Camellia日和
住所
福山市
出身
東広島市
ハンドル名
わび助さん
ブログタイトル
Camellia日和
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yosimitsu23
ブログ紹介文
転勤族の妻の日常です。広島県から三重県に転勤、広島県福山市に出戻りました(笑)
自由文
転勤族のオットくん、元気いっぱいの姫一号&姫二号を持つ、自称「ふつー」の主婦です。 くだらない日常、幸せなヒトトキ、美味しいもの。 毎日楽しい、毎日嬉しい、毎日幸せ。 …だったらいいな(笑)
参加カテゴリ

子育てブログ / 幼稚園児・保育園児育児

主婦日記ブログ / アラフォー主婦

地域生活(街) 中国地方ブログ / 福山情報

更新頻度(1年)

289回 / 283日(平均7.1回/週)

ブログ村参加:2014/04/16

※ランキングに参加するとカテゴリ順位・ポイントが表示されます。

今日 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 全参加数

わび助さんのブログ記事

1件〜30件

  • 大会に出る

    運動会翌日、心地よく晴れた日曜日。朝6時半過ぎに小学校グランドにいる謎(笑)昨日は子どもたちが朝から大会に行くというので家族総出で参加しまして。そこまで大きな大会ではなかったけど、丸々一日利用した大会。子どもたちは毎週末一生懸命練習しているけどなかなかこういうところに出てきて勝利するって言うのは難しいね。みんな練習してるんだもんね。今月末にはまた別の大きな大会があります。それまでに通常練習は少ないけど少しでもいい結果が残せますように。大会に出る

  • 運動会が開催される

    9月も半ばになり、ようやく帰省日記が終了しました。…昨日、最後の記事だったことに今頃気づく。他人のふんどしなので仕方ありませんね(^_^;そんな9月の連休。初日は運動会です。けれども時代なんでしょうね。朝も昼もやってきた注意喚起メール。生きづらい世の中になったもので。私のような不用意な人間がいるもんだから皆様にご迷惑をおかけしている次第で。そんなわけで写真はありませんけど。子どもたちはそれぞれ徒競走、団体競技、表現に全力で臨みまして。次女が人生初の「かけっこで一番!」という記録を出しました(笑)私だって一等賞になったことはありません。あまりのうれしさにゴールシーンがグリコのポーズ※イメージ画像そりゃそうなるよね。ぽっちゃり体型で小走りな次女。足の長さから考えたらもうちょっと早く走れそうだと皆が思っていたのだけど...運動会が開催される

  • 帰省する…その12

    月も半ばだというのに、まだ先月の青森話。鶴田町の「鶴の舞橋」なる橋に行ったようです。富士見湖にかかる橋は日本一ながいきの橋(日本一長い木の橋)なんだって。御利益あるかな?なかなかいい雰囲気ですね。きれいな木の橋。富士山は見えるはずもないけど富士見湖。公園があったようですが…危険すぎる?滑り台…明らかに垂直に落ちてる…かわいい顔出し看板。きれいな景色に癒やされました。帰省する…その12

  • 帰省する…その11

    田舎館村の田んぼアート。第一会場から第二会場へ移動しました。今年は…「おかあさんといっしょ」がテーマで。子どもたち(特に姉)は大興奮だったらしいです。おかあさんといっしょ60周年らしいですがデザインは現在放送されている人形劇「がらぴこぷー」のみ。今のを知ってる人でないと楽しめませんが。第二会場には「石のアート」もあって今年は寅さんと美空ひばりさん。毎年気合いが入ってますね。かなりリアル。自然相手のアートなのでできあがるまで相当の苦労があるのでしょうね。今年も楽しませていただきました!帰省する…その11

  • 帰省する…その10

    よく考えたらタイトルからしておかしい帰省日記。今日も他人の褌で相撲を取ります。我が家の帰省と言ったら「田んぼアート」も欠かせないようで。田舎館村の第一アートから眺めに行きます。今年のテーマは…「おしん」…と言われても…実は世代でないので萌えない。それは子どもたちも同じだったようで。…ピン子さんしか分からねぇ…おしん?歴代のアートを眺めてみたり足湯に浸かったり。間近で見てみたり。アイスを真剣に選んでみたり。食べたり。とまぁ、アートよりほかのことが忙しかった?第一会場からお送りいたしました…帰省する…その10

