プロフィールPROFILE

杏子さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
猫のひたい
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/charlotte622
ブログ紹介文
主に映画の感想を書いています。マイナーな映画が好きです。
更新頻度(1年)

77回 / 365日(平均1.5回/週)

ブログ村参加:2013/10/14

参加カテゴリ
※ランキングに参加していません

猫ブログ / 猫と一人暮らし

映画ブログ / 映画評論・レビュー

映画ブログ / 映画日記

読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、杏子さんの読者になりませんか?

ハンドル名
杏子さん
ブログタイトル
猫のひたい
更新頻度
77回 / 365日(平均1.5回/週)
読者になる
猫のひたい

杏子さんの新着記事

1件〜30件

  • 特捜部Q キジ殺し

    2014年のデンマーク・スウェーデン・ドイツ合作映画「特捜部Qキジ殺し」。特捜部Qの刑事カール(ニコライ・リー・コス)のデスクに、何故か20年前に捜査終了したはずの双子のレイプ殺人事件のファイルが置かれていた。何者かの意図を感じたメンバーたちは再捜査に乗り出し、事件当時に重要情報を知る少女キアステン(少女時代/サラ・ソフィー・ボウスニーナ、大人/ダニカ・クルチッチ)が失踪している事実に辿り着く。すぐにキアステンの行方を追い始めるカールとアサド(ファレス・ファレス)だったが、キアステンを捜しているのは2人だけではなかった。エリート校出身で各界のトップに立つ男たちも、自らの身を危うくするリスクを消し去るために彼女を捜し続けていた。デンマークのベストセラー小説「特捜部Q」シリーズの映画化第2弾。刑事のカールとアサドの...特捜部Qキジ殺し

  • パラサイト 半地下の家族

    2019年の韓国映画「パラサイト半地下の家族」を観にいった。全員失業中。日の光も、電波も弱い"半地下住宅"で暮らす貧しいキム・ギテク(ソン・ガンホ)一家。4回も大学受験に失敗している長男ギウ(チェ・ウシク)は、留学に行くエリート大学生の友達の代わりに家庭教師の仕事を紹介される。身分を偽り訪れた先は、IT企業を経営するパク・ドンイク社長(イ・ソンギュン)一家が暮らす"高台の大豪邸"。思いもよらぬ高給の就職先を見つけたギウは、ドンイクの妻ヨンギョ(チョ・ヨジョン)から美術教師を探していると聞かされ、妹ギジョン(パク・ソダム)を他人のふりをして紹介する。パク家に子供2人を家庭教師として送り込んだキム家は貧しい暮らしから抜け出すために、更なる計画を実行し始める。第72回カンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞したポン・ジュ...パラサイト半地下の家族

  • マスカレード・ホテル

    2019年の日本映画「マスカレード・ホテル」。都内で3件の殺人事件が発生した。現場にはいずれも不可解な数字の羅列が残されていたことから、連続殺人事件として捜査が開始される。警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介(木村拓哉)は、その数字が次の犯行場所を予告していること、そしてホテル・コルテシア東京が4件目の犯行現場になることを突き止める。犯人を見つけるためホテルのフロントクラークに成りすまして潜入捜査に乗り出した新田は、教育係である優秀なフロントクラーク・山岸尚美(長澤まさみ)と衝突を繰り返しながら、事件の真相に近づいていく。東野圭吾氏の小説の映画化。都内で3件の殺人事件が発生し、現場に残されていたメモから連続殺人であること、4件目の事件の場所は高級ホテルであるホテル・コルテシア東京であることを警察は突き止める。...マスカレード・ホテル

  • シティーハンター

    1993年の香港映画「シティーハンター」。凄腕の私立探偵・冴羽リョウ(ジャッキー・チェン)は、家出した大手新聞社の社長令嬢・清子(後藤久美子)の行方を捜して欲しいという依頼を受ける。清子を追って豪華客船に乗り込むリョウと助手の香(ジョイ・ウォン)だったが、途中テロ組織が豪華客船を占領してしまう。香港を舞台に、警察、ギャング団、リョウたち、三つ巴の戦いが繰り広げられる。北条司氏の漫画「シティーハンター」の香港版実写化。冴羽リョウのリョウという字はけものへんに尞と書くのだが、パソコンにその漢字がないのでカタカナ表記にする。大手新聞社の社長令嬢・清子は父親が再婚することに反発して家出をする。リョウは社長から娘を連れ戻して欲しいとの依頼を受ける。清子が豪華客船に乗ったことを知ったリョウと助手の香は、後を追う。ところが船...シティーハンター

