searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ロージーさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
押し花画廊
ブログURL
http://osbn4196.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
押し花、時々水彩画のブログです。花や美術、音楽の話題も。
更新頻度(1年)

105回 / 365日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2013/01/31

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ロージーさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ロージーさん
ブログタイトル
押し花画廊
更新頻度
105回 / 365日(平均2.0回/週)
読者になる
押し花画廊

ロージーさんの新着記事

1件〜30件

  • 日日草 サンパラソル

    夏の庭を彩る花、日日草。最近は種類もいろいろです。これはサンパラソルという名がついていて、花びらの形や中央の黄色が可愛いですね!ガラスの器に生けると、外で咲いている元気な花とはまた違って、涼しげで良いものです。小さめのアイビーとの合わせてみました。数年前の写真ですが、今花も元気がなくて・・・。暑いですので、熱中症に気をつけましょうね!...

  • アナベル七変化

    暑さで、花もぐったり・・・・と言った毎日ですが、なんとアナベルが新たに白い花をつけていました! 他は、ほとんどが緑になっています。それを押し花にしたのがこれ。これはほんの一部ですが。何に使いましょうか。以前はお雛様{お内裏様)の衣装のもように使いましたが、これだけあると、いろいろアイデアが広がります。すっかり枯れているのもあり、一部葉脈化しています。これも漂白すると、ステキなんですよ。アナベルは本...

  • 8月になって

    今年の夏は、夏休みもお預け、旅もお預け・・・です。数年前に行った江ノ島の海の写真です。これだけ人がいなければ、三密もないけれど、東京の人間が他県に行くのもはばかられます。しばらくは大人しく写真を見て、癒されていることにしましょう。いつかまた旅を楽しめる時が、早く来ると良いですが・・・・・。この分では期待薄ですね。家の修理の多い毎日です。築20年を過ぎると、当時買った電化製品もあぶなくなり、網戸なども...

  • 涼しげな曲でリフレッシュ 2

    今年はいつまで梅雨が続くのでしょうか・・。コロナ感染者が連日300人近くになる東京、外出自粛要請も加わり、鬱陶しさがこたえます。こんな時は、一仕事終えたら、ゆっくり音楽でも聴きたくなります。それも、なるべくさわやかで涼しげな曲。前回に引き続き、涼し気な音楽のご紹介です。まずは、小学校の音楽の授業でも聴かれた方も多いでしょう、サンサーンス作曲の「動物の謝肉祭」から「水族館」です。演奏は、シャルル・ドュ...

  • いつもありがとうございます。

    いつも読んで下さり、ありがとうございます。このブログもいつのまにか7年半になりました。押し花のこと、音楽のこと、美術や旅行に至るまで、自由気ままに書いてきましたが、さすがにメンテナンスが必要になってきました。そこで、不定期ですが、時々設定などの見直しをしながら、ブログを続けていきたいと思っています。時々御不便をかけることもありますが、ご理解のほど、お願い申し上げます。教室関係の連絡事項などは、生徒...

  • 7月は節目の月

    7月は押し花を始めた月で、丸十年になります。私の習っている教室は、20年以上の押し花歴の方ばかりで、その方々と較べれば新米ですが、教えている立場でもあり、甘えてはいられません。10年は立派な年月です。先の見えないきょうこの頃ですし、両親もかなりの年齢なので、波風もあるかも知れないけれど、押し花を作り教え続けていきたいと思っています。生徒さんに教えるためにも、お客様に買っていただくためにも、正しく美しい...

  • 全国押花研修会

    先日、全国押花研修会に行ってきました。自転車やバスでの外出はしていましたが、久々の電車に乗っての外出でした。各駅停車を利用したこともあり、さほど混雑もなく、乗客の皆さんもマスクをしていたので、ひとまず安心して、現地につけました。研修会は、いつもより少人数で、ゆったりとした席並び。モニターを使っての授業と、とても工夫されていました。フェースガードも用意されていて・・・私も教室でそうでしたが、押し花を...

  • 押し花全国研修会

    黒い部分に、どうしても自分の姿などが写り込んでしまい、ちょっとコントラストを上げて掲載しましたが、実物は、台紙の色はチャコールグレーに近く、花も少し明るめです。ガーベラやマーガレットのような、丸い華やな花があれば良かったのですが、手持ちにそんな花がなかったので、デザインに困っていました。そうしたらインスタで、組み立てたバラを使っていらっしゃる先生がいらして、それがとても素敵だったので、小さめのオレ...

  • ピンクアナベル

    前から欲しかったピンク・アナベル、切り花ですが、手に入りました。クローズアップし過ぎかな? 実物は直径5mmほどです。数年前先輩から頂いたピンクアナベルの押し花、使いきってしまいました。押し花にすると、もう少し紫に近い色合いになりますが、返ってそれが、どんな花にもしっくり合う感じです。アレンジ、リース、主役はもちろん、脇役としても、大活躍の花です。青系のアジサイはもちろん美しいですが、ピンク系も良...

  • ヤマボウシとハナミズキ

    遊歩道に咲いている、満開のヤマボウシ。ハナミズキと良く似ていますが、ヤマボウシは日本など東アジア原産、ハナミズキはアメリカ原産なのだそうです。びっくりするほど、密集して咲いています。若草色からクリームに、そして真白になっていく様子を見ると、花ではなくて、苞なのだというのも、良くわかります。一方ハナミズキは、上を向いて咲くので、ここまでお顔が見えないことが多いです。それに、もう咲き終わってしまい、写...

  • 散歩で拾ったピンクのアジサイで

    先日散歩で拾ったアジサイ、結構痛んでいたので、押し花は無理? と思いましたが、思っていたよりは綺麗な色に仕上がりました。生花の鮮やかさには遠く及びませんが。そこで、少しでも色が綺麗なうちに密封しようと、ブルーのアジサイと同じく、鉛筆デッサンのグラスに生けてみました。でも、ピンクは難しいですねぇ・・・・。ブルーの花より一回り大きかったので、アジサイらしく作るには、グラスが小さすぎかな?とか、色にパン...

  • 睡蓮

    睡蓮の美しい季節。今年はまだ見に行っていないので、以前撮った写真です。睡蓮と言えば、思い出すのがモネ。2013年にパリのオランジュリー美術館に行った時のことが、こちらに詳しく出ていますので、興味がおありでしたら、どうぞ。相変わらずの長文で失礼します。モネの睡蓮(写真は撮れませんでしたが)のことや、ルノアール、ユトリロの絵などの写真を紹介しています。続いてのオペラ座でも、シャガールの天井画の写真・説明を...

  • ブルーのアジサイをグラスに生けて

    数年前に作った時好評でしたので、再び鉛筆デッサンとアジサイとを組み合わせて、作ってみました。やっぱりアジサイの透明感を一番引き立ててくれるかな? と思っています。ブルーの額と相俟って、一服の清涼剤のよう。梅雨時の鬱陶しさやこれからの酷暑を、和らげてくれそうです。クリーマで販売しております。毎度申し訳ありませんが・・・・。同業者様からの技術的なご質問には、お答えできないこともございます。何卒、ご理解...

  • 雨の日の散歩 2

     雨の中を散歩・・・・というほどの距離でないのだけれど・・・・。スーパーへの道すがら、きれいなアジサイが道端に落ちていました。アパートの裏手で、誰も気がつかなかったのかな? 水に濡れて、押し花には不向きかも知れないけれど、あまり可愛い色の花なので、拾って帰りました。グラスに生けたら、あら! 可愛い!!娘もカメラを持ってきて、撮影会となってしまいました。そのあと、やっぱり押し花にしましたが、湿気がす...

  • アジサイとクレマチス

    カクテルの時と同じ、ナスの皮で作ったハンギングバスケットを使って、アジサイとクレマチスのアレンジを作りました。始めはアジサイだけの予定でしたが、なんだか焦点が定まらないので、小さいクレマチスを加えました。どちらが主役かわからない作品になってしまいましたが。クレマチスに湿気は大敵ですね。変色しやすいので、あわてて密封しました。梅雨時期、気をつけなくちゃ。このブルーの額、なかなかおしゃれです。アンティ...

  • アジサイのリース額

    あふれるばかりのアジサイを使ったリース額です。中央の蝶々は本物? リースの飾りもの? 花の香に誘われて、アゲハ蝶が確かめにきたのでしょうか。ブルーの額と涼し気なアジサイと蝶々とで、鬱陶しい梅雨空を忘れさせてくれそうな、楽しい額になりました。アジサイの他にミニバラやビデンスなどが入っています。他の花を入れると、そちらに目が行ってしまうし、アジサイだけのリースだと、ぼやけてしまうし、結構難しい花だと思...

  • カクテルのハンギングバスケット

    カクテルを使った押し花額です。玄関脇に飾られたハンギングバスケットをイメージし、緑の風を感じる背景はパステルで作り、揺れる木々はマイクロアジアンタムで表現しました。バスケットはナスの皮でできています。カクテルは押し花にすると黒っぽくなってしまうことがありますが、これは結構明るい色に上がりました。クリーマで販売中ですので、よろしかったらご覧になってください。販売品につき、同業者様などからの技術的なご...

  • 教室再開しました!

    あじさいの季節、何度も投稿している作品ですが。押花教室を再開し、木曜日、金曜日と生徒さんをお迎えしました。レッスンをして、充実感を感じ、久し振りに幸せな気持ちになりました。これでまた自粛に戻るなどということがないように、祈ります。みなさんお元気で安心しました! ご高齢の方もいて、健康状態が心配でしたが、いつも通りお元気でいらっしゃいました。難しいのは、距離の取り方ですね。手取り足取りという形は取り...

  • 6月よりお教室再開します。

    数年前訪ねたクレマチスの丘で 6月よりお教室を再開します。生徒さんにはメールで連絡してあるので、情報がかぶるかと思いますが。人数は少ないものの、狭い教室なので、3密を避け、マスクや消毒を徹底て、安全に楽しくお稽古していきたいと思っています。今の状況では、またいつ元に戻ってしまうかわかりませんが、もうコロナと共存を覚悟しなくてはいけないので、できることをしながら、始めることにしました。また生徒さんたち...

  • 自粛緩和も心配で・・・・

    数年前訪れたクレマチスの丘で。今年は、母の日に留まらず、母の月・・・なんだそうですね。とは言え、やっぱりピークは過ぎた感じも。母の日の額を沢山作りましたが、それも一段落といったところです。どなたかのために作るのも、楽しいけれど、今度は自分のために、何か作ってみたくなりました。庭にいろんな花が咲いているしと、思い切って60額にたくさんの花を入れてみました。庭に咲いた花々が、額の中で咲いているのを見るの...

  • 満開のカクテル

    今年のカクテルは、本当に見事に咲いてくれました。もうそろそろ終わりですが、その前に、写真をアップしておこうと思って。上の写真も満開ですが、それから数日後も、こんなに奇麗! 中央の黄色い部分はうすれ、花びらが紅色に揺れます。(下の写真、光線が良くありませんが)もともとはオベリスク(支柱)で支えていたのですが、強風で倒れたのが、治せないまま満開を迎えてしまった・・・・という、手入れの悪さですが、それが...

  • オルレア

    初夏に真白に咲く、オルレア。レースのように繊細な、愛らしい花です。小さな蕾の部分を拡大してみました。蝶や蜂には、こんな風に見えるのかな? まさに自然のアートです。丈夫で沢山咲きますが、表情豊かに押すのは、なかなか難しいです。余り開ききらない方が良いかも。今挑戦中です。...

  • 母の日に、ピンク色のカーネーションを

    母の日のプレゼントにぴったりの、ピンク色のカーネーションの額を作りました。背景もピンク色、額もピンクベージュで、全体的に優しい色合いの作品です。この薄いピンクのカーネーションは、見た目は地味なスプレーカーネーションです。でも薄いグラデーションがあるため、押すとそれがはっきりしてきて、組み立てた時、自然な良い感じになります。昨年大活躍してくれたものの、今年はなかなかお目にかかれなかったところ、ありま...

  • バラは咲く

    まだまだ自粛生活は続きそうですが、バラは何事もないかのように、見事に咲いています。外は風が強いので、思い切って切り花にして、部屋に飾りました。グレース・ケリーの別名を持つ、プリンセス・ドゥ・モナコ。 完璧な美しさでしょう? 先日何かの番組で、グレース・ケリーの結婚式の様子の映像を見ましたが、どこから見ても、非の打ちどころのない美しさ! バラも数々あるけれど、このバラほど、美しく、かぐわしく、そして...

  • カーネーションを籠に入れて2

    ニュアンスカラーのカーネーションの作品です。アンティークな雰囲気もあるこのカーネーション、どういう作品にしたらこの色合いが生かせるか、考えました。英字新聞やスタンプの台紙でも良いかな? と思ったのですが、同系色のパステルの背景が一番しっくり合いました。本物はもっとファンタジックな感じです。ふんわりと、花の色合いがとてもきれいに出ています。こういう色の背景を使ったことがなかったので、新しい発見でした...

  • ハイヒールとカーネーション

    ハイヒールに、今度は小さなカーネーションを生けてみました。左右逆にするだけで、ずいぶん印象が違う感じです。始め、カーネーションではハイヒールに対して大きすぎるかな? と思いましたが、色も柔らかい感じだったので、違和感なく溶け込めた感じです。母の日気分は倍増しますね!これもクリーマで販売しておりますので、よろしかったらご覧になってください。使用した花: カーネーション、ヒメウツギ、マトリカリア、バー...

  • おしゃれなハイヒールのミニ額

    パリのお花屋さんを作ったミニ額が可愛かったので、同じ額を使って別のデザインを考えてみました。母の日なので、おしゃれなお母さん用に、ハイヒールなんてどうかしら? と思い、作ってみたのがこれです。なかなか可愛いでしょう? ハイヒールはカーネーションの花びらで、リボンはサイネリアで作り、結び目は勿忘草、そして写真ではわかりませんが、スワロフスキービーズが入っています。これが良く輝くんです! 入れようか迷...

  • 母の日に、豪華なバラの額

    2016年のグレース・ケリー押し花絵コンクールでの入選作品を基に、36額にアレンジしての作品です。バラは一番好きな花ですが、グレース・ケリー展に出した作品は、特に思い入れのある作品でした。庭の「プリンセス・ドゥ・モナコ」(別名グレース・ケリー)を咲かせるところから始め、それを押し、丁寧に組み立て、他に咲いたバラ、数十本とともに作品にしたものでした。時間をかけた自信作でしたが、実際コンクールの入賞者...

  • ピンク系のカーネーションのブーケ額

    母の日にぴったりの、カーネーションのブーケ額。今度はピンク系で作りました。ピンクとクリームのカーネーションは、36額でも使用したもの。小さな花びらを組み立てることで、26額で使える小さなカーネーションができました。でもピンクだけだと、めりはりがつかない・・・そこで、オレンジ色のを加えたら、優しくて明るいお母さんのような作品になりました!今回の額jはピンクベージュ。地味目な額ですが、中マットが薄いベー...

カテゴリー一覧
商用