searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

pcommeparisさんのプロフィール

住所
フランス
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
パリで暮らそう!パリジェンヌへの道
ブログURL
http://pcommeparis.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
合い言葉は『目指せパリジェンヌ!』 パリに暮らして31年の管理人がお届けする、秘密のパリ生活通信。
更新頻度(1年)

34回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2013/01/03

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、pcommeparisさんの読者になりませんか?

ハンドル名
pcommeparisさん
ブログタイトル
パリで暮らそう!パリジェンヌへの道
更新頻度
34回 / 365日(平均0.7回/週)
読者になる
パリで暮らそう!パリジェンヌへの道

pcommeparisさんの新着記事

1件〜30件

  • 森で働くママン

    パリにはふたつの森がある。西にブローニュの森東にヴァンセンヌの森パリ市民の憩いの場でもある森だけど、売春のオニーサンオネーサンが夕方から立ち並ぶのでも有名。Le Mondeより拝借幼稚園の先生をしている友人がいる。その幼稚園で新入園の男児が、先生あのね、僕のママンは、la forêtラフォレ(森)でお仕事しているんだ。お客さんがたくさん来てくれるんだって。と言ってきた。困惑 (^ ^;) の先生。ある朝息子を幼稚園に連れ...

  • 絶対に無理‼︎‼︎‼︎

    猫は何をやってもかわいい。彼らは自分のかわいいを駆使して、かまってちゃん攻撃を仕掛ける。見えるように隠れてみたりかしこまってみたり寝そべってみたりひっくりかえってみたり、あの手この手でアピール。あなたはこの誘惑に抗えますか?☀︎☀︎☀︎春秋時代の斎王桓公がお抱え料理人の易牙に、赤子の丸焼き(だったかな?)を作らせた逸話がある。斎王の注文を受けた易牙は確か、我が子を差し出したんだっけ地獄の沙汰としか思えな...

  • 出たのよ

    南仏プロヴァンスの義兄夫妻宅は、周りに何もない丘の一軒家。葉の生い茂る藤棚の下で、美味しい夕食を頂いていると、視線 視線 視線私達に注がれる熱い眼差し。真剣に見つめてくるこの小動物は、LOIRオオヤマネと言うらしい。つぶらな瞳がらぶりー。同じ藤棚テラスで翌日の昼前、ロゼワインを飲んでいる所に飛んで来たCousinガガンボ、cousinはいとこの意味だけど。昆虫が苦手な方は、本日この先は本気でお勧めしません。掃...

  • 失恋したので仕事休みます

    夏山も終盤を迎え、一人また一人と山仲間が去って行く。今年は例年よりも長くいられる~(^-^)と言っていた山友イザだけど、いきなり帰り支度を始めた。理由は娘の失恋イザの娘ルンちゃんは、24歳の看護師さん。モテモテ女子ルンちゃんが、新しい彼氏テツ君と家を購入してイザを驚かせたのは昨年秋だった。電光石火の早技に親として助言を試みたイザの心配を、強気なルンちゃんは笑い飛ばしたと言う。今年の夏山にも、若い熱々カッ...

  • フランス式新型コロナ対策

    当初、マスク着用は無意味と言い切った政府が掌を返してマスクの有効性を訴えかけるようになり、フランスの各都市でマスクの着用が義務化されていおります。そして遂に一部のパリ市内も。青い部分が義務化された区域です。クリックすると拡大できるのでどうぞ。やれやれ、誰がこんな面倒な区切りにしたのやら。地図をスマホで確認しながら歩くのか?同じ通りの右側はOKで左側はダメとか、アホらしくてやってられん。南仏アルプスで...

  • 悪因悪果

    ここ数日フランスのニュースは、レバノン政府の腐敗と大爆発事故で持ちきりだった。政府の怠惰で被害に遭われた方々には、心からお見舞いを申し上げたい。が、友人から送られた風刺画を見て調べたらカルロス=ゴーンの豪邸全壊とある。途端に思い出したのは、上の英語のことわざ。 The mills of God grind slowly, but they grind exceeding small. 神の挽臼は回るのは遅いが必ず砕く要するに悪因悪果天網恢々疎にして漏らさず悪事...