  • 今年映画館で観た映画

    今年映画館で観た映画、おもしろかった順に。1)希望の灯り(ドイツ)2)隣の影(アイスランド・デンマーク・ポーランド・ドイツ)3)ゴーストランドの惨劇(フランス・カナダ)4)迫り来る嵐(中国)5)永遠に僕のもの(アルゼンチン・スペイン)6)グレタ(アイルランド・アメリカ)7)アガサ・クリスティーねじれた家(イギリス)8)嘘はフィクサーのはじまり(アメリカ・イスラエル)9)存在のない子供たち(レバノン・フランス)10)ザ・ファブル(日本)11)泣くな赤鬼(日本)「希望の灯り」と「隣の影」が特に良かった。全然違うタイプの映画だが。来年もまたおもしろい映画に巡り合えますように。それでは皆様、良いお年を映画評論・レビューランキング人気ブログランキング今年映画館で観た映画

  • 億男

    2018年の日本映画「億男」。3000万円の借金を残して失踪した兄に代わり、借金返済に追われる大倉一男(佐藤健)。借金苦の生活に愛想を尽かした妻は娘と共に家を出てしまった。そんな不幸続きの一男に宝くじ3億円当選という幸運が舞い込む。この大金で借金返済、家族の修復と、一発逆転を夢想するが、ネットで悲惨な人生を送る高額当選者の記事ばかりが飛び込んでくる。不安になった一男は、起業して億万長者となった大学時代の親友・古河九十九(高橋一生)にアドバイスをもらうため、九十九を訪ねるが、酔いつぶれて目が覚めると、九十九は3億円と共に姿を消していた。川村元気氏原作の小説の映画化。借金返済に追われ、妻子にまで逃げられてしまった男が、3億円の宝くじ当選により色々な経験をするという物語。一男は失踪した兄の残した3000万円の借金返済...億男

  • ゴーストランドの惨劇

    2018年のフランス・カナダ合作映画「ゴーストランドの惨劇」を観にいった。人里離れた叔母の家を相続し、そこへ移り住むことになったシングルマザーのポリーン(ミレーヌ・ファルメール)と双子の娘。奔放で現代的な姉ヴェラ(テイラー・ヒックソン)とホラー小説を書くのが好きで内向的な妹ベス(エミリア・ジョーンズ)は、双子でありながら正反対な性格だった。新居へ越してきた日の夜、2人の暴漢が家に押し入ってくる。母は娘たちを守るため必死に反撃し、姉妹の目の前で暴漢たちをメッタ刺しにしてしまう。事件から16年後、ベス(クリスタル・リード)は小説家として成功し家庭を持っていたが、ヴェラ(アナスタシア・フィリップス)は精神を病んで現在もあの家で母と暮らしていた。久々に実家に帰ってきたベスに対し母は変わらず優しかったが、ヴェラは毎日泣き...ゴーストランドの惨劇

  • 哀しみのトリスターナ

    1970年のスペイン・イタリア・フランス合作映画「哀しみのトリスターナ」。16歳で親を失ったトリスターナ(カトリーヌ・ドヌーヴ)は、老貴族のドン・ロペ(フェルナンド・レイ)の養女となる。若く美しいトリスターナを、次第に娘としてではなく女として見るようになるロペ。2人は事実上の夫婦として暮らす。最初はロペの言うことを何でも聞いていたトリスターナだが、やがて自我に目覚め始める。そんなある日、トリスターナは若い画家オラーシオ(フランコ・ネロ)と出会い、恋に落ちたことをきっかけに、ロペへの憎しみを募らせていく。ルイス・ブニュエル監督作品。幼い時に父を亡くし、16歳で母を亡くしたトリスターナは、没落貴族のドン・ロペ(もしかすると母と関係があったかもしれない)の養女として引き取られる。ロペは初めこそトリスターナを娘としてか...哀しみのトリスターナ

