searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
セブ島の情報blog http://jis-cebu.blog.jp/

セブ島移住を考えている方にセブ島情報を提供。格安アイランドホッピングとマリーンスポーツ予約、見積もり

セブ島を満喫していただくための情報提供。マリーンスポーツ(ジェットスキーやパラセリング)とアイランドホッピングの見積もりと予約ができます。 移住体験もお受けいたしますので此方へメールを!jis-cebu@live.jp

セブ島移住
フォロー
住所
フィリピン
出身
豊島区
ブログ村参加

2013/10/14

1件〜100件

  • セブの物価

    2021年3月data 1ペソ₱2.1円 EditMilk(レギュラー)、(1リットル)89.22₱新鮮な白パンの塊(500g)65.50₱米(白(1kg)53.14₱卵(レギュラー)(12)89.43₱ローカルチーズ(1kg)380.00₱チキンフィレ (1kg)214.25₱ビーフラウンド(1kg)(または同等のバックレッ

  • 夏休み家族でアイランドホッピングを楽しみましょう

     夏休みはセブ島でアイランドホッピングセブ島といえば海、マリーンスポーツ、それにアイランドホッピングです。ご家族でも、カップルでも、お友達と一緒に、グループで、イベントの時、社員旅行などで楽しまれてはいかがですか。日本からでも、フィリピンに移住して

  • 思い出旅行

    シンガポール動物園シンガポールとマレーシア旅行の最終日は動物園に行きました。 ハナとカバ日本人でも分かる説明看板があります説明看板猿山上野動物園と似ています。ホワイトタイガー キリンとハナへびカメフラミンゴ楽しい旅日本を中

  • 女性同士でも安心して楽しめるセブ島

     常夏のセブ島へ日本は春ですがここセブ島は年中常夏です。日本の国内旅行より安くこの時間も4時間で行けるセブ島!透き通った海透明度の高い海では船の上からも珊瑚や魚が見えます。この場所はシュノーケルやダイビングに人気があります。 人魚姫みたい!

  • 夏休みは家族旅行

    海が大好きな一家東京からセブの海をエンジョイにやってきたOgawaさん一家です。初日はマクタン島からのアイランドホッピングです。 Ruriちゃんは5歳パパとママと一緒にシュノーケルを楽しむRuriちゃんは5歳です。とても上手です。ナルスアンナルスアンは餌付

  • ジンベイザメとカワサンフォール

    ​​​​ セブ島観光はアイランドホッピンセブ島といえば海、マリーンスポーツ、それにアイランドホッピングです。ご家族でも、カップルでも、お友達と一緒に、グループで、イベントの時、社員旅行などで楽しまれてはいかがですか。日本からでも、フィリピンに移住

  • モアルボアルの旅

    女子大生旅行最近増えている女性だけのセブ島旅行、初日はMoalboalです。カワサン滝へ行く途中にモアルボアルがあります。セブ市から約3時間かかりセブ島を横断した反対側になり、とても透明度が高くウミガメ見れてとても美しい海です。以下の写真は彼女たちが水中

  • セブのきれいな海

    白い砂浜と海アイランドホッピングの素晴らしさは空と海と魚と白い砂浜です。 平均年齢20歳若いっていいですね! 島でお昼お好みに合わせた食事を用意してお昼です。 エメラルドグリーンの海時間によっては満ち潮、引き潮の関係で島に近づくことができません

  • 楽しいアイランドホッピング

    アイランドホッピングの醍醐味仲間同士で楽しむのが一番です。ツアーを組むと自由行動ができません。貸切の場合は好きなコースでマリーンスポーツも組み入れることができます。バナナボート10人乗り10人乗り15分2500ペソです。ホッピングの途中や最後に

  • 私の成長記録

    こんにちはハナですこのブログを引き継ぎ書いてみます。宜しく皆さん。私の3歳の時です懐かしい写真です4歳の誕生日8歳の時マミーと私8歳の私私が10歳の時です12歳の私13歳の時の私とマミーギターを始めました。マミーより背が高くなりました焼肉は私もマミーも好きです日本

  • ジンベイザメとアイランドホッピング

    ​​​​ セブ島観光はアイランドホッピンセブ島といえば海、マリーンスポーツ、それにアイランドホッピングです。ご家族でも、カップルでも、お友達と一緒に、グループで、イベントの時、社員旅行などで楽しまれてはいかがですか。日本からでも、フィリピンに移住して

  • フィリピ―ナは最高

     フィリピ―ナの良さ何といっても明るさでしょう!問題を抱えていても明るい性格には驚きます。私もこの明るさに引かれた一人で第二の人生をセブ島で過ごしています。 日焼けを嫌うフィリピ―ナ海に行くと外国人客は多くいますが若い女性のフィリピ―ナは少ないです

ブログリーダー」を活用して、セブ島移住さんをフォローしませんか?

ハンドル名
セブ島移住さん
ブログタイトル
セブ島の情報blog
フォロー
セブ島の情報blog

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用