  • 帰省する…その9

    弘前城へ行ったらしいです。「お城とさくらとりんごのまち」ってちょっと欲張りすぎ?けれども石垣の修復中だったから?なのか「お城」の写真は見当たりません。弘前城南方の寺院街?にはお寺がたくさんあるそうですが、その中でも有名なお寺「最勝院」に行ったようです。最勝院は「五重塔の寺」として親しまれているんだって。日本最北の五重塔。弘前市内の観光もいいですね。帰省する…その9

  • 帰省する…その10

    新しい週に突入しましたが、相変わらずの3人でなかったで笑えます…下の子は特に生まれてこの方少なくとも減っていないので「タクシーとは」お思うこともありますが…どうなることでしょうね。昨日の続き。せっかく弘前まで他のなから、ほんの少し贅沢をしようかね。文学者でもないのに「風呂に3時間、数銭3時間…」はやり過ぎて溜飲を下げるのが妹。本領発揮?です。何でお母さんは一緒に映らないの?と聞かれたような。…そのうちね。庭にはミニチュアの古い建物。これを見たかったらしい。実際の怒るはこんなもん。楽しかったね。帰省する…その10

  • 帰省する…その7

    毎日人の写真を眺めながらネタを小出しにしていると今日が何日なのか分からなくなっている私です。さて青森に帰省したなら、必ず会いに行かなければならない犬がいますね。はいわさお最近奥さんの「椿」が天国へ召されてしまってさぞかし寂しい生活をしているとは思いますが、彼がいないとこっちも寂しいです。…家がだんだん豪華になっているような気がしなくもない。いつまでも長生きしてね、わさお。帰省する…その7

  • 帰省する…その6

    いつまで続くか分からない、他人の褌で相撲を取る帰省日記。八甲田丸の後に「ワ・ラッセ」に行った模様。ワ・ラッセは年中ねぶたを体験できる施設。まずはちっこいのがお出迎え。青森県内には「ねぶた、ねぷた」がたくさんあります。これらの違いは以前載っけたと思うので割愛。光を操って福笑いのように顔を作ることができるらしい。真剣にパーツを選んでいます。できました。なかなか迫力ありますね。いよいよ大きなのと対面しましたよ。最近日本の神話に興味があるのでとってもうれしかったようです。小さいですが、どうやって作るのか、体験もできたそうです。なかなかねぶた祭には行けませんが、雰囲気を味わうだけでもいいですね。帰省する…その6

  • 帰省する…その5

    延々と続く青森旅行記。何度も言いますが、私の旅行記ではありません。浅虫の後、青森市内へ行ったようで。津軽海峡を運航していた「八甲田丸」を見に行ったそうです。(“はっこうだまる”と入力したら「発行黙る」と出てくる(笑))今は青函トンネルがあるので船で北海道へ行くことはありませんが昭和までは船が活躍していたわけで、その中でも一番現役期間が長かったのがこの八甲田丸なんだって。船内には記念品が飾られています。…誰?と思ったら人形ね(笑)当時の様子を想像しながら見学します。毛布アート?何でしょうか、毛布をいろんな形に折りたたんでいたようで、説明を見ながら折ってみたらしい。甲板で当時を感じる…なんてね。動かない船ですが、しっかり堪能してきたようです。帰省する…その5

  • 帰省する…その4

    今日も続くよ、他人日記。青森で子どもたちが行きたがる場所と言ったら「浅虫水族館」ここのCMを見たら、そのリズムが忘れられません。館内でも口ずさんでしまうこと請け合いです。つい最近大分からやって来たものの、その多くがお亡くなりになってしまったという「クロマグロ」わずかに生き残る…模型で我慢。白いなまこは珍しいのかな?食べられるのかな?(笑)ヒラメ、と言ったら鰺ヶ沢?相変わらず、子どもたちはタッチプールにロックオン。イルカショーも相変わらず素敵なものだったようで。とても満足してお帰りでした!帰省する…その4

