searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

STREET・Fさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

メインは観光の旅行記です。ツアーではなく、個人旅行派です。 個人的主観で書いてますので、勘違いしているところもありますけど、基本ノンフィクションで、事実を書いています。 ナイトライフ情報は掲示板へ、女の子の写真(コスプレ含む)もあります。 インドの売春地帯等の写真を見れるのはこのブログだけ!

ブログタイトル
STREET・Fの世界に出よう!season2
ブログURL
http://sekainideyou2.seesaa.net/
ブログ紹介文
旅行者。Cカードも取得したダイバー。 ナイト情報 海外女性のコスプレ写真も大量にあり。
更新頻度(1年)

54回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2014/01/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、STREET・Fさんの読者になりませんか?

ハンドル名
STREET・Fさん
ブログタイトル
STREET・Fの世界に出よう!season2
更新頻度
54回 / 365日(平均1.0回/週)
読者になる
STREET・Fの世界に出よう!season2

STREET・Fさんの新着記事

1件〜30件

  • ひどい背中

    スービックで連続3日ほどのダイビングを終えた後。アンヘレスに着いてから背中が異様に痒くなっていた。 どうやら日焼けしたそうで、しかもウェットスーツだから日焼けをしないと思っていたが、ばっちり背中が日焼けしてしかもあちこち皮がはがれていた。 もう若くもない年齢なので注意しなければいけないが、日焼けしたくない自分まで日焼けしてしまった。しかも背中なので自分で見れない…

  • アンヘレスに帰ってきた

    スービックを離れ、アンヘレスに帰ってきたが、泊るホテルはいつものホテルではなく 別のホテル。 フィールズアベニューの中ほどにあるロイヤルアムステルダムと言うホテルに泊った。 なぜならいつものホテルはこの時改装中なのか。3階にいる自分の部屋に出さえ2階の工事の音が鳴り響いて、朝のけだるいが心地いい気持ちを壊されるからだ。 今でも巨乳のホテルで働くお姉さんから…

  • マッサージ屋で隔離

    昨日もそうだがダイビング後にはマッサージを受けたい。 その日はダイビングの後にウエットスーツを脱いで長時間いたためか背中がひりひりして眠るのもつらかった。夕方前ぐらいにホテル前の通りをウロウロしてマッサージ屋を見つけ。そこでオイルを使わないマッサージを受けた。 後で判明したことだが日焼け止めも何も塗らなく無防備でいたために。背中の皮が日焼けで向けるというひどい…

  • 最後にクマノミを見る

    この沈んだ船の一部分だけにはイソギンチャクが自生して居て。そこにはクマノミがいた。 遠くから見ても周りに何もなかったのでクマノミはよく目立つ。 この距離から取ってもかなりイソギンチャクから離…

  • 水族館?

    この船の一部部にはかなり大きめの魚が身を隠している場所があった。 がれきやいろんなものが沈んで、長い間動かなかったのだろう。 魚が産卵、小さい魚が捕食を逃れるには最適な場所なのかも知れ…

  • マクロな生物

    先ほどのポイントに潜れなかったのは残念だったが今回の船が完全に横倒しになっているためにいろんな場所に生物が住みついている。 ただ昔ではなく近代的な船であるために、人工的な物と自然な物が融合されて、そのギャップが面白い。

  • 最後のダイビング

    先ほどはギブアップしたので、髪の毛を巻き込まないように、きちっとマスクをつけ。マスクのベルトを引き締めて。水面に着水した。 今度は大丈夫。レギュレーターから空気も供給されるし。深く沈みながら徐々に耳抜きして海底に着いた。 今回のポイントでは沈潜は完全に横転して横倒しになっている船だった。 船とは転覆した場合(魚雷で穴をあけられたのではなく。高波などで転覆)…

  • ギブアップ

    翌日、この日は午前の2ダイブでで2日間の5ダイブで終了の予定だった。 自分はとりあえずダイブショップでコーラを飲んで頭をリフレッシュして。ポイントまでボートで向かう。 船の上でボーっと準備もせずにいた自分は、ショップのひとに頭からゴーグルを装着されて、水面にバックロールエントリー。 そして沈むサインをもらってインストラクターと一緒に潜る。 すると自分でな…

