searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
英語上達への道
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/axaxawaw/
ブログ紹介文
英語の文章を解説していくサイトです。 多読にお役立てください。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2013/03/26

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、まるぼんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
まるぼんさん
ブログタイトル
英語上達への道
更新頻度
集計中
フォロー
英語上達への道

まるぼんさんの新着記事

1件〜30件

  • 受験における情報収集の重要度~受験は情報戦~

    受験は情報戦です自分が受ける大学や学部、勉強の計画、使用する参考書、勉強のペースなど、あらゆる面において適切な情報を仕入れて、それを生かすことで受験の合否は決まりますhttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766784669/axaxawaw-22/ref=nosim/

  • 英字新聞・英字雑誌の使い方

    僕はこれまでにいくつかの英字新聞・英字雑誌を紹介しているんですが受験生であれ、日常学習であれ、toeic受験生であれ、これらの利用は非常に大切です何故、英字新聞や英字雑誌が学習において有用なのか?どのような段階で、どのように使うべきなのか?今回はそれに

  • 【参考書紹介】文法と一緒に覚える基本英単語3000

    上記画像クリックで楽天での詳細情報トフルの英単語帳のレビューです評価は星三つ☆☆☆★★http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4010934948/axaxawaw-22/ref=nosim/

  • 英文解釈の参考書の選び方

    英語の勉強において参考書選びは非常に重要です英語の勉強は分野によってどのタイミングでどのような参考書を選ぶべきかが大きく異なります今回は英文解釈の参考書を選ぶ際に気をつけるべきことについてです

  • 是非とも使って欲しい英作文の参考書

    今までいくつも英作文の参考書をレビューして自分なりに紹介、評価してきましたでは、僕がオススメする一冊とはどの本なのかです英語の学習、英作文の学習を進める上であらゆる人に勧めたい本ってやっぱりあるんですよhttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/434274

  • 【参考書紹介】The Japan Times WEEKLY

    <div style="padding: 10px; margin-bottom: 10px; border: 5px double #333333;">ジャパンタイムズ社が刊行している英語学習者向けの週刊紙。同社発行の週刊STが英語初学者を対象にしているのに対し、中級者向けの内容と位置づけられている。</div><blockquote><span style="font-size: large;"><span style="color: #0033FF;"><b>The Japan Times</b></span></span>が毎日刊行される英字新聞なのに対して、こちらは毎週土曜日に発刊される英文雑誌です以下のリンクは当ブログの<span style="color: #0033FF;">The Japan Times</span>のレビューページです<A Href="http://blog.livedoor.jp/axaxawaw/archives/29457573.html" Target="_blank"><span style="color: #0033FF;">The Japan Times</span></A></blockquote>政治経済からスポーツ、エンターテインメントまで、世界で起きた一週間分の出来事をまとめて発信しています<span style="font-size: large;"><span style="color: #FF3300;"><b>英字雑誌と聞くと難しいイメージを持つ人もいるかもしれませんが、実際はそうでもありません</b></span></span>受験勉強や日常学習で英語長文問題集を何冊かこなした人であれば問題なくついていけますあえていうのであれば、でてくる語彙の幅が多少広がるのでその辺の難しさがありますが、その語彙を吸収していくのも勉強ですさて、このような定期購読の英文雑誌のメリットとはなんでしょうか?それはなんといっても、<span style="font-size: large;"><span style="color: #FF3300;"><b>読まなければどんどん増えていってしまう</b></span></span>ということでしょう勉強において大切なのはペースの確保です時々、めちゃくちゃ勉強して、一気にサボるというような勉強だと受験でも日常学習でもなかな

  • 【参考書紹介】授業動画つき 書きこみ英文法ノート

    <div style="padding: 10px; margin-bottom: 10px; border: 5px double #333333;">定期試験の対策をしたい人、あるいは入試の基礎がためをしたい人に最適な、書きこみノート式の英語参考書。手を動かしながら、必要な知識が身につく。最大の特長は、各単元ごとの丁寧な動画授業。自宅が予備校の教室になる。</div>英文法の勉強を始めたばかりの全ての人にオススメできる英文法の書き込み式ノートです英文法の全分野を網羅しています見開きの最初で例文と簡単な説明が与えられ、それに準じた問題が数問、書き込み式で与えられています問題、知識のレベルは決して高くはなく、基礎的ですまた、授業を録画したDVDが付属しています一つの講あたり10分ほどなので短時間で学ぶことができますねさて、この教材ですが、<span style="font-size: large;"><span style="color: #FF3300;"><b>英文法の勉強の初期段階では最高のものです</b></span></span>英文法の勉強では最初から細かいところを覚えていくのではなく、ザックバランに全体を学ぶことが大切ですそれがこの本なら効率よくできるんですまず、問題や知識レベルが高くないので少ない知識に絞って勉強が短時間でできますまた、英文法の勉強を始めたばかりだと、活字だけではどうしてもわかりにくいところがあったりするものですが、付属のDVDがしっかりとカバーしてくれます<span style="font-size: large;"><span style="color: #FF3300;"><b>とにかく、短時間で効率よく英文法を抑えるのに非常に優れた参考書なんですね</b></span></span>本来、こういうノート系の教材はサブ教材として使われるものですが、この本はメインとしてマスターして問題ありません最初にDVDの授業を見てから該当項目の活字解説と問題を解くこれにより短時間で学習を進めることができますこの本で最小限の英文法をマスターしたらどんどん長文学習に入っていけますとはいえ、受験やtoeicを考えるとこの一冊では英文法は不十分です<blockquote><span style="font-size: large;"><span style="color: #0033FF;"><b

  • 受験を体験して大学生になった僕が受験生に伝えたいこと

    僕が絶対に伝えたいことそれは<span style="font-size: large;"><span style="color: #FF3300;"><b>受験において情報収集を絶対に怠るな</b></span></span>ってことです情報収集の重要性については以前<A Href="http://e-gojo-tatu.blogo.jp/archives/31421348.html" Target="_blank"><span style="font-size: x-large;"><span style="color: #0033FF;"><b>受験における情報収集の重要度~受験は情報戦~</b></span></span></A>の記事でも書きましたそのときは勉強をするための情報の重要性についてでしたが、今回は<span style="font-size: large;"><span style="color: #FF3300;"><b>自分が受ける大学、学部に関する情報を集めることの重要性です</b></span></span>このブログを見ている人には日常学習として英語に取り組んでいる人や高校生、浪人生などがいると思いますが今回は完全に大学受験生向けの情報となりますまず、僕自身、どのように受験する大学、学部の情報を得て、実際に受験をしたかについてです僕は<span style="font-size: large;"><span style="color: #FF3300;"><b>自分が受ける大学に関して、一切の情報収集をしませんでした</b></span></span>現役のときは特に理由もなく東大の文一だけを受験しました文一を受けはしましたが実際のところ、そこでどんな勉強がなされているのかなどは良く知らず、とりあえず、『文系では日本一難しいから』というだけで受験しましたね実際に大学に進む年の受験では慶應も受験し、実際に現在は慶應にいるわけですが、正直、慶應に関する情報も一切集めずに受験しました自分が受ける学部がどんな勉強をする場所なのかも知らず、そもそも、慶應が神奈川県にあることも受験日当日に知ったくらいのダメっぷりです受験する学部も科目で適当に決めたというのが事実でしたではそんなに適当に決めた学部で僕が満足の行く学生生活を送れているのか?<span style="font-size: large

カテゴリー一覧
商用