  • 帰省する…その3

    他人の褌で相撲を取る帰省日記。嶽温泉を足で堪能した後、「弥生いこいの広場」に行ったようです。弘前市の野外活動施設で、キャンプ場や広場があるようですが、向かったのは「動物広場」○主な展示動物(哺乳類)ノウサギ、アナグマ、アライグマ、ポニー、イノシシ、ラマ、タヌキ、サル、ヤギ、シカ、オグロプレーリードッグなど(鳥類)キンケイ、ギンケイ、アヒル、ガチョウ、クジャクなど…となっております。ラマ。ペンギン。亀。触れるらしい。ポニー乗馬体験は一回100円。あまり長い距離ではありませんが、体験としてはお手頃だと思います。顔出し看板の枠が大きすぎるのと、低すぎるので…楽しい一日目でした。帰省する…その3

  • 帰省する…その2

    自分が帰ったわけでもない帰省日記、しばらく続きます。帰省翌日、子どもたちが楽しむスポットへ行く途中、津軽の名峰「岩木山」を眺めます。津軽富士ともいわれるきれいな山。この日は天気も良かったらしい。山頂に雲がかかっていない日は珍しいといわれつつも毎年こんな写真があるような。岩木山のふもとに「嶽温泉」があり、足湯に立ち寄ったそうな。かなり広くてきれいな足湯。子ども達には熱すぎたらしいですが、青森はどこにでも温泉がある気がします。普段温泉慣れしていない子どもたちは青森=温泉という図式が成り立っていて。青森に行った時には「まとめて」入って帰ります(笑)今回も姫二号は「エブリデイ温泉計画」なるものを立てていったのですが…さすがに「エブリデイ」とまではいかなかったようで。いつか実現するといいね、エブリデイ。帰省する…その2

  • 帰省する…その1

    今日から新学期。…という学校が多いと思われる9月2日月曜日です。ということは、昨日まで夏休みだったわけで。分かりきっていますが頭の切り替えがうまくいきそうもない朝です。我が家は昨日まで私を除く人々が帰省していてぎりぎりまで遊びきった夏となりました。ど~せネタが尽きるのが目に見えているので青森帰省記を小出しにします。ただ自分は行ってない、なかなかの矛盾ですが気にせず。今回も飛行機は伊丹から。福山から大阪まで電車で行って、バスの連絡。というルートを選択。私的には岡山空港から羽田でトランジットの青森が理想なんですが、飛行機が2回飛ぶことの恐ろしさよ。単純に旅費が二倍ほどに膨れ上がることは十分想定されます。母は単純にケチなので帰省見合わせはいつものことです。伊丹はいつも賑やかで。屋上のヒマワリは夏の名残を感じさせてくれ...帰省する…その1

  • 無茶をする

    今日は夏休み最終日。9月の最初。朝から子ども会の予定が詰まっている9月の日曜です。グランドゴルフするってんだけど、中止かな?中止になったら公民館でゲームに変わるんだけど、それもまた…めんどくさい…いかん、本音がつい(笑)その後、子どもたちを迎えに行って夜は会議で。明日の準備はちゃんとできるかしら?いや、その前に。この4日間、実は私は家におらず。とある場所で一人過ごしていたのだけど。そのお忍びをどうごまかすか、それが重要な任務なのであります。…何じゃそりゃ…無茶をする

  • 夏、終わる。

    職場で普段顔を合わせることがない紳士に「ナンパか?」と思わせるような謎の言葉をかけられてドン引きした私です…慣れてないからうまく返せないのとただ気持ち悪かったのと。そこそこ歳がいってるのでうまい返し方があっただろうけど、モテない人間の哀しいサガが出てしまったとくだらないことで反省している今日この頃です。今時は何でもハラスメントと言われがちですが、こういう交流があってもいいと思ってしまうのは昭和世代なんでしょうね。なんてことを言っていたら、今日は早くも8月ラスト。8月31日で「野菜の日」は有名な語呂合わせですね。ナンバープレートが「831」の津時代の友人にメールしてみようかな。津時代が遠い昔になりかけているみんな元気かなぁ…夏、終わる。