  • アドレナリンEX

    2008年のドイツ映画「アドレナリンEX」。誕生日の夜を恋人と過ごそうとしていたアレックス(ガブリエル・マン)の元に、借金を本気で返済しようとしない彼に腹を立てた男が突然現れ、南米アマゾン産の正体不明の毒を注射されてしまう。それは80分で死に至る毒で、それまでに返済し男から解毒剤をもらわなければならなくなった。金の工面のため、アレックスは兄や友人のところに向かうために車を飛ばす。「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」のトーマス・ヤーン監督作品。アレックスは4週間で返すという約束で男から金を借りるが、半年経っても返していないため、怒った男が家に押しかけてきた。そしてアレックスに80分で死に至る毒を注射してしまい、時間内に金を返せば解毒剤を渡すと言う。タイムリミットは80分。アレックスは金の工面のため夜の街を車を走らせ...アドレナリンEX

  • リバー・ランズ・スルー・イット

    1992年のアメリカ映画「リバー・ランズ・スルー・イット」。20世紀初頭のアメリカ合衆国モンタナ州ミズーラ。厳格な父のマクリーン牧師(トム・スケリット)、真面目で秀才の兄ノーマン(クレイグ・シェイファー)、陽気な弟ポール(ブラッド・ピット)。3人に共通する趣味はフライ・フィッシングだった。ノーマンはやがてマサチューセッツ州ダートマスの大学に進学して街を離れる。ポールは地元の大学に進み、やがて新聞記者になる。大学を出て街に戻ってきたノーマンは独立記念日にジェシー(エミリー・ロイド)と知り合い、付き合うようになる。やがてノーマンにシカゴ大学から英文学の教師の採用通知が届き、ノーマンはジェシーに求婚するが、ノーマンはポールがポーカー賭博にのめり込んで借金を作っていることを知る。俳優ロバート・レッドフォードの監督作品。...リバー・ランズ・スルー・イット

  • 隣の影

    2017年のアイスランド・デンマーク・ポーランド・ドイツ合作映画「隣の影」を観にいった。アイスランドの閑静な住宅地で暮らす老夫婦インガ(エッダ・ビヨルグヴィンズドッテル)とバルドウィン(シグルズール・シーグルヨンソン)は、ある日隣家の中年夫婦エイビョルグ(セルマ・ビヨルンズドッテル)とコンラウズ(ソウルステイン・バックマン)からクレームをつけられた。インガらの庭にそびえ立つ大きな木が、いつもエイビョルグが日光浴をするポーチに影を落としているのだ。それをきっかけにいがみ合うようになった2組の夫婦は、何の証拠もないのに身近で相次ぐ不審な出来事を全て相手の嫌がらせと思い込むようになる。その頃、妻アグネス(ラウラ・ヨハナ・ヨンズドッテル)と揉めてマンションを追い出され、インガらのもとに転がり込んできた息子アトリ(ステイ...隣の影

  • 絶対の愛

    2006年の韓国・日本合作映画「絶対の愛」。お互いに深く愛する恋人たち、セヒ(パク・チヨン)とジウ(ハ・ジョンウ)。付き合い始めて2年を過ぎ、セヒは、ジウが自分に飽きて他の女性の元に走ってしまうのではないかという不安を募らせていた。そんなある日、セヒは突然姿を消してしまう。6ヵ月後、未だにセヒのことが忘れられないジウの前に、セヒとよく似た名前の女スェヒ(ソン・ヒョナ)が現れる。実は、彼女は整形手術を施したセヒ本人だった。そうとは知らないジウは、セヒへの想いを残しつつも、次第にスェヒに惹かれていく。キム・ギドク監督が描く究極の愛の物語。セヒとジウは2年付き合っているが、セヒはとても嫉妬深く、ジウが他の女性を見ただけでもヒステリックに怒り出す。やがて、セヒはいずれジウが自分に飽きて他の女性の元へ行ってしまうのではな...絶対の愛

  • コーマ

    1978年のアメリカ映画「コーマ」。ボストン記念病院で外科医として働くスーザン(ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド)。恋人の医師マーク(マイケル・ダグラス)も同じ病院に勤務している。大病院のため、非常に頻繁に手術が行われている。ある日スーザンの親友がごく平凡な中絶手術を受けることになったが、彼女は手術の後覚醒せず、昏睡状態に陥ってしまった。スーザンはひどくショックを受ける。同病院では、親友と同時期に右膝関節の手術を受けた若い男性も、昏睡状態に陥るという事故が起きていた。同病院において軽い手術を受けただけの患者が次々と植物状態になってしまうことにスーザンは疑念を抱き、調べてみることにした。まずは親友のカルテを見てみようと担当麻酔科医のジョージ(リップ・トーン)に頼むが、何故か激しく拒絶される。スーザンはそれでも探り続け...コーマ