  • ダイブショップ前のアクティビティ

    浮上してボートに上がった。 これで今回のダイビングは終了。 明日に2ダイブ、計5ダイブであさってにはスービックを離れて、アンヘレスへ戻る。 ダイビングを久々に満喫できるので。そういう意味では楽しので、アンヘレスだけで飽きた場合はスービックに数泊行くのも良いと思う。 昨日も見たがダイブショップ前の浜辺には大きなバルーンのアクティビティがあり、どうやらダイビ…

  • たくさんの魚影

    とある場所まで泳ぐとたくさんの魚影が集まる場所があった。 ここへは閉鎖されたビーチなので釣り人も網で魚を取る人も居なく。結果としてたくさんの魚の群れがあるのかも。

  • 沈んだ海洋フロートは魚たちの住み場 その2

    昔は海上に基地としての役割を果たしていたのだろうが。沈められてから長い年月がたったのだろう。 様々な生物の住みかとなったようだ。人間の興亡は一瞬だが生物はゆっくりとしか移動できない。 海底が砂地ではあるが沈められたものにはたくさんの物が住みつき。その為か海底で珍しいものを見た。

  • 沈んだ海洋フロートは魚たちの住み場 その1

    スービックの海に沈んだ物は海底が砂の場合が多いので。大きな魚から身を隠す魚たちの住み場としては取っておきだが、 ここは閉じられたビーチで観光客も釣り人も来ないのか。いろんな魚を見ることができた。 しかも数も多い。 普通に海底に着いてカメラのカバーをはずすだけで思い掛けずにシャッターチャンスに恵まれる。 勝手にカメラに写り込んだ魚等。

  • 海上空母

    船を出せる時間やポイントは限りがあるらしく。午後に1ダイブを予定していた。 そこは色んなものが沈んでいるポイントだった。 英語で書いてあったものを軽く易くと

  • 海底で一句

    船の残骸。沈められて海底に斜めに付いている大きな戦艦。 様々な物が目にできる。 船の一部だろうが骨組みだけで。ほぼ壊れてしまっている。

  • 船の中に侵入

    船はあちこち窓が外れたような場所やドアが崩れ落ちたような場所があるので中に入ることができる。 自分以外のダイバーも中には行って見てきたようだ。 インストラクターに水中用ライトを渡されて、自分も…

  • 沈潜は魚の隠れ家

    沈潜は岩場が少ない海底に比べこれ自体が要塞となり。大きな魚から身を隠すにはうってつけの場になり。魚たちが多く船の中に居る。 とりあえず船に近づくと、カメラでは赤錆すらもはっきりと映る。 やは…

  • 2ダイブめ

    船で別のポイントへ移動して、再び潜る。 下には全貌を把握できないほど大きな船が沈んでいるが。先ほどの船とは時代が違い。見た目近代的な船のように見える。 昔の船にはないようなものが見えたからだ。 …

  • ダイビングの間の撮影

    海面のに浮上してBCDジャケットに空気を入れる これで海面に浮くことができる。 ボートが近づいたところで 海面で ウエイトベルト フィン BCDジャケットの順に外して船の上にいるスタッフに渡す。 そのあと階段でようやく船の上に上がることができる。 椅子に座ってようやく落ち着く。 スタッフはそのあと、タンクを変えたりして船は次のポイントへ船を出す。 午前中…

  • 浮上中の撮影

    18Mを越える水深まで潜っていたので。浮上し、5M地点で5分待機なのでBCDの空気を抜きながら浮上。 水深が下がると水圧も減る。となると浮きの役割を果たす肺も膨らむので浮力がましてしまう。 海底に着かずにBCDの空気を微量に入れて中世浮力を保つダイバーは、浮上はBCDの空気を抜いて5Mの位置でバタ足して、その位置をキープする。 上手い人は安全停止位置で胡坐をかいていたりす…

  • 船の物が転がっている

    海の中では魚もいて寄ってくる。 インストラクターの近くを泳ぐ金の魚。 沈んだ船には大きな筒状の物が二つあって、その上にも空洞の筒が転がっている。 沈められたときに横転したのだろうか? …