  • 予感する

    久しぶりの小ネタでポンです。要するにネタ欠乏症この夏の写真を振り返ってもたいしたものが出てこない寂しさよ。スーパーで見かけた商品。きっと観葉植物なんだと思うけど。兵士が隠れていた件。容器代と兵士だけで100円以上の価値があると思うのだけど、中途半端に元気がない植物たちはおまけなのね、きっと。今年の帰省では久しぶりに友人、いや幼なじみに会いまして。待ち合わせ場所に行く途中に拾った石普段は石なんか興味ないし、足下を見て歩くことさえないのだけどなぜだろう、あの日。ハート型の石が呼んでいた(笑)いくつになっても幼なじみの前では「~ちゃん」と呼んでいた時代に戻れて。昔話に花が咲くお年頃になったのだと(^_^;…要するに、年取った~と感じた夏でした…(笑)予感する

  • 振り返る

    今日も楽しいお一人様。いろいろと問題事項があるのだけどここだけは現実逃避したい、そんな日です。もうすぐ夏休みが終わりますが子どもと一緒に過ごしていた割に思い出が乏しい。きっと子ども会のフットチームが市の大会に出たからで毎週末、練習三昧。その記憶しかなく。その上、何十年も謎だったことが一つ解明されて、怒濤の2019年、夏。何で今年だったんだろう。せめて10年前に分かっていたらもっと楽な人生だったに違いない(笑)そんなことを考えさせられた一ヶ月でした。唯一の遠出が広島市内というなんとも残念な感じで。電車から見る光景はカープらだけ(笑)ズムスタと言うのか、マツスタと言うのかも自信がない。その日はちょうどカープが試合の日で、駅からは人の流れがよく見えました。行ったテレビ局の「テレビ局らしい」一枚。私は本当に広島市内の高...振り返る

  • 夏休む!

    夏休みの最終週。お一人様生活を満喫しております。私以外の家族はそろって帰省中。今年は9月が日曜日から始まるので、ちょっと長めの帰省。あちらには楽しんでもらいたいのでこちらからは極力連絡を取らないようにしているのですが、昨日、小学校から残念なお知らせがあり…「提出してもらった“課題作文”なんですが、1枚目しかないんですが…」何やってるんだよ…提出日前日にゴーストライターが頑張った(笑)作文。まるで1枚しか書かなかったかのようなもちろん、文章の途中で切れていたので、続きがあると先生も理解してくれての連絡だったのだけど。書き上げた直後、文章の前後も考えずにササッと重ねて折り曲げていたから「ちょっと待て!」と止めた記憶がありちゃんと一枚目が上になるようにきれいにたたませたんだけど。内側のが滑り落ちちゃったのか。ホッチキ...夏休む!

  • 健診を受ける

    今日は職場の健康診断。緊張しますね。「体重測定」(笑)この日のために学校清掃を頑張ったり資源回収を頑張ったり(夜に祭りで呑んでチャラ(笑))したけどやっぱり増ねむしろ増し増し(^_^;先週、衝撃的な事件があって精神的にも打撃を受けていたのだけどそれでも増す体重。この歳になると精神的ショック療法は効かないらしい。おいしくないバリウムを飲んだり、心電図とったり、一通りのコースを粛々と。…するもんだと思ってたんだけど意外と職場の方々はオプションをつけるようで。問診票だけペロンと持ってきた私と違いみんな大金を握って並んでた(笑)せっかく血を採られるならいろいろまとめて検査していただきたいというのがみんな思うところなのね。結果が出るのは一ヶ月ぐらい後かな?コレステロールだけが気になりつつ、早速暴飲を始めてしまう私です(笑...健診を受ける

  • 褒められる

    昨日からお一人様生活が始まりました。年に一度のお楽しみ(笑)子どもたちは青森で何をして過ごすのかな?そんなことを考えながら、自分は何もしません。それが楽しみです。何もしませんと言いながら子どもたちを送った後で美容室に行きました。いつも行ってるところですがいつも新しい美容師さんがいて面白い。今日は最近東京からUターン就職したという若い男の子。さぞ東京はおしゃれだろうと思いましたが、できあがってみると、安定のショートでした(笑)かなり太くて強情な毛質なので、誰が切っても同じらしい。でも、男性に切ってもらった方が思い切りがいい気がします。とても頭が軽くなったので明日の健康診断が楽しみです(笑)その「男子美容師」さん。最近では珍しく「よくしゃべる男」で。これまでの髪型履歴の話はもちろん、東京から戻ってきたことのみならず...褒められる

