searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
ベトナムの縫製工場を巡る
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/saigon1995/
ブログ紹介文
ベトナムをはじめとするアジアの縫製工場を巡る筆者が見聞したインドシナ地域の四方山話を披露する。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2013/01/05

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、秋利美記雄さんの読者になりませんか?

ハンドル名
秋利美記雄さん
ブログタイトル
ベトナムの縫製工場を巡る
更新頻度
集計中
読者になる
ベトナムの縫製工場を巡る

秋利美記雄さんの新着記事

1件〜30件

  • わざわざ行くまでもない、冬のハノイ展示会だけど...行ってみた

    ちょうどハノイにいたので、毎年12月にハノイで開催される「ベトナムファッションフェア」を覗いてみた。ベトナム繊維協会(Vitas)やベトナム繊維公団(Vinatex)らが共同主催する公式行事だが、まあ、ざっと言えば、北部アパレル企業のための「年末売り尽くしセール」の共

  • デニム工場の生地商品ラインナップ

    今回のホーチミン市出張では生地屋をいくつか訪問した。そのうちに、大手バイヤーばかりを得意先にしている韓国資本100%のデニム工場のセールス事務所にもお邪魔した。実際の商品もいくつかご紹介しておこう。目次ミニマムオーダー生地の価格帯は?重量級アイテムは?

  • 韓国資本100%のデニム工場のセールス事務所での商談

    デニムの商品を生産したいという客先があり、デニム生地工場に問い合わせた。韓国資本100%の生地工場で、2013年からベトナムで操業。かつては本国韓国でも生地を製造していたが、すでに完全に工場を閉めて、現在の製造拠点はベトナムのみ。生産工場自体は北部にあるのだが、

  • SaigonTex 2018にちょっと期待してみる

    ベトナムでも1年に何度か繊維・アパレル産業がらみの展示会はあるのだが、その中でも最大規模の展示会が毎年この時期に開かれるSAIGONTEXである。でも、以前には「ベトナムの展示会に期待するなかれ」という記事も書いているくらいで、見るべきものはさしてないはずだが、今

  • 日本の地方銀行との面談

    先週は日本のとある地方銀行の方と面談した。日本の地方銀行も日本では稼ぎにならないので、積極的に海外に出る時代。数年前から日本の地方銀行も積極的にベトナムへ出てきている。ベトナムは日本企業の進出先としてあらゆる分野にわたって現在人気上昇中なので、銀行も足場

  • 中国からベトナムへの繊維・アパレル生産移管がふたたび加速か

    昨年末ぐらいから私のところに来る繊維・アパレル製品のベトナム生産に関する相談件数が急速に増えてきた。毎年、年末から旧正月にかけては、翌年の心配からか相談に来られる方が多くなるのだが、今年はそれが急増している。この旧正月期間中は、こちらが休みにもかかわらず

  • サイゴンテックス2017

    ベトナムでの最大の繊維産業展示会サイゴンテックス2017は今年4月5日から8日まで4日間開催された。昨年よりもさらに多い1200社近くの企業が出展参加した。ただ、今年は開催2日めがベトナムの祝日フンブーン王の命日に重なったこともあって、客入りは極めて良くなかったようだ

  • ベトナムからどんなアパレル商品を仕入れるべきか

    脱中国の流れで近年多くの商品バイヤーが仕入のためにベトナムを訪れている。だが、ベトナムでの仕入は中国での仕入のようには進まない。何でもかんでも仕入れてやろうと、総花的に考えてやってきた人たちはがっかりして帰るのがオチである。では、何を狙って仕入れに来れば

  • 繊維業界人ならスカイチームが断然便利!

    中国や東南アジアから商品を調達している繊維業界人には、三大航空連合のうち、アジアに強いスカイチームがもっとも便利なアライアンスである。

  • ホーチミン市内の縫製工場は今...

    私自身はずっとホーチミン市に住んでいるのだが、アパレル製品のモノづくりのお手伝いをする際には、最近では北部の工場を起用する場合が多い。工賃の問題、工員の問題など、諸々の事情を考慮するとそれが有利だという判断からだ。それでもホーチミン市にいるのは、ベトナム

カテゴリー一覧
商用