落語のように、下ネタの落ちがついています。山のふもとでね、百姓の女房が、家の前で豆を煮ていたんだ…

  • 厳島神社やんわり記事12 弁財天の七変化

    厳島神社やんわり記事12弁財天の七変化弁財天は仏教の守護神、天部のひとりで、古代インドに流れていたサラフヴァティーの女神です。なので、弁財天は水にかかわる場所…

  • 厳島神社やんわり記事11 市杵島/市寸島(イチキシマヒメ)

    厳島神社やんわり記事11 市杵島/市寸島(イチキシマヒメ) 宗像三女神は、大変美しい女神様ですが、その中でも市杵島姫神はとりわけ美女でした。それだけでなく、芸…

  • 厳島神社やんわり記事10  清盛時代の厳島の神は三女神でなかった?!

    厳島神社やんわり記事10    清盛時代の厳島の神は三女神でなかった?!古代には、磐座信仰があった宮島ですが、その後、平清盛が安芸の神になった時には伊都岐島大…

  • 厳島神社やんわり記事9    厳島神社を崇敬した人たち

    厳島神社やんわり記事9   厳島神社を崇敬した人たち  厳島神社というと、平清盛を思いつきますが、それ以外にも長い年月、深く崇敬された神社です。どんな人たちが…

  • カルチャー教室を去る日

    今日は、7年実施したカルチャースクールの色鉛筆画教室を去る日でした。​​ 想えば、退職したものの、絵本を出版するめどもなく、何か少しでも収入をと始めた教室でし…

  • 虎の練習

    来年の干支、虎の注文が来ました。そして、例年と同じく、泥縄に練習から始めています。骨格と筋肉と。特徴を捉えらえるまで、模写や写真の写しをします。ここから、作品…

  • ”パステル吉祥画《藤の花》”

    私もつき一回更新になってるかも~~。こうしてちゃんとまとめてくれる生徒さん。有難いです!私の見本

  • 「ご来光~瀬織津姫 の帰還」仕上がりました。

    今日は師匠のところでした。「ご来光~瀬織津姫 の帰還」仕上がりました。 シリウスの女神、水の女神、伊勢神宮の荒祭宮に祀られているという言い伝えがあります。  …

  • ”パステル吉祥画バレンタインデー♡”

    いつもながら、さすがのまとめ具合。記録は任せてしまって、リブログだけ、楽させてもらっています。今回はバレンタインの絵です。カードにするために描きました。

  • コープ色鉛筆画教室最後の作品展

    コープ色鉛筆画教室最後の作品展コロナで来ていただきにくいので、生徒さんの絵をご紹介します。どの人もすごく上達しました。もう、私よりうまいんじゃないかというくら…

  • 倭姫完成しました。

    倭姫完成しました。「五十鈴川」師匠のいうように幼顔で色気のない感じに。描きなおしたので、良くなったと思います。倭姫完成しました。師匠のいうように幼顔で色気のな…

  • ”絵本を出版します”

    ブログの初期からのお友達、おり絵さんが、絵本を出版されました。この絵、織物なんですよ、素敵でしょう~~。

  • 1月24日 お絵描き報告

    1月24日​クロッキー、下塗り、骨格を覚える​地道です。家事諸々もやりながらだと、遅々として進まない。​​ 今までやっていた車中クロッキーは、筆に慣れるには良…

  • すいません、志忘れてました~

     読者さんに、「毎日お絵描き、毎日投稿」って年始の志を立ててませんでしたか?と言われました。「そのとおりです・・・」となりました。 一応毎日少しは描いていまし…

  • 新しい勉強を始めます。

    今日から湊川神社毘沙門天公開で、数人の友達が早速見に行ってくれました。​​ なんかね、有難いよね。遠くまで来てくれてね。​見てくれた人に温かみと慈しみ、ホッと…

  • 毘沙門天の絵の見どころと、近くの美味しいお店

    毘沙門天の絵の見どころと、近くの美味しいお店、安心できるお店をご紹介。​​毘沙門天をご家族で描いたのは、湊川神社のご祭神もご家族で祀られているし、お宮参り、結…

  • 奉納画確認!~湊川神社行き方~

    毘沙門天の奉納画、確認してきました~。​​湊川神社行き方​​JR神戸駅下車。北側(山側)に出る。​吉野家と出雲食堂の横を北側に上がると、白い塀が神社です。​​…

ブログリーダー」を活用して、絵本作家ふじもとのりこさんをフォローしませんか?

ハンドル名
絵本作家ふじもとのりこさん
ブログタイトル
絵本作家ふじもとのりこ「絵本裏話」
フォロー
絵本作家ふじもとのりこ「絵本裏話」
カテゴリー一覧
商用