  • 結果、やっちゃう…

    嵐の週末、終わりました…朝は学全体のラジオ体操会、資源回収、子どもの部活動。息つく間もなく流れていった感じ。昨日から何回役員で顔を合わせたことか。ようやく解放されたかと思ったら明日の登校日に向けて宿題、ラストスパート!一番これが気を遣う。明日までの宿題が全然終わってないし、そもそも終わる気配すらないし、何かの作品展に出す自由課題も内容さえ決まっていないし。決まったかと思ったら「決めた時点で終わった気分になっちゃう」人。…何もできてませんが…自分で課題を決めておいてちっとも内容が定まらず何もせず結局しびれを切らすのは母。娘の作文ではなく、「母の作文」になる…前日には科学研究も「母の科学研究」だったような記憶が。コンクールの審査員さんも「本物の作品」を見極めるのが大変でしょうね(笑)とりあえず、無事に登校日を迎えら...結果、やっちゃう…

  • ひたすら働く

    夏休みの終わりの週末には学校の草むしりがつきもの?…ですよね。奉仕作業と言ったり、環境整備と言ったり、学校清掃と言ったり言い方はいろいろあるかもしれませんが、要するに「大掃除」ね。日頃お世話になっている学校を掃除するのは大事なことだと思うのですがなぜだか娘の学校では「役員の仕事」とくくられていて。学校のクラス役員と町内会の子ども会の役員のみが集まる謎の会となっています。いったんそういう流れができちゃうと「役員でもないのに掃除に行くのはおかしい」という困った心理が働き、余計に役員以外の参加がなくなるものです。で、子ども会の役員はかり出されまして今年は学校菜園の草むしり。これまた町内会ごとに場所を指定されているという謎の慣例。そんなだから「子ども会の役員」が出なきゃいけなくなっちゃうのよ。前日に大雨だったから、今年...ひたすら働く

  • 衝撃を受ける

    姫一号の宿題がとんでもないことになっていて。今日は「母の科学研究」を写すだけという作業の日になりました(笑)いや、本当はこのプロジェクトで学んだことをまとめたらいいだけのことだったんだけど、これがまぁ…全くまとまらず。いろんな仕事が山積みの彼女には手に負えるはずもなく…周りからは「放っておけ」と言われながらも。母は参加していないはずの調査に思いをはせながら?完成したぜ…母の研究(笑)覚悟はしてたけど、予想以上にやらない娘。一体誰に似たのだろうか。明日からも課題は山積みである…ド~でもいい話。といいながら今日の主題はこちらなんだけど。一年前の夏休みに「同窓会」に参加しました。お盆の同窓会、中年以降にありがちです(笑)。実家を離れた人もお盆ならば集まりやすい、よね。懐かしい仲間とひとときを過ごすなんてのは建前?だと...衝撃を受ける

  • 見学する?

    夏休みも残りわずかとなっております。今年はお盆に実家へ帰りましたが、実は昨日までまたちょっとだけ帰省していて。「帰省」というよりむしろ実家をベースとして広島市内に出陣です。いつも見かけるローカル線より長い列車に乗って(笑)ついた先は地方のテレビ局。ちょうど一ヶ月前に「海と日本プロジェクト」なる企画に参加していて、その中間報告?というようなイベント。前回見学した内容を元に一人一人が新聞記事を書いて提出するという日。見学の日に「レンズ付きフィルム」を持たされた子どもたち。一ヶ月後になんじゃこれ?フィルムそのものに興味津々。…しかもフィルムもらうけどCDにも焼いてあるという過保護さ(笑)最後にテレビにも出て楽しい一日でした。見学する?

  • "ぶ”活する?

    ずいぶん前、前のブログの頃だったと思います。おでんの話題?だったでしょうか。私が書いたのか、相手が書かれたのか覚えていませんが、「ちくわぶ」について熱く?語り合った記憶があり、「ちくわ部」を結成しました。…一度も活動せずに終わった気がしますが…そもそもこのあたりでちくわぶを手に入れることができるのかどうかも怪しくどんなものなのか想像もつかない。そんなわけでちくわ部といいながら、ちくわ部未食というね。ユーレイ部員(笑)でも数ヶ月前?『マツコの知らない世界』で取り上げられていてにわかにまた気になる存在だった「ちくわぶ」…あった(笑)しかも見切りにもほどがある「30円」という破格のお値段で。(多分300円くらいするもんだと思うんだけど)二本入り。王道はおでんだろうけどとりあえずどんなもんかを食べて見るべくトースターで..."ぶ”活する?