  • アドベンチャーを楽しむ

    AOWとはアドバンスト・オープン・ウォーターだが、別名でアドベンチャー・オープン・ウォーターとも言う。 アドベンチャーに必要な6つのスペシャリティ−を取得すればいいので。学科勉強もなく、2日の海洋実習で取得可能。 その中にはディープダイブが必修になっているので、これを取れば水深18Mよりも深く潜れる。 深くなれば深くなるほど太陽の光は届きにくくなるが、フィリピンやタ…

  • 一緒に潜ったダイバーたち

    海底に着き、周辺を潜ると色々な魚も見えてくる。 このような瓦礫や船の残骸があると魚のすみかになるのだ。 日本では沖縄ぐらいでしか目にできないだろうが南国はどこにでもいる黄色い魚

  • レックダイブ

    レックダイブと言うのは日本語に訳すと沈潜ダイブのこと。 海の中に沈んだり沈められたりした船をダイビングでみていくダイビングだ。 レックダイビングのスペシャリティもあるが、そんなものなくてもできるらしい。 中に死体や骸骨があったり小さい通をなどを泳ぐなら特殊スペシャリティとして必要かも。 潜ってすぐにこれぞ沈潜と言う写真が撮れた。

  • ダイブポイントまで

    このホテル近辺にはダイブショップはなくて、このマンゴーリゾートだけのようだった。 ダイビングすない人はビーチで遊ぶようだがやはりレックダイビングが主要な場所のようで、シュノーケラーやビーチで遊ぶ水着美女などはいなかった。 ブリーフィングいつも通り危険な魚が幾つかいるぐらいだが、そこまで危険ではない様子。 フィリピンでの殿様ダイブなのでギアはすべてショップの人が…

  • ビーチ上のアクティビティ

    9か月前に訪れた時は無かった物がマンゴーのビーチには新しいアクティビティ施設ができていた。 みると子どもたちが数名遊んでいる。もちろん料金ありだろうが。ダイビングできないような子どもたちは…

  • ダイブショップの絵

    壁一面にダイブポイントに沈んでいる物が表示し文書だけでなく絵も描いてあるので非常にわかりやすい。 大きく描かれていたので一つずつ撮影した写真をUPする。 Landing Ship Tank 戦艦や船には詳…

  • スービック、リベンジ

    全開訪れた時は体調不良で参加できなかった。ダイビングを再び挑戦するべく、もう一度スービックへ行くことにした。 だいぶセンター併設のホテルもあるので今度はそこに泊る。前回のIコーブビーチホテルの方がプールもあり外観もいいのだが、問題はIコーブビーチホテルでは飲食の持ち込みが一切禁止だったこと。 なのでダイビングへの利便性も兼ねて、隣のマンゴ^ビーチホテルに泊った…

  • ディスコに行ってみる

    前回、馴染みの白い肌のフィリピーナをホテルに呼んだ後、彼女に誘われてディスコで楽しんだことを思い出し、 今回は当然バーの方が単価が安いが、ディスコで拾ってみることを考えた。 前回タダだったのはその時限定のようで、今回は毎日100ペソの入場料がかかる。 入り口で支払うと左手の親指と人差し指の部分にスタンプが押され、それが入場料支払いの証明になるようだ。 何度出…

  • 白いスニーカー

    アンヘレスにいるladyboyは二人紹介された。 写真は見ていたが、一人目は素朴系なのに対し二人目は派手系。 女性なら間違いなく美系な感じ。 LINEやメッセンジャーは持ってなく、SMSのメールだけのやり取りだった。 彼女は「白いスニーカーを履いているのが目印。」とだけで 「どこに居るの?」とか「会えないの?」とか頻繁にメールが来る。 値段はショートで1000ペソでもい…

  • カルボナーラを食べる

    夕方に馴染みのバーへ行ってみる、昨日は連絡取れるladyboyを拾ったからだ。 行くと、見慣れた顔が迎えてくれた。 彼女はここ数年繋がりを持っている。いつも明るくて可愛い子。以前と比べ髪の毛が長くなっていた。 彼女はこのバーでは珍しく子持ちでない。細く美しくしなやかな体つきをしている。 このようなワンピースを好んでいた。

カテゴリー一覧
商用