searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

otoyaさんのプロフィール

住所
港区
出身
港区

私は社会人としては劣等生であり、独立してからも決して順調にきたわけではありません。「独立成功術」というタイトルとはほど遠いとは思いますが、これから独立を目指される方に少しでもお役に立てる内容にできればと考えています。

ブログタイトル
FP独立成功術<独立への軌跡>
ブログURL
https://ameblo.jp/profpjapan/
ブログ紹介文
ファイナンシャルプランナーで独立を目指す方に、会社員から独立20年のFPが実体験を語ります。
更新頻度(1年)

91回 / 365日(平均1.7回/週)

ブログ村参加:2013/09/27

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、otoyaさんをフォローしませんか?

ハンドル名
otoyaさん
ブログタイトル
FP独立成功術<独立への軌跡>
更新頻度
91回 / 365日(平均1.7回/週)
フォロー
FP独立成功術<独立への軌跡>

otoyaさんの新着記事

1件〜30件

  • 人間の本質

    商売としてFPをやっていくのであれば、仕事上のさまざまな人とつきあう必要がでてきます。その際に大切なことは、その人の本質を知ることです。その人間の本質を知るこ…

  • 相談しない

    FPの業務の1つとして、相談業務がありますね。相談業務というのは、「相談をされる仕事」です。決して「相談をする仕事」ではありません。当たり前のことであるとお考…

  • 自分の価値観

    広い世間にはいろいろな人がいます。そういった人たちとすべて仲良く付き合っていくことは、物理的に不可能ですから、自分自身が付き合っていく相手を選択しなければなり…

  • お金に執着するか

    独立して自分で稼いでいる人間は、2つのタイプに分けられるように思います。1つは「お金に執着する人間」もう1つは「お金以外に執着する人間」です。お金に執着する人…

  • ぬり絵をするな

    独立して自分で稼いでいくということは、自分の頭で考えたことを行動に移していくことに他なりません。したがって、まず考えるそして行動に移すという2段階の過程を踏む…

  • 知識

    独立して仕事をしていく上で、知識を記憶していることは意味がありません。そんなものは、必要な時にインターネットで調べるか、実務に詳しい人に聞いたほうがよほどいい…

  • 真面目と不真面目

    真面目であることは良いことで、不真面目であることは悪いことです。一般には、このように考えられています。私はこれに反対するつもりはありませんし、人間的に真面目な…

  • 時間の有効活用<その5>

    いろいろと時間についてお話してきましたが、もし私が申し上げたことをそのまま実行できる人がいたなら、これは間違いなく、独立してご飯が食べられるようになるでしょう…

  • 時間の有効活用<その4>

    時間の使い方を考える上で最も非効率なものは、「他人との付き合い」そして「精神的に悩むこと」です。頭を使って考えることは非常に大切なことなのですが、精神的に悩む…

  • 時間の有効活用<その3>

    節約した時間をどのように使うか。これが大切なポイントです。勉強やアルバイトに精を出す。これはあまり意味がありません。やりたくもない勉強をやるのは仕事以上に苦痛…

  • 時間の有効活用<その2>

    節約した時間をどのように使うか。これが大切なポイントです。勉強やアルバイトに精を出す。これはあまり意味がありません。やりたくもない勉強をやるのは仕事以上に苦痛…

  • 時間の有効活用

    時間という資源は有限であり、石油と同じように埋蔵量に限りがあります。では、その貴重な資源をどのように活用していったらいいかということになります。これこそ、時間…

  • 才能もなく、努力もできない人

    「才能もなく、努力もできない人」の代表格は、何を隠そうこの私です(笑)自分自身で言うのもおこがましいのですが、私ほど能力がなく、怠け者はいないと考えています。…

  • 時間を作る

    前回の続きですが、時間というものの価値は長い年月で考えるとものすごいものになるというお話をしました。それならば、この価値ある時間を捻出することができれば、独立…

  • 時間の価値

    「時は金なり」といいますが、本当にお金であるならば、金額換算ができるはずです。雇われている立場であれば時給いくらと考えればわかりやすいでしょうが、独立している…

  • 決定的な差

    どんな商売でも一流の人もいれば、食べていくのがやっとという三流以下の人もいます。そして、その仕事を見れば、さもありなん、決定的な差が見られます。同じプロであり…

  • 引き換え

    独立をしている人も、これから独立を考えている人も、今現在、仕事に追われている人が多いと思います。あれもやらなければ、これもやらなければと考えているうちに、次の…

  • 仕事をもらう

    プロになれない講師の典型として、「仕事をもらう」という感覚を持った講師があげられます。講師の仕事は業務委託であり、「お願いします」、「やらせていただきます」と…

  • プロになれない講師

    講師の仕事はしていても、「プロになれない講師」がいます。プロというのは、その道で生計を立てている人間のことをいいますから、講師でありながら講師で生計を立てられ…

  • 上手にあがる

    あがる練習を繰り返していくと、だんだんと上手にあがることができるようになってきます。つまり、あがることに慣れてしまうようになります。こうなったらしめたもの。慣…

  • 練習を繰り返せば

    あがることが講師の練習であり、一歩進んであがろうとすることが大事です。何事も「練習を繰り返せば」上達するのは世の常です。つまり、あがることは訓練であり、これを…

  • 一歩進んであがろうとする

    負のスパイラルに陥る前に、それを止める必要があるというお話をしましたが、そのために必要なことは自らがあがることを恐れず、それが普通であるという気持ちを持つこと…

  • 負のスパイラルを止める

    負のスパイラルにいったん陥ってしまったら、どうしようもありません。立ち直ることは至難の業です。受講者は最初の段階でしらけており、悪いイメージを持ってしまいます…

  • 負のスパイラル

    「あがる」ということをテーマに話をしてきましたが、「あがる」こと自体は決して悪いことではありません。それよりも、「あがる」ことによる心理的影響が問題なのです。…

  • 話す練習をしてしまう

    話す練習をしてしまうと、あがりやすくなります。なぜでしょうか?話す練習をする意図は、上手に話したいという心理からでているものです。しかし、実際の研修においては…

  • 十分な講義準備をしていない

    十分な講義準備をして、初めてまともな講義というものができるものです。これは初心者の講師、プロの講師でも変わりありません。私のように20年以上も講師を業としてい…

  • 自己暗示にかかる

    「自己暗示にかかる」ことが一番まずいパターンです。あがる、あがると恐れていると、恐れていることが実際に起こってしまうということになります。これを何度か繰り返す…

  • あがらないように努力する

    「あがらないように努力する」と必ずあがります。これは間違いありません。なぜなら、あがるという現象は、自分の内面から出てくるものだからです。こうするとあがらない…

  • 自分に自信がない

    自分に自信がない人は、あがりやすいものです。特に、講師をやる上での知識面に不安を感じている人が多いようです。しかし、講師の仕事を知識の量が多ければできるという…

  • 過去の経験からの思いこみ

    過去に、あがってしまって、しどろもどろの話になって、恥をかいたという経験があると、またそうなるのではないかと思ってしまいます。そうすると、本当にそうなってあが…

カテゴリー一覧
商用