searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ロージーさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
押し花画廊
ブログURL
http://osbn4196.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
押し花、時々水彩画のブログです。花や美術、音楽の話題も。
ブログ村参加
2013/01/31
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ロージーさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ロージーさん
ブログタイトル
押し花画廊
フォロー
押し花画廊

ロージーさんの新着記事

1件〜30件

  • もう一度、パリ (押し花NIPPON大賞 on the WEB 入選)

    こちらは小品部門での入選作「もう一度、パリ」です。26額ですのでかなり小さく、右中央に見える車は2cmもありません。一つ一つの窓も立体的に見えるようにし、窓枠にも装飾があり、進みゆく老眼に抗うかのように作った作品です。こういう細かすぎる作品は受け入れられないかな?・・・と思っていたので、入選させて頂き、とても励みになっております。本当にありがとうございます!数年前フランスを訪れた時、パリに向かうバスか...

  • しあわせの予感 (押し花NIPPON大賞 on the WEB 入選)

    12月2日にウェブでも公開された「押し花NIPPON大賞on the WEB」で、通常作品(49額)と、小品(26額)両方で入選させて頂くことができました。ありがとうございます。この作品は、だいぶ前に横浜の「港の見える丘公園」でスケッチした一枚に、押し花を加え作品にしたものです。49額です。コロナ禍の秋、なんだか無性に明るい色の花が欲しくなりお花屋さんに出かけたのですが、その時私を待ってくれたかのように、オレンジの美...

  • 11月30日(火) 西新宿カルチャープラザにて体験教室

    来週の火曜、11月30日(火)、13時~15時、西新宿カルチャープラザにて、体験教室を行います。可愛いクリスマスカードを作りますので、押し花を始めてみたいと、思っていらっしゃる方、是非ご参加ください。お花や道具などはこちらで用意しますので、手ぶらでどうぞ。場所は、丸の内線西新軸から徒歩4分にある、超高層ビルの2階、広くて綺麗なお教室です。感染対策もきちんとしていますので、安心してお稽古して頂けます。お申し込...

  • 青い鳥のリース 16作目はカクテルで

    青い鳥のリースの16作目は、カクテルを使った作品です。カクテルは咲いている時は目の覚めるような赤ですが、押し花にすると、落ち着いた臙脂色に変わります。しかし、密封した後は色が変わらず、いつまでも美しさを保ってくれます。リースのベースは、ハート蔓を使いました。ごつごつした枝のような蔓を丸いリースにするのは大変でしたが、枝の素朴さが、一重のバラの飾らない魅力を生かし、ナチュラルな雰囲気のリースになったと...

  • クリスマスツリー 昼も夜も

    青々としたヒバに飾りつけられた昼間のクリスマスツリーも、イルミネーションに彩られた雪の夜のツリーもステキ! それなら両方を組み合わせてしまったら? と作ったのがこの作品です。晴れた昼間は、バーベナやアイノカンザシで可愛らしく華やかに、雪の夜は青のバーベナや勿忘草、そしてイルミネーションに見立てたミモザで、シックで豪華に。そしてふたつをつなぐのは、ミニリースのように見える真白なアリッサムです。まさに...

  • 生徒様にお願い、スマホが壊れましたので、急な連絡はこちらへ。

    いきなり、スマホが壊れてしまいました。修理などの予定は未定です。それで生徒様にお願いです。お稽古をお休みなさるとか遅れる場合、こちらのページの最後にヤフーメールのアドレスがありますので、こちらにご連絡願います。手帳にでも携帯番号を控えておけば良かったのに、携帯頼みがいけませんでした。無事お稽古でお会いしたら、ちゃんと連絡が取れるようにします。とにかく、生徒さんが、このブログを読んでいて下さることを...

  • クリスマスツリー

    小さな額ですが、金のレリーフの入った額に、ヒペリカム、ミモザ、カワラハハコ、センニチコウなど沢山の花や実を入れた豪華なクリスマスツリーです。ヨーロッパのクリスマスマーケットで販売していたツリーや、昔カナダで見たツリーを参考に、たわわに実ったフルーツをイメージしてつくりました。小さいけれど、トップにつけた花(白いペンタス)の中央には、スワロフスキービーズ、ツリーの鉢は、シラカバで作った上に、シルバー...

  • 豪華な花瓶にバラを生けて

    通っているお教室のH先生から教えて頂いた花瓶に、オレンジのバラを生けた作品、36額です。この花瓶は、M先生のデザインに、H先生が手を加えて、作りやすくして下さったものです。作り方はかなり難しいのでここで書くことはできませんが、重厚な花瓶でしょ。シュウメイギクなどで仕上げている先輩もいらっしゃいましたが、私は大好きなオレンジのバラ、フリュイテの中ほどの花びらを使って、小さく組み立てて使いました。背景...

  • 雪のクリスマス ブルー版

    雪のクリスマスのブルー版を作りました。周りのお花は、昨年はイベリスでしたが、今回チドリソウを使っています。イベリスの清楚さもステキですが、こちらはこちらで豪華なイメージです。クリーマで販売中ですので、よろしかったらご覧になってください。...

  • 青い鳥のリース、15作目はクリーマで販売中

    毎度ですみません! 青い鳥のリース15作目が出来ました。今回はクリーマで販売しておりますので、よろしかったらご覧になってください。前回のデザインが気に入っていたので、なるべく同じように作りたいと思いましたが、せっかくのリボンが見えにくく思ったので、ブルーに変更しました。前回の薄紫も捨て難かったので、その分薄紫のスターチスを加えています。リボンの存在感も増し、なかなかの出来では、と思っております。ク...

  • 微笑みルージュ

    「微笑みルージュ」という名前のミニバラです。なんとも可愛い名前ですね。 本当に小さな花ですが、色も形も「バラ」そのもので、小さな作品に重宝しています。まだもう少し咲きそうなので、楽しみ!これは名前がわからないのですが、ミニバラです。押し花にするとちょっと暗い色になってしまうのですが、花は押し花になることなんて考えていませんよね。伸びた枝も風情があって、作品に使えます。ミニバラは葉もステキなんですが...

  • 14作目は、私の青い鳥

    タイトルから、古い昭和歌謡を思い浮かべてしまった方もいるのでは?先日押したピンクのスプレーバラを組み立てて、リースに入れてみました。ちょっとリースには大きいかな? と思いましたが、すんなりと収まってくれました。クリーマで販売の予定でしたが、額裏に難あり、です。鳥やバラ、それにリボンとかなりの手間がかかっているのに、値下げはちょっと痛い。じっと見ていたら、幼い頃、欲しいと思っていたものがすべて揃って...

  • 雪のクリスマス

    暑かったり涼しかったりの天気で、まだ秋の風情も感じていませんが、クリスマスの額の販売は、もうスタートです。昨年好評だった雪のクリスマスですが、今年はチドリソウを加えました。ヒペリカムも昨年より赤いタイプのにしましたので、華やかさが増したかと思います。クリーマで販売中ですので、よろしかったらご覧になってください。...

  • ピンク色のバラを使って

    先日押し花にした小さなバラを組み立て、26額に収めました。小さな額ですが、6本のバラとアストランティア、白のミニバラなど、結構沢山の花が入っています。背景は薄いミントグリーン。写真できれいに出にくい色なので、出品する際に苦労しています。でも、葛の葉や蔓が浮かないので、まんなかの花が引き立つと思います。葛だけでは、少しさびしかったので、アストランティアとピンクアナベルを控え目に入れました。丁寧に組み...

  • 小さなバラ

    お彼岸が済むと、バラなどが出回るようです。近所のお花屋さんでも、可愛い色のスプレーバラが買えました。大好きな淡いピンク色のバラ。出会いは大切にと、たくさん買ってしまいました。その後の花押しが大変です。これでも三分の一くらい。小さなスプレーバラですが、下のように、組み立てるとグラデーションがはっきりして、とても綺麗です。リースにも使えるかな? と思っています。乾燥マットマルチは良いですね! 旧乾燥マ...

  • 青い鳥のリース13作目はグリーン系

    青い鳥の13作目は、淡いグリーン系の背景に、アストランティアを中心に、ヒペリカムやミモザを加えて作りました。アストランティアは、初めてリースに使ってみたのですが、しべや花びらの魅力が引き立つような気がします。写真ではわかりにくいですが、表情も出せてステキな花材です。クラシックなモスグリーンと金色の額と相まって、アンティークな雰囲気が漂う作品となりました。クリーマで販売中ですので、よろしかったらどう...

  • フランスの小物がいっぱい!

    久し振りの休日、絵を仕事にしている娘と、日本橋三越で開催されている「フランス展」に行ってきました。密と言うほどでもなかったけれど、たくさんの女性が来ていました。場所によってはちょっとしたバーゲン会場の様子も。しっかりと距離を取りながら、楽しんできました。ワインやお菓子、パンなども豊富にありましたが、私たちはもっぱら生地やレースや小物のコーナーを回りました。フランスのものって、どこか色が違う。どれも...

  • 傘の話

    愛用していた傘が壊れたので、どうせ買うなら気に入ったものを・・・・と、以前箱根の美術館で欲しかった傘を通販で手に入れました。いくらでも名画模様の傘は販売されていますが、「あっ、あの絵!」という感じでないのが決め手でした。ちゃんと日本製で、ジャンプ傘でなくて、お値段も納得のできる範囲。軽くてそんなに長くないのですが、開くとかなり大きいです。小柄な私には大きすぎるかな? とちょっと心配ですが、荷物が多...

  • 青い鳥のリース 12作目は秋色ピンク

    今回の青い鳥のリースは、ちょっとくすんだ淡いピンク地に、白やパープル系の花を散りばめました。春のパステルカラーとは違った、シックな色合いです。もちろん季節を問わず飾って頂けますが、これからクリスマスやお正月にかけても、真白な額が豪華さを添えてくれるかと思います。なかなか材料が揃わないので、在庫がなくなると作る・・・・という状態ですが、おかげ様で12作目となりました。本当にありがとうございます!クリ...

  • 小さな額を並べて

    授業で樹脂版透明デザインフレームを作ったら、生徒さんにとても喜ばれました。ガラスでないので、廊下やちょっとしたスペースに気軽に飾れるのがいいと、おっしゃていました。私も今でもこのフレームが好きです。特に、出来上がった後、上のフィルムを剝す時の楽しさと言ったら、ゆでたまごの皮が綺麗に向けた時の快感です。(樹脂版の場合は、失敗がないけれど)一つ一つはシンプルでも、二つ並べると、ちょっと可愛いでしょ。か...

  • 簡単密封ミニフレーム

    今週末、生徒さんが簡単密封ミニフレームを作る予定なので、そのサンプルを作りました。2020年の全国研修で教わった時には、時間も少ないので、ごく簡単なデザインになってしまいました。それで、もうひとひねりしたデザインがないものかと迷っていたところ、神楽坂のイベントで沢山の作品を見ることができました。パステルの花瓶に生けた花、ボーダーにデザインしたものなど、可愛いアイデアがいっぱい!私の固い頭も、だいぶ...

  • AKOMEYAでの「緑花彩2021」行ってきました。

    神楽坂のAKOMEYAで行われている「緑花彩2021」に行ってきました。教室に掛かっているカレンダー、来年分も買うことができました。こちらも先生にサインを頂きました。ちらっと見える押し花は、昨年のカレンダーで気になっていたポティンティラと言う花。一袋残っていて、買うことが出来ました。杉野先生の作品の、花の色の美しさに目を奪われ、アイデアに驚き、諸先生方の作られた小物の可愛らしさに夢中になり、幸せなひと時...

  • バラのボタニカル風ブーケ額 ピンク

    ピンク系のバラを使って、ボタニカルブーケ風の押し花額を作りました。これはタマラコルダナという、花びらの裏が白っぽいバラです。組み立てると立体的に見えるので、良く使っています。ピンクでもちょっと落ち着いたローズピンク。白の野バラも入れてみました。背景はごく淡いピンク(ほとんどグレーに近いような色合いです)に、ピンクアナベルを散らすようにいれました。白い花を使ったり、いろいろ試してみたのですが、中央の...

  • 秋なのにアジサイ

    公園の方隅で、きれいにアジサイが咲いていました。暑かった後、梅雨のような長雨が続いたからでしょうか。秋色アジサイというのとはちがった色ですが、こんな時期にも咲くんですね。急に涼しくなったので、放りっぱなしだった庭の手入れをしました。庭・・・・と言っても、ガレージ兼みたいな場所に鉢植えを置いただけのスペースです。どんなに頑張っても、美しい庭とならないのが残念ですが。それでも草取りをして、小さくなった...

  • バラ、大好き!

    花の中で最も好きな花は? と聞かれると、(聞かれることもありませんが)迷いながらも「バラ」と答えます。周りに花の咲くような環境でもなかったので、私にとっての花は、もっぱら花模様でした。小花プリントも大好きでしたが、美しいバラには、とてもあこがれていて、花と言えば、バラというイメージがありました。バラの組み立てもとても好きですが、やっぱり難しい! 慣れで作ってしまうと、みんな同じような形になってしま...

  • 秋色のバラ、ボタニカル風

    赤から黄色にかけてのグラデーションが美しい「フリュイテ」というバラを使った、ボタニカル風の26押し花額です。このバラの色は、画像だと綺麗に出にくくて。実物は、鮮やかながら落ち着きのある、とても良い色です。その変化にとんだ色合いの花びらを丁寧に組み立て、ちょっとだけピンクアナベルを添えました。背景も秋を意識して、葛の葉や、アンティークな色合いのピペリカムなどで、イギリスの壁紙のように作ってみました。...

  • 青い鳥のリース 11作目は秋色です。

    おかげ様で、青い鳥のリースシリーズも11作目になりました。今回は秋色を意識してみました。でも青い鳥に合う色となると、オレンジ系は使いにくく感じて、深いピンクの野バラを中心に作りました。白の野バラやミニバラ、秋色のアジサイ(秋色アジサイではないのですが)も加え、シックで華やかな色合いに仕上げました。もちろん、春に咲く花ですから一年中飾って頂けますが、これからクリスマスにかけて、シックにお部屋を彩って...

  • ロージーちゃん

    ブログのトップ場面などでおなじみのロージーちゃんについて、ちょっとお話しますね。これは2018年の創造展に出品し入選させて頂いた、「初恋」の押し花美少女「ロージー」です。私のハンドルネームがロージーなので、私の少女時代? なんて、間違っても思わないで下さい(笑)小さい頃、スケッチブックに少女の絵を沢山描いていたので、そのころの夢を押し花で表現したいと作った作品です。ところが、年数とは恐ろしいもので...

  • 西新宿カルチャープラザ教室、一年経ちました。

    V社の方よりお話を頂いてから、コロナ禍のため数か月遅れたものの、教室開講から一年が過ぎました。ビギナーだった方も上達し、きょうは36額(ひまわり)を作ります。新宿・・・・と聞くと、どんなイメージを持たれるでしょうか? 人ごみをかきわけて通い、お教室もビルの一室、と思われている方に、今一度ご紹介しますね。周りの景色はこんな感じ。スタイリッシュなオフィス街です。このビルの2階にお教室はあります。一階は...

  • ワクチン、それぞれ

    東京では、5000人近いコロナ陽性者が出る日もあり、いくら気を付けていても心配はつきません。マスク、手洗い、人ごみに行かない・・・・ワクチンも2回接種しました。もう2回目から一か月以上経っていますので、担当の先生曰く「最強の女!」なんでしょうが、変わっていく状況に、どれだけ効果が続いてくれるものか。私はファイザーを近所の医院で打ちました。一回目は痛くもかゆくもなく、何事もなかったかのよう。2度目は...

カテゴリー一覧
商用