  • 夏を感じる

    夏祭り。心躍る響きだけど、年々足が遠のきます。近所のお祭り程度ならいいんだけど大きな花火大会とか、何万人も人が来るようなお祭りとか行くことを考えただけでおっくうな子どもを連れて行ってやることも大事なんだろうけど。日本全国で夏のお祭りはいろいろあってそれこそ青森のねぶたとかねぷたとかその時期に合わせて帰省したらいいんだろうね。…絶対やらなそう(笑)東北のお祭りも有名ですが、四国では「阿波踊り」去年?だったかもめたんだっけ?今年は台風の影響で日程が短縮されたという話も聞きましたが近所に来ていた(笑)ショッピングモールが賑やか華やかになっていました。男踊りは中腰?がしんどそうです。皆さんの指先がとてもきれい。自分で踊りたいとは思わないけどいいもんですね。ちょっと夏気分でした。夏を感じる

  • キャンプが終わる

    姫一号が二泊三日の宿泊研修(野外活動)から戻って参りました。先日もぼやきましたが一時間ごと、いやそれ以上かもしれない教頭からの連絡に耐える保護者(笑)その苦行に耐えたからこその「全部知っとるし感」といったら(^_^;子どもの話も話半分になっちゃうよね。学校や施設が用意してくれたプログラムは今ひとつだったみたいだけどそれ以外の「スキマ時間」に話す本音トークの方が印象に残るもんだよね。誰々君のうちの倉庫にいかがわしい本があるとかどうとか、笑わすわ~なんにせよこういう経験を通じて大人になっていくことは間違いないし、お友達が普段どんな様子で寝ているのかとか友達と一緒にお風呂に入るとか親の目が届かないとか楽しいことばかりだよね。…帰ってきたときの洗濯物は恐ろしい量だったけど(笑)そんな洗濯物をやっつけるのもまた楽しいもの...キャンプが終わる

  • 新しくなる!

    今日からパソコンが新しくなりました。先日アダプターが壊れて(←ヤフオクで買ったら送料の方が高かった件…涙)画面の接触も悪くなっていたし。きっとそのうちまたWindowsが保証しなくなってくるんでしょ。前のパソコンもそんな理由でさよならした覚えが。我が家はパソコン関係はすべてオットくんにお任せしているので私が帰省した間に新しいのが届いていた…らしい。メーカーは変わっていないのかな?それすらもわからない(笑)とりあえずデータの移行に丸二日かかったらしい古いパソコンはオットくんの実家に持っていくらしいのでヤバいものはすべて移行させるか抹殺せねばならんらしいというくらいは理解できた模様。きっと何かしら忘れ物があると思うけど。とりあえず新しいパソコンちゃん。次に続くことも大事だけど…ちゃんとできるんかいな?宿題が終わるの...新しくなる!

  • キャンプに行く

    今日は夏休みの土曜日。…なのだけど、今日から小学校の行事。二泊三日で野外活動、つまりキャンプ。…とは言っても昔のようにテントで寝るようなことはなくかなり立派な施設に寝泊まりし、二泊三日なのに野外炊飯は一度だけ。(…きっとカレー(笑))学校から逐一連絡が来るもんでやれ結団式をした、とか。やれバスが出発した、とか。やれ昼食を食べた、しかも、メニュー付き、とか。やれ〇〇の練習をした、とか。やれリスクマネジメント研修をした、とか連絡が多すぎて辟易。今どきの親はこれを知りたがるのかねぇ…何をしてても元気で帰ってきてくれればそれでいいのに。見えない子どもの姿を想像し、親なしで楽しんでる子どもに成長を感じる。それだけじゃダメなのか…難しい時代である。ド~でもいい話。今ドキは「恋愛ドラマ」が流行らないらしい。ケータイやSNSが...キャンプに行く