  • 新型コロナ日本とフランスの水際対策

    厚生労働省による日本入国の水際対策これを一読すると帰国者入国者は、①空港でPCR検査を受ける。②空港から公共交通機関を利用出来ない。③陰性の場合は二週間の検疫待機をする。事が書いてある。では実際どうなのか、7月に帰国をしたパリ友激怒の体験談をここでご紹介いたします。【パリに単身赴任中A子ちゃんの場合】成田着家族が車で迎えに来ていて行き先が自宅と言う条件が揃い、飛行機を降りた後最優先で比較的早く検査を受け...

  • 南仏プロバンスで大人気の日本人

    突然話がひとっ飛びーーー✈︎して、南仏プロバンス。今APTの町で大人気の日本人女性がいるらしい。我が家が贔屓にするワイン屋さん、VcommeVin の跡地にレストランが出来た。その店で、台所長を務めるのがそのお方。和テイストを加味したアバンギャルドなフレンチメニューが、店を満員御礼に導いている。日替わりのメニューは超シンプルに、ベジタリアンかNONベジタリアン2種。この日のメニューは、海老と豆腐のラビオリ甘辛ソース...

  • ワクワクドキドキヒヤヒヤ

    Covid19のさなかでもパリは動いている。いや、動いているなんでもんじゃなくどう見てもコレはまずい(ここは公共の車道ですが当分の間、車両通行禁止です。)骨組みが動きすぎて、独り立ちが出来なくなった古い建物。パリの古い建物は、隣に支えてもらって建っているけれど、不幸にもお隣さんがいないと↑ こうなるんだね。因みに、上に人は住んでいる。人も柱も頑張れ~。そしてドサクサに紛れて支えの陰にゴミを捨てたり、落書き...

  • 南仏ニースにお引越し

    ???コートダジュールのニースニースに引っ越したらブログタイトルも、ニースで暮らそうN comme Niceに要変更だし、しかしそれはリズムがイマイチなので却下とする。これにて引越し話は終了。だけど、Covid19外出禁止のトラウマで、庭付き一軒家や広いアパルトマンを求めるパリ脱出組が増加中らしい。同じ資金なら、パリじゃない方が優雅に暮らせる。それは事実だから。渡仏以来の親しい友人が、ニースの高級住宅街シミエにある...

  • 長~いお暇

    先ずは、新型コロナで闘病中の方・大雨被害に遭われた方に、心よりお見舞い申し上げます。そして大切な人を失った方に、謹んでお悔やみ申し上げます。お久し振りです。前回の更新からズーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと頂いていたお暇より戻って参りました。現在パリの街は、ほぼ通常通り。マスク率は…と言うと、街中で1...

  • コロナのパリ

    パンデミクス宣言を受けて、全ての教育機関が閉鎖された。先ず最低2週間、その後延長の可能性あり。数ヶ月後にバカロレア試験を控えるリセ最終学年の生徒達は、内申点を稼げる学校のテストが延期または中止。企業研修をしている大学生達は研修が片っ端から中止になり、就職に希望の光も見えない。スーパーの棚はご覧の通りパスタと石鹸品薄~。側にいたご高齢マダムが、あらあら、戦争を知らない世代が慌てているわねえ。と笑いな...

  • 映画館でバレエ鑑賞が楽しめるか⁈

    答えはOUI。誘われて出掛けた映画館。映画館の入場チケットにしてはかなりお高めのチケットを、事前予約で抑えてもらった。ロシアのボリショイバレエ団公演が世界各地で生放映されるボリショイバレエinシネマ日本のプログラムとは日程のズレがあるフランスではこの日、白鳥の湖だった。(ボリショイより拝借)大画面で観るど迫力。バレリーナ達の細かな表情や指の動きも手に取るように見える近さ。幕間の様子を写すサービスタイムも...

  • こんな時期だけど人混みに大集合

    Hôtel de Villeで下車、駅から直結のBHVへ行く。上階は普通のデパートなのに、私が好んでウロつくのは地下のBricolageの階。ここには家造りに必要な小道具がギッシリ詰まっている。目を付けたレトロなこちら。 欲しい!しかし買ってどうする?時間いっぱい、手ぶらでデパートを後にし、待ち合わせのパン屋へ向かった。遅くなると売り切れてるから、今日は予約済みの🍞。ついでに早めの夕飯もここで。パンはめちゃ美味だし、挟んであ...

  • フランスのCOVID19対策

    日に日に増えるイタリアのコロナウイルス感染者。そしてジワジワとフランスでも…。ピカルディ地方新聞が載せた黄色に気を付けろ!だけでは済まなくなった。なんちゅう失礼な書き方だけど私も過去に黄色と呼ばれた事あります。そしてラジオフランスが一般リスナーからの質疑応答の時間を設けたんだけど…、司会おじさんの話し方が何気なく[高画質で再生]2602franceinfo.MOV人々の不安を煽り立てる。その割に、リヨンvsトリノのフット...

  • 山賊

    南仏アルプスの山奥はいつも青空。差し込むお日様ポカポカ。見ると、ヒルトンが変な格好で寝ていた。変だ。とてつもなく変だ。お買い物に出掛けた隣村。広場の惣菜屋さんの前に見慣れない物体を発見。覗き込むと、パテとフロマージュ(チーズ)の販売機。それもたったの4個。投資の元は取れるのだろうか。パリに戻った2日後、山友からの速報が届いたAirbnbで山のアパートを借りた4人組が、スキーロッカーをいくつもこじ開けて中の...

  • 山のカワイイカワイクナイ

    山に行って来た。リハビリに励むつもり満々で!ところがスポーツセンターのコーチは足首の故障で病欠中。ポキッ(ヤル気が折れた音)そのまま目的を失い毎日をダラダラ過ごす。2月はスキーバカンスの月。3つのゾーンに分かれたフランスが、順番に二週間の学校休暇に入る。ーー先発ーー    ーー中発ーー        ーー後発ーー こんな風に一週間ずつズラしてあるのはスキー場の混雑回避の賢い策。先発と後発は全く重な...

  • 私の夢は今日叶う のか⁈

    先日から虎視眈々と狙っていた獲物。生ムール貝新鮮な物を求めていたら行きつけのスーパーで産地直送真空パックを発見!鍋いっぱいのムール貝を食べたいという私の夢が叶う時が遂に来た。小さい夢でお恥ずかしいデスが。連れて帰ると即座に愛される妻さまブログへ行って、書いてある通りに調理を開始した。真空パックを開けた途端に一斉にお目覚めのムール貝達。生きてたのね~。下準備を終えて鍋に投入すると、ギリギリ蓋が出来る...

  • 安楽死拒否は虐待ですか?

    ご近所にやってきた新入りべべちゃん。本日の主役は彼ではありません。ドイツで黒猫と暮らすS美ちゃん。その黒猫さんは19歳のお婆ちゃん。そのクロちゃんが動かなくなってしまったらしい。寝床でグッタリとしている。でも力なくミャーミャー言うので、好物を鼻先に持って行ったら食べた!ついでに水も飲んだ!でも動く事ができない猫を見た彼氏が、これは早く安楽死させてあげないとダメだ。と宣言した。動かないけどご飯食べるよ...

  • エッフェル塔の下で起きた、許せないウィルス扱い

    コロナウィルス扱い話、しつこいけどこれだけは書かせて下さい。友人Y子ちゃんの次女Tちゃん(24歳)は、ママンの血を引くハーフちゃん。今の彼女は、見た目普通に美貌のフランス女性だけれど、中学校ではアジア人差別を受けてきたちょっと辛い過去がある。そのTちゃんが遭遇した出来事を、Y子ちゃんのLINEメッセージそのまま載せます。Tがお昼過ぎに電話して来た。エッフェル塔の下で、日本人観光客の年配の男性が呆然と立っ...

  • メトロでウイルス扱いされた件と新年会第二弾

    私もやられました。日本人の友人と一緒にメトロのホームで電車を待っていたら、目の前を通った若い女二人組がコロナウイルス~とこっちを見てマフラーで口を押さえた。離れた所から振り返ってニタニタ顔。確かに嫌な気分にされたけれど相手の顔を見て思ったのはなんて下品なアホ面!って事。北アフリカ系の彼女達も、この国で人種差別には遭っていると思う。コロナウイルスの名の下に堂々とアジア人差別が出来るのを喜んで、普段の...

  • 2020新年会第一弾とウィルス扱い

    友よ、待っていてくれてありがとう。延び延びになっていた仲間内新年会がようやく出来た!もう1月終わるけど新年会なので、和食きふね オステオパシーのペンギン先生には仲間がみんなお世話になっており、午前中にメンバーのひとりMさんの・午後に私のランデブーがあったので、先生のキャビネの近くにした。近くのゴルフ洋品店で待ち合わせ。ソルドへ行くゴルフ好きY子ちゃんにみんなで便乗する事にした。ゴルフパンツは履き心地...

  • 久々の外食

    ママンさん訪問でボーヴェへ行き、連れ立ってシーフードのお店に行った。ムール貝の白ワイン蒸しでもお供はトホホな炭酸水愛される妻さまのブログで見て無性に食べたくなった♡lacriéeはシーフードのチェーン店。パリにも沢山あるけれど、広々とした空間が気持ち良い地方店は、海も無いのに海辺の雰囲気が漂う。お料理上手な妻さまは、自分で作ってしまうムール貝。ラ・クリエのキャセロール一個じゃ全~然物足りなかった私は、妻さ...

  • 復活

    西洋医学での回復は半ば諦めていた。脊椎神経科の医師が提案するDénervationは怖すぎてとても受ける気にはならなかった。でもこのまま阿片配合鎮痛剤を飲み続けるのも無理!(Dénervation:脳に痛みを伝達する神経を殺す治療。神経ブロックの麻酔とは違う。)鍼治療を施す一般医に行った後一週間、臀部から爪先までの痙攣痛に苦しんだ。どうにもならない痛みに半ば投げやり半ば藁にもすがる思いでDoctolib 検索でヒットした東洋医...

  • 2020年新年のご挨拶と新バーナー

    皆さま、あけましておめでとうございます。本年もこの拙いブログに来て下さってありがとうございます。今年のシャンゼリゼは、赤のイルミネーションだそうです。凱旋門から花火が打ち上げられ、とても美しくかったそうです。見逃した私ですが、今年もパリの様子を写真付き(自分で撮る!)で皆さまにご紹介できるよう頑張って参ります。本年もどうぞよろしくお願い致します。 ブログの訪問、ありがとうございます。皆様の応援のお...

  • 家族の集い

    今年のNoëlはモモの都合*で少し早く祝った我が家。ボーヴェへ向かう途中ダブル虹の橋が出ました。パパさんが降りて来てくれたのかも…。アペリティフと飲み物は義弟達、前菜のスモークサーモン 1240g**とデザートのブュッシュ=ド=ノエルは私達、3kgの丸鶏はママンさんが担当。フォアグラスキャンダル***のため、恒例のフォアグラが今年はメニューから削除されました。パパさんが危なかった昨年とは大違いで嬉々とシャンパンを開け...

  • 禁断症状MAX

    娘に貸し出して一週間。ああ、ヒルトンに会って抱っこしてモフモフしたい~~~!Infiltration が効かなかったので他のあの手この手を試しているけど、なかなか阿片配合鎮痛剤が手放せない。医者が本気で薬物依存の心配をし始めた。多分まだ依存症にはなっていないと思う願うが、一日も早く手を切らなきゃ。禁断症状が出ているのはモフモフの方で、これは完全に依存症と認識済み。それもかなり重症の…貸し出す前に撮りためた彼の写...

  • ヒルトン貸し出し中

    心のサポートに動物は有効です。これは証明されている事実。フランスゼネスト真っ只中に試験期間突入の娘。毎週末親元パリに帰って来る彼女だけれど、ストライキでその手段がない。上手く試験勉強をするにモフモフ が欲しいと懇願するので、5日前にお届けした。そして毎日送られてくる今日のヒルトン。起きている写真はないんかい? ブログの訪問、ありがとうございます。皆様の応援のお陰で、今日も一日頑張る事が出来ました。...

  • ★わたしはやりません★ 付け足しに、この場をお借りしてちょこっとカミングアウト

    ご無沙汰してます。いかがお過ごしですか?署名運動サイト MesOpinions.comに、ヒルトンのお医者様B先生から賛同者へ御礼投稿がありました。帰国するパリ駐在日本人家庭の非道から育った仔犬達を救済したあのB先生、相変わらず職権乱整用しまくってます。最後に寄付も求めてますけどね^_−☆その全文はコチラから。YouTubeを観て胸キュン♡内容をかいつまんで説明しますと、『飼い主がフレンチブルドッグ “ハーモニー” の安楽死を...

  • パリジェンヌ道の法則

    在パリ30年周年記念を迎えた今も、パリジェンヌ道に足掻く私。生粋のパリジェンヌ義母のママンさんに言わせると、①出生地がパリ②育ちがパリこの2点を満たす者のみが真のパリジェンヌらしいので、もしかして私は一生なれないんじゃね?と思うパリ30年生なのだ。その厳しさは浜っ子の定義と同じだけど、 浜っ子を名乗るには三代横浜に住む掟があると言う説も。浜暮らしよりパリ暮らしの方が長いので、自分何者?と首を傾げずにはい...

カテゴリー一覧
商用