プロフィールPROFILE

政治研究会さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/nvno
ブログ紹介文
闇の支配勢力についえ分析・追及しています。
更新頻度(1年)

307回 / 329日(平均6.5回/週)

ブログ村参加:2012/09/07

政治研究会さんのプロフィール
読者になる

政治研究会さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(IN) 26,556位 27,368位 27,394位 27,405位 29,924位 32,567位 36,082位 978,503サイト
INポイント 0 0 10 10 10 10 10 50/週
OUTポイント 160 320 330 300 300 300 290 2,000/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 186位 193位 197位 192位 209位 230位 255位 4,573サイト
世直し・社会変革 25位 24位 23位 23位 25位 28位 30位 183サイト
軍事・防衛 4位 5位 6位 7位 7位 8位 9位 117サイト
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 5,672位 5,677位 5,822位 5,865位 6,068位 6,161位 6,279位 978,503サイト
INポイント 0 0 10 10 10 10 10 50/週
OUTポイント 160 320 330 300 300 300 290 2,000/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 18位 18位 17位 16位 18位 18位 18位 4,573サイト
世直し・社会変革 3位 3位 2位 2位 3位 4位 4位 183サイト
軍事・防衛 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 117サイト
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,503サイト
INポイント 0 0 10 10 10 10 10 50/週
OUTポイント 160 320 330 300 300 300 290 2,000/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,573サイト
世直し・社会変革 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 183サイト
軍事・防衛 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 117サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、政治研究会さんの読者になりませんか?

ハンドル名
政治研究会さん
ブログタイトル
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
更新頻度
307回 / 329日(平均6.5回/週)
読者になる
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争

政治研究会さんの新着記事

1件〜30件

  • 米ドルの世界準備通貨という地位を潰す上で、イランは中国の秘密兵器

    中国の中東戦略で、オイルダラー覇権は終焉を迎えるかもしれない。マスコミに載らない海外記事『米ドルの世界準備通貨という地位を潰す上で、イランは中国の秘密兵器』よりリンク────────────────────────────────(前略)イラン・イスラム共和国に280億から4000億米ドルの与信枠を与える北京の最近の決定は、近い将来のみならず、遠い将来にも目を配る広域スペクトル戦略の一環だ。イランは、アメリカの二次制裁による石油販売収益の欠如を埋め合わせるこの経済援助で確実に恩恵を得るだろう。北京は、経済と人口の目ざましい成長を経験している中国のため、未来の石油供給を保証する、油田、プラント、流通、港湾とエネルギー・ハブをイラン国有企業が発展させるのを支援して、イランのガスと石油市場に入るつもりだ。もし我々が中...米ドルの世界準備通貨という地位を潰す上で、イランは中国の秘密兵器

  • 中国による、米ドル・世界準備通貨の衰退

    以下、「米ドルの世界準備通貨という地位を潰す上で、イランは中国の秘密兵器」リンクより転載。--------------------------------------------------------国際政治に影響を与えている強い変化の流れがある。それは単極から多極世界秩序への移行によって引き起こされる革命の始まりだ。実際、我々は、中国の輸出に対するアメリカ関税適用、イランに対するワシントンの制裁、アメリカのエネルギー自足、サウジアラビア産業施設の脆弱性、中国へのガスと石油の大量輸出と同様、アメリカの攻撃に抵抗するイランの能力を含め、いくつかの要因の組み合わせに直面している。全てが一つの要因、つまり世界準備通貨としての米ドルの衰退に収束する。(中略)イランに関する中国の戦略は、サウジアラビアに米ドル以外の通貨...中国による、米ドル・世界準備通貨の衰退

  • 【クローズアップ 日米FTA】決定版!やはり「失うだけの日米FTA」

    日米FTA交渉。プロの目から見ると内容は「国民の命と暮らしを生贄」にするひどい内容という。「JAcom」から紹介します。リンク以下引用~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~日米FTA交渉をめぐって、多くの報道で農産物の開放を「TPP水準にとどめた」かのように強調されているが、これは間違いである。(1)そもそも、TPP水準が大問題だったのだから、TPP水準にとどまったからよかったかのような報道が根本的におかしい。(2)加えて、米中貿易戦争の「尻拭い」役として、トウモロコシなどの大規模な追加輸入の約束がセットで行われたのだから、これは明らかな「TPP超え」だ。中略(3)まず、牛肉・豚肉などの関税削減スケジュールを速めて他国に合わせることは、協定としては「TPP超え」だ。(4)また、TPP11では、米国も含め...【クローズアップ日米FTA】決定版!やはり「失うだけの日米FTA」

  • アメリカにとって日本はまだ元敵国で「北朝鮮と同列」の事実

    リンクインターネット/アメリカにとって日本はまだ元敵国で「北朝鮮と同列」の事実より引用します(以下引用)日本のニュースでは、アメリカと日本の関係についてよく報道されていますが、上手くいっているような感じに報道されている事が多いように感じます。何かあったとしても、お互いの課題として捉え、お互いに協力関係を保っているように思えます。しかし、日本がアメリカの手下という事は既にメディアだけに捕らわれていない人々にとっては既知の事実です。以下リンクより(リンク)-------------------------------------------------------------------いちばん大事なことは、日本の大手マスコミには出ません。また、アメリカのテレビを見ていると、今のアメリカは国境を破壊して国力も低下さ...アメリカにとって日本はまだ元敵国で「北朝鮮と同列」の事実

  • 「晋三 39歳」と2009年ビルダーバーグで決定!ドル崩壊~その2

    ハリマオレポートより以下引き続き引用ですリンク人工知能(AI)と量子コンピュータが世界の全システムを破壊してしまう上に、「エイリアンを呼び寄せてしまう」と警鐘を鳴らしているのは、スティーブン・ホーキングやビル・ゲイツ、イーロン・マスクなど枚挙にいとまがないほどです。しかし、亜空間の魔物に取り憑かれてしまった科学者たちは、地球が破滅的な未来に向かっていることを無視しています。この秘密を知っているグノーシス派の人々は、数百年前に、たった1枚の絵で多次元宇宙の構造を表しています。それが下の有名な絵です。リンク<以下省略>・「世界経済の悲惨な計画の大枠が確認された会議」<前半省略>・・・毎年ビルダーバーグ会議の公開文書には、参加者の名前が漏らさず記載されている反面、議題については、それぞれ1、2行ずつしか書かれていませ...「晋三39歳」と2009年ビルダーバーグで決定!ドル崩壊~その2

  • 米英を後ろ盾とする香港の反中国運動に加わっている法輪功

    櫻井ジャーナルリンクより、以下転載-------------------------------米英を後ろ盾とする香港の反中国運動に加わっている法輪功現在、アメリカやイギリスが中国を揺さぶるために香港で混乱を作り出している。黄之鋒(ジョシュア・ウォン)、羅冠聰(ネイサン・ロー)、周永康(アレックス・チョウ)などが前面に出てくるが、そうした若者の後ろには元王室顧問弁護士の李柱銘(マーチン・リー)、メディア王と呼ばれている新自由主義者の黎智英(ジミー・リー)、香港大学の戴耀廷(ベニー・タイ)副教授、あるいは陳日君(ジョセフ・ゼン)、余若薇(オードリー・ユー)、陳方安生(アンソン・チャン)などがいて、その背後にはアメリカやイギリスの情報機関、つまりCIAやMI6が存在している。こうした人びとだけでなく、法輪功というカ...米英を後ろ盾とする香港の反中国運動に加わっている法輪功

  • 香港で反中国活動が暴力化する中、警官が実弾を発射した背景(1/2)

    櫻井ジャーナルリンクより、以下転載-------------------------------香港で反中国活動が暴力化する中、警官が実弾を発射した背景香港で反中国活動に参加していた18歳の若者が警官の発射した実弾を胸に受け、入院したと伝えられている。中国の建国記念式典に合わせて実行された活動はこれまでになく激しいもので、警察側の発表によると、局所的に警官が活動参加者に圧倒され、スパナ、ハンマー、鉄棒、鋭利なものなどを手に警官を襲い、命の危険を感じた警官が警告発砲、それでも襲ってきたひとりを撃ったという。香港は中国侵略を含むユーラシア大陸東岸部におけるイギリスやアメリカの戦略拠点であり、マネーロンダリング網にも組決まれてきたが、そうした機能を維持して欲しいと考えている人びとが香港に存在していることは間違いない。...香港で反中国活動が暴力化する中、警官が実弾を発射した背景(1/2)

  • 香港で反中国活動が暴力化する中、警官が実弾を発射した背景(2/2)

    櫻井ジャーナルリンクより、以下転載続き-------------------------------その一方、当時のアメリカ大統領、バラク・オバマは2月19日、ウクライナ政府は警官隊を引き揚げさせるべきだと主張している。当時、ヤヌコビッチ政権は西側の圧力に屈し、警官隊に能動的な行動に出ないよう命令していたのだが、立っているだけでも邪魔だというメッセージだ。ヌランドとパイアットとが話し合った直後、ネオ・ナチは暴力をエスカレートさせる。棍棒、ナイフ、チェーンなどを手に石や火炎瓶を警官隊に投げつけ、さらにピストルやライフルを持ち出してくる。混乱が深まる中、広場で無差別の狙撃があり、西側の政府や有力メディアは政府側が行ったと宣伝したのだが、2月25日にキエフ入りして事態を調べたエストニアのウルマス・パエト外相は違う結論...香港で反中国活動が暴力化する中、警官が実弾を発射した背景(2/2)

  • 【国際情勢の裏側】緊張が高まるイラン情勢と国際的な勢力図の変化?!

    アメリカは、ロシアに軍事産業で負けはじめ、以前ほどの力を失いつつある。そんな影響もあってか、多国間系の情勢も変わりつつあるようです。(リンク-------------------------------------------------------------------まず前提としてアメリカとイランは現在も国交断絶状態にあります。ちなみにパフラヴィ朝とはイランの革命で崩壊することとなったイランの王朝のことを言います。・脱イスラム化と白色革命今から半世紀ほど昔、パフラヴィ朝とアメリカは親交が深く、アメリカの援助を得てパフラヴィ朝は脱イスラム化と近代化を推し進めていました。さらに1963年、パフラヴィ朝は「白色革命」を推し進め、近代化の流れを加速させていきました。白色革命とは、パフラヴィ朝によって行われた、イラ...【国際情勢の裏側】緊張が高まるイラン情勢と国際的な勢力図の変化?!

  • 強硬派ボルトン解任で、トランプ外交は中国や北・イラン・ロシアに劣勢

    こちらから引用リンク〇トランプはカーター大統領に近い米メディアによるとトランプはアメリカ史上でもっとも戦争をしない大統領だそうで、イメージとは違っている。トランプ大統領になって他国を攻撃したのは2018年4月のシリア攻撃で、巡航ミサイル105発を空軍基地などに打ち込んだ。今までもっとも軍事行動に消極的だったのは1970年代のカーター大統領で、ベトナム敗戦の後だけに厭戦気分が強かった。カーターは平和主義者として当選しソ連との緊張緩和を進めたが、米軍を中東から撤退させて空白地帯を作ってしまった。誰かが撤退すると他の誰かが居座るのが軍隊というもので、1979年にイランイスラム革命とソ連のアフガン侵攻が起きた。平和主義者のカーターはこれらに対処するため特殊部隊による攻撃や、ソ連と戦う武装組織への支援を始めた。平和主義者...強硬派ボルトン解任で、トランプ外交は中国や北・イラン・ロシアに劣勢

  • アメリカ・パラダイムを粉々にするアメリカの信頼性に関する精密攻撃

    リンクより引用●アメリカ・パラダイムを粉々にするアメリカの信頼性に関する精密攻撃アラステア・クルック2019年9月23日先週、サウジアラビアの「極めて重要な」原油加工施設に対する精密攻撃は、サウジアラビアの信頼性、アメリカ安全保障の「傘」への信憑性に対する精密攻撃でもあり、トランプにとって、特に有能な軍・諜報大国としてのアメリカのイメージにとって屈辱だ。今彼らは自身の脆弱性を考慮し、アメリカの傘に対する信頼を疑問視しながら、湾岸諸国は彼らの唇を噛んでいるはずだ。国防総省さえ、起きたことを考えれば「アメリカ中央軍に一体何の意味があるだろう?」と自問しているかもしれない。とりわけ、イスラエルは骨まで凍りつきそうな風で背筋をぞっとさせているはずだ。イスラエルは攻撃の正確な目標設定と技術的有効性に、畏敬の念に打たれずに...アメリカ・パラダイムを粉々にするアメリカの信頼性に関する精密攻撃

  • アメリカのMMT経済、100年国債を中央銀行が買い取り

    アメリカで100年国債なるものを検討しているらしい。中央銀行が国債を買い取れば借金にならないというMMT経済理論(現代金融理論:ModernMonetaryTheory)だが、そもそも返済できないほど借金が膨らんでいる状況ゆえ、国家紙幣発行の一歩手前まで来ているとも思える。以下、「世界のニューストトメス5世」リンクより。*************アメリカのMMT経済、100年国債を中央銀行が買い取りリンク●アメリカ全体の借金は5000兆円以上アメリカは最近「日本は世界最悪の債務国家」のような事を言わなくなったが、これはアメリカの方が借金が多いのに気づいたからです。欧米人は自分が正しいと思うと大声で他人を非難するが、自分が悪いと思うと黙ってシラを切ろうとする。アメリカ合衆国の2018年度財政赤字は約9000億ドル...アメリカのMMT経済、100年国債を中央銀行が買い取り

  • 安倍対米隷属外交集大成の日米不平等FTA

    植草一秀の『知られざる真実』リンクより転載します。======日本政府がTAG(物品貿易協定)と称しているFTA(自由貿易協定)がニューヨークで9月25日午後に署名、調印されると伝えられている。TAGは“aTradeAgreementongoods”の略称。FTAは“aFreeTradeAgreement”の略称だ。米国政府が公表している日米通商交渉は“aTradeAgreementongoods,aswellasonotherkeyareasincludingservices”である。日米物品貿易協定ではない包括的な通商協定であり、FTAに該当するものだ。米国のペンス副大統領は2018年10月4日の講演で“abilateralFreeTradeAgreementwithJapan”と述べた。ところが、ホワイト...安倍対米隷属外交集大成の日米不平等FTA

  • サウジ石油施設の偽旗作戦はEUの「脱ドル化」合意へ 1/2

    リンク世界の限りなく100%の人々は、この真相に至ることはない。サウジーイランとの対立激化を仕掛け、中東で大規模な紛争を惹起させようとしているのも、すべては「脱ドル化」に繋がっている。そして、その果てにある荒涼とした風景とは・・・悲しいことに誰にも見えていない。悪魔に乗っ取られてしまった欧米と日本のメディア<前半省略>・・・まさに一触即発の様相を呈し始めた水面下でのイランーサウジーイスラエルの三つ巴の戦い(背後には米英同盟とローマ)については、CNNがイラク戦争で果たした役回りが、なんと、英国の伝統あるBBCに引き継がれたように見えます。昨年の5月、6月、中東・ホルムズ海峡付近のオマーン湾で起きた民間船舶への一連のテロ攻撃について、ペンタゴンのみならず、どの西側諸国も、どのメディアも真相に至っていません。彼らは...サウジ石油施設の偽旗作戦はEUの「脱ドル化」合意へ1/2

  • サウジ石油施設の偽旗作戦はEUの「脱ドル化」合意へ 2/2

    リンクイラン挑発の道筋は米国の保守系シンクタンクが書いた<前半省略>国際銀行家グループと欧州王家に操られているリアル・ディープ・ステートのホワイトハウスは、世界統一政府の樹立というゴールに向かって慎重に歩を進める当たって、イランとサウジ、イスラエルとの間の緊張をいっそうエスカレートさせ、大規模な中東紛争を惹起させる前に、「平和のメーカー」として米国を描く必要があるのです。たとえば、2009年のブルッキングス研究所の論文「ペルシャへの道は?イランに対する新しいアメリカの戦略のオプション(WhichPathtoPersia?OptionsforaNewAmericanStrategytowardIran)」の中で以下のような記述を見つけることができます。「米国がイラン空爆を開始する前に、イランに対する挑発が成功すれ...サウジ石油施設の偽旗作戦はEUの「脱ドル化」合意へ2/2

  • アメリカの農業危機は次期大統領を決定するのだろうか?

    トウモロコシ由来エタノール市場の急激な削減、中国による全アメリカ農産物の輸入停止で、アメリカの農民は苦闘している。農業は、アメリカ経済と輸出の中核的な産業であり、あまり大きく取り上げられていないこの間の農業農危機はトランプの再選にも影響しかねない。日本がトウモロコシを買わされる一因でもあるのではないか。マスコミに載らない海外記事『アメリカの農業危機は次期大統領を決定するのだろうか?』よりリンク────────────────────────────────(前略)エタノール大失敗(中略)8月9日、環境保護局は、トウモロコシ・エタノール精油業者にガソリンへの義務的混合を避けることを認め、審議中の小規模精油所38社の31社に適用除外を認めたと発表した。認可は、バイオ燃料法に反して、2018年にそ及し、精油業者に10...アメリカの農業危機は次期大統領を決定するのだろうか?

  • 貿易不均衡よりも為替の問題のほうが重要

    リンクより転載です===================米財務省は先月28日、貿易相手国の通貨政策を分析した半期為替報告書を公表し、日本や中国など9カ国を「監視リスト」に指定しました。監視リストは「為替操作国」とは異なり経済制裁を伴いませんが、対日貿易については巨額の不均衡に引き続き懸念していると指摘しました。中国を為替操作国として経済制裁しなかったのは、米国の中国への態度が軟化したということではありません。単にファーウェイなどを情報操作、スパイ活動の理由で制裁しているので、混乱を避けるためだと思います。米国はかつての日本に対して、プラザ合意という為替政策を実施し、日本の息の根を止めにかかりました。1ドル235円前後だったものが、一気に100円を割り込む水準に落ちて、日本経済は壊滅的な被害を受けました。今日まで...貿易不均衡よりも為替の問題のほうが重要

  • シリアの化学兵器使用は本当?嘘?サリンガスは米国の仕業?~常識を疑い、真実を見抜く目を養う

    リンクより転載シリア(アサド政権)の化学兵器使用って事実なのでしょうか?事実だとして、何故アメリカがでしゃばってくるのでしょうか?ちょっと調べてみました。基本的には、このシリア化学兵器問題が深刻化すればするほど、リスク回避通貨である円やスイスフランが買われ、資源通貨である豪ドルなどは売られ、震源地に近いユーロも売られる傾向にあるでしょう。(もちろん、こうなるとも限りません)問題はドルですが・・・アメリカの動静によって複雑な動きをしそうですね。「シリア内戦」私もサッパリ理解してなかったのですが、簡単にまとめると、・2011年に「シリア騒乱」が発生。現在も継続中。・政府勢力(アサド政権)と反政府勢力(シリア国民連合)の内戦。・アサド政権の後ろにはイランとロシアとヒズボラ(シーア派の民兵組織)がいる。・反政府勢力の後...シリアの化学兵器使用は本当?嘘?サリンガスは米国の仕業?~常識を疑い、真実を見抜く目を養う

  • サウジ石油施設の偽旗作戦はEUの「脱ドル化」合意へ~その1

    世界の限りなく100%の人々は、この真相に至ることはない。ハリマオレポートより以下引用ですリンクサウジーイランとの対立激化を仕掛け、中東で大規模な紛争を惹起させようとしているのも、すべては「脱ドル化」に繋がっている。そして、その果てにある荒涼とした風景とは・・・悲しいことに誰にも見えていない。中略・悪魔に乗っ取られてしまった欧米と日本のメディア<前半省略>・・・まさに一触即発の様相を呈し始めた水面下でのイランーサウジーイスラエルの三つ巴の戦い(背後には米英同盟とローマ)については、CNNがイラク戦争で果たした役回りが、なんと、英国の伝統あるBBCに引き継がれたように見えます。昨年の5月、6月、中東・ホルムズ海峡付近のオマーン湾で起きた民間船舶への一連のテロ攻撃について、ペンタゴンのみならず、どの西側諸国も、どの...サウジ石油施設の偽旗作戦はEUの「脱ドル化」合意へ~その1

  • 9/11の欺瞞

    以下、「大半のアメリカ人が9/11について決して聞いたことがない多くのことの一部」リンクより転載。----------------------------------------------------------イスラエルのモサド工作員であることが判明した「踊るイスラエル人」はツインタワー崩壊を撮影し、祝っている所を見つけられた。彼らは警察に逮捕され、捜査なしで解放されたが、911委員会報告書では言及されなかった。後にイスラエルのテレビで、彼らはツインタワー崩壊を撮影するためニューヨークに派遣されたと語った。出来事の事前警告はなかったとされているが、明らかにイスラエル人は知っていたのだ。殉教者として死ぬ用意を調えていたはずの狂信的原理主義イスラム教徒とされる連中は酒を飲み、薬物を摂取し、フロリダでストリッパー...9/11の欺瞞

  • ボルトン解任が示す潮流の変化 政策転換避けられぬ米国 退場迫られるネオコン その1

    トランプ政権に潜り込んでいるネオコン勢力があぶり出されてきている現象とみて取れます。リンクより引用__________________________________________________________________トランプ米大統領が10日、ホワイトハウス内の強硬派として知られるジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)を電撃解任した。ボルトンは、アフガニスタン爆撃、北朝鮮制裁、イラン核合意からの離脱、ロシアとの中距離核戦力全廃条約(INF)破棄、ベネズエラのマドゥロ政府転覆策動など、他国に対する恫喝と干渉を主導的に進めてきた人物であり、トランプは「私は彼の提案の多くについて強く反対だった」と解任理由をのべている。軍事力を背景にした強硬策が世界中で行き詰まったことを示しており、来年11月に大...ボルトン解任が示す潮流の変化政策転換避けられぬ米国退場迫られるネオコンその1

  • ボルトン解任が示す潮流の変化 政策転換避けられぬ米国 退場迫られるネオコン その2

    続きです。___________________________________________________________________■ベネズエラ転覆も失敗ベネズエラでは今年1月、反米の旗手だったチャベス大統領の後継者であるマドゥロ政府を転覆するため、親米派のグアイド国会議長が暫定大統領に名乗りをあげた。これを背後で仕切った米国は、即座にグアイドを暫定大統領として承認し、ボルトンは「米軍兵士5000人を(ベネズエラの隣国)コロンビアへ」と記したメモをメディアに報じさせ、ツイッターでは「ベネズエラ軍最高司令部よ、今こそ国民の側につくべき時だ」「米国は軍の全メンバーに対し、民主主義を支持する平和的なデモ参加者を守るよう呼び掛ける」と軍に離反を呼びかけた。4月30日早朝、米国の支援を受けるグアイド議長は、首...ボルトン解任が示す潮流の変化政策転換避けられぬ米国退場迫られるネオコンその2

  • 北米とメキシコに大量の人民軍が駐留

    以前、米国内に他国の軍隊が駐留しているという情報がネットで報道されていたことがあったが、最近になってまた取り上げられている。紹介記事では中国人民軍について述べられている。真偽も鵜呑みにできないが、貿易戦争との関係も含めて、今後の情報の動きに注目したい。日本や世界や宇宙の動向『北米とメキシコに大量の人民軍が駐留』リンク────────────────────────────────(前略)リンク(まとめ)9月11日付け(画像略)中国人民軍は北米の軍事基地のネットワークを構築し100万人の戦闘部隊をカナダとメキシコに駐留させています。夜間は人民軍の軍用輸送機が南カリフォルニア上空を飛んでいます。彼等は米国を力づくで奪い取ろうとしています。オバマ大統領は人民軍に米国への攻撃とを許可しました。まるで若き勇者たち(映画)...北米とメキシコに大量の人民軍が駐留

  • 香港「民主化運動」にまたCIA

    連日「香港のデモ騒ぎ」がTVマスコミで取り上げられ、表向きには香港の民主を守る市民運動と報道されています。しかしシリア、リビア、そしてウクライナで、同じように「カラー革命」を仕掛けたCIAが暗躍し、アメリカをあくまでも「民主化の代表」とするイメージを植え付けようとしている。WONDERFULWORLD山本節子の環境問題のブログリンクより関連記事を紹介します。【香港「民主化運動」にまたCIA】今年8月は「香港のデモ騒ぎ」が連日トップで報じられていました。ウチにはTVがないため、ラジオでニュースを聞くことが多いのですが、国営放送のプロパガンダがあまりにもひどいので、少しコメントしときます。まず、この騒ぎに関わっているとして、二人の香港市民(それぞれ政党代表者)が逮捕されました。すぐ保釈されましたが、それが大きく報道...香港「民主化運動」にまたCIA

  • 核兵器による911

    9/11の嘘が改めて白日の下に晒されつつある。マスコミに載らない海外記事『核兵器による9/11は、もはや無視できない、それは我々全員を殺しつつある』よりリンク────────────────────────────────(前略)2017年、ポンマーは、ワールド・トレードセンターは建物の下に設置された核兵器により破壊されたという調査結果の初版を公開した。そして2019年、彼は反論の余地のない物理学と映像プレゼンテーションで裏付けられたスライド・プレゼンテーションを発表した。どんな科学者にも反論の余地のないこの情報は、ポンマーの要請によりVeteransTodayで公開されている。飛行機がビルに突入したか否かにかかわらず、何カ月間も信じ難い熱を発した溶けた花こう岩と鉄で満たされた巨大洞窟を含む破壊を科学的研究は、...核兵器による911

  • 米国:対中貿易戦争で使う2つの新たな爆弾について

    日本や世界や宇宙の動向より以下引用ですリンク・米国は、対中貿易戦争で新たに2つの爆弾を投下することにしました。1つは、中国国有原子力発電会社に対する制裁(米国の技術、部材を提供しない)ともう1つは国連専門機関の万国郵便連合(UPU)からの離脱です。その結果、中国からの航空便の料金が3倍になります。そうなると中国から安い商品を輸入しても送料が高くなるので得にはならないということです。米国は中国と徹底的に戦うつもりです。中国はロシアとフランスとも原子力産業に於いて協力を得ていますから米国が抜けてもそれほど影響はないと言っていますが、米国のウェスティングハウス・エレクトリック・カンパニーの技術が欲してたまらないため、大きな打撃でしょう。ウェスティングハウス・エレクトリック・カンパニーと言えば東芝グループの一部となって...米国:対中貿易戦争で使う2つの新たな爆弾について

  • 瓦礫と化したWTC7ビル崩壊の公式説明

    マスコミに載らない海外記事より以下引用ですリンク2019年9月4日PaulCraigRobertsリロイ・ハルシー博士、ZhiliQuan博士と、南京科学技術大学土木工学学科の肖鋒FengXiao教授が率いるアラスカ大学の土木・環境工学部の研究チームが、昨日公式コメントとして、2001年9月11日のワールド・トレードセンター第7ビル崩壊に関する彼らの四年にわたる研究の調査結果を発表した。これは建物崩壊に関する初めての科学的調査だ。以下が結論だ。「我々の研究の主要結論は、崩壊を調査した国家規格研究所や民間エンジニアリング企業の結論に反して、火事は、9月11日にWTC7の崩壊を起こしていないということだ。我々の研究の第二の結論は、WTC7の崩壊が、建物の全ての柱のほぼ同時の崩壊を伴う全体的崩壊だったということだ。」...瓦礫と化したWTC7ビル崩壊の公式説明

  • WTC7は、全ての柱が同時に崩壊したことを証明→火事ではなく制御崩壊だった

    以下、瓦礫と化したWTC7ビル崩壊の公式説明リンクより転載。-----------------------------------------------------------リロイ・ハルシー博士、ZhiliQuan博士と、南京科学技術大学土木工学学科の肖鋒FengXiao教授が率いるアラスカ大学の土木・環境工学部の研究チームが、昨日公式コメントとして、2001年9月11日のワールド・トレードセンター第7ビル崩壊に関する彼らの四年にわたる研究の調査結果を発表した。これは建物崩壊に関する初めての科学的調査だ。以下が結論だ。「我々の研究の主要結論は、崩壊を調査した国家規格研究所や民間エンジニアリング企業の結論に反して、火事は、9月11日にWTC7の崩壊を起こしていないということだ。我々の研究の第二の結論は、WTC...WTC7は、全ての柱が同時に崩壊したことを証明→火事ではなく制御崩壊だった

  • 瓦礫と化したWTC7ビル崩壊の公式説明

    マスコミに載らない海外記事より以下引用ですリンク2019年9月4日PaulCraigRobertsリロイ・ハルシー博士、ZhiliQuan博士と、南京科学技術大学土木工学学科の肖鋒FengXiao教授が率いるアラスカ大学の土木・環境工学部の研究チームが、昨日公式コメントとして、2001年9月11日のワールド・トレードセンター第7ビル崩壊に関する彼らの四年にわたる研究の調査結果を発表した。これは建物崩壊に関する初めての科学的調査だ。以下が結論だ。「我々の研究の主要結論は、崩壊を調査した国家規格研究所や民間エンジニアリング企業の結論に反して、火事は、9月11日にWTC7の崩壊を起こしていないということだ。我々の研究の第二の結論は、WTC7の崩壊が、建物の全ての柱のほぼ同時の崩壊を伴う全体的崩壊だったということだ。」...瓦礫と化したWTC7ビル崩壊の公式説明

  • 米国:対中貿易戦争で使う2つの新たな爆弾について

    日本や世界や宇宙の動向より以下引用ですリンク・米国は、対中貿易戦争で新たに2つの爆弾を投下することにしました。1つは、中国国有原子力発電会社に対する制裁(米国の技術、部材を提供しない)ともう1つは国連専門機関の万国郵便連合(UPU)からの離脱です。その結果、中国からの航空便の料金が3倍になります。そうなると中国から安い商品を輸入しても送料が高くなるので得にはならないということです。米国は中国と徹底的に戦うつもりです。中国はロシアとフランスとも原子力産業に於いて協力を得ていますから米国が抜けてもそれほど影響はないと言っていますが、米国のウェスティングハウス・エレクトリック・カンパニーの技術が欲してたまらないため、大きな打撃でしょう。ウェスティングハウス・エレクトリック・カンパニーと言えば東芝グループの一部となって...米国:対中貿易戦争で使う2つの新たな爆弾について

カテゴリー一覧
商用