  • グレタ GRETA

    2018年のアイルランド・アメリカ合作映画「グレタGRETA」を観にいった。ニューヨークの高級レストランでウエイトレスとして働くフランシス(クロエ・グレース・モレッツ)は、帰宅中の地下鉄で誰かが置き忘れたバッグを見つける。そのバッグの持ち主は、都会の片隅でひっそりと暮らす未亡人グレタ(イザベル・ユペール)で、グレタの家までバッグを届けたフランシスは、今は亡き母への愛情を重ねていく。年の離れた友人として親密に付き合うようになる2人だったが、グレタのフランシスへの行動は日に日にエスカレートし、ストーカーのような付きまといへと発展していく。グレタの奇行に怯えるフランシスは親友でルームメイトのエリカ(マイカ・モンロー)と共に恐ろしい出来事に巻き込まれていく。サイコ・スリラー映画で、とてもおもしろかった。若い女性フランシ...グレタGRETA

  • 光のほうへ

    2010年のデンマーク・スウェーデン合作映画「光のほうへ」。アルコール依存症の母親から育児放棄された兄弟は、年の離れた赤ん坊の弟の面倒を見ている。兄弟は赤ん坊のためにミルクを万引きし、洗礼のまねごとをするなど、赤ん坊を心からかわいがっていた。ところがある日、赤ん坊は突然死してしまい、兄弟は深い心の傷を負う。月日は流れ、大人になった兄ニック(ヤコブ・セーダーグレン)は、恋人と別れたショックから行きずりの男に暴力を振るい、刑務所に入っていたが、3ヵ月前に出所し、シェルター(臨時宿泊施設)で暮らしていた。一方、ニックの弟(ペーター・プラウボー)は2年前に妻を交通事故で亡くし、幼い息子マーティン(グスタフ・フィッシェル・キャエルフ)を1人で育てていた。だが麻薬常習者であるために、生活は困窮を極めていた。そんなある日、母...光のほうへ

  • インブレッド

    2011年のイギリス映画「インブレッド」。ある週末、4人の少年犯罪者たちが、社会奉仕活動のため2人の保護監察官に引率されて人里離れたヨークシャーの田舎にやってくる。4人は地図にも載っていないひなびた村に連れてこられるが、そこは猟奇的な殺人に飢えた鬼畜のごとき異常者たちが住む悪夢のような場所だった。若者たちがやってきた場所が、変態鬼畜の殺人者たちが暮らす村だった、というのは割とありがちな設定だが、久しぶりにスプラッター・ホラー映画を観たのでなかなかおもしろかった。とは言え突っ込みどころも多く、笑えてしまうほど。2人の保護監察官に引率されて、4人の少年犯罪者たちが社会奉仕活動のために田舎にやってくる。まず、ここまで地図にも載っていないような人里離れた村でなくてもいいだろうに、と思った。そして廃墟同然の屋敷の片づけを...インブレッド

  • この素晴らしき世界

    2000年のチェコ映画「この素晴らしき世界」。1943年、第2次世界大戦下のチェコ。ナチス占領下にある小さな町にヨゼフ(ボレスラフ・ポリーフカ)とマリエ(アンナ・シィシェコヴァー)の夫婦は住んでいた。2人は子宝に恵まれず、戦争で職まで失ったヨゼフはすっかりやる気をなくしていた。ある日、2人の家にポーランドの収容所を脱走してきたユダヤ人青年ダヴィド(チョンゴル・カッシャイ)が逃げ込んできた。彼はかつて親しくしていたユダヤ人一家の息子。悩んだ末にダヴィドを家に匿う2人だったが、この家にはマリエに横恋慕しているナチス信奉者のホルスト(ヤロスラフ・ドゥシェク)が頻繁にやってくるのだった。ホルストは隠し事をしているような夫婦の様子に次第に疑いを抱き始める。ヤン・フジェベイク監督作品。ナチスものだが、暗くはない。むしろユー...この素晴らしき世界

  • 恋恋風塵

    1987年の台湾映画「恋恋風塵」。1960年代の終わりの台湾の山村。幼い頃から兄妹のように育った中学3年生の少年アワン(ワン・ジンウェン)と中学2年生の少女アフン(シン・シューフェン)。アワンは中学卒業と共に台北に出て、働きながら夜間高校に通う。1歳年下のアフンも1年遅れて台北に出る。台北で働く2人は、強い絆で結ばれ、慣れぬ都会暮らしの中お互いに助け合いながら、お盆の里帰りを何よりも楽しみにしていた。やがて時が経ち、お互いを意識し始めた2人だったが、アワンは兵役に就くことになる。アフンはアワンに毎日手紙を書くことを約束する。ホウ・シャオシェン監督の瑞々しく切ない青春ラブストーリー。幼なじみの中学生アワンとアフンは田舎で兄妹のように育った。やがてアワンは卒業し、台北に働きに出て夜間高校に通う。1年遅れてアフンも台...恋恋風塵

  • それでも夜は明ける

    2013年のアメリカ・イギリス合作映画「それでも夜は明ける」。1841年、奴隷制度が廃止される前のニューヨーク州サラトガ。自由証明書で認められた自由黒人で、白人の友人も多くいた黒人バイオリニストのソロモン・ノーサップ(キウェテル・イジョフォー)は、妻子と共に幸せな生活を送っていたが、ある白人の裏切りによって拉致され、奴隷としてニューオリンズに売られてしまう。狂信的な選民主義者のエドウィン・エップス(マイケル・ファスベンダー)ら白人たちの容赦ない差別と暴力に苦しめられながらも、ソロモンは決して尊厳を失うことはなかった。やがて12年の月日が流れたある日、ソロモンは奴隷制度撤廃を唱えるカナダ人労働者サミュエル・バス(ブラッド・ピット)と出会う。南部の農園に売られた自由黒人のソロモン・ノーサップが、12年間の壮絶な奴隷...それでも夜は明ける

  • シークレット・ウインドウ

    2004年のアメリカ映画「シークレット・ウインドウ」。売れっ子作家のモート・レイニー(ジョニー・デップ)は、妻との離婚問題が遠因でスランプに陥っていた。そんな彼の前に、「自分の作品を盗まれた」とモートの盗作を告げる謎の男ジョン・シューター(ジョン・タトゥーロ)が現れる。盗作したことを世間に公表しろ、と執拗な嫌がらせを受けるうち、周囲で不可解な事件が続発し、モートは精神的に追い詰められていく。スティーヴン・キングの小説「秘密の窓、秘密の部屋」の映画化。妻と別居中の売れっ子作家モート・レイニーの前にジョン・シューターという男が現れ、モートが自分の作品を盗作した、盗作を世間に公表しろと言う。最初は相手にしないモートだったが、シューターが置いていった原稿を何気なく読むと、それはモートの小説と結末が違うだけで、後はすっか...シークレット・ウインドウ

  • ギルティ

    2004年のドイツ・オーストリア合作映画「ギルティ」。スウェーデンの閑静な別荘地で残虐な殺人事件が発生する。被害者は元刑事で、引退して隠居していた男性だった。地元の刑事ジュセッペ(マシュー・マーシュ)は捜査を開始するが、被害者と以前相棒を組んでいたという刑事ステファン・リンドマン(トビアス・モレッティ)も管轄外ながら独自の捜査を始める。被害者の娘ヴェロニカ(ヴェロニカ・フェレ)も駆けつける。ステファンはやがて、被害者が第2次世界大戦中にナチスの親衛隊であった事実を知ることになる。スウェーデンを舞台にしたサスペンス・ミステリー映画。別荘である日老人が惨殺される。彼は引退した元刑事だった。彼と昔相棒を組んでいた刑事ステファンは、管轄外だが捜査を始める。犯人の顔は最初から写っており、観ている方にはわかるのだが、犯行の...ギルティ

  • THE ROOM 閉ざされた森

    2006年のイギリス映画「THEROOM閉ざされた森」。精神疾患を患っている青年ジェームズ(レオ・ビル)は、病気で寝たきりの母親(ケイト・フェイ)の世話をしようとするも母親に拒否される。ある日父親のドナルド(ロジャー・ロイド=パック)は電話で看護婦のメアリー(サラ・ボール)に妻の世話を依頼して、家の売却の商談に出かける。母親の世話を焼くジェームズだったが、やがて母親への愛情が暴走し始める。重い精神病の青年ジェームズの狂気を描いたサスペンス映画。森の中の広大な屋敷で、ジェームズは両親と暮らしている。父親のドナルドはジェームズと病気で寝たきりの妻の面倒を見ていた。ジェームズは母親への愛ゆえに世話を焼きたがるが、ドナルドが止めていた。ある日大きな屋敷を維持できなくなったドナルドは、売却を決める。商談のため家を空けるこ...THEROOM閉ざされた森

  • ジョニー・ハンサム

    1989年のアメリカ映画「ジョニー・ハンサム」。顔に奇形を持ち、その醜い顔ゆえ"ジョニー・ハンサム"とあだ名されるジョニー(ミッキー・ローク)は、強盗の共犯者のサニー(エレン・バーキン)とラフェ(ランス・ヘンリクセン)の裏切りにより、親友のマイキー(スコット・ウィルソン)を殺され、投獄されてしまう。更に囚人に刺され重傷を負う。ジョニーは整形手術によって人生をやり直せると主張するレッシャー医師(フォレスト・ウィテカー)の言葉を聞き入れ、手術を受けることに。その後、生まれ変わったジョニーは出所し、就職して社会復帰するが、サニーとラフェへの復讐心は消えてはいなかった。醜い顔のジョニーは、強盗の仲間の裏切りに遭い、親友を殺され自分だけが逮捕される。その後ジョニーは、整形手術によって人生をやり直せると言う医師に説得され、...ジョニー・ハンサム

  • 特捜部Q 檻の中の女

    2013年のデンマーク映画「特捜部Q檻の中の女」。コペンハーゲン警察殺人課の刑事カール・マーク(ニコライ・リー・コス)は、捜査の失態から未解決事件班「特捜部Q」に左遷させられてしまう。捜査終了と判断された事件の資料を整理するだけの仕事にやる気を見出せないカールだったが、資料の中に5年前に世間を騒がせた美人議員ミレーデ・ルンゴー(ソニア・リクター)失踪事件のファイルを発見し、その捜査結果に違和感を抱く。助手アサド(ファレス・ファレス)と共に調査に乗り出したカールは、やがて議員がまだ生きている可能性に辿り着く。デンマークの作家ユッシ・エーズラ・オールスン原作のミステリー「特捜部Q」シリーズの映画化。「応援を待った方がいい」という同僚の意見を無視して事件現場に踏み込んだ刑事カールは、何者かに銃撃され、同僚の1人は殉職...特捜部Q檻の中の女

  • 夜明け

    2018年の日本映画「夜明け」。ある日、川辺を歩いていた初老の哲郎(小林薫)は、水際に倒れていた1人の青年(柳楽優弥)を見つける。哲郎の自宅で介抱された青年は自らを「シンイチ」と名乗った。哲郎とシンイチは徐々に心を通わせ、哲郎は自身が経営する木工所でシンイチに技術を教え、周囲もシンイチを受け入れていった。しかし、シンイチは本名を明かすことができないある秘密を抱えており、哲郎もまた決して忘れることができない過去があった。心に傷を負った初老の男と若者が心を通わせるドラマ映画だが、あまりおもしろくなかった。誰にも言えない秘密を抱え、自暴自棄になっている青年と、妻と息子を事故で亡くした男。青年はシンイチと名乗るが、男の死んだ息子の名前が真一だったため、男は次第にシンイチに親子のような感情を抱き始める。行く当てもなさそう...夜明け

  • ジュリアン

    2017年のフランス映画「ジュリアン」。離婚したベッソン夫妻は11歳の息子ジュリアン(トーマス・ジオリア)の親権を巡って争っていた。妻のミリアム(レア・ドリュッケール)はDV癖のある夫のアントワーヌ(ドゥニ・メノーシェ)に子供を近づけたくはなかったが、裁判所がアントワーヌに隔週の週末ごとにジュリアンへの面会の権利を与える。アントワーヌはジュリアンに、共同親権を盾にミリアムの連絡先を聞き出そうとするが、ジュリアンは母を守るために必死で嘘をつき続けていた。アントワーヌの不満は徐々に蓄積されていき、やがてジュリアンの嘘を見破る。夫のDVをテーマにしたサスペンス映画。冒頭で、裁判所でジュリアンの陳述書が読み上げられるが、ジュリアンは父親を「あの男」と言い、会いたくないと言っているのに、共同親権が認められてしまう。何故裁...ジュリアン

  • 存在のない子供たち

    2018年のレバノン・フランス合作映画「存在のない子供たち」を観にいった。「両親を訴えたい。僕を産んだ罪で」裁判長の質問に堂々と答えた少年の名は、ゼイン(ゼイン・アル=ラフィーア)。両親が出生届を出していないため誕生日も不明だが、おそらく12歳くらいの年齢だ。彼の言うところの"クソ野郎"を刺した罪で少年刑務所に収監中だが、弁護士を代理人に自らこの裁判を起こしたのだ。中東の貧民窟で両親と兄弟姉妹と暮らしていたゼインは学校へも行かず、路上で物を売るなど、朝から晩まで両親に働かされていた。唯一の支えだった仲良しの妹が11歳で強制結婚させられ、怒りと悲しみから家を出る。重たい映画だった。中東の貧民窟に生まれたゼインは、両親が出生届を出さなかったために、自分の誕生日も知らないし、法的には社会に存在すらしていない。両親は存...存在のない子供たち

  • チェンジリング

    1979年のカナダ映画「チェンジリング」。交通事故で妻子を失った作曲家のジョン・ラッセル(ジョージ・C・スコット)は、妻子と暮らしたニューヨークを離れシアトルの大学へ音楽を教えにいく。シアトルでは友人を通して紹介された歴史保存協会に勤めているクレア(トリッシュ・ヴァン・ディヴァー)から、カーマイケル財団が所有するチェスマン・ハウスと呼ばれる古い屋敷を借りて住むことにした。ジョンがその屋敷に移り住むと、怪異現象が起きるようになる。オカルト映画だが、昔の映画なので怖くはない。だがミステリーの要素もあってなかなかおもしろかった。事故で妻と娘を亡くした作曲家のジョンは、ニューヨークを離れシアトルの大学へ音楽を教えにいくことにする。移り住んだ家は大きくて古い屋敷だった。しかし翌日から朝の6時になると轟音が響き渡り、閉めた...チェンジリング

  • アモーレス・ぺロス

    2000年のメキシコ映画「アモーレス・ぺロス」。・強盗で金を作り、破滅的な生活を送る兄ラミロ(マルコ・ぺレス)の妻スサナ(バネッサ・バウチェ)を愛してしまった青年オクタビオ(ガエル・ガルシア・ベルナル)。兄との生活の不満を打ち明ける義理の姉に贈り物をして喜ばせようと、愛犬を闘犬に仕立て、金を作る。やがて、オクタビオは彼女との駆け落ちを決意する。・人気モデルのバレリア(ゴヤ・トレド)は、家庭のある男ダニエル(アルバロ・ゲレロ)と不倫関係にある。ダニエルは家庭を捨て、彼女の愛犬と共にマンションでの生活を始める。・常に数匹の犬と行動し、ごみ収集をしている初老の男エル・チーボ(エミリオ・エチェバリア)。外見は怪しいが、実は彼は名うての殺し屋だった。殺人の依頼が舞い込み、そのターゲットの周辺を調査し始めるが、その一方、離...アモーレス・ぺロス

  • 永遠に僕のもの

    2018年のアルゼンチン・スペイン合作映画「永遠に僕のもの」を観にいった。1971年、ブエノスアイレス。真面目で善良な父(ルイス・ニェッコ)と優しい母(セシリア・ロス)は、息子カルリートス(ロレンソ・フェロ)が盗みを繰り返していることに気づいていたが、まだやり直しができると信じて息子を転校させる。カルリートスは新しい学校で出会ったラモン(チノ・ダリン)という青年にいきなりケンカを売るが、それは彼の気を引くためだった。彼の野性的な魅力に、一目で心を射抜かれたのだ。ラモンもまた、カルリートスが美しい姿で平然と罪を犯す、そのギャップに強く魅せられる。ラモンはカルリートスを、自分の父親ホセ(ダニエル・ファネゴ)に引き合わせる。カルリートスは、裏社会に生きる前科者のホセに臆することなく盗みを持ち掛け、ラモンと3人で銃砲店...永遠に僕のもの

カテゴリー一覧
商用