searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

tasukuさんのプロフィール

住所
フランス
出身
鶴見区

自由文未設定

ブログタイトル
甲府・ストリート・ジャーナル
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/tasuku__/
ブログ紹介文
甲斐に花開くジャーナリズム
更新頻度(1年)

4回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2013/10/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、tasukuさんの読者になりませんか?

ハンドル名
tasukuさん
ブログタイトル
甲府・ストリート・ジャーナル
更新頻度
4回 / 365日(平均0.1回/週)
読者になる
甲府・ストリート・ジャーナル

tasukuさんの新着記事

1件〜30件

  • 武田緊急会議まとめ

    24日夜、武田家において緊急会議が行われた。要約すると、武田家は現時点で斎藤家および上杉家との同盟が内定。前季の没落で戦力に不安を抱える武田家は、リベラル系大勢力の上杉家と、今年の大河ドラマで人気急上昇の斉藤家に接近していた。こうして斎藤家が盟主を務める

  • 「悪いなのび太、これ5人用なんだ」

    徒党にはもはや英傑が欠かせなくなっている。神典家臣2馬力分の謙信や政宗、ダメージ大幅カットの家康、アタッカーを失業させた義輝、そして全てを解決する昌幸。その他のハズレ英傑たちは別として、これらのドラえもんズ達の快進撃が止まらない。その一方で、有効求人倍率は

  • 届け納税者の声、織田信長強化へ

    英傑という金山の採掘を始めた光栄幕府。戦国の世の設備投資は右肩上がりで上昇中であるが、一部の納税者から織田信長公などの「ハズレ大名」について不満が挙がっている。この世論に征夷大将軍の川又Pは迅速に反応。有権者の皆様の声を真摯に受け止め、「少し強くします」

  • 随伴NPC大幅強化、下剋上の時代が到来!

    今月5日に行われたアップグレードは、一言で言えば「下剋上」であった。これまでの家臣は主従の絆という些細なステータス上昇を目当てに育てる盆栽のような存在であったが、今月からは主人の能力を超える家臣も現れた。能楽・神典・横削り英傑は三種の神器である。さらには人

  • 長島一向一揆、大国織田を返り討ちに

    今週は早くも戦端が開かれ、各地では港や敵対枠を巡る攻防が一斉に始まっている。そのほとんどが「大国による小国からの巻き上げ」という、戦国の世の倣いともいうべきものであるが、唯一、織田家だけは状況が大きく異なっている。今季の織田家は、天下統一の為、本来であれ

  • 活況、九十九の力必勝講座

    今回は、11日に甲府メトロポリタン旅籠屋で行われた「甲州流九十九の力必勝セミナー」の概要をお伝えする。甲府つくもの源財団が主催するこの必勝講座は、武田家のステータス底上げと、源販売促進の為に開かれた。講師には九十九大学教授の源金作氏が招かれ、2時間に渡っ

  • 真田家始動、列強からの引き合い数多

    8月3日、ついに真田家が実装され、利便性に富んだ上田の街は賑わいを見せている。正門から続く大通りの右手に両替商、左手には神社が配置されている。この為に、入口付近は負荷がかかる弱点を抱えるものの、仙台に次ぐ便利な街である。この街に集まった移籍者は、運営体制

  • 国勢仕様について考える

    2シーズンを終えた戦国の世。そこで浮き彫りとなったのは、国勢および合戦仕様が未だにユーザーの要求に合致していない事だ。本紙は今年に入ってから独自の調査を進め、そのデータをもとに様々な観点から要望の実態をまとめた。〇合戦周期が短すぎるこの問題は、一部の大勢

  • 第三季、いよいよ開幕!8月2日陣立

    幕府軍 450      幕府方は、総勢450。最精鋭である小谷旗本と七赤備え+αの構成だ。              兵員の質には恵まれているほうだが、戦略に必要な勢力数が少ない。浅井家 200      多数派工作の進言が挙がる中、幕府の重臣は安易な連合につい

  • 各国の外交は一段落。真田家実装を待つ

    今季の戦国の世は、一方的情勢に辟易した世論に配慮し、連合国が解散。これに伊達家が付け入り、急進的な外交によって上杉家・織田家との同盟を締結。前季の戦いで焼け野原となった小田原や伊賀郷の接収も確実視されており、伊達陣営はいよいよ小谷幕府を討伐すべく、倒幕連

  • 連合解散、伊達家が陣営工作を開始

    天下泰平の世は前半を終え、連合国は解散の運びとなった。ここで、前季は連合国体制に批判的だった伊達家が、早くも陣営構築に邁進している。情報によれば、伊達家は新連合発足に向け、方々に使者を発している。そしてこれは、事実上、浅井家や武田家、ひいては真田家との対

  • 西軍が総戦果2/3獲得、勝負ありか

    天下分け目の決戦は、勢いに乗る西軍が東軍を各戦場で圧倒。もはや勝負は決した。東軍大将の上杉家は、戦いの半ばでありながら試合を捨て、戦力の一極集中による「一勝」を目指した。このまま何も手を打たず全軍が敗退を重ねれば、総崩れは時間の問題である。しかし、西軍は

  • 天下分け目の戦い、武田家が優勢

    6日に始まったこの決戦は、武田軍が上杉軍を圧倒している。天下人番付上位はまたもや連合国の独壇場となり、浅井家の事情などの諸事が絡んで盟主が決まった。武田家は先駆けて、天下人外交の天王山とも言うべき浅井家を制した事で、決戦における優位を確立。上杉家も伊達家

  • 【直撃取材】使者協定違反問題について柳沢氏に質す

    好評だった先日の記事は、信オン世界に衝撃を与えた。そして、その結果から様々な立場から、提供された情報について追求が止まない。そこで本紙は、こうした社会的な要求に対し確かな情報を発信する為、武田家は甲府にある柳沢氏の武家屋敷へ直接取材に踏み切った。以下は実

カテゴリー一覧
商用