プロフィールPROFILE

naturewalkerさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

身近な自然を観察するのが好きです。

ブログタイトル
近所の自然観察.log
ブログURL
http://riverfishjp.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
近所の自然観察、飼育している川魚の記録。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2013/10/20

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、naturewalkerさんの読者になりませんか?

ハンドル名
naturewalkerさん
ブログタイトル
近所の自然観察.log
更新頻度
集計中
読者になる
近所の自然観察.log

naturewalkerさんの新着記事

1件〜30件

  • ブログ変更

    諸事情(使い勝手や表示が遅くなってきた等)によりブログを下記に変更しました。いきもの散歩http://blog.goo.ne.jp/ikimonosanpo今後もよろしくお願いします。...

  • 生き物観察@misc@8月下旬

    8月下旬に散策していて出会った生き物いろいろ。オイカワ、コイ@自宅裏の水路カムルチーこのサイズのままなら飼ってみたい。アブラハヤカワムツ、モクズガニこの川では大きなモクズガニをよく目にした。クロベンケイガニサワガニアマガエルヤマアカガエルウシガエルサワガニやアマゴが棲む渓流でウシガエルは見たくない、、。トノサマガエルミシシッピアカミミガメ水辺植物の花を食べているようだった。ニホントカゲ(オカダトカゲ...

  • 鳥類@8月下旬

    カルガモ柿田川で3羽が気持ちよさそうに泳いでいた。コサギ調整池での水浴び。アオサギこちらに気づくと飛び立ち、樹上にとまった。キジバト庭にやってきてもめったに撮影しないが、柿田川公園だと撮影しようという気になった :pカワセミカメラ片手に川沿いを散策していると、おじさんが「こっちにカワセミがいるよ!」と教えてくれ、撮影した一枚(下)。おじさん、ありがとうございました。ツバメキセキレイ川石の上にとまるサナエ...

  • 昆虫@8月下旬

    8月下旬に撮影した昆虫たち(トンボは除く)。アオスジアゲハ、アゲハモンシロチョウベニシジミツマグロヒョウモン上から、雄、雌、雄、雌。この休耕田はツマグロヒョウモンの楽園だった。コミスジ休耕田や林縁にて。キタテハルリタテハ里山の川沿いにて。ジャノメチョウサトキマダラヒカゲヒメウラナミジャノメヒメキマダラセセリ(?)イチモンジセセリ左が雄で、雌の尾端を挟むように結合して交尾する。カノコガミノムシクルマバッタ...

  • トンボ観察@8月下旬

    オオアオイトトンボ林縁にて。写真は雌個体。アオハダトンボ上から雄、雌。この清流では、川に飛び込んで水遊びをする子供たちだけでなく、涼を求めて川べりに座り冷たい川の水に足をつける大人たちの姿もあった。今の時期の水温は18度くらい?次回測定してみよう。アサヒナカワトンボ上から、雄(褐色翅型 橙色翅型)、雄(無色翅型)、雌(無色翅型)。数は多くない。フラッシュを使いたくなるような薄暗い場所や時間帯に見かけること...

  • 生き物観察@8月中旬

    イオウイロハシリグモ(スジボケ型?)「このクモって抱卵するとこんなにお腹が膨れるのか!」と思ったら、お腹が膨れているわけではなく、卵のうを咥えて抱え移動するそうだ。しゃがみ込んでイトトンボを観察していてふと横を見ると、いつの間にか真横にニホンザルが座っていたのでびっくりした。お腹が空いているようで雑草を食べたり、木に止まっているセミを捕まえようとしたりしていた。近くでその様子を観察していたのだが、こ...

  • トンボ観察@8月中旬

    アオハダトンボ清流にて雄2頭、雌1頭を確認。雄個体は共に腹端の腹面が白く、翅が青藍色に輝いていたので、今回は同定に自信あり。カワトンボ柿田川公園にて。くもりや雨の日が続き、久しぶりに少し晴れ間が出たので行ってみたが、カワトンボ4頭、オニヤンマ2頭しか確認できなかった。ハグロトンボ上の雄個体はミヤマカワトンボと、下の雌個体はアオハダトンボと混生していた。この雄個体は翅が細長いのがわかりやすく、翅の円みが...

  • 【生き物GO】カエル、セミなど

    ミンミンゼミは馴染みがないセミなのだが、里山の方へ行くと結構いるんだね。見たのは死んでいたり、ヒヨドリにくわえられた個体ではあるのだが、、。...

  • 【トンボGO】ホソミイト、コシボソヤンマ、オジロサナエなど

    先週のトンボ観察の結果は次の通り。アオハダトンボ雄2頭、雌1頭を確認。写真の個体は、腹端腹面が若干白く、飛んだ時に翅が青藍色に輝いたということでアオハダトンボ(雄)だと思う。しかし、もう1頭の雄は腹端腹面が白くなく、ハグロトンボだった可能性あり。雌が近くにいたカワトンボ(雄)を追い払っていた。カワトンボ柿田川公園にて。数は多くないが、おおよそ会える。ハグロトンボ川や水路などで目にする機会が多くなってきた...

  • ホソミイトトンボ(夏型)

    池にて、多数いるアオモンイトトンボの中にアジアイトトンボが紛れてないか探していたら、ホソミイトを1頭だけ見つけた。会えてうれしいホソミイト。今年初見。アオモンイトの観察も楽しいが、今の時期、腹部第9節の背面が青いイトトンボに会えるとちょっとテンションが上がる。...

  • ヒヨドリ 食事中

    そのサイズ、いけるんや。...

カテゴリー一覧
商用