searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

亜麻色栗子さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ほのぼの街のほんわか通りに、ふわっと風がふく
ブログURL
https://ameblo.jp/kuriko-amairo/
ブログ紹介文
笑顔がにじみ出る(はずの)「ゆるイラスト」とともに、なんてことはない日常をつづったエッセイ
更新頻度(1年)

96回 / 365日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2013/11/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、亜麻色栗子さんの読者になりませんか?

ハンドル名
亜麻色栗子さん
ブログタイトル
ほのぼの街のほんわか通りに、ふわっと風がふく
更新頻度
96回 / 365日(平均1.8回/週)
読者になる
ほのぼの街のほんわか通りに、ふわっと風がふく

亜麻色栗子さんの新着記事

1件〜30件

  • 星に願いを

     アメリカの学校は6月下旬に終わりますので、息子二人との奈良の実家への帰省は、少しでも空いている時に東京ディズニーランドへ行きたいということもあり、日本のちび…

  • 猫ちゃん、十匹十色

     子供の頃、庭に野良猫ちゃんたちが、集ってくれてました。 母が動物が苦手なため、子供の私がよく餌をやっていたのですが、至極、雑でした。給食のパンの残りを、ちぎ…

  • 消化試合とスイカ

     アメリカで20年以上、専業主婦で子育てをしていました。 息子たちが成人し、肉体的な子育ての役目がなくなりました。 毎日が消化試合感、半端ないのです。 なにか…

  • ほがらか

     捨てられない女歴の長い私は、Eメールも、もらいっぱなし、ろくに削除もせぬまま、そのまま放置しています。 大した量のメールが来るわけではありませんし、容量もま…

  • 燈籠

     うちの燈籠、小ぶりの庭にはちょっと立派で、存在感があります。 隣の母屋をモダンに建て替えるというので、次男である亡き父が、大きな庭に二つあった燈籠の一つを、…

  • 新聞の特別配達

     インターネットを使わない母にとって、新聞は、とても大事。 鯨は捨てるところがない、などと言われて隅々まで活用できるようですが、母も、いろいろなところを切り取…

  • 梅シロップ

    母が、庭の梅で、梅シロップを作ると言って、大きなジャーを、台所の流しに出してきました。そのジャーには、「ホワイトリカー ホワイトアロー」のラベルがあり、かなり…

  • 物との出会い

    いただいた物、お気持ちはすごくすごくうれしいのだけれど、使わない物も、多いもの。 そんななか、私の文房具史上ロングランヒットとなっているのが、30年以上も前、…

  • 歴史ロマン

    NHK奈良ニュースを見ておりましたら、大化の改新ゆかりの「槻の樹の広場」の名前の由来であるケヤキの木があった可能性のある場所が確認されたとのこと。 蹴まりをし…

  • 不可解な心

      未だに、思い出すと、胸がかきむしられ、その時に戻り発言を撤回したい衝動にかきたてられ、ど、どーんと落ち込みが後をひく出来事があります。 ど、どーんなことが…

  • みっともない私

     自慢ではありませんが、「バイタリティ」「明るさ」「気品」は、私の辞書にはありません。 しかし、50も後半になると、背筋を伸ばし、お腹に力を入れて(筋トレしろ…

  • コロナと共存

     私は、自分のことで精一杯ですので、ガーデニングには向いていないのですが、母は、庭いじりが大好き。挿し木したり、せん定したり忙しい。「こうやって草むしってるだ…

  • 長~い長~いスカート

     アメリカから大量の服を送りました。なにせ、元祖(?)穴があいた服も捨てられない女ですから。 頭のネジが何箇所も外れていますので、ディスカウントショップで、そ…

  • むずかる ICOCA

     久しぶりに電車再デビューしようとしましたら、ICOCA に、むずかられました。 改札を通ろうにも、ぎゃーぎゃー大泣きされる。もう一度、、、また、大泣き。 え…

  • 父の命日

     明日で、父が亡くなって一年になります。 むか~しむかし、飛行機もまだめずらしかった(我が家周辺で)ころ、箱に入った機内食をお腹がすいたでしょうにまったく食べ…

  • 講談師、母

     母には、一つのことを永遠と話せる特技があります。 例えば、凡人の私なら、「買い物行く途中で近所のひとと会った」で終わる話が、、、 買い物行くのに歩いててんや…

  • 間接照明にすると人がコケる

    ちょっと暑い日もあるので、扇風機を出してきました。 アメリカの家は全館冷暖房でしたので、猫ちゃんに家中どこでも快適に寝そべってもらえて、部屋のドアも閉めずにす…

  • その手にのるもんか、青汁

     お昼ご飯は、『徹子の部屋』を見ながらのんびり食べてます。苦労話を聞いて、華やかに見える芸能人でも辛いこともあるんだ、と救われた気分になりたいのです。 すると…

  • 悟りの境地

     小学校の頃から何度出入りしたのでしょう、実家の玄関。 玄関を開けた時の眺めのよさ、今まで気づきませんでした(え?)。 丘の上に建ってたんですね、うちって。そ…

  • 母の日

    生まれた我が子をみたその瞬間、どわ~わ~~ん!世界がめくるめく変わりました!というようなマジカルな感想をよく耳にしていましたが、長男が生まれた時、私の世界は、…

  • 生命の神秘

     家庭栽培用のトマトやきゅうりの苗を買いたいけれど近所の園芸店のおじさんは話すとなごなるし、うちの家も知ってはるし、一度買ったらまた買いに行かんとあかんように…

  • 民衆の歌

     アメリカの友人のお嬢さんのカレッジのZOOMを使ってのヴァーチャル卒業式(形容詞多っ)があったそうなのですが、ご自宅からの超カジュアルな服装でのスピーチが妙…

  • ボーっと生きてます

     昨年亡くなった父のお墓ができました。 掘られている文字「建之」 「建立(こんりゅう)」かと思いきや、ちょっと違う。 読む下して(これをたつ)と読んで、建てた…

  • さらっと生きる

    実家のペンキの塗り直しのため、ひさしの上に塗装業者の方が乗ってらっしゃるのを見て、思い出しました。 よくすねる子供だった私。理由は覚えていませんが、すねるかお…

  • 迷惑電話

    「もしもし」 「〇〇さまのおたくで、間違いなかったでしょうか?(この言い方にすでに虫ずが小走りっ) こちらオリエンタル〇〇の〇〇と申しますが、」 「結構です」…

  • 虎の置物

    母がもう届かなくなってしまった天袋の奥。頼まれて私が椅子にのぼり手をのばしてみると、鉄製の虎の置物が出てきました。「あ~、これ探してたんや~」 私がまだ小さい…

  • 世界、ふしぎ発見っ!

    『世界ふしぎ発見!』が大好きです。 さすが昨夜の放送は、黒柳さんは自宅から。 35年続いているのですね。 第一回目から見てます。確か、オランダだったんじゃない…

  • ねきょくん防衛癖

    母の家には、ねきょくんがいません。 ですので、私の身に染み込んだ「ねきょくん防衛癖」が、空回り。  玄関のドアを急いで閉める、、、 服を入れてある箱のフタを急…

  • 何が飛んでくる?

    母の家の風呂場から水が漏れるようになり、どこから水が出ているかを調べるためには、ユニットバスを取り出さないといけない、とのこと。 取り出すためには、壊さないと…

  • Please do your part!

    阪急、大丸、高島屋、、、大阪の百貨店が閉まるって、いつも会っているわけじゃないけど、”居てくれる”と思ってた頼りになる親戚のおじさんが倒れちゃったようで、ショ…

カテゴリー一覧
商用