searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

政治研究会さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/nvno
ブログ紹介文
闇の支配勢力についえ分析・追及しています。
更新頻度(1年)

184回 / 365日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2012/09/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、政治研究会さんの読者になりませんか?

ハンドル名
政治研究会さん
ブログタイトル
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
更新頻度
184回 / 365日(平均3.5回/週)
読者になる
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争

政治研究会さんの新着記事

1件〜30件

  • アメリカが崩壊する運命にある理由

    表題記事の紹介です。リンクからの転載です。*****************************FinianCunningham2020年8月31日スプートニクアメリカの致命的問題は慢性の政治的病気を患っていることだ。だが「ポピュリスト」ドナルド・トランプ大統領を含め、政治支配階級の誰一人として、まともな診断をしていない。どんな救済措置であれ、必ず正確な診断が必要なのだ。その代わり、アメリカにあるのは、決して救済措置にはいたらず、問題を増大させるだけの、問題には対処せず、無視したまま、究極的に悪化させる、あらゆる種類のやぶ診断か、せいぜい不正確な診断だ。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・根本的な問題は、アメリカが超軍事化した少数独裁国家に退化していることだ。国民の膨大な、増大しつつ...アメリカが崩壊する運命にある理由

  • ロックフェラーの自民党とワクチン真理教の公明党による人口削減が始まる

    NWOの陰謀説、リンクより転載します。======さあ、ワクチン人口削減政策を着々と進めている自民党とカルト公明党による毒入りワクチンの確保が進みそうだ。2021年前半までに国民全員分のワクチン確保を目指すとのことだから、全国民のすべてに毒を注入して殺したいらしい。ナチス以上のことが、これから自民・公明によって行われようとしている。なんら有効性のない毒入りワクチンができた頃には、新型コロナは終わっていて、次のウイルスが蔓延しているはずだ。またまた巨額の税金をどぶに捨てる救いようのないほど頭が悪い自民と公明。彼らは100%国賊であり、犯罪集団である。これを背後で操っているのが厚生労働省の官僚たちだ。戦前、日本の厚生省(厚生労働省の前身)がロックフェラー財団の支援によって設置されたことを知っている厚生官僚は少ないだ...ロックフェラーの自民党とワクチン真理教の公明党による人口削減が始まる

  • グローバリストVSネオコンVS国家主義~3巴の戦いの行方は?

    安倍辞任の背景として、CSISが日本の政治は親中すぎると、二階氏(自民党幹事長)と今井氏(総理大臣補佐官)を名指しで批判したことを上げている分析がネット上にはいくつかみられる。CSISはかつてはキッシンジャー等グローバリスト勢力の牙城であったが、最近はネオコンがその影響力を強めているようだ。日本の政治が親中過ぎる、アメリカと歩調を合わせて、反中包囲網を形成せよ、という脅しが上記のCSISレポートである。しかし、ならば安倍氏は二階氏や今井氏を切ればいいだけのことだが、そうせずに、退陣したのはなぜかという疑問がわく。改めてアメリカに眼をやると、前稿でも述べたように、アメリカはグローバリスト(バイデン)VSネオコンVS国家主義(トランプ)の三つ巴の戦いだが、どうもトランプ優勢に転じたようだ。おそらくアメリカの次期政権...グローバリストVSネオコンVS国家主義~3巴の戦いの行方は?

  • アメリカの本当の姿:富豪階級が動かす国営プロパガンダにより、裏支配された国家

    以下、大企業権力が本当の政府の時には、商業マスコミは国営マスコミだリンクより転送。(前略)大企業支配体制では、大企業/金融権力と国家権力の間に明確な区別はなく、商業マスコミは国営マスコミなのだ。企業のロビー活動や選挙運動寄付のかたちの贈収賄は、アメリカ政治体制では合法なので、選挙で選ばれる政府は、うなるほどの金を持ち、現状を維持することで恩恵を受ける裕福なエリートに支配されている。この同じ富豪階級が、合併が大いに進み、今や、わずか六つの企業に完全に運営されているアメリカ・マスコミを所有している事実は、政府を動かす連中が、マスコミも動かしているのを意味する。これが、本当のアメリカ支配者が、彼らの望ましい現状に好都合な言説を推進する仕組みを作り上げるのを可能にするのだ。つまりアメリカには国営プロパガンダがあるのだ。...アメリカの本当の姿:富豪階級が動かす国営プロパガンダにより、裏支配された国家

  • トランプ大統領がTikTok封殺に動く4つの理由

    トランプ大統領がTikTok封殺に動く4つの理由―米華字メディアリンクより引用です。2020年7月12日、米華字メディア多維新聞は、米トランプ政権が中国の動画アプリTikTokを米国内から排除しようとする理由について考察する記事を掲載した。記事は、トランプ大統領が7日に米メディアのインタビューを受けた際「TikTokの使用禁止の可能性について検討している。これは政策的なオプションの1つだ」と発言し、ポンペオ国務長官もその前日に「わが国はTikTokのような中国発のSNSアプリケーションの禁止を検討している」と語ったと紹介した上で、トランプ政権がTikTokを封殺しようとする理由を4点挙げだ。1つめは、改めて中国を非難し、「懲罰を与える」ことで、新型コロナウイルスの対策が行き届かなかった問題から国民の目をそらす目...トランプ大統領がTikTok封殺に動く4つの理由

  • ここまで言われて沈黙するなら日本外交は無きに等しい

    主権国家として譲ってはいけない事があろう。守るべきスタンスは明確にすべきだ。新聞、ネットで見過ごした生地があったようだ。政府、マスコミの知見はどうか。天木直人さんのブログ(リンク)からの引用です。********************************きょうの一部の新聞が小さく報じている。人類初めての核実験を米国が行った日から75年目に当たる昨日7月16日、トランプ大統領は次のような声明を出したと。「核兵器は米国の安全保障を引き受け続けるとともに、国防の支えでもある」と。「(原爆の開発は)第二次大戦の終結に貢献し、世界の安定、科学の発展、経済的繁栄といった未曽有の時代を切り開いた」と。これを要するに、原爆をつくり、それを日本に落としたのは正しかったと言っているのだ。これまでの米国の大統領の中で、原爆を日...ここまで言われて沈黙するなら日本外交は無きに等しい

  • アメリカでは基礎保障制度を導入しない限りホームレスだらけとなる

    アメリカではコロナ失業者への救済として現在は給付金を出しているが、その支援が止まれば失業者たちはホームレスに転落するという。Moneyvoiceリンク□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□〇給付期間はいつまで?止まれば失業者がホームレスに国の継続失業給付者数のデータやグラフを見るうえで重要なのは、給付期間がどれくらいなのかです。新規失業給付申請をして給付期間が終了すれば、就職しない限り、食料無償配給カードで生活保護を受けるしかありません。彼らは、成人で労働適格年齢であっても「労働力市場から脱退したグループ」になります。では、米国の失業者が給付金をもらえる期間はどれくらいなのか?海外報道を翻訳しながら紹介します。>失業保険給付額の平均は、378ドル/週となっている(2019年末時点データ)...アメリカでは基礎保障制度を導入しない限りホームレスだらけとなる

  • 80億ドルの在日米軍駐留経費負担!属国の闇から抜け出せない日米関係

    トランプ米大統領は2019年11月、在日米軍駐留経費の日本側負担を年間約20億ドルから約80億ドルに増やすことを日本に要求した(日本には約5万4000人の米兵が駐留している)。これはジョン・ボルトン前米大統領補佐官(国家安全保障担当)が書いた回顧録が出版されて明らかになったことだ。ちなみに、韓国に対しては現在の負担額(年間10億ドル)の5倍の50億ドルが要求されている。戦後75年経った今でも、米国の属国という闇から抜け出せない日本。国民の思考停止も、ココが最後の足枷になるだろう。―――――2019年、日本は米軍駐留経費を17億ドル、韓国は8億ドル負担した。なお、米国防総省によると、2019年の在日米軍の駐留経費は57億ドル、在韓米軍駐留経費は45億ドル。日本の防衛省のデータは、在日米軍駐留経費が急速ではないもの...80億ドルの在日米軍駐留経費負担!属国の闇から抜け出せない日米関係

  • 中国に舐められ切ったトランプ、香港統一も防止できず

    リンクトランプは腰抜け大統領?アメリカの軍事・外交専門家によればトランプは「米国史上最も戦争をしない大統領」だそうで、確かに4年間派兵を伴う軍事行動をしていない。別の表現では4年間も自分から戦争を起こさなかった大統領は、米国の240年の歴史の中で一人も居なかった。裏を返すとトランプは諸外国から「腰抜け、腑抜け」と思われていて、北朝鮮の態度を見ると良く分かります。金正恩は「トランプは絶対に攻撃してこない」と思っているからミサイルを連射して核開発を辞めようとしなかった。あれだけの挑発をした北朝鮮にトランプは、首脳会談で正恩を友達扱いしたり攻撃しない保証を与えたりしました。これでトランプの腑抜けぶりは世界に知れ渡り、ロシアや中国もアメリカが絶対に軍事行動を起こさないのを知っています。中国とアメリカは貿易問題などで対立...中国に舐められ切ったトランプ、香港統一も防止できず

  • 米抗議デモを的中させた専門家の警告④~アメリカの社会不安の行き着く先は分裂か

    ピーター・ターチン以外にも、将来のアメリカの分裂を予測していた専門家にイゴール・パナリン氏がいる。ロシアの専門家であることからアメリカへの敵愾心はあるかもしれないが、現状のアメリカの状況からは、的を得ているように思える。Moneyvoiceリンク□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□〇イゴール・パナリンの予測さらにターチンだけではない。2020年代と特定されているわけではないが、将来のアメリカの分裂を予想しているもう1人の専門家がいる。現在、ロシア外務省外交アカデミーの教授を努めるイゴール・パナリンの予測だ。1998年、もともとkGB出身だったパナリンはロシア連邦保安庁から得た機密性の高いデータに基づき、2010年頃にアメリカは6つに分裂するという予測を発表した。これは大手経済紙の「ウ...米抗議デモを的中させた専門家の警告④~アメリカの社会不安の行き着く先は分裂か

  • 様々大統領が変われども、常に帝国主義政策が闇の国家の計画路線に置かれるアメリカ

    アメリカは、大統領が変わっても、裏で動く勢力により帝国主義政策を維持してきた。衰退に向かう現在、裏の勢力は、それを必死で守ろうとしている。以下、「中国との衝突航路に艦船を航行させるワシントン」リンクより転載。---------------------------------------------------今月時点で、中国に対する明確な脅威となるよう意図した太平洋哨戒のため、アメリカは同時に航空母艦を三隻配備している。各空母打撃群は、駆逐艦、航空機と潜水艦から構成されている。アメリカは総計11隻の航空母艦を保有している。(中略)ワシントンの反中国ヒステリーは最高潮に達している。その一部は、アメリカの死亡者数が120,000人を上回り、減少する兆し皆無の、コロナウイルス対策を酷く誤ったため、トランプ政権は、中国...様々大統領が変われども、常に帝国主義政策が闇の国家の計画路線に置かれるアメリカ

  • ギャング国家資本主義 その①

    マスコミに載らない海外記事の紹介、現在の米国、欧州の社会状況を論じているようですが、その分析は現代日本にも当てはまります。リンクより2投稿に分けて転載します。======EuropeanHerlandReportのハンネ・ハーランドは、支配層エリートが経済を金融化し、中産階級の仕事を海外移転することで、封建制を復活させたと論ずる本を出版したばかりだ。書名はNewLeftTyranny(新左翼の独裁政治)だが、実際はギャング国家資本主義についての本だ。リンク歴史的に、資本主義は、労働力を、個人の私有財産にすることで、奴隷の身分から労働力を解放した。貴族への労働義務を負うていた農奴は自由な個人になった。労働市場の自由化と、勃興しつつあった資本主義が、技術的進歩によって、生産的になり、時間とともに生活水準が向上し、自...ギャング国家資本主義その①

  • ギャング国家資本主義 その②

    357563からの続き========欧米の至る所で、バベルの塔が建てられつつある。国が国民のものであるのをやめるにつれ、国家を構成する民族的同一性は、益々国から疎外されつつある。フランスや、スウェーデンやドイツで、法律は、国名が彼らに由来するフランス人やスウェーデン人やドイツ人民族よりも、移民侵略者を優先している。ヨーロッパの各民族を、民族性がない「ヨーロッパ人」で置き換えるのが目的の欧州連合に、民族国籍は攻撃されている。至る所で、物事をばらばらにならないよう維持してきた絆が切断されつつある。独裁政治が唯一の結果になりかねない。民主主義がもてはやされているが、欧米の至る所で、伝統的な民族は無力に感じていて、どのように支配されるか影響を与えることができない。言説を支配し、人々が支持しない政策を実行する強力な手段...ギャング国家資本主義その②

  • 米国支配層とマスコミが、トランプを嫌うのはなぜか?

    以下、帝国の醜い顔を見せるので、支配層はトランプを嫌うのだリンクより転載。--------------------------------------------------------(前略)今のアメリカ大統領が推進している実に多くの悪質な支配層の狙いを私が指摘すると、トランプ支援者は常に私に「彼が支配層に奉仕しているのなら、一体なぜ支配層メディアや政治家がそれほどヒステリックに彼を攻撃するのだ?」と問うてくる。理由は、こうだ。一見、トランプに対して、民主党や、お仲間マスコミが、このような未曾有の辛らつな批判で金切り声を上げるのは奇妙に思われるかもしれないが、国内や外交政策に関して、トランプが何らかの本格的な形で支配層に抵抗しているから、彼らがそうしているわけではない。支配層の悪辣な狙いに対して、彼は何ら本格...米国支配層とマスコミが、トランプを嫌うのはなぜか?

  • 【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮圧を支持

    「アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮圧を支持」が意味することは・現状では、暴動から内乱に変異する可能性は低い。・金融勢力が州兵VS米軍となる次の手を打たなければ、金融勢力の目的は、トランプの再選阻止がメイン。↓金融勢力が、次の手を打つか、打たないかに注視する必要がある。リンクより・・・・・・・6/3(水)ニューズウィーク日本版<民主党支持者の間でも半数近くが米軍の出動を支持していることが判明した>マンハッタンで警官隊と対峙するデモ隊(6月2日)JeenahMoon-REUTERS全米に広がる暴動の取り締まりについて聞いた新たな世論調査で、アメリカ国民の過半数、民主党支持者の間でも半数近くが、軍隊を動員して地元警察を支援することに賛成であることが明らかになった。5月25日にミネアポリスで黒人男性ジョージ・フロイ...【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮圧を支持

  • パンデミック、経済崩壊、そして完全な社会的崩壊

    リンクより今回のタイトルにあります「パンデミック、経済崩壊、そして完全な社会的崩壊」というのは、アメリカの金融メディアの記事にこのタイトル通りのものを目にしたのです。今回は、その記事をご紹介したいと思います。●パンデミック、経済崩壊、そして完全な社会崩壊EconomicPrism2020/06/05◆共生の不調和西洋文明の安定性が激しく揺さぶられている。パンデミック、経済崩壊、そして、完全な社会的崩壊を見ているのだ。先週の日曜日(5月31日)、私たちのアメリカの多くの都市で、平和的な抗議行動に続いて起きた、暴動、略奪、そして放火の破壊者たちを警察は止めることができなかった。その後、国家警備隊(軍隊)が、略奪を鎮圧するために召喚された。パンデミック、経済崩壊、そして完全な社会の崩壊がアメリカ中の多くの都市で繰り返...パンデミック、経済崩壊、そして完全な社会的崩壊

  • アメリカ 暴動の行方

    誰が、何の目的で「暴動」を起こしているのか?【粛々と扇動される内戦:暴動を鎮圧するための米連邦法である「反乱法」がアメリカで28年ぶりに発令される可能性がある中、全米で見出される不可解なこと】(357382より)>アメリカで始まった内戦:失業者数が4000万人を超える中、民間に流通する銃の数が「3億2000万丁」となる合衆国が向かう地獄の夏・内戦?全米各地で「暴動」が起こっていることから考えて、中国の関与だけでは無理がある。中国も関与している可能性があるが、「暴動」を起こしている2割は州外からきていることから考えて主犯はアンティファ?バックにはビルゲイツ等の金融勢力(が資金提供)の可能性が高い。同時に、この程度の「暴動」では内戦に持って行けず、近々、警察・州兵によって鎮圧される可能性が高い。「内戦」に持っていく...アメリカ暴動の行方

  • 米国人にとって抗うつ剤はキャンディも同然?――日常化する服用

    リンク米国人の今や10人に1人が抗うつ剤を服用している―。服用者3000万人という数字を、医学誌『予防(プリベンション)』もニューヨークタイムズ紙も取り上げており、あながち誇張ではない(米国の人口は約3億1500万人)。3000万人は1998年の服用者の4倍に当たる。米国は「うつ病大国」と言って差し支えないようにも思える。米国には、うつ症状を抱える人がこれほど多いのだろうか。しかも40代と50代の女性に限定すると、実に4人に1人が抗うつ剤を飲んでいるという。英文の医学誌『臨床精神医学誌(JournalofClinicalPsychiatry)』の最新号は、米国では近年、抗うつ剤が使用され過ぎていると指摘している。加えて、抗うつ剤を服用する人の実に69%は、うつ病とは診断された人ではないと結論づけている。うつ病の...米国人にとって抗うつ剤はキャンディも同然?――日常化する服用

  • トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

    米国防総省はワシントン一帯の米軍部隊と基地に、テロやその他破壊活動の標的となる危険度が高まったという警報を発令した。これは、危険度を4段階で表す指標で、現在は危険度が2番目に高い段階にあるという。ワシントン、メリーランド州、バージニア州にこの警報が発令されたのは、2日朝7時30分。だが、それまでの24時間というもの、ホワイトハウスからは次々に混乱し、どんどん内容が変わる声明と警告が出されていた。この間、ドナルド・トランプ大統領は、連邦政府の軍事介入を辞さない構えで州知事らを脅し、連邦軍司令官としてマーク・ミリー統合参謀本部議長を任命した。この人事には法的には問題がある。ミリー議長は軍司令官ではなく、大統領の軍事顧問だからだ。「トランプ大統領の一見独裁的なやり方と、それが米軍指導部の判断に与える影響について、深刻...トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 粛々と扇動される内戦 : 暴動を鎮圧するための米連邦法である「反乱法」がアメリカで28年ぶりに発令される可能性がある中、全米で見出される不可解なこと

    アメリカで何が起こっているのか?表題の関連記事がInDeepさんに記載されています。引用させて頂きます。リンク(以下途中から引用)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■アメリカ中の街に誰かが「配置」したレンガの山アメリカで始まった内戦:失業者数が4000万人を超える中、民間に流通する銃の数が「3億2000万丁」となる合衆国が向かう地獄の夏このアメリカの暴動は、日本のメディアでは「黒人男性の暴行死を巡る抗議デモ」と説明されますが、アメリカのトランプ大統領が「鎮圧に軍隊を投入する」と、日本時間6月2日の緊急演説で表明し、その直後、アメリカ国防総省は、首都ワシントン近郊で「アメリカ軍部隊が待機している」と声明を出しまして、さらにトランプ大統領は、213年前の1807年に制定されて以降、ほと...粛々と扇動される内戦:暴動を鎮圧するための米連邦法である「反乱法」がアメリカで28年ぶりに発令される可能性がある中、全米で見出される不可解なこと

  • 安倍と麻生の発言の裏に・・・1/3  「GDPの低下分を補える財政支出を行なえるか?」

    ・安倍の全国民に対する10万円給付財務省主導(財政均衡論)の減収世帯への30万円給付であったものをひっくり返すことができた。この背景には、官邸・財務省・議員等に対する多くの国民が否定的なメール・電話等での抗議。(①ネットの政治系サイト・動画で日本の財政破綻論が嘘であることを多くの国民が認知)さらに、金融勢力が円キャリーがなくとも、EUの金利低下、アメリカの財政出動で生き永らえられるとの判断があったものと考えられる(金融勢力の日本に対する圧力の低下)・麻生の「オオカミ少年」発言ロスチャ→財務省→麻生への圧力が低下し始めている。今回のコロナ騒動で日本のGDPは約100兆円ダウンすると思われるが、補正予算で真水100兆円を実現できるかカギに。1次:25兆円(10万円給付含む)2次:30万円兆円程度(予備費含む)3次:...安倍と麻生の発言の裏に・・・1/3「GDPの低下分を補える財政支出を行なえるか?」

  • 安倍と麻生の発言の裏に・・・2/3  「習近平を国賓として迎えるのか?」

    安倍・麻生の発言に対して、金融勢力の動きはない。安倍は国内の親中勢力に対する警戒心からか、国内での発信を抑え気味にしているが、6月のG7で各国からの中国叩き、トランプの(会談)中国叩き、即ち外部圧力を利用して「習近平の国賓来日を中止」の方向にもっていくのだと思われる。↓上記の安倍の動きを見ていれば、・金融勢力が中国をどのように考えているのかが見えてくる。天神地祇安倍と麻生の発言の裏に・・・2/3「習近平を国賓として迎えるのか?」

  • 安倍と麻生の発言の裏に・・・3/3  「金融勢力は中国潰しに動くか?」

    ・アメリカの金融市場に中国企業の上場禁止・中国の香港に対する「国家安全法」が実施にすれば、アメリカは香港の特権(香港ドルと米ドルの交換停止や中国関係者の米国資産凍結、関税を中国並みに等)を剥奪する可能性が高く、そうなれば香港の金融市場は壊滅↓・行き場を失った中国は、英国の金融市場に上場しようとするが、現状の英国の動き(ファーウエィの全面排除やコロナ賠償金の請求を準備等)を見ていると英国が認める可能性は極めて低い。↓・結果、東京・大阪の金融市場に中国が入ろうとしてくると予想されるが、日本は受け入れるか否か?*この動きを見ていれば、金融勢力が中国潰しに動くかどうかが見えてくる。*日本が中国につくか、アメリカにつくかが明快に見えてくる。・・・・・・・・・・・天神地祇安倍と麻生の発言の裏に・・・3/3「金融勢力は中国潰しに動くか?」

  • ゲイツ財団と公明党の深い関係

    以下、「パンデミック第二弾が世界大恐慌と超インフレを誘発①」リンクの中の興味深い記事の転載です。********************************■ゲイツ財団とワクチン推進強硬派である公明党のふかーい関係と、見捨てられる自民党(前略)公明党は、ビル&メリンダ・ゲイツ財団と緊密な接触を能動的に図っている。この気絶しそうなくらい愚かな公明党代表は、ビル&メリンダ・ゲイツ財団が、全人類に「ルシフェラーゼ」という物質を使った「量子ドット・チップ」を強制的ワクチン接種によって人類の体内にインプラントしようとしていることを知らない。知っていてやっているとすれば、彼は紛れもなく「ルシフェラン」だ。いよいよ、公明党が「本性」を現したぞ、と言うことなのだろう。また、公明党の竹谷とし子議員も、同財団のシンパになったら...ゲイツ財団と公明党の深い関係

  • グローバリズムで勝利した中国、敗北したアメリカ。これからの中国の可能性は内需への大転換

    以下、中国リンクより転載。-----------------------------------------------------------アメリカは敵無しでは生きられない。敵が、アメリカ最大産業、軍事支出に資金供給し、敵が、バベルの塔のようなわが国を、ばらばらにならないよう維持する安全保障の目的になるのだ。オバマ体制の間に、ロシアは敵として再確立された。ロシアとの関係を正常化するというトランプの意図は、ロシアの敵としての地位を消滅させるので、軍安保複合体が、彼に地獄の責め苦を与えた。実際、CIA長官は選出されたアメリカ大統領を裏切り者と非難した。負けた民主党は、強力な軍安保複合体がトランプ反対で提携するのを見て、自分たちの政治的敗北を埋め合わせるため「ロシアゲート」を仕組んで加わった。トランプは生き残った...グローバリズムで勝利した中国、敗北したアメリカ。これからの中国の可能性は内需への大転換

  • 社会構造の劇的な変化を引き起こすためには壊滅的に見える出来事が必要だった

    リンクより引用します。(以下引用)新型コロナウイルス(COVID-19)の感染を理由とした収容所化政策の結果、社会システムが劇的に変化しつつあり、その度合いは14世紀半ばの黒死病に匹敵すると推測、さらにその変化を固定しようと考えている人もいる。黒死病はペスト菌が原因で、ユーラシアから北アフリカにかけての地域で7500万から2億人が死亡したという。昨年10月18日、ジョンズ・ホプキンス健康安全保障センター、WEF(世界経済フォーラム)、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団はコロナウイルスが全世界で流行するというシミュレーションを行った。そのシナリオによると、ブラジルの農場で始まった感染はポルトガル、アメリカ、中国など多くの国へ広がり、感染が終息するのは18カ月後。その時までに6500万人が死亡するとされていた。黒死...社会構造の劇的な変化を引き起こすためには壊滅的に見える出来事が必要だった

  • アメリカが恐るべき経済恐慌に陥ったことを示す10の数字

    黄金の金玉を知らないか?リンクから引用させていただきます。--------------------------------------------------もちろん、バブルを崩壊させたのはCOVID-19への恐怖でした。このウイルスへの恐怖は、これからも長い間、続きそうです。(中略)言うまでもなく、最終的にどの程度の深刻さなるのか議論の余地があるでしょうが、第二次世界大戦前以来、このような事態は見たことがないということは誰もが認めるはずです。それを証明するために、以下の10の数字を紹介しましょう。1全米経済調査局が発表した調査によると、このパンデミックの間に10万社以上の米国企業がすでに永久的に閉鎖されており、これは何百万人もの雇用が二度と戻ってこないことを意味します。2アトランタ連邦準備銀行は、第二四半期の...アメリカが恐るべき経済恐慌に陥ったことを示す10の数字

  • アメリカで宇宙軍の募集が始動。

    アメリカで宇宙軍の募集が始まりました。会見では、電話やカーナビ機能などの安全利用を目的としていると述べていますが、果たして真相はどうなのでしょうか。中国、ロシアとの関係も含め、これからの動きに注目が必要です。以下(リンク)より引用。アメリカで宇宙軍の募集が始まりました。公開された求人映像は去年末に発足したアメリカ宇宙軍への参加を呼び掛けるもので、「空」よりさらに外側の宇宙に関わる任務を予定しています。宇宙軍は会見で普段、人々が使っている電話やカーナビ機能などの安全利用にも宇宙軍が必要だと説明しました。今後、1万6000人の体制を目指していて、宇宙軍に入ろうとすでに応募が殺到しているということです。アメリカの宇宙軍は陸海空と並ぶ6番目の独立軍として約70年ぶりに創設されました。アメリカで宇宙軍の募集が始動。

  • コロナウィルスを流出させたのはジャパンハンドラーズ勢力1

    300人委員会、イルミナティにとって絶対に許してはならない有色民族国家、それが日本だ!(リンク)ケネディ暗殺人脈がジャパンハンドラーとして日本の真の意思決定機関である日米合同委員会を支配している。CSIS(戦略国際問題研究所)がジャパンハンドラーの拠点だが、この機関はロックフェラー一族が所有するアメリカ影の政府CFR(外交問題評議会)の下部組織で、CSIS副理事長マイケル・グリーンバーグはCFRの上級顧問だ。そしてCSISの日本支部の最高実力者であるリチャード・アーミテージはジョージ・ブッシュ・シニアの妻、バーバラ・ブッシュの従弟である。しっかりとつながっているではないか?そしてCSISの日本の提携団体は日本財団傘下の東京財団で、初代理事長はあの竹中平蔵だ!そして実績もないのに次期総理候補と言われる小泉進次郎は...コロナウィルスを流出させたのはジャパンハンドラーズ勢力1

  • コロナウィルスを流出させたのはジャパンハンドラーズ勢力2

    (つづき)300人委員会、イルミナティにとって絶対に許してはならない有色民族国家、それが日本だ!(リンク)つまり、日本の支配層は正真正銘トランプの敵なのだ。そしてトランプは日本を核武装させて日米同盟を破棄するとはっきり言っていた。これは日米合同委員会がウォール街やヨーロッパの国際金融資本に金を流すシステムに他ならないことを知っているということであり、トランプは2016年の大統領選ではっきりとクリントン財団と仲間の国際金融資本(グローバルユダヤ財閥)に対決宣言を出している。そして自民党幹事長二階を窓口に北海道に静岡県以上の面積の土地を買い占めさせ、中国人植民、外国人参政権を獲得して自治区を作ろうしている中国共産党に対してもだ。ディープステートと中国共産党双方に与している日本の支配層は間違いなく消される。だから安倍...コロナウィルスを流出させたのはジャパンハンドラーズ勢力2

カテゴリー